ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 08月 22日

リオデジャネイロオリンピック終了

「目指せリオ2016!」と多くのアスリートの皆さまが目標にしてきた17日間に渡るリオオリンピックも昨晩の閉会式で無事終了しました。いくつかのバスへの投石事件や観光客を狙った窃盗事件も発生しましたので『無事だった』と言えるのかどうかはわかりませんが、深刻なテロ事件などが起こらなかったのは何よりでした。85,000人の軍隊の兵士が甲装車に機関銃で武装をし、総力を挙げて警備に当たりました。そんな厳重警戒の中、行われたオリンピックはかなりの違和感があったかもしれません。17日間という期間は慣れない方にとってはかなり長く感じたリオ滞在だったかと思います。多くの日本企業やマスコミの方も大挙してブラジル入りされたようですが、無事にご帰国されますように。特にブラジル⇔日本は究極の飛距離ですので、慣れていない方には苦痛以外の何物でもないかもしれません。私はロングフライトが大好きですけれど…(笑)
f0146587_21581020.jpg
今回は日本人のメダル獲得数が過去最高の41個を記録し、こちらのTV局も日本人選手の活躍を大いに称賛していました。次は「あの」東京ですよ!と何度もアナウンサーが言っていた通り、外国人なら誰もが憧れる日本、そして首都東京開催のオリンピックでとても楽しみです。閉会式には、政府専用機でわざわざ駆け付けた安倍さんを始め、新都知事の小池さんも登場し、東京2020を大いにアピールできたかと思います。ただ気になったのが、大雨が降る中での小池知事のお着物。「洗い張りに出さないとねえ…」なんて独り言。東京五輪はこのような雨対策はされるのか、気になるところでした。マリオの土管から安倍さんが出てきた演出は個人的にはあそこは「どこでもドアでしょ!」と突っ込みたくなりましたが(笑)これを見て、アスリートやまだ若いスポーツ選手の誰もが「よし!頑張って4年後は絶対に東京に行こう!!」と思ったことでしょう。今回で引退してしまうボルト選手などの有名アスリートもいますが、きっとまた別の形で五輪功労者として顔を見せてくれることでしょう。ブラジルに限って言えば、最終日に男子バレーボールチームがイタリアと戦って悲願の金メダルを獲ってくれました。選手全員が泣き崩れそうになりながら声高々に国歌を歌う姿にまた感涙してしまいました。いつもは厳しい指導のベルナルジニョ監督も目が真っ赤でした。今回が最後の舞台になるリベロのセルジニョ選手の真摯な姿にも心打たれるものがありました。バレーの観客席には、主砲ネイマールの姿もありました。
f0146587_22315238.jpg
ブラジル人アスリート同士の連帯感は流石でした。前回果たせなかった男子サッカーとバレーボールも自国開催の大会で晴れの勝利を手にし、有終の美を飾ることが出来たのは、多くのブラジルの人の心に忘れがたい想い出となって長く残ることでしょう。ブラジルでは、今後選手の育成方法や、費用の工面や練習場所の確保など、問題は山積ですが、女子柔道金メダリストのラファエラ・シウヴァ選手のように、ファヴェーラの恵まれない家庭からもどんどん金メダリストが出て社会を変えてくれる選手が出るよう祈っています。閉会式には、晴れ晴れとした顔をした笑顔の選手が国を超えて入り乱れて行進しましたが、どの顔もこぼれるような笑顔と達成感に満ち溢れていました。ブラジルは元々移民で成り立っている国なので、日常的に色々な人種の方と触れ合う機会が多く、様々な国の外国人選手をみても全く違和感は感じませんでした。日本選手団の中に、レスリングの吉田選手の笑顔を見つけた時、ちょっと泣きそうになりました。ガンバレ、吉田沙保里!!と声を掛けてみました。ブラジルのセレモニーについてですが、彼らの持つ独特のクリエイティブな感覚は、テレビCMなどにも発揮されており、常に国際的な賞を獲っているくらい実力がありますので、開閉会式などのセレモニーは特に楽しみでした。最後は思った通りカルナヴァルのデスフィーレ(行進)で華やか賑やかに終わりましたが、選手とダンサーやボランティアまでもが一緒になって楽しそうに踊っていた姿などがいかにもブラジルのオリンピックらしいなあ、と微笑ましく観させてもらいました。
f0146587_21582019.jpg
徹底したコストカットで臨んだ今回のリオ五輪、蓋を開けてみればどのブラジル人にも満足できるものだったようで、「ブラジル人で良かった!」と誇りに思う人が多く見られました。ずっと世界中で悪口ばかり言われ続けてきた前評判の悪いブラジル開催のオリンピックでしたが、ちゃんと出来ましたね。今回南米初の五輪、しかも政治経済の深刻な問題を抱えながらの開催でしたが、まず成功と言えるのではないでしょうか。4年後の東京が本当に楽しみです。それまで元気で長生きしなくちゃ…(^◇^)
f0146587_22552942.jpg
どんな時にもコルコバードの丘のキリスト像(Cristo Redentor)が見守ってくれたリオ五輪の成功を、ブラジル在住者としてお祝い申し上げます。関係者の皆さま、お疲れさまでした。日本から来られた方、長旅頑張ってください!!


by beijaflorspbr | 2016-08-22 22:20 | ニュース | Comments(4)
Commented by ヒカル at 2016-08-23 00:02 x
はじめまして。いつも大変楽しく拝見しております、ヒカルと申します。
怒涛のオリンピックが終わりましたね。素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた選手の皆さんはもちろん、温かく迎えてくださったリオデジャネイロとブラジルの方々に心から感謝しています。
ご縁があって、9月のパラリンピックに合わせてリオへ行くことになりました。初めてのブラジルで不安だらけだったのですが、こちらのブログでとても勇気づけられております。
今後も楽しみにしております。お体に十分お気をつけくださいね。
Commented by ぴっち at 2016-08-23 01:52 x
リオのオリンピック、これまでになく力を入れて見ました!
アスリートたちの技と心意気がストレートに伝わりました。
勝敗はどうであれ、感動と涙の17日間でしたね~
閉会式もすばらしかった~
会場いっぱいの大きなパフォーマンス、カラフルでクリエイティブで。
ブラジルに住んでいたことを誇らしく思います!
コルコバードからのリオの光景、何度見ても美しい。
4年後はすぐですよ~
また元気で観戦しましょうね~
Commented by beijaflorspbr at 2016-08-23 23:01
★ヒカルさん、初めまして。
初コメントをありがとうございます。嬉しいです。
オリンピックは私は傍観者でしかなかったのですが、随分盛り上がったようですね。
fecebookなどの知人記事によると、日本からもたくさんの方が観戦に来られたようです。
ヒカルさんもパラリンピックにお見えになられるのですね。
きっと楽しい滞在になるかと思います。
どうかブラジルを、リオをお楽しみくださいね。
これからも宜しくお願いいたします。
Commented by beijaflorspbr at 2016-08-23 23:04
★ぴっちさん、こんにちは~♪
閉会式も終始ブラジルらしいパフォーマンスの連続でした。
選手たちも心の底から楽しんでいました。
最後のカルナヴァルの部分は、選手たちが踊りたくてたまらないという
気持ちが伝わってきました。最後は一緒にカーニバル~♪
4年はあっという間、それまで楽しみでたまりませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< ブラジルは…という言い方      【祝】オリンピック男子サッカー... >>