ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:Natal ( 12 ) タグの人気記事


2014年 12月 28日

親戚一同でXmasパーティー

久しぶりにサンパウロ郊外にある義弟の家に来ました。家族や親戚が一堂に会して毎年盛大に行われるNATAL(クリスマス)を祝うためです。
f0146587_20500605.jpg
私たちが着いたのは午後10時少し前、既にたくさんの人たちが集まっていました。毎年感心するのは手抜きのない飾り付け、義妹は裁縫も得意なので、手作り作品も年々増えているようですごい!
f0146587_20520847.jpg
色とりどり野菜、クスクス、鱈に蟹料理が美しく並びます。
f0146587_20565234.jpg
お赤飯、巻き寿司にタルトも。。。
f0146587_20565730.jpg
クリスマスには欠かせない豚に七面鳥、良く焼けていて美味しく頂きました。
f0146587_20570189.jpg
私が持参した鶏のから揚げ、色は地味ですが評判が良くてホッとしました。
f0146587_21180093.jpg
ずらっと並んだお料理の数々
f0146587_21032122.jpg
少しずつ取り分けて、いただきま~す♪
f0146587_21042470.jpg
次はデザートの部
f0146587_21074512.jpg
いつもながら見事な手作りお菓子が並びます。
f0146587_21091943.jpg
0時になって皆で抱き合いながら「クリスマスおめでとう~」と挨拶した後、全員参加のアミーゴセクレット(プレゼント交換)が始まります。
f0146587_21095460.jpg
毎年のように決まった手順のクリスマスパーティーですが、今年もまたたくさん笑って楽しませてもらいました。午後10時から始まったフェスタは、午前1時過ぎまで…。帰宅したのは午前2時のことでした。年々睡魔をこらえるのが辛くなってきています。


by beijaflorspbr | 2014-12-28 21:16 | 年中行事 | Trackback
2011年 12月 25日

サンパウロからFeliz Natal~♪

クリスチャンでもない私が言うのも変ですが、メリークリスマス&Feliz Natal072.gif
f0146587_0205010.jpg

泣いても笑っても2011年はあと1週間で終わり。静かに一年を振り返ってみようかな?

by beijaflorspbr | 2011-12-25 00:19 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2010年 12月 25日

Feliz Natal

クリスマスと言っても我が家はクリスチャンではないので、特別な催しものはなく、毎年義弟の家に集ってご馳走を頂くのが習慣でした。今年は娘が違うところでクリスマスを過ごすというので、遠く離れた義弟の家に運転して行くのが面倒くさくて断念しました。そこで朝からトリオさん、張り切ってご馳走作りです。まずはCaldo Verde。名前の通り「緑のスープ」Bacalhau(干し鱈)の茹で汁に、ジャガイモのすりつぶし、ソーセージ、ベーコンにコウヴェという野菜を入れ煮込んだもの。
f0146587_1921195.jpg
煮たBacalhauをほぐして骨を取り(これが私の仕事)、パプリカ、玉ねぎ、トマト、ジャガイモ、オリーブの実を入れてオーブンで焼いたもの。
f0146587_19223354.jpg
茹で卵は後で各自乗せて頂きます。
f0146587_1923879.jpg
今日のお酒は(っていちいち飲まなくても良いのですが…)カイピロースカ
f0146587_19234434.jpg
まずはCaldo Verdeから
f0146587_1924841.jpg
そしてBacalhauを楽しみましょう。白ご飯と不思議に合いますが、ポルトガル人は絶対にごはんと一緒には食べないそうです。オリーブオイルをたくさんかけて(お醤油もちょびっとかけて)頂きます!
f0146587_19253592.jpg
50人くらいで過ごすクリスマスも楽しいけれど、静かに過ごすクリスマスもまたよし。トリオさんのお陰で美味しいバカリャウが頂けたので幸せでしたなあ~♪


by beijaflorspbr | 2010-12-25 19:26 | 年中行事 | Trackback
2008年 12月 25日

大荒れのクリスマスイブ

皆様、メリークリスマス!と言っても、私の友人のように「私ゃね、仏教徒、別にクリスマス祝わんでも…」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが…。この国は国民のほとんどがクリスチャンというお国柄ですからクリスマスのお祝いは実に盛大なのです。我が家でも毎年恒例の親戚大クリスマスパーティーが市内から40キロほど離れた義弟の家で行われるにあたり、トリオさんは得意のBacalhau ao Fornoという干だらと野菜を食べやすい大きさに切ってオーブンで焼いたもの、私はいつものお赤飯、今回は頑張って9合分を早朝から作りました。そのせいで疲労困憊、夜のフェスタに備えてぐっすりとお昼寝をして体力を蓄えパーティーに臨もうと思いきや…夕方の7時過ぎから雲行きが怪しくなり、ゴロゴロと雷鳴が…。あーーーこりゃ来るぞ!と構えていたらゴロゴロ、ピカッ!おまけに強風付きのトリプルプレゼント!雹のおまけ付き!雷雨と雨ぐらいじゃ滅多に停電しなくなった我がChacara Floraですが、「風」には滅法弱い。案の定、出かける予定の午後9時少し前に突然パチッ!と一斉に停電!!!「あの~出かけるんですけど…」「何も見えないんですけど…」(ーー゛)停電する前に懐中電灯を家族が持って、家の戸締りやら何やらに走り回り、何とかシャワー(トリオさん)と化粧(ハチドリ)を済ませて出かける機会を窺っていたものの、なかなか雨脚は弱まりません。もう止めちゃおうかな~と思った時に雷雨は続いていたものの、何とか外出できる目処がたったのが既に10時半。こりゃ、行くまでにきっと困難を極めるだろうな~と想像していたとおり、一軒家ばかり並ぶ我が家の近くは、自然に囲まれた素晴らしい環境で…と自慢したいところなのですが、反面こうした異常気象の時は、大きな木が倒れてあちこち道路が寸断されて通行不可能になるのです。この地に住んで約20年、もうこの近辺の地図は裏道も含めすっかり頭に入った我々家族でさえ、あっちもダメ、こっちもダメならこっちだよ、大きな通りに出たらたぶん大丈夫なのでは?と向っていたら、その大通りのVereador Jose Dinizが全面通行止め!(>_<)(後のニュースによると、大木の倒壊で通行不可に、14時間も停電していたそうです)

じゃあ、もうひとつの大きな道路…Vicente Raoは?と向うと、そこも部分的に木がバタンバタンとお倒れになり部分的に通行止め!何とか迂回を繰り返しながら何とかMarginal Pinheirosに入ることができました。ムスメよ、パチパチ!私はもう緊張しまくりで手には汗、おまけにトイレに行きたくなるし…(恥)娘に叱られるしで、何だかこの大雨のせいで3重苦なXmasイブでした。結局停電した我が家、午前4時に戻ったら電気は来ていたものの、家中の電気が点滅を繰り返すなど誤作動が続いたので、電気をつけることを諦めそのまま休みました。ずっと義弟の家に行くまでに観察してみると、どうやら本当に酷かったのが我が家近辺、サンパウロ市内南部直撃型の雷雨だったようです。やれやれ…とんだクリスマスイブになってしまいました。前置きが長くなりましたが、Avenida Paulistaのリポートをもう少し続けます。賑やかで五月蠅いBradesco銀行に別れを告げどんどこ歩きました。
f0146587_19555639.jpg
お昼休みのPauista大通りは、たくさんの人が行き交っています。「あの」派手な青いおうちのBanco Itauです。
f0146587_2003183.jpg
これは断然夜のほうがキレイ!しかし細かい飾り物が夜はちっとも見えません。ちゃんと普通に営業していることを確認!って当たり前か、、、。
f0146587_1741057.jpg
家を取り囲むようにして隅々まで飾られています。毎年ここはすごい!
f0146587_17411663.jpg
大きなビルが並ぶサンパウロの金融の中心街=Avenida Paulistaです。
道路を横断するようにして建設中の橋?(舞台)は、新年を祝うためのものです。この舞台で有名歌手(MPB=Musica Popular Brasileira)が夜通し歌うそうです。
f0146587_2082680.jpg
次は緑を求めて、Parque Trianonにまいりましょう。
f0146587_20103537.jpg
私たちが先日踊った場所も何事もなかったかのように静まり返っています。パウリスタ散策もなかなか楽しいものです…がこの日は暑かったなあ~
f0146587_2014013.jpg
もう少しお散歩は続きますが、今日は電気が不安定なうえ、インターネットの調子も今ひとつですのでこの辺で失礼いたします。☆昨夜のサンパウロ市南部の記録的雷雨の続報 TVGloboのニュースによりますと、昨晩4時間の間に1300もの雷が発生。そのうちいくつ落ちたかは未だ未定。15時間以上が経過した12月25日正午、電気・電話などのライフラインが断たれている家が多数あるそうです。そのほとんどが、我が家の近くのAlto da Boa Vista Chacara Santo Antonio Avenida Roque Petroni Junior他が部分的に停電などの被害が続いているそうです。信号が壊れているところもたくさんありますので運転の際は気をつけましょう。市役所はできるだけ早く倒壊した塀や木を取り除くべく復旧中だそうです。まあ、今日は外出を控えることですね。このひどい雨をどうやって表現したら良いのか、適切な言葉が見つかりません。「恐怖の雨」という言葉がより相応しいような気がします。世界中が異常気象でこれからどうなってしまうのか、とても不安です。 

by beijaflorspbr | 2008-12-25 20:16 | 年中行事 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 24日

滑り込みセーフの「クリスマス特集」

「もうおしまいです!」と宣言しておきながら何なのですが、今年は「お昼」のクリスマスの様子をあまり見に行かなかったことに気づきましたので、一昨日駆け足でもう一度パウリスタ大通りをざっと見てきました。日本はもう24日、クリスマスイブになってしまいましたね。急いで今日と明日でサンパウロの「昼間のクリスマス」のレポートをしたいと思います。
f0146587_10352514.jpg
一番大がかりな設えをするのが、このBanco Realです。去年も見に行きましたっけ。今年のテーマは「Natal do Nosso Mundo」です。つまり私たちの世界のNatal(クリスマス)ということなので、色々な肌をしたサンタクロースさんがいました。まずは入口。日差しの強い暑い日だったので、銀行内に入った時はすーっとしました。おにーちゃんに、「あれ、生粋の日本人だぁ!」と叫ばれてしまいました。「コンニチワ、アリガトー」といつものセリフ。一時は「トヨタ・ミツビチ」と言っていましたが、今や自動車産業にも陰りが見えてきたので、無難な挨拶にとどまっているようで!
f0146587_1801958.jpg
時々「良くできた人形」のようなオニーサンがいたりして…
f0146587_1803981.jpg
細かいところまで良く気を配って作られています。
f0146587_1805811.jpg
飾り物が和風でしたが、最後まで分からず…!?
f0146587_1811895.jpg
こちらは東洋系のクリスマスのようで、畳の間は日本ですがそれ以外がちょっと!?左のお母さんは日本人ではなくて中国系のようにみえます。尤も、外国人から見た「日本」なんてこんな風にしか見えないのかもしれませんね。
f0146587_1814071.jpg
あれは変!とブツブツ言っていると、「生きたオネーサン」が笑っていました。
f0146587_182286.jpg
世界のサンタさんたちの夕食会(Ceia)です。
f0146587_1825870.jpg
ちゃんとCorreio(郵便ポスト)も用意されていますけどお手紙は出せるのかしら?
f0146587_1832311.jpg
子どもたちにとってはと~っても夢のある空間ですね。銀行の中なので、普通にサラリーマンが通っています(皆随分楽しそうですけど)
f0146587_10544361.jpg
今年も夢をたくさんありがとう、Banco Realさん。銀行再編の波に揉まれませんように!さて、お次もBradescoという銀行のクリスマスです。Real銀行を出ると何と大音響!コーラスに次いで、ダンスを踊っています。煙は濛々人がいっぱいで道を通ることもできないほどです。近づいてみると…
f0146587_10585651.jpg
すごいギャラリー(午後1時半を過ぎていたのですけど…皆さん大丈夫ですかぁ~)パーフォーマンスは続きます。
f0146587_1834194.jpg
ま、楽しけりゃいいのよね。今踊っていた人が笑いかけてくれました。
f0146587_11759.jpg
ここの巨大ツリーには魅せられます。
f0146587_118157.jpg
随分長くなりましたので、今日はこの辺で…。それにしても…銀行って儲かるのね!065.gif065.gif065.gif

by beijaflorspbr | 2008-12-24 11:29 | 年中行事 | Trackback | Comments(8)
2008年 12月 22日

サンパウロの夜景ツァー…その6(最後)

夕方爆音とともに激しい雷雨が…こんな時はPCの電源を切らなくてはいけないのに睡魔に襲われて爆睡(お昼寝のくせに…)してしまいましたが、何とかPCは無事でした。サンパウロの夜景ツァーも随分長いこと引っ張ってきてしまいましたが、いよいよ今回が最後です。Rua Augustaは、昔とても栄えたショッピング街ですが、最近はすっかり大手のショッピングセンターにお客さんを取られてしまっています。駐車場が少ないという
のが一番のネックです。私はAlameda Lorenaとの角にあるSanta Luziaというスーパーにしばしば買い物に行くのですが、そこに車を止めてちょこっと買い物に行ったりすることもあります。娘のお気に入りのTシャツのショップがあるのです。若者向けの少しお安めのものも結構置いてあるのですよ。さて、そのアウグスタ通りの角にあるのはBanco do Brasil(ブラジル銀行)です。ささやかにライトのパターンが変わり、点滅しています。
f0146587_1415479.jpg
次も銀行、UNIBANCO、今度Banco Itauと合併したようです。
f0146587_5461235.jpg
こんなボール状の飾りものがパウリスタ通りを彩っていました。
f0146587_5471449.jpg
Conjunto Nacionalというビルの上にある大時計、我が家がAlameda CasaBrancaのアパートに住んでいた時は、高いビルも何もなかったので、毎日この大時計を見ていたので、とても懐かしかったです。この日は何と15℃という"寒さ”
f0146587_141694.jpg
夜の11時過ぎでもBanca(雑誌を売る店)は開いていますよ。
f0146587_5504488.jpg
Parque Trianonも煌々と電気が灯されていてすごい賑わいです。
f0146587_5514249.jpg
この通りの大渋滞!パワフルなサンパウロの街はなかなか眠らないのですね。ワタシャ眠いけどね!(;一_一)
f0146587_5532856.jpg
今度は階段を数段ちょっと上った高い位置にあるデコレーションを見学。
f0146587_14162750.jpg
サンタさんが汽車から乗り出していました、その前で皆記念撮影を。もうかなりくたびれてきました…。観客の笑顔と警備員の無愛想さのコラボが何ともいえず…。
f0146587_5573629.jpg
ちょっとした高台からパウリスタ大通りを見るとまた新鮮です。
f0146587_5592054.jpg
下から改めて見ると、結構派手な飾り付けだったのですねえ。お疲れサマ!
f0146587_60943.jpg
お隣はBanco Real
f0146587_605789.jpg
メトロTrianon-Masp駅の脇にはこのように路上で休んでいる人もいます。
f0146587_651550.jpg
ほとんどのビルの前にはこのようなツリーが飾られています。この辺にくると、みんな同じに見えてきてしまいました(笑)
f0146587_14164577.jpg
1時間以上、パウリスタ大通りのイルミネーションを楽しみました。Ibirapuera公園脇を通って、Morumbi方面に向かおうとすると…未だ大渋滞。夜中までツリーが点灯されているためです。
f0146587_682343.jpg
さようなら~巨大ツリーちゃん、また来年ね!
f0146587_69445.jpg
次に向かったのは、MorumbiにあるPonte Estaiadaのクリスマス飾りです。
f0146587_6104986.jpg
この橋は、テレビ局Rede Globoの真横にあります。この橋から我が家までは車で10分ほど。自宅に帰ったら1時半を回っていました。まあ良く遊んだものです。たまには夜景見物も良いものです。Viaduto do Cha(お茶の水橋)発(19:30)12月6日ー23日まで、市内の主なイルミネーションを回るツァーを行っているそうです。ハチドリのサンパウロ夜景ツァーに長々とお付き合い頂き、まことにありがとうございました!

by beijaflorspbr | 2008-12-22 06:28 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 21日

サンパウロの夜景ツァー…その5(Banco Itau)

今日はもう12月21日、あと10日で2008年もおしまいです。今年はどんな年だったのでしょうか?私にとっては悲しい年でもありました。何故か悲しいことのあるのはいつも偶数年です。2004年(父との別れ)、2006年(母との別れ)、2008年( Kくんとの別れ だからきっと来年は希望に満ちた良い年になると信じましょう。そして2010年のことはあまり考えますまい。今を生きることに一生懸命になろうではありませんか!最近、このブログのページビューが少し落ちてまいりました。話題が多岐に渡っているわけではないし、サンパウロの地域限定ですし、すごく面白いとかすごくためになるとか私が有名人というわけでもないので当然といえば当然なのかもしれません。どうしても平坦な生活記録の繰り返しになっていますが、これはまぎれもなく日々の正直な記録なので、めげずにできることなら私が生きてきた証として根性で残していくつもりでいます。つまらない時もつまる(笑!?)時もどうか末永くお付き合いを宜しくお願いいたします。友人Sが、「何いってんのよ、ブログって元々自分のための日記じゃない、人に読まれようが読まれまいが関係ないじゃない」と励ましてくれました。確かにブログは個人の日記なのでしたね。でもなあ、人間だから時には数字も気になってしまうのです。とはいえ、毎日もったいないほど多くの方がここを訪れてくださっています。いつも「無言の励まし」を頂いている私はやはり幸せ者と言わざるを得ません。さあ、夜景ツァーの続きです。Alameda Campinasに車を止め、パウリスタ大通りをコンソラソン方面に向かってひたすら歩きました。トリアノン公園で汗を流し(笑)、次は有名なBanco Itau(イタウ銀行)のイルミネーションを見に行くことにしました。ド派手なBanco Itauに到着しました。夜はイルミネーションで派手ですが、この銀行、お昼間は普通に営業しています。行員さん達がクリスマスバージョンなのかどうかは未確認ですが…。
f0146587_14222518.jpg
小さい子どもたちがイルミネーションに目を輝かせています。
f0146587_14224099.jpg
毎年この銀行は良く頑張っているなあと思います。元はBank Bostonでした。一時期Bank Bostonは市内のあちこちにありましたが、今は全て引き揚げたのか全く見かけなくなりました。日本の銀行もどんどん合併して名前が変わっていくので同じことが世界中で起こっているのかもしれませんね。Rua Ministro Rocha Azevedoを渡り、Banco Itauを振り返ると…
f0146587_6564194.jpg
去年、この建物を見学した時に、警備員のおじさんに「夜ここにもう一度きてごらん、まるで夢の世界のようだから…」と言われたのを思い出しました。子どもたちの目には「夢のお城」のように見えたかもしれません。お次はグリーンでライトアップされた家。
f0146587_6585764.jpg
映画館などの入っているConjunto Nacionalビルはちょっとさみしい…かな?
f0146587_71117.jpg
Rua Augustaの角にあるBanco do Brasilも健闘中!
f0146587_725841.jpg
さあ、今度は反対側に渡ってみましょう。8車線のパウリスタ大通りも今宵は大渋滞です。
f0146587_744312.jpg
こちらのビルは垢ぬけしていて美しいですね。キラキラと光るダイヤモンドのような帯が綺麗なビルでした。
f0146587_710523.jpg
長々と引っ張っているサンパウロの夜景特集ですが、もう少しだけ続きます。「サンパウロがご実家」「サンパウロに住んでいた」「サンパウロを知っている」という方々のためにあと少しだけ「今のサンパウロ」をお伝えできたらと思っています。もちろん日本に住む我が子たちのためでもありますが…。

by beijaflorspbr | 2008-12-21 07:18 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(6)
2008年 12月 18日

サンパウロの夜景ツァー…その3(Av.Paulista)

曇天のサントスからこんにちは。海岸を散歩しようと思ったのですが、だんだん天気が怪しくなってきたので、取り止めました。悪友Sも日本から帰ってきてまだ1週間しか経っていないので「散歩なんか嫌だ!」と言ったせいでもありますが・・・(笑)。明日気を取り直して彼女を説得して再挑戦します。さて、いつもと違う煌びやかなIbirapuera公園を後にしました。
f0146587_3253527.jpg
少しずつ車が流れるようになってきました。どこかの会社もクリスマスバージョンです。
f0146587_3333333.jpg
Brigadeiro Luis Antonio通りも大渋滞!ちっとも動きません。。元レストラン燦鳥(サントリー)→今は新鳥になりました。
f0146587_3363035.jpg
ちょうどAlameda Campinasに駐車スペースを見つけました。
f0146587_3451482.jpg
まずは名物のBanco Realのイルミネーションです。
f0146587_3464940.jpg
FIESPビルのイルミネーションはシンプルですがキラキラ輝いてダイヤモンドの光のようです。
f0146587_3513041.jpg
Banco Realのお隣もキラキラ…。
f0146587_352363.jpg
大きなクリスマスツリー
f0146587_355319.jpg
次はParque Trianonのイルミネーションを見に行きましょう。何万本かの気に電球が巻きつけられています。根元から緑色にライトアップされていました。大勢の人が楽しそうにお散歩しています。
f0146587_3582949.jpg
なんとここで踊るはめになるとは…。良い汗を流すことができました。サンパウロの夜景見学まだまだ続きます…。

by beijaflorspbr | 2008-12-18 04:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(2)
2008年 12月 17日

サンパウロの夜景ツァー…その2(Ibirapuera)

今日は朝から一日中娘との外出日だったのですが、どうしても歯が痛くて…という患者さんがいて、成り行き上娘にくっ付いて私も診療所に行き、結局は後片付けまでお付き合いをしてきました。詰め物が取れてとても痛がっている患者さんが治療が終わるとニコニコ笑って診察室から出てきたのを見て、純粋にすごいな!と思いました。病気を治すのが医者なら、歯を治してくれるのが歯医者なんだな、と本当に当たり前のことを再認識した次第です。後片付けを綺麗にして(毎回お掃除もする)帰宅したのが夜の9時でした。今日は、私達の仲人さん(トリオさんの元上司でアラブ系)の奥様に久しぶりにお会いしてきました。娘がこの方の3男さんの歯科診療所をたまにお借りしているので、良い機会だからご挨拶に行こうということになったのです。ご主人はサンパウロで2人しかいない連邦政府の上院議員をしており、平日は首都ブラジリアにお住まいで、週末だけサンパウロのご自宅に帰ってこられるというお忙しい日々を過ごしています。奥さまは、小学校の校長先生を長いことされていて、私の子どもたちも勉強を教えて頂いていました。色々思い出話をしたり、ジュースを頂いたりお互いの家族の消息をお話しているうちに、ブラジルにきた一番の収穫はこの奥様に出会えたことかな、とも思えました。私達の歴史を知りつくし、「ハチドリほどここの生活に馴染んだ日本人を私は知らない。それはあなたのお父さんやお母さんの立派な教育のお陰ね」とも仰ってくださいました。このご夫婦は私の両親とも親しかったのです。娘も今年の8月頃、仕事のことで一時とても苦しい時期があり、一層のこと歯医者を辞めてしまおうとまで思い詰めたことがあったと打ち明けると、「歯医者は誰でもができる仕事ではない専門職でしょう。精一杯勉強をして技術を身に付けたのだからそれを今度は世の中のために役立てなくてはダメ。投げやりになるのは簡単なことだけど、難しいことに挑戦する方がよりやりがいがあるでしょう。この仕事に誇りを持って取り組んでみなさい。必ず運命が味方してくれるから。それと患者さんに誠意を尽くすことも忘れてはダメよ」という力強いお言葉を頂きました。本当に有難かったです。ご主人さまの地位が我々が近づけないくらい上に上がられても、変わらぬ奥様のお姿に感動を憶えました。奥様の笑顔に見送られて何とも爽やかな気持ちでご自宅を後にしました。何と収穫の多い一日だったことでしょう!前置きが長くなりました。イビラプエラ公園のイルミネーションの続きです。やっと池のほとりから巨大クリスマスツリーのあるところまでやってきました。
f0146587_10285445.jpg
これが一番明るい状態のようです。
f0146587_1047378.jpg
色々な光のパターンがあり、どんどん変わっていきます。また元の明るい光に戻ります。ずっと見ていると結構楽しめました。
f0146587_10561260.jpg
今年はこの巨大ツリーを堪能することができました。そろそろ次のイルミネーションを見にいくことにしましょう。この時点でもう午後10時過ぎ、サンパウロの夜は終わりません。。。さようならクリスマスツリーちゃん!思いきり「手作り」仕様の風車に驚いたり…すごい数のPipoca(ポップコーン)屋さんの屋台に轢かれそうになりながら…Ibirapuera公園のモニュメントを急いで見、
f0146587_1112810.jpg
公園を後にしました。お次の目的地はこちらです!Anenida Paulistaです。
f0146587_114183.jpg
まだまだ夜景ツァーは続きますよ~ぅ!

by beijaflorspbr | 2008-12-17 11:06 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(4)
2008年 12月 16日

サンパウロの夜景ツァー…その1(Ibirapuera)

昨日のラッキョウ漬けに思いがけずたくさんのコメントを頂戴し、恐縮しております。今日も引き続き、調子に乗って、白菜やキュウリ、そして大根など、冷蔵庫で余っている野菜たちを全部お漬物にしてしまいました。本当はもっともっと保存食を極めたいところですが、食べる家族が減ってしまったこと、どう考えても余るかもしれないことを考えると何を作るにも躊躇してしまいます。無理をしないで、少しずつ継続、を目標にしましょう。さて、土曜日の夜は思いきり「夜遊び」をしてきました。今年のサンパウロ州とサンパロ市は、まるで「人が変わったように」クリスマスイルミネーションに力を入れています。「夜景ツァー」なるものも出ていて、観光バスでサンパウロ市内の夜景スポットを安全に回ってくれるツァーも出ているようです。私達はすずおさんのご案内であちこちを回ってきました。まずは私の自宅で夕食を摂って、8時半ごろ出発。トリオさんも誘ったのですが、「僕眠たくなるから遠慮しておくわ」と言うので放っておきました(笑)!いつもの道も夜通ると何となく華やかに見えるから不思議です。こちらは家具屋さん
f0146587_1052868.jpg
Avenida Ibirapuera~Republica do Libanoに入ると大渋滞!
f0146587_1054190.jpg
最初は真っ暗だったのに、イビラプエラ公園に近づくにつれてイルミネーションが…真っ直ぐ走っていても車列は微動だにしないので、Jardim方面に入り、公園から少し離れたところに車を止めて歩きました(というか走りました…)。イビラプエラ公園の噴水ショーは午後9時半まで、残念ながら到着した時は終わったばかり…ガッカリ…。でも気を取り直して噴水の向こうの木を眺めました。随分多くの人が集まっていました。
f0146587_1058185.jpg
湖の左手後方には巨大ツリーが…。
f0146587_10593735.jpg
それにしてもいつもと違うイビラプエラ公園の風情です。ツリーのある方に向かって歩いて行ってみましょう。今日はこの交通量の激しい通りも通行止め=歩行者天国になっています。木のまわりにぐるぐるとLEDランプが巻き付けられています。
f0146587_113063.jpg
やっと巨大ツリーに到達しました。高さ70mもあります。Banco Santanderがスポンサー。太っ腹~~♪
f0146587_1151869.jpg
サンパウロの夜景見物はまだまだ続きます…。


by beijaflorspbr | 2008-12-16 11:06 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(4)