ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 11月 18日 ( 1 )


2018年 11月 18日

疲弊しきっている大阪の店員さんたち

f0146587_23065637.jpg
インバウンドと叫ばれて何年が経つのだろうか?今大阪・心斎橋、難波周辺はある国の方々に完全に占領されているようにみえる。彼らは場所を選ばず、大声を張り上げ、ルールをちゃんと守れない人たちのようだ。狭いアーケード街をスーツケースを引きながら塞ぐように広がって歩くので、なかなか追い越すことが出来ず、ただ歩くだけなのに困難を極める。昔はこんなんじゃなかったのに…と電車で隣り合わせたおばあちゃんは嘆いていた。ここでは自撮り棒があちこちからニョキニョキ出ていて本当に危ない。
f0146587_23125318.jpg
歩きながら思った、何故か最近店員さんたちの応対がぞんざいだなあ、と。こちらが日本語を話すとちょっとホッとした目をする。そんな空気感には海外在住者なので敏感だ。きっと店員さん側のキャパシティーがパンク寸前で全く余裕がなくなっているのかもしれない。珍しく私が「りくろーおじさんのチーズケーキ屋 」で並んでいた時のこと、前のC国人のご婦人が「計算が間違っている」と身振り手振りで主張をする。でも店員さんも一生懸命身振り手振り、紙にも書いて説明して、10分ほどすったもんだしてやっとお金が足りないということが分かったようだ。ヤレヤレ…やっと私の番が回って来た時は、信じられないほど長蛇の列になってしまった。こんなことを毎日繰り返したら疲弊するのも無理ないな、と思った。インバウンドで儲けるのも良いけれど、人と人との触れ合いのない優しくない社会は嫌だなと思った。きっと皆疲れているんだろうね。。。。。。


by beijaflorspbr | 2018-11-18 18:00 | 思うこと | Comments(2)