ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2018年 04月 30日

大腸がんについての思い

野球界ではあまりに有名な鉄人と言われた衣笠祥雄さんが71歳でお亡くなりになりました。発表された病因は「上行結腸がん」。人生100年と言われる現代社会においての71歳は「まだ若い」部類に入るのかもしれません。大腸がんについては、日本人のがん死因の中では、肺がんに続く第2位になっているのは、如何に大腸がんに罹患し、亡くなって行く方が多いかということを表しています。大腸がんの自覚症状としては、下痢や便秘を繰り返す、血便が出る、貧血気味になる、急な体重減少などが認められたら、癌を疑い、直ぐにでも精密検査を受ける必要があると言われます。直腸癌を宣告された私の場合は、それらの一切の自覚症状がなく、唯一貧血気味だと思ったのものの、「忙しさのあまりきっと疲れていからだね」と自己診断で楽観し、大病を患っていることなど微塵も疑いませんでした。人間ドックで病を宣告された時は、正直他人事かと思ったほどです。後々、執刀医に「何故早く見つけられなかったのでしょうかねえ?」というと医師は「あなたの場合、ちょうど良いタイミングで(癌が)見つかった、と割り切った方が良いですよ」と言われました。発見のタイミングが早くても遅くても(個人差は多少あるものの)発見出来なかったり、逆に遅れたりして治療に支障をきたすことがままあるとのことでした。上記に書いた下痢便秘を繰り返す、血便が出るなどの自覚症状が出た時は、手遅れの場合が多いと併せてその時に解説してくださいました。私の場合はⅠ期転移なしの初期がんであったにも関わらず、術後5年間の精密検査は絶対に続けて欲しい、とも言われました。2004年から2009年までの5年間は、いつ癌が再発するか?とある意味恐怖と不安の連続でした。その過程については、良くこのブログ上の「癌と闘う」というカテゴリーの中で心情を吐露し、たくさんの方に励まして頂きました。2009年に癌検査の目安である最後の検査を受けた時 異常なしと言われた時は、さすがに感涙したものでした。そもそもこのブログを始めた2007年の時点では、まだ癌は完治しておらず、自分にもしものことがあった場合に、このブログを遺された家族が読んでくれたらいくらか励みになるだろうなあ~と思って必死で書き続けていたのも事実です。このブログは、もしかしたら死んでしまうかもしれない自らの命と闘っている記録となるかもしれないものでした。あれから14年、何故か私は風邪など軽い病気は患うものの、ピンピン元気にしています。これからも皆さまの祈りのお蔭で得た命を、大切にして行きたいと思っております。この記事が目に留まった皆さまも、定期健診はちゃんと受けてください。そして、少しでも自覚症状がある方は、怖がらずに医療機関で受診なさってください。私の友人は、1週間車で遠方までドライブをし、どうも腰が痛くて我慢出来ないと思ったら「2か所の脊椎骨折」を起こしていたそうで、即入院しました。軽い病気と侮らず、どうか何かの症状が出た時は真っ直ぐに病院へ検査に行ってくださいね。
f0146587_22230409.jpg
(今でも桜を観ると闘病時の苦しさを思い出し、少しだけ切なくなるのは仕方がないのかしら?)


by beijaflorspbr | 2018-04-30 22:56 | 癌と闘う
2018年 04月 29日

お酒に飲まれる人たち

TV界では有名な芸能人のY氏が夜自宅に未成年を呼び出して、好ましくない行為をしたとのことで、無期限謹慎を発表した事件から数日が経ちました。Y氏に対しては「鉄腕DASH」などのテレビ番組などを通して、好意を持っていた私はちょっとショックを受けてしまいました。またお酒に呑まれてしまう人が出たなあと思ったのは、自身の経験から来ることかもしれません。確かに私自身もかなりアルコールは飲める方ですが、最近はなるべく飲まないように気を付けています。とはいえ、私の酒量はせいぜいビール1缶、ワインはグラス2杯程度ですが…。身内にも、亡き父を始めとして、かなりお酒を飲む人がいます。父は、お酒のせいで肝臓を壊していました。お酒は百薬の長とも言われています。飲み方さえ間違えなければ、事件になるようなことにはならないと思います。Yさんも、傍でブレーキを掛けてくれる人がいたら、諭してくれる人がいたら、別の結果になっていたのでは?と思うと残念です。お酒は飲まないに越したことはないけれど、適量のお酒であれば差し支えないと思うのは、甘えすぎでしょうか。私自身も、今は体調不良もあり、長い間お酒を飲まない生活が続いていましたが、元気になっても上手にお酒と付き合っていきたいと思っております。お酒は飲んでも飲まれるな、ということでしょうね。
f0146587_22402997.jpg
「夢を失望に替えてしまった罪」・・・とY氏と同じ事務所の東山くんが言いましたが、犯した罪は自身で償うしかありません。芸能人として、大手プロダクションという組織に守られ、知らず知らずのうちにその責任や影響の大きさに気付かなくなってしまったのかもしれません。徹底的に捜査をし、事実を白日の下に晒してください。それにしても、日本は(ブラジルも?)お酒関係のCMが実に多いことに気付かされます。亡くなった母がポツンと呟いた言葉が忘れられません。「お酒の宣伝なんてテレビでしなくても良いのに。。。」同感です。過剰な宣伝で、煽るようなことは良くないとは思いますが、実際に日々一生懸命お酒を造られている多くの皆さまの真心に答えるためにも、共存共栄していけると良いなと思った今回の問題でした。


by beijaflorspbr | 2018-04-29 23:08 | 思うこと
2018年 04月 28日

秋が待ち遠しい。。。

私には長い間のネット友達が何人かいます。その中のひとつのLINEグループでは、一日に約100件以上のやり取りがあります。日本では「おはよう~」がこちらブラジルでは「こんばんは」など、ちょっとリズムが狂うものの、色々な話題で盛り上がってしまい、なかなか楽しいです。気の置けない同世代のおばちゃんばかりのグループなので気が楽。LINEの会話には参加するのもよし、傍観するのもよしで、こちらの時間がない時は、あまり参加できないけれど、家にいる暇な時には積極的に対話に参加します。もう日本はおやすみなさい。。。になってしまったので、皆疲れてベッドに入ってしまった頃なのかな?なんて想像しています。私が帰国するたびに、オフ会を催してくださるグループでもあるので、秋のオフ会の相談も既に始まりました。会話の中で、次の開催は東京近辺なので、「折角だからカプセルホテルに泊まってみたい!」と言い出した人がいて、早速得意のリサーチを始めてみると、まあ驚いたことに今は『女性専用カプセルホテル』というのが都内にはたくさんあるようです。一人では治安面の不安もあり、絶対に敬遠したいカプセルですが、お友達数名とワイワイ泊まるなら、それはそれで楽しみでもあります。それと同時に別の方が、ホテル内で女子会もできる施設があるよ、と教えてくれました。本当は参加者全員で同じ部屋に泊まるのも楽しいかもとか、寝る時は一人が良いよね、等々考えるのもワクワクする時間でした。過去には皆で旅行をして、温泉旅館に泊まったこともあるほど親しい間柄です。オフ会は11月の話なので、これからしばらくは小さな夢を見させてもらいましょうか。帰国時の楽しみをたくさん作って、今目の前の子守りを頑張ろうと思います。
f0146587_22451518.jpg


by beijaflorspbr | 2018-04-28 23:13 | 日本
2018年 04月 27日

激動の世界

f0146587_23175764.jpg
2018年に入って、早3分の1が過ぎて行こうとしています。2018年をまだ半分も過ぎていないのにも関わらず、この間に世界中で起こったことにはある意味、衝撃を受けています。中朝会談・日米会談に続き朝鮮半島南北の融和・ハ〇ル監督の電撃解任・財〇省最高幹部によるセクハラ問題・ジャ〇ーズY氏の無期限謹慎処分、このおばあちゃんには何もかもテンポが早過ぎて、溢れんばかりの情報には到底付いていけません。それもこれも、インターネットの普及の恩恵と言えるでしょうか。ブラジル国内でも、色々な問題があることは言うまでもありませんが、近年はルーラ元大統領の逮捕に始まり、相変わらずの政治家によるスキャンダル、そして10月の大統領・州知事選挙と、終わりのない政治戦争。治安悪化も相変わらずで、昨日もサンパウロ市内で2件の銃を使った犯罪が起こりました。取材中に銃を発砲する音が響き、まさに犯罪と隣り合わせと言っても過言ではないほどです。そんな中でも逞しく生きていかねばならないのは、少しだけ辛いことではあります。日本ではゴールデンウィークに入るのですね。ご旅行の計画のある皆さま、どうか楽しんでいらしてください。私のグループラインも、毎日賑やかです。関西圏から東北まで車で旅行をされた方や、所属するオヤジバンドの発表会(友達は女性)、仕事三昧の方等々…。同年輩の女性も精一杯頑張っておられます。世の中の流れは早くとも、この友情の流れは静かに着実に進んでいるということを感じる今日この頃です。

さて、昨日は孫の毬ちゃんに会ってきましたが、順調にすくすくと育っています。ママである娘は、毬ちゃんのエネルギーに押されがちで、ちょっとお疲れ気味。私の作ったお料理で、少しは回復したかな?毬ちゃんと言えば、大きなマスクをしている私をじーーっと穴の開くほど見つめて、泣きだすのかな?と思ったら『ニコッ!』と笑ってくれました。いやもう~可愛い。。。💙それでも、風邪は完全に治った訳ではありませんので、この週末にしっかり治して来週に備えます。世の中の流れは早くても、目の前の命を慈しみ守る心は一切手を抜かず、大切にして行きたいと思います。今日も駄文ですみません<(_ _)>


by beijaflorspbr | 2018-04-27 23:40 | 思うこと
2018年 04月 26日

1週間ぶりに子守りに復帰

f0146587_20144386.jpg
ずっと体調を崩していて、薬に頼る日々が続いていました。
ほぼ寝たきりの1週間で、ただただ気になるのはこの子のこと。
赤ちゃんはエネルギーの塊なので、
1週間でどれほど成長したのか、ちょっと楽しみです。
鶏のから揚げを山ほど揚げて、
張り切って(とは言えないけれど)
行ってまいります!!
元気になって本当に良かった。
でも当分は移さないようにマスクを外せませんが…。


by beijaflorspbr | 2018-04-26 20:17 | 家族
2018年 04月 25日

美味しいお肉、でも…

少し前に、またこんな記事を見つけてしまいました。50歳過ぎたら「週2回のステーキ」を…を読んで、50歳まではお肉を控え、50を過ぎてからはお肉を週2回食べた方が良い、との説に自分の食生活を振り返ってみました。私も若い時はお肉が大好きで、良くシュハスコを始め、分厚いステーキを出すレストランなどに良く連れて行ってもらいました。何歳くらいからでしょうか?ある日突然「お肉はもういいかな?」と思い始めたのは。揚げ物も然りで、作るのは誰にも負けないくらい得意でも、自身が食べるのは、少し遠慮したい食品になってしまいました。昔は胃もたれがすることもなかったのに、今はそんなに食べられなくなってきています。これで痩せると良いのですが、なかなかそんなに簡単にはいきません。最近LINEグループで、10年以上前の写真が良く送られてくるのですが、そこにはほっそりとした自分が写っています。信じられないことに、特に手術を受けた2004年には、1か月で8キロも痩せた記録があります。それはたまたまとしても、今痩せるにはCMでお馴染みの〇イザップなどの力を借りないと無理そうです(笑)食生活に関しては、注意しているものの、どうしてもごはんや、うどんなどの炭水化物が大好きということもあり、糖質制限は夢のまた夢、だったらどうしたら痩せるのかな?などと思いは強いものの、自分の意に反して痩せる気配はまるでありません。そんな日々の中、トリオさんがポツンと言いました。「昨年から12キロも痩せちゃったんだ、病気かしら?」と。「え?あんなにお酒をたっぷり呑んでいるのに?」彼は無類のお酒好き、そして酒好きの人が大体そうであるように、乾き物のおつまみが好き。それでお腹がいっぱいになって最後のごはんをほとんど食べないという悪循環。例えば私が日本に行っている時に、2合ごはんを炊いても、1週間以上残ってしまうこともあるそうです。私にはとても信じられません。ごはんを食べない=痩せるとしたら、私にはその方法は無理です。さて、本題のお肉ですが、今は月に1回くらいは鉄板焼きにして、豪勢に頂くのが楽しみでもあります。お肉は極上のフィレミニョンをちょびっと…。野菜はお肉の3倍くらいにしてその場で焼いて頂きます。この鉄板焼きは病気をする前に食べましたが、その美味しさを今でも思い出せるくらいです。こうして気軽に鉄板焼きを自宅で食べられるようになってからは、外食をする必要がなくなりました。日本でも大流行りの「いきなりステーキ」おうちごはん編、鉄板1枚あれば気軽にステーキを楽しむことが出来ますよね。もう冷凍庫にストックが無くなってしまったので、スーパーSanta Luziaにお肉を仕入れに行かなくちゃ。。。漸く風邪が治りつつあり、明日から子守り隊に戻ります!大丈夫かな?
f0146587_23010236.jpg


by beijaflorspbr | 2018-04-25 23:01 | おうちごはん
2018年 04月 24日

風邪引き5日目

先週の木曜日から喉の奥が詰まったような感じで、少し様子がおかしいな?と思っていました。しかしながら、お弁当は作らなくてはいけないし、現実的に食材などの買い物はしなくてはいけないので、とにかく使命感に燃えて気力で頑張ってしまいました。今のサンパウロの季節は秋、気温は日中は30℃と高いものの、朝晩は一気に17℃前後に下がります。つまり朝晩は涼しいのに、お昼は汗を掻くといった繰り返しで、確かに体調は崩しやすい気候です。世間ではインフルエンザが大流行をしている、とトリオさんがニュースで得た情報を懸命に伝達してくれていました。実際に彼も酷い風邪を引いており、「絶対に移さないでよ!」と言っていたのにも関わらず、遂に私も風邪を引いてしまいました。こちらでは、風邪を引いたからと、直ぐに病院に行ったり診察を受けるのは一般的ではないので、自力で治そうと努力します。毎日飲んでいる健康食品のプロポリスを増量し、朝食前に1回しか飲んでいないのを、就寝前にも飲むようにしていました。それに加えて、葛根湯顆粒と寝る前の総合感冒薬を服用。薬の副作用か、一日中眠たくて仕方がありません。それと、強い味方はトリオさんが作ってくれるこの搾り立てのフレッシュオレンジジュースを一日3回。
f0146587_23234954.jpg
私の役割である、子守りに関しては、月曜日の毬ちゃんの定期健診には行けず、今日も風邪が治っていないので、結果的には行けませんでした。赤ちゃんに風邪を移してしまうのも怖いので、完全に治ってから子守りに戻ろうと思っています。今のところ、木曜日に始動する予定です。かなり自由時間があるので、日本のテレビドラマやバラエティーやニュースなどを見る時間がある中で、こんなのを見つけました。「林先生の初耳学」という番組で、薬の正しい飲み方をやっていました。
f0146587_23265215.png
錠剤とカプセルで正しい飲み方があるんだなあ、、と。年を重ねると、どうも大きな薬を飲む時は、喉に詰まりそうになります。年老いた両親も、薬を飲むのに(飲ませるのに?)苦労をした想い出があります。ちゃんと覚えておき、正しく薬を飲み、早く治したいと思っております。5日目に、漸く微熱が納まり、楽になりました。あともう少し…。


by beijaflorspbr | 2018-04-24 23:17 | 病気
2018年 04月 23日

日常のささやかな感動

f0146587_21351749.jpg
風邪引き4日目、まだ本調子とはいかず微熱が下がらなかったり、関節が痛むなどの症状は解決していませんが…。前の家の高い生け垣がなくなってから、毎日のようにこんな見事な夕日が見られるようになりました。東側で朝日、西側で夕陽と、何とも贅沢な自然の恵みに感謝する日々です。一日も早く風邪を治して、世のため人のために役立てるよう頑張ります!

by beijaflorspbr | 2018-04-23 21:44 | 人生
2018年 04月 22日

体調不良の日は・・・

f0146587_21291533.jpg
3日前からひどく体調を崩しています。恐らく単なる風邪と思われますが、葛根湯を飲んでも、プロポリスを増量しても、この強い菌はなかなか退治することが叶わず、苦慮しています。一生懸命お料理に励んだ日々も今は昔…(笑)水が冷たいので、なるべく水を避け、包丁も極力使わないお料理と言えば、こんな簡単いくら丼が便利です。日本なら、簡単に惣菜やお弁当を買うことが出来るのに、やっぱりこんな時は不便だな~。とにかくこんな時は好物を食べて英気を養います!ブログは良いですね、この酷いガラガラ声が聞こえないから…。そりゃもう、ひどい鼻声で…。どうやら、こちらでもインフルエンザが超流行しているらしいです。皆さま、お気を付けくださいね。




by beijaflorspbr | 2018-04-22 21:44 | 美味しいもの
2018年 04月 21日

バス内強盗殺人事件に思うこと…

ーーー今日は少し怖くて不快なお話です。実際に起こってしまった事件と、それが自分とどう関係があったか、ということをそのまま隠さず書きました。もし、不快に感じられる方がおられましたら、ここから先へは読み進まず、スルーして明日、またお寄りくださいませ。




19日(木)いつものように子守りが終わって夜遅く帰宅した後の食事中に、トリオさんが怖い話をし始めました。
「今日こんな恐ろしい事件 があったんだよ」
「どこで?」
と訊くと、私も時々通る地下鉄Jabaquara駅から、郊外へ行くバスの中での出来事だったということでした。
「実はね。。。私その事件のあった同じ道をついこの前通ったばかりなのよ」
「え?なんで?」
「ただ単にバスに乗り間違えただけなの」
「ええ?」
「Jabaquara駅を通り過ぎて、どんどん景色が変わってきたので、怖くなって直ぐバスを下りてUターンしたの」
つまり、私の自宅付近からバスに乗る時は、行き先のはっきりした「Jabaquara」とか「Santa Cruz」などのメトロの駅名が書いたバスになるべく乗るようにしていたのですが、その日に限ってマイクロバス、しかも「Jabaquara」という文字は辛うじて読み取れたものの、うっかりしているうちにJabaquara駅を通り越して、バスは更に走り出しました。終点と信じていたバスが、更に走り出した時、何故疑問に思わなかったのかは自分でも分かりません。自己判断とは怖いもので、「ああ、きっとこのまま大通りを走って、Metro Conceição駅(メトロ1号線=青)」へ行ってくれるんだろうな~などと勝手に信じていると、バスは更に大通り(今回の一連の事件が起こったAvenida Engenheiro Armando de Arruda Pereira )をどんどん進み、次第に治安の良くなさそうな丘陵状の寂しい地域に差し掛かりました。これはまずい!と咄嗟に思い、周りの人に訊いてみるとバスは「このままDiadema市」に行く、というではありませんか。ジアデマ市はサンパウロのお隣の市なので、自分の間違いに気が付き、慌ててバスを降りて道を渡ってUターンして事なきを得た、という私にとっては小さな事件(冒険?)がありました。これは絶対家族に心配をかけると思って、誰にも言わず内緒にしていたのですが、私の話を聞いて一番驚いたのはトリオさんでした。ブラジルも、紛れもない銃社会だということを知らしめてくれた今回の恐ろしい事件でした。今回の事件が起こった時刻も、午後3時半過ぎと、一般的に犯罪が起こりやすい夜間ではなかったことにも衝撃を受けました。また残念ながら市民を守る立場の軍警察の方も応戦して犠牲になられた救いようのない事件でした。人が犯罪に遭う確率はどれほどのものかは分かりません。日本にいても海外にいても飛行機に乗っていても車に乗っていても事故に遭う確率は推し量ることができません。命を繋ぐということはある意味とても難しいことであり、無事に生きていくということは奇跡なのかもしれません。今後、自身がどこで事故に遭遇するかは分かりませんが、自分の運を信じたいと思います。大病をした時、自分は自分の力で生きているのではなく、何かの力によって生かされているのだということを実感しました。これからも頂いた命を大切にしたいとしみじみ思った今回の恐ろしい事件でした。ニッケイ新聞による日本語の記事はこちらに掲載されています。サンパウロにお住まいの皆さま、どうぞお気を付けください。以前書きましたが、私がバスに乗った時に気を付けているいくつかの点をもう一度確認のために書いておこうと思います。
①(バスの)出入り口付近にいること
②走行中もしっかりどこかに掴まっていること
③バスの中では携帯を取り出さぬこと
④現金・カード・身分証明書はバラバラに持つこと
⑤時計・宝石などの貴重品は身に付けないこと
改めて肝に銘じてこれらを守ります。こうして日々駄文を綴っていることが、自身の生存証明になるのであれば、やはりブログは出来るだけ書き続けて行こうと思っています。今度の事件で、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。
f0146587_22153536.jpg


by beijaflorspbr | 2018-04-21 23:02 | サンパウロ生活情報 | Comments(4)