ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:家族( 249 )


2018年 07月 20日

体調不良でも使命感に燃える高齢者(駄)

長いタイトルですが…昨日は朝もはよから起床し、午前7時半に自宅を出ました。出ました、と簡単に書きましたが、出る前にお腹の調子が悪くなり。。。どうなることかと思いましたが、何とか収まりホッと一安心。腸に持病のある私に時々起こるこうした症状とは一生向き合わないといけないのかもしれません。さてと、この時間はサンパウロ名物ラッシュアワーで、しかもいつも乗る大好きな2連結バスが行ってしまったばかりで、普通の一両バスに飛び乗ると、案の定満員で座る場所なし。バスは揺れるのでかなりの筋力が必要ですが、何とか頑張って降車場所まで45分間立って行きました。「そんな時は直ぐに降りてタクシーに乗り換えるんだよ」と家族から厳命されていたのにも関わらず、降りるのが面倒くさいという’しょうもない理由’でそのまま立っていましたっけ。途中お腹が痛くなることもなかったので、ホッとして降車した時は流石にフラフラ。。。さすが高齢者やん!!!でも今日はお腹の調子が良くなかったため、家で予めお料理が出来なかったので、メイドインジャパンに寄って、食材を調達するところからスタートしました。メインは牛薄切り肉と野菜の炒めものに、とろろにしよう!と決め、食材を購入。毬ちゃん宅に着くと、直ぐにママは仕事に出かけました。働くママは大変だ!!朝体調が良くなかったせいか、少し眩暈がしました。さて・・・ここからは毬ちゃんと二人っきりの世界。体調が悪くても何とか頑張らなくては。最近は声を挙げて笑うようになったので、あやし甲斐があります。しばらく夢中になって一緒に遊んでいたら、グズグズ言い出しました。抱っこした途端にコトン!と寝てくれました。その間にとろろを拵え、お肉と野菜の炒めものを作り、ごはんを炊きました。すると、もう泣き声が…「早い、起きるのが早すぎるのだ!」急いで駆け付けると、ばぁばをじーっと睨んで泣いています。。。仕方がないので、抱っこをするとまた直ぐに寝てくれました。それから1時間ぐっすり。。。ママが帰って来る頃には目覚めて機嫌よく遊んでいました。毬ちゃんママは、途中2回授乳に戻ってきました。その後も寝たり起きたり遊んだりの繰り返しで夜の8時過ぎまで子守り&家事を何とかこなし、解放され自宅に着いたのは午後9時過ぎのことでした。いやはや。。。ハードでした。食事もままならず、そのままシャワーを浴びてバタンキュー。確かに健康に良いのかもしれませんが、少しハードな気もします。世の中には、前期高齢者でもまだ現役で働いている方は多いので、そんなに甘いことは言っていられませんが、当分は頑張りましょう。肌寒かったサンパウロも、少し温かくなっていました。温かくというか日中は30℃もあるので、流石南半球だなあ~と気付かされます。雨が1か月以上降っていないので、カラッカラに乾燥していて、深刻な水不足になっています。毬ちゃんと外気浴中に見上げた空があまりに綺麗でパチリー☆
f0146587_23082587.jpg
何はともあれ、今週のお勤めも終わったので、ちょっとホッとしているところです。体が資本なので、大切にというより騙し騙し行こうと思っていますが、どうなることやら…。長々と独り言にお付き合い頂きありがとうございます。良い週末をお過ごしくださいませ。


by beijaflorspbr | 2018-07-20 23:28 | 家族 | Comments(0)
2018年 07月 17日

2018年7月17日(火)

朝6時少し前に目覚め下へ。既にお米は炊き上がっており、慌ただしく朝食をすませると同時にお弁当の調理開始。今日のメニューは、豚肉の生姜焼き、蓮根の煮物(焦がした!)、キュウリとワカメの酢の物。大切にしまっておいた鳴門わかめを使わせて頂きました。味がどうしても一本調子になってしまうのは否めませんが、自分を奮い立たせて朝から走り回り一生懸命料理しました。今日火曜日は、自宅各部屋の大掃除日なので、部屋を綺麗に片付けてクローゼットに鍵をかけ出かける準備完了。7時45分に自宅を出発し、パウリスタ大通りまで行くバスに飛び乗りました。今日は最初から優先席が空いていたので着席。お隣は何だか生気のないおじいさん。でも大人しいからいいや。やたら色々話しかけて来るおばちゃんもちょっと苦手なので助かりました(笑)ちょっとだけ文庫本を読み始めたものの、あまりにもバスが揺れるので、目が疲れて断念。バス専用路線をスイスイ走って、あっという間に着いてしまいました。毬ちゃんの家には午前9時前に到着。ぐっすり寝ていたはずの毬ちゃんが突如大きな目を開けてニコッとしました。しめしめ、抱っこしてくれるばぁば登場、とでも言われているような。。。もちろん直ぐに抱っこしましたとも!ママは授乳後慌ただしく仕事に出かけて行きました。しばらくして、良いお天気だったので、下のお庭にお散歩しに行きました。毬ちゃんのキョロキョロが止まりません。余りにも動くので、腕が怠くなっちゃった。それと、ビルの下は結構強風が吹くので、日向ぼっこをして20分弱で家に戻って来ました。今度は抱き癖が付いたのか眠たいのか、ぐずって泣きます。抱っこしてずっと子守唄を歌っていると、ぐっすり眠ってくれました。何とも可愛い寝顔で。。。ずっと見ていたいけれど、他の家事もあるのでそうはいきません。今日はもう17日、あっという間に7月も終わってしまいそうですね。日本の子どもたちは熱中症などに罹っていないのかしら?少し心配な今日この頃です。毬ちゃんと一緒に楽しい1日を過ごします。
f0146587_21464716.jpg
そういえば、7月17日は、あのTAM3054便がコンゴニャス空港でオーバーラン及び炎上事故を起こした日でした。謹んで多くの犠牲者のご冥福をお祈りいたします。


by beijaflorspbr | 2018-07-17 23:14 | 家族 | Comments(2)
2018年 07月 12日

子育てイロハ

f0146587_19523594.jpg
孫の毬ちゃんとの間には見えない絆がある。。。なんて信じていたのに、ママが仕事から帰ってくると、直前まで機嫌が良かったのに、急に大泣きし出す毬ちゃん。密かに「キミは恩知らずだねえ~」と言いたくなります(笑)急激に冷え込んでいるサンパウロ、昨日の夜中は8℃だったらしいのですが、夜の時点で既に寒すぎていつものソファに座っていられず、ついつい10時前にベッドに入ったら不覚にもそのまま寝ちゃいました。朝は6時に目覚めたので、睡眠時間がお子ちゃま並みになってしまっています。連続の子守り勤務で疲れ果てていますが、孫のためなので頑張ります。昨日のワールドカップのクロアチア対イングランド戦、延長戦でUBERに乗って自宅に帰らなければならず、「最後まで観たかったなあ~」なんてガッカリしていると、なな何と車にテレビがあるではありませんか!(日本は珍しくないけれど、こちらでは大変珍しい)無我夢中で運転手さんと一緒に見ていると(笑)、クロアチアが伝統あるイングランドを破り初の決勝進出!!運転手さんと一緒に「わぉーーー」と声を挙げてクロアチアを祝福しました。ワールドカップも日曜日でおしまい、色々あったけれど、随分楽しませてもらいました。この楽しみもまた4年後に。。。さあ、これから子守りに行ってまいります。エルのサポートが出来るくらい健康な体に感謝、そして何より癒しの対象毬ちゃんにも感謝。今日も寒い中、風邪引きさんの毬ちゃんとの闘いが始まります。頑張ります!!!蛇足ですが、1キロ痩せました(恥)

by beijaflorspbr | 2018-07-12 20:00 | 家族
2018年 07月 10日

日々のこと・・・

f0146587_10013005.jpg
(大好物丸亀製麺のカレーうどん、390円也)

日本を離れて7か月、そろそろ次のフライトの検索をしなくては、と言う段階でも何となく日本の懐かしい味が思い出されて困る時があります。それは自分の好物のうどんやお鮨、粉もんのお好み焼き、タコ焼きから551蓬莱の豚まんまで、過去の写真を見ては「ああ、美味しそう」だの「あの時は〇〇さんと一緒に食べたよね~」などしばし癒しの時間が訪れます(笑)今日のお昼は、初めて鶏肉で天ぷらを作ってみましたが、薄めに切ってしっかり火を通してパリパリに揚げたところ、家族に大好評でした。今からシュハスコに呼ばれているんだ、と言いながら我が家に寄った娘までが「美味しい美味しい…」とたくさん平らげていましたっけ。日本で食べる和食は、素材を生かした薄味なので、年を重ねるごとにその良さが分かってきます。

こんな能天気な投稿をしている場合ではありませんね、ここ数日で西日本豪雨被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。被災された皆さまの身になるとあれ食べたいだの、これ食べようなどと思うことは不謹慎のように思われます。今私が出来ることは、ボランティアに行くことは出来ませんので、少しでも義援金を送ることです。知人も多い自治体へ直接寄付金を送金するつもりです。これ以上被害が広がらないことをお祈りしております。今回ギリギリのところで、自宅が浸水から免れたという話を聞き、我がことのようにドキドキしました。日本は最近天変地異が多く、見えない不安に襲われています。神様にお願いして、日本にいる子どもたちを守って頂かないと…。


by beijaflorspbr | 2018-07-10 22:00 | 家族
2018年 07月 04日

毬ちゃん生後5か月

f0146587_21574555.jpg
ついこの間生まれたと思っていた孫の毬ちゃん
今日でちょうど生後5か月
首がちゃんと座り、表情がだんだんはっきりし
健康に恵まれ病気ひとつせず
たくさん笑って周りを幸せにしてくれます。
でも気に入らないことがあるとまるで火が点いたように泣き
猛烈に自己主張
気の強いママに似たのかな?
昨日は仕事が忙しくて途中帰宅ができなかったママ、
搾ってくれたおっぱいを温めて哺乳瓶に入れてあげると
泣き叫んで一切受け付けてくれません。
その気持ちは分かるわ、
だってずっと母乳以外受け付けたことがなかったからね
さて、次回からはどうするかな?
抱っこ紐を付けてママの仕事場に連れて行くしかないのかしら?
こちらは老体ゆえ既に肩が凝り、足腰が痛み
日に日に疲労の色が濃くなっています。
後10年ほど早く子どもを産んでくれたらなあ~
などとしょうもないことを考える今日この頃。
早く帰国して、あったか~~い温泉に入りたい、ゆっくり休みたい
なんて思う気弱な今日この頃。。。
疲れた。。。。。。。。
でも毬ちゃんの溢れんばかりの笑顔で癒されている
当分は自分の楽しみはお預け
老体に鞭打って頑張るしかないか!


by beijaflorspbr | 2018-07-04 22:06 | 家族
2018年 06月 28日

日本の国歌

「日本の国歌はいいねえ、いつ聴いても泣きそうになる・・・」と夫のトリオさんがしみじみ言いました。私は普通に家事をしながらさりげなく口ずさむのですが、日本人にとっての国歌は日常生活の一部のようなもの。日本人にルーツを持つ人たちは、海外で日本の国歌を改めて聴いたり歌ったりすると、感動するということが良く分かりました。4年前のサッカーワールドカップブラジル大会の際に我が家に逗留したお友達は、「流石にレシフェの試合会場で日本の国歌を歌った時は、涙を流したわ…」と仰っていました。今日の第一次リーグ第3戦、対ポーランド戦の勝利を信じます。日本人らしい粘り強さと根性を見せてください。そして是非とも決勝リーグへと進めますように!もしブラジルと対戦するようなことになったら!?それはその時に考えましょうか。。。日本の皆さま、声を張り上げて応援しましょうね。私は孫の毬ちゃんと応援します。
ガンバレニッポン!!!
今試合が終了いたしました。
ニッポン、決勝リーグ進出おめでとう㊗️
本当の戦いはこれからですね。


by beijaflorspbr | 2018-06-28 21:36 | 家族
2018年 06月 24日

今どきの子育て

f0146587_22450341.jpg
私が子どもを育てていた時代には、パソコンもインターネットもなく情報は「家庭の医学」や「子育て読本」などを読んで一生懸命勉強をしたものでした。おまけに異国の子育てということで、予防接種から喘息の発作を起こした時の病院の対応なども慣れない言葉を使ってのやり取りで不安でたまりませんでした。でも、夫のトリオさんが検診も予防接種も必ず一緒に行ってくれたので、随分助けてもらったものです。昔々こんなことを言っていましたっけ。「ママに(子育てを)任せていたら今ごろ子どもたちは死んでいます」ですって。失礼な!!そんなことを思い出しつつも今、孫の子育てを手伝う中で、随分変わったなあと思う点が多々あります。必要な情報はほぼインターネットで得ることが出来るし、もし病気に罹っても症状を入れてGoogle先生に尋ねると、すぐに答えが得られます。おまけに、日常的にこうした監視モニター?も付けることができるので、赤ちゃんが「ふにゃ~」っと泣いた途端に駆け付けて宥めると、2度3度とそのまま寝てくれます。毬ちゃんも生後5か月を目の前に先週定期検診に行くと、身長67センチ、体重6,180gと大きく成長しました。特に身長は生後7か月の平均身長なので、次々と用意した洋服が着られなくなってきていて嬉しい悲鳴を挙げています。予めエルの友達から何枚もお洋服をお借りしていたので、随分助けられています。赤ちゃんの洋服は、お下がりで十分!と誰かが言いましたがその通りだなあと実感しています。でももし日本で可愛いお洋服を見たら、直ぐに着られなくなると知りつつ、あれやこれやと買っちゃうんだろうなあ~♪当分は自分との闘いが続きそうです(笑)
f0146587_23063239.jpg
私の子育ての時もそうでしたが、こちらではお手伝いさんが全ての下着・洋服・タオルに至るまで全部しっかりアイロンをかけてくれます。人さまの力をお借りして子育てが出来るのも、こちらでの大きな利点なのかもしれません。言葉が通じないことくらい何のその!!


by beijaflorspbr | 2018-06-24 23:10 | 家族
2018年 06月 20日

うまく対応できず申し訳ございません

f0146587_21413950.jpg
自分ではまだ何もできないこの小さな赤ちゃんのお世話にかなりの時間を取られております。子守りに行く日は、朝6時に起床し、慌ただしく朝食を済ませると同時に調理開始。何品かのおかずを一生懸命作って午前9時過ぎに自宅を出発。バスに乗って40分~60分、距離にして10数キロとそんな距離はないのに、ラッシュ時と重なるためバス専用路線を走ってもかなりの時間を取られます。和食材の豊富なメイドインジャパンに寄って食材を購入した後、もう一台バスに乗り換えて娘宅へ…。娘は私の持参した昼食をしっかり摂って出勤します。途中1-2回授乳に戻ってくるものの、慌ただしいままあっという間に一日が過ぎ去って行きます。毬ちゃんの面倒を任されている時間は、それに没頭(堪能)しようと思い、ネット環境は完璧なのですが、極力テレビもスマホの画面も見ないようにしているため、このブログにもなかなか立ち寄ることが出来ません。毬ちゃんが眠っている間は、お茶やコーヒーなどを飲み休養時間としています。折角素敵なコメントを書き込んでくださった方も、これでは愛想を付かされるのは当たり前かもしれません。直ぐにお返事できず、本当に申し訳ありません。グループLINEやfacebookやInstagramなどのレスポンスも、タイミングを外し、うまく出来ずにいます。このブログを書き始めて6月26日で11年を迎えますが、そろそろ潮時かな?などと思い始めています。11年前はまだ「ブログ」というツールが新鮮な時代でした。そして、大手術後3年しか経っておらず、治るか治らないか不安な時期でもありました。「死ぬかもしれない」と覚悟した時に、子どもたちに何かメッセージを残したくて無我夢中で書き続けてきた当ブログです。しかし10年ひと昔との例え通り、時代の流れは驚くほど早いというのが実感です。備忘録としてのブログはとても便利なツールなのですが、そろそろ自分のライフスタイルも見直さなければいけない時期に来ているのかもしれません。というわけで、いつも多忙や子守りや年のせいにしてばかりですが、ご理解頂けたら幸いです。昨日娘と、私自身の10月末ー12月初旬の帰国時の子守りをどうするか、ということについて話し合いました。「(ママがいないと)本当に困るわー」「そうだね、気持ちは良く分かるけど、ママも一年に一度は人間ドック受けないと前科(直腸癌とピロリ菌陽性)があるから心配だし…」「うんそれは分かっている」と。そうでしょうね、娘にとって母親ほど信頼できる存在はない訳で、自身も母親が身近にいない環境の中、何とか子守りさんを雇って子どもたちを育てた経験があります。お金の問題などではなく、この国では信用問題も絡んでくるのでより複雑なのです。娘と同業の歯科医の友人たちは、預ける人がいなかったため、泣く泣く生後4か月で保育園に預けたらしい、などと言っていました。私が日本に帰国する頃は生後8か月で離乳食も始まっているし、今よりもう少ししっかりしていることでしょう。可愛い毬ちゃんとお別れするのは身を切られる思いですが、何とか毬ちゃんが幸せな場所に落ち着けますように、と祈るばかり。帰国まで後4か月、まだまだのようですが、あっという間なのかもしれません。後2か月後には航空チケットも購入する予定です。最近意味なくため息をつくことが多くなりました。とはいえ、日本の友人たちとの遊ぶ計画も着々と進んでいる訳ですが…。早く日本に帰りたい!

by beijaflorspbr | 2018-06-20 22:08 | 家族
2018年 06月 13日

ある一日。。。

金・土・日は熱もあり、薬の力を借りてしっかり寝込んでいましたが、月曜日に少し良くなったので、風邪薬を飲むことを止めました。慎重に体調を整えて迎えた火曜日は、朝から大事な子守り日。朝6時に目覚まし時計を掛けて起床し、お弁当を作りつつ朝食を済ませました。この日のお弁当の中身は、野菜2種の牛肉巻き・ブロッコリーのサラダ・青梗菜と椎茸の炒めもの・里芋、人参、レンコン、練り物の煮ものでした。調理時間全部で1時間、どんなに忙しくても料理に手抜きはしません。慌ただしく出掛ける支度をして午前8時半に自宅を出発し、バスポントに送ってもらいました。不幸は重なるもので、夫のトリオさんも私と入れ替わるように酷い風邪を引いていましたが、何とか大通りまでの運転はしてもらえました。この時間は当然の如くかなりのラッシュアワーで、座る場所なし。ずっしり重たいお弁当が肩に食い込みます。優先席に若い女性が座っていたのを発見したので、その真ん前に立っていると、最初は携帯を一生懸命いじっていて気付かない振りをしたものの、そこに居辛かったのか15分くらいモジモジした後、自分の降車場所に着いたのか、サッと席を立ちました。この日はとにかく前日までの体調不良もあり、その先の長時間育児という重責もあり、荷物の重さもありで、この最初の行程だけはちょっと楽をさせてもらいたかったので助かりました。ブラジル人は相対的に親切な方ばかりなのに、時々わざとこうして頑張ってしまう若者がいるのも事実。この人の場合は、席を譲るタイミングを失してしまったようです。因みにこちらでは、高齢者や子ども連れの人、妊娠中の人、障がいを持っている人などには席を譲る法律が定められており、それ専用の座席も多く設けられていますが、驚くのがそれらに加えて『肥満』の人もその優先席に座る権利があることです。いつか、優先席2席分を1人で完全独占している大型女性がいましたっけ。驚きました。。。そしてそこまでは太っちゃいけないなあと猛省しました(笑)肥満はともかく、若い人が知らん顔をして座っている横で、かなりの高齢者が手すりに必死で掴まり立っている姿を見るのは忍びないことです。暫く立っていたバスの中で、色々考えました。「これは結構な筋トレになっているのかしら?」とか「疲れすぎて子守りが疎かになったらどうしよう?」とか「風邪が悪化したら次の子守りはどうしよう?」等々。飽きませんでした(笑)バス専用レーンも、流石にこの日は混んでおり、早かったら40分足らずで行くのに、70分もかかってしまいました。そこから急いでメトロに乗り換えて、何とか約束の午前10時に到着することが出来ました。娘宅に入ると、毬ちゃんがニコっと笑いかけてくれたので、一気に疲れが吹き飛んでしまいました。まさに100万ドルの笑顔(^◇^)娘が慌ただしく仕事に出かけて行った後、良いお天気だったので、毬ちゃんを抱っこしてアパートのお庭を初めてゆっくりと散策してみました。綺麗に整えられたお庭には、パーティー用スペースや、遊技場、立派なプールも備わっていました。これらは今時のアパートの標準設定なのかもしれず、前のアパートには立派なジムまでが完備されていました。30分ほどポカポカ陽気に誘われノンビリと外気浴をしていると、毬ちゃんがグッスリ眠入ってしまったので、家に帰って静かにベッドに寝かせました。2時間ほど眠って起きたら、ママ(娘)1度目の帰宅。慌ただしく食事をし授乳をしてもう一度午後のお仕事へ…。その後、毬ちゃんと遊んでいるうちに、泣きながら眠ってしまいました。今日は良く寝る日だなあ。。。午後4時過ぎに娘2度目の帰宅&授乳、まあまあ乳児を育てるママは大変!!慌ただしく3回目の仕事場へ。これも自宅と仕事場が近いからできることですね。最終的に帰宅したのが午後7時50分。まあ何ともハードな一日でした。私も疲れ果ててしまったので、直ぐにUBERを呼んでもらい、午後9時少し前に帰宅。風邪でずっと飲んでいなかったビールがやけに喉に沁みました。お腹があまり空いていなかったので、煮物をつまみながら美味しくビールを頂きました(オヤジか!)そのまま自室に入り、熱いシャワーを浴びたら急激な睡魔が襲ってきてバタンキュー。子守りは体育会系クラブ活動に良く似ているなあ、なんて思いながら深い眠りに就きました。結局午後11時ー午前8時半までグッスリと眠り、今日は朝からとても元気です。備忘録的に昨日までのことを書き連ねてみましたが、働き盛りとそれを支える周囲の人たちの奮闘ぶりが我が家だけではなく、皆同じようなものなのかもしれないと思いました。こうして慈しみちょっとの苦労や無理を重ねながら、大切な命を育てて行き、大きくなったらなったで悩んだり苦しんだりすることも多々あるのが人生なのかもしれません。今は毬ちゃんの将来が本当に楽しみでなりません。毬ちゃん言「そんな…生後4か月のワタチに多大な期待されても困るんでちゅけど…」毬ちゃんともうひとつ約束しました。ばぁばと二人っきりで将来飛行機に乗ろうね!!と。もちろん国際線だよ。それまで長生きしなくちゃいけません。大丈夫かな私?何はともあれ、無事に過ごすことができたことに感謝した1日でした。
f0146587_22131001.jpg
(今はママの飛行機で我慢してね!)


by beijaflorspbr | 2018-06-13 22:49 | 家族
2018年 06月 10日

毬ちゃん写真館②

f0146587_22254931.jpg
最近両手でおもちゃや、こちらの手を持って口に入れるようになりました。
歯茎が痒そう。。。
早く風邪を治して来週も会いに行かなくては…。
フロムばぁば


by beijaflorspbr | 2018-06-10 22:24 | 家族