ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2019年 05月 16日 ( 1 )


2019年 05月 16日

切ない。。。(テレビ番組を観て)

先週からずっと体調を崩していて、今はもう良くなったとご報告をしたいのですが、咳が抜けず、咳をすると喉と胸と頭が痛いという症状で苦しんでいます。家から一歩も出られないので、PCやタブレットで動画などをのんびり観て時間ををつぶす日々です。これはこれで楽しいのですが、昨日はたまたま心痛む番組が目に留まってしまいました。その番組は、テレビ東京の「家、ついて行ってイイですか?」で5月15日に放送された特別編(日本国内にお住まいの方は配信中)です。この動画の16分50秒くらいから40分までの23分間の中に、語りつくせないドキュメンタリーが展開されます。家族への思いや溢れんばかりの父親の愛情と切ない思いがグッと凝縮されていて、涙が止まりませんでした。主人公のお父さんは現在一軒家に1人暮らし。奥さんとは「性格の不一致」で12-3年前にお別れをし、2人のお嬢さんは奥さんが連れて出てしまいました。たまに娘たちと会って欲しいものを買ってあげるのが楽しみだったと語ります。最初はオヤジギャグの連発で笑ってばかりいましたが、その後に語られる見過ごすことの出来ない事実に打ちひしがれてしまいます。この主人公川上さんは、埼玉に小さな小料理屋さんを自営するも、ある日突然の出来事で閉店を余儀なくされます。それは高齢ドライバーが起こした事故でした。当時16歳だった上の娘さんは、たまたま学校やお休みで2日後に17歳のお誕生日を迎えるはずでした。自分の好きなバンドのライブに行くため横断歩道を渡り切って浦和駅方面に歩いているところを、後ろから突進してきた車に追突され自動車と鉄柱に挟まれました。ブレーキとアクセルを踏み間違えた80歳になるそのドライバーは、事故後もアクセルを踏み潰すくらい強く踏み続けていたそうで車から出て来なかったそうです。被害に遭った娘さんの悲鳴は、近所のマンションの3-4階まで響くくらい酷かったのだとか。その後救急病院に運ばれるも、亡くなられてしまいます。詳細はこちらの記事に詳しく出ており、今ツィッターでは「#家、ついて行ってイイですか?」がトレンドになるほど強く反響のあった番組です。未来ある最愛のお子さんを失くされたご両親の気持ちはいかばかりだったことでしょう。奇しくもこのロケ日はあの高齢者ドライバーが起こした池袋事件の当日だったそうです。偶然というにはあまりに悲しい偶然です。
f0146587_22250818.jpg
最後にお父さんが「(亡き娘を)抱きしめたい…」と流された一筋の涙が哀しみの深さを物語っていました。最初はオヤジギャグばかりの面白いおじさんと思っていましたが、あまりにも奥が深く、今日本が抱えている高齢者運転問題とリンクしているので、共有させて頂くことにしました。動画は繰り返し見ていますが、見るたびにお父さんの悲しみの深さを感じ取ることが出来てやるせない気持ちにさせられます。(加害者死亡に関わらず)早く民事裁判が結審して、このお父さんが一日も早く再出発をされることを祈るばかりです。志半ばで命を落とされた聖菜さんのご冥福を改めてお祈りさせて頂きます。「俺も死にたい」なんて仰らず、どうかもう一旗揚げて下のお嬢さんに美味しいものをお腹いっぱい食べさせて喜ばせてあげてくださいね、川上さん。亡くなられたお嬢さんは、こんな可愛いお子さんでした。高齢者の免許返納制度をもう一度考える時期に来ているのではないでしょうか。


by beijaflorspbr | 2019-05-16 22:34 | 思うこと