ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:独り言 ( 289 ) タグの人気記事


2018年 08月 03日

私としたことが・・・

今日はまず最初に謝らせてください。昨日はこのブログの存在が頭からすっぽりと抜けていました。たくさんの方にアクセスして頂きましたのに、申し訳ございません。ブログを始めて11年2か月経ちますが、初めてのことです。それほど目の前の厳しいスケジュールに気を取られ、おまけに時間や体力が奪われているということなのか、それとも呆けかかっているのか、少し心配な状況ではあります。もちろん以前も何度か書かなかったことは何度もありましたが、PCを開けることなく完全に忘れたのは初めてでした。週2日の子守り日は、朝6時起きでお弁当を作り、遅くとも午前8時には家を飛び出るというなかなか高齢者にはきつい日々が続いているのも事実なのですが…。娘宅でも、子守りをする傍ら、ウエブサイトにアクセスしたり、メールの返事を書いたり、娘から頼まれた雑事を片付けたり、日本の家族から頼まれたホテル予約などに取り組み、その合間に来客の接待もあり・・・となんとなく頭が働かない現状です。日本のホテル予約に関して申し上げると、帰国後の自分自身の予約も含めて、複数同時進行で取り組んでいるのですが、近年のインバウンドのせいか価格的にも昔に比べてかなり高額で苦戦中です。特に土曜日の東京のホテルは軒並み目が飛び出るような高額な価格設定の中、庶民派の私のイチオシが、大井町駅前にある「アワーズイン阪急」というリーズナブルな価格設定のビジネスホテルです。どうしても、10月の帰国時とその翌月の娘の予約を取る必要があり、アイパッドを握りしめて頑張りました。11月の予約開始は、8月1日の0時からウェブサイトで…と言われた通りに0時からアクセスしてみたのですが、全く繋がりません。諦めて1時間後(つまり日本時間の午前1時)にトライして漸く11月の某週末の予約が成立しました。まだ8月なのに、かなりの予約が埋まっており、皆考えることは同じだなあ~などと思わず呟いてしまいました。驚くことに、私がとーっても楽しみにしている某アイドルグループの某所で開催されるコンサートもお仲間の助言により、日程が確定する前にコンサート催行日を予想し、ホテルを2泊分前もって抑えるという準備の良さ。結局コンサートの日程はバッチリ合っていた訳ですが、肝心のコンサートに当選しなかったらまるで笑いものですけれどね。既にその都市の該当日(ライブ当日)のホテルは既に満室状態です。昨年「ホテル取れない問題」で懲りたので、今年はしっかり下準備いたしました。後は当選を祈るのみ!人生って、何かこうしたちょっぴりバカバカしいような楽しみがないと、張り合いがないのかななどと思ってもいます。今与えられた目の前の子守りや飯炊きばかりではなく、帰国したら子どもたちや親戚、友人たちにお料理を振る舞い、行きたいところに行き、会いたい友達に逢いに行く旅も実行したいと思っています。羽を伸ばすぞ~~~っと今から楽しみで楽しみでなりません。同時に、あちこちのウェブサイトで「格安航空券」なるものも検索を入れているせいか、宣伝には「こっちが安いよー」とか「こっちも安いもんね~」などと表示されるものの、結局はいつものJAL系のチケットを購入することはほぼ確定済みです。日々の肉体的な疲れもあり、ため息ばかりの日々ですが、針の先ほどでも将来の楽しみを見つけてそれに向け、目の前の修行!?に集中しようと決意しています。
f0146587_11042852.jpg
(シングルが税込み6,900円という良心的な価格設定)
★蛇足ですが、このホテルは早めに予約を入れると、「禁煙」「高層階」または「レディース専用階」などを自由に選ぶことが出来ます。レディース専用階行きの専用エレベーターもあるくらい女性宿泊者には快適な環境です。他のホテル予約サイトではなく、公式サイトからの予約が一番確実です。一つ注意点は、このホテルに泊まりたい人はかなり多いので、もし予定していたチェックインより2時間以上遅れる場合は必ずホテルに電話を入れた方が良いかと思います。私もいつか予定が急に変わり、ホテルへのチェックインが大幅に遅れた時に、ホテルから「今夜泊まりますか?」とお電話が掛かってきて焦った記憶があります。所謂キャンセル待ちをされているお客さまも多いのでは?と思いました。インバウンド決して侮れません!!それと蛇足ですが、今回検索してみて「カプセルホテル」が各地で急増しているのにかなり驚きました。それに、いくらカプセルと言っても、6,000円くらいはするので、普通の個室タイプのビジネスホテルと間違えてしまいそうになりました。一度くらいは泊まってみても良いかな?とも思いましたが、自分の年齢的なことも含めて考えると、ちょっと無理があるのかな、とも思い断念。その点から言っても、上記のようなコスパの良い寝るだけのホテルは私にとってはかなり理想的であるという結論に達しました。まだ夏なのに木枯らしの季節が待ち遠しい今日この頃です。長い独り言で読みにくくてすみませんでした。過去ログにこのホテル宿泊の記録を見つけました。口コミを読むと、辛口なご意見もあるようですが、私は今まで同ホテルで不快な思いをしたことは一度もありません。鈍感なのかな?(笑)さぁ、今日も孫に会いに行ってきます。孫ママと珍しく一緒にお買い物に行く予定です、楽しみ〜♪


by beijaflorspbr | 2018-08-03 19:18 | 思うこと
2018年 07月 27日

想い出の中の哀しみ

f0146587_23105654.jpg
むずがる毬ちゃんを抱っこし、
あやしながら見る夕陽は
時に悲しみに包まれているような気がする。
孫の泣き声を聞きながら
「本当はばぁばだって泣きたい時があるんだよ」
と毬ちゃんにそっと話しかけてみる。
あれはうだるような暑い暑い夏だった…。
母に告げられたのは
「もう新しい年は迎えられません」
という残酷な宣告だった。
医師の診断通り、宣告をされて
僅か2か月で最愛の母は私から離れて
遠くへ旅立って行った。
入院中、毎日病院の窓から沈む夕陽を見つめては泣いていたあの日々
今も時々あの夕陽とオーバーラップする時がある。
親を失くすというのはそういうことだ。
昨日は哀しくて泣き寝入りをすると
夢に両親が出て来てくれた。
「どうしたの?」
二人で笑ってゆっくり向こうに行った。
仲が良かった両親だったので、きっと今も天国でも仲良く暮らしているのかな。
そう思うとほんの少しだけ安心した…。
繋がれていく命を尊び
今置かれている立場をしっかり守って行こう。


by beijaflorspbr | 2018-07-27 23:23 | 両親を想う
2018年 07月 20日

体調不良でも使命感に燃える高齢者(駄)

長いタイトルですが…昨日は朝もはよから起床し、午前7時半に自宅を出ました。出ました、と簡単に書きましたが、出る前にお腹の調子が悪くなり。。。どうなることかと思いましたが、何とか収まりホッと一安心。腸に持病のある私に時々起こるこうした症状とは一生向き合わないといけないのかもしれません。さてと、この時間はサンパウロ名物ラッシュアワーで、しかもいつも乗る大好きな2連結バスが行ってしまったばかりで、普通の一両バスに飛び乗ると、案の定満員で座る場所なし。バスは揺れるのでかなりの筋力が必要ですが、何とか頑張って降車場所まで45分間立って行きました。「そんな時は直ぐに降りてタクシーに乗り換えるんだよ」と家族から厳命されていたのにも関わらず、降りるのが面倒くさいという’しょうもない理由’でそのまま立っていましたっけ。途中お腹が痛くなることもなかったので、ホッとして降車した時は流石にフラフラ。。。さすが高齢者やん!!!でも今日はお腹の調子が良くなかったため、家で予めお料理が出来なかったので、メイドインジャパンに寄って、食材を調達するところからスタートしました。メインは牛薄切り肉と野菜の炒めものに、とろろにしよう!と決め、食材を購入。毬ちゃん宅に着くと、直ぐにママは仕事に出かけました。働くママは大変だ!!朝体調が良くなかったせいか、少し眩暈がしました。さて・・・ここからは毬ちゃんと二人っきりの世界。体調が悪くても何とか頑張らなくては。最近は声を挙げて笑うようになったので、あやし甲斐があります。しばらく夢中になって一緒に遊んでいたら、グズグズ言い出しました。抱っこした途端にコトン!と寝てくれました。その間にとろろを拵え、お肉と野菜の炒めものを作り、ごはんを炊きました。すると、もう泣き声が…「早い、起きるのが早すぎるのだ!」急いで駆け付けると、ばぁばをじーっと睨んで泣いています。。。仕方がないので、抱っこをするとまた直ぐに寝てくれました。それから1時間ぐっすり。。。ママが帰って来る頃には目覚めて機嫌よく遊んでいました。毬ちゃんママは、途中2回授乳に戻ってきました。その後も寝たり起きたり遊んだりの繰り返しで夜の8時過ぎまで子守り&家事を何とかこなし、解放され自宅に着いたのは午後9時過ぎのことでした。いやはや。。。ハードでした。食事もままならず、そのままシャワーを浴びてバタンキュー。確かに健康に良いのかもしれませんが、少しハードな気もします。世の中には、前期高齢者でもまだ現役で働いている方は多いので、そんなに甘いことは言っていられませんが、当分は頑張りましょう。肌寒かったサンパウロも、少し温かくなっていました。温かくというか日中は30℃もあるので、流石南半球だなあ~と気付かされます。雨が1か月以上降っていないので、カラッカラに乾燥していて、深刻な水不足になっています。毬ちゃんと外気浴中に見上げた空があまりに綺麗でパチリー☆
f0146587_23082587.jpg
何はともあれ、今週のお勤めも終わったので、ちょっとホッとしているところです。体が資本なので、大切にというより騙し騙し行こうと思っていますが、どうなることやら…。長々と独り言にお付き合い頂きありがとうございます。良い週末をお過ごしくださいませ。


by beijaflorspbr | 2018-07-20 23:28 | 家族
2018年 07月 16日

寒い日が続くサンパウロ

「ブラジルに冬はあるのですか?」「一年中暑いのでは?」と思われる方も多いかもしれませんが、サンパウロには立派な『冬』が来ます。我が家は暖房器具は使っていませんが、娘の家では赤ちゃんのためにデロンギのヒーターを使っています。先週の子守り日は特に寒くて、火曜日は夜半に8℃、木曜日も11℃とかなり厳しい冷え込みでした。寒くなると、ブラジル国民も一斉に厚着をするので、バスの中が何だかいつもより混み合っているような気がします。街を歩いていても、背中を丸めて寒そうに歩く人多数。いつも温かい国は、寒さに対する免疫が少ないようです。日本のお友達とのやり取りで「暑いー死ぬほど暑いーー」と何度もメッセージが来ますが、寒い地に住んでいるとあまりピンときません。確かに日本は湿気が多いので、暑いだけではなくジメジメするのですよね。酷暑の時期には帰らないようにしているため、あの厳しい暑さを少し忘れかけています。日本の皆さんには申し訳ないことです。どうか体調管理に気を付けて厳しい夏を乗り切ってくださいね。
f0146587_22013113.jpg
サッカーワールドカップ・ロシア大会が終わりました。私の応援していたベルギーがフランスに負け、決勝で応援していたクロアチアがフランスに負けてしまいました。そもそも1998年のフランス大会の決勝戦でブラジルがフランスに負けてからは、ブラジル人のほとんどがアンチフランスになったのではないかと主ほど敵対視しているのも事実です。あの時エースロナウドの絶不調で涙を呑んだのが昨日のことのようです。意地悪な兄貴が、パリの空港からパリ市内へ抜ける途中のサンドニ競技場横を通る度に「ここ、ブラジルが負けたところ」というのが悔しくて。。。兄貴のバカ!!まあ何はともあれ、フランスチームの2回目の優勝おめでとうございま~す。表彰式の時のすごい雨には逆に笑ってしまいました。真っ先に傘を差し掛けたのが、自国の大統領だったことにマスコミが騒いでいますね。リオ・オリンピックの閉会式の時もそうでしたが、野外の大会ではいつ雨が降るかも分かりません。老婆心ながら雨天対策はしっかりしないと、後々大会運営への批判が止まらないのでは、と思うのですが…。ところで、キンキラキンの優勝トロフィーは眩しいものの、トロフィー専用ケースはあのLV製なんですねぇ。変なところに感心して観ておりました。
f0146587_22064817.jpg
何はともあれ、4年に一度のサッカーの大熱演の幕が降ろされ、少し寂しい感じがします。特にサッカーの熱烈なファンと言うわけではありませんが、この大会だけは何故か全試合無我夢中で見入ってしまいます。今年もたくさんの熱戦をありがとう。予選を見事に突破した日本代表チームの皆さまに拍手!サッカーのことではブラジルも今後また批判に晒されるのだろうなあ。ワールドカップ後に、有名選手がビッグクラブに移籍するのも常なので、楽しみでもあります。次の大会はカタール、ほぼ男尊女卑のあの国でどのような大会になるんでしょうか?それと、今回の大会ほど乱暴なプレーに終始した大会も珍しいのではないかと思っています。次の大会は48チームに増えるのと、開催が大幅に遅れて11月頃だということですが、年末の忙しい時期に慌ただしいことです。


by beijaflorspbr | 2018-07-16 22:19 | 思うこと | Comments(4)
2018年 07月 15日

Fブックの投稿内容に思う

インターネットのない時代のコミュニケーションツールは手紙か電話だけだったように思いますが、今はFブックや、Tィッター、Lイン、Iスタグラム等のSNS…あまりにも選択肢が多過ぎて、戸惑うほどです。日々それらのチェックにかなりの時間を使っている現代社会。PCとタブレットとスマホを片手に、3つのツールを順番に用途に応じて駆使している高齢な私。。。元々機械いじりは大好きで、ステレオや8ミリだけではなく、16ミリフィルムも自由自在に操っていました。録音テープなどの編集も楽々こなし、教え子たちが休むことなく練習出来るようにと、マーチのエンドレステープも作成していた意地悪な先生でもありました(笑)最近、Fブック(検索ワードに引っかからないように変な書き方をしていてすみません)でとても不快なのが、「○○にいます」という位置のみを示す記事、「○○に行きます」という意味のない記事、一番嫌なのが「○○をシェア」のシェア記事です。過去の記事のシェアーはもっと見るのが辛い。娘はそんな私の姿を見て「Fブックなんか見なきゃいいのに」と言いますが。私がフォローしているFブックの友人は、全て私の知っている人ばかりです。知らない人、会ったこともない人は申請が来てもお断りするようにしています。知っている人の中にも、色々な人がいて、こちらの記事に決してイイネ!しないのに、しきりにイイネ!が欲しくて同じような記事を何度も重ねて投稿する人。一気に100枚以上の写真を掲載する人、自身のブログに「〇月×日はFブックでイイネ!を何百ともらいました」なんて記事を目にした日には興醒めしてしまいました。色々ありますが、エアポート投稿おじさんの記事のように、世の中には自分が優位に立ち自慢したい人がたくさんいるのだということが分かります。自分が生きて来た証というより、自慢に始まり自慢に終わる人もたくさんいるような気がして、ちょっとこのSNSに疲れています。昔知っているおばちゃんが、最初から最後まで自分の子どもの自慢話をして帰って行きましたが、「あのおばちゃん、酷いね」と私が言うと母が「寂しいんじゃない?」とポツリと呟いたのが印象的でした。優しい母は何事も善意に捉える人でした。但し、私は全部を否定したいのではなく、「子どもが生まれました!」とか「何歳になったよ」「結婚しました」などの家族の成長ぶりを知らせる記事には心からの祝福を贈りたいと思いますし、おじいちゃんおばあちゃんと孫の交流や、どこそこに行って綺麗なものを観たよー美味しいもの食べたよーなどの記事は積極的にイイネ!をします。自分が本当に良いなあ~と思う時と、単なる自慢の羅列だよね、と感じる時は、自分の体調や心の持ち方の差があるのかもしれません。最近とてもとても体力的に疲れていて、例えばお昼寝をしたにも関わらず、夜11時には目がくっついてしまい、そのまま朝の7時まで目覚めないなどということもあり、以前の余裕ある自分とは全く違うような気がしています。余裕がない私ですみません、って記事にすることもないので、ここで正直に吐露させて頂こうと思います(笑)7月に立て続けに開催される日本人ブラジル移民110周年関連行事にも参加する意欲がなかなか沸きません。行けば写真を撮って皆さまにご披露できるのかもしれませんが、行く気になるかどうかが微妙です。「びみょー」って今の若者は良く言うよね、とは兄貴の言葉ですが、本当に「びみょー」な今日この頃。ずっとダラダラゴロゴロしていられると良いのになあ~というのは無理ですけど。日本の家族は暑くて参っているらしく「ママ、今夜はエアコン付けっぱなしでもいい?」と電気代を負担している大蔵大臣(私のこと)に訊いてきますが「もちろんOKだよ」と。反対にこちらは10℃前後の寒い日々が続いていて、あまりの寒さに縮こまっています。この冷たい湿気のないカラッとした風を日本に送ってあげたいけれど、無理ですね。日本の皆さま、熱中症にくれぐれもお気を付けくださいね。エアコンを点けるのを我慢して2夏越した我慢強い(というかほとんどバカ)な子どもたちが不憫でたまりません。早く帰国して美味しいものをたくさん作って食べさせてあげたい気持ちでいっぱいですが、もうちょっと待っててね!!SNSでもやもやした気持ちから変なところに話が飛んで行きました。おばあちゃんのちょっとした弱音と受け止めて頂けましたら幸甚です(笑)冷静になって考えると、自分だってこのブログを通して色々な「自慢話」を繰り返してきたんじゃないだろうか?などと思い始めています。精神状態があまり安定していない証拠かもしれません(爆)笑って許してください(^^)/
f0146587_21470905.jpg
(一斉に咲き出したぼんぼりのようなお花、イペー・ホッショ)


by beijaflorspbr | 2018-07-15 23:09 | 友達
2018年 07月 12日

子育てイロハ

f0146587_19523594.jpg
孫の毬ちゃんとの間には見えない絆がある。。。なんて信じていたのに、ママが仕事から帰ってくると、直前まで機嫌が良かったのに、急に大泣きし出す毬ちゃん。密かに「キミは恩知らずだねえ~」と言いたくなります(笑)急激に冷え込んでいるサンパウロ、昨日の夜中は8℃だったらしいのですが、夜の時点で既に寒すぎていつものソファに座っていられず、ついつい10時前にベッドに入ったら不覚にもそのまま寝ちゃいました。朝は6時に目覚めたので、睡眠時間がお子ちゃま並みになってしまっています。連続の子守り勤務で疲れ果てていますが、孫のためなので頑張ります。昨日のワールドカップのクロアチア対イングランド戦、延長戦でUBERに乗って自宅に帰らなければならず、「最後まで観たかったなあ~」なんてガッカリしていると、なな何と車にテレビがあるではありませんか!(日本は珍しくないけれど、こちらでは大変珍しい)無我夢中で運転手さんと一緒に見ていると(笑)、クロアチアが伝統あるイングランドを破り初の決勝進出!!運転手さんと一緒に「わぉーーー」と声を挙げてクロアチアを祝福しました。ワールドカップも日曜日でおしまい、色々あったけれど、随分楽しませてもらいました。この楽しみもまた4年後に。。。さあ、これから子守りに行ってまいります。エルのサポートが出来るくらい健康な体に感謝、そして何より癒しの対象毬ちゃんにも感謝。今日も寒い中、風邪引きさんの毬ちゃんとの闘いが始まります。頑張ります!!!蛇足ですが、1キロ痩せました(恥)

by beijaflorspbr | 2018-07-12 20:00 | 家族
2018年 07月 05日

優しいブラジルの人たち

今週から娘のお仕事強化月間で、私も6時に起きて(でも前夜は11時就寝)朝食を摂ると同時に調理開始。前夜に下準備しておいた食材を次々に調理すること約1時間で完成!身支度をして午前8時自宅出発し、大通りのバスポント付近まで送ってもらいます。そこから激混みのバスに乗車し、一路中心街へと向かいます。65歳を過ぎてから、空いていれば遠慮なく優先席に座らせてもらっています。私の在住地は、バスで通勤や移動することがかなりメジャーなので、毎回のように回りで面白いことがあります。以前はイヤホンを付けて雑音をシャットアウトしていましたが、周りの人たちのやり取りや思いやりの光景を目にすると、何となくその輪にどっぷり嵌りたくなり、今は五感を研ぎ澄ませ聞き耳を立てています(笑)ポルトガル語の勉強にもなりますしね。今日の場合は、2連結の大型バスでしたが、最初は空席なしだったので、しっかり掴まって立とうと決めた途端に、50代くらいの女性が「ここに座る?」とご親切に聞いてくれたので「ありがとう、助かるわ」と言って座らせて頂きました。その後、私より更に高齢のお身体の不自由なご婦人が乗って来られたので、席を譲ろうと立ちかけると、私の隣(つまり奥の窓側)のおじさんが私を制して、サッと立ち席を譲りました。その後何人も高齢者や身体の不自由な方が乗って来る度にあちこちから「どうぞ、ここに座って!」と壮絶な譲り合い合戦が繰り広げられていました。私もいつでも譲る体制でいましたが、結局善意の連続で最後まで座って楽に目的地に到着しました。乗車時間は約40分間、出来そうでなかなか出来ないメトロ路線を走る便利なバスは、軒並み混み合っていますが、今年は大統領、州知事、州議会選挙を控えているので、そろそろ全面開通するのでは?と期待はしています。早朝から苦労している私を見て、トリオさんが行きもUBER(自家用車配車システム)で楽に行けば?と提案してくれましたが、朝のラッシュアワーの時間は、何と言ってもバス専用路線のお陰で、ダントツバスが早いので、それで通っています。和食材のお買い物をして、もう一台バスに乗って最終目的地に着いたのが午前9時10分でセーフでした。私と入れ替わるようにして、娘が仕事に飛び出して行きました。私が日々経験するのは、ほんの一部ですが、ブラジル人には善意の塊のような方が多いなぁとつくづく感じます。顔を合わせるとニコッと笑いかけてくれるし、話しかけて来る方もたくさんいます。運転手さんもコブラドール(料金徴収係)もとてもSimpático(感じが良い)です。確かにこの国は、治安面や経済面の不安も多々ありますが、思いやりのある人たちのお陰で居心地は決して悪くありません。昔ある大先輩の奥さまから「こんな国によく住めるわね」と言われたことがありました。こんな国の意味を、かなりずっと考えていたこともあります。23年間暮らした日本と42年間暮らしたブラジルとではそれぞれに愛着が湧くのは当然のことです。こんな国ですが、何か?なんて開き直り、今ではブラジルの良いところをいくつも言えますし、日本と違うところも指摘出来ます。どっちも良い!と言うのが正直な答えなのかもしれません。家族がいて家があるところが私の居場所、今は日本の子どもたちに申し訳ないけれど、こちらが正しい私の居場所なのかな、と思っています。今日は漠然としたメモ代わりの文章ですが、何年後かに同じ気持ちかどうか、将来の自分に問いたいです。今日は朝から深い霧に包まれていたサンパウロ、国内線専用のコンゴニャス空港も完全閉鎖されていましたが、漸く霧が晴れてお日様が顔を出しました。毬ちゃんが起きたら外にお散歩に行きましょうかね。良い一日でありますように🙏
f0146587_22505805.jpeg


by beijaflorspbr | 2018-07-05 22:38 | 思うこと
2018年 06月 30日

2018年の上半期終了!

あまり暑くない夏が過ぎ、今は晩秋といったところですが、全く雨が降らないため深刻な水不足に陥っているサンパウロ。我が家は一生懸命節水しているつもりですが、気のせいか水道代が高くなっているのは何故かねえ?などとどうでも良い話題がのぼるのが中高年家庭の会話!?あっと言う間に6月も今日で終わってしまいます。いや~実に早かったですね。この半年間何をしたかと言うと…正直あまり良く覚えていません。こんな時こそブログ記事を遡って読むと良く分かるのは意外に便利と改めて思う次第です。2月の初旬に孫娘が生まれて、赤ちゃん中心の生活に突入してからは何とも慌ただしく疲れる日々が続きました。ただ毬ちゃんは寝て泣いているだけではなく、見る見るうちに目覚ましい成長をし、体を起こすようになった、目で物を追うようになった、一人遊びが出来るようになった、首が座った、不安定でも座れるようになった、物を持てるようになった、ばぁばと分かるようになった(これ大事!)と日に日に成長し、可愛さを増しています。この先もう少ししたら離乳食が始まり、体もどんどん大きくなっていくのかと思うと人の子ながら(笑)ワクワクします。時々疲れからイライラしている娘の気持ちも分かるし、なかなか泣き止まない毬ちゃんの心情も一歩引いてみることで良く見えるような気がします。但し、私自身も老体なので体力的にはかなり堪えているのは決して否めません。子守りの日には夜11時まで起きていることすら難しいほどボロボロに疲れ果ててしまい、いつまで続けられるのかな?と不安になるほど。今のところ、一晩ゆっくり休むとちゃんと元気に復活できるので、まだ当分は大丈夫?実の母娘なので、色々諍いもありますが、今自分が出来ることを精一杯手助けするだけです。さあ、今日からサッカーワールドカップ2018年ロシア大会は決勝トーナメントに突入します。正に真の戦いはここから始まると言っても過言ではありません。ブラジルでの放映時間はフランス×アルゼンチン戦が午前10時半~ウルグアイ×ポルトガル戦が午後2時半~放送されます。メッシやクリスチャーノ・ロナウド、ソアレスにカヴァー二などの名選手のプレーを間近で見られるなんて夢のようです。明後日はブラジル×メキシコ戦、その翌日が日本戦と続きます。うーーん、当分は怠け者に徹し、何もしないでテレビにかじり付くことにいたします。今Globoのサッカー解説者が「今日からの戦いには明日と言う日は来ない」と名言を吐きました。確かに・・・mata mataのどちらかが勝つまで闘い続けなければいけません。厳しい戦いにヒリヒリする日々が続きますね。日本の皆さま、まだまだ寝不足が続きますが、どうかご無理のなきように!
f0146587_22103734.jpg
(新しいおもちゃと真剣に向き合う毬ちゃん)


by beijaflorspbr | 2018-06-30 22:37 | 思うこと
2018年 06月 23日

涙のわけ

朝目覚め空を見上げてぼーっと考えていた。昨日ネイマールはどうしてあんなに号泣したんだろう。ブラジルがワールドカップで優勝したわけではなく、グループリーグを突破したと言うわけでもないのに…。第二戦目でこれで大丈夫かな?と思ったのは私だけではないだろう。
f0146587_22362444.jpg
昨日の彼自身のSNSでの呟き…
「ここまでの経緯を誰もが知っている訳ではない。喋ることならオウムだってできるのに…。涙を流したのは喜びと(苦しいことを)克服し、勝利できたからだ。私の人生で簡単なことなどなかった、今でもね。夢は続く、いや夢じゃなく目標!(メンバーのみんな)おめでとう!」
【原文】
Nem todos sabem o que passei pra chegar até aqui, falar até papagaio fala, agora fazer ... poucos fazem!! O choro é de alegria, de superação, de garra e vontade de vencer.Na minha vida as coisas nunca foram fáceis, não seria agora né !!! O sonho continua, sonho não ... OBJETIVO ! 後略
そうなんだよね、彼はどれだけの重圧と戦っているんだろうとしみじみ思った。26歳の若造の彼には重すぎる課題、言いたいことも言わせてもらえず、骨折した時もその痛みや苦しみを吐き出すこともできず、ひたすら治療とリハビリに耐え、まだ本調子ではないのに世界の本舞台で厳しい闘いを続けなければならない重圧。そんな苦しみから解放され思わず流してしまった涙。。。昨日からの世界中の記事でネイマールへの悪意に満ちた記事もたくさん目にし、如何に彼が周りの見えない敵と戦っているか、というのが痛いほど分かり、胸が熱くなってしまった。世界一給料の高いストライカーの癖に、○○とか××など。あたかもブラジルが敗退することを願うような意地悪い書き込みの数々。まだまだこれから戦うたびにブラジルセレソンを含むネイマールは散々叩かれ「負けたらいいのに…」などと思われるのかと思うと辛すぎる話だ。あれ?私はブラジル人だったっけ?サッカーの時だけはブラジル贔屓が隠せずに困っている。先ほどベルギー×チュニジアの試合が終了した。トリオさんと、二人で憤慨する。「あの最初のベルギーへのペナルティーは無効だよね」「そうだそうだ!」一ゲームにつき必ずドラマが生まれ、泣く人笑う人がいる。どちらかと言うといつも弱いチームに応援する私なので、チュニジアの敗退は残念でならなかった。それにしても怪我人の多い大会だと思う。ネイマールが潰されないことを祈るばかり…。さあ、こうして駄文を綴っている間に次の試合韓国×メキシコ戦が45分後に始まる。その後はいよいよ天下分け目の戦いドイツ×スェーデン戦と好カードの一日だ。こちらの放映時間が午前9時、正午、15時と丁度良いので助かる。日本の小さな家では元サッカー少年の愚息が夜中(明け方?)まで大音量でサッカーを観ているので煩くて眠れないと壁一枚隔てた部屋にいるパトちゃんが愚痴をこぼしていた。まだまだ続く4年に一度のサッカーの大競演、愚息としては、ここは一試合たりとて観逃すことはできないだろう。可哀想なパトちゃん、もうちょっと我慢してね!
f0146587_23110603.jpg
(スイス戦でのネイマール、この靴下の大きな穴が彼へのマークの激しさを表している)
サッカーライターの大野美夏さんの記事をご覧ください。彼女はネイマールが何者でもない14歳から彼と家族を見守って来た人です。


by beijaflorspbr | 2018-06-23 23:12 | 思うこと
2018年 06月 20日

うまく対応できず申し訳ございません

f0146587_21413950.jpg
自分ではまだ何もできないこの小さな赤ちゃんのお世話にかなりの時間を取られております。子守りに行く日は、朝6時に起床し、慌ただしく朝食を済ませると同時に調理開始。何品かのおかずを一生懸命作って午前9時過ぎに自宅を出発。バスに乗って40分~60分、距離にして10数キロとそんな距離はないのに、ラッシュ時と重なるためバス専用路線を走ってもかなりの時間を取られます。和食材の豊富なメイドインジャパンに寄って食材を購入した後、もう一台バスに乗り換えて娘宅へ…。娘は私の持参した昼食をしっかり摂って出勤します。途中1-2回授乳に戻ってくるものの、慌ただしいままあっという間に一日が過ぎ去って行きます。毬ちゃんの面倒を任されている時間は、それに没頭(堪能)しようと思い、ネット環境は完璧なのですが、極力テレビもスマホの画面も見ないようにしているため、このブログにもなかなか立ち寄ることが出来ません。毬ちゃんが眠っている間は、お茶やコーヒーなどを飲み休養時間としています。折角素敵なコメントを書き込んでくださった方も、これでは愛想を付かされるのは当たり前かもしれません。直ぐにお返事できず、本当に申し訳ありません。グループLINEやfacebookやInstagramなどのレスポンスも、タイミングを外し、うまく出来ずにいます。このブログを書き始めて6月26日で11年を迎えますが、そろそろ潮時かな?などと思い始めています。11年前はまだ「ブログ」というツールが新鮮な時代でした。そして、大手術後3年しか経っておらず、治るか治らないか不安な時期でもありました。「死ぬかもしれない」と覚悟した時に、子どもたちに何かメッセージを残したくて無我夢中で書き続けてきた当ブログです。しかし10年ひと昔との例え通り、時代の流れは驚くほど早いというのが実感です。備忘録としてのブログはとても便利なツールなのですが、そろそろ自分のライフスタイルも見直さなければいけない時期に来ているのかもしれません。というわけで、いつも多忙や子守りや年のせいにしてばかりですが、ご理解頂けたら幸いです。昨日娘と、私自身の10月末ー12月初旬の帰国時の子守りをどうするか、ということについて話し合いました。「(ママがいないと)本当に困るわー」「そうだね、気持ちは良く分かるけど、ママも一年に一度は人間ドック受けないと前科(直腸癌とピロリ菌陽性)があるから心配だし…」「うんそれは分かっている」と。そうでしょうね、娘にとって母親ほど信頼できる存在はない訳で、自身も母親が身近にいない環境の中、何とか子守りさんを雇って子どもたちを育てた経験があります。お金の問題などではなく、この国では信用問題も絡んでくるのでより複雑なのです。娘と同業の歯科医の友人たちは、預ける人がいなかったため、泣く泣く生後4か月で保育園に預けたらしい、などと言っていました。私が日本に帰国する頃は生後8か月で離乳食も始まっているし、今よりもう少ししっかりしていることでしょう。可愛い毬ちゃんとお別れするのは身を切られる思いですが、何とか毬ちゃんが幸せな場所に落ち着けますように、と祈るばかり。帰国まで後4か月、まだまだのようですが、あっという間なのかもしれません。後2か月後には航空チケットも購入する予定です。最近意味なくため息をつくことが多くなりました。とはいえ、日本の友人たちとの遊ぶ計画も着々と進んでいる訳ですが…。早く日本に帰りたい!

by beijaflorspbr | 2018-06-20 22:08 | 家族