ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 11日

新井さんの訃報を受けて

ニッケイウェブで、新井知里さんが7月3日に亡くなられたことを知りました。新井さんは、歌人俳人として日系コロニア界でも良く知られていた知識人です。新井さんは、私の所属する「ブラジルを知る会」に長年所属されていらっしゃいました。これで、私たちは立花光江さんに続き、2人の大切な仲間を喪ったことになりました。新井さんとは、知る会の総会や講演会などの催し物の時に定期的にお会いし、その都度お互いの無事を確認し、しばし親しくお話をさせて頂きました。新井さんの息子さんたちは皆超エリートで、そのお話を伺うのも楽しみのひとつでした。彼女は息子さんたちを心から誇りに思っておられ、その愛情深いお言葉の数々に、学ぶものも多く、感心したものでした。宮中歌会始にも入選して宮中に招かれ、夫婦で参加したのが一生の思い出になったわ、と笑顔で仰っておられました。才能ある尊敬できる大先輩でした。新井さんはとてもお洒落で、いつもきっちりとまとめた髪型に黒っぽいお洋服にはいつもパールのネックレスを着けておられました。商売柄?それが気になっていました。パールのネックレスは新井さんに良く似合っていて、笑顔の彼女を引き立ててくれていました。このように普段にさりげなく身に付けられる新井さんはオシャレな方だなと思いました。思い返すと、最後にお目にかかったのは、2年前のフェスティバル・ド・ジャポンの時でした。私は長野県人会の出品する野沢菜漬けが大好きで、フェスティバルに行くと必ず買って、新井さんとしばしカウンターを挟んで立ち話をするのが楽しみでした。あんなに若々しく溌剌とご活躍をされていらしたのに、当時は78歳でいらしたのですね。心から新井知里さまのご冥福をお祈りいたします。
f0146587_21103213.jpg


by beijaflorspbr | 2018-07-11 21:34 | 友達


<< 子育てイロハ      日々のこと・・・ >>