ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 17日

パイロットが教える航空の豆知識16について

飛行機に関する動画を見つけ、思わず見入ってしまいました。知っていたこともあったし、知らないこともありました。これを知ると、次のフライトが何倍も楽しめそうです。
①パイロットは髭を生やしてはならない
②飛行機が寒いのは乗客の健康のため 
③飛行機は直線で飛行しない
④搭乗時は歩きやすい靴を
⑤パイロットとディスパッチャーは常にフォーマルというわけではない
⑥一般人が飛行機を着陸させることは全く不可能
⑦飛行機の遅れは乗客だけじゃなく搭乗員の悩みでもある
⑧パイロットは交代でトイレへ行く
⑨機内食が美味しくないのは作った人のせいではない
⑩機内はゆったりとした服装で
⑪コックピットの扉は防弾
⑫一番揺れない客席は翼に近いところ
⑬飛行機がハイジャックされたことを伝える暗号がある
⑭着陸はたまにわざと激しくさせる
⑮夜間着陸時に客室の照明を落とすのには理由がある
⑯酸素マスクの持続時間は15分
私が気になったのは、②の飛行機の気温が低いこと⑦の飛行機の遅れについて⑨機内食が美味しくない理由⑫揺れない座席は翼に近いところ⑭着陸はわざと激しくさせる等々でした。②の機内温度が異常に低いのは外資系のAmericanやLATAMなど。「ものすごく寒い」といった表現の方が相応しいくらい寒いので、要注意です。逆にJALの機内温度は少し暖かめのような気がします。外資系に乗る時は必ず上着を持参することをお勧めします。⑨の機内食が美味しくないのは確かに気付いていました(笑)なので、私は高いビジネスに乗らずエコノミーを選ぶようにしている訳ですが。地上に降りたってから食べるものの美味しさはまた格別です。これらの知識を頭に入れていると、飛行機に乗る楽しみが増えそうです。
f0146587_23303463.jpg


by beijaflorspbr | 2018-06-17 23:31 | 飛行機


<< 大阪北部で強い地震!!      サッカーWカップを愉しむ >>