ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 22日

2018年秋ブラジル⇒日本へのフライト②グァルーリョス空港でのLa×××との攻防

午後3時半に運転手さんが迎えに来てくれたので、出発を少し早めて出発しました。渋滞が酷いため、セントロを縦断するいつもの5月23日通りを避けて、サンパウロ市東部を経由して、約1時間40分でサンパウロ・グァルーリョス空港に到着しました。とても親切な運転手さんで、自分は38歳、妻と幼い娘がいて幸せに暮らしていると、自分の人生をゆっくり語ってくれました。空港のある地元グァルーリョス市に住んでいる強みを生かして、今は空港と市内を結ぶ送迎専門で仕事をしているとのことでした。グループ会社で請け負っているのと、完全予約制なのでとても安心していられました。ところで、サンパウロ市内LUZ駅とグァルーリョス空港付近を結ぶ鉄道は一応完成したものの、直接ターミナルまで乗り入れるには至っていません。空港駅に着いたら、15分おきに出るバスに乗り換える必要があり、「まだまだ不便だよ!」とその運転手さんは呟いていました。
f0146587_20385424.jpg
早いもので夕日が沈みかけています。いよいよサンパウロともお別れ…。
f0146587_20391229.jpg
【ここから少し長いです】
     ↓
到着後、LATAMの優先搭乗の開いているカウンターにチェックインをしました。いえ、一度では出来ませんでした。詳しく書くとこうです。こちらへどうぞ、と案内してくれたカウンターは、若い女性の方が座っていました。
「荷物をここに載せて!」すると咄嗟に
「あ!29キロと28キロでオーバーしているわね、23キロまでが無料だから合計で11キロオーバー、ロージャ(Latamではこうした場合の超過料金支払いや、アップグレードの際、ロージャと呼ばれるカウンターで支払うことになっている)に今すぐ行って払ってきて!」
「荷物は降ろすの?」
「そうよ、ロージャでの支払いが済んだらもう一度ここに戻ってきて」
そして言われるままにLojaに行きました。Senhaと呼ばれる番号札を取ると、直ぐに呼ばれました。
そのLojaの中には、私のように重たそうな荷物をカートに積んだ人が何人もいました。カウンターの綺麗なお姉さんが
「11キロオーバーだから1キロ×US10.00で110.00ドルね。これはサンパウロ⇒ニューヨークまで。でもあなたはニューヨークから東京までJALで乗り継ぐからその分も必要ね。つまり、最初のニューヨークまでが110ドル、ニューヨークから東京までのJALが110ドルで合計220ドル。あれ?あなたは大阪まで乗り継ぐの?でもまあそれはいいわ」
と、言われ本当にびっくりしてしまいました。だって、私はJAL側ではステイタスを持っているのですから。そこでちゃんとJALグローバルクラブのカードをそこで初めて提示して、
「あの、私はこのカードを持つJALの会員で、ワンワールドサファイアだから、JAL側では超過料金は余分に取られないはずなんだけど…」すると
「え?(不審そうな顔で)そんなの関係ないわ、聞いたこともない。だからあなたはいまここで2区間分直ぐに支払わなければいけない」
と高圧的に言われてしまいました。それはまだ善しとしましょう。そんな重たい荷物を日本まで持って行こうとしている自分が悪いのですから。おとなしく日本のクレジットカードを出して即決済してもらいました。お金で解決できるのならそれで仕方がないし、220ドルで済んだのならまあ良い方かな?と早々に諦めがつきました。長い時間かかって、カウンターのお姉さんが手書きで領収書(のようなもの)を作成しました。それは昔の手書き搭乗券のような書式で、そこに書かれた字は判別不明な稚拙なものでした。要領の悪さもあり、30分以上もかかって超過料金に関する手続きと支払いを済ませ、元の優先レーンの設けられたカウンターへ戻ると、違う女性が手招きします。とても面倒くさそうに
「搭乗券はもう持っているわね、はい荷物を載せて!」手早にタグを付け1個目の荷物を直ぐにターンテーブルにさっさと流してしまいました。最初に提示したグローバルクラブのカードを見もしないで、こちらが
「プライオリティータグを付けてくれないの?」というまで気付かず
「後から言っても遅いわよ、1個目は諦めて2個目は付けておくから」と投げ捨てるような言い方。終始この調子で、一刻も早くここを去りたくて余計なことも喋らず無言のまま手続きを終えました。それでも最後にその女性に一つだけ聞いておきたいことがありました。
「座席は通路側?」
「そうよ」最後まで突き放すような面倒くさそうな態度の女性職員には言葉もありませんでした。昔はここまで対応がひどくなかったのに、どうしちゃったんでしょうか?そして、彼女はここで明らかに致命的なミスを犯しています。外国人である私に一度も身分証明書の提示を求めませんでした。そんなぞんざいな扱われ方をしたのは生まれて初めてのことでした。ブラジルの航空会社のTAMがLANCHILEに吸収されてからは経営環境や雇用状況も大きく変わり、最近もTAM側の職員の大量のリストラがあったと国内のニュースで流されていました。明日はクビになるかもしれない会社で、果たして楽しく仕事ができるのでしょうか?彼女たちももしかしたら大変なのかもしれない…そう割り切ることにしました。しかしながら、JALにはやはり事の顛末をお話し、事実を知ってもらわないといけないと思い、今日本社宛てに、参考資料と共にお手紙を出しました。私と同じ日本人でこんな辛い目に遭う方が、これ以上現れないようにとの思いを込めて。
f0146587_20391908.jpg
この時、何故いつものアメリカン航空にしておかなかったんだろう、そうすれば何も問題がなかったのに、激しく後悔しました。いくら機内食がまずくても、飛行機は乗り心地が良いし、座席も広めで楽なことこの上なし。痛い思いをして初めて有難さが身に沁みました。キャリー1個と身軽になり、何も考えられず頭が真っ白なまま即出国することにしました。さようなら、サンパウロ、トリオさん、エルちゃん、毬ちゃん、しばらく留守するけれど、ごめんね。行ってまいります~!
f0146587_20393465.jpg
もうこれ以上嫌なことが起こりませんように!その辺の椅子に座って、本当に手を合わせて祈りました。でも・・・・・・・・・・・・神は容赦なく試練をお与えになることになったのですが、長くなりましたので明日に続きます。


# by beijaflorspbr | 2018-10-22 22:52 | 飛行機 | Comments(1)
2018年 10月 21日

2018年秋ブラジル⇒日本へのフライト①プロローグ

f0146587_19481644.jpg
パソコンが非常に重たくて起動するまでに長時間を要してしまうため、今日は一歩も外に出ず一日中メンテナンス作業をしていました。それでもまだ重たくて、まるで持ち主の鑑のような強情なPCを使いこなすまではまだまだかも。初期化をしたいのですが、子どもたちのデータのバックアップまでできなかったため、快適にサクサク使いこなすまでにはもう少しかかりそうです。さて…まだ疲れが残っているのと気持ちがちょっと重いものの、明日から恒例の搭乗記を始めさせて頂きます。最後の日本⇒ブラジルのフライトが2017年の12月初旬でしたので、何と10か月ぶりということになってしまいます。それでも、飛行機が大好きなので、ワクワクして当日を迎えました。結論を今言ってしまうと面白くありませんので、いつもの様に少しずつ、くどいほど丁寧に書かせて頂きたいと思っています。実はサンパウロを出発する前に、止せばいいのに占い欄を見てしまい、そこに書かれた「思いがけずビックリするようなことが起こります。それはあなたにとってあまり良いことではありません。忍耐を持って困難を克服すること」とありました。まあ何と縁起の悪い!と嘆いていたものの、そんなことはあっという間に忘れ去りました。荷造りが終わったのは、お昼前。朝のうちにシャワーも浴びたので、お昼はゆっくり冷凍しておいた餃子を焼き、トリオさんには大好物のお刺身を出し、二人でゆっくり食事しました。調子に乗ってビールまで飲み、ご機嫌さんになってしまいました。午後3時半過ぎに、娘が手配してくれた運転手さんがお迎えにきてくれましたので、スーツケースを2個&キャリー1個を積み、サンパウロの自宅を出発しました。水曜日の午後3時半過ぎで、てっきり空いているかと思ったら、かなり混み合っており、グァルーリョス空港には1時間40分もかかってしまいました。ということで、今日はエネルギーが切れそうなのでまた明日登場させて頂きます。ここを留守している間、たくさんのご訪問とコメントを頂き、ありがとうございました。ブログをみて、お帰りメッセージをもらい、嬉しかったです。疲れが取れるまではまだまだですが、無理をしないで少しずつ動きたいと思います。


# by beijaflorspbr | 2018-10-21 20:20 | 飛行機 | Comments(0)
2018年 10月 20日

休日ランチ@喜怒哀楽の刺身定食

最近当ブログでは登場が多いサンパウロのメトロLinha-Lilas(5号線)、トリオさんにメトロ駅の直ぐ近くまで車で送ってもらい、乗車すること30分ちょっとで何とリベルダージまで行けてしまいます。このラインは、1号線(青)と2号線(緑)に乗り継ぐことが出来ます。ずっと最後の3駅が午前10時から午後4時までの試運転中でしたが、今は通常運転に戻ったのでとても便利になりました。メトロが全面開通したことで、私の出不精も解消されつつあり、結構頻繁にこのメトロを使って出かけるようになりました。こんな夢のような日が訪れるとは、長生きするもんです!(笑)でもこの日は祭日、しかもちょっと家を出遅れてしまい、到着予定時刻を過ぎてお待たせしてしまいました。リベルダージ駅周辺は、屋台もたくさん出ており、歩くのが困難なほど凄い人出でビックリしました。今やリベルダージは、日本文化や日本食を求めて多くのブラジル人が集う人気スポットになっている様子が見て取れました。道路は大渋滞をしているので、リベルダージに行く時は、メトロなどの公共交通機関を使ってください。
f0146587_21414833.jpg
この日久しぶりに会ったのは、孫弟子のすずめちゃん。会えそうでなかなか会えないまま随分月日が経ってしまいました。すずめちゃんに会うのは何と5か月ぶり。毬ちゃんのお食い初めの時にお手伝いに来てくれて以来のことでした。このご縁を繋いでくださったFさんに感謝!久しぶりのすずめちゃんは相変わらず可愛らしくニコニコ笑っていました。元気そうで良かった!!最初は「ラーメンでもどう?」なんて誘ったものの、無性にお鮨が食べたくなって目的のお鮨屋さんに行くと閉店。。。。シーン。。。ラーメン屋さんも、ビックリするほど長蛇の列で、席に着けるまで何時間かかるのか分からないほどブラジル人の間では『一大ラーメンブーム』到来です。ちょっと考えた末、ちょうど金曜日だったことを思い出し、「喜怒哀楽が開いていたら良いよね、今日の日変わりは刺身定食だし…」と言いながらテクテク歩いていると、開いていました!しかもカウンター席ながら、直ぐに座ることが出来ました。
f0146587_21435825.jpg
15分ほどお茶を飲みながら待っていると、やって来ました。お刺身定食!!相変わらずボリューム満点の豪華定食に歓声!このお店の刺身定食は全部美味しい!全く味の質が落ちていませんでした。毎週金曜日は、多くの方がこのお刺身定食を求めてこのお店にやって来られます。どうしてもさっさと食べたい方は(笑)11時半の開店と同時に入店されることをお勧めいたします。このボリュームでR$57.00(約1,700円)ちょっと値上がりしたものの、この内容なのでOK!
f0146587_21430982.jpg
鮪が蕩けそうなほど美味しかった!鰤も脂が乗っていてこの上なく美味!ご馳走さまでした。デザートは甘いコーヒーゼリーです~♪
f0146587_21442286.jpg
大満足で美味しい食事を終え、「和(KAZU)」カフェでブレイク、シュークリームが美味しいので、お土産に買って帰りました。幸せ~~♪
f0146587_21462420.jpg
私は日本食のお買い物があり丸海さんに寄りましたので、お店の前ですずめちゃんと再会を約束してお別れしました。帰りもメトロで帰ったため、トリオさんのお迎えが早すぎて、駅から歩く私の方が遅れるという逆の結果に…。まあなんと便利なものが誕生したのでしょう、長年不便を強いられてきたので、有難さが身に沁みました。日本から戻ってきたら、トリオさんと一緒にメトロで外出して何か美味しいものでも食べに行こうかね?と約束しました。

# by beijaflorspbr | 2018-10-20 18:00 | サンパウロのレストラン | Comments(2)
2018年 10月 19日

10か月ぶりの日本へ帰る旅

2018年10月、私にとっては10か月ぶりの帰国まつり(勝手に命名)の始まりです。2018年10月17日(水)22時40分JL5501便でサンパウロ・グァルーリョス空港出発。JALの冠が付いた便ながら、使用機材はLatam、便名はLA8080、サンパウロからニューヨークまでのフライト時間は9時間35分。夜間飛行なので、寝ている間に到着するという楽なフライト。
f0146587_22363192.jpg
10月18日(木)7時15分に米国・ニューヨークJFK空港に到着後は慌ただしく米国への入国・荷物ビックアップを済ませ、再預け入れをした後、ターミナル8からターミナル1へエアトレインで移動。今回はESTAが切れて新しく取得したため、KIOSKは使えませんので、長蛇の列に並ぶこと必至。
f0146587_22460240.jpg
再出国をし、荷物検査後ターミナル1からJAL003便でニューヨークを10月18日(木)11時30分に出発。成田までのフライト時間は14時間10分、結構長時間ながら、映画を観たり寝たり食べたりしているうちに着いてしまう。これも楽なフライト。
f0146587_22474004.jpg
成田空港に到着するのは10月19日(金)14時40分、トランジットを経て国内線でそのままJAL3005便16時55分成田発で大阪・伊丹へ。伊丹着は18時15分でフライト時間は1時間20分。荷物は宅配便で大阪へ送って身軽になろうかと。。。
f0146587_22494628.jpg
ということで、この記事はサンパウロ出発前に頭を整理するために予約投稿して行きますので、フライトの遅延や事故や天災などがなく『予定通り無事に着いたら』今ごろ愛する日本の子どもたちと美味しい食事を地元の百貨店で楽しんでいる頃だと思います。南米ー日本は超長旅ですが、とにかく飛行機に乗ることが大好きなので、毎回胸がワクワク躍ります。例えエコノミーでも、200%くらい満喫できるのは、得な性格というしかありませんね。いつも拙い記事ばかりのハチドリブログにお付き合いを頂き、ありがとうございます。これからしばらくは舞台を日本へと移しますので、表題に誘われてサンパウロの地元情報を求めて来られた方、申し訳ございません。カテゴリーの「サンパウロ生活情報」をクリックしてご参考になさってください。何か個人的にご質問やご不安な点ががある方は、遠慮なく冒頭のプロフィール欄にあるメールアドレスからお問い合わせください。必ずお返事させて頂くことをお約束します。


# by beijaflorspbr | 2018-10-19 19:00 | 飛行機 | Comments(8)
2018年 10月 18日

やっぱりダメだったLa×××

怒りにまかせて書きなぐります。気分が悪い方はここで読み進まないでください。ええ、予定通りチェックインしましたよ。しかもプライオリティーレーンで。しかし!何が起こったのか信じられない思いです。
f0146587_09024998.jpeg


つまり・・・

# by beijaflorspbr | 2018-10-18 18:00 | 飛行機 | Comments(2)
2018年 10月 17日

荒れる赤ちゃん(笑)

f0146587_21175510.jpg
散々ぐずって泣いて大人を振り回して…やっと寝ました。ふぅ~~相変わらずばぁばのお腹の上が心地良いらしくぐっすり…。思いがけず病気をして、熱が下がって完全に治るのを待ち、今週からいよいよ保育園の試し期間が始まりました。保育園では小さい赤ちゃんばかりのクラスで、ちょっぴりお姉さんの毬ちゃん(といっても満8か月児)、早速高速ハイハイをして寝ている赤ちゃんの額をペロッと舐めて味見したようです(´▽`*)いよいよ来週から長時間預けられる運命と相成りました(涙)。働くママを持つ宿命、その分今精一杯の抵抗を試みているのか、朝に夕にとにかく手が掛かって仕方がないとエルの悲鳴が!ガンバレ!!そうやって自分の身を削るようにして母親は子どもを育てて行くんだなあ~と、3人を育てた先輩ママは思うのでした。過ぎ去ってみれば、必死で子育てをしていた時期が無性に懐かしく愛しい時間だったなあと。最近昔のことをしみじみ思い出すことが多くなりました。年取ったなあ~~(^◇^)

# by beijaflorspbr | 2018-10-17 21:27 |
2018年 10月 16日

17人目の訃報

f0146587_20125528.jpg
今からちょうど8年前、こんな美しい海の見える広島のホテルで、高校時代の同窓会が行われました。私が卒業した高校は、当時でも珍しい全寮制の私立高校でした。あるスポーツ界でもかなり有名な学校で、当時は全国大会で準優勝したため、ちょっぴり鼻が高かったものです。とにかく同級生の中で際立って目立つ人はいなかったものの、皆穏やかで良い性格の人ばかり。卒業してからもずっと定期的に同窓会を催しており、全国区の強みを生かして、その地方出身者が持ち回りで企画。このブログにも何度も記事を書き残しましたが、昨年は東北(宮城・山形)3年前は関東(東京・横浜)5年前は九州(福岡・大分)と全国を舞台に、旧交を温めてまいりました。もちろん来年も同窓会イヤーなので、開催されます。2010年の秋に開催した広島・山陰同窓会の際に参加してくれた同級生は、既に4人も他界したのに、最近もう一人の訃報が入ってきました。まだ70歳前ですし、こんなに平均寿命が延びている現代社会の中で、どんどん櫛の歯が欠けるように同級生を喪っている我々。。。これをどう捉えたら良いのか分からず、適切な言葉を見つけることが出来ません。亡くなったTくんは、我々同級生のホープでした。リーダー性もあり、生徒会の役員活動を通して、際立ってピカピカしていました。8年前の同窓会の時は、お酒に酔って面白いことばかり言って、皆を笑わせていましたっけ。彼を思い出す時は笑顔しかありません。Tくんのご冥福を心よりお祈りいたします。今年は訃報に次ぐ訃報で、ちょっと戸惑っていますが、こうしたことからやはり「会える時には会っておく!」というのをこれからも忘れずにいたいと思います。少し無理してでも、次の帰国時にはたくさんの友人に会っておきたいと願っています。

# by beijaflorspbr | 2018-10-16 20:28 |
2018年 10月 15日

「ブラジルを知る会」下期総会@お食事

「ブラジルを知る会」下期総会のご報告中です。ちょっと改まったお話を聞いた後は、和気藹々のお食事時間です。中華は皆でワイワイ楽しめるから好き、それが大人数なほど、色々なお料理が楽しめます。今日の幹事さんたちは何をお願いして下さったんだろう?まずはそれぞれの飲み物でカンパイしました。私はもちろんBohemia(^^)/167.png
f0146587_09204282.jpg
お料理が次々に運ばれてきました。
f0146587_09211016.jpg
定番の炒飯はパッラパラ~♪
f0146587_09224089.jpg
海鮮スープ、相変わらずどれもこれも美味しいけれど・・・
f0146587_09231386.jpg
烏賊とアスパラガスの炒めもの、これが多分この日一番美味しかったかも…。
f0146587_09233863.jpg
ブラジル人も大好きなFrango xadrez,帰宅後私も思い余ってトリオさんのために同じものを作ってあげました。
f0146587_09241004.jpg
空芯菜の炒めもの、家庭ではなかなか出せない味
f0146587_09243431.jpg
f0146587_09250335.jpg
もうデザートに突入です。ゴマ団子に
f0146587_09253287.jpg
綺麗に盛られたフルーツはサービスでした。
f0146587_09260374.jpg
ああ、何もかもが美味しかったぁ。ご馳走さまでした。「ブラジルを知る会」では年明けに21期生新規会員を募集します。また後日、ポスターが出来次第、こちらでも発表させて頂きますね。意欲的かつ個性豊かなステキなメンバーが勢ぞろいして、お話を窺っているだけで勉強になりました。下期も「知る会」では様々なイベントを企画していますので、機会がありましたら是非ご参加ください。そして、ブラジルのことをもっと知りたい方、もう少し深く勉強したい方、お友達が欲しい方、知識を蓄えたい方、是非私たちの仲間になってください!

# by beijaflorspbr | 2018-10-15 18:00 | ブラジルを知る会
2018年 10月 14日

「ブラジルを知る会」下期総会に参加

私が1997年最初から所属する(というよりお友達と私が立ち上げた)女性ばかりの勉強会グループの「ブラジルを知る会」半期に一度の総会に参加してきました。毎回総会の記事はブログに残してきましたが、日々のスケジュールに追われ、すっかりアップするのを忘れておりました。ブラジルを知る会の3本柱は、①勉強会②講演会③見学会です。係は連絡係・講演会係・旅行係・新人係・勉強会係・図書係・会計係と分かれており、今年で活動期間も長く、21年目に入りました。
f0146587_22091162.jpg
総会係の方々がお店と交渉して、個室を取ってくださいました。2テーブルに会員が揃いました!
f0146587_22333063.jpg
この会を立ち上げた意欲満々の代表Sさん。「私はいつまで'Sさん'なのよ!」と文句を言われていますが、やはりこのブログではSさんで…(笑)私はHちゃんと呼んでいますが…。勉強熱心で頭の良いこの人を長い間傍で見てきましたが、本当に魅力ある素敵な方です。
f0146587_22363523.jpg
ジャスミンティーを頂きながら真剣な話し合いを1時間ほどしました。この会は駐在員の奥さまが多いため、入れ変わりも激しいものの、常に意欲的な会員をずっと授かってきて、活動を21年間ずっと継続することが出来ていることに感謝です。
f0146587_22432145.jpg
さあ、次はお食事編ですが明日へと続けさせて頂きます。
まもなく日本へ帰国するにあたり、10月だけではなく、11月のスケジュールも友人と調整しながら次第に詰めて行っています。一番難航したのが、11月中旬週末の新千歳⇒羽田行きのフライトでした。奇跡的に朝一番のクラスJに空席を見つけ、マイレージで無事席を確保することが出来ホッとしています。しかも、宿泊先の従弟宅から空港へは、たまたま東京出張がある彼の車に乗せてもらえることになり、本当にラッキーでした。彼は私より更に30分早い便に乗るらしいです。北海道に行くのは良いけれど、帰りの便を取るのがこんなに難しいとは夢にも思いませんでした。良い勉強をさせて頂きました。しかしフライトが取れなければJALの有償チケット?それともJALは諦めてLCC?それとも札幌から函館経由で新幹線か?などの案も次々に頭に浮かび、逡巡することしばし…。日本国内はあまりにも選択肢があり過ぎて迷い始めたらキリがないということに気付きました。この中旬は、大阪⇒新千歳⇒東京・羽田⇒伊丹とたくさん飛行機に乗る機会があり、楽しみでなりません。


# by beijaflorspbr | 2018-10-14 23:08 | ブラジルを知る会
2018年 10月 13日

Le Vin Bistroでランチ

お友達とJardinsを歩いていて、突然入ることになったLe Vin bistro、カジュアルフレンチのお店ですが、最近不景気なサンパウロは、こういったチョイお洒落なお店にお客さんが入らなくなってしまいました。我々のように、たまの贅沢なら良いかもしれませんが、日々の生活にはちょっと難しいかもしれません。午後1時少し前なのに、こんなに閑古鳥が鳴いたこのお店の現状も今のブラジル経済の厳しさを物語っているようです。
f0146587_22241316.jpg
お蔭さまで手厚いサービスを受け、最初に出されるcouvertも断らずに頂きました。ここの温められたパンとフォアフラのパテはとても美味しくてどんどん進みます。
f0146587_22245300.jpg
折角なので、チリ産グラスワインでカンパイー☆
f0146587_22253124.jpg
ビジネスランチをお願いしました。まずは前菜のサラダと野菜のスープから。
f0146587_23043786.jpg
メインは鶏肉のマスタードソースに・・・
f0146587_22271168.jpg
白身魚のポワレ&マッシュポテト(は後から…)やはり味は全然落ちていなくて、大変美味しいランチを楽しませて頂きました。前に来た時から3年以上も経っていたなんて…!このお店に来るたびに、パリのことをちょっと思い出します。ああもう、8年もご無沙汰だなんて…。
f0146587_22264688.jpg
最後のケーキがとても楽しみです~♪と言っても、前と全く同じものをお願いしていたのね、好みは偏るものです(笑)
f0146587_22281326.jpg
ゆっくり流れる時間は、何にもに代えがたい貴重な時間でした。感謝!!!


# by beijaflorspbr | 2018-10-13 22:56 | サンパウロのレストラン