ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 17日

疲れ果てて座り込み!?

f0146587_21131977.jpg
街中に突如現れたFazenda(農場)の中で行われた田舎の素朴なお祭りFesta Junina.最初はすごく頑張って歩き回っていた小さな毬ちゃんでしたが、踊り終わった途端にペタンと座り込んでしまいました。周りには鶏やアヒルがウロウロ…。生き物が全然怖くない子で終始ニコニコしていました。馬に乗って馬車にも乗せてもらって、一日中ご機嫌でしたが、我が家に帰って来た途端にバタンキュー。2時間もお昼寝。一日中大音量だったので、夜は魘されなかったのかなあ?と少し心配。お祭りは一年に1回で十分です(*_*;


# by beijaflorspbr | 2019-06-17 21:22 |
2019年 06月 16日

うぅー夢の温泉に入りたいっ!!

週末は色々あって、心身ともに疲れてしまいました。特に足が。。。昨日は朝早く起きて、約2時間もかけて孫の毬ちゃんにお弁当を作った後、炎天下で追い掛け回して最後はギブアップ。最後は荷物番に成り下がりました(笑)
f0146587_23372097.jpg
(毬ちゃんのお弁当は全部味を微妙に変えてみました)

全部終わって気が付くと疲れだけが残っていたという気怠い日曜日。先日送られてきた今年秋に行われる高校時代の同窓会の案内状をふと見ていると、2泊3日のスケジュールとは到底思えないくらい盛り沢山な内容をぎっしりと詰め込んだ素敵な企画でした。今年の監事をしてくれているのが、その地方出身の会社経営者でもある人なので、文章にも無駄がなく、ただただ参加者である我々を喜ばせたいという気持ちがストレートに伝わり、とても楽しみになって来ました。特に私が心躍らせたのが、2泊3日の2日共に温泉付きの宿泊施設だったこと。海外在住者は(私だけかな?)特にこの『温泉』というキーワードに強く惹かれます。私たち兄妹は無類の温泉好き、兄貴なんて近所の温浴施設のポイントカードまで作って頻繁に通っているようで本当に羨ましい。一泊目は残念ながら【嵐】のライブに参戦するため既に1回宿泊したことがあるホテルでしたが、2泊目は未踏の地なので今からワクワクが止まりません。ということで、早速目的地行きのJAL国内線のフライトを抑えました。気が早過ぎるか!?だって、まだブラジル→日本のフライトもちゃんと決めていないというのに…。一昨年までは年に2回帰国していたものの、孫が産まれてからは応援要員として常に待機状態なので仕方がないですね。毬ちゃん、早く大きくなあれ!!流石にブラジルに温泉はないので、今日はバケツに熱めのお湯を入れ足湯をしましたが、足が温まると体全体がポカポカするのですね。勢いで衣類から雑巾まで一気に洗濯を済ませてしまいました。のんびりしようと思った週末ですが、何だか朝からバタバタ…。お昼からはちょっとお昼寝した後、週末の番組を纏めて観ようかな?『夢の温泉』へドボンまで後4か月~♪そうだ、その前に同窓会への参加表明をしなくちゃ。。。おっとっと、肝心なことが抜けがちな高齢者。ところで、同級生が、「送られてきたPDFファイルの開け方を知らない」と言っていましたが、そういう人には本文をコピーペーストして貼り付けちゃえば良いんじゃないかな?と提案しようかと思いましたが、幹事でもない私が言うのも変なので止めました(お節介おばさん)
f0146587_23082652.jpg
(2泊目のホテルの貸し切り露天風呂は無料だそうです)


# by beijaflorspbr | 2019-06-16 23:31 | 日本
2019年 06月 15日

いいなあ、嵐大野くんの描いたチャリTシャツ。。。

恒例の日テレの24時間番組のプレゼンターが今年は「嵐」になったので、ファンの間では色々囁かれています。第一弾はこの大野くんが描いたTシャツのデザイン。手と手を組み合わせた緻密なデザインがとってもステキです。既に友人に白と青を購入するようにお願いしたのにも関わらず、こうして目にすると他の色も欲しくなっちゃった。。。日ごろあまり欲しいもののない物欲に欠ける私なのに、こうした限定グッズには極端に弱いのです。(;´д`)トホホ・・・でもだからといってイオンに行けるはずもなく、既に高額転売されているメルカリで購入する気にもなれず、何だかもやもや。。。まあいいか、縁がなかったということで納得します。でもいいんだ、今から孫のフェスタ・ジュニーナに行くのだから。毬ちゃんの大好物ばかりを時間をかけて作りました。物欲より目の前の人の幸せを祈ろうじゃないか!!(*´▽`*)楽しんできます。皆さま良い週末を!!
f0146587_22540203.png


# by beijaflorspbr | 2019-06-15 22:52 | その他
2019年 06月 14日

6月はFesta Junina(6月のお祭り)

f0146587_21101246.jpg
6月に入ると、あちこちで花火の音が鳴り響きます。6月ブラジルではサント・アントニオ(6月13日)の日とサンペドロ(6月24日)の日をお祝いする1か月です。元々は、ポルトガルからもたらされたサン・ジョアン・バチスタのお祭りだったものをこの時期の冬至祭として、火の聖人・結婚の聖人・雨の聖人に感謝し、破れた麦藁帽に野良着を着て踊りながら夜は火を焚いてお祝いをする楽しくて素朴なお祭りになった歴史があります。孫の毬ちゃんが通っている幼稚園でもこのお祭りに備えて、リハーサルがあったようです。母親から動画がいくつも送られてきましたが、まるで動くお人形さんみたいで、我々ジジババも目を細めちゃって…(^^♪フェスタ当日には、男の子は着ているものに継ぎ宛てを当てて顔には髭を描き、女の子はホッペにソバカスを描いたりして本当に田舎っぺに変身するので楽しみ~~♪ドレスもちょっとダサい(笑)明日が本番のようなのですが、1歳4か月の毬ちゃん、ちゃんと踊れるのだろうか!?いやその前にちゃんと歩けるのだろうか?フェスタジュニーナの由来がもう少し詳しく書いてある記事はコチラです。

# by beijaflorspbr | 2019-06-14 21:43 |
2019年 06月 13日

治安の悪い国で実際に起こってしまった残念なこと

義弟は、幼いころから体が弱かった。病弱で体も小さかった義弟を育てるのに、両親は大変苦労をしたそうだ。しかしながら、天は彼に類稀な才能を与えた。彼は長じて超一流大学をトップの成績で卒業し、ある分野では一流と言われる多国籍企業に入社。長年役員として大活躍をした。海外出張も数知れず、我が家にも彼が買ってきてくれたペルシャ絨毯が今も飾られている。長じて彼は優しい伴侶を得、可愛い子どもを4人授かり、自身の喘息の治療と子どもたちの健康ために郊外に大きな家を購入した。子どもたちがスクスク育つとともに、一人二人と家を出てサンパウロ市内に購入したアパートに移った。全員が巣立った後は、その公園のような大きな家に夫婦二人だけが残った。40年間住んでいて何事もなかったのに、先週末悪質な強盗団が家に侵入してきた。義弟夫婦は、抵抗もしなかったのに殴られ傷つけられた上、車を持ち去られた。「治安が悪い」とは聞いていた。しかしこうして身近な人が被害に遭うと、心が痛む。私たちが今出来ることは何なんだろう?夫婦二人で考えた。悲しい事件だが、これが紛れもない事実として受け入れなくてはならないこの病んだ国の現状。強盗侵入後、義弟宅は大規模な防犯工事に入ったそうだ。
もう直ぐブラジル国内で始まる男子サッカーコパ・アメリカ大会開催にあたり、在サンパウロ総領事館からはお触れが回ってきています。一部を抜粋すると…

◎屋外でスマホを操作せず、ショッピングセンターやレストランなどの建物内で操作する
◎最新式のiPhoneはブラジルでは高価転売できるので、狙われるケースが後を絶たない
◎貴金属着用は出来るだけ控える
◎宿泊ホテルの選択は慎重に(立地や金額で判断しない)セキュリティーや周辺の立地も考慮する
◎なるべく複数で行動する
◎空港・会場などの置き引きに注意
◎現金は持ち歩かず、分散する
我々が普段から心がけているものの、残念ながらそれでも被害に遭う人はいます。平和な日本から来られると、どうしても緊張感が緩みがちになるかもしれませんので、くれぐれもご注意ください。もし困った時は、在サンパウロ日本国総領事館へ連絡するようにとのことです。電話55-11-3254-0100。日本からブラジルにサッカー応援に来られる方、どうかお気を付けください。
f0146587_21251043.jpg


# by beijaflorspbr | 2019-06-13 22:05 | 思うこと
2019年 06月 12日

たまには美味しいと思うリングイッサ(腸詰)

今日のサンパウロの気温は14℃、ということは我が家は10℃ちょっとということに…。一昨日、恒例のスーパーでまとめ買いをしてきました。色々お買い得品があり、良いお買い物が出来ました。冬になるとビールの安売り合戦が始まるので、ついつい手が出てしまいます。私がいつも飲んでいるBohemiaというビールは、1本85円というお値段。でも先月は病気をしていてほとんど飲めなかったので、ストック過剰気味。トリオさんが念を押しました。「本当に買わなくていいの?安いよ?ストックしておけば?」「いいんだってばー」その他リストに従って細々揃える中で、珍しく生のリングイッサを買ったトリオさん。昔はあっさりしたちらし寿司などを作ると、必ず「リングイッサ焼いて」なんて言っていましたっけね。今は年を取って何を出しても文句ひとつ言わなくなりましたが…。
f0146587_19241138.jpg
これをまず良く洗い、予めしっかりボイルします。それから魚焼きロースターで焦げ目がつくまでしっかり焼くと…、まあなんと美味しいこと。良くレストランで前菜に如何ですか?と回って来てサーブしてくださいます。山盛りのモーリョとリングイッサそして炊き立ての白ごはんで美味しく頂きました。「たまにはいいよね、月に1回くらいは…」もう我々は食べ放題のシュハスカリアには行けません。だって、お肉1切れでギブアップしてしまうので、勿体ない。魚焼きロースターは、とても便利で、ピッカニャの丸焼きや、ローストビーフなどにも大いに活用しています。直火の美味しさを気軽に味わえる家電も、大変ですが日本から運んでください。
f0146587_19241644.jpg
デザートには、おぜんざいを。日本から大切に持って来た北海道産の小豆と、これまた大切に持って来た「サトウの切り餅」で至福の時間。塩昆布を出したらトリオさんったら「これ中に入れるの?」「違うよ、口直しで食べるの」と。同じことを娘のエルも訊いていましたっけ?
f0146587_19241965.jpg
冬はこうした温かいもの、ちょっと美味しいもので寒さを乗り切りましょうっと…。寒いけれど、暖かくしてお出かけしてきます。変な話ですが、地下鉄の中がガンガン冷房が効きすぎていて一番寒いので強敵です。昨晩娘とのやり取りで「明日こちらに来るんでしょ?」「うん、お昼一緒に食べない?」「その前にママの治療しなくちゃ…」「ぎぇ~~ヤダな」などという会話が。気が進まないけれど、行ってまいります。

# by beijaflorspbr | 2019-06-12 19:42 | おうちごはん
2019年 06月 11日

ブラジル発着旅程における無料手荷物許容量変更のお知らせ

f0146587_22203017.jpg

日本航空HPより引用】


ブラジル発着旅程における無料手荷物許容量の変更について

平素よりJALグループをご愛顧いただきありがとうございます。

このたび、ブラジル発着旅程における無料手荷物許容量を変更いたしますので、お知らせいたします。

適用開始日

2019年6月1日新規発券分より

変更点

ブラジル発着旅程におけるプレミアムエコノミークラス/エコノミークラスの無料手荷物許容量の重量(1個あたり)を32kgから23kgへと変更いたします。

------------------------------------------------------------------------------------

あーーそう来ましたか!!だんだん厳しくなる「無料手荷物許容量」の正式なお知らせ。既に噂には聞いており、American航空やLatam航空なども実施しているので、覚悟もしていましたが、いよいよJALでも実施されるなんて…。私のように海外拠点で長年生活をしている身には、辛く厳しい規則です。良くお友達に聞かれるのですが「何をそんなに親の敵みたいに(ブラジルに)持って帰るの?」でもね、これはもう経験者にしか分からないと言うしかありません。あれもこれも欲しいから手当たり次第にと言うわけではなく、最低限生活に必要なものをスーツケースに詰めた結果重たくなっちゃった…。というのが答えです。最低限と言いましたが、私の場合衣類や書籍類などは努めて少なくしているものの、軽めの調味料やわかめ・昆布・出汁の素・海苔などの乾物、ラップ(大・中・小・極小)、ベープノーマットなどの殺虫剤、浄水機の替えフィルター、直ぐに食べられるインスタントラーメン(こちらに売られているものは高いうえ好みの銘柄がない)、それに家族に頼まれた子ども用の衣類や小物に塗り薬等々…。これにお友達から頂いた賞味期限内の貴重な食糧品にお菓子など。プラス娘の仕事に使う道具や薬剤なども必ず入れます。娘の強いこだわりで、未だに日本の材料を多く使用しているので、積極的に協力するようにしています。海外旅行へ行くのと、本拠地に帰るのでは全く事情が違います。日常生活を送る上で、どうしても不自由なもの、欲しいもの、日本の製品の方が格段に優れているものは多々あります。今までの32キロの許容量に甘えすぎていたのかもしれません。ささやかな救いがJGCの特別枠を利用して、荷物3個を預けられるということでしょうか。本当は2個にして身軽に動きたいところですが、やっぱり3個になってしまうかな?次の帰国までまだまだ日にちがありますが、少しずつ親しいお友達と調整に入っているところです。いくつかの旅程は決め、既にホテルも抑えました。ああ!再会が楽しみです。1年に1度の大きな自分へのご褒美を大切に過ごしたい…。こうして計画しているうちが華なのかもしれません。



# by beijaflorspbr | 2019-06-11 22:36 | 飛行機 | Comments(2)
2019年 06月 10日

美味しいキュウリが手に入った時は…

ほぼ何でも手に入る日本から一番遠い国ブラジル・サンパウロ。野菜・果物・肉・魚・ごはんに至るまで、不自由だと感じることは何もありません。特に野菜部門の最大の功労者は日本人移民の方々です。野菜を食べないブラジル人が野菜を進んで喜んで食べるようになったのは、根気強く野菜を作り続けてくださった日本人の祖先の皆さまのお蔭です。我が家は家族全員野菜が大好き。野菜不足になると「なんか最近野菜不足…」と言いつつ、無理矢理大根おろしを作ったり、お味噌汁に山ほど葱を盛って食べています。野菜の中でも特にキュウリが好きな私ですが、自己流でサラダ風のものを良く作っています。これは意外に家族に好評で、良く食卓に上ります。それがこれです。キュウリを縦半分に切った後、手でちぎります。塩・胡椒・砂糖(少々)・醤油・酢・油(サラダオイルとごま油を少し)を次々に入れてガチャガチャ混ぜるという簡単なもの。いつかどこかの居酒屋さんで食べて、すごく美味しく感じて、それからずっと真似っこしています。その居酒屋さんのは、これにタバスコが掛かっていてピリ辛でした。
f0146587_21260221.jpg
半年に1度、所属する「ブラジルを知る会」の総会時がレストランChina Gardenで行われるのですが、その前菜に必ず出されるのがこの「キュウリとピーナツ」の一品。本当に美味しいです!!
f0146587_21183229.jpg
私はもうこれが大好物なのですが、これに近い作り方を紹介した動画を見つけましたので、今度真似して作ってみようと思います。美味しいものを作る時はひと手間かけろ、の典型でしょうか。今やYou Tubeサマサマですね。外国人の中にはYou Tubeを見ただけでレストランを開いてしまう人もいると聞きます。
習うより慣れろ、今度は家庭でレストランの味に挑戦します。「良いキュウリが手に入ったら…」の条件付きですが。そういえば以前紹介した「キュウリのきゅうちゃん漬け」ももう一度作ってみたいなと思っています。


# by beijaflorspbr | 2019-06-10 21:39 | 料理レシピ
2019年 06月 09日

品質が向上しているブラジルの家電製品

昔は家電のほとんど(洗濯機・冷蔵庫・テレビなどの大型家電以外)を日本から船便で運んでいたものでした。掃除機・電子レンジ・電子オーブン・炊飯器・電気ポット・炬燵・ホットプレート・電気カーペット等々…。ところが最近立て続けにそれらが故障し動かなくなってしまいました。電化製品にも寿命があるのは当たり前です。だって、この私ブラジルに来て42年にもなるのですもの。そこで取り敢えずないと困るものを娘に通販で買ってもらいました。日本で買う時のように、価格を比較するサイトにアクセスし、そこで最安値を出している業者から選んで購入してくれました。この部分は、日本では平気でやるものの、ブラジルでは「騙されるんじゃないか?」と自信がない高齢な私(笑)そして待ちに待った荷物が娘宅経由で我が家に届きました。まずはどうしてもなくては困るオーブントースター。Hamilton Beachの母体はアメリカのようですが、純粋な国産品でしかもお値段もリーズナブル。娘の家で使っていてとてもパンがふっくら美味しく焼けるので、同じものを買ってもらいました。配送料も込でR$230.00(約6,400円)これは何と娘が私たちにプレゼントしてくれました!有難いこと。
f0146587_22492126.jpg
そして2番目に困っていたのが掃除機。我が家は無駄に広いので、これまでに何台日本の掃除機を壊してしまったことか!使用人のせいというより、モーターが元々弱いのかもしれません。そこで今回はモーターが強い頑丈なものを購入してもらいました。それでもこちらはR$430.00(約12,000円)先週お手伝いさんに使ってみてもらうと、まあ素晴らしいこと!家ってこんなに砂埃!?があったのかというくらいたくさんのゴミを吸い取ってくれました。ベッドのシーツ類をすべて取り換え、クッションにも掃除機をかけて埃を取ってもらいました。おかげでスッキリしました。迷わずもっと早く買えば良かった。ところで、こちらの掃除機は日本の掃除機のように紙パックなど付いていません。そのままスポっとゴミを落とせるタイプ。作りが単純ながらとても扱いやすい。これも買って良かった!本体は当然のことながら少し重たいです。
f0146587_22491669.jpg
約2年ほど前に、こちらのfacebookのガレージセールグループで譲って頂いた電子レンジは、新品同様でした。これはR$200.00(約5,600円)毎日何の問題もなく元気に動いてくれています。
f0146587_22492688.jpg
Panasonic製品については、電子レンジ・冷蔵庫・洗濯機なども当地で作られているようです。因みに娘の診療所のエアコンはFujitsu製品です。待合室・第一診療室・第二診療室の3台を購入、目が飛び出るほど高かったものの、これはお父さんから娘へのオープン記念のプレゼントでした。日本の家電製品はとても品質が良いので、もっとこちらに進出して欲しいものです。ついでに言えば、パルプ製品ももっと売られないかなあ?というくらい高いです。

★おまけ…それでも、炊飯器は日本から運ばれることをお勧めします。こちらで売られているものは、何世代も時代遅れのものが多いです。我が家もそろそろ…かな?


# by beijaflorspbr | 2019-06-09 23:13 | サンパウロ生活情報
2019年 06月 08日

秋らしい空

f0146587_22373370.jpg
最近涼しいというよりは「肌寒い」日々が続いているサンパウロのこの頃です。過去に何度も書いたかもしれませんが、我が家は高台に位置するため、平地よりも3℃くらい気温が低いので、昨日などは13℃と低かったため、体感温度が10℃ということに。日本の皆さんが「蒸し暑い…」と仰っている時に申し訳ないような気持ちになりますが、寒い時は早く寝るに限ります。薄手の羽毛布団に厚めのタオルケットをかけ休んでいると、明け方夢を見ていたようです。新幹線が最寄り駅に着く間際になって降車する用意をしているのに、何かが体中に纏わりついてなかなか取れず身動きが取れなくて降車できない…という夢。焦って起きてみると本当にタオルケットが体中に纏わり付いていてなかなか起き上がれないという状況でした(笑)朝起きると、お友達のグループラインが賑やかです。季節の挨拶に始まり、普段身に付けるパンツのお話に。お友達のCちゃんは、長い間自営で鰻屋さんを営んでいますが、汚れるので比較的安いパンツを生協の通販で買うと。別のお友達はジーンズ愛用派。私は何年も前からB-Threeというブランドのパンツを定期的に購入しています。買う時は高くて無理をして購入するのですが、ここの商品は本当に驚くぐらい長持ちします。型崩れがしないし、劣化もせず速乾性なので便利。私はたった3本しか持っていませんが、ここ10年以上はこの3本の履き回しで良いので、買う時に高くても良いものは良いと思う。と書き込むと、ほとんどのお友達が既に購入して持っているとのことでした。洋服にあまりお金をかけない私ですが、今後は「高くても品質の良いもの」を目指して行きたいと思っています。でも…手軽な価格のUNIQLOも大好きで、早速夏のTシャツを買ってくれるよう娘にお願いしたところです。いつも10月に帰国をすると、既に半袖から長袖に代わっているので買えないのです。家の中でインナーはUNIQLOが良いですね。今もPC前の私は上から下まで(中まで?)UNIQLOさんにお世話になっています。一番上に羽織っているジャケットは、娘が捨てたもの(笑)毬ちゃんも最近は可愛く着こなすようになりました。UNIQLOはベビー製品もたくさんあるので、重宝しています。日本の衣類品は本当に良いですね。早くお買い物をしに日本に帰りたいです~♪

# by beijaflorspbr | 2019-06-08 23:00 | 思うこと