ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 16日

悪意あるコメントについて

私がブログを始めたきっかけの一つが、亡き母が遺してくれた複数の日記帳を読んだ時でした。丁寧かつ綺麗な字で克明に記された母の心の叫びを目にした時は、さすがに後悔ばかりでした。私自身元々文章を書くことが苦にならない方なので、複数回日記帳を買って付けようと試みたものの、日々の生活に追われてなかなか時間を取れずにいて挫折を繰り返すばかり…。残念なことにいつも三日坊主で終わっていました。二つ目のきっかけが、2004年に思いがけず患った「直腸癌」の闘病記を記してみたいということでした。ブログを始めた2007年は、手術後まだ3年しか経っておらず、5年完治説には至らない不安定な時期でした。3か月おきの精密検査を受ける中で、いったい病気が治るのか治らないまま命を落としてしまうのか、本当に不安でした。病気が発覚する前、毎年欠かさず受けていた精密検査が半年遅れたことで、大きな後悔を残すことになったことは、たくさんの方に知って頂かないといけないとも思いました。3つ目は、子どもたちに母親の生きてきた記憶を何らかの形で残しておきたいと思ったのも大きな理由です。しかしながら、それらを横に置いてでも、一番大切だと思ったのが、これから『サンパウロ』という見知らぬ街で生活を始める方々にとっての道しるべを、サンパウロ生活の先輩として思いつくままに書き留めておかなければいけない、と思ったのが大きなきっかけでした。人はそれぞれの立場で役割分担があると思うのです。飛行機が好きな方は飛行機の写真や、搭乗記、出会った方々との心の交流、またある方は、食べ歩きが趣味で豪華なお料理の写真を次々に載せて記憶に留めておく、写真を撮ることを趣味とする方は、自分があちこちに遠征して撮った美しい写真を載せる…。様々な自己表現の仕方があり、インターネットの普及により、それらがより簡便になったということは、現代に生きる人々の恩恵だと強く感じています。
f0146587_21090894.jpg
そんな中、たまたまなのですが、昨日のコメント欄に複数のスパムメッセージが書き込まれてしまいました。スパムは今まで何度も何十回も書き込まれ既に経験しています。一応スパム対策として、コメント欄に書き込みがなかった記事は、コメント欄を閉めるように心がけてきました。12年もダラダラ続けているブログですから(当ブログ開始は2007年6月)、色々なことがあるのは当然です。しかしながら、もしスパムと気付かず、ここを訪れてくださる方が、内容を読もうとうっかりクリックして何らかの被害に遭ってしまったら…と思うと冷や汗が出てしまいます。管理者である私は自由に消去することが可能ですが、大体がこちらの真夜中に大量に書き込まれてしまうので、一定の時間帯に纏まって載ってしまう可能性があります。もしもしも、不審なコメントが入っていた場合は、『絶対に見ないで、クリックしないで』ください。私からのお願いです。見つけ次第すぐにIPアドレスの拒否設定と削除をします。日本と南米では時差があることをご理解くださいませ。
f0146587_21110753.jpg
昨日の朝のフジテレビの情報番組「とくダネ」で、北海道在住50代の女性が、芸能人の堀ちえみさんのブログに悪意あるコメントを複数回書き込んだとして書類送検されるというニュースが流されました。堀さんの過酷な闘病の様子は、私も毎日ではないもの、定期的に読み、心からの応援をしていました。堀さんのブログには、闘病中ということもあり、日々の暮らし、おうちごはん、愛犬との時間、お掃除、お料理、パパごはん、旅行等々…心温まる記事が多いのですが、その陰でどれほどの本人の頑張りと、家族の大きな支えがあったことが良く分かります。丁寧に綴られた文章の中に、いくつもの感謝の言葉が述べられており、有名人とはいえきっと私と同じような考えの方なんだろうなあと共感する部分が多くありました。病気に罹った人にしか分からないあの絶望感とほんの少しの救いそして光を求めて、逞しく生きていかなければならなかった時期が誰にでもあります。ちえみさんもポジティブな方なので、必ずこの病を克服できると信じてやみません。それなのに「死ね嘘つき」など執拗な書き込みをしたその女は、どのような人生を送ってきた人なのか…。取材をしたフジテレビのインタビューでも「殺すぞなら脅迫になるので私にも分かるんですけれど、死ねも脅迫になるんですね。みんな書いているし、私は10回くらい書いただけなのに」にはビックリ!人を中傷したり批判したりしながら生きる人は不幸だと思います。私は人の噂や井戸端会議が一番苦手です。人のことを構う暇があるなら、我が身を振り返れだと思います。未完成な自分を反省し、もっともっと前に進まなくちゃ…などと反省の日々でもあります。拙いブログですが、これからも面白い記事の時も面白くない記事の時も(笑)一生懸命書きますので、よろしくお願いいたします。それが自身の生きている証となれば、何かを形として子どもたちへ遺すこととなるような気がしています。な~に、究極の自己満足でもありますが…。


by beijaflorspbr | 2019-07-16 21:11 | 思うこと


<< Liberdade地区にある二...      Festival do Ja... >>