ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 03月 10日

結構危ないブラジルの歩道橋

またちょっとした愚痴になってしまいますが、この日は郵便局(Correio)の配達人が自宅のポストに置いて行った「Aviso」(不在票のようなもの)に振り回された日でした。内容は「あんた宛てに届いたものを●●郵便局で預かっているから××日までに取りに行け」とな。我が家は一軒家、郵便配達人が来そうな時間には、なるべく直ぐに対応するようにしているものの、この時は呼び鈴が聞こえなかったのかもしれません。紙切れ一枚でも、結構面倒くさい。そして翌日はディーラーの'お花さん(Flora Motors)'に行く用事があったため、車を預かってもらい、バスで指定のコンゴニャス空港(市内専用空港)の郵便局まで行きました。
f0146587_22251591.jpg
何故空港?でも飛行機の轟音が聞けるから嬉しい、ってことで「来なくてもいい」と言われたのに、わざわざ付いて行きました。
f0146587_22244906.jpg
誰も客のいない空港郵便局は閑散としていました。順番が来て受け取りに行くと、何とまあ娘の自動車登録証(2018年度)。紙切れ一枚に大変な思いをしてしまいました。配達人がもうちょっと気の利く人ならなあ~なんて二人でブツブツ…。でも掲示板を見たり、出発する人の笑顔を見ていると、とても癒されました。私も久しぶりに飛行機で旅に出てみたいな~なんて想像を膨らませて、空港を後にしました。
f0146587_22265097.jpg
コンゴニャス空港前の幹線道路には、新しく完成した黄色い陸橋があります。つい最近のニュースで、ここで夜間に強盗事件が発生したと報道されていました。この陸橋には、何台もの監視カメラが設置されているから、犯人の割り出しにはそんなに時間がかからないだろう、とレポーターは言っていました。ブラジルの陸橋は、結構作りのしっかりしたものが多く、その分死角になって危ないから気を付けるように、とも言っていました。確かにこの構造を見ると、外からは何も見えません。以前大型トラックが荷台を跳ね上げたまま、ここを通過し、この陸橋を一瞬にして粉砕してしまった経験からか、かなり頑丈な造りです。
f0146587_22241550.jpg
もちろん、下の道路は車だけなので、運転することに集中していると陸橋の異変などには絶対に気付かないかもしれません。小さなニュースでしたが、夜間の利用には注意が必要だと思いました。というか、このブログを読んでおられるサンパウロ在住の方は、決して公共交通機関で移動などされないだろうなあ~と。でもこの日は久しぶりに空港に行くことが出来てラッキーでした。本当はゆっくりスターバックスでコーヒーでも飲んで行きたいところですが、オシャレじゃないトリオさんは、用事が終わったら「さ、帰りましょ」だって(怒)つまんないなあ。。。。。。ま、いいか。。。
f0146587_22372354.jpg


by beijaflorspbr | 2018-03-10 22:40 | サンパウロ生活情報 | Trackback
トラックバックURL : https://beijaflors.exblog.jp/tb/29643054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 追悼の3.11      疲れた時はSweet Deli... >>