ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 06月 11日 ( 1 )


2019年 06月 11日

ブラジル発着旅程における無料手荷物許容量変更のお知らせ

f0146587_22203017.jpg

日本航空HPより引用】


ブラジル発着旅程における無料手荷物許容量の変更について

平素よりJALグループをご愛顧いただきありがとうございます。

このたび、ブラジル発着旅程における無料手荷物許容量を変更いたしますので、お知らせいたします。

適用開始日

2019年6月1日新規発券分より

変更点

ブラジル発着旅程におけるプレミアムエコノミークラス/エコノミークラスの無料手荷物許容量の重量(1個あたり)を32kgから23kgへと変更いたします。

------------------------------------------------------------------------------------

あーーそう来ましたか!!だんだん厳しくなる「無料手荷物許容量」の正式なお知らせ。既に噂には聞いており、American航空やLatam航空なども実施しているので、覚悟もしていましたが、いよいよJALでも実施されるなんて…。私のように海外拠点で長年生活をしている身には、辛く厳しい規則です。良くお友達に聞かれるのですが「何をそんなに親の敵みたいに(ブラジルに)持って帰るの?」でもね、これはもう経験者にしか分からないと言うしかありません。あれもこれも欲しいから手当たり次第にと言うわけではなく、最低限生活に必要なものをスーツケースに詰めた結果重たくなっちゃった…。というのが答えです。最低限と言いましたが、私の場合衣類や書籍類などは努めて少なくしているものの、軽めの調味料やわかめ・昆布・出汁の素・海苔などの乾物、ラップ(大・中・小・極小)、ベープノーマットなどの殺虫剤、浄水機の替えフィルター、直ぐに食べられるインスタントラーメン(こちらに売られているものは高いうえ好みの銘柄がない)、それに家族に頼まれた子ども用の衣類や小物に塗り薬等々…。これにお友達から頂いた賞味期限内の貴重な食糧品にお菓子など。プラス娘の仕事に使う道具や薬剤なども必ず入れます。娘の強いこだわりで、未だに日本の材料を多く使用しているので、積極的に協力するようにしています。海外旅行へ行くのと、本拠地に帰るのでは全く事情が違います。日常生活を送る上で、どうしても不自由なもの、欲しいもの、日本の製品の方が格段に優れているものは多々あります。今までの32キロの許容量に甘えすぎていたのかもしれません。ささやかな救いがJGCの特別枠を利用して、荷物3個を預けられるということでしょうか。本当は2個にして身軽に動きたいところですが、やっぱり3個になってしまうかな?次の帰国までまだまだ日にちがありますが、少しずつ親しいお友達と調整に入っているところです。いくつかの旅程は決め、既にホテルも抑えました。ああ!再会が楽しみです。1年に1度の大きな自分へのご褒美を大切に過ごしたい…。こうして計画しているうちが華なのかもしれません。



by beijaflorspbr | 2019-06-11 22:36 | 飛行機 | Comments(2)