ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 17日

家族の好物について

f0146587_22313325.jpg
子どもたちが小さい時から、どんなに忙しくても食事だけは手抜きをしないできたつもりです。ささやかな稼ぎも、全て家族の大好物を作る食材に散財してきたような気がします。それは家族の笑顔が見られるから。意外なことに、我が家の子どもたちは、地味目なものも大好きで、そのナンバーワンが肉じゃが。これを作ると、皆相好を崩して喜びます。もちろん肉じゃが以外にも何品かは作りますが、シンプルなおかずの時はご飯を炊き込みにしたり、おこわにしたり、具だくさんの豚汁などを付け加えます。食材豊富な日本でも、何でも買えるブラジルでもそれは一貫して変わりません。それと、目の前にある残りの材料を使って簡単に作るのも得意分野です。日々の食事の大切さを実感している今日この頃…。包丁を握ると、とても安心感があり癒されるのはちょっと幸せなことなのかもしれません。何でも買える日本から、ちょっと不自由なブラジルに来て、「おうちごはん」の大切さを実感しています。尊敬する料理研究家の故堀江泰子先生の「うちのごはんは世界一!」というポリシーは今もしっかりと弟子に受け継がれています。昨晩堀江泰子先生の夢を見て、そんなことを改めて思った次第です。

by beijaflorspbr | 2018-08-17 22:45 | おうちごはん


<< 週末の朝は充実      子守りの中日はガッツリ。。。 >>