ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ITM-NRT ( 3 ) タグの人気記事


2017年 07月 13日

2017年夏大阪→サンパウロ搭乗記①JAL3002便ITM-NRT

毎度おなじみの~なのですが、飽きもせず今回も日本→ブラジルまでの移動日記を書かせて頂きます。今回は色々自省も込めての記録になってしまうかもしれません。自分では分かり切っていることだったのに、失態を犯してしまいました。(;´д`)トホホ・・・まずは大阪南部の自宅を午前5時半に出発し、HK号にて伊丹空港まで…。幸い好天気で、HK号はスイスイ近畿道と阪神高速を制限速度ギリギリで疾走し、40分足らずで伊丹空港に到着してしまいました。いつもありがとう!!重たい荷物は全て息子が担いでくれました。おまけに言えば、荷造りも全て彼が引き受けてくれました。黄色のスーツケースが25キロ、黒の小型が21キロ、そして娘の診療所に飾るフォトパネルが5キロの合計51キロで出発です。何しろ左肩の不具合が半年以上続いているため、片手で持ちあげられるギリギリの重さで今回は調整しました。重たい液体類は、全て後便でパトちゃんが運ぶことになります。ごめんね!フォトパネルはJALの職員さんが緩衝材で丁寧に梱包してくださいました。ありがとうございます!ここ伊丹で預けた荷物は、自動的にニューヨークまで運んで下さるので有難い限り。
f0146587_21464234.jpg
荷物を預けて身軽になった後は朝食なのですが、午前6時半前なのでどこも開いていません。大衆食堂のような店に入って、簡単朝食をお願いしました。ムスコ大盛りカレー、味はまあまあだそうで…。お粗末でごめんね。今度は折角誕生日に日本に居たのにもかかわらず、私も息子も忙しすぎて、碌にお祝いも出来なかったことを後悔しています。
f0146587_21472634.jpg
食事後、仕事のあるHKとムスコとお別れし、私は展望台に行って写真を撮ることにしました。
f0146587_21475792.jpg
いくら見ていても飽きないけれど、この日は妙に蒸し暑くて5分くらいでギブアップしました。日本はこれから一番厳しい季節になるのだなあ~と実感しました。
f0146587_21482666.jpg
ラウンジでコーヒー1杯を頂き、時間調整をしました。ここはWi-Fiがあるので、メールチェックなどにとても便利。
f0146587_21493916.jpg
20分前に搭乗口に向かいました。ええ確かに向かいましたとも!でも私が向かったのは何と18番ゲート。成田行きの3002便は更に遠い一番奥の19番ゲートだったのでした。ここで大きな勘違いをしてしまいました。いつも乗る羽田行きは大体17番か18番ゲートなのです。だから安心してのんびり待ってしまいました。こんな↓飛行機の写真なんぞを撮りながら…。すると、放送が。「成田行き3002便にご搭乗のお客様、当機は最終ご案内中です」ひぇ!!!ここじゃないんだ・・・。改めて搭乗券を見ると、18ではなく19番ゲートと書かれていました。道理でワサワサしていないんだわ。ええ、それからもう全速力で走りましたとも。途中でJALの職員さんにお会いし、「すみませーん、成田です。置いて行かないでください(笑)」と言うと「ああ、大丈夫ですよ。お客様が最後ではありませんから」と変な慰め方をして頂きました。機内に入ろうとすると、客室乗務員の方が、「お疲れさまです!」とひたすら優しく声を掛けてくださいました。それでもまだ出発時刻前だったし、更に乗ってきた人もいたのですが、本当に焦りました。過信は禁物!!何がベテランだ、何が慣れているもんね~だと自分を叱咤激励しましたとも。何とか無事に搭乗し、座った5分後くらいにプッシュバックし、成田へ向けて出発しました。肝を冷やしました。。。いつか、グァルーリョス空港でも、TAMに乗る時に同じことをやっちゃったことがありましたっけ。これってもう6年半も前のことなのね。何も学んでいない自分、年を重ねてより頑固になってしまった自分を反省しました。

※ここでお礼を言わせて頂きます。
私が持っていたキャリーを(50肩のため)荷物台に載せることができないため、予めJALの職員さんに荷物を上げるお手伝いをして頂くようお願いしました。慌てて乗り込んだ私がキョロキョロしていると、直ぐ近くに座っておられた男性の方が、「お手伝いしますよ!」と気持ち良くひょいと上げてくださいました。後で慌てて客室乗務員の方が来られ、「お荷物は大丈夫でしたか?」と。男性のお客さまにお礼を言ってくださいました。肩をやられているのに、重たいキャリーを持ち込むなんて…と眉を顰められる方もおられるかもしれませんが、腕が右1本しか効かないので、この場合はキャリーに頼るしか方法がありませんでした。結果から言えば、全ての道中で何方かのお力をお借りし、何とか収納することができました。外見は何ともないので、肩の病は厄介なものですね。
f0146587_21485788.jpg
クラスJと普通席の少し広い席の窓側を予約していたので、美しい雲海をしばし楽しみました。富士山は撮るには撮ったものの、遠すぎてピンボケでした。やはり雪を被った富士山に勝るものはありませんね。
f0146587_21513040.jpg
JAL3002便は、1時間20分ほどで成田国際空港に到着しました。飛行機を降りてからターミナル移動が意外に長くてちょっとびっくり。空港ロビーは、いつも活気があって良いですね。UNIQLOで娘に頼まれた季節外れのウルトラライトダウンを購入しました。試しに訊いてみると、海外在住なので免税で買えるとのこと、助かりました。その後、夏らしい生け花に足を止めてしばし鑑賞しました。
f0146587_21530571.jpg
今日も世界中の空へと飛んで行くのですね。この掲示板を見ているのが大好き。最近は、LCCも随分混ざっていて、行き先や航空会社も増えました。それと、共同運航便が多岐に渡り、え?この会社とも提携しているの?と意外に思うことも多いです。私が乗るJAL4便ニューヨーク行は、アメリカン・ブリティッシュ・マレーシア・LATAMなどと提携しています。だから2週間後に日本を発つ私の娘もアメリカンの航空券でJALに乗ることが出来るのですね、ラッキー!
f0146587_21522728.jpg
真夏なのに、ホッカイロを買えと言う家族の要望を得て、ドラッグストアを探して10枚買いました。夏でもホッカイロを置いてあるのは成田だけなのかも!?サンパウロは真冬で、随分冷え込んでいるとの情報です。昔三省堂があった場所に伊東屋さんが入っていて、気の利いたパスポートケースが買えました。嬉しい!
f0146587_21533523.jpg
こうしてウロウロしていると、2時間強お買い物エリアに滞在してしまいました。そろそろ出国し制限エリアにまいりましょうか。後はラウンジで搭乗までの時間をゆっくり過ごすことにしましょう。行ってまいります、私の祖国日本!!

by beijaflorspbr | 2017-07-13 12:00 | 飛行機 | Trackback
2017年 07月 09日

お腹が空きすぎて。。。

f0146587_10203202.jpg
ちょっと取りすぎですかね?昨晩(今朝方?)は2時間の仮眠後、伊丹空港から成田空港にJAL3002便で移動しました。私がこれから乗る予定の3便は満席のようで、運良くプレエコにアップして頂きました。何年に一度のラッキーチャンス、精々楽しみますね。ご褒美は時々じゃないと、有り難みが薄れますものね。食べ過ぎ飲み過ぎに注意いたします。でも、ニューヨークからのアメリカン航空はほぼ食べられるものがないもんね(/ _ ; )今食べても良しとするか。。。なーんて。
f0146587_10205108.jpg
追記・・・成田空港を出発し、12時間25分でニューヨークJFK国際空港に到着しました。機内では食事時間以外は爆睡しました。8時間以上は寝てしまったようです。余程寝不足で疲れていたのでしょうね。今、ニューヨークのラウンジで生意気にシャンパンなんぞを呑んでいます。ラウンジがすっかりリニューアルされて、より広く開放的かつスタイリッシュに生まれ変わったのは喜ばしい限り。ちょっと戸惑うくらいです。ここから夜間飛行を経て、サンパウロには朝の9時過ぎに到着予定です。グァルーリョス空港に着いたら家族に電話して迎えに来てもらうようお願いしてあります。速くChacara Floraに帰りたい。。。この記事が載る頃、サンパウロに着いているのですね。やっぱり日本からブラジルは遠いなぁ〜。実感です。でも楽しい~♪


by beijaflorspbr | 2017-07-09 21:30 | 飛行機 | Trackback
2010年 04月 28日

長旅へ出発

3か月滞在した祖国日本ともお別れ、目まぐるしいという言葉がすっかりそのままあてはまるような怒涛の3か月間でした。日々の生活は平凡でも、その中に凝縮された内容を詰め込めば、それがそのまま自分が正直に生きてきた証になるのではないかと思っています。ともかく充実感を感じることのできた日々でした。前日、一生懸命細かい用事を済ませ、既にトランク1個は成田に送っておいたので気は楽。トランクもう1個プラススポーツバッグに物を詰めたら完成でしたので、思ったよりも簡単に荷造りは済みました。私は日本にいる時には、トランクを空っぽにしておいて、目についたものから順番に買い物をし、それをそのままトランクにポンポン入れていくのです。今までいろいろ試した中でこの方法が忘れものもなく、確実に必要なものを持って帰ることができるので、一番良い方法だと信じています。自分の買い物はもとより、人からの頼まれものは絶対に忘れることができません。こうしておくと、どれくらいトランクに入っているのか、容量が目で見ていつでも確認できるので、後のスペース分の買いものだけで済みます。長年行ったり来たりしていると、こうした知恵は自然に身に付くものです。今回は出発前日に娘のエルが診療所で使う「血圧計」を買ってきてくれ、と頼んだため、血圧計の場所を空けなくてはならなかったのが誤算と言えば誤算でしたが…。それも何とか入れ、荷造りは早々に完成。さて…何しようかな?と思いたったのは子どもたちが寝静まった後。最後に肉じゃがを煮込みながら、冷凍庫や冷蔵庫の中にあった食料品を保冷バッグに詰め、荷造りは終了。
f0146587_10552858.jpg
シャワーを浴び、2時間半仮眠をし、午前5時半に起床して身の回りの支度をしてトランクをゴロゴロ引き玄関前で待っていると、孫弟子のT子が来てくれました。トランクも軽々車に積み、T子号は出発!阪和道から阪神高速を経て大阪伊丹空港へ、といういつものコース。
f0146587_1101086.jpg
日曜日の朝6時、さすがに車は少ないですね。
f0146587_111659.jpg
あっという間に阪神高速、なんばスイスホテル辺りに来てしまいました。
f0146587_1113961.jpg
環状の分岐点、いつもならここは激混みするところです。
f0146587_1121773.jpg
中之島のビジネス街を抜けると・・・
f0146587_1125883.jpg
ほんの10分ほどで大阪空港に到着しました。自宅から何と40分、終始順調でした。
f0146587_114650.jpg
空港に着いたのが、7時前だったので、展望台に行くことは諦め、先に朝食を摂ることにしました。「ものすごくお腹が空いた」というパトはこんなボリュームたっぷりのサンドイッチとミルクティーを。
f0146587_1152991.jpg
逆に食欲のない私はシンプルなトーストを頂きました。分厚いトーストの美味しいこと!
f0146587_116278.jpg
楽しく食事を終え、展望台へ飛行機見物に。この日は肌寒かったものの、風も穏やかで絶好のフライト日和。飛行機を見、エンジン音を聞いていると自然に気持ちが高ぶってきます。
f0146587_118192.jpg
飛行機を見ながら展望台でお弁当を食べている方もいました。私も次回はそうしよう!(笑)
f0146587_1193513.jpg
パトが、「ママもういいでしょう?」と声をかけるまで夢中になって飛行機を見ていました。まるで少年です!
f0146587_11104198.jpg
ギリギリまでパトと一緒にいて話をしていたので、ラウンジはパス。別れは辛いけれど、また会えるもんね、と励ましてお別れ。そのまままっすぐに19番ゲートに進みました。この成田行きの19番ゲートは少し離れたところにあり、前に一度乗り遅れそうになって走った辛い思い出があるところです。今は必ず出発20分前にはゲートに移動するようにしています。
f0146587_11144272.jpg
JAL3002便、大阪ー成田で出発です。プレミアムエコノミー席を取って頂いたので「ちょっぴり」楽でした。このままサンパウロまで行けるといいのになあ~でも現実は厳しいわん。
f0146587_11165394.jpg
たった1時間のフライトですが、眠たい気持ちを抑えていざ出発・・・。でも離陸したら突然猛烈な睡魔が襲ってきました。左手に富士山が見えますよ~というアナウンスに飛び起きた私。窓に寄って必死で撮影。
f0146587_11182190.jpg
富士山を見ると得した気分になる、と仰ったのはロビンさんだったかな?私もそうなのです。どうしても大阪⇔東京を移動するときは富士山が見たい!
f0146587_11195316.jpg
すっかり目が覚めて、お隣の女性の方とお話を。今からトルコへ旅立たれるそうです。「トルコは行ったことがないんですよね~、いいなあ~」なんて会話をしているうちに成田に到着。
f0146587_11263375.jpg
娘の診療所用の雑誌を山ほど買って、予め送ってあったトランクの中に詰めようと思ったら・・・これがなかなか閉まらないのです(>_<)お隣にも同じような方がいて、四苦八苦しているところを、宅配業者の方が暇だったせいかずっと見ていましたね。最後にちゃんと雑誌10冊ほどを見事に入れてみせました。預けた荷物は33キロ、「うーんちょっと超えていますね(太平洋線は32キロまで)」と言いながら預かってもらえた時はさすがに脱力。身軽になったところで、ちょこっとお買い物をし、お腹がペコペコだったので、早々に入国管理を通り、中に入りました。もちろん次の行き先は大好きなサクララウンジでカレーごはんです!
f0146587_11272234.jpg
*追記…成田に荷物を送ると言えば、今までJGCメンバーはタダで送ることができましたが、今回からは有料になりました。2000円ほどですからそれは良いとして、JALABCカウンターの北と南では大違い。私は今回間違えて「北」に荷物を送ってしまいました。北カウンターはそれこそ地の果てのような遠さ。JALで海外旅行をされる方はもっとも近い「」に送られることをお勧めいたします。ちょっとしたウォーキングをいたしました。反省!


by beijaflorspbr | 2010-04-28 11:29 | 飛行機 | Trackback | Comments(2)