ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 10日

ロストバゲージ( 一一)

f0146587_10065897.jpg
JAL遅延に伴う代替便のAF456便で先ほどサンパウロに到着しました。
ところが、預けた荷物が3つとも出てきません。
ロストバゲージカウンターで手続きをすると、親切な職員さんが
「まあ今日はどうしちゃったんでしょうねえ。あるエアラインは60個積み残しですって!」
だそうで、同じ便に乗っていた方も複数が手続きをしていました。
サンパウロに住む私のようなものは良いけれど、
これから乗り継いで海外に行く人や
地方都市に行く人も多く
皆が困惑していました。
年末の旅行は結構リスキーですね。
これまでロストバゲージに一度も遭ったことがないのも
不思議なのかもしれません。
因みに私の荷物は未だパリにあるということが判明しました。
無事に着くかな?
中身抜かれていないかな?
心配だらけです。
貴重品は入っていないけれど、生活に必要なものばかり、
特に孫のお洋服は全部無事であって欲しいと願います。
☆到着して20時間後に2つのスーツケースが自宅に届きました!
後1個はどこ?


# by beijaflorspbr | 2018-12-10 10:13 | 飛行機 | Comments(4)
2018年 12月 09日

だから人生は面白い、、、のかな?②

前の続きです。結局4時間遅れと、離陸までに1時間弱かかりまして、無事にパリ・シャルルドゴール空港に到着しました。パリのお天気は雨、気温は8℃で少し肌寒いものの、皮下脂肪たっぷりおばさんには寒さを感じる暇がありません。JAL045便の機内はずっと静かで、恐らくかなり出発を待たされたせいか、静かに休まれている方が多かったように思います。私も約12時間のフライト中に、映画「検察側の罪人」と「万引き家族」を観ましたが、途切れ途切れだったので、深く印象には残っていません。とはいえ、やはり樹木希林さんの演技は心に沁み、思わず涙してしまいました。最後はいつの間にか消えてしまうのですね。寂しかった。。。後は2回の食事とおやつタイムの時以外はずーっと爆睡していました。目が腐るほど良く休んで、少し疲れが取れました。珍しく尾骶骨が痛み、もうすぐ尻尾が生えてくるんじゃないか、と思いました(笑)降機する時、足がちょっとフラつきました。

パリに着いてから、次のフライトのチケットを受け取るために、エールフランスのコネクションカウンターに行き、新しいチケットと、ホテルバウチャーをもらいました。ホテルは第3ターミナル直結のÍBIS.夕食と朝食付きなので、食事の心配がなくホッとしました。人伝に聞いてはいましたが、パリの空港の巨大さに何度も途方に暮れてしまいました。そして人がいない場所がたーくさん。
f0146587_21280522.jpg
第2ターミナルに着いて、一旦フランスに入国をして、ターミナル2と3、1を結ぶCDGVALに乗らないと行けないのですが、出口がなかなか見つからず、まあ何度も迷い、人に聞きながらやっと辿り着き、フランスに無事入国出来ました。CDGVALは、ニューヨークのエアトレインのようなものですが、ターミナル2-3-1を繋ぐ無料トレインですが、回っていないので要注意。後で考えると簡単だけど、実際動いてみたら分からなくて迷うことばかりでした。でもその都度、誰かが親切に教えてくれました。ホテルのチェックインも、一番後ろに並んでいると、「ボンソワール、マダム」と笑顔で受け付けのお兄さんが即対応してくださいました。久しぶりに聴いたフランス語が耳に心地良い。お部屋は7階のシングル、禁煙室で快適です。あのまま空港で一晩待機、なんて想像も出来ません。ブッフェの夕食を頂き、部屋に戻り今から寝ます。長い長い一日でしたが、思いがけずなんちゃってフランス滞在が出来て嬉しいです。何しろ8年ぶりですから。明日の朝にはもうパリとお別れしてしまいますが、束の間の休息を楽しみます。今日はおやすみなさいませ。空港のホテルは、飛行機のエンジン音がしてマニアには最高です。
f0146587_21292733.jpg
(Hotel Ibis CDG Airport)


# by beijaflorspbr | 2018-12-09 07:37 | 飛行機 | Comments(2)
2018年 12月 08日

だから人生は面白い、、、のかな?

嵐くんたちのライブツァーレポの最中ではありますが、実は今羽田空港国際線JALのサクララウンジにいます。今日12月8日(土)は、私がサンパウロに向けて出発する日でした。前回LatamによってGuarulhos空港で、えげつない嫌がらせを受けたことは書きました。今回は、JALとLanchileを繋ぎ、サンパウロまで帰るはずでした。でした…というところがミソです。朝方まで荷物をなるべく23キロに収めるべく、息子と共に荷造りに励んでいました。寝たのが午前2時、迎えが来てくれるのが午前5時半でしたので、仮眠2時間半という厳しさ。でも出発当日は、意図的に睡眠不足にして、機内で爆睡出来るように持って行きます。伊丹空港までは渋滞ゼロで約1時間弱、チェックインも順調に済み、3人で食事してお別れ。と言いたいところですが、その食事をしたお店でもビックリするようなことがありました。あとで出来れば記事にします。伊丹発羽田行きのフライト後、あまり乗り継ぎ時間がないので、走って国際線ターミナルに移動をし、ラウンジに入る時間がないので、そのまま出発ゲートへと急ぎました。ところが、機材の調整中とのことでなかなか出発時刻が表示されません。結局4時間以上のディレイになりそうです。乗り継ぎ便も約3時間強しかないため、復路は幸運にも南米系の航空会社を回避出来ました。ホッー。次の出発までラウンジでごゆっくりどうぞ!と言われ、シャワーをお借りし、腰を落ち着けてビールとカレーを頂きました。何故かこのサクララウンジは、大声で叫ぶアジア系の人たちでいっぱい。隣のおじさんは、大音量で動画だか映画を視聴しているし、向こう側では子どもがギャン泣き中。ここは乳児院か?と言いたい。当然ラウンジのお姉さん達もちょっと不機嫌で黙々と片付けています。いつからこんなことになってしまったのか。少し悲しい現状です。

という訳で、こーーんな長文を書いても未だ搭乗案内はありません。どうか、予定通りにパリからはフランス系の航空会社に乗り継げますように。私のいく末を見守って頂けたら嬉しいです。あ!大音量通話&DVDおじさんが消えました。良かったぁ。静かになりました。
f0146587_21234485.jpg
今、メールに新しい出発時刻が配信されました。
JAL045便
東京・羽田 10時55分
新しい出発時刻 15時00分(遅延4時間5分)

☆飛行機の整備のため出発に遅延が生じています。

パリ着 定刻 15時40分
新しい到着時刻 19時45分

乗り継ぎ振替便
エールフランス456便

に決まりましたと。職員さんがわざわざ言いに来て下さいました。

荷物タグから私の受託手荷物を「捜索し」タグを付け替える作業をします!とのことでした。以上のことから感じたことを書いてみます。

◎やはりJALの対応は大変好感が持てるということ。
◎もうこれ以上謝らなくてもいいよ、と言うほど頭を下げられる。
◎代替便の手配が素早いので、こちらも運転手さんの手配が出来る。

今職員の方が、私の懸念を察し、
◎本来なら宿泊しなくても良かったのに、宿泊が必要になったのでホテルを用意する。

その場合、荷物は一旦ピックアップするか?→しない
ではそのままキャリーオンで行動なさってください。

との説明がありました。

本当に娘のパトちゃんが言ったように
「JALで良かったね〜、だってママラウンジ入れるんだから」
何事も良い方に解釈し、喜んで受け入れたいと思います。
f0146587_21244469.jpg
「Presente de Deus」(神様のプレゼント)なんですもの。

長い時間待って、後45分で飛行機に乗れそうです。でもホテルを取るにしてもフランス語分からんぞ( ´∀`)こんな時フーさんが側にいればなぁ。。。ではでは行ってまいります。

ハチドリ@ずーーーっと羽田空港から飛べず。。。


# by beijaflorspbr | 2018-12-08 14:19 | 飛行機 | Comments(4)
2018年 12月 07日

【嵐】Anniversary Tour5×20@札幌①JAL2005で札幌へ

今から遡って、11月15日(水)今回の帰国のビッグイベントは3泊4日の札幌旅行でした。この日のために、何と約半年前からホテルを予約しました。まだライブの日程も確定する前から、しかもライブの当落もはっきりしないうちからホテルを2泊も抑えるなんて…とやや不安に思いつつファンクラブからのお知らせを待っていたところ第3希望まで全滅(ー_ー)!!ガッカリしていたところに、いきなり朗報が舞い込んできました。「札幌のチケット1枚お譲り出来ますよ!」と。うわーい、飛び上るほど嬉しかったぁ(実際には体が重たくて無理ですが…)そして待って待ってこの日を迎えました。フライトはそんなに早い時間ではないのに、意味もなく空港リムジンの出発駅まで来てしまいました。
f0146587_00303831.jpg
かなり早い時間に乗ることが出来ました。一番前の優先席が1席空いていたので、「座っても良いですか?」とおじさんに訊くと、すごい不機嫌な顔で渋々座らせてくれました。いつかもそう、あの時は東京駅前から成田に向かうバスの中でモロ嫌な顔をされましたっけ。目を瞑っていると、30分もかからずに大阪・伊丹空港に到着しました。
f0146587_00321456.jpg
午前1時発のフライトなので、まだ時間がありました。久しぶりに展望台に行こう!飛行機の離発着はいくら見ていても飽きません。まるで少年のようにしばらく眺めていました。
f0146587_00331300.jpg
既に嵐ファンの方もこの日に札幌入りをされるようでした。お二人は2013年のライブツァー「LOVE」のバッグを持っていました。少し肌寒かったので、そろそろ中に入ろうかな?
f0146587_00340274.jpg
札幌行きの飛行機かしら?
f0146587_00354319.jpg
あらま、お見送りありがとう。ってかあなたたちに会いに行くんですけどね!!因みに私は一案左の人がお気に入りです。今から8年前くらいまでは5人の顔と名前が全然一致しないくらい無知だったんですけれどね。どうしちゃったんだろう?
f0146587_00420518.jpg
では時間になりましたので、JAL2005便で新千歳空港に行ってまいります。
f0146587_00362991.jpg
機種はBoeing737-800,3-3の配列でしたが、私はこの日運悪く3列席の真ん中しか取れませんでした。海外在住者のためのJapan Explorer Passは何故か座席指定ができません。でもたったの2時間くらいなので我慢我慢。。。
f0146587_00372149.jpg
朝早く起きたのに、興奮して全然眠れない!こりゃ遠足前の小学生だわ。


# by beijaflorspbr | 2018-12-07 18:00 | 飛行機 | Comments(2)
2018年 12月 06日

道頓堀はいつ歩いても楽しい!

三重県で刺激的な山登り修行をした2日後、漸く疲れが癒え、大阪市内にお買い物に出ました。私自身も約1年ぶりに日本に帰国したので、観光客のようなものです。ブラジルの家族からの頼まれものは多岐に渡っているので、百貨店・文具店・子供服店・ファストファッション店・昔ながらのお茶屋さんなど、この日は天王寺スタートで本町→心斎橋→道頓堀→難波を約4時間くらい歩き回りました。ブラジルにいる時に、何故外国人が大阪に惹かれるのか、という特集をしている中で、「広告が独特でクール!」というのがありました。確かに道頓堀辺りが恐らく大阪で一番人気があるようで、道路びっしりに外国人観光客や時節柄修学旅行生もたくさんいて大変賑やかでした。
f0146587_20023230.jpg
それにしてもあちこちの看板が飛び出していて、それを写真に収めている人の何と多いことか!
f0146587_20015047.jpg
タコ焼き屋さんも飛び出しちゃっています。
f0146587_20010109.jpg
ここはコナモンミュージアムがあるのですね、ふ~ん。
f0146587_20002053.jpg
歩き回っているうちにお腹がペッコペコに。。。(*^_^*)食べたい食べたいと願っていた『日本のお鮨』をがんこで頂きました。夢のような美味しさにウットリ…。折角なので、
f0146587_20054200.jpg
御堂筋はおりしも銀杏並木が美しく、歩くだけでも楽しい~♪
f0146587_21044008.jpg
でも本当の目的地はこちらのおりんご屋さん(笑)順番待ちの行列も長くてうんざり…。
f0146587_21055504.jpg
用事が済んだので、なんばで「りくろーおじさんのチーズケーキ」を子どもたちにお土産に買って帰りました。
f0146587_20040664.jpg
たくさん歩き、お金も使いましたが何より買いたいものが買えたことと、店員さんたちの戦拙な対応のお蔭で楽しいお買い物が出来ました。重たい荷物を持ち、満員電車の中自宅へ…。と思いましたが、せっかくなのであの人を呼び出しちゃおう!


# by beijaflorspbr | 2018-12-06 21:16 | 散歩 | Comments(2)
2018年 12月 05日

ぶれいく〜娘と過ごした誕生日

f0146587_22032132.jpeg
歳を取ってからの誕生日は複雑だ。誕生日を迎えるたびにもうこれ以上歳を取りたくないという無理な思いと、健康不安と、いつまで元気で暮らせるのだろう、という不安と闘う日々だ。目の前の楽しい日々はあっという間に過ぎ去っていく。人生には楽しいことばかりではないのは分かっているものの、私が戻ろうしている国の現状はあまりに厳しい。景気不安からくる治安の悪化、元大統領を始めとする複数の政治家による汚職問題、複雑な税制、常に苛立つ人々、乱暴な言葉の氾濫、全てが何だかグレーに見える。日本から彼の国を見るからそうなるのか、ではあちらから見るとどう見えるのか、ちょっと興味がある。さあ、荷造りをして大移動の準備に入ろう。腹を括るのは私の特技なのだから。

今日の誕生日の一日は、娘と至福の時間を過ごした。朝起きた時から、フルーツプレートを用意してくれた。そして、ランチは私の希望通り和食の「花外楼」でご馳走してくれた。終始彼女の優しさに癒されて、何とも幸せな時間を過ごした。ありがとうパトちゃん、幸せな一日に心から感謝。女の子はいいな、あ!でも男の子は別の意味でいい。今日も足りないものの買い物に大阪市内を奔走してくれた。電気製品の知識では彼に叶うものはいない。ありがとうボンくん。こっちはまるで付け足しみたいだけど(笑)


# by beijaflorspbr | 2018-12-05 22:19 | 家族 | Comments(2)
2018年 12月 04日

久々の三重県へ⑧瀧原宮でお礼まいり

全員元気で熊野古道を踏破した後は、瀧原宮(たきはらのみや)へ向かいました。
f0146587_19361654.jpg
麓からは歩いて1時間ほどかかりましたが、平地なのでかなり歩きやすくスイスイ足が前に進みました。伊勢神宮の別宮だけあり、雰囲気は同じように静謐で落ち着きます。
f0146587_19381804.jpg
伊勢神宮の五十鈴川のように宮川で手を清めます。
f0146587_19411520.jpg
落ち着いた参道、人が少ないので静かにお参りが出来ます。
f0146587_19424096.jpg
若宮神社・長由介神社・多岐原神社と順番におまいりをしました。ここは平成のお礼参りをさせて頂くことが出来、ホッとしました。ここまで連れてきて頂いたSさんに感謝します。
f0146587_19440894.jpg
最後は最寄駅に送って頂き、少し時間があったので味噌煮込みうどんを食べました。
f0146587_19461416.jpg
今回の三重県訪問は、「フレンチと日本酒のマリアージュ」「奥伊勢フォレストピア宿泊」「三瀬の渡し船」「熊野古道踏破」「瀧原宮にお礼詣り」と一泊二日の短い旅の割には内容の濃いものでした。実は翌日は疲労感で身動きが取れないほど疲れていましたが、その次の日は完璧に復活しました。意外にまだまだ行けるんだと変な自信が付いた今回の修業でした。またひとつ、三重県の奥深い魅力を教えていただきました。まだまだ知らない三重県の良さをこれからも積極的に体感して行けたらよいなと思った今回の体験でした。企画をされたSさん始め、関係者の皆さまに心からお礼を申し上げ記事を終わらせて頂きます。本当にありがとうございました。


# by beijaflorspbr | 2018-12-04 18:00 | 三重県
2018年 12月 03日

久々の三重県へ⑧熊野古道の滑りやすい下り坂

アップダウンの激しい峠を無事超えた後は恐れていた下山です。登りがあまりにも厳しくて、この時点で下山することへの不安が残っていました。行きは筋力や体力を使い果たして息も絶え絶えでしたが、下りはもう少し楽できるかと思ったのは最初だけ。次第にあまりの条件の難しさに泣きたくなったのは私だけでしょうか?とにかく未開の山の中は掴まるところもなければ、頼りになる物は何もありません。おまけに露草で湿っている地面は滑りやすいのです。下を見ると雨の降った後か、あちこちに溝のようなものができており、それに足を取られると途端にバランスを失います。また苔むした石も要注意で、筒井さんはそこを敢えて選んでいるように杖なしでスイスイ歩いて行かれますが、同じように私が真似をして石の上に着地するとズリッと滑りドキドキハラハラの連続でした。こんなところで醜態を晒すわけには参りません(笑)
f0146587_00530922.jpg
とにかくこの日は雨上がりのせいもあり、登山道はかなり荒れていたようです。ガイド役の筒井さんが木をどけながら絶妙なバランスを取りつつ杖なしでスイスイ下って行かれます。それを見て「行ける!」と気合をいれたものの、木の蔓に引っかかってスッテンコロリン、幸いなことにおにぎりお弁当がクッションがわりになってくれて痛くない!
f0146587_01021368.jpg
この時転んだのは私だけだったので、よっぽどおっちょこちょいなんでしょうか。何とか記録を残そうとして足元不安定な道を下りながら写真や動画を何枚も撮っていたせいかもしれません。
f0146587_01033315.jpg
9月の台風で大きな木々が次々に倒れ、登山道の整備が間に合っていないとのことで、場所によってはこうして木が倒れており、潜っていかないといけませんでした。足腰が弱っていたせいか、体がプルプル震えました。
f0146587_01123566.jpg
ゆっくり時間をかけて皆さまと一緒に慎重に坂を下りました。
f0146587_01134268.jpg
下ること約3−40分で、昔民家や畑があったという平地までやってきました。
f0146587_01160971.jpg
そして左手に大きな湖が見えてきました。
f0146587_01182143.jpg
ちょうどお昼時間になったので、平地の芝生の上でお弁当を食べることになりました。やったーー(^O^)運動をしたせいか、流石にお腹が空きました。
f0146587_01210088.jpg
おにぎり弁当には大きなおにぎりが3個も!!!それに魚のフライ・鶏のから揚げ・お漬物にオレンジやお団子まで付いていました。皆さんと「これを全部食べちゃったら、登山で消費したカロリーがパーになるわね!」と笑いました。でもご飯を残すことが出来ない私は、結局完食してしまうことに。。お弁当箱がつぶれているのに笑ってしまいました。
f0146587_01220552.jpg
麓まで後少しだよ、と言われて「本当かな?」と思いましたが、道もそんなに険しくなくて本当にあっという間でした。次は平成のお礼参りをしに瀧原宮へ…。


# by beijaflorspbr | 2018-12-03 15:01 | 三重県 | Comments(2)
2018年 12月 02日

久々の三重県へ⑦熊野古道の険しい登り坂

慣れない登山のレポ、しかもPCの動きが悪く、画像処理をしていると約1時間以上もかかってしまいました。自分が載せたい画像がなかなか思うように出て来ない、漢字がうまく変換されない、何より画面が移る時間が気の遠くなるほどで、記事が書けずイライラし過ぎて息子に当たり散らしてと、最悪の母親でございます。息子は何故か私が髪を掻きむしっている姿をみて真横で爆笑していますが…。言い訳の一つになってしまいますが、ここ1週間で東京往復(2泊)・富山往復(1泊)・徳島往復(1泊)していたため、なかなか思うように時間が取れないという厳しい状態でもありました。どうしても帰国しているからと、色々な方にお会いしたくてスケジュールをぎちぎちに詰めてしまい、後で猛省するという繰り返しです。しかしながら、この上ない幸せな時間を神様から頂いたような貴重な時間の連続でした。さて・・・熊野古道三瀬峠の険しい登り坂に戻ります。我々8名は、三瀬峠を踏破するために杖をお借りしてゆっくり山を昇り始めました。
f0146587_22180942.jpg
途中民家とお茶畑があり、ここが伊勢茶の産地だということを思い出させてくれます。
f0146587_22244909.jpg
それにしてもガイドの筒井さんの素晴らしいこと、我々はまるで幼稚園生のように「先生」の後を必死で付いて行きました。
f0146587_22321322.jpg
途中綺麗な水が湧く沢や、イノシシが水浴びをする水たまりもあちこちでみられました。やはり自然の光景はとても癒されます。
f0146587_22331191.jpg
少しずつ頑張って登っていくと後750m,500mと我々を励ますように座標の数字が少なくなって行きます。もう汗は滝のように流れ、は~は~息切れ。。。もうダメだ!でも私より年上の方も一生懸命昇っておられましたので、頑張らなくちゃ。
f0146587_22342901.jpg
いやそれにしても素晴らしい自然の光景に息を呑みました。マイナスイオンを体いっぱいに浴びて良い気持ち。
f0146587_22355744.jpg
最初に昇り始めた時から1時間強で全員山頂まで辿り着くことが出来ました。
f0146587_22382115.jpg
山頂にはお地蔵様が鎮座されていて、皆さまと共に感謝の祈りをしました。
f0146587_22423802.jpg
さて、いよいよ下り。。。これがまあ困難を極めたわけですが、また明日ここに戻ってまいります。


# by beijaflorspbr | 2018-12-02 23:45 | 三重県
2018年 12月 01日

11月もたくさんのアクセスをありがとうございます。

束の間の祖国日本で過ごした11月は、忙しい中にもたくさんのお友達との旧交を温め、何と充実していたことでしょう。日本国内を縦横無尽に動き回り動き回り、総移動距離もかなりのものでした。この間、一日も休むことなくブログ記事を更新できたのは、理解ある子どもたちのお蔭です。夜遅く遠くから帰って来た時は、私が入浴している間に調子の悪いPCを起動してくれます。細切れでも後で思い出すと、その時に過ごした時間がたまらなく愛しく感じることができるので、やや意地になって日々記事を更新するようにしているので、子ども達も良くそれを分かってくれています。中途半端な記事ばかりでしたが、11月もたくさんのアクセスを頂き、ありがとうございました。12月はいよいよサンパウロに戻りますが、残りの日本での日々を、子どもたちと共に大切に過ごそうと思っています。とは言え、出かけてばかりなのですが。
f0146587_06173930.png
11月は札幌、東京などに出かけたため、5回も国内線に乗ることが出来、飛行機好きの私にはかなり満足出来る1か月を過ごすことが出来ました。但し、この間ほとんど家に居られなくて子どもたちには寂しく物足りない思いをさせてしまいました。折角母親が帰国しているのに、思うように食事を用意できなかったことに申し訳なく思っています。それでも、日本にいる子供たちは常に私を労わり、たくさんのサポートをしてくれました。改めてありがとう!!この調子で行くと、日本の記事がブラジルに帰ってから大幅にずれ込みそうです。今は腰を落ち着ける時間がなく中途半端ですが、12月もどうぞ宜しくお願いいたします。
12018年秋ブラジル⇒日本へのフライト...4.14 %313
2子どもたちとの食事2.99 %226
3大起水産の回転寿司2.62 %198
4JAL104便で東京・羽田へ2.54 %192
5JAL3007便で成田から伊丹へ2.51 %190
6東京~横浜を行ったり来たり2.49 %188
7ヘアサロンで変身後は大ご馳走~♪2.45 %185
82018年秋ブラジル⇒日本へのフライト...2.42 %183
9東京2日目2.41 %182
10やっと辿り着いたラーメン2.34 %177
11疲弊しきっている大阪の店員さんたち2.29 %173
12何故か無性にお鮨が食べたくて・・・2.26 %171
13久々のおうちごはん@伯母家族2.22 %168
14兄夫婦&従弟夫婦とうちごはん2.12 %160
15日常生活で幸せを感じる2.09 %158
16あっけなく終わってしまった私の《嵐》まつ...2.06 %156
17一年に一度の人間ドックの結果は?2.05 %155
182018年秋ブラジル⇒日本へのフライト...1.97 %149
19美味しい誘惑だらけ…。1.97 %149
20日本を満喫中です。1.96 %148
212018年【ARASHI】Anniver...1.94 %147
22ひとりランチは中華1.84 %139
23久々の三重県へ①奥伊勢フォレストピアへ1.82 %138
24日本からブラジルに荷物を送ることについて...1.73 %131
25熊野古道を歩く1.69 %128
26TAM超過料金に関するJALお客さまサポ...1.68 %127
27JALサンパウロ線直行便の再開を願って...1.67 %126
28久々の三重県へ②奥伊勢フォレストピアで...1.61 %122
29秋の愉しみ①秋刀魚1.57 %119
302018年秋ブラジル⇒日本へのフライト⑥...1.49 %113



# by beijaflorspbr | 2018-12-01 06:39 | ブログアクセス解析 | Comments(2)