ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 24日

フェスティバル・ド・ジャポン2018③会場内を急いで見学

もう終わってしまいましたが、恒例の日系人最大のお祭りフェスティバル・ド・ジャポンの模様をお伝えしています。興味のない方は読み飛ばしてくださいませ。さて、苦労して手に入れた無料チケット(笑)で無事会場内に入りました。入った正面には、移民110周年の式典にも使用された専用スペースが広く取られており、中は窺い知ることが出来ません。招待客のみが入れるとのことで、一般客はモニターで見ることができます。その横が巨大な赤鳥居、コスメの専門店IKESAKIが大々的なブースを出していました。リベルダージにもお店があり、私も良く石鹸やシャンプーなどを買うお店です。美容関係では恐らくブラジル一有名な会社だと思いますが、会長の池崎さんは日本人です。
f0146587_19130970.jpg
今年も農林水産省(領事館)の日本食紹介ブースがありましたが、訊いてみると開催1時間前に整理券を受け取りにくるように、と言われ断念しました。そんなに長居するつもりはないからです。寿司、天ぷら、卵焼き、酒などのワークショップが行われたようです。
f0146587_19175853.jpg
美味しそうですが、泣く泣くパス。。。おお、お鮨の講師はあの小川先生なんですね。お会いしたかった。
f0146587_19220974.jpg
相変わらずの日系自動車会社も豪華ブースを出していました。NISSAN
f0146587_19345939.jpg
我が家も長年乗っているHONDA車、ここではサービスに黒いプラスティックの袋を配っていたので、並んで頂いてきました。
f0146587_19364885.jpg
ホンダ車の肩を持つわけではありませんが、乗りやすく、小回りが利き何より故障が少なくアフターケアーもとても良いので、とてもとても気に入っています。日本車は多くのブラジル人から愛されています。さて、ここで残念ながら出かける時間が迫ってきましたので、中途半端ですが続きはまた書かせて頂きます。フェスティバルの特徴で、人の顔がたくさん映り込んでいることをお許しください。では子守り隊出動します。その前に鶏のから揚げを作って行かねば…。


by beijaflorspbr | 2018-07-24 19:41 | サンパウロ生活情報 | Comments(2)
Commented at 2018-07-25 00:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by beijaflorspbr at 2018-07-25 22:57
★鍵コメat 2018-07-25 00:32さま
いつも優しいコメントをありがとうございます。そうですね・・・確かに無理をしているかもしれません。
とにかく帰国する10月までは頑張って家族の力になろうと思っています。
孫もどんどん可愛さが増してきているのが何よりの癒しです。
日本は信じられないくらい暑い日々が続いているようですが、どうぞお大事になさってください。
いえいえ、ボランティアはこの暑さは無理ですね。私は義援金をさせて頂きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< フェスティバル・ド・ジャポン2...      フェスティバル・ド・ジャポン... >>