ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:EK261便 ( 3 ) タグの人気記事


2012年 06月 01日

エミレーツでサンパウロに帰る旅⑤EK261便ドバイーサンパウロ到着

さて、いよいよ最終段階です。ずっとウッツラウッツラしていたようで、自分でもどうしてこんなに目が腐るほど眠れるのか不思議です。到着2時間前です。
f0146587_2328950.jpg
トントンと肩を叩く人が…。ふと見上げると、客室乗務員のおにーさん、笑顔で「フルーツ?チョコレート?パステイス?」と訊いています。「な、な、なによん」完全に寝ぼけていた私。咄嗟に「Pasteis!」と答えてしまいました。本当はサンドウィッチもあったみたい・・・(-_-;)でも後の祭りとはこのこと。Pasteis de Cordeiro.
f0146587_23285514.jpg
何と2個も!!(ー_ー)!!入りませんってば!!「いやいや、小さいから大丈夫!美味しいよん~♪」って…。お水も持ってきてくれましたが、完全に寝ぼけていてピンボケですぅ。
f0146587_23302819.jpg
ふと前のモニターを見ると、もうほとんどサンパウロに着きそう、でもこの段階からたっぷり1時間はかかりました。
f0146587_23325092.jpg
2012年5月25日(金)午後4時35分。ほぼ時間通りにEK261便はサンパウロ・グァルーリョス空港に着陸しました。飛行機がスポットに入るか入らないかのうちに立ち上がるせっかちなブラジル人多数。お隣の中国おじさん二人も早く立ち上がってイライラしています。すごいプレッシャー、でも絶対に先は譲りませぬ!
f0146587_2336818.jpg
Guarulhos空港がホームベースのTAM機が見えています。再び乗ることがあるのかしら?
f0146587_23365770.jpg
バイバイエミレーツちゃん。また乗るからね(多分・・・)
f0146587_2339261.jpg
ブラジル人の典型的体系のおばちゃん。ブラジルに着くと、太目な私も少しだけ自信がつきます、へへ・・。
f0146587_23404143.jpg
こちらはスイス航空かな?過去に一度パリからチューリッヒ経由で関西空港まで乗ったことがありました。座席が革張りで、サービスもまあまあ良かった記憶があります。
f0146587_23422248.jpg
とても心配した連邦警察の入国管理場も30分ほどで無事通過できました。TAMではいつも相当遅くなるバゲージクレイムは何と荷物を取りに行ったら、預けたトランクが2個とも既に出ていました。JALの時のように、レーンに荷物が貯まらないように、複数の係員が予め分けて置いてくれています。速くて親切でびっくり。
f0146587_2345493.jpg
迎えに来てくれるトリオさんと電話連絡を取ると、「未だTiradentes、ひどい渋滞だからゆっくりFree Shopで買い物していてね~」とのこと。金曜日の夜に着いた私がバカだったのね。(^_^;)チケットを取る時に、土日の発着を狙ったのですが、土日の場合は4~500Reais高いので断念した経緯があります。いつもよりゆっくりお買い物をして税関も無事にパスして、外に出てひたすらトリオ号の来るのを待ちました。約1時間ほど待って、やっと来た時はさすがにホッとしました。最近のサンパウロの渋滞はひどいなんてもんじゃあありません。
f0146587_2350140.jpg
帰りは意に反して意外にスイスイでしたので、約1時間強で自宅に着きました。
f0146587_23504580.jpg
旅装を解いて早速おみやげの鰻を焼いて皆で食べました。この時食べたうな丼の美味しさは今でも忘れることができません。無事サンパウロまで帰って来てホッとしました。我が家は綺麗に片付いており、自室のベッドにも清潔なシーツが敷かれ、その夜はぐっすり休むことができました。家族に感謝です。長い長い旅行記にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

☆長く引っ張ってきましたこのエミレーツ旅行記も今日で最後です。実は、今夏にある方が小さなお子さんを連れてエミレーツで一時帰国をされるとお聞きしたのと、最近のサーチワードで「エミレーツ一人旅」や、「エミレーツでサンパウロ」などの項目がありましたので、何かの参考になればと思い細かく記した次第です。エミレーツに乗ってみて、感じたのはまだ航空機を使っての旅行が珍しかった1970年代、エコノミーでもかなり手厚いサービスを受けることができました。恐らくエミレーツ航空はそれを再現しているのかもしれませんが、サービスの原点を忘れないという点で高く評価できるエアラインだと思いました。航空会社を選ぶ時の基準は「また乗ってみたいか?」ということに尽きるかと思います。私自身はエミレーツがとても気に入りました。良い旅をさせてもらえて感謝します。

by beijaflorspbr | 2012-06-01 23:53 | 飛行機 | Trackback | Comments(8)
2012年 05月 31日

エミレーツでサンパウロに帰る旅⑤EK261便ドバイーサンパウロ夕食

ドバイーサンパウロ間は、14時間40分、気長にまいりましょう!「朝食」サービスが終わった後は映画鑑賞タイム。前から観たいと思っていたサッチャー元首相をテーマにした、メリルストリープ主演の「マーガレットサッチャー 鉄の女の涙」を観ました。ただ、ご飯を食べた後はひたすら眠たくて、何度か一時停止をしては眠りまた観るということを繰り返したので、都合9時間くらいかかってしまいました(笑)映画をそのまま放置し、眠り呆けていると機内がうっすら明るい。ん?何かあったん?と片目を開けると…。
f0146587_2217338.jpg

すぐにおにーさん(担当客室乗務員は男性)が、飲み物は?と訊いてくれ、周りの人が皆頼んでいたこれを。前の朝食サービスから6時間が経過していました。
f0146587_22181055.jpg

世界ブランド「コカ・コーラ」もアラビア語で書くとこうなるのね、ふむふむ・・・
f0146587_22185696.jpg

今度は「夕食」です。鶏か肉かの選択なので、牛肉をお願いしました。
f0146587_22284642.jpg

右に張り付いたカボチャのつぶしたものが甘くて美味しい~♪パンにはまたバターを塗って保管。結局これはサンパウロの空港から自宅へ向かう時のボンのおやつになりました。ところで、この夕食時に出た中で一番美味しかったのがこのマラクジャムースでした。甘いものを頂くとホッとしますねえ。
f0146587_2224987.jpg

食事の後は何となく機内がザワザワ煩くなります。
f0146587_22245198.jpg

さ、もうちょっと寝よう!ホント、目が腐るほど良く眠れるもんです。自分でも感心しました。

by beijaflorspbr | 2012-05-31 22:26 | 飛行機 | Trackback
2012年 05月 30日

エミレーツでサンパウロに帰る旅④EK261便ドバイーサンパウロ朝食

青空にくっきり映えるエミレーツ航空の尾翼
f0146587_19503.jpg

いち早く機内に入るのは手荷物収納のためです。いつもブラジル線は、たくさんの手荷物を抱えている人多数。限られた収納スペースを巡って熾烈な争いが繰り広げられます(ってちょっと大げさ?)
f0146587_1963722.jpg

私が予め抑えた席は、36D席、つまりエコノミー中間地点の一番後ろ4席の一番左側でした。空席は絶対に期待できないので、お隣に来る人がひたすら大人しくて良い人であることを祈るのみ。
f0146587_1983912.jpg

このエアラインで際立つのが、客室乗務員さんたちの気持ちの良い応対。誰に対しても笑顔で万遍なく平等なサービスを受けることが出来ます。確かに日系もその点は素晴らしいものがありますが、外国のエアラインでここまでのサービスを提供してくれるのはあまりないのではないでしょうか。このブラジル人CAの彼女も終始笑顔でステキな方でした。
f0146587_19111071.jpg

いつものように、サンパウロ行はほぼ満席とのこと、どんどん乗客が乗ってきます。この時既に私は荷物を一人用の収納棚に収め、涼しい顔をして着席していました。
f0146587_19132412.jpg

来た来た!こんな大きな段ボールを持ち込む人。もう入らないよぅ~(-"-)
f0146587_19141426.jpg

お隣二人は期待に反して大声で捲し立てる中国おじさん二人…(ー_ー)!あまりにもその声が煩いので、ヘッドフォンの音を最強にしてクラッシック三昧。
f0146587_1917897.jpg

飛行機はほぼ時間通りに離陸しました。離陸をしたのが分からなかったのは、熟睡していたからでしょうか。ちょうど1時間半経った頃に、おしぼりの後「朝食」が配られました。
f0146587_19185965.jpg

関西ードバイと約11時間弱のフライト、そして待ち時間も入れて約6時間強経っていたので、さすがにお腹が空いていたようです。この朝食は最高に美味しかった!
f0146587_19212428.jpg

食事が終わると、暗闇に包まれ眠りに就きます。全然眠れない人はヒソヒソお喋り。後ろでは子どもがけたたましく泣いています。まあ国際線ですから、色々な人がいて当然。私は?例によって例のごとく意識不明で爆睡状態でした・・・(-_-;)
f0146587_19223485.jpg

14時間40分の空の旅、まだまだ続きます。。。

by beijaflorspbr | 2012-05-30 19:25 | 飛行機 | Trackback | Comments(2)