ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ニュース( 75 )


2018年 07月 02日

Boa Sorte Brasil & Japao幸運を祈ります!

f0146587_22041181.jpg
(この季節、いつも美しい夕焼けを拝むことが出来ます)

サッカーワールドカップロシア大会は決勝リーグに入ってから、かなりの厳しい戦いが続いています。1次リーグの試合と比べるとスピード感や迫力が全く違い、息を呑む迫力の中、世界最高峰の戦いが日々間近に見られることに幸せを感じています。普通のおばあちゃんがこんなに夢中になるなんて…、サッカーは凄い!午前11時からブラジル×メキシコ、午後3時から日本×ベルギーのキックオフです。こちらでは今から昼食の準備をして、試合に備えます。11時ー11時45分前半戦、15分のハーフタイムの間に食事、そして後半戦…。と計画しています。ということは手軽に食べられるちらし寿司はどうだろう?ということで、これから調理に入ります。ブラジルガンバレ、日本ガンバレ!!!両方の国を精一杯応援します。ドキドキ。。。。。。。

by beijaflorspbr | 2018-07-02 22:13 | ニュース
2018年 06月 29日

何かもやもや・・・でも納得!(駄)

昨日からたくさんの情報が一気に噴出していて、未だ頭が混乱しています。昨日は午前11時からのサッカーワールドカップ最終予選日本ーポーランドの試合開始直後に、娘の家に着きました。直ぐにテレビ(Rede Globo)をつけると、何と裏(コロンビアーナイジェリア戦)を放映中。慌てて予め登録していたSports TV(Globo系)にアクセスして、無事にTVで日本戦を観戦することが出来ましたが…終ってみて「うーーーん」と思わず唸ってしまいました。忙しくて全くTVを観ていなかった娘が「日本負けちゃったの?」私のガッカリした生気のない顔を見て言いました。「うん、負けちゃったけど結果的には決勝に進めるらしい」「ふーん」(興味がなさそう)散々毬ちゃんに泣かれて、長時間の抱っこで腕が痛くなってきた頃、ママ帰宅。午後9時少し前にUBERを呼んでもらって無事に帰宅しました。帰る早々トリオさんと日本戦に付いて話をしました。以下くだらないと思いつつ書いてみますね(笑)
f0146587_21450786.png
登場人物 
ハ(ハチドリおばさん、つまり私)ト(夫のトリオさん)

ハ「ねえねえ、今日の(日本の)試合どう思った?」
ト「うーん、あれはあれでいいんじゃないの?」
ハ「本当にそう思っているの?」
ト「ブラジルのセレソンだって、結果が分かっている時は時々そうするよ。1978年のアルゼンチン大会の時も…」
ハ「そうなの?」
ト「人はね、昔のことは忘れるもんなんだよ」
ハ「アハハ、ちゃんと覚えているじゃん(^◇^)」
ト「今でも(ブラジル)セレソンは目立たないけど、そうやってたま~に球回ししているよ」
ハ「ふーーーん、私はそういうの嫌なんだけど。サムライと名乗っている割にフェアーじゃないんじゃない?」
ト「疲れていたんでしょう?だからもうあれ以上走れなかったのかも」
ハ「そうか、そうかもしれないね、海外の選手に比べて日本選手は少し軟弱な感じがするもんね」
ト「いや、(日本は)前に比べたら随分上手になったし、強くなったと思うよ」
ハ「でもさあ、その辺の地方大会じゃなくてワールドカップだよ、4年に一度だよ!!」
ト「・・・・・・」
ハ「まあこれから色々な情報をネットで集めてみてから自分の考えを纏めることにする」
ト「ママは毬ちゃんの子守りで疲れているんだからほどほどにしなさいよ」
ハ「うん、大丈夫。明日は(子守りが)休みだから…」

と言うわけで、気を取り直して決勝リーグの一覧表を作ってみました。汚い字ですが、結構分かりやすい(自画自賛)この先どんどん結果が出て行くプロセスを楽しみましょう。7月中旬まで楽しめますね。日本代表おめでとう、ブラジルセレソンは順当かな?ブラジル×セルビア戦でのパス回しは息を呑むほど見事でした。ほんのちょっとの遊び心あり、ハラハラするところあり、仲の良さそうな光景ありで楽しむ余裕が持てましたが、決勝リーグに入ると、Mata Mata(ポルトガル語で殺し合い!?の意)で結果が出るまで闘い続けなければいけないので、体力・筋力・忍耐力に加えて運も必要になってきます。ああ、楽しみ。。。同時にロシアの景色も楽しんでいます。いつか必ず行きたいサンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館。亡き友が、余命宣告をされてから無理を押して訪ねた地です。Kさん、今頃天国でワールドカップを観ていますか?
f0146587_21451428.jpg
(恥ずかしいくらい稚拙な一覧表、でも恒例行事ですから…)
※おまけに…シセセネガルのシセ監督の敗退後言葉に魅了されます。
「フェアプレーによって敗退が決まったが、私はこのチームを誇りに思う。これもルールの一つだ。ルールをしっかりと頭に入れ、予想しなければならなかった。別の方法で突破したかったし、この戦いぶりで敗退してしまったのは残念だ。
流石元パリ・サンジェルマンやセネガル代表チームで活躍した一流選手です。私だったら戦略家の西野監督より不器用でもピュアなシセ監督の方が断然好みだな(笑)さて。。。これからの戦いもたくさんの新しいドラマが生まれることでしょう。楽しみにしています。


by beijaflorspbr | 2018-06-29 22:08 | ニュース
2018年 06月 22日

たかがサッカーされどサッカー

サッカーW杯は、グループリーグの段階で既に波乱万丈の中、激戦が続いています。日本は大切な初戦を白星で飾ることが出来て本当に良かった。まずは一安心ですね。ブラジルは第一線をスイスと戦い、ドローで国民の不安が頂点に達しています。「どんなことをしてでも勝たねば…」なんて街では喧々諤々。まもなくグループリーグ第二戦目で、9時からの試合と言うのに40分前からブラジルの最大手テレビ局Rede Globoでは全国を結んで中継しています。ナレーションは、ベテランのガルボンブエノ氏、カーザグランジ氏、そして「あの」ロナウド氏です。
f0146587_20462602.jpg
世界遺産サルバドールのペロウリニョ広場からは有名なオロドゥン隊が盛り上げています。
f0146587_20463202.jpg
さて・・・どうなりますことやら。南米陣が軒並み形勢不利な厳しい状況で、心配ではあるのですが…。因みに、朝からの試合なので、学校はお休み、商店・銀行などは試合終了後に開店します。まさにサッカー王国!

★先ほど試合が終了しました。ブラジル2×コスタリカ0でブラジルの勝利。いや~~いつも思うのですが、サッカーって心臓に良くありませんね。試合時間も1時間半と超長いので、ずっとハラハラが続きます。何度も何度もゴールに近づいているのに入らない苦しさ、相手名ゴールキーパー、ケイラー・ナバス(レアルマドリー所属)選手の完璧な守りに阻まれ、なかなか点を決めることが出来ませんでした。周りが敵だらけのネイマールは身体もストッキングもボロボロ…ペナルティーは審判のVAR判定で取り消されるし、苦難の連続の厳しい戦いでしたね。号泣もやむなしか!?お友達のサッカー記者のコメントを見ると、ネイマールや他のブラジル代表のトップ選手は、世界中のあらゆる敵と向き合わなければならず、その重圧に押し潰されそうな極限状態で常に戦っているのだそうです。いつも冷静なチッチ監督が転んじゃったのには笑ってしまいました。次は24日の日本戦、そして27日のブラジル戦と迫真の戦いが続きます。いやはや…予選リーグでこれなので、決勝リーグに入るこの先が心配です。流石にW杯を勝ち抜いてきた強豪国ばかりなので、かなりの見応えはありますね。日本の皆さま、寝不足が続きますが、お疲れが出ませんように!


by beijaflorspbr | 2018-06-22 20:57 | ニュース
2018年 06月 18日

大阪北部で強い地震!!

今日6月18日(月)の午前7時58分に大阪北部を中心としたマグニチュード6,1の地震の第一報に大変驚いています。直ぐに大阪・南部に住む子どもたちの安否を確かめたのは言うまでもないことです。地震と訊いた途端に、全身がブルブル震えて止まりませんでした。「かなり揺れてビックリしたけれど、大丈夫。何も壊れていないし、被害はないから」とのことでした。但し、熊本大震災の時のように、強い本震が1度目の地震の後からくる場合もあると気象庁では警告しています。大震災に備えるに越したことはないのですが、具体的にどのようにしたら良いのか、子どもたちだけで何とかなるのかはとても心配ですが、何事もないようにと祈るしかありません。大阪市北区・高槻市・箕面市・枚方市・茨木市という地名は大阪人の私にとってはあまりにも聞き慣れた馴染みのある地名で、実際に親しい友人も多数住んでいるのでとても心配しております。ただただ被害が最小限で済みますようにと祈るばかりです。地震の第一報を受け、携帯のLINEメッセージが一斉に入り出しました。グループラインは、仲良しグループと高校の同級生グループなどですが、大阪・和歌山・三重在住の皆さまは無事だったと聞き一安心しました。とにかく、関西方面でこのような大きな地震が起こると、日本の大動脈が完全に寸断されてしまうことになるので、一日も早い復興を祈っています。

それと、今日のサッカーワールドカップにおけるブラジル・セレソンの試合は、スイスと1-1のドローでした。最初から最後まで一生懸命応援したのに、残念な結果になってしまいました。審判の見方にも問題があったかもしれないとは思いますが、専門家ではないので何とも言えませんが、ワールドカップは厳しい戦いの連続だというのを再確認しました。あの前回優勝国ドイツがメキシコに負けるという番狂わせもあり、未だグループリーグでの戦いとはいえ、最初から波乱万丈な大会になるのかもしれません。楽しむというより、ハラハラドキドキであまり心臓に良くないと思っています。

ぼーっとしていられない今日この頃、やや緊張しつつしっかり生きていかねば、と決意しています。日本の子どもたちよ、どうか余震には気を付けてちょうだいね。こんな慌ただしい日ですが、今日はパトちゃんのお誕生日です。バタバタしている中ですが、お誕生日おめでとう~♪
f0146587_11120893.jpg
このブログのコメント欄に、大先輩の友人であるとんぼうさん(ニックネーム)から有難いアドバイスを頂戴しましたので、掲載させて頂きます。阪神大震災を体験されたとんぼうさんのご経験こそ、貴重なアドバイスで肝に銘じて守らなくてはならないと思います。
肝心なことは、そのニュースを見てどのように反応するかです。兄貴に伝えたことは水道管が破裂して水が溢れていたら、間髪を入れずお風呂に水をためること。送電線が切れていたら電池を買いに走ること。ガスが止まったらカップラーメンを買い占めることなどとともに、近所の知り合いの安否を確かめて救援に押し掛けること。お互い高齢者ですから、何かあった時には動ける人が素早く動かなければ、近所のお店の行品はすぐになくなります。

①水が溢れていたらお風呂にお水をためる
②送電線が切れていたら電池を買いに走る
③ガスが止まったらカップラーメンなどを買っておく
④近所の知り合いの安否を確かめて救援に向かう

最低限のライフラインの確保が一番大切なのが良く分かりました。ありがとうございました。
【訂正】
ガスが止まったら、パンやカセットコンロとガスボンベ
「食品を確保」
「余震」がありますので、「危険物の応急対策」が必要ですが、勝手に修復してしまうと「被害の査定」で、「全壊」「半壊」「一部損壊」に影響して「補助金」が減額されたりしますから、あまり本格的な手入れは「診断前」には控えられた方がよろしいかと思います。

勉強になります、とんぼうさんありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2018-06-18 11:12 | ニュース | Comments(4)
2018年 06月 16日

サッカーWカップを愉しむ

4年に一度のサッカーワールドカップロシア大会が始まって3日目、早くも熱戦が繰り広げられています。私も興味があるマッチのみ、チョイスして観戦していますが、グループマッチから決勝トーナメントに移る時になると、もう毎試合観ずにはいられなくなるから不思議。今年はTavela(試合一覧表)をもらい損ねたので、自分で作ってみましたが、字が大きすぎてカレンダーの裏紙4ページも使ってしまいました。決勝トーナメントになったらまた4年前のこの時のように一覧表を自前で作るとしますかね!
f0146587_23001753.jpg
ブラジルはロシアとの時差の関係で、試合時間が丁度良く、日本の皆さまのように「目覚ましを掛けて起きて見たから寝不足。。。」なんていうことなく、試合開始時刻が午前9時・12時・15時と何とも楽な時間帯です。今日・16日(土)のみ7時・10時・13時・16時の4試合ですが、本当に丁度良い時間帯で助かります。日本の息子はもちろん全試合観るので、寝不足になってやしないだろうか?と親ばかな母親としては気になるところです。いつか「真夜中の試合は録画して観たら?」と言うと「何言ってんの!サッカーは生で観てこそなんぼのもの、特にW杯はね!」と一蹴されました。明日の午後3時からは、いよいよブラジル・セレソンの第一戦目。とても楽しみです。昨日のポルトガルースペインの試合は流石、激闘でした。最後までドキドキしてしまいましたが、さすがクリスチァーノ・ロナウド。そのリーダーシップといい、動きといい、ずっと見惚れてしまいました。是非この2チームには最後まで勝ち残って魅せて欲しいと思いました。一応参考にしているのはFIFAのランキング表。
f0146587_23002768.png
ドイツが相変わらず第一位で優勝候補のようですね。私はブラジル在住42年目なので、今回で10回目のWカップを迎えました。ブラジルは過去に5回、1958年(スェーデン大会)・1962年(チリ大会)・1970年(メキシコ大会)・1994年(アメリカ大会)・2002年(日韓大会)優勝経験があるサッカー大国ですが、その都度スター選手がいてドラマがあり、忘れられない試合がいくつもありました。今回もどのような新たなドラマが待っているのでしょうか。。。今テレビではアルゼンチン×アイスランドの激闘中です。ああ、今アルゼンチンのメッシが折角のペナルティーを外してしまいました…。惜しい!!既にドラマは始まっています。しばらくは楽しみたいと思います。そうそう、孫の毬ちゃんには親がテレビを極力見せないようにしているので、毬ちゃんの家では観られないのが残念なんですが。


by beijaflorspbr | 2018-06-16 23:25 | ニュース
2018年 05月 26日

ガソリンがない!!!(ブラジル全土で物流停滞中)

サンパウロ州だけではなく、ブラジル全土に広がるディーゼルオイル値上げに反対するトラックの大規模ストライキ。21日に始まったストライキは、全ての物流が停滞しているため、いよいよ我々庶民の生活にもかなりの支障をきたしています。我が家の場合は、たまたま出先から帰宅する時にガソリンが終わりかけているランプが点いたということでした。翌日慌ててガソリンスタンドに入れに行くと「ガソリンはありません」といとも簡単に断られたそうです。それは24日(木)のことでした。その前日の23日(水)には、SNSなどを通じて「明日バスなどの公共交通機関の運行は40%程度」と流されたので心配したものの、大都市圏のサンパウロ市では、97%が運行可能とのことで、影響はありませんでした。特に道路は混み合うこともなく、難なく娘の家に到着できました。帰りは渋滞が納まり、UBERの値段が下がるのを待って午後10時少し前にUBERで帰宅しました。(※UBERの値段は、需要と供給に応じてかなり変動します。)値段もいつもと変わらず、ほっー。その運転手さんによると「少し列に並んだけど、無事にガソリンを入れられたよ」とのことでした。帰り路、ガソリンスタンドには長蛇の列が出来ている光景を何度か目撃しました(Globoの動画)。我が家の場合は、25日以降は車で出ることそのものを諦めて、冷蔵庫や冷凍庫の中身で生活をしようと決めました。昨日はお昼がスパゲティー、夕飯が鮭の塩焼きと納豆と味噌汁という理想的な和の食事。毎週金曜日は、フェイラの揚げパイPastelを楽しみにしていたのにな。。。でもいいわと諦めがつきました。ガソリン不足は、いよいよ学校の送迎をするスクールバスの運行停止に伴う休校や、もっと深刻なのが救急車やパトカーの出動が出来ないなど命や犯罪に関わる重大な問題に。国内線専用のCongonhas空港を発着する飛行機などは着陸は出来てもガソリン補充が出来ないため、離陸が出来ないなどの問題でかなりの便のキャンセルが出ていると報道されていました。ブラジル政府が非常事態宣言を発動したものの、いつになったら収束するのか今の時点では分かっていません。日本のニュースにも取り上げられたそうで、珍しく息子から心配する連絡が来ました。来週の火曜日は、早朝から毬ちゃんの子守りに行かなければいけないので、それまでにはストライキが終わりますように、と祈るばかりです。「こういった問題が起こるのはここが発展途上国だから?」とトリオさんに訊くと「全くその通りだね、誰かが莫大な利益を得ていると思う」と。生鮮食料品などの流通がストップし、生産者も物流業者も小売店も皆泣いています。一日も早い解決を望みます。我が家は今日がトリオさんのお誕生日、ささやかながら娘がフェイジョアーダをテイクアウトして持って来てくれるそうですので、私は抹茶バターケーキを焼いているところです。家族だけで静かに祝います。皆さまも良い週末をお過ごしください。
f0146587_23394111.jpg
(水・土限定のブラジルの国民食・フェイジョアーダが楽しみです!)


by beijaflorspbr | 2018-05-26 23:40 | ニュース
2018年 05月 14日

朝からヘリが旋回・・・

毎朝起床は午前6時半ー7時くらい。今日はヘリの爆音で目が覚めました。サンパウロで、ヘリコプターの音がする時は、事故渋滞か、交通情報か事件があった時が主です。中には、出勤にヘリを使う富裕層が多いことも確かですが。週末にはたまに遊覧飛行をしている人たちもいます。今朝は直感で「事件」だと分かりました。早速朝のニュースで、Morumbi地区の住宅に強盗団が押し入り、家主である連邦警察幹部が銃で応戦したところ、(家主&犯人)が撃たれて大けがをし、近くの病院に搬送され、犯人は逮捕されたとのことです。日常的に繰り返されるこうした犯罪は、明日は我が身。しかしながら、我が家はコンドミニオ(入り口1か所で警備員がコントロール)でチェックが厳しいことが救いです。つい先日、私たちが昼寝をしていた時、娘が実家に物を取りに来たらしいのですが、後で「鍵かけておかないと危ないよ、ドアも何もかも開けっ放しじゃない!」と注意されたので、「家まで入って来られるのは家族だからだよ。それに知らない人が入ってきたらみそ(愛犬)が激しく吠えるから大丈夫!」と言い返してやりました。すぐ傍には犯罪の温床が隠されている、と考えるのはしんどいことではありますが、緊張するに越したことはありません。それにしても、上空から見るMorumbi地区の邸宅群の美しいこと!貧富の差の激しさを再確認出来た高級住宅街の事件でした。
f0146587_22234427.jpg


by beijaflorspbr | 2018-05-14 22:39 | ニュース
2018年 02月 27日

若者に繋ぐ夢

今NHKニュース9を観ている。北海道北見市出身のカーリング選手たちが地元の北見市に凱旋帰還した。ホッとしたのか、「早く家に帰りたい・・・」と口々に言っていた気持ちが痛いほど分かる。韓国とはいえ、外国生活、そして緊張を強いられる競技生活はさぞや大変だったことだろう。羽田から北見へは女満別空港に降り立つ必要がある。「女満別」という聞き慣れない名前を聞いたのは、縁あって数年前にお友達になったFさんが北見在住で「めまんべつくうこう」から大阪に来たのよ!という話を聞いたからだ。カー娘たちが故郷に帰ると聞き、早速JALのウェブサイトで便数や時間を調べてみた(流石JALオタク)。6時55分発(JAL565)12時35分(JAL567)17時55分(JAL569)羽田空港発のうち、きっと最終便で帰るのだろうな?と思っていたらドンピシャ!カー娘たちの目からは涙が溢れていた。もちろん、このばぁばも泣いてしまった。たくさんのメダル獲得に沸いた日本、私のように海外から声を枯らして応援し、祈っている人がいることも知って欲しいな。日本を離れて41年、今も立派な日本人として生きている(つもり)。オリンピックなどの国際試合の時にはいつも愛国心が芽生えて困る。それはしばしば「ブラジル人」であるトリオさんとの間に軋轢を生む。幸い(と言って良いのかな?)ブラジルは南国なので、ウィンタースポーツはあまり発展していないので、今回は見えない争いはゼロだった(笑)次は2年後、またハチドリ家の日本⇔ブラジルの闘いが始まる。。。いや、今年のサッカーワールドカップだわ。
f0146587_21121058.jpg
お疲れさま、ゆっくり休んでね!!


by beijaflorspbr | 2018-02-27 21:43 | ニュース
2018年 02月 19日

リオデジャネイロ州治安の悪化に伴い・・・

ここはサンパウロに関するブログを綴る場所ではありますが、今日は他州のことを取り上げたいと思います。近年リオ・デ・ジャネイロ州及びリオ・デ・ジャネイロ市の治安の悪化に伴い、ミッシェル・テーメル大統領による『Intervenção Federal=大統領による州政干渉)』を発令しました。期限は今年の12月まで、治安の改善によりいつでもこの大統領令は解除出来るそうです。一般市民をも巻き込んだ度重なる深刻な犯罪の模様は、連日テレビニュースを賑わせており、特に最近終了したリオ市のカーニバル時の犯罪は、目を覆いたくなるほど暗澹たるものでした。まるで戦場のような光景に、思わずテレビを消してしまうほどです。人間が人間を傷つけることの愚かさに、早く犯罪集団は気付いて欲しいです。毎年ブラジル全土でもカーニバル前とクリスマス前は、犯罪が増える傾向にありますが、遂にリオ・デ・ジャネイロ州(及び市)に関しては警察力では到底手に負えず、この度の大統領令により軍隊が出動して市民の安全を確保することになってしまいました。もしリオにご旅行に行かれる方は十分にお気を付けください。風光明媚なリオが、悪質な犯罪によりこれ以上血塗られることがないよう、一日も早く平和な街に戻りますようにと祈るばかりです。
f0146587_21540920.png
夜道でも安全に歩ける日本が少し恋しい今日この頃。。。。。。だって、サンパウロ市も決して安全と言うわけではありませんから…。


by beijaflorspbr | 2018-02-19 22:11 | ニュース
2018年 02月 17日

ただただめでたい。。。

今日のニュースのトップは、何と言っても男子フィギュアスケートの羽生結弦選手による金メダル、宇野昌磨選手の銀メダル獲得でしょうか。こちらの真夜中に行われた試合でしたが、目をこすりこすり下の台所におりて観ました。演技中、もう涙が止まらず困ってしまいました。浅田真央ちゃんの演技の時も同じような状況だったので、年を重ねて感情を抑えることが難しくなってきたような気がします。とにかく羽生選手の素晴らしい演技の中では何もいうことは出来ませんが、強い精神力と地道な練習を重ねた結果の勝利と心からお祝い申し上げます。家族はきっと彼を誇りに思っていることでしょう。日本国民である私ですら大いなる誇りに包まれています。それは彼のどこまでも謙虚な姿勢や礼儀正しさ、インタビューの受け答えの立派さなど、到底23歳の若者とは思えません。未来のことは今は期待せず、日本国民の皆さまとともに彼の勝利をお祝いしたいと思います。目の前の赤ちゃんをみていると、限りなく広がる未来が明るいものに思えてきます。今日は本当に好い日だ。。。。。。但し、こういうニュースは嫌だな。
f0146587_21213818.jpg
(新生児用のズボンがまだブカブカ…笑)


by beijaflorspbr | 2018-02-17 21:22 | ニュース