ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:夜行バス ( 5 ) タグの人気記事


2015年 08月 30日

平野植民地100周年祝賀行事参加⑦夜行バスでカフェランジアへ…。

おおよその平野運平さんの生涯を語り尽くしたところで、今度は私自身が平野植民地100周年祝賀行事に参加させて頂いた時のご報告をさせて頂きます。8月1日(土)の深夜、お友達のKさんご夫妻と共にMetro Barra Funda駅までやってきました。サンパウロ州内の中距離バスは、この駅から出発します。他にも長距離バスターミナルがあり、南部のサントス方面へ向かうバスはMetro Jabaquaraから、それ以外はMetro Tiete駅から出発します。ブラジルの国土は広大なので、何日もバスに乗って実家に帰る、と言う話を良く耳にします。その様子は、2010年NHKで「60万人の帰省ラッシュ~ブラジル・長距離ターミナル」という番組で放送されました。
f0146587_22434063.jpg
Terminal Rodoviarioの文字を追って行き、エスカレーターを降りるとバスターミナルがあります。既にCafelandiaの先のAracatuba行きのバスが停まっていました。
f0146587_22491023.jpg
私の乗ったバスは、23:30ピッタリにBarra Funda駅を出発しました。バスの座席はゆったりしており、快適そのもの…。
f0146587_22531999.jpg
前の板のようなものを手前に倒すと、悠々と足を伸ばすことができます。
f0146587_22535999.jpg
2時間おきにトイレ休憩があり、同じところで30分間バスは停まります。真夜中なので、1回目は起きたものの、後は前後不覚…。
f0146587_22570583.jpg
車内は当然のことながら静かで、バスもあまり揺れなかったので、死ぬほど眠れました。長年航空機で国際線の長距離移動に慣れているこの身には、6時間はやはりとても短く感じました(笑)あっという間にCafelandaに到着、時刻は午前5時半、辺りは真っ暗です。
f0146587_23003392.jpg
ここから平野植民地までは、車で約15分ほど。タクシーは早朝で一台もなかったものの、一緒のバスに乗っていらした邦字新聞の記者の方々のご好意で、迎えの車に乗せて頂くことが出来ました。38年間のブラジル生活で初めての日本人が開拓した移住地訪問でした。続きます。


by beijaflorspbr | 2015-08-30 23:04 | 移民&日系人
2015年 08月 04日

3日ぶりのご挨拶

しばらくネット環境がない場所に居たため、ブログ記事が2日空いてしまいました。8月1日(土)の夜行バスで、私が住んでいるサンパウロ市から北西に約420Km離れたCafelandia(カフェランジア)という場所へ行ってきました。午後11時30分にサンパウロ、バハフンダターミナルを出発し、翌朝午前6時前に目的地に到着。記念行事に参加して同日の午後3時半にカフェランジアを出発してサンパウロに着いたのが、午後11時10分過ぎという強行スケジュールでした。折しもブラジルの冬休みが終わる時期と重なり、サンパウロに向かう車が多数だったのと、事故渋滞で帰りが1時間半遅れたのはちょっと堪えました。
f0146587_04393330.jpg
カフェランジアは、日本人ブラジル移民がコーヒーコロノ(コーヒー園で働く農民の総称)から独立農へと飛躍を遂げた礎を築いた『平野運平(ひらのうんぺい)』氏が命を懸けて築いた伝説の移住地である「平野植民地」がある場所です。1915年に移住を開始し、開拓途上でマラリアの病魔で多くの犠牲者を出したうえ、度重なる悲運が同植民地を襲いました。平野運平氏自身も、病魔に勝てず僅か34歳の若さで旅立ってしまうという悲劇に見舞われました。その後全移住者は幾多の困難を乗り越え、今年でめでたく100周年を迎えました。
f0146587_04433183.jpg
この記念式典には、在伯サンパウロ総領事やカフェランジア市長など、多くのご来賓を迎え盛大に祝賀会が挙行されました。実はこの「平野運平」氏の生涯は、私自身のライフワークとして長い間勉強に取り組んできたテーマだったので、慰霊碑にお参りをさせて頂いた時は、さすがに感無量で涙が溢れました。
f0146587_04584429.jpg
この日は日系各新聞社からも取材をされていましたので、こちらへの記事掲載はそれらの報道を待ってからにしたいと存じます。大変な強行軍でしたが、一瞬一瞬がとても大切なもののように思われた一日でした。平野の皆さまにも本当に良くして頂き感謝です。慣れないバスでの長旅で疲れていますので、少し体を休め、明日からまた元気に出てまいります。いつも当ブログにお寄り頂き、まことにありがとうございます。


by beijaflorspbr | 2015-08-04 05:02 | 移民&日系人
2011年 11月 01日

日々進化する夜行バス

日本国内を移動するためには当たり前に新幹線、普通列車や快速に乗って青春18切符などでゆっくり鉄道の旅を楽しむ方法もあります。私のように、海外から帰国している永住組が良く利用するのがJapan Rail Pass。期間を決めたらその間は新幹線でも何でも乗り放題。良く外国人が手に持って有人改札を抜けているあれです。「のぞみ」や「みずほ」には乗れませんが、かなり便利なパスでもあります。私も今回も1週間分を購入してきましたが、それはもう少し後で使うことにして今回はなるだけリーズナブルな旅にしたかったため、往復夜行バスを選びました。先日予行演習として名古屋まで行ってきましたので、今回もきっと楽勝かな?と思いまして…。乗り物の中で良く眠れる人は楽ですが、眠れない人には苦痛な旅となる可能性もあります。私は何と言っても特技と言っても良い「どこでも問題なく眠れる性格」が幸いして、バスだろうが飛行機だろうが船だろうが大丈夫。国際線の中で爆睡するのが実は一番得意技です。食事の合間には必ずと言ってよいほどぐっすり眠ります。そのまま眠ってしまうと目が覚めた時に空腹を感じますので、食器の音がしたらすぐにパチっと起きます。まあ夜行バスではトイレ休憩の時には放送以外はずっと消灯した真っ暗な車内なので、眠るしかありません。夜行バスと言えば若い子、と大体相場が決まっていますが、たまに私のようなおばさんもいてチョット安心しました。行きは携帯から投稿しましたように、女性専用車なので安心感がありました。いえ、特に男性に偏見を持っているわけではありませんが、深夜便なので何となく安心といった程度です。大阪なんばを出発して梅田を通り一路横浜へ。次の停車地は新宿そして東京ディズニーランドとシーでした。元気な若い女の子たちは、夜行バスでTDLに直行し、その夜のバスで帰るそうですね。無泊でのバスの往復はかなりきついかもしれません。という私も今回それを実行しました。帰りのバスは行きより2000円ほど高い「ビジネスクラス」というのにしてみました。1台のバスに18席しかなく、コチラの客層はもう少し上の年代でした。トイレ前の(笑)最後尾の通路側を事前予約したところ、右におっさん、左にもおっさんという微妙な位置になり、しまった( 一一)と思いましたがそこは大阪のおばちゃん、案外平気で爆睡し快適なバス旅を愉しみました。
f0146587_957152.jpg
昨晩は用事を終え、最後に職人さん、デザイナーさんと詳細な打ち合わせをしました。今はまだ言えませんが未来が明るくなるようなハッピーなお話~に心躍りました。その昂揚感のまま新宿へ行き、パスタ定食を頂いた後、Willerの新宿待合室のある住友ビルまで行きました。まるで空港のように、電光掲示板に次々と行き先が出ています。関西行きがとても多くてビックリ。かなりの選択肢があるのですね。この待合室には本当に色々な層の方たちがいて、大きなリュックを担いだバックパッカーの外国人も見られました。1時間前に機械でチェックインし、待ちます。そんなに狭くない待合室には人がいっぱい。売店もあり、軽食やお弁当やジュースも売っていました。夜行バスも人気があるのですねえ。午後10時40分にバスに案内され乗車。縦3列の6席で計18席と余裕の車内。最初のトイレ休憩は海老名でした。その後は大阪までノンストップです。このバスで特筆すべきは、化粧室が広々としていてとても充実していること。飛行機の化粧室の3倍くらいの広さです。十分に洗面や化粧や着替えもできるよう、棚も鏡もありました。難を言えば、男と女とを一緒に座らせること、これはマイナス。例えば娘くらいの年代だったら嫌だろうなと。それに、待合室のある住友ビルのトイレの狭さと少なさは残念なことです。それは梅田のWillerバスの待合室にも言えることです。独自の化粧室があれば本当にこれ以上の文句はありません。夜行バス乗車前には洗面や歯磨き、着替えが欠かせませんから。

このバスのビジネスクラス旅ですが、かなり快適でした。フルフラットではないけれど、「ゆりかご構造」というシートで、ゆったりのびのび・・・。足を曲げたり伸ばしたり寝返りを打つことも可能でした。疲れていたせいもあり、約8時間のほとんどを眠って過ごしました。次は往復ビジネスでも良いかな?と思うほどの快適なバスの旅でした。元々が乗り物好きなので、それが何でも良かったのかもしれません。午前7時少し前には最終目的地である天王寺に到着しました。私鉄に乗り継いで8時前には自宅に到着。すぐに大掃除をして現在に至ります。結構元気でいるのも良く眠ったせいでしょうか。とても有意義な東京での時間を過ごすことができました!

by beijaflorspbr | 2011-11-01 10:12 | 日本国内旅行 | Comments(5)
2011年 10月 31日

またもや夜行バスにて関東エリアへ…

昨日は大雨の日曜日、朝からせっせと大量の餃子作り。焼いては食べさせまた焼いては食べさせというエンドレスな作業を繰り返しやっと母業から解放され旅支度。それもあっという間に済み、入浴後身支度をして午後5時過ぎ仕事を終えたNちゃんに駅まで送ってもらいました。とにかく酷い雨降りで荷物に傘は辛すぎ。助かりました。結局、まだデパートが開いている時間なので、地下でお買い物をして軽食後、ゆっくりバス待ち合わせ場所に移動しました。今回選んだバスは、女性専用車で二階建て三列独立型というもの。座席指定もネットで事前にできました。まるで飛行機みたい!難波を午後9時20分に出発し、10時に梅田、11時に京都を出て12時に大津SAでトイレ休憩。そのままバスは東名をひた走り先ほど海老名SAで2回目のトイレ休憩をし、次の目的地横浜駅西口へと向かっています。寝惚けていたせいか、自分のバスが一瞬分からなくなるなどのボケ症状も見られましたが(笑)何とか皆さんと一緒に関東へ行けそうです。間違えてしまいそうなほど、同型バスが多いのも事実。若い女性が多い中で「元」女性な私の存在は稀有ではありますが観察のしがいはあるってもんです。楽しいわあ〜♪
f0146587_9403784.jpg
この後横浜駅に6時、新宿駅には7時、その後TDLへと向かう予定です。今日は東京で複数の大切な用事を済ませ、今夜10時過ぎの夜行バスにて大阪にカムバックします。本当は東京でもう少しゆっくりしたいところなのですが、明日大阪でまたもや大切な仕事上の用事があり、一旦荷物を自宅に置いて再度出掛けてきます。体力勝負ですが、頑張ります!サンパウロに戻る日まで1か月を切ってしまいました。イベントも多く、いよいよ忙しくなってきていかに効率良く用事を片付けるかが課題です。そうこうしている間に横浜駅に到着しました!あっという間ですなあ〜(^-^)/

by beijaflorspbr | 2011-10-31 05:56 | 日本国内旅行
2010年 09月 08日

久々の夜行バスの旅

何故この年になって夜行バスを!?以前から会員になっている楽天トラベルのメルマガ配信でずっと気になっていた「進化している最近の夜行バス」というのに乗るチャンスを狙っていました。東京に行く時は、飛行機にしようか、新幹線にしようか迷うところですが、バスという選択肢はあまり頭にはありませんでした。今回実行に移したのは、仕事の日程と家族の存在ですね。家族をほうり出して自分だけホテル泊というのは申し訳ない気がして…。仕事時間は限られているのに、ちょうど良い便がない、そんな時の時間の有効活用ができるのが夜行バスと言う究極の選択でした。少し勇気が要るものの、「女性安心」「3列独立型」「フラットシート」などの宣伝文句に安心して予約をしました。費用も新幹線や飛行機の半額程度でリーズナブルです。バスに乗る前に、折角だからと仕事を終えたボンとバスの出るなんば界隈で待ち合わせ。最近気に入っている高島屋のリニューアルオープンしたスペース、「ダイニングメゾン」で待ち合わせ。豪華仕様のホールを見て「すげえ~こんなところ来たことがないわ!」と。「今日はご馳走するから好きなものを食べなさい!」というと、迷った末にある洋食屋へ。ボンったらいきなりお財布を出して1000円渡してくれました。「これでビール飲んでいい?」お金は要らないのに…とうと「まあいいの、たまにはね!」だそうで。私も調子に乗って赤ワインをグラスで。
f0146587_1659758.jpg
ボンが注文したのは、ルッコラとタコのサラダ&カレーでした。
f0146587_16594595.jpg
私はこのお店名物のハンバーグにトマトセット(トマトサラダ&ライス付き)アルミホイルに包まれたものがジュウジュウ言って運ばれてきました。アツアツのハンバーグです。トマトと、ベイクドポテト、ハンバーグの一部はボンに手伝ってもらいました。
f0146587_1714649.jpg
このお店でゆっくりご飯を頂き、時間調整をしてバスの出発するLABIヤマダ電機前へ行きました。仕事で疲れているボンに、何度も家に帰るように言ったのに、最後までちゃんと見送ってくれました。「大丈夫なの?」何度も心配して…。子どもに見送られているのに、まるで親のように心配するボン。ありがとうね。行ってきます(^◇^)/バスに乗ると、思ったよりも快適な空間が広がっていました。前方に女性ばかりを固め、後方が男性と、分かれています。座席の横にはカーテンが付いていて、個室感覚です。足も前にぐっと伸ばせ、リクライニングは145度くらい。毛布や低反発枕、スリッパに歯ブラシまで付いています。JALのビジネスクラスには負けますが、それに劣らないくらい、なかなかの快適空間です。
f0146587_1761811.jpg
この日までほとんど寝ないでパトの出発用意をしていた私、欲も得もなくバスが走り出した途端に意識不明に。。。トイレ休憩は、1時間半~2時間ごとにあります。明け方1か所だけに降りましたが、それ以外は爆睡。朝6時前にいきなり「まもなく東京丸の内界隈に到着します!」と放送が。ビックリして起きると、いきなりバスが止まり下ろされてしまいました。
f0146587_1783993.jpg
寝ぼけていて、ここがどこだか正確に判断するまでに少しだけ時間が必要でした。周りを見回すと、紛れもなく東京、丸の内の風景が広がります。ここで洗面したいところですが、我慢をして向かった先は東京の台所、築地市場。早朝と聞けばやはり行く先は築地しかないでしょう!東京駅から丸ノ内線で銀座まで、銀座で日比谷線に乗り換えて築地まではすぐ。さあ、楽しみな久しぶりの築地、何食べようかなあ~何を買おうかなあ~(笑)早朝からワクワク。。。
f0146587_17115371.jpg


by beijaflorspbr | 2010-09-08 17:12 | 日本国内旅行 | Comments(6)