ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:家族( 242 )


2019年 03月 20日

しあわせな誕生日③そしてお買い物

大阪メトロ天王寺駅から四つ橋線の四ツ橋で下車、そこに目的の「ニューバランス大阪直営店」はありました。娘から毬ちゃんへのファーストシューズのプレゼントを買うためです。サンパウロの母親からは、ハードタイプのしっかりしたシューズを、ということでしたが、お店の方に相談すると「最初に履くシューズは柔らかいソフトタイプのものをお勧めします」とのアドバイス通り、12センチ、ソフトタイプのシューズを購入することにしました。可愛いピンク~💛
f0146587_22132117.jpg
今どきのシューズのオシャレなこと!しみじみ今の子どもたちは幸せだなあ~と思いました。これを買った時点ではまだ歩いていなかったので、「早く歩けるようになると良いなあ~」との思いを込めて。ところで、四ツ橋駅から外に出ようとしたところで、パトちゃんが「ああーー」っと珍しく大声を出しました。「どうしたの?」と顔をみると目の前には兄貴の奥さんのふーさんが立っていたではありませんか!!滅多に来ない駅、しかもそこにふーさん~♪思わず笑ってしまいました。聞くところによると、ふーさんは月に1回この近くの美容院でカットをお願いしているそうです。それにしても、駅のホームでバッタリ会えるなんて。。。いつか新宿駅山手線ホームで、サンパウロ時代のお友達とバッタリ会ったことがありましたっけ。世間は広いようで狭いんだなあと。暫くお喋りをして、お別れしました。シューズを買い終わった後は、アメ村(アメリカ村=若者のファッションタウン)をひたすら心斎橋方面に向かって歩きます。
f0146587_22254947.jpg
おばあちゃんなので、あまりこちら方面には足を延ばしませんが、結構興味深く観察しました。大型商業施設もあり、平日にも関わらず人もいっぱい。このごちゃごちゃ感が大阪の特徴なのかもしれません。
f0146587_22263140.jpg
10分ほど歩いて、漸く御堂筋までやってきました。
f0146587_22292612.jpg
心斎橋筋に入り、道頓堀方面へ…。最近はもうすっかり慣れた「インバウンド」という名の観光客。人混みの中、大型スーツケースをガラガラ引いて歩く姿にもすっかり慣れてしまいました。政府もインバウンドを歓迎するなら、こうした大きな荷物を持っているひとたちのために有料荷物預かり所を設けたら良いのに。
f0146587_22362996.jpg
お馴染みの戎橋、道頓堀界隈はこの日も大賑わい。
f0146587_22395237.jpg
次の目的地が近付いてきました。パトちゃんに連れられるままに…。Onitsuka Tigerで思い出すのは「陸王」ですね(笑)この日もお店に入りきれないくらいの観光客が押し寄せていました。私も店に入ってはみましたが、足に合わず断念。結局アシックスのシューズを購入することにしました。
f0146587_22412796.jpg
もうちょっとだけ母娘の時間は続きます。。。


by beijaflorspbr | 2019-03-20 22:44 | 家族
2019年 03月 19日

しあわせな誕生日②昼

自宅から電車であべのハルカスまでやってきました。直ぐに目的のお店に行くと、「今は満席なので〇〇時にお戻りくださいませ。」と言われたので、エスカレーターで上にあがりました。クリスマスには少し早かったものの、大きなツリーが目に目を奪われました。
f0146587_09113892.jpg
あまり寒くなくて、爽やかな空気が流れていました。我々はこのデパートに来ると、時間の許す限りこの展望台に昇って外の空気を吸いに来ています。
f0146587_09120727.jpg
天に突き抜けるようなビルを、よくまあ建てたものです。このビルには、会社・ホテル(マリオット都ホテル)・百貨店(近鉄本店)・展望台・美術館などが入っています。
f0146587_09210024.jpg
のんびり二人で風に当たっていると、予約時間が迫ってきました。
f0146587_09123124.jpg
お誕生ランチ会に娘が選んでくれたのは、和食の老舗「花外楼」でした。花小箱というランチコースをお願いしました。お料理が一気に出てきますが、美しくて目で楽しみながらゆっくりとお料理を頂きました。秋らしい彩に感動しつつ…。
f0146587_09150581.jpg
デザートは柿のババロアでした。ご馳走さま!!このお店の平日数量限定ランチは、内容が充実しているのにリーズナブルです。
f0146587_09152772.jpg
娘はもっと拘ったご馳走を…なんて思ってくれたらしいのですが、私にはこれで十分、満足しました。ブラジルに帰るまで後4日という日だったので、百貨店で色々なものを購入しながら次の北堀江へと地下鉄で移動をしました。

by beijaflorspbr | 2019-03-19 18:00 | 家族
2019年 03月 18日

しあわせな誕生日①朝

f0146587_19161861.jpg
2018年12月某日、日本の家でふと目が覚めると娘がいつものように「ママ、朝食の準備が出来たよー」と起こしに来てくれました。私に朝食を作ってくれるのは、ブラジルだったら夫のトリオさん、日本はパトちゃんと決まっていて、何十年も一人で朝食を準備した覚えがありません。という怠け者母親、、、。この日はちょっとだけ特別、だって誕生日なんですもん。誰だって誕生日は一年に1回だけなので意識しちゃいますよね。最近はSNSを開けると、山のような「おめでとう」メッセージが入っていて、それを読むのも楽しみ。いつものトースト・淹れ立てのコーヒー、ヨーグルト、ベーコンエッグに加えてフルーツプレートが用意されていました。それにプレゼントの化粧水も。「まあ、こんな豪華な朝食をありがとうね!」と言うと「だって今日は特別だから、私が出来る範囲でママを祝いたいの」と。まあ何と優しい子!それだけでも感動ものなのに、この後一緒に外出してステキな一日もプレゼントしてくれました。遣り甲斐はあるものの、あまり報われない仕事をする中で、質素倹約に努め、常に真面目に堅実に生活をしている彼女なりの心のこもったお祝い。。。考えただけでウルっときます。「朝食後、ゆっくり支度をして出掛けましょうね、ママ」はいはい。ワクワクの始まりです。反対に…この夜ムスコに「今日は何の日だったか分かる?」「ふぇ?あれ?何の日やったっけ???あ!!!もしかしたら誕生日?何かあげたいんやけど、何あげたらいいか分からんわ…」おお、それは言えている。何も欲しくない今の私、欲がないのが子どもにまで伝わっているなんて…。こうしてささやかでも日本の家族と一緒にゆったりと過ごせた時間に感謝。誕生日は親に感謝する日、寒い寒い凍て付くような早朝に産まれた私のことを、何度も何度も両親から聞きましたっけ。もし両親が生きていたら「あんた、歳食ったねえ~」って言われるかな?

by beijaflorspbr | 2019-03-18 19:31 | 家族
2019年 03月 17日

魔の確定申告が始まる・・・(長い愚痴)

★お断り…事情により、しばらくコメント欄は閉めます。お問合せや記事についてのご意見がある方は、ブログトップページ右側に記載されているメールアドレス宛てにメッセージを直接送って頂けますようお願いいたします。

今日は日曜日、朝から大河ドラマ「いだてん」を観なくちゃ、、、と思ったところに日本の娘から電話。彼女と会話し始めると、最低30分はかかる。電話が嫌と言っている訳ではなく、NHKで観たいドラマはほんの少ししかなく、そんな時に限ってタイミング良く電話が掛かってくる。それぞれに人に言えない悩みがあるからねえ。。。それは十分理解出来ます。いえ、私はあまり悩みはありませんけど。そしてNHKニュースに続いて、嵐・櫻井翔くんが渾身のレポートをした「はやぶさ」のドキュメンタリーが始まったその時間に
「あの・・・例の確定申告の書類を(自分の所属する組織のHPから)取ってコピーしてくれない?」
まただ・・・PCを全く触ることが出来ない機械音痴トリオさんの無理強いの時期がやってきました。毎年同じことを繰り返しているのに、私が何か別のことをやろうとすると、長時間拘束してくる。せめてタブレットを操作して事前に調べてくれると良いのに、
「あ、もう一度(前ページに)戻って」
「いやこれじゃない」
「打ち間違えた。直したい」
「改行はどうするんだっけ?大文字と小文字の切り替えは?」
同じことを毎年のように繰り返す。。。自分だって最初からPCの達人になった訳じゃないけれど、毎年この確定申告の時期は本当に憂鬱でたまりません。マウスは触らない、文章入力時も最初から最後まで付いていないといけない…なんで?って思いますが、もう年なんだろうな、そして自分にも確実にそんな日が来るんだろうな。先に歩いている人の姿を見て、「私は絶対にああはなりたくない」と思っても、頭が付いていなかければ、どんどん硬くなってしまうのかもしれませんねえ。。怖い怖い。だから私の周りにいる年配の友人たちは、積極的にPCやタブレットやスマホを駆使して、SNSやグループラインなどを通して積極的に発信しているのかもしれません。直ぐ目の前の人をみると、積極的に覚えようとせず、人に頼ってばかりで本当にイライラはするけれど、私が手伝わないと確定申告が進まないのであれば、我慢するしかないのかな、と。何だか普段以上に苛立ってしまったのは、この安定しない気候のせいなのかしら?最近とっても蒸し暑いもんね。後4日でこちらは秋分の日、少し涼しくなったら気持ちも晴れるかな?確定申告は、毎年自分でそれぞれの項目に数字を書き出して、仕上げは専門の会計士さんに入力をお任せしています。目の前の人にもしものことがあったら、この先一体どうなるんだろう?少し不安です。文句を言いながらも、こうしてお互いに元気でいられるうちが華なのかしら?私がもっと協力しなくては…と、最後はちょっと反省。
f0146587_22295881.jpg


by beijaflorspbr | 2019-03-17 22:47 | 家族
2019年 03月 07日

インプラント手術終わる

f0146587_22402090.jpg
昨日はカーニバル休暇の最終日、本当は正午からの仕事開始なので、家族が午前中に予約枠を取り、長年出来なかったインプラント手術をしてくれました。インプラント手術と言っても、以前人口骨を埋めた場所に土台?を埋め込む手術。その前に歯全体のCTやパノラマ撮影などの精密検査を受け、今回GOサインが出ました。上1時間下1時間の合計2時間の大手術でした。診療室全体を滅菌室にし、宇宙服のような重装備をした先生(娘)と助手が丁寧に手術をしてくれました。手術は無事終わり、顔を少し腫らしたまま、UBERで帰宅しました。頬を冷やすのに、日本ではケーキ屋さんなどでたくさん付けてくれる保冷剤のお世話になるとは思いませんでした。暫くは休養モードで静かにしていようと思います。普段親に厳しい家族が飛び切り優しく声を掛けてくれたのが妙に嬉しくて、傷の痛みも何のその…。ゆっくり加療をし、一日も早く元気にならないと…。それはそうと、手術を受けている間、家族が長年取り組んでいたインプラントの勉強会のことに思いを馳せていました。インプラント専門医になるための勉強会は丸4年間、毎月1回。木・金・土の午前7時から午後10時くらいまで学問と実地訓練の繰り返しでかなりハードだったそうです。私も良く診療所に電話番に通ったものでした。同じチームで3年間した後、さらなる高みを目指して後1年勉強期間を増やしてもらったということでした。あの先生方、そして同じ仲間と勉強が出来て本当に良かった…としみじみ話してくれました。ひとつの専門分野を極めることの大切さや大変さを家族を通して学ばせてもらったような気持ちです。・・・とそんなことを考えていると、麻酔を打つ時の痛みも、ドライバー?で骨に穴を開ける時も気が紛れました。無事に手術が終わって良かった…後は傷口の回復を待つだけです。それにしても辛抱強いなあ~と我ながら思います。癌の大手術も受けたし、子どもも3人産んでいるので、人よりも痛みに強いのかもしれません。先ほどスーパーに買い物に行った夫にご褒美のアイスクリームをお願いしました。暫くは小さな楽しみで我慢しようっと!

by beijaflorspbr | 2019-03-07 23:07 | 家族
2019年 02月 14日

2時間40分の死闘(笑)←久々の歯の治療

昨日は約1年以上ぶりに「歯を治してもらいに」家族のささやかなクリニックに行ってきました。1年ぶりというのはあまりにも酷いなあと我ながら思うのですが、何しろ家族の産んだ赤ちゃん(つまり孫)の面倒を私がほぼフルタイムで見ることに加え、実際に1時間一人予約という丁寧な診療方針のため、まず予約が取れません。最近(家族が)意を決して、我々親の歯のケアを真剣にしなくては…と決意したらしく、というより我々の歯も「歯が欠けちゃった」とか「インプラントがグラグラしてる」とか言い出し、必要に迫られて無理をして予約枠を設けてくれました。《もし急患が入ったりしたら別の日になっちゃうけど…》とあくまでも既存の患者様優先の予約なのですが、漸く昨日診てもらうことができました。
f0146587_21402643.jpg
欠けかかった歯は後ほど処置することにして、いつものように歯全体のチェックをしていると、「あ!歯磨きの仕方が悪い」とか「もっとちゃんとフロスしなくちゃ」とブツブツ言うのは相変わらずですが、淡々と歯全体を機械を使って綺麗にお掃除してくれました。ところが、そんな中、右上顎の歯茎が異常に腫れていることに気付き、それからが大変。念入りに麻酔をかけて歯茎の奥のプラークを完全除去するためのミニ手術をすることになってしまいました。インプラント手術をする時のように、滅菌したカバーを被せられ、器具を消毒してカバーをしっかり被せ、私も勝手に自分で口を触ったり身動きできなくなりました。それから延々2時間以上…ギリギリガリガリキュンキュンと…機械と器具を手に遠慮なく削られました。女性なのにどこにそんな力があるのか、不思議でした。「あんなに削ったのに歯がちゃんと残っているのが不思議」と術後に思わず呟くと「歯を削っているんじゃなくて、歯茎奥の骨に付いているプラークとバイ菌を除去しているんだよ」と。聞いただけでゾクゾクと怖くなってきました。歯の磨き方が悪いまま放置すると、歯茎が腫れて歯がグラグラしてそのうち抜けてしまうんだよ、歯槽膿漏は絶対に放置しちゃいけない、怖い病気なの。もっと残っている歯を大事にしないと…。と分かりやすく(厳しめに?)説明してくれました。終わった時は、既にお昼も過ぎており、治療時間は2時間40分にも及んでいました。麻酔が醒めていなかったものの、お昼ご飯を食べに行きました。午後の予約もあるので、一番診療所に近い「ラーメン和」に行くことに。
f0146587_21405155.jpg
家族は熱い辛味噌ラーメン、私は冷やし中華をお願いし、必死で食べましたが、野菜類が思ったよりも固く感じて完食は無理でした。それから仕事に戻る娘と別れ、メトロでリベルダージにお買い物に行くことにしました。こちらも約1か月ぶりの魚屋さんでお刺身を購入。その後、娘の家に寄り、毬ちゃんの離乳食を作るお手伝いをして、保育園から戻った毬ちゃんとちょっとだけ遊び、UBERで帰宅したのは午後7時過ぎのことでした。ハードな治療を受けた割には、ちゃんとお買い物をして離乳食も作って毬ちゃんとも遊べと、充実した濃い一日でした。そのせいか午後10時には目がくっついて離れず熟睡できました!歯のメンテナンス、ちゃんと自己責任で頑張らねば…としみじみ思いました。来週は抜糸もあるので、当分は通わなくては…。それにしても、ボタン付け一つしない娘が、器用に傷口を縫うのにはビックリ。なーんてことを治療中に考えていると、思わず笑いたくなってしまいました。


by beijaflorspbr | 2019-02-14 22:20 | 家族
2018年 12月 05日

ぶれいく〜娘と過ごした誕生日

f0146587_22032132.jpeg
歳を取ってからの誕生日は複雑だ。誕生日を迎えるたびにもうこれ以上歳を取りたくないという無理な思いと、健康不安と、いつまで元気で暮らせるのだろう、という不安と闘う日々だ。目の前の楽しい日々はあっという間に過ぎ去っていく。人生には楽しいことばかりではないのは分かっているものの、私が戻ろうしている国の現状はあまりに厳しい。景気不安からくる治安の悪化、元大統領を始めとする複数の政治家による汚職問題、複雑な税制、常に苛立つ人々、乱暴な言葉の氾濫、全てが何だかグレーに見える。日本から彼の国を見るからそうなるのか、ではあちらから見るとどう見えるのか、ちょっと興味がある。さあ、荷造りをして大移動の準備に入ろう。腹を括るのは私の特技なのだから。

今日の誕生日の一日は、娘と至福の時間を過ごした。朝起きた時から、フルーツプレートを用意してくれた。そして、ランチは私の希望通り和食の「花外楼」でご馳走してくれた。終始彼女の優しさに癒されて、何とも幸せな時間を過ごした。ありがとうパトちゃん、幸せな一日に心から感謝。女の子はいいな、あ!でも男の子は別の意味でいい。今日も足りないものの買い物に大阪市内を奔走してくれた。電気製品の知識では彼に叶うものはいない。ありがとうボンくん。こっちはまるで付け足しみたいだけど(笑)


by beijaflorspbr | 2018-12-05 22:19 | 家族 | Comments(2)
2018年 11月 13日

日常生活で幸せを感じる

この日は健康診断の前日の日曜日、晴天だったので息子と一緒に遠いスーパーへお買い物に行くことにしました。息子は後から自転車で来るということでゆっくり歩き始めました。実は駅から出るバスで行こうと思ったのですが、田舎ゆえ30分待たないとバスが来ない…この街は車がないと実に不便。でもレンタカーを借りるほどのものでもないので、運動と思って歩け歩け・・・国道を真っ直ぐ歩き・・・
f0146587_19115258.jpg
周囲を山に囲まれた盆地にあります。12月ごろから山間に積もる雪を見ることが出来ます。
f0146587_19123191.jpg
車道脇は遊歩道のようになっており、緩やかな上り坂ながら歩きやすい。でも時々自転車が猛スピードで追い越していくから恐ろしい。日本は何故自転車が歩道を我が物顔に通行するのかな?
f0146587_19011466.jpg
青空に映えてキレイ。
f0146587_19131644.jpg
約30分かかって漸く大好きな「丸亀製麺」にやってきました。
f0146587_19055422.jpg
息子は劇辛担担うどん、10辛ってー☆(ー_ー)!!
f0146587_19065133.jpg
私はきつねうどん&明太おにぎり&蓮根の天ぷら、これじゃあしっかり歩いたカロリー消費量がオジャンに。。。うどんを大盛りにし、息子へ進呈。
f0146587_19073637.jpg
その後、怒涛のお買い物をして一日が終了。こんな日があってもいいなあ~♪家族の時間、それはブラジルに居る時は絶対に叶わないから。さて…流れで帰りもしっかり歩いて帰りました。この日は16,000歩、結構運動したなあ~。さて・・・いよいよ明日は一年に一度の健康診断(人間ドック)の日、どうなりますことやら。


by beijaflorspbr | 2018-11-13 19:44 | 家族
2018年 11月 02日

子どもたちとの食事

長旅を終え、地元に戻ってきました。子どもたちとの待ち合わせ場所は日本一のノッポビルの中に入っているハルカスでした。
f0146587_21210153.jpg
レストラン街に行き、「どこでも好きなところを選んでいいよ」というと、意外にも和食を選択しました。私が選んだのはこちら
f0146587_21214439.jpg
釜飯付きでした。
f0146587_21233508.jpg
息子はトンカツ定食
f0146587_21221170.jpg
娘は揚げ茄子定食でした。
f0146587_21225038.jpg
息子が「これ原価安いで~」とくだらないことを言ったので興ざめしてしまいました。「確かにそうかもしれないけれど、疲れて帰ってご飯を作るのはそれこそ酷だわ、というと黙りました。何はともあれ、無事に合流でき、良い時間を過ごすことが出来ました。子どもたちには「長い間ご苦労さん!」と言って労いました。この子たちとしばらく一緒に居られる時間を大切にしようと思いました。

by beijaflorspbr | 2018-11-02 21:34 | 家族
2018年 10月 28日

ぶれいく~家族の時間①息子

f0146587_18075481.jpeg
搭乗記を続けたいのですが、今日は買い物のため8キロも歩き体力が持ちませんので、家族のことなどを呟かせて頂こうと思います。しばらくぶりの日本の家族との暮らしを満喫しています。くすっと思わず笑ってしまうようなことがあり、それもここに書き留めておきましょう。昨日の土曜日、朝息子が出かける時に「何か美味しいものを買ってきて!」と頼んで買ってきてくれたものがこれらの新鮮な野菜。私はてっきりお饅頭とかケーキを想像していたので、嬉しいけれどガッカリしてしまいました。でも目を輝かせて「新鮮でしょ?農家の人が直接売りに来ているんだよ」と。まあいいか・・・お饅頭でもケーキでも一口で終わってしまうのだし。健康診断前なのでカロリーを抑えるに越したことはないしで、結果オーライだったのかな?と思っています。明日はもっと元気になれるかな?今日はすみません。

by beijaflorspbr | 2018-10-28 19:50 | 家族