ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 14日

一年に一度の人間ドックの結果は?

今からちょうど一年前の人間ドックを終えた直後に、今年の予約を取りこの日を迎えました。一年一度の検診が楽しみということではなく、14年前に直腸がんの診断を受けた前科がある私なので、異常がなければ安心ですが、もし何か病気が見つかったら検査や治療の時間も必要ということで毎年大変緊張します。朝7時50分、自宅前からのシャトルバスに乗って病院へ。総合受付で保険証の確認後、健康管理室で受け付け。8時組、8時半組、9時組、と細かく分かれていていつもいっぱいですが、スタっフも多く待ち時間は少ないです。これだけ検診に訪れる人がいるのにはいつも感心します。私自身は何を思ったのか、31歳の年からほぼ毎年人間ドックを受けてきました。ちょうど20年目の51歳の時に、偶然癌が見つかり、ごく初期だったために命が助かりました。こうして細かく記事にすることで、検診の大切さや早期発見の重要性を訴える義務があると思い、しつこく書かせて頂いています。
f0146587_00001376.jpg
幸い秋らしい好天気にホッとします。そして何か良いことが起こりそうな予感がするから不思議。
f0146587_00073650.jpg
予定通り8時半に始まった検査は、12時ちょっと過ぎに全部終わりました。身体測定・血液採取・心電図・肺機能・聴力・眼底・胸部エコーに加えてオプション検査は胃カメラが一番のネックでした。昨年はピロリ菌が見つかり除菌をしてもらった後はどうなったのか?ということで今年も胃カメラ検査にしました。昨年よりもずっと時間も短く、内視鏡担当医も「全体的に綺麗ですね」と褒めてくださいました。良かったぁ!特に今回の担当看護師さんがとっても優しくて、検査の最初から最後まで背中をさすって励まし続けてくださいました。「私が話しかけてもいちいちお返事しなくてもいいですよ」とか「我慢強いですね」など美辞麗句のオンパレード~♪笑顔で内視鏡室を後にしたのは初めてでした。来年も受けますよ、胃カメラ…(^^♪今年は体への負担が少なかったせいか、検査が全部終わると珍しくお腹が空いていました。検査結果を担当医から伺うと、今年は概ね異常なしで心配は要りませんよ、と太鼓判を押してくださいました。昨年は気分が悪くて食事どころではありませんでしたが、結果が良好だったこともあり、病院内の食堂でこんなヘビーな定食を!熱々揚げたてのメンチカツ定食、久々の食事だけあり、これは美味しかった!ということは健康な証拠?
f0146587_00254456.jpg
おまけにシャトルバスを待つ間にカフェオーレをコンビニで買って飲んでしまいました。健康第一に長生きしようっと~♪そして貴重な日本滞在中は遊ぶよー!
f0146587_00472302.jpg


by beijaflorspbr | 2018-11-14 18:00 | 癌と闘う


<< 久々のおうちごはん@伯母家族      日常生活で幸せを感じる >>