ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 04月 28日

「JAL 成田⇔サンパウロ線運休発表」に思う

会社更生手続き中の日本航空は28日、国内30、国際15の計45路線から撤退すると発表した。9月末以降、来年3月末まで段階的に撤退する。拠点撤退は国内は・・・(中略)海外はサンパウロ(ブラジル)、ローマ、ミラノ(イタリア)、アムステルダム(オランダ)など7空港から撤退する。 (asahi.comより)

JALサンパウロ線運休、空港撤退について、既に覚悟はできていた、とはいえこうして改めて正式に報道されると計り知れない衝撃を受けるものだ。それゆえ、敢えてこのことについてのコメントは差し控えたい。今回の旅も残り少ないJALサンパウロ線搭乗記の貴重な思い出になるはずなので、丁寧に記事を書きたいと思っている。
f0146587_19505478.jpg
私の中でJALは永遠に不滅、いつか不死鳥のように蘇る日を夢見ている。すでにこの世から姿を消したVARIGブラジル航空も私にとっては大好きな航空会社だった。フレンドリーで機内食も大変美味しかった。ひとつだけ欠点があるとすれば、トイレが汚かったことかな。JALのCAさんのように細かい心配りはない、しかしながら突然「日本茶が呑みたいのだけれど…」と所望すると「ちょっとファーストクラスに行って探してくるわね!」といった対応の柔らかさが何とも心地よかったのものだ。それぞれが持つ航空会社の良さを発揮し、必要淘汰の世界を逞しく生き抜いていって欲しいと願うばかりだ。ああ、VARIGよ、そしてJALよおまえもかとならないことを祈るばかりだ。自分のこれからの人生でどれだけの飛行機と出会えるのか、少しだけ楽しみでもある。そろそろ次のコースを決めないといけないのかな。悩ましい日々が続く…。

追記・・・日系ブラジル人のトリオさんは、JALサンパウロ線が定期就航した時の祝賀フライトに招待されて日本を訪問した人だ。トリオさん曰く、「残念だね。日本人ばかりをお客さんにしないで、もっともっとブラジル人に宣伝してたくさん乗せたら良かった。そうしたら長続きしたかもしれないのに・・・」確かに今ブラジル人の富裕層はかなり多い。今更何を言ってもねえ~~(;一_一)

by beijaflorspbr | 2010-04-28 19:51 | ニュース


<< サンパウロ出発前の成田空港にて      長旅へ出発 >>