ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 05月 16日 ( 1 )


2018年 05月 16日

母の日のうちごはん

鶏肉が元来苦手だった私ですが、最近は積極的に鶏料理にチャレンジしています。鶏のから揚げや鶏のはちみつ照り焼きなどは、家族に大好評。もう一つ昔子どもたちが小さい頃に良く作っていた油淋鶏を最近立て続けに作っています。1度目は酢入り、2度目は酢を外してみましたが、酢入りの方が食べやすいような気がしました。レシピにはレタスを敷いて…とありましたが、見当たらなかったので白菜を炒めたものを敷いてみました。たっぷりの葱とニンニクと生姜が香り良く、皆良く食べてくれました。白身魚(Pescada)のフライは、お弁当の時にたくさん作っておき、揚げるだけという手間いらず。付け合わせにはインゲンの素揚げ。これもあっと言う間に平らげてくれました。
f0146587_19093354.jpg
サイドには大根の煮物、ゆで卵。何故か家族はこのゆで卵が大好き。お醤油を垂らす人、塩をかける人など好みはありますが、全部を混ぜてご飯と共に食べると、思わず私たち老夫婦でもご飯をお替りしてしまうくらい美味しい。ごく普通なお昼ご飯でしたが、美味しく、また楽しい時間でした。年を取ったからと、油ものを控えたり、お肉を全く食べないというのではなく、たまには天ぷらやフライを、そしてお肉も食べようと思いました。
f0146587_19093939.jpg
最後は膨らみが全く足りない失敗作のバターケーキ、溶かしバターの温度を誤ってしまったようで、思ったように膨らまなかったものの、味は良かったので、皆喜んでくれました。仕方がないので、細かく切って上に泡立てた生クリームとフルーツをトッピングして何とも格好の悪いデザートを出しました。これも皆大喜び。「美味しいからいいじゃん」ですって。
f0146587_19094616.jpg
これだけの調理で2時間越えでしたが、「美味しいね」という言葉だけで救われました。もっともっとレシピを増やしたいのですが、体力勝負です。孫の毬ちゃんも良く動くようになり、涙をポロポロ流して泣くしでもう大変(*_*)昨日は思わず毬ちゃんに「ばぁばもう疲れたよーーーぅ」と呟くと、ニコっと天使の笑顔。ああ、これだから辛くても頑張れるんだなあ~などと思いました。楽しかった母の日は、「母労働の日」になってしまいましたが、まあそのうち良いこともあるかもね、なんて妄想を…(笑)何もないのが幸せと、皆さんに感謝した一日でした。夜は娘がくれた『高級ビール』とやらを頂いてみましたが、私にはいつも馴染みのあるBohemiaビール(僅か100円)の方が美味しかったような気がしました。ちゃんちゃん~♪

by beijaflorspbr | 2018-05-16 19:24 | おうちごはん | Trackback