ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:サンパウロ生活情報( 443 )


2018年 09月 20日

お勧めの餃子の皮は?

平日は子守り中心なので、碌にブログと向き合うことが出来ません。とはいえ、駄文に次ぐ駄文ばかりではありますが、過去には一生懸命調べて書いた記事も含まれているので、どうか勘弁してくださいませ。鍵コメ(非公開コメント)に、「ハチドリさんの作る餃子の皮は薄いと思うのですが、手作りですか?市販のものですか?」というご質問を頂いておりました。そういえば…と今日お気に入りのメイドインジャパンに行って、餃子の材料を揃えてきました。今回はフェイラ(朝市)で立派なキャベツ、そしてメイドインジャパンで韮と豚ひき肉を買いました。何かを作りたいと思った時にあちこち走り回らなくても済むのは有難い限りです。
f0146587_10360222.jpg
そして本題ですが、私のお勧めする餃子の皮は「三葉MITSUBA」印です。こちらの餃子・ワンタン・焼売の皮は、日本のお店のように冷蔵ではなく全て冷凍で売られています。もちろんLiberdadeの和食材店にも色々なメーカーのものがあります。このメーカーの皮を使うようになって、随分長くなりますが、皮が破れていたり、乾燥することなく、どちらかといえば厚めのしっかりした皮ですが、包みやすいので気に入っています。
f0146587_10353125.jpg
一袋20枚入りですので、今日は40個出来ました。娘の家へ3分の2、我が家へも3分の1持って来ました。餃子を作っている真っ最中に、毬ちゃんがお昼寝から目覚めてしまい大泣き。。。仕方がないので、台所の床に座らせて面倒を見ながら必死で40個作りました。毬ちゃんは何故か私の側に居るのが大好き。そしていつも自分のことを見ていて欲しいらしく、姿が見えないと不安に思うのか、ギャンギャン大声で泣きます。今日もたくさん泣かれたけれど、それ以上に笑ってくれたので、楽しかったぁ。フェイらにも一緒に行ったしね。何とも言えない疲労感に包まれていますが、誰かの役に立っていると思うと、ちょっぴり良い気分です。と言うわけで、毎日緩々な記事ばかりですが、明日も子守りに出るので、シャワーを浴びて早めに休みますね。蛇足ですが…昔体育会系だったので、疲れで爆睡出来た若い頃のように、子守り日は真にバタンキューで爆睡できるのが、まるで神様からのご褒美のようです。

by beijaflorspbr | 2018-09-20 10:58 | サンパウロ生活情報
2018年 09月 11日

Q&Aの続き

昨日の記事の続きを書かせて頂きます。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Q:戦前ブラジルに移民で渡った親戚筋の人から、戦後帰国した時に1950年代のサンパウロの絵葉書をもらった。出来れば60年後のサンパウロの姿が見たい。
A:「記憶の中のサンパウロの光景は?」というタイトルで記事にいたしました。

Q:ハチドリさんは良くサンパウロ市中で写真を撮っていますが、撮影しても安全なんですか?コツは?
A:もちろんどこでもカメラを取り出して平気で撮っている訳ではなく、時と場合を考慮して撮影しています。
生の情報として提供で来たらとの一心で頑張って撮っています。

Q:家族4人でサンパウロに赴任することになった。サンパウロ市内お勧めの居住区は?
A:(この方の場合はお子さんが将来サンパウロ日本人学校に行く予定だったため)Paraiso地区をお勧めしました。Paraiso地区は日本人学校の通学バスが運行されているのと、和食材の買い物、語学学校、日本人コミュニティーが身近にあることも併せてお勧めする理由です。

Q:以下の製品のうち、変圧器無しで使えるもの、使えないものをお教えいただけないでしょうか。
(1)冷蔵庫
(2)洗濯機
(3)炊飯器
(4)掃除機
(5)電子レンジ
(6)トースター
(7)電気ポット
(8)ホットプレート
(9)ミキサー
(10)ホームベーカリー
(11)IHコンロ
(12)テレビ
(13)DVDプレーヤー
(14)コンポ
(15)パソコン
(16)プリンター
(17)オイルヒーター
(18)アイロン
A:
×・・・変圧器があった方が良いもの
〇・・・変圧器がなくてもOKなもの
×(1)冷蔵庫
×(2)洗濯機
※冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は現地にも売られていますよ。
〇(3)炊飯器
〇(4)掃除機
×(5)電子レンジ
〇(6)トースター
〇(7)電気ポット
×(8)ホットプレート
〇(9)ミキサー
〇(10)ホームベーカリー
×(11)IHコンロ
×(12)テレビ
×(13)DVDプレーヤー
×(14)コンポ
×(15)パソコン
〇(16)プリンター
×(17)オイルヒーター
〇 (18)アイロン
おまけ・ドライヤー×
変圧器(エスタビリザドール)はブラジルでも売られているので、わざわざ重たい変圧器を日本から運ばなくても大丈夫です。

Q:2年間サンパウロに駐在することになった。独身で身軽なので、身の回りの簡単な荷物を2個のスーツケースに詰めて持参したいと思っている。噂によると寝具が品薄と訊いた。本当のところはどうか?
A:寝具はサンパウロでもちゃんと売られています。一年のうちに寒い日があるものの、寒さを凌げるくらいの寝具は買うことが出来ます。ご安心を!

Q:一人駐在でサンパウロに来たため、友達が出来ない。子どもを帯同していないので友達もいない、どうすれば良いか?
A:何か習い事を始めるか、私自身の所属する「ブラジルを知る会」などに所属したら如何でしょう?

Q:日本で住宅を建設する会社関係者。施主の日系ブラジル人が洗濯板付きのシンクを設置希望、どのようなものか教えて欲しい。
A:こんな感じのものです。画像で説明。手前がギザギザの洗濯板状になっていてとても便利。
f0146587_11033398.jpg
Q:Guarulhos国際空港間の移動方法について【質問多数】
A:ターミナル間の無料シャトルバスがあります。ターミナル2→3は徒歩移動可。

Q:①リベルダーデで家賃抜きで月7万円で生活できるか?
②日本語はどれくらい通じるか?
③夜間外出は絶対に無理?昼も危ない?
④ポルトガル語が全くできなくても暮らせる?
A:
①県人会の寮などに入ることが出来れば可能です。
②日本ではないので、通じるか?と訊かれたら通じないと答えざるを得ない。
③昼はほぼ大丈夫だが、夜の外出は積極的にはお勧めできない。
④ポルトガル語が出来なくても生活は出来るが、楽しくないと思うので、なるべく早く習得することをお勧めする。

Q:Natura(ブラジルの化粧品会社)で希望する製品が買えた、感謝。
A:こちらの記事を参考に。

★この他、テレビ局関係はNHKの「○ょうの料理」民放の「アッ○に○まかせ」「○プ○モトの世界番付」「○○の日本人妻は見た」などからも画像使用許可や取材などのお問合せ、ラジオ局は文化放送からリオオリンピック前に現地の治安についての電話取材を受けました。その他、画像使用許可願いは、各所から一年中お問合せを頂いております。Q&Aもまだまだたくさんありますが、こんなに私どもの拙いブログへたくさんメッセージを頂戴し、恐縮しております。今後とも何か私で分かることがありましたら、何なりとご質問くださいね。メールでの対応も前向きに考えて行きたいと思っております。
f0146587_11454292.jpg


by beijaflorspbr | 2018-09-11 18:54 | サンパウロ生活情報
2018年 09月 10日

エキサイトメール終了に伴い、Q&Aを書き出してみました。

ハチドリブログを書き始めてもう11年3か月の歳月が流れました。この度、私個人とブログとの窓口としていたExcite Mailが閉鎖されてしまいますので、今までにやり取りをしてきた多くの方々とのQ&Aをピックアップして書き出してみます。同じようなご質問も多いのは、過去ログが膨大なものになってしまい、検索不可能だからだと思いますが、何度同じことを聞かれても全く問題はありませんので、疑問に思うことはどんどんご質問ください。但し、メールアドレスをブログ内に貼り付けると、迷惑メールが激増しますので、当分はこのブログ内にあるコメント欄の非公開にチェックを入れ、お名前とメールアドレス、ご質問内容を書き込んで頂けたらと存じます。こちらからはなるべく早くお返事をさせて頂きますので。今日はその一部だけご紹介します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Q:日本人ブラジル移民のあしあとを辿る方法を教えてください。
A:「あしあとプロジェクト」で過去の足跡を検索するのは、ブラジル日本移民史料館のHP内にある
コチラにアクセスしてください。PCからのみアクセス可能。

Q:サンパウロ市内で安全に予防接種を受けられる施設を紹介してください。
A:サンパウロ市内ジャルジン地区にあるCEDIPIをお勧めします。尚予防ワクチンの対訳表はコチラです。
私立の組織ですが、私の子どもたちも全員全てのワクチンをここで接種しました。

Q:サンパウロ市内の日本語の通じる動物病院を教えてください。
A:長い間開業されていた「牛尼動物病院」の牛尼院長先生が今年の6月で引退されたので、
今推薦できるのは「井料動物病院(Clinica Veterinaria Dr.Kenji Iryo)」です。
日本語の話せるMieko先生が親切に診てくださいます。

Q:米国経由便で移動する時のメリット、デメリットを教えてください。
A:メリット…
◎他の航空会社と運賃があまり変わらないこと。
◎グローバルクラブのステータスを使うことが出来ること。
◎ボーナスマイルも含めて、マイルが他より貯めらること。
◎時間的にも速く、無駄がないこと。
◎生涯マイルを貯めていること。
デメリット…
◎一旦サンパウロで預けた荷物を、米国で最後ピックアップして預け入れ直しをすること。
◎その前に入国管理が厳格で、日によっては大行列で困難を極めること。
◎自力でターミナル間の移動をする必要があること。
等から小さいお子様連れや高齢の方にはお勧めできません。

Q:日本から荷物を送りたいが、お勧めはEMS,SAL,船便いずれか?
A:急ぐならもちろん費用の掛かるEMS,個人的には船便で十分と考える。
但し次のことに注意を!
◎内容物は細かく書く
◎申告金額は安めに(この金額を基準にして40%課税される)
◎日持ちのするものを
◎廃棄処分になっても良いものを(過去に廃棄処分になった経験あり)
日本から荷物を送ることに関してはこちらの記事を参考にしてください。

Q:サンパウロは一年中暑いのか?日本から冬物は持参しなくても良い?
A:サンパウロに関しては、海抜800メートルの高地に位置しているため、冬はかなり冷え込むことがある。
可能ならホットカーペット(小さいもので十分)防寒具、防寒下着があると重宝する。
寝具に薄手の羽毛布団を入れられるなら使用頻度は高い。日中は暑くても朝晩は冷え込むから。
もちろん、当地にも温かい寝具は売られているので、わざわざ持参する必要なない。

Q:転勤でサンパウロに行く、食料品はどの程度必要か?
A:重たい調味料類は持参する必要なし。乾物や質の良いお茶や嗜好品などは持参した方が良い。
昔に比べて、格段に和食材の種類は高価だが豊富に売られている。
日本からブラジルに持って来た方が良いものについてはこちらの記事をご参考に!

Q:航空会社のアライアンスに拘る理由は?
A:ズバリマイルを纏めて貯めるため。あちこちに分散すると、一年に貯まるマイルが限られ、
なかなか上級会員に辿り着かないため。これはスターアライアンス系のANAで貯めようとして
失敗した自らの経験によるもの。今はメインのワンワールド系(JAL.American)で順調に溜まっている。
日本⇔ブラジル間のマイルは、纏まって貯まるため、航空会社選択は慎重にすべき。

Q:サンパウロ市内に月または週単位で借りることが出来る宿泊施設はあるか?女性一人でも安全か?
A:もちろん複数あり自由に選ぶことができるが、施設が新しく安全かつ便利な場所にある施設は割高だが、
月単位だと値切ることも可能。治安のことを考えると、絶対に危険地区には居を構えるべきではない。

Q:急遽出張でサンパウロに行くことになった、お土産はどんなものが良いか?【この質問多数】
A:こちらこちらにも詳しく書きました。
f0146587_22424315.jpg
いやはや。。。10年ひと昔とはいえ、たくさんのご質問、たくさんのご意見、たくさんのアクセスを頂いたことに感謝申し上げます。私のこの地味目なブログが、これから日本⇔ブラジルを移動される方のご参考になれたらこんなに嬉しいことはありません。今日辞めようか、明日終わりにしようか、とグズグズする日々ですが、続く限りは宜しくお願いいたします。引き続きご質問も遠慮なくどうぞ!!


by beijaflorspbr | 2018-09-10 23:00 | サンパウロ生活情報
2018年 08月 30日

とても良心的なガレージセールグループ

日本から海外への転勤に伴う引越し作業はとても大変だと思います。家財道具・家族全員の衣類・学用品・生活必需品・趣味の道具・電気製品・PC関連機材・書籍類・当面の保存の効く食料品等々…そしてまた転勤命令が出た後に帰国または他国への転勤時の荷物の片づけが重く圧し掛かる駐在員の皆さま。今まで何百人(いや何千人?)もの友人や知人や仲間を見送って来たことでしょう。平等に訪れるのが、「最後の」荷物整理です。私のある友人は、その心労から深刻な病に倒れ、未だに体が不自由になってしまいました。それほど、転勤に関する荷物整理は過酷なものがあります。そこで一人の主婦(私の友人)が満を持して立ち上げてくれたのがfacebook内のガレージセールグループです。その方からの招待状を頂いた時は、まさか自分は永住組なのでお世話になることはないだろうな?などと高をくくっていた訳ですが、実際に蓋を開けると、その良心的なお値段とやり取りの簡便さ、質の高さ、出品者の皆さまの良心に感動し、何度も何度もお世話になることになりました。ガレージセールの中には、電気製品・書籍・PC関係・スマートフォン・デジカメ・大型電気製品(ガス台・洗濯機・冷蔵庫など)・ソファーなどの大型家具・余った未開封の日本食品・食器類・お酒類などありとあらゆるものが出品されます。これがあったら良いな、と思う有難いものばかりですが、何しろ早い者勝ちなので、アップされたと同時に手を挙げ抑える必要があり、なかなか現実は厳しい。迷ったり家族と相談しているうちに、買い手が見つかったことは今まで何度もありました。たまたまに家にいてPCの前にいる時は、アラートと同時に手を挙げて買うことが出来ますが、出掛けている時や子守りの時は流石にほぼ完売後です。それはご縁がなかったとして諦めることにしていますが、欲しいものが買えず、何度も悔しい思いをしましたっけ。例えば日本でも相当高価なエアウィーヴのマットレス。子守疲れでうっかりお昼寝している間に、4枚全部他の方に買われてしまいました。今でも残念!少し前には、小さなお子さんをお持ちのグループにもお友達の招待を受け参加させて頂き、次々と赤ちゃんに必要な便利グッズを譲って頂いています。最近手に入れ嬉しかったのが、防虫グッズ(我が家は一軒家なので、蚊や小蠅が多い)、赤ちゃん宅の空気清浄機(これは前から欲しくて漸く手に入れたものでした)、赤ちゃんの食事用椅子(離乳食が始まったのに、椅子がなかった!!)、赤ちゃん用布団(サンパウロは冬、それなのに赤ちゃん用のお布団がなく、毛布を重ねて寝かせていた)と言うわけで、まあ有難くて有難くて、気持ち良く譲ってくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。子供服や細かいものは日本に帰国したおり、スーツケースに入りますが、大きな家電製品などは本当に助かります。これからも日々のチェックを欠かさず(と言っても時間が限られていて大体は売り切れが多いのですが…)本当に必要なものを見定めて購入できたら、と思っています。貴重なものを譲ってくださった全ての方々に心からの感謝を!そしてこれからサンパウロで生活を始められる方にもこれはまたとない朗報かと思い、ここにピックアップし、記事にさせて頂きました。更に詳しいことを知りたい方は、このブログ下のコメント欄の非公開コメントにチェックを入れて個別にお問合せください。このグループは、完全認証制の非公開で、どなたでも閲覧できるわけではありません。また興味本位の方にはご紹介出来ませんので、ご了承くださいませ。さて、今からまた子守り出勤ですが、バス内でもこのガレージセールで譲って頂いた大好きな池井戸潤さんの本を読みながら有意義な時間を過ごさせて頂いています。読まなくてはいけない単行本が後10冊もあり、嬉しくて仕方がありません。
f0146587_18542094.jpg
(中古とはいえ、良品ばかり)
来週からもう毬ちゃんを不安定な椅子に座らせて離乳食を与えなくても良いと思うと、何だか心が晴れ晴れします。そしてお布団も日本で可能なら買ってあげたいと思っていたので(結局ベビークーファンを購入したためスーツケースに入らず断念)本当に有難いです。良いことばかりのガレージセールがこれからもずっと長く続きますように…。いつか我が家もお世話になる時が来るかもしれませんが、それはその時にゆっくりと考えましょうかねえ。。。


by beijaflorspbr | 2018-08-30 19:05 | サンパウロ生活情報 | Comments(6)
2018年 08月 29日

ある日の災難

私が自宅付近(とはいえ約3キロの距離)から利用する路線バスは、複数あります。Santo Amaro~Brigadeiro Luis Antonioに入るバスが、Vereador Jose Diniz(Ibirapueraショッピングセンターの真ん前)を通ってメトロ駅へ行くルートよりかなり速いことから、前者のバスを利用する確率が高いのですが、先日目的地まであともう少し、と言うところでいきなり乗っているバスが爆音を立ててストップ。焦げ臭い匂いまでしてきました。どうやらバスのタイヤがパンクした模様。ラッシュ時で、バスは満席で立っている人もかなり多く、ちょうどイビラプエラ公園の横辺りで全員降ろされてしまいました。バス故障は、長いサンパウロ生活の中でも2-3回しかありません。意外にメンテナンスはしっかりしているようです。すごい剣幕で文句を言う人、運転手さんに「ねえ、あと3ポント先なんだけどそこまで行ってくれない?」と無理なお願いをするおばあちゃん、サッサと降りて次のバスを掴まえようとする人等々、人間模様が見られて結構面白く観察していました。
f0146587_22253329.jpg
1分も待たずに次のバスが来ましたが、先を急いでいる人は当然それに乗りたがり大混雑。私自身はその日余裕を持って早めに自宅を出発したので、取り敢えずバスポントのベンチに座って様子を伺っていました。サンパウロの路線バスは前から乗って後ろで下りるシステムです。前方にCobradorというバス料金徴収係が乗っており、料金を支払い後、カトラッカという羽根のようなものを押して後ろに行きます。今はほとんどの人がBilhete UnicoというICカードを使って機械にタッチして通りますが、中には現金で乗る人も未だ若干います。我々のような高齢者(60歳以上)は、専用のICカードがあり、タッチして後ろに行くのも好し、そのまま羽根を回して前に座るのも好しで、融通が利きます。この日は先に機械にタッチして前方に座っていました。それ故、料金がかからない人は故障したバスのすぐ後から来たバスの前方から乗りたいのに、運転手が全然ドアを開けてくれず「後ろから乗れ!」と言われ大喧嘩が始まりました。私はその騒動を静観しながら

「もう一台待てば良いのに。。。」

と思いましたが、先を急ぐ人たちは我先にとぎゅうぎゅう詰めのバスの後方から無理矢理乗り込みました。ブラジル人ってこんな時物凄くせっかちになるのは、運転していた時に実証済みです。自分さえ良ければという運転を何百回も見てきたことか。とにかくバスだって車だって故障することもあるでしょう。日ごろのメンテナンスを欠かさないと同時に、やはりこういった緊急事態の際の備えや落ち着いた行動も大事だと思いました。トリオさんが大切なことを聞きました。

「(運転手が)乗客を降ろしたのはバスのポントだったの?それとも離れていたの?」

そうそう、この運転手さんはとても機転が効き、ちゃんと次のバスにスムースに乗れるよう、最寄りのバスポントまで頑張ってバスを走らせてくれました。それだけでも感謝しなくてはいけないことなんだな、と思いました。お蔭さまで、そんなに遅れることなく、少々疲れはしましたが、時間前に目的地に到着することが出来ました。
f0146587_22253748.jpg
娘と諍いがあったのはおまけ(笑)まあ親子ですから、どんなわだかまりでも簡単に受け流すことが出来ます。少々気が強いくらいの方が仕事や子育てには向いているのかもしれないなあ~なんて、「後で」(その時は頭に血が上っていますから)思いましたっけ。


by beijaflorspbr | 2018-08-29 22:45 | サンパウロ生活情報
2018年 08月 04日

金曜日の魚屋さん

昨日は朝早くからガレージセールで手に入れた天童荒太著の貴重な本を受け取りに某地下鉄駅へ行きました。最近この日本人間で取引されるガレージセールでは、自分の好きな分野の本を購入することが出来てとても気に入っています。但し早い者勝ちなので、ああ、欲しかったのに…と思っても先に名乗りを上げた方が勝ちと言うシビアな戦い(笑)ここ当分は読む本に困らないというラッキーな環境で楽しみでなりません。天童荒太さんの本は、ご好意で無料でした。私も読了したら次の方へ即回したいと思っています。最近時間の関係で本を読めなくなったのですが、実は大の読書好き。移動中のバスやメトロ、そして子守りの合間にもどんどん読書したいと思います。うー、それはそれで楽しみだぁ!さて、その駅は初めて降りたった地なので、ちょっと周辺を散歩してみたい気持ちもあったものの、大雨が降ってきましたので断念。我が家からはバスで終点まで行き、2駅で簡単でした。そこから予定通り、Liberdade駅へ向かいました。リベルダーデ駅と言えば、最近名前が「Japão-Liberdade」と駅名が変わりました。私たち日本人にとっては嬉しい改名です。
f0146587_19005381.png
(駅の表示板は付け替えられたばかり)

雨の降る中、三木鮮魚店のアントニオくんが笑顔で迎えてくれました。今日は何にするの?何がお勧め?と訊くと、「刺身には鯛、味噌漬けには鰆、塩焼き用のサーモンも切り立てがあるよ~」「ペスカーダ(白身)はどう?」「今日はいいよ」などと会話し、色々お願いしました。本当は貝や海老、ウニだって欲しかったけれど、お財布と相談なので我慢我慢。。。大きな鮪もドカン!と乗っかっていて、今からさばかれる運命です。魚屋の脇にレストランを開いてからはかなり経営も安定して来たとのことで、スタッフも笑顔が絶えません。私は40年も前からここの顧客ですので、繁昌する姿を見るのは嬉しい限り。私が魚を待っていると、一人の老婦人が静かに来られて、お魚1匹を求めていかれました。その方に対しても、アントニオは笑顔を絶やさず、丁寧に応対していました。ここに先代店主である三木のおじさんの教えが生きているなあ~と感心しきりでした。
f0146587_18351149.jpg
「デキタヨ!!」とアントニオが声を掛けてくれました。笑顔で「また来週ね~」と挨拶して魚屋を後にしました。立派な鰆は早速味噌漬けにしました。後2-3日で食べられそうです。
f0146587_18351698.jpg
まだまだ雨の降りしきる中、必死で荷物を抱えて向かったのは「和」そこで翌日に控えた毬ちゃん生誕6か月(笑)のお祝い用シュークリームを大人買い。もうちょっと週末のお買い物は続きそうです。

by beijaflorspbr | 2018-08-04 18:59 | サンパウロ生活情報
2018年 07月 26日

フェスティバル・ド・ジャポン2018⑤最後

書き始めた時は、こんなに長くなると思いませんでしたが、2018年フェスティバル・ド・ジャポンの記事の最後です。毎年行われる中でも、とても楽しみにしているのが各流派の趣向を凝らした生け花です。昔々草月流と小原流を学んでいた私ですが、今はすっかり文化的教養を身に付ける余裕すら失っている今日この頃です、反省!!!
f0146587_22340583.jpg
f0146587_22364154.jpg
生け花の世界も、立体的で躍動感かつ多様性を求めているような気がしました。とても癒された展示でした。
f0146587_22372959.jpg
最後に世界のTOYOTAブースに寄ってみました。恐らく一生乗ることはないと思われる高級車レクサス。そして街中で良く見かけるようになったプリウスも大人気でした。
f0146587_21565761.jpg
会場から外に出ると、眩しさに目が眩みました。
f0146587_21574929.jpg
まだ午後2時過ぎなので、帰る人より今から入る人の方が断然多く、入場券を買い求める長蛇の列が出来ていました。
f0146587_21581351.jpg
ガラガラのシャトルバスに乗ってJabaquara駅までまいりましょう。
f0146587_21584716.jpg
あっと言う間に着き、乗り慣れた路線バスで自宅まで戻ります。ここから出るバスは、自宅のポルタリア(門番のいる入り口)の真横に停まるタクシーのような便利なバスなのです。
f0146587_21591023.jpg
自宅コンドミニアム内にはいると、今までの喧騒が嘘のよう。この広場までトリオさんに車で迎えに来てもらいました。
f0146587_21594355.jpg
買って来たものを並べてみました。重たいのであまり買わなかったことを反省。来年へのメモ書きとして、弓場農場の瓦煎餅はもっと買うべし。信じられないくらいパリパリの食感でとても美味しい!!それと、写真には写っていませんが、コチア青年のお母さんたちが作る梅干しと筍の煮ものももっと買うべし。今年は重たいので遠慮がちに買ってみたものの、手作り品は何より美味しくてあっと言う間に食べてしまいました。トリオさんも会場に苦労して足を運ぶよりこうしてお土産を楽しむほうがイイネなんていう始末。来年は首に縄付けてでも連れて行きますかね(笑)
f0146587_22000744.jpg
苺大福も美味しゅうございました!
f0146587_22002677.jpg
日本文化バンザイ\(^o^)/今年もこうして私の私的な『お祭り』が幕を閉じました。長々とありがとうございました<(_ _)>

by beijaflorspbr | 2018-07-26 20:00 | サンパウロ生活情報
2018年 07月 25日

フェスティバル・ド・ジャポン2018④走って見学するものの…

昨日は急いで毬ちゃん宅に行くと、娘が「残念ながら午前中はキャンセル、折角なので銀行や協会(歯科学会?)に行ってくる」と出掛けて行きました。午前中はいつも2時間くらい爆睡する毬ちゃんなのに、5分だけ寝て大泣き。。。少しずつ色々なことが認識できるようになり、神経が休まる暇がないのかな?(笑)そんな時は、ただただ優しく寄り添うだけ。さて…自分でもちょっと飽きてきたフェスティバルのご報告ですが、もうちょっと続けさせて頂く我儘をお許しくださいませ。暫くウロウロしていると、お友達がいるNHKWorldのブースを発見。今年は、移住110周年に因み、47都道府県のお勧めポイントをインタビューしたものが、写真と文章で掲示されていました。
f0146587_21273997.jpg
ブース内は、座るところもありかなりのお年寄りが座って休んでおられました。どーもくんと記念撮影もしてくださると仰いましたが、私は遠慮しておきました。
f0146587_21274605.jpg
お客さまの対応でとても忙しそうなお友達とお別れし、次に向かったのははす向かいにあった、HIROTAというスーパーでした。お弁当やおにぎりサンドウィッチまで、かなり充実した品揃えでしたが、当然のように高い!ちょっとだけ並んで、Maruchanのカップラーメンの試食と、いつもお世話になっている日本食材スーパーの丸海さんでバーモントカレーの試食を少しだけしました。私ってしみじみ暇人~♪
f0146587_21473586.jpg
この辺で、一番奥のフードコートへ向かいましょうか。いつものように各都道府県がブースを出していますが、いつにも増して賑やか。和歌山県人会のように、名物お好み焼きを買うために、何時間も並んで整理券をもらい食べるまでにかなりの時間がかかるところもあります。
f0146587_21484839.jpg
各県が郷土食を出しているという訳ではなく、メニューを見ているとほぼ自分で作ることが出来るものばかり…そう言ったらおしまいなのですが、やはりここは行列がなく、簡単に食べられるとことにしようと、一番最初に思いついたところに決めました。岩手・茨城・石川県のブース
f0146587_21523449.jpg
良~く知っている富山・岡山・奈良県のブース、岡山では毎年恒例のキビ団子を買いました。
f0146587_21523945.jpg
迷った結果、行列の少な目だった長崎県人会でちゃんぽんをお願いしました。お値段はR$23.00(約690円)待つこと5分くらいで出来上がってきました。何故か待っている時に目に付いたのが長崎の地酒?美味しい日本酒が飲みたいなあ~なんて無理なことをこの時思いました。どんだけ飲兵衛なんだか…。日本酒もお鮨も日本に帰るまでは固く封印します。
f0146587_22023835.jpg
お客さんは少なく空いていたのに、盛り付けが雑でした。味はまあまあですが、汁が温い。ああそうか、前もって茹でた麺を器に入れているからだ、写真を見て原因が分かりました。でもここで多くを期待する方がおかしいと直ぐに気付きましたが…(笑)そこそこお腹がいっぱいになってそろそろ会場を引き上げることにしました。そうそう、座る場所がなく、私は立ったまま頂きましたが、お年寄りで席を探している方も多くおられました。それなのに、椅子の上に荷物を置いて席を譲らない人多数で、残念な光景を目撃してしまいました。せめてお年寄りには座らせてあげて欲しい…。折角の一年に1回のフェスティバルなんだから。
f0146587_21541477.jpg
モニターはセレモニー会場の様子を映していましたが、食べ物に気を取られてほとんどの人は見ていませんでした。
f0146587_22012298.jpg
しつこくもう1回続けさせて頂きます。長すぎるよ~とどこからか聞こえてきそうですが、我慢我慢。。。


by beijaflorspbr | 2018-07-25 22:23 | サンパウロ生活情報
2018年 07月 24日

フェスティバル・ド・ジャポン2018③会場内を急いで見学

もう終わってしまいましたが、恒例の日系人最大のお祭りフェスティバル・ド・ジャポンの模様をお伝えしています。興味のない方は読み飛ばしてくださいませ。さて、苦労して手に入れた無料チケット(笑)で無事会場内に入りました。入った正面には、移民110周年の式典にも使用された専用スペースが広く取られており、中は窺い知ることが出来ません。招待客のみが入れるとのことで、一般客はモニターで見ることができます。その横が巨大な赤鳥居、コスメの専門店IKESAKIが大々的なブースを出していました。リベルダージにもお店があり、私も良く石鹸やシャンプーなどを買うお店です。美容関係では恐らくブラジル一有名な会社だと思いますが、会長の池崎さんは日本人です。
f0146587_19130970.jpg
今年も農林水産省(領事館)の日本食紹介ブースがありましたが、訊いてみると開催1時間前に整理券を受け取りにくるように、と言われ断念しました。そんなに長居するつもりはないからです。寿司、天ぷら、卵焼き、酒などのワークショップが行われたようです。
f0146587_19175853.jpg
美味しそうですが、泣く泣くパス。。。おお、お鮨の講師はあの小川先生なんですね。お会いしたかった。
f0146587_19220974.jpg
相変わらずの日系自動車会社も豪華ブースを出していました。NISSAN
f0146587_19345939.jpg
我が家も長年乗っているHONDA車、ここではサービスに黒いプラスティックの袋を配っていたので、並んで頂いてきました。
f0146587_19364885.jpg
ホンダ車の肩を持つわけではありませんが、乗りやすく、小回りが利き何より故障が少なくアフターケアーもとても良いので、とてもとても気に入っています。日本車は多くのブラジル人から愛されています。さて、ここで残念ながら出かける時間が迫ってきましたので、中途半端ですが続きはまた書かせて頂きます。フェスティバルの特徴で、人の顔がたくさん映り込んでいることをお許しください。では子守り隊出動します。その前に鶏のから揚げを作って行かねば…。


by beijaflorspbr | 2018-07-24 19:41 | サンパウロ生活情報 | Comments(2)
2018年 07月 23日

フェスティバル・ド・ジャポン2018②会場に着いたものの…

地下鉄Jabaquara駅からのシャトルバスに乗るまで約40分ほどかかり、漸く会場に着きました。今年のシャトルバスは観光用のデラックスバスで乗り心地抜群!降りたくないねえ~なんて言っている人多数(笑)
f0146587_22184306.jpg
会場には既に凄い人出でした。こちらのバスに乗って来られた方々は、遠くパラナ州ロンドリーナから(約550Km)。お疲れさまです!ロンドリーナも日系人が多い都市です。
f0146587_22191350.jpg
もし車で会場まで行こうと思ったら、このような行列に並ばないといけません。一番左側2列が会場に入る車の列です。いつか車で会場に行った時、あまりの待ち時間に閉口した記憶があります。
f0146587_22264347.jpg
昔と違い、こうした立派な立体駐車場も整備されましたが、今年の駐車料金はR$45.00(約1,300円)一家で来て一日中会場に居ればそんなに高いとは思いませんが…。
f0146587_22212661.jpg
会場に近付くに連れ、長い長い行列が出来ています。この行列はチケットを買う列ではなく、高齢者(男性65歳、女性60歳)用無料パスを受け取る列です。L字型で、並ぶこと20分以上。かなり高齢の方も並んでおられました。お隣のおばあちゃんは、私と同じ外国人用の身分証明書を持った86歳で「誰も来られないから一人で来たのよ」と笑っておられました。日本人でも日本語を話さずポルトガル語のみという方は多いです。
f0146587_22215040.jpg
漸くチケットを受け取ることが出来ました。高齢者と8歳以下の子ども用のチケットは無料。CORTESIAが無料と言う意味ですが、意味が分からない日本人一世の方も多かったようです。日本語の案内版が必要なのにな~とこの時思いました。
f0146587_22205929.jpg
これが待ちに待って漸く受け取ったチケットです。昔は身分証明書を提示するだけで通してくれたのに、厳格になったものです。
f0146587_22224145.jpg
こちらのスペースは一般用のチケット売り場です。クレジットカードと現金に分かれています。これが午後になると激混みで入場制限がかかります。
f0146587_22231657.jpg
チケットのバーコードを翳して漸く鳥居を通ることが出来ました。
f0146587_22234408.jpg
会場に入ると、もう午前11時を過ぎていました。いくら何でも時間が罹り過ぎですっかりくたびれてしまいました。情けない。。。
f0146587_22250074.jpg
さあ、ゆっくり見なくっちゃと思ったものの、その前にトイレに行っておかないと。でもこのトイレの行列も約20分並びました。この先もかなりハードでした。細かくてすみません、もうちょっと続けます。

by beijaflorspbr | 2018-07-23 22:52 | サンパウロ生活情報