ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:友達 ( 490 ) タグの人気記事


2018年 01月 28日

ある日のうちごはん(日本にて)

日本国内旅行も終わり、この日は近所に住むお友達を集めて、狭い我が家でうちごはん。昔の仕事仲間や、高校時代の先輩や同級生なので、気が楽。でも皆それぞれ車で来ているので、飲めなくて可哀想。でも家主の私はお友達が持って来てくださったビールを有難く頂きました。
f0146587_20111064.jpg
前夜からじっくり煮込んだおでんは寒い日の定番料理、それにしても日本の大根やつみれ類は本当に美味しいですねぇ。
f0146587_20103008.jpg
和風ローストビーフも大好評でした。
f0146587_20105328.jpg
和牛の切り落としが冷凍庫に残っていたので、急遽肉じゃがを作りました。これは子どもたちも大好物なのです。
f0146587_20113692.jpg
あまり手の込んでいない手抜き料理ばかりでしたが、お友達には喜んで頂きました。良かった・・・・。夕餉後も盛り上がって、お喋りは翌朝まで続きました。いつもパワフルなお友達は間違いなく私のエネル源でございます(^◇^)
f0146587_20201418.jpg
おもたせのクッキーシューも美味しかったぁ!
f0146587_20115532.jpg
こうして遠くブラジルに帰って来てしまうと、日本の家族やお友達が無性に懐かしい。。。次の再会を楽しみに!!


by beijaflorspbr | 2018-01-28 20:24 | おうちごはん
2018年 01月 25日

2017年冬旅⑦ミッドタウンで写真展

今日はサンパウロの464年目のお誕生日で祭日ですが、ブログ記事は相変わらず昨年11月下旬の日本日記を続けさせて頂きます。さて、我々はまだ東京・六本木にいます。東京ミッドタウンまで歩いてきたのは、たまたま開催されている「あるブラジル移民」の写真展が行われていたからです。会場はミッドタウンのフジフィルムスクエア。この中の写真歴史博物館で、ブラジル移民として昭和2年(1927年)17歳の時に、家族と共にブラジルに渡った大原治雄さんの「ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄(既に終了) 」を見学に来ました。
f0146587_21154509.jpg
大原治雄さんは、厳しい移民生活の中で、家族と共に過ごした日常生活を実に温かい目で捉え、たくさんの写真を残しました。一枚一枚に愛があり、写真とはこうあるべきだ、と写真を通して訴えに感動しきりでした。この写真展は、出身地である高知県を皮切りに、全国で開催差されていますので、もし機会があったら是非足をお運びください。※2017年12月19日(火)には、皇后陛下がこの写真展をご覧になられたようです。
f0146587_21171966.jpg
とても良いものを見せて頂きました。小さなカメラを手に入れた後は、無我夢中で写真の世界に没頭した大原治雄さんでしたが、残念ながら一度も日本の地を踏むことなく、ブラジルの地に還られたそうです。大原さんの大いなる功績に心からの拍手を贈りたいと思います。大原さんの詳しい情報はこちらをご参考になさってください。最後はモエ・エ・シャンドンの派手なツリー前で記念写真を撮って、再会を約束してお別れしました。
f0146587_21475378.jpg
私はここから東京駅経由で新幹線に乗って大阪に戻りました。日帰りで慌ただしいスケジュールでしたが、何とも充実した濃い時間を過ごすことが出来ました。「ブラジルを知る会」OGの皆さま、集まってくださり、ありがとう!!またお会いしましょうね。こんな再会が気軽に出来るのも、皆ジャパンレールパスのお蔭です。我々日本人海外永住組がレールパスを買えるのは2020年までと今のところ期限が決められていますが、その先も延長して購入が出来ることを願うばかりです。


by beijaflorspbr | 2018-01-25 21:53 | 日本国内旅行
2018年 01月 24日

2017年冬旅⑥東京・六本木でベトナム料理

この日の集まりは、サンパウロで活動をしている「ブラジルを知る会」のOG有志の集まりでした。定期的に会っていると、共通の話題も多く、話が弾む弾む。皆変わりなく元気で生き生きしていて本当に良かった!お互いの近況報告をし、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。Mちゃんが選んでくれたお店は、私のブログでは大変珍しいベトナム料理。ベトナム料理は、元々私にはあまり馴染みがなく、自ら選んで入るお店には入っていないので、興味津々でした。六本木にあるベトナム料理のCYCLO
f0146587_20502596.jpg
ドアで区切られた半個室のようなところに落ち着きました。
f0146587_20562600.jpg
ランチコースの中からそれぞれ好きなものをお願いし、ウェルカムドリンクでまずはカンパイー☆一人以外は皆呑めるから嬉しい。。。
f0146587_20573681.jpg
まずは前菜6種盛りが運ばれてきました。大好きな生春巻きや揚げ春巻き。馴染みがないという割には大好物があるのは何故だ!?(笑)
f0146587_20583927.jpg
お魚の揚げたものはサクッとして美味しい。
f0146587_20594999.jpg
何故か米粉で作ったフォーが苦手なので、無難な焼き豚ごはんをお願いしました。味は?と聞かれて「普通に美味しいよ」と答えましたが、豚にしっかり味が浸みていて食べやすかったです。
f0146587_21005849.jpg
でも、私以外の皆さんが当たり前のようにフォーを頼んだので、ちょっぴり羨ましくなってしまいました。優柔不断・・・・このお店のフォーは皆美味しいと喜んでおられました。
f0146587_21034984.jpg
ハーブは取り放題で、癖がなくとても良い香りがしました。今日本ではパクチー人気が高いそうなので、そろそろ私も克服しないといけませんね。
f0146587_21044466.jpg
デザートもしっかりと美味しく頂きました。
f0146587_21054514.jpg
最後はベトナムコーヒーで〆ました。底に練乳が入っていて甘いんですね。
f0146587_21061823.jpg
ご馳走さまでした。たまにこんなランチもいいねえ~と皆笑顔。お店を出て、四つ角を通って…アマンドで昔良く待ち合わせをしましたっけ。
f0146587_21073691.jpg
東京ミッドタウンまでやってきました。
f0146587_21095515.jpg


by beijaflorspbr | 2018-01-24 21:10 | 日本の美味しいもの | Comments(2)
2018年 01月 20日

名古屋日帰り観光⑤名古屋城へ

ノリタケの森で随分ゆったりした時間を過ごした後は、当たり前のようですが名古屋城にやってきました。名古屋城を訪れたのは、何と45年ぶりのこと。45年前の職場の研修旅行が名古屋でした。名古屋では日本舞踊西川流の「名古屋をどり」を観た後、自由行動で名古屋城に行ったのを良く覚えています。制服のミニスカートを履いた若い頃の写真を見ると、ちょっぴり恥ずかしくなってしまいます。名古屋城は言わずと知れた徳川家康が天下統一の最後の布石として築いたお城。近目で見るとかなり立派です。
f0146587_09442324.jpg
2016年から公開されている修復された本丸御殿に入ってみました。入り口には荷物預かり所があり、親切なスタッフの皆さんに迎えられて身軽に楽しく回ることが出来ました。
f0146587_09453095.jpg
f0146587_09462442.jpg
戦災を生き抜いたという立派な障壁画はかなり見応えがありました。
f0146587_09475993.jpg
f0146587_09484090.jpg
時間の関係で名古屋城内には入らず、お互いに記念撮影をして名古屋城を後にしました。
f0146587_09492946.jpg


by beijaflorspbr | 2018-01-20 18:00 | 日本国内旅行
2018年 01月 19日

名古屋日帰り観光④ノリタケの森で見学&ショッピング

名古屋観光の続きです。ノリタケの森にある「Keln」で美しいランチを堪能した後は、もう一度美しい庭園を散策しました。
f0146587_08585897.jpg
入場料を払って、屋内のギャラリーをゆっくり見学しました。年代によってデザインの異なるお皿が綺麗に展示してあり、かなり見応えがありました。展示してあるお皿の中には、我が家にも同じものがあり、ちょっと嬉しくなってしまいました。もったいなくてほとんど使っていませんが、食器は使うためにあるので、これからどんどん活用したいと思いました。
f0146587_09002617.jpg
売店でゆっくりショッピングを楽しんだ後、まかちゃんとティールームでお茶を楽しみました。このティーカップセットがとても気に入り、もう少し大ぶりのマグカップのみを購入しました。
f0146587_08593978.jpg
暖かい風が心地良く吹き抜ける庭園の椅子に座って、のんびりお喋りをしたり、プレゼント交換をした後、バスを待って次の目的地に向かいました。
f0146587_09010814.jpg
たまにはこんなのんびり旅も良いものです。
f0146587_09021287.jpg
次の目的地はあの名城です。

by beijaflorspbr | 2018-01-19 18:00 | 日本国内旅行
2018年 01月 08日

2017年冬旅④東京~雨の倉敷へ

東京都内のOさん宅で爽やかに目覚めた朝、朝食後O夫人にわざわざバス停まで送って頂きました。30年以上、変わらぬ友情に感謝!バスでJR駅まで行き、東京駅へ。新幹線の出発時刻まで少し時間があったので、有楽町のJALプラザに来年のカレンダーを買いに行くことにしました。日本とブラジルの自宅用のカレンダーはいつもJALプラザで購入することにしています。JALGCで毎年プレゼントをしてくださるカレンダーと手帳はお断りして、マイルを付与してもらっています。ところが、開店時間が10時半でまだ閉まっていましたので、近くの喫茶店で時間つぶしをすることにしました。パッと目に入ったのが、地下1階にある「珈琲茶館 集(しゅう)有楽町アネックス店
f0146587_21341211.jpg
ただシンプルに美味しいコーヒーが飲みたいと思ったものの、コーヒー代が750円~(驚!)でもメニューのトップページを見ると、午前11時まではモーニングセット500円と書いてあるではありませんか!モーニングは、淹れ立てのコーヒー(しかもサイフォン式)、トースト、ゆで卵とジャムのセット付きです。O家でお腹いっぱい朝食を頂いてしまい、あまりお腹が空いていなかったものの、もう一度ここでモーニングを頂くことに決めました。これを昼食にすれば良いのだし…なんて言い訳をしながら。いやはや…この高級喫茶店、本当にクォリティーが高くてビックリ。出来ればもう一度行きたいと思ったくらいのお店でした。店内は大音量でクラッシックが流れており、まさに私の趣味にピッタリ合う大人向けの喫茶店でした。
f0146587_21374531.jpg
その後無事にJALプラザで複数のカレンダーを購入し、東京駅へ戻りました。購入したカレンダーをコンパクトに纏めてキャリーにしまい、新幹線で南方に向かいました。東京駅から東海道新幹線「ひかり号」で新神戸へ、新神戸で九州新幹線で「さくら号」に乗り換えて岡山駅で下車しました。何故こんな面倒くさいことをするかと言えば、レールパスは「のぞみ」に乗れないからなのです。現在ほとんどが「のぞみ号」ばかりの中、こうして乗り換えをしているパス利用者はかなり多く、新大阪駅で乗り換えるとホームが違うので面倒でも、新神戸駅で乗り換えると同じホームに入線するから楽ですよ、と説明を受けました。東海道→山陽或いは九州新幹線への乗り換えはちょっと手間がかかりますが、お得切符なので決して文句は言えません。岡山駅から在来線で倉敷駅までは約15分とあっと言う間。ここで待っていてくれたのは、高校の同級生のYです。この人とも6月の同窓会で会って以来半年ぶりの再会。夕飯までは時間があったので、道路沿いの喫茶店に入りました。Yと会う時は、いつも美観地区に行くのですが、生憎の大雨。
f0146587_21405855.jpg
お善哉で一息…。私にとって癒しのY、会えて良かった!!優しい店主の心配りのおかげで、思いの外ゆっくりと寛がせて頂きました。
f0146587_21371437.jpg
このお店を出て、倉敷駅前の天満屋6階にある「はむら茶屋」に入りました。見晴らしが良い席に座りました。
f0146587_21445313.jpg
季節の御膳をお願いすると、この通りの賑やかさ。この日のご飯は栗ごはん。全て優しい味で満足しました。
f0146587_21454877.jpg
デザートのシャーベットまでしっかり頂き、Yと再会を約束してお別れしました。大雨の降る中、駅まで来てくれてありがとうね!
f0146587_21463235.jpg
倉敷駅からは快速が来たので、約10分で岡山駅に着いてしまいました。丁度良い時間の新幹線がなかったので、たまたまホームに入線してきた「こだま号」の自由席に乗って新大阪駅に帰りました。2泊3日の旅を終え、たくさんのお土産を持って久々に自宅に戻りました。
f0146587_22510456.jpg
会ってくれたたくさんのお友達に心から感謝!!


by beijaflorspbr | 2018-01-08 18:00 | 日本国内旅行
2018年 01月 06日

2017年冬旅②富山県・高岡市へ

私にとっての「第二の故郷」と言っても過言ではない富山県・高岡市にやってきました。この地には、お友達のおっとりさんがいつも両手を広げてあったかい気持ちで待っていてくださいます。お言葉に甘えて今年の春に続き2度目の高岡市訪問です。もうワクワク…。静謐なおっとり家別邸にて旅装を解き、美味しい緑茶を頂いた後は、「居酒屋・庄八」さんへ。午後7時に予約を入れておいてくださいました。久しぶりの店主賢ちゃん、でもあまりにも忙しくて顔を上げる暇もない…。店内はもちろん満席のうえ、2階も宴会のお客さんがたくさん入っていました。同店は、元々人気店でしたが、ミシュランに掲載されてから更に予約が取りにくくなったようです。この日は11月の月曜日で、忘年会の時期でもないのに、既に店内は予約客で満席でした。もしこれから行かれる方がおられましたら、予約は必須です。
f0146587_20161188.jpg
この時期の風物詩、甲ワク蟹を丁寧に処理をしてお皿に盛る賢ちゃん。我々も後で食べよう~!
f0146587_20182758.jpg
カウンター席に座り、おっとりさんと再会を祝してまずは生ビールでカンパイ
f0146587_20401877.jpg
お店が混み合っていて温かいお料理は時間がかかるということで、直ぐに出せるバイ貝をお願いしました。
f0146587_20163750.jpg
鰤も含めた富山湾のお刺身の盛り合わせはお約束の美味しさ。他の地にお住まいの皆さまには異論があるかもしれませんが、ことお刺身に関してはこの富山県が日本一美味しいような気がします…というくらい富山贔屓なワタシ。
f0146587_20172889.jpg
ゆっくりお酒を飲みながらおつまみを食べていると、お願いしておいた牡蠣フライが熱々で運ばれて来ました。
f0146587_20170339.jpg
賢ちゃんが炭火で丹念に焼いてくれた鰈の塩焼き
f0146587_20191542.jpg
ここで富山県若鶴酒造の「苗加屋ひやおろし」にチェンジ、辛口ですっきりした味は、お魚にとても合います。
f0146587_20175958.jpg
大好物イカの姿焼き。全部を二人でシェアーして頂きます。
f0146587_20201846.jpg
やっと私たちのお願いした甲ワク蟹がやってきました。甘くて濃厚で美味しいのなんのって!
f0146587_20204993.jpg
蟹尽くし第二弾は本命紅ずわい蟹、むふふ・・・と笑っちゃうくらい旨い!!!庄八に来てこれを食べないなんて考えられません。
f0146587_20214991.jpg
レンコンのつくね揚げ、梅ソース。女性人気ナンバーワン、と書いてある通り期待を裏切らないさっぱりした美味しさ。
f0146587_20221868.jpg
この日は、右隣にご出張中のお二人、左隣は賢ちゃんが子どもの時から知っているという「先生」ご夫妻でした。このお店の良いところは、カウンターに座った者同士がすぐにお友達になってしまうこと。この日も、お隣のお漬物をお裾分けして頂きました。賢ちゃんの忙しさもひと段落した頃、3人で久しぶりにお喋りをしました。いつも元気な賢ちゃんは、活きの良いお魚みたい(笑)に元気。天性の明るさと真面目さがこの人気店を支えています。
f0146587_20230615.jpg
お喋りもひと段落した後、甘海老を出して頂きました。昔々、お世話になったYさんご夫妻に、親子で金沢にご招待頂いた時、初めて食べた北陸の甘海老の美味しさにノックアウトされてから大好物になってしまいました。
f0146587_20240249.jpg
いくらなんでもこの辺でお腹いっぱいになってしまいましたが、〆に炭火でしっかり焼いた梅の焼きおにぎりを食べないと収まりません。
f0146587_20280579.jpg
ご馳走さまでした。この日も200%くらい満足をして、賢ちゃんの威勢の良い声に見送られつつお店を後にしました。もし機会がありましたら、凍てつくような寒い寒い時期に、高岡の「庄八」さんをお訪ねくださいませ。店主の賢ちゃんに、「ハチドリブログ」を見てきた、と一言仰ってくださいね(^◇^)手前味噌ながら…拙ブログを見て庄八さんに行った方は少なくないようです。私が自信を持って勧められる居酒屋、それが庄八さんです。
f0146587_20250542.jpg
賢ちゃん、美味しいお料理をありがとう、またお会いできる日を楽しみにしています。連れて来てくださったおっとりさん、ありがとうございました。その夜は熱いお風呂にゆっくり入り、おっとりさんと枕を並べてグッスリ熟睡しました。

by beijaflorspbr | 2018-01-06 21:06 | 日本国内旅行
2018年 01月 05日

2017年冬旅①東京経由北陸へ…

既に2018年に突入してしまいましたが、ブログ上では2017年11月の後半の旅日記を残させて頂きます。それは、あの時私に会ってくれた一人一人の真心と揺るぎない友情を画像と共に残しておきたいからです。11月20日に例のパスを使って旅に出ることにしました。第一弾は新大阪→東京です。早朝の新幹線指定席を予約していたため、始発で家を出て新大阪までやってきました。
f0146587_21324872.jpg
私の大好きなお蕎麦屋さんの「げん」さん。新大阪駅の在来線改札を出たところに位置し、とても便利です。この日は玉子焼き定食をお願いしました。ほろほろと蕩けるような食感の出汁巻き卵が熱々で出されます。本当にコストパフォーマンスの良いお店で、時間が合えばほぼ100%の確率で入るお気に入りのお店です。
f0146587_21331188.jpg
新大阪発の新幹線で一路東京へ…。パッとしないお天気で、富士山もこの通り顔を見せてくれませんでした。ガッカリ…。
f0146587_21530165.jpg
マザーズSちゃんが東京駅で待っていてくれました。次の電車まであまり時間が取れないので、東京・大丸の食堂街の「つな八」さんに入って天ぷら定食をお願いしました。意外にこのお店は私のお気に入りなんです。過去に何度も入ったことがあります。揚げたての天ぷらが時差で運ばれてきます。急いでいる、と言った割にゆっくりお食事を楽しむことができました。
f0146587_21375019.jpg
f0146587_21344481.jpg
百貨店内の喫茶店に場所を移し、コーヒーを飲みながらまたお喋り。Sちゃんとのお付き合いも随分長くなったものです。忙しい中、わざわざ出て来てくれたうえ、たくさんのお土産を抱えて来てくれました。ありがとう、Sちゃん。
f0146587_21344081.jpg
あっと言う間に時間は過ぎ、午後2時24分発「はくたか567号」金沢行きの北陸新幹線で新高岡に向かいました。
f0146587_21354527.jpg
「はくたか号」は各駅停車ながら、ウッツラウッツラしているうちに新高岡駅に到着してしまいました。実際の乗車時間は2時間42分です。お友達のおっとりさんのお蔭で、もはや第二の故郷のような高岡市に再び帰って来られました。新高岡駅に降り立った途端、あまりの寒さに震えあがりました。ここは北陸、油断したら風邪を引きそう…。
f0146587_21394563.jpg
ほどなくお友達のおっとりさんが車でお迎えに来てくださいました。お仕事がお忙しいのにごめんなさい。お言葉に甘えて、一晩だけお世話になります!

by beijaflorspbr | 2018-01-05 22:01 | 日本国内旅行 | Comments(2)
2017年 12月 25日

グランフロント大阪「The Cosmopolitan」でステーキランチ

f0146587_21494600.jpg
昨日はクリスマスイブでしたが、何もしない我が家も流石に鶏肉を焼いてお昼に食べました。オリーブオイルにハーブバターを加えて、おろしにんにくを加えて香ばしさを出して焼いてみると、苦手なはずの鶏肉も美味しく頂くことが出来ました。本当は鶏肉は苦手ではないのかな?などと思い直しました。先日アメリカン航空の機内食で食べた鶏団子も美味しかったし…。これからも食材の選り好みをせず、色々な調理法にトライしたいと思いました。さて、この日は久しぶりにネットでお知り合いになった同世代の女性グループのオフ会が一年ぶりに開かれました。参加者は東京・横浜・岡山・和歌山・大阪・ブラジルの6名。お知り合いになってもう足掛け20年くらいになるので、随分長い付き合いになりました。
f0146587_21500420.jpg
Cちゃんが予約してくれたグランフロント最上階の「The Cosmopolitan」は初めての訪問
f0146587_22012400.jpg
天井の高い堂々とした店構え、何故か店員さんに外国人が多いのにビックリ。
f0146587_21512445.jpg
折角なので、チリ産赤ワインをグラスでお願いしました。
f0146587_21523700.jpg
一年ぶりの再会にカンパイー☆遠くから集まってくださり、ありがとう!!
f0146587_21560060.jpg
たくさんあるメニューの「ビーフステーキのチャーグリル」というのから、USアンガスブラックミスジ150gをお願いしました。
f0146587_21531526.jpg
前菜は3種類の中からお友達の頼んだ前菜2種
f0146587_21541081.jpg
私は海老をお願いしました。ぷりっぷりで良いお味でした。
f0146587_21543497.jpg
USアンガスミスジ肉というのが運ばれてきました。自分でこうしたステーキを買って焼くことはないけれど、久々のステーキは、なかなか味わい深く美味しいお肉でした。
f0146587_21550488.jpg
しっかりデザートとコーヒーまで頂いて、大満足でお店を後にしました。
f0146587_22313323.jpg
場所をMUJI Cafeに移し、時間の許す限り楽しくお喋りをしました。
f0146587_21562562.jpg
この日のことでした、あの悲しいお話を聞いたのは…。もう居てもたってもいられなくなり、ルクアの屋上に上りました。
f0146587_22020367.jpg
命の儚さ、尊さを身をもって教えてくれた友には、これからも力強く生きていってもらいたいと祈るような気持ちでいました。

by beijaflorspbr | 2017-12-25 22:37 | 日本の美味しいもの
2017年 12月 15日

久々の三重県へ③長島「なばなの里」イルミネーション

長島「なばなの里」のイルミネーション見物ですが、思ったよりも美しく、幻想的で感動しました。シーズン前のせいか、館内のお客さんも少な目で、ゆったりと撮影したり、歩くことが出来ました。警備員さんたちも急かすことなく、ひたすら笑顔で優しく誘導してくださり、好印象を受けました。
f0146587_21234922.jpg
f0146587_21244931.jpg
光のトンネルをゆっくり通った後は、イベント広場へと移動します。この間も光また光で眩しいばかり。
f0146587_21253072.jpg
雑誌や旅行会社のパンフレットでしか見たことがなかった有名なイルミネーションを堪能させて頂きました。
f0146587_21255489.jpg
今年は熊本大震災の復興がテーマでした。私がいつか見学した熊本城がニョキっと現れました。私がお友達と熊本城を訪ねたのは、2011年あの東日本大震災のちょうど1週間前のことでした。その後2016年4月18日に震度7の熊本大震災が起こり、名城熊本城も壊滅的な被害を受けてしまいました。
f0146587_21263061.jpg
そんなことを思い出しつつイルミネーションを眺めていました。そのうち華やかな色も混ざり、紅葉した中にくまモンも登場しました。
f0146587_21265665.jpg
天の川のような景色をしばらくぼーっと眺めていました。それにしても美しい!
f0146587_21273539.jpg
ここからは桜の道
f0146587_21281887.jpg
青葉の道、カメラの制度が低いため、そのままをお伝えできなくてすみません。この時、いつも愛用しているSONYのデジカメが故障して修理に出していました。
f0146587_21284802.jpg
「鏡池」では紅葉を楽しみました。
f0146587_21302220.jpg
かれこれ3時間近く「なばなの里」にいましたが、飽きるということもなく、散策・食事・見物を堪能出来ました。Sさん、ここまで連れて来てくださり、ありがとうございました。さて、この桑名市から鈴鹿市へとまいります。

by beijaflorspbr | 2017-12-15 22:05 | 三重県