ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2017年 03月 24日 ( 1 )


2017年 03月 24日

ザ・うちごはん

ブログに政治色を持ち込むのは良くないことと知りながら…A夫人がK氏に100万円の寄付を贈った贈らないで揉めている我が祖国ニッポン。しかもその舞台は国会!何だか情けなさすぎます。皆立派な大人だし、ファックスやメールの証拠もしっかり残っているのに、もみ消したいJ党の人たちの苦しい言い訳が実に醜い限りです。夫のAさんも「私の妻は私人です」などと無理な主張で妻を庇ってばかりいないで覚悟を決めなさいよ!とこのおばさんはここブラジルで息巻いております。誰が嘘をついただのつかないというのは、公平な立場の人が真相を究明してからじゃないんですかね。この段階では証人喚問を受けたK氏が全面的に悪いのかどうか分かりませんし、強い権力にガッチリ守られているA夫人に非があったのかなど、まだ皆目見当が付かない状態ですものね。お蔭で昨日は変な夢を見ちゃいましたよ。それにしても、A夫人のfacebookでの説明という名の言い訳に明け暮れた弁明は、自分自身の言葉で綴っていないのは明白。さぞや立派な後見人が付いているのでしょうが、SNSなどで発信するのではなく、きちんと自身の生の言葉で身の潔白を証明して欲しいです。それにしても彼女には5人もスタッフがいるなんて羨ましすぎ…。しかも、公費で…。そこかい、という突っ込みはなしでお願いしますね。亡くなった父が、「おまえは正義感が強すぎて、それだけが心配だ。ある程度人を許せる器の大きな人間になれ!」と言っていました。理不尽な事件が起こる度に、一緒に泣いたり落ち込んだりするのは困ったものです。何年か前に、可愛い息子と一緒に歩いたことのある、ロンドンの夕陽に照らされたとてつもなく美しいビッグベンの映像を見ながら、ひたすら涙を零していました。犠牲になられた方々のご冥福を祈ると同時に、世界中からテロが根絶される日を望みます。美しい街を、善良な罪のない人たちをもうこれ以上傷つけないで!!

すみません、話が横道に逸れてしまいました。ある週末の我が家の昼食は、すごいことになっています。あれやこれやと並べて、久しぶりに実家に戻ってきた娘を喜ばせようと思う母親。取って置きの明太子など、色々雑多に並べているうちにどれがメイン料理なのか良く分からなくなってきました(笑)一応真ん中の鯛の薄造りがメイン料理らしい…。
f0146587_21443827.jpg
グルメな娘は全種類を味見し、お腹がいっぱいになった後「お弁当にして!」と。「何を持って行く?」「全種類!!」「( ゚Д゚)」また別の日は、お弁当を作って仕事場へと運びました。
f0146587_21583822.jpg
私自身、2か月前から酷い50肩に悩まされていることもあり、痛みを堪えながら家の中でゴソゴソ作業しているのが楽しい今日この頃です。トリオさんは、確定申告でとっても忙しそう、昨日は早朝から会計士さんのところへ行って、今年の申告書類は完璧に仕上げてきたそうです。私はひたすら何か月後かの税金の還付を楽しみにしているところです(笑)


by beijaflorspbr | 2017-03-24 22:00 | おうちごはん