ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:家族( 235 )


2018年 11月 13日

日常生活で幸せを感じる

この日は健康診断の前日の日曜日、晴天だったので息子と一緒に遠いスーパーへお買い物に行くことにしました。息子は後から自転車で来るということでゆっくり歩き始めました。実は駅から出るバスで行こうと思ったのですが、田舎ゆえ30分待たないとバスが来ない…この街は車がないと実に不便。でもレンタカーを借りるほどのものでもないので、運動と思って歩け歩け・・・国道を真っ直ぐ歩き・・・
f0146587_19115258.jpg
周囲を山に囲まれた盆地にあります。12月ごとから山間に積もる雪を見ることが出来ます。
f0146587_19123191.jpg
遊歩道のようになっており、緩やかな上り坂ながら歩きやすい。
f0146587_19011466.jpg
青空に映えてキレイ。
f0146587_19131644.jpg
約30分かかって漸く大好きな「丸亀製麺」にやってきました。
f0146587_19055422.jpg
息子は劇辛担担うどん、10辛ってー☆(ー_ー)!!
f0146587_19065133.jpg
私はきつねうどん&明太おにぎり&蓮根の天ぷら、これじゃあしっかり歩いた分がオジャンに。。。うどんを大盛りにし、息子へ進呈。
f0146587_19073637.jpg
その後、怒涛のお買い物をして一日が終了。こんな日があってもいいなあ~♪家族の時間、それはブラジルに居る時叶わないから。さて…流れで帰りもしっかり歩いて帰りました。この日は16,000歩、結構運動したなあ~。さて・・・いよいよ明日は一年に一度の健康診断(人間ドック)の日、どうなりますことやら。


by beijaflorspbr | 2018-11-13 19:44 | 家族 | Comments(0)
2018年 11月 02日

子どもたちとの食事

長旅を終え、地元に戻ってきました。子どもたちとの待ち合わせ場所は日本一のノッポビルの中に入っているハルカスでした。
f0146587_21210153.jpg
レストラン街に行き、「どこでも好きなところを選んでいいよ」というと、意外にも和食を選択しました。私が選んだのはこちら
f0146587_21214439.jpg
釜飯付きでした。
f0146587_21233508.jpg
息子はトンカツ定食
f0146587_21221170.jpg
娘は揚げ茄子定食でした。
f0146587_21225038.jpg
息子が「これ原価安いで~」とくだらないことを言ったので興ざめしてしまいました。「確かにそうかもしれないけれど、疲れて帰ってご飯を作るのはそれこそ酷だわ、というと黙りました。何はともあれ、無事に合流でき、良い時間を過ごすことが出来ました。子どもたちには「長い間ご苦労さん!」と言って労いました。この子たちとしばらく一緒に居られる時間を大切にしようと思いました。

by beijaflorspbr | 2018-11-02 21:34 | 家族
2018年 10月 28日

ぶれいく~家族の時間①息子

f0146587_18075481.jpeg
搭乗記を続けたいのですが、今日は買い物のため8キロも歩き体力が持ちませんので、家族のことなどを呟かせて頂こうと思います。しばらくぶりの日本の家族との暮らしを満喫しています。くすっと思わず笑ってしまうようなことがあり、それもここに書き留めておきましょう。昨日の土曜日、朝息子が出かける時に「何か美味しいものを買ってきて!」と頼んで買ってきてくれたものがこれらの新鮮な野菜。私はてっきりお饅頭とかケーキを想像していたので、嬉しいけれどガッカリしてしまいました。でも目を輝かせて「新鮮でしょ?農家の人が直接売りに来ているんだよ」と。まあいいか・・・お饅頭でもケーキでも一口で終わってしまうのだし。健康診断前なのでカロリーを抑えるに越したことはないしで、結果オーライだったのかな?と思っています。明日はもっと元気になれるかな?今日はすみません。

by beijaflorspbr | 2018-10-28 19:50 | 家族
2018年 09月 22日

強い心(昨日の続き)

昨日書類を揃えて銀行に行った…と書きましたが、実は銀行の前で少し揉めました。その銀行は特別顧客だけを扱う店舗(ブラジルには良くあります)で、以前はATMだけなら午前9時からドアを開けてくれました。ところが、私たちが銀行に着いたのが午前9時40分、いつもなら銀行カードを見せるだけで中に入れてくれるはずでした。日本の銀行もブラジルの銀行もそうですが、今はATMとネットBKさえあればどこでも支払いやお金を動かすことが出来ます。この日は銀行の求めに応じて書類の確認と再登録のためにわざわざ足を運んだわけです。ところが受付のお姉さんが「この時間は予約した人しか入れない、セニョールは予約したか?」と訊かれたので「以前は午前9時から入れてくれたのに、いつからシステムが変わったんだ」と訊くと「そんなはずはない、以前からそうだったけど、知らないの?」本当に小ばかにしたような態度を顧客である我々に取ってきましたので、「ああ分かった。じゃあお前の銀行から全ての預金を引き揚げる。お前のせいでね!分かったか!!」と大変強い口調で言いました。ただ成す術もなく見ていた私は「少し待ったら…後20分だし?」と遠慮がちに言ってはみたのですが、「自分は何も間違っていない、急に規則を替えた銀行が悪いんだ」と言います。どうするのかしら?と見守っていると、慌てて奥から支配人が飛んできました。そしてドアを漸く開けました。しかしながら支配人の態度も大変良くなくて、暫く激しい言い争いが続きました。そもそも私が身分証明書を失くしてしまったせいもあり、いつもよりちょっとイライラしている夫だったのですが。10分くらいで手続きを難なく終え、たくさんの書類にサインをして、私は直ぐに娘のところに子守りに行きました。後で気になって「無事家に帰った?」と電話をすると、いつもの落ち着いたトリオさんが応対してくれました。良かった…ホッとして夜遅くUBERで帰宅後夕飯を摂りながらゆっくり訊いてみました。
「どうしてあんなに喧嘩腰になったの?もう少し落ち着かないと血圧があがっちゃうよ」というと
「ブラジルではね、ああやって一歩も引かずに相手と強気で対峙しないとバカにされるんだよ。特に日本人はね…。普段はジャポネースガランチード(日本人は信用できる)なんてヘラヘラ笑っているけど、心の奥ではバカにする人が多いんだよ」と。長い間ブラジル社会の中、周りはブラジル人ばかりの中で厳しい公職についていた人の真の厳しさを間近で見せて頂き、この人はこれまでどれだけ辛い目に遭ってきたんだろう?どれだけバカにされてきたんだろう?としみじみ思った時、ふとトリオさんに対する尊敬の念が沸いてきました。普段は温厚な中に、鉄のような強い意志を持って生きて来たんだと。夕飯はせめてもの罪滅ぼしに(IDを失くしたこと、イライラさせたこと)お魚屋さんで大好物のお刺身を買って出したら大喜び。デザートは娘が買ってくれた苺大福を美味しそうに食べ、大満足。良くトリオさんがいうのは「ブラジルはね、プロの国なんだよ。それは税法や法律がどんどん変わって、政治も政党もどんどん変わり、その時代その時代の生き方に上手にシフトしていく応用力がないとうまく生きられないんだよ」と呟きました。なるほど、それは40年以上ここで生きて来た私も肌で感じていることです。理不尽なこと、疑問点はそのままにせず、その都度質問をして答えてくれる先生のような人がいたからこそ、この国で堂々と生きて来られたんだ…なんてしみじみ思いました。改めて感謝!長い長いお話にお付き合い頂き、ありがとうございました。改めてトリオさんに感謝!
f0146587_22361850.jpg
(苺大福100個くらいあげたい気分←笑)


by beijaflorspbr | 2018-09-22 23:06 | 家族
2018年 09月 02日

実母VS義母

今週2回子守りに通っている実母の私(笑)重要な仕事を持って忙しく働いている義母さん、多分義母さんから見たら、べったり毬ちゃんにくっついてお世話をしている私が羨ましいのか、時々ふらっと毬ちゃん家に寄るらしい。「いいのよ、それは良いんだけど…」言いにくそうに言う家族。「例えばね、早朝から学会で勉強して頭イッパイイッパイの時は全然余裕がないんだよね」「うん、そりゃ分かるような気がする・・・」「ついついうたた寝しちゃうじゃん、そこにインターフォンやメッセージで何度呼ばれても起きれないじゃん」「ふむふむ。。。」「どうして(家に入ることを)許可してくれないの?と言われると複雑」「合い鍵預けちゃったら?私みたいに」「いやいや・・・いつでも自由に入って来られるってのも、ちょっとねえ」明らかに実母と義母は違うんだな、と思った。義母って辛いね、もし万が一ムスコが結婚したら嫁ちゃんに嫌がられるのかな?暗澹たる気持ちでいっぱいになった。あはは・・・でも大丈夫。ムスコに嫁が来るとは到底思えないから。誤解のなきよう申し加えると、近所に住む義母さんには物心両面で大変お世話になっており、子どもを連れて週2回は訪ねて美味しいものをたくさん食べさせてもらっているのにも感謝しているみたい。でもそれこそ時と場合によるみたいで、人間の気持ちって難しいな。そんな無駄な思考を繰り返す日曜日の朝、手間をかけて餃子を大量に作ってみた。
f0146587_22451113.jpg
手間はたくさんでも少しでも一緒なので、いつも思い切りたくさん作ってムハムハどんどん食べて欲しいのだ。
f0146587_22452582.jpg
サイドには胡瓜の中華風サラダ&もやしのナムル。なーに、冷蔵庫の残りを上手に調理して出すのが得意なだけ。赤ちゃんの親はともかく、毬ちゃんに会えるのだけが凄く楽しみな週末。え?自分勝手?(^^)v


by beijaflorspbr | 2018-09-02 22:52 | 家族
2018年 08月 14日

思わず安否確認をしてしまう親バカ

子ども二人を置いているある地方都市で、全国でも有名になってしまった不名誉な事件が起こった。いくらなんでもその事件は恥ずかしい。警察署から逃走した凶悪犯は現在も逃走中とのこと…。そこで過保護な母親としてはあまりに心配になり、子どもに連絡を取った。
「あんた大丈夫?」
「うん、あああれ(事件)ね」
「戸締りちゃんとしてる?」
「うん、毎日暑いから締め切ってクーラーかけっぱなしやで」
「そうか・・・」
「それに大家さんがベランダに付けてくれた防犯カメラもあるから大丈夫やと思う」
「(マンションの)出入り口もオートロックだしね。。。」
「まあな、あれはあまり宛てにできひんけど」
「職質(職務質問)受けてない?」
「被疑者を逃がしておいて今更罪もない市民に職質やなんて論外やわ」
「パトカー巡回している?」
「前は回っとったけど、今は全然(*_*)」
つまり警察署や市役所がある田舎町のメインストリート(笑)は駅向こうの南側、自宅があるのは駅の北側なので、雰囲気は全く違う。例え5キロでも離れていると少し安心なのは何故だろう?話題になっている警察署へは、免許証の更新手続きや、遺失物届などで数年に1回しか行かないところだけれど、署員の皆さんは概ね親切な方ばかりだ。ついでに言うと、お隣の市役所の職員も皆善意に溢れた素朴な方ばかり。なかなか居心地の良い地方都市なのに、多くの報道陣が押し掛けこんなにクローズアップされたことに却って戸惑いを覚える。治安の悪い国から帰国すると、この田舎町が無性に居心地が良く、安心して夜間も平気で歩いていたのに…。ところが、夜遅く駅に着くと、最近は息子が迎えに出てくれるようになった。
「最近この辺治安が悪いらしいで」
「そうなの?私はもうおばあちゃんだから大丈夫だと思うよ」
「おかあちゃん、金持ってるやろ?」
「うんうん、、、あまり持っていないけど、ちょっとは持ってる」
「そんな人を狙うやつもいてるんやて」
「ふーんなるほど。。。」
(一部大阪弁で分かりにくくてすみません)
連日の報道であの狭い国道170号線が映る度に、懐かしさを覚えるのは私だけかしら?海外に居るので対岸の火事のような気分で、実際に危ない思いをされている市民の方には申し訳ない気持ち。どうかどうか今回の事件だけは、被疑者が早く捕まりますように!!ウォーキングを兼ねて良く歩く市役所・警察署・郵便局・コンビニなどがテレビに映ると地元に帰ったようで、それはそれで嬉しい。
f0146587_18381072.jpg
一日も早く犯人が捕まり事件が解決して欲しいものだ。そしてまたお友達や家族を集めてお料理をたくさん作って楽しく宴会がしたい。こんな状態だと、夜の外出も控えなくてはならないから。温かい人がたくさん住む地元に早く帰りたい。

※…今回地元の風景写真を探してみると、全く見つかりませんでした。そういえば帰国をすると、近所を散歩するよりも、電車に乗って遠くへ出かける機会の方が多く、地元の写真は全く撮っていませんでした。たまには地元にスポットを当ててみようかな?とつくづく思いましたっけ。因みに娘は2泊3日のキャンプに参加しているので不在でした。


by beijaflorspbr | 2018-08-14 18:59 | 家族
2018年 08月 11日

4日間の子守り修行を終えて…

最近赤ちゃんの話題ばかりになっているこのブログです。サンパウロの情報を求めて来られる方、申し訳ございません。必要な情報はほぼカテゴリー内の『サンパウロ生活情報』に書いてありますので、ご参考になさってくださいませ。
さてと、昨日漸く帰宅しました。帰宅して夕食を摂った時のビールが苦くて驚きました。久しぶりのビールと言えば、2004年に癌の手術を受けた後、回復してそろそろビールでも飲む?なんて家族に勧められ飲んでみたものの、「苦っ!!!こんな苦いもの飲めないわ…」というくらい苦く感じて、1年以上呑みませんでしたが、ある夏の暑い日に思わず飲んでみたビールの美味しさに目覚めてしまい、またビールを飲むようになってました。昨日苦いビールを飲みながらしみじみそんなことを思い出していましたっけ。健康っていいな!家には山ほどビールのストックがあるので、今日からまたせっせと消費しなくては。。。なんてくだらない決意を新たにしています。とにかく子守り三昧のこの4日間でしたが、体中が痛くて動き出す度にギシギシ悲鳴を挙げています。赤ちゃんは日に日に成長し、既に9キロ近くあるのかもしれませんが、9キロの米俵を何時間も担ぐというのはかなりきついものです。左肩の不具合が夜になると出てしまい、もう抱っこする気力も体力もなくなってしまいました。この年になって(この年だから?)改めて子育ての大変さを思い知りました。今回2泊しましたが、一晩目は毬ちゃんの夜泣きで何度も何度も目覚めましたが、二晩目は一度も泣き声を聞きませんでした。娘に「毬ちゃんお利口だったね、昨日は全然泣かなかったね」というと、「ママに悪いと思って泣かせないようにした」だそうです。それよりも「よく寝ていたね。いびきが聞こえたよ。」ですって!(恥)ごめんごめんと謝り、せめてもの子守りと家事を精一杯してきました。昨晩帰宅しようとUBER(配車アプリ)にアクセスすると、普段の倍以上の値段でビックリしました。UBERは、需要と供給のバランスで値段が逐一変わるらしく、結局は下がらないので諦めて家族に自宅まで送ってもらいました。お礼にお米や調味料を山ほどあげました。赤ちゃんから喜びもたくさん感じた4日間でしたが、赤ちゃんは確実に着実に成長しているということです。一番嬉しかったのは、ママが絞った母乳を嫌がらずに哺乳瓶で飲めるようになったことです。これが成功すると、次の段階へと進めます。つまり今までは授乳するためにわざわざ何度も帰宅する必要が無くなったということです。水から練習したのが功を奏したようです。10月の私の帰国時までに、子守りさんへバトンタッチをするための大切なことが一つだけ解決してホッとしました。それに離乳食も少しずつ始めており、昨日はおかゆのスプーンをなかなか離さないなど、意外に祖母似で食い意地が張っていることが分かりました。日々の変化、成長をこれからも楽しみにしようと思いました。自分にもお疲れさま!
f0146587_23284107.jpg
(自分のおもちゃを死守する毬ちゃん)


by beijaflorspbr | 2018-08-11 23:29 | 家族
2018年 07月 17日

2018年7月17日(火)

朝6時少し前に目覚め下へ。既にお米は炊き上がっており、慌ただしく朝食をすませると同時にお弁当の調理開始。今日のメニューは、豚肉の生姜焼き、蓮根の煮物(焦がした!)、キュウリとワカメの酢の物。大切にしまっておいた鳴門わかめを使わせて頂きました。味がどうしても一本調子になってしまうのは否めませんが、自分を奮い立たせて朝から走り回り一生懸命料理しました。今日火曜日は、自宅各部屋の大掃除日なので、部屋を綺麗に片付けてクローゼットに鍵をかけ出かける準備完了。7時45分に自宅を出発し、パウリスタ大通りまで行くバスに飛び乗りました。今日は最初から優先席が空いていたので着席。お隣は何だか生気のないおじいさん。でも大人しいからいいや。やたら色々話しかけて来るおばちゃんもちょっと苦手なので助かりました(笑)ちょっとだけ文庫本を読み始めたものの、あまりにもバスが揺れるので、目が疲れて断念。バス専用路線をスイスイ走って、あっという間に着いてしまいました。毬ちゃんの家には午前9時前に到着。ぐっすり寝ていたはずの毬ちゃんが突如大きな目を開けてニコッとしました。しめしめ、抱っこしてくれるばぁば登場、とでも言われているような。。。もちろん直ぐに抱っこしましたとも!ママは授乳後慌ただしく仕事に出かけて行きました。しばらくして、良いお天気だったので、下のお庭にお散歩しに行きました。毬ちゃんのキョロキョロが止まりません。余りにも動くので、腕が怠くなっちゃった。それと、ビルの下は結構強風が吹くので、日向ぼっこをして20分弱で家に戻って来ました。今度は抱き癖が付いたのか眠たいのか、ぐずって泣きます。抱っこしてずっと子守唄を歌っていると、ぐっすり眠ってくれました。何とも可愛い寝顔で。。。ずっと見ていたいけれど、他の家事もあるのでそうはいきません。今日はもう17日、あっという間に7月も終わってしまいそうですね。日本の子どもたちは熱中症などに罹っていないのかしら?少し心配な今日この頃です。毬ちゃんと一緒に楽しい1日を過ごします。
f0146587_21464716.jpg
そういえば、7月17日は、あのTAM3054便がコンゴニャス空港でオーバーラン及び炎上事故を起こした日でした。謹んで多くの犠牲者のご冥福をお祈りいたします。


by beijaflorspbr | 2018-07-17 23:14 | 家族 | Comments(2)
2018年 07月 10日

日々のこと・・・

f0146587_10013005.jpg
(大好物丸亀製麺のカレーうどん、390円也)

日本を離れて7か月、そろそろ次のフライトの検索をしなくては、と言う段階でも何となく日本の懐かしい味が思い出されて困る時があります。それは自分の好物のうどんやお鮨、粉もんのお好み焼き、タコ焼きから551蓬莱の豚まんまで、過去の写真を見ては「ああ、美味しそう」だの「あの時は〇〇さんと一緒に食べたよね~」などしばし癒しの時間が訪れます(笑)今日のお昼は、初めて鶏肉で天ぷらを作ってみましたが、薄めに切ってしっかり火を通してパリパリに揚げたところ、家族に大好評でした。今からシュハスコに呼ばれているんだ、と言いながら我が家に寄った娘までが「美味しい美味しい…」とたくさん平らげていましたっけ。日本で食べる和食は、素材を生かした薄味なので、年を重ねるごとにその良さが分かってきます。

こんな能天気な投稿をしている場合ではありませんね、ここ数日で西日本豪雨被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。被災された皆さまの身になるとあれ食べたいだの、これ食べようなどと思うことは不謹慎のように思われます。今私が出来ることは、ボランティアに行くことは出来ませんので、少しでも義援金を送ることです。知人も多い自治体へ直接寄付金を送金するつもりです。これ以上被害が広がらないことをお祈りしております。今回ギリギリのところで、自宅が浸水から免れたという話を聞き、我がことのようにドキドキしました。日本は最近天変地異が多く、見えない不安に襲われています。神様にお願いして、日本にいる子どもたちを守って頂かないと…。


by beijaflorspbr | 2018-07-10 22:00 | 家族
2018年 06月 28日

日本の国歌

「日本の国歌はいいねえ、いつ聴いても泣きそうになる・・・」と夫のトリオさんがしみじみ言いました。私は普通に家事をしながらさりげなく口ずさむのですが、日本人にとっての国歌は日常生活の一部のようなもの。日本人にルーツを持つ人たちは、海外で日本の国歌を改めて聴いたり歌ったりすると、感動するということが良く分かりました。4年前のサッカーワールドカップブラジル大会の際に我が家に逗留したお友達は、「流石にレシフェの試合会場で日本の国歌を歌った時は、涙を流したわ…」と仰っていました。今日の第一次リーグ第3戦、対ポーランド戦の勝利を信じます。日本人らしい粘り強さと根性を見せてください。そして是非とも決勝リーグへと進めますように!もしブラジルと対戦するようなことになったら!?それはその時に考えましょうか。。。日本の皆さま、声を張り上げて応援しましょうね。私は孫の毬ちゃんと応援します。
ガンバレニッポン!!!
今試合が終了いたしました。
ニッポン、決勝リーグ進出おめでとう㊗️
本当の戦いはこれからですね。


by beijaflorspbr | 2018-06-28 21:36 | 家族