ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:Casa Santa Luzia ( 2 ) タグの人気記事


2017年 03月 13日

美味しいものが食べたくなったら…

久々に車に乗ってJardins地区にある高級スーパーのSanta Luziaに行って来ました。どうしても美味しいものが食べたくなった時や、お客さまをお迎えする前にはお世話になるスーパーです。昔Jardinsに住んでいた時は、毎週定期的に買い物に通っていたため、今も大好きなスーパーマーケットです。もう30年前にもなるのに、その頃が懐かしくなる時もあります。道路は案の定大渋滞。ブラジル人の仲にも、漢字ブームが起こっており、こんな漢字を良く見かけます。ブラジル人の好きな漢字は「愛=amor」「金=dinheiro」「幸=sorte」「力=força」「美=bonito ou lindo」等々…。言葉の意味もさることながら、漢字を絵として見たバランスの良い字が好まれるような気がします。
f0146587_09502045.jpg
漸くCasa Santa Luziaに到着しました。ゆっくり買い物をしました。
f0146587_09464883.jpg
ここで必ず買うのがお肉、1か月に1回くらいはお肉を食べるので、纏めて買って真空パックしてもらって冷凍しておきます。
f0146587_09473019.jpg
この日は早速鉄板にしてみました。ごはんはスーパーで仕入れてきたグリンピースで豆ごはん。このお店のフィレミニョンは、ジューシーでなかなか美味しい!
f0146587_09480837.jpg
デザートは西瓜、瑞々しくて甘くて外れがありませんので、必ず買います。
f0146587_09484023.jpg
外食も美味しいものがたくさんあるかもしれませんが、こうしてちょっと贅沢な食材を買ってきて、ゆっくり自宅で食べるのは至福の時間です。食材が豊富なサンパウロは、とても住みやすい街だと実感しています。


by beijaflorspbr | 2017-03-13 20:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2008年 07月 28日

高級スーパーCasa Santa Luzia

留守番役の娘から「食料品をちゃんと買って冷凍しておいて欲しい」と言われたので食料品が新鮮で美味しいCasa Santa Luziaにわざわざ買い物に行ってきました。わざわざと書いたのは、Jardinsにあるために我が家からは20キロほど車を走らせないといけないからです。昔Jardinsに住んでいた頃は毎週当たり前のように買い物に行っていたので、馴染み深い店ということもあります。何より、同じ食べるのならば美味しいお肉にしなさい、との父親の指示でもあるのですが。さて…もちろんすぐに手に取れるようにずらっと冷蔵庫に並んでいますが、本当はいちいち注文して切ってもらった方が美味しいものが食べられます。この肉売り場の責任者はPAULOさん。こんな人です。いつも一生懸命肉と向き合っています!
f0146587_22554819.jpg

宝石のような綺麗なお肉が並んでいます。これはフィレミニョン1本が約6300円筋や脂を全て取り除いてあり、「Light」と表示されています。捨てるところは全くありません。100%使えるので、お得なのかもしれません。
f0146587_11224246.jpg

こちらはフィレミニョンを輪切りにしたもの。これは周りにベーコンを巻き、焼くと美味しいです。
f0146587_11253036.jpg

豚肉はSuinaと呼び、大変充実しています。バラ肉と骨付きロース肉
f0146587_234037.jpg

豚ひき肉と牛ひき肉を少しずつ購入。これで麻婆豆腐を作るのだそうです。細かくした時は2回挽いてもらいます。「Para moir duas veses」で通じるでしょう。
f0146587_2341910.jpg

牛の刺身もできるよ、というので味見用にき切ってもらいました。あらら。。。こりゃ本当にお刺身だわ!我が家はもちろんちょっと火を通して食べるつもりです。
f0146587_22552634.jpg

豚カツ用のお肉を探していたので、先ほどのBisteca(骨付き)を持って行き、「骨を取って」というと、「最初から骨がないのがあるよ」と。切り口も見てよ、こんなに綺麗なんだよ!美味しいよ!!と。私が「ぶ厚く切っていいよ」というと、「叩いてあげようか?」「うん!そうして」その肉がこれです。
f0146587_23114734.jpg

肉売り場にいること40分近くが経過しました。全てを真空パックにしてもらいました。真空パックのことは「Embalagem Vacuo」と言います。今度使ってみてください。こうしておくと、そのまま小分けにして冷凍しておけるのでとっても便利。それにしてもこの肉売り場の方、とっても親切でした。豚ひき肉100グラムを2つに分けて真空にして、という細かい注文にも気軽に応じてくれました。 楽しいスタッフを相手に買い物をしていると、あれもこれもと買い過ぎてしまいます。ヒレ肉、Beby Beef、Picanhaを購入しました。良い買い物ができて良かった。このパウロさん、少しだけ怪しい日本語を話します。「オーリャ、シモフリ~」とか「ウスイ・アツイ・サシミ」など、ちょっと怪しいですけれど。日本人の家族連れが週末にはたくさん来るんだよ、と言っていました。声をかけたらちゃんと対応してよ、とお願いしてきましたので、サンパウロ在住の皆さまどうぞ是非Santa Luziaの肉売り場Pauloのところへどうぞ。Beijaflorさんから話を聞いたよ、と言ってみてください!(笑)Casa Santa Luziaには、肉の他、チーズ・ワイン・生鮮食料品・調味料・飲み物から生活必需品(は少し高め)まで何でも揃うサンパウロのセレブ御用達のスーパーです。この店でセレブをウォッチしてみるのも楽しいものです。運転手を従えたマダム、大邸宅の使用人がメモを持って高級食材を購入するシーンなどを見ることができます。また独身のイケメン御用達の店としても有名です。・・・とキョロキョロし過ぎて、肝心な買い物をお忘れになりませんように!(笑)このスーパーはJardinsの一等地にあります。お洒落な地区を通りぬけて行きます。Oscar Freire/Haddck Lobo
f0146587_23135939.jpg

もう少し下の大通り、Avenida Brasilに行くと、このような子どもたちが物乞いをしています。車の窓は開けないこと、仲間が隠れているかもしれないからです。
f0146587_1214968.jpg

サンパウロはここ1か月以上も雨が降らないので、乾燥しているために空気が悪いのですが、市内でも一番汚染されているのがこのIbirapuera公園だそうです。その横をさっと通ります。
f0146587_1231652.jpg

夕暮れのサンパウロは何となく寂しい…。
f0146587_123566.jpg

*娘のために、この肉の他に鶏胸肉、塩じゃけや納豆を冷凍庫に保存しました。まあこれで当分生きていけることでしょう。おうちごはん派なので、何かと大変!

by beijaflorspbr | 2008-07-28 12:14 | 買い物 | Trackback | Comments(9)