ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:家族 ( 533 ) タグの人気記事


2018年 11月 29日

父の命日に・・・

f0146587_10144018.jpg
今日11月29日は父の命日です。もうあれから14年も経ってしまいました。晩年ずっと体の弱かった父は、色々と難しい病気に罹り、私も子育てで忙しい中、10年以上ブラジルと日本を行ったり来たりしてお世話をしてきました。母も足が悪かったため、お手伝いさんやヘルパーさんにもお願いしながら、何とか乗り切ってきましたが、遂に力尽きて一人で旅立ってしまいました。お知らせを受けて直ぐにチケットの手配をし、丸一日かかって大阪に帰って来ました。教え子が駅まで迎えに来てくれ、父の眠るところまで連れて行ってくれました。棺の中に眠っていた父は、もうわがままも言わないし、病気で苦しむこともなく、安らかな寝顔で静かに眠っていました。私が静かに流した涙がポタポタと父の顔に落ちて行った様子がまるで昨日のことのように思い出されます。私は良く「あなたはお父さんに似ているね」と言われます。竹を割ったようなサッパリした性格で、豪快で、涙脆くて、情に篤い人でした。たくさんの人に慕われ、また自身も多くの人の面倒を喜んで見る人でした。ずっと傍に居た母はとても苦労をしたと思います。そんな父の娘でいられたことを誇りに思います。先日たまたま予約したホテルが、浅草の浅草寺の二天門の真横でした。早朝人のいない浅草寺にお参りをした時に、昔父に言われたことを思い出しました。「浅草寺のような大きなお寺は何故人がたくさん集まるか知っている?それはね、たくさんの人がわざわざ遠くからでも足を運んで祈願する『誠』に対して、仏様が願い事を叶えてくださるんだよ、だからたくさんのお参りがあるお寺は栄えるんだよ」と。その時は大学生で良く分からなかったものの、願い事をしたら叶うんだ!と単純に理解しました。今回お願いしたのは大きな望みではなく、とにかく家族が平和で過ごせるように、それと日頃の感謝です。今こうして苦労をしながらも何とか元気で暮らさせて頂いているのも、皆父や母のお蔭だと思っています。今日は兄夫婦とNちゃんと一緒に両親の眠るところへお参りをすることになっています。幸い良いお天気なので、気持ちの良い一日が過ごせそうです。ブラジルへの出発まで後少し…全速力で日本の秋を満喫し、駆け抜けようと思います。疲れた~なんて弱音を吐いていられませんね(笑)だって、私はあの父の子なんですもん。合掌


by beijaflorspbr | 2018-11-29 10:43 | 両親を想う
2018年 10月 28日

ぶれいく~家族の時間①息子

f0146587_18075481.jpeg
搭乗記を続けたいのですが、今日は買い物のため8キロも歩き体力が持ちませんので、家族のことなどを呟かせて頂こうと思います。しばらくぶりの日本の家族との暮らしを満喫しています。くすっと思わず笑ってしまうようなことがあり、それもここに書き留めておきましょう。昨日の土曜日、朝息子が出かける時に「何か美味しいものを買ってきて!」と頼んで買ってきてくれたものがこれらの新鮮な野菜。私はてっきりお饅頭とかケーキを想像していたので、嬉しいけれどガッカリしてしまいました。でも目を輝かせて「新鮮でしょ?農家の人が直接売りに来ているんだよ」と。まあいいか・・・お饅頭でもケーキでも一口で終わってしまうのだし。健康診断前なのでカロリーを抑えるに越したことはないしで、結果オーライだったのかな?と思っています。明日はもっと元気になれるかな?今日はすみません。

by beijaflorspbr | 2018-10-28 19:50 | 家族
2018年 09月 06日

北海道で地震の第一報を受けて…

f0146587_19320662.jpg
(新千歳空港展望台より撮ったお気に入りの一枚です)
それは午後3時過ぎのこと、突然アラートが鳴りました。何があったんだろう?その時とても個人的に動揺していた私は(※後ほど説明)慌ててスマホの画面を見ました。「北海道胆振(いぶり)地方中東部で震度7(速報時は震度6強)の強い地震」とあり、驚いているところに、千歳市に住むfecebookの嵐友達Eちゃんのメッセージが入っていました。立っていられないくらい激しい揺れだったこと、停電していること、自宅には被害がないこと、ご主人が仕事場に飛んで行ったことなど、短い文章の中に切迫した様子が書かれていました。今は地球の裏側に居ても、こうしてリアルタイムに日本でのニュースを知ることが出来ます。それはそうとしても、何という天災の連鎖か…台風21号の爪痕も残ったまま次の災害が日本列島を襲うなんて!もう絶句してしまいます。札幌で歯科医院を経営している従弟も、早速必要な情報を発信してくれ、無事を確認し安堵しました。停電のため、クリニックは休まざるを得ないということでしたが…。他にも北海道全土でたくさん親戚や友人がいるので、心配で心配でたまりません。どうか早期に収束しますように。余震が酷くありませんように。新千歳空港は今のところ全便運休とのことで、関西⇒新千歳に行く予定だった私の友人は伊丹に変更出来たもののキャンセルせざるを得なくなりました。私の友人のような方はたくさんいるのかもしれません。楽しみにしていた家族との再会や旅行計画を中断せざるを得なくなった方々の気持ちを思うと、とても辛く悲しいことです。ともかく一日も早い復興を祈るばかりです。北海道の見事な空が私は大好きです。幸せな気持ちで誰しもが空を見上げられる日が来ることをお祈りしております。
昨日のこと、離乳食を毬ちゃんに食べさせて、ほんの少し毬ちゃんの元を離れて食器を洗いに行った瞬間、ふと嫌な予感がし、毬ちゃんのところに走って戻ると、毬ちゃんがソファから転落するところでした。走ったけれど間に合うわけがなく、火が点いたように泣き、泣き疲れて眠ってしまいました。それから2時間以上起きません。もうその間ドキドキハラハラウロウロして心配していると、2時間グッスリ眠った毬ちゃんはニコッと笑ってくれました。本当にもう…うっかりばぁばのせいで、痛い思いをさせてしまってごめんね、と何度も謝りました。今ちょうどうつぶせになってハイハイをしようか・・・というところで、結構動くので要注意です。こんなことが二度とないように、気を付けようと決意を新たにした日でした。その後の地震速報で心臓がドキドキと…。子育てにうっかりは許されないので、細心の注意を払って子守りをしようと思いました。大切な命を預かっているのですから。と言うわけで、今日はこれから子守りに行ってまいります。本当は今日から新しい子守りさんをお願いしていて、私はそれを監督するだけだったはずなのですが、彼女が酷い風邪を引いてしまいお休み…と言うわけでやっぱり行くことになってしまいました。でも可愛い毬ちゃんに会えるのを楽しみにしつつ行ってまいります。今日のサンパウロは8℃と冷え込んでいますが、ヒートテック&ダウンジャケットを着て温かくして行ってまいります。


by beijaflorspbr | 2018-09-06 19:52 | 日本
2018年 09月 04日

日曜日の散歩

今日は子守日なので早起きをすると、グループラインメッセージが80件も入っていてビックリ。ずっと時系列に辿って行くと、今通過中の台風21号が如何に激しいものかが分かりました。身近なところでは、関西国際空港の連絡橋に大型タンカーがぶつかって、通行や鉄道に影響を及ぼしていることでしょうか。あの連絡橋は、強風の時は揺れに揺れるのでいつも恐ろしい思いをしていました。好天気で無風の時は、泉州のキラキラ光る海を眺めながら楽しめるのに、風がある時はしっかりハンドルを握らないと怖い。関西国際空港にとっては唯一の命綱の連絡橋、1日も早い復旧を願います。それと関西圏のお友達は、ずっと停電している、困ったと言っていました。停電といえば、発展途上国のトレードマークのようなもの、停電で慌てている日本の方々が意外でした。如何に日頃便利かと言うことが分かりますね。とにかく被害が広がりませんようにと祈るばかりです。それにしても今年は異常なほど天災が多い年です。これからまだまだ台風は来るでしょうから、どうかこれ以上祖国日本を虐めないでと、お天気の神様に祈ります。

さて、台風で大荒れの日本とは打って変わって平和な地球のこちら側の日曜日、皆でゆっくりご飯を食べた後、親はお買い物があると言うので毬ちゃんを預かりました。最初はグッスリ寝ていたものの、何と30分で起きちゃった!仕方がないので、毬ちゃんを抱っこしてお散歩に出ることにしました。いつも静かな自宅周辺の日曜日は、車も通らずもっと静か。日曜日のお散歩も良いなあ、としみじみ思いました。抱っこをして歩いている途中に毬ちゃんが爆睡してしまいましたので、縦抱っこから横抱っこに変更したら重たいこと!!全体重がかかって汗びっしょり。。。
f0146587_10063475.jpg
我が家周辺は、わざわざ歩きにくい石畳にしているので、苦労して速足で帰宅しました。それから1時間ぐっすり寝てくれて、次に起きた時もう一度別コースのお散歩。毬ちゃんは最近目が良く見えるようになり、キョロキョロしてせわしないことったら。
f0146587_10061977.jpg
でも良いお天気だったので、気持ちの良いお散歩が楽しめました。この石畳のせいで、ベビーカーを走らせることが出来ず、なかなか楽をさせてもらえません。筋トレも兼ねて長時間抱っに耐え、良い運動になりました~♪それでも痩せんd( ̄  ̄)

by beijaflorspbr | 2018-09-04 18:46 | 散歩
2018年 08月 14日

思わず安否確認をしてしまう親バカ

子ども二人を置いているある地方都市で、全国でも有名になってしまった不名誉な事件が起こった。いくらなんでもその事件は恥ずかしい。警察署から逃走した凶悪犯は現在も逃走中とのこと…。そこで過保護な母親としてはあまりに心配になり、子どもに連絡を取った。
「あんた大丈夫?」
「うん、あああれ(事件)ね」
「戸締りちゃんとしてる?」
「うん、毎日暑いから締め切ってクーラーかけっぱなしやで」
「そうか・・・」
「それに大家さんがベランダに付けてくれた防犯カメラもあるから大丈夫やと思う」
「(マンションの)出入り口もオートロックだしね。。。」
「まあな、あれはあまり宛てにできひんけど」
「職質(職務質問)受けてない?」
「被疑者を逃がしておいて今更罪もない市民に職質やなんて論外やわ」
「パトカー巡回している?」
「前は回っとったけど、今は全然(*_*)」
つまり警察署や市役所がある田舎町のメインストリート(笑)は駅向こうの南側、自宅があるのは駅の北側なので、雰囲気は全く違う。例え5キロでも離れていると少し安心なのは何故だろう?話題になっている警察署へは、免許証の更新手続きや、遺失物届などで数年に1回しか行かないところだけれど、署員の皆さんは概ね親切な方ばかりだ。ついでに言うと、お隣の市役所の職員も皆善意に溢れた素朴な方ばかり。なかなか居心地の良い地方都市なのに、多くの報道陣が押し掛けこんなにクローズアップされたことに却って戸惑いを覚える。治安の悪い国から帰国すると、この田舎町が無性に居心地が良く、安心して夜間も平気で歩いていたのに…。ところが、夜遅く駅に着くと、最近は息子が迎えに出てくれるようになった。
「最近この辺治安が悪いらしいで」
「そうなの?私はもうおばあちゃんだから大丈夫だと思うよ」
「おかあちゃん、金持ってるやろ?」
「うんうん、、、あまり持っていないけど、ちょっとは持ってる」
「そんな人を狙うやつもいてるんやて」
「ふーんなるほど。。。」
(一部大阪弁で分かりにくくてすみません)
連日の報道であの狭い国道170号線が映る度に、懐かしさを覚えるのは私だけかしら?海外に居るので対岸の火事のような気分で、実際に危ない思いをされている市民の方には申し訳ない気持ち。どうかどうか今回の事件だけは、被疑者が早く捕まりますように!!ウォーキングを兼ねて良く歩く市役所・警察署・郵便局・コンビニなどがテレビに映ると地元に帰ったようで、それはそれで嬉しい。
f0146587_18381072.jpg
一日も早く犯人が捕まり事件が解決して欲しいものだ。そしてまたお友達や家族を集めてお料理をたくさん作って楽しく宴会がしたい。こんな状態だと、夜の外出も控えなくてはならないから。温かい人がたくさん住む地元に早く帰りたい。

※…今回地元の風景写真を探してみると、全く見つかりませんでした。そういえば帰国をすると、近所を散歩するよりも、電車に乗って遠くへ出かける機会の方が多く、地元の写真は全く撮っていませんでした。たまには地元にスポットを当ててみようかな?とつくづく思いましたっけ。因みに娘は2泊3日のキャンプに参加しているので不在でした。


by beijaflorspbr | 2018-08-14 18:59 | 家族
2018年 08月 13日

8月第2日曜日はブラジルの父の日

昨日の日曜日はブラジルの「父の日」でした。我が家では、こういったイベントの日は自宅でささやかにお祝いをすることにしています。いつもお世話になっているトリオさんへ「今日はごはんを作ります!」と宣言したものの、そんな特別なメニューが作れるはずもなく、こんな感じになりました。煮込みハンバーグ、白身魚のフリット、フライドポテト&ブロッコリーのサラダ
f0146587_22405166.jpg
全部盛りで赤ワインと共に頂きます~♪
f0146587_22405632.jpg
ご飯が進むおかずでした。食べ過ぎちゃった。。。何はともあれ、静かな父の日のお祝が出来ました。父ちゃん、いつもありがとう!


by beijaflorspbr | 2018-08-13 22:47 | おうちごはん
2018年 08月 03日

私としたことが・・・

今日はまず最初に謝らせてください。昨日はこのブログの存在が頭からすっぽりと抜けていました。たくさんの方にアクセスして頂きましたのに、申し訳ございません。ブログを始めて11年2か月経ちますが、初めてのことです。それほど目の前の厳しいスケジュールに気を取られ、おまけに時間や体力が奪われているということなのか、それとも呆けかかっているのか、少し心配な状況ではあります。もちろん以前も何度か書かなかったことは何度もありましたが、PCを開けることなく完全に忘れたのは初めてでした。週2日の子守り日は、朝6時起きでお弁当を作り、遅くとも午前8時には家を飛び出るというなかなか高齢者にはきつい日々が続いているのも事実なのですが…。娘宅でも、子守りをする傍ら、ウエブサイトにアクセスしたり、メールの返事を書いたり、娘から頼まれた雑事を片付けたり、日本の家族から頼まれたホテル予約などに取り組み、その合間に来客の接待もあり・・・となんとなく頭が働かない現状です。日本のホテル予約に関して申し上げると、帰国後の自分自身の予約も含めて、複数同時進行で取り組んでいるのですが、近年のインバウンドのせいか価格的にも昔に比べてかなり高額で苦戦中です。特に土曜日の東京のホテルは軒並み目が飛び出るような高額な価格設定の中、庶民派の私のイチオシが、大井町駅前にある「アワーズイン阪急」というリーズナブルな価格設定のビジネスホテルです。どうしても、10月の帰国時とその翌月の娘の予約を取る必要があり、アイパッドを握りしめて頑張りました。11月の予約開始は、8月1日の0時からウェブサイトで…と言われた通りに0時からアクセスしてみたのですが、全く繋がりません。諦めて1時間後(つまり日本時間の午前1時)にトライして漸く11月の某週末の予約が成立しました。まだ8月なのに、かなりの予約が埋まっており、皆考えることは同じだなあ~などと思わず呟いてしまいました。驚くことに、私がとーっても楽しみにしている某アイドルグループの某所で開催されるコンサートもお仲間の助言により、日程が確定する前にコンサート催行日を予想し、ホテルを2泊分前もって抑えるという準備の良さ。結局コンサートの日程はバッチリ合っていた訳ですが、肝心のコンサートに当選しなかったらまるで笑いものですけれどね。既にその都市の該当日(ライブ当日)のホテルは既に満室状態です。昨年「ホテル取れない問題」で懲りたので、今年はしっかり下準備いたしました。後は当選を祈るのみ!人生って、何かこうしたちょっぴりバカバカしいような楽しみがないと、張り合いがないのかななどと思ってもいます。今与えられた目の前の子守りや飯炊きばかりではなく、帰国したら子どもたちや親戚、友人たちにお料理を振る舞い、行きたいところに行き、会いたい友達に逢いに行く旅も実行したいと思っています。羽を伸ばすぞ~~~っと今から楽しみで楽しみでなりません。同時に、あちこちのウェブサイトで「格安航空券」なるものも検索を入れているせいか、宣伝には「こっちが安いよー」とか「こっちも安いもんね~」などと表示されるものの、結局はいつものJAL系のチケットを購入することはほぼ確定済みです。日々の肉体的な疲れもあり、ため息ばかりの日々ですが、針の先ほどでも将来の楽しみを見つけてそれに向け、目の前の修行!?に集中しようと決意しています。
f0146587_11042852.jpg
(シングルが税込み6,900円という良心的な価格設定)
★蛇足ですが、このホテルは早めに予約を入れると、「禁煙」「高層階」または「レディース専用階」などを自由に選ぶことが出来ます。レディース専用階行きの専用エレベーターもあるくらい女性宿泊者には快適な環境です。他のホテル予約サイトではなく、公式サイトからの予約が一番確実です。一つ注意点は、このホテルに泊まりたい人はかなり多いので、もし予定していたチェックインより2時間以上遅れる場合は必ずホテルに電話を入れた方が良いかと思います。私もいつか予定が急に変わり、ホテルへのチェックインが大幅に遅れた時に、ホテルから「今夜泊まりますか?」とお電話が掛かってきて焦った記憶があります。所謂キャンセル待ちをされているお客さまも多いのでは?と思いました。インバウンド決して侮れません!!それと蛇足ですが、今回検索してみて「カプセルホテル」が各地で急増しているのにかなり驚きました。それに、いくらカプセルと言っても、6,000円くらいはするので、普通の個室タイプのビジネスホテルと間違えてしまいそうになりました。一度くらいは泊まってみても良いかな?とも思いましたが、自分の年齢的なことも含めて考えると、ちょっと無理があるのかな、とも思い断念。その点から言っても、上記のようなコスパの良い寝るだけのホテルは私にとってはかなり理想的であるという結論に達しました。まだ夏なのに木枯らしの季節が待ち遠しい今日この頃です。長い独り言で読みにくくてすみませんでした。過去ログにこのホテル宿泊の記録を見つけました。口コミを読むと、辛口なご意見もあるようですが、私は今まで同ホテルで不快な思いをしたことは一度もありません。鈍感なのかな?(笑)さぁ、今日も孫に会いに行ってきます。孫ママと珍しく一緒にお買い物に行く予定です、楽しみ〜♪


by beijaflorspbr | 2018-08-03 19:18 | 思うこと
2018年 06月 20日

うまく対応できず申し訳ございません

f0146587_21413950.jpg
自分ではまだ何もできないこの小さな赤ちゃんのお世話にかなりの時間を取られております。子守りに行く日は、朝6時に起床し、慌ただしく朝食を済ませると同時に調理開始。何品かのおかずを一生懸命作って午前9時過ぎに自宅を出発。バスに乗って40分~60分、距離にして10数キロとそんな距離はないのに、ラッシュ時と重なるためバス専用路線を走ってもかなりの時間を取られます。和食材の豊富なメイドインジャパンに寄って食材を購入した後、もう一台バスに乗り換えて娘宅へ…。娘は私の持参した昼食をしっかり摂って出勤します。途中1-2回授乳に戻ってくるものの、慌ただしいままあっという間に一日が過ぎ去って行きます。毬ちゃんの面倒を任されている時間は、それに没頭(堪能)しようと思い、ネット環境は完璧なのですが、極力テレビもスマホの画面も見ないようにしているため、このブログにもなかなか立ち寄ることが出来ません。毬ちゃんが眠っている間は、お茶やコーヒーなどを飲み休養時間としています。折角素敵なコメントを書き込んでくださった方も、これでは愛想を付かされるのは当たり前かもしれません。直ぐにお返事できず、本当に申し訳ありません。グループLINEやfacebookやInstagramなどのレスポンスも、タイミングを外し、うまく出来ずにいます。このブログを書き始めて6月26日で11年を迎えますが、そろそろ潮時かな?などと思い始めています。11年前はまだ「ブログ」というツールが新鮮な時代でした。そして、大手術後3年しか経っておらず、治るか治らないか不安な時期でもありました。「死ぬかもしれない」と覚悟した時に、子どもたちに何かメッセージを残したくて無我夢中で書き続けてきた当ブログです。しかし10年ひと昔との例え通り、時代の流れは驚くほど早いというのが実感です。備忘録としてのブログはとても便利なツールなのですが、そろそろ自分のライフスタイルも見直さなければいけない時期に来ているのかもしれません。というわけで、いつも多忙や子守りや年のせいにしてばかりですが、ご理解頂けたら幸いです。昨日娘と、私自身の10月末ー12月初旬の帰国時の子守りをどうするか、ということについて話し合いました。「(ママがいないと)本当に困るわー」「そうだね、気持ちは良く分かるけど、ママも一年に一度は人間ドック受けないと前科(直腸癌とピロリ菌陽性)があるから心配だし…」「うんそれは分かっている」と。そうでしょうね、娘にとって母親ほど信頼できる存在はない訳で、自身も母親が身近にいない環境の中、何とか子守りさんを雇って子どもたちを育てた経験があります。お金の問題などではなく、この国では信用問題も絡んでくるのでより複雑なのです。娘と同業の歯科医の友人たちは、預ける人がいなかったため、泣く泣く生後4か月で保育園に預けたらしい、などと言っていました。私が日本に帰国する頃は生後8か月で離乳食も始まっているし、今よりもう少ししっかりしていることでしょう。可愛い毬ちゃんとお別れするのは身を切られる思いですが、何とか毬ちゃんが幸せな場所に落ち着けますように、と祈るばかり。帰国まで後4か月、まだまだのようですが、あっという間なのかもしれません。後2か月後には航空チケットも購入する予定です。最近意味なくため息をつくことが多くなりました。とはいえ、日本の友人たちとの遊ぶ計画も着々と進んでいる訳ですが…。早く日本に帰りたい!

by beijaflorspbr | 2018-06-20 22:08 |
2018年 06月 13日

ある一日。。。

金・土・日は熱もあり、薬の力を借りてしっかり寝込んでいましたが、月曜日に少し良くなったので、風邪薬を飲むことを止めました。慎重に体調を整えて迎えた火曜日は、朝から大事な子守り日。朝6時に目覚まし時計を掛けて起床し、お弁当を作りつつ朝食を済ませました。この日のお弁当の中身は、野菜2種の牛肉巻き・ブロッコリーのサラダ・青梗菜と椎茸の炒めもの・里芋、人参、レンコン、練り物の煮ものでした。調理時間全部で1時間、どんなに忙しくても料理に手抜きはしません。慌ただしく出掛ける支度をして午前8時半に自宅を出発し、バスポントに送ってもらいました。不幸は重なるもので、夫のトリオさんも私と入れ替わるように酷い風邪を引いていましたが、何とか大通りまでの運転はしてもらえました。この時間は当然の如くかなりのラッシュアワーで、座る場所なし。ずっしり重たいお弁当が肩に食い込みます。優先席に若い女性が座っていたのを発見したので、その真ん前に立っていると、最初は携帯を一生懸命いじっていて気付かない振りをしたものの、そこに居辛かったのか15分くらいモジモジした後、自分の降車場所に着いたのか、サッと席を立ちました。この日はとにかく前日までの体調不良もあり、その先の長時間育児という重責もあり、荷物の重さもありで、この最初の行程だけはちょっと楽をさせてもらいたかったので助かりました。ブラジル人は相対的に親切な方ばかりなのに、時々わざとこうして頑張ってしまう若者がいるのも事実。この人の場合は、席を譲るタイミングを失してしまったようです。因みにこちらでは、高齢者や子ども連れの人、妊娠中の人、障がいを持っている人などには席を譲る法律が定められており、それ専用の座席も多く設けられていますが、驚くのがそれらに加えて『肥満』の人もその優先席に座る権利があることです。いつか、優先席2席分を1人で完全独占している大型女性がいましたっけ。驚きました。。。そしてそこまでは太っちゃいけないなあと猛省しました(笑)肥満はともかく、若い人が知らん顔をして座っている横で、かなりの高齢者が手すりに必死で掴まり立っている姿を見るのは忍びないことです。暫く立っていたバスの中で、色々考えました。「これは結構な筋トレになっているのかしら?」とか「疲れすぎて子守りが疎かになったらどうしよう?」とか「風邪が悪化したら次の子守りはどうしよう?」等々。飽きませんでした(笑)バス専用レーンも、流石にこの日は混んでおり、早かったら40分足らずで行くのに、70分もかかってしまいました。そこから急いでメトロに乗り換えて、何とか約束の午前10時に到着することが出来ました。娘宅に入ると、毬ちゃんがニコっと笑いかけてくれたので、一気に疲れが吹き飛んでしまいました。まさに100万ドルの笑顔(^◇^)娘が慌ただしく仕事に出かけて行った後、良いお天気だったので、毬ちゃんを抱っこしてアパートのお庭を初めてゆっくりと散策してみました。綺麗に整えられたお庭には、パーティー用スペースや、遊技場、立派なプールも備わっていました。これらは今時のアパートの標準設定なのかもしれず、前のアパートには立派なジムまでが完備されていました。30分ほどポカポカ陽気に誘われノンビリと外気浴をしていると、毬ちゃんがグッスリ眠入ってしまったので、家に帰って静かにベッドに寝かせました。2時間ほど眠って起きたら、ママ(娘)1度目の帰宅。慌ただしく食事をし授乳をしてもう一度午後のお仕事へ…。その後、毬ちゃんと遊んでいるうちに、泣きながら眠ってしまいました。今日は良く寝る日だなあ。。。午後4時過ぎに娘2度目の帰宅&授乳、まあまあ乳児を育てるママは大変!!慌ただしく3回目の仕事場へ。これも自宅と仕事場が近いからできることですね。最終的に帰宅したのが午後7時50分。まあ何ともハードな一日でした。私も疲れ果ててしまったので、直ぐにUBERを呼んでもらい、午後9時少し前に帰宅。風邪でずっと飲んでいなかったビールがやけに喉に沁みました。お腹があまり空いていなかったので、煮物をつまみながら美味しくビールを頂きました(オヤジか!)そのまま自室に入り、熱いシャワーを浴びたら急激な睡魔が襲ってきてバタンキュー。子守りは体育会系クラブ活動に良く似ているなあ、なんて思いながら深い眠りに就きました。結局午後11時ー午前8時半までグッスリと眠り、今日は朝からとても元気です。備忘録的に昨日までのことを書き連ねてみましたが、働き盛りとそれを支える周囲の人たちの奮闘ぶりが我が家だけではなく、皆同じようなものなのかもしれないと思いました。こうして慈しみちょっとの苦労や無理を重ねながら、大切な命を育てて行き、大きくなったらなったで悩んだり苦しんだりすることも多々あるのが人生なのかもしれません。今は毬ちゃんの将来が本当に楽しみでなりません。毬ちゃん言「そんな…生後4か月のワタチに多大な期待されても困るんでちゅけど…」毬ちゃんともうひとつ約束しました。ばぁばと二人っきりで将来飛行機に乗ろうね!!と。もちろん国際線だよ。それまで長生きしなくちゃいけません。大丈夫かな私?何はともあれ、無事に過ごすことができたことに感謝した1日でした。
f0146587_22131001.jpg
(今はママの飛行機で我慢してね!)


by beijaflorspbr | 2018-06-13 22:49 |
2018年 05月 18日

ふつうの暮らしへの感謝

f0146587_21070724.jpg
相変わらずコンスタントに!?週2回孫守りに通っています。
たくさんのおかずをせっせと作ってはお弁当箱に詰め、
家族に食べさせるのを望外の喜びとし、飽きることなく毬ちゃんを抱っこ出来る幸せを
しみじみ感じています。
 毬ちゃんは順調に成長し、最近は目が良く見えるようになったせいか
人の動きを目で追うようになりました。
泣く時もひとの目をしっかり見ながら泣く泣く。。。
すると「誰かが必ず抱っこしてくれるのよね」
と毬ちゃんに見透かされているような…
こうやって一挙手一投足を、周りは優しく暖かく見守りながら
子どもは大きく育っていくのだなあと思います。


それなのに…
なんであんなに簡単に無防備な子どもを殺すんだろう。
大切な宝物を手に掛けられた怒りと哀しみは
いかばかりのことだったか、考えると涙が止まらない…
親は何にも代えがたいほど子どもを大切に思い慈しむもの。
幼くて逝ってしまった、たまきちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。


by beijaflorspbr | 2018-05-18 21:20 |