ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:Avenida Paulista ( 13 ) タグの人気記事


2017年 03月 18日

パウリスタ大通りの新たな楽しみ

パウリスタ大通りには良く行きます。我が家から約2キロ離れた大通りにあるバスポンからブリガデイロ~セントロ行きのバスに乗ると、目を瞑っていてもパウリスタ大通り近辺に連れて行ってもらえます。先日も奥歯の詰め物が突然取れてしまい、手作り弁当を抱えてエルの診療所に行ってきました。右側の小さい方のビルの一室に彼女の診療所が入っています。
f0146587_21551757.jpg
1時間半に渡る丁寧な診察の後、漸く開放されました。地上に降りてふと真ん前を見ると…有名な建築家、隈研吾氏による立派な建物が見えてきました。つい先日までは、衝立に遮られて全貌が良く見えませんでしたが、今はこのようにはっきりと全体を見ることが出来ます。誰もがじーっと見ながら前を通って行きます。機械的なコンクリートジャングルばかりのパウリスタ大通りの中で、明らかに異彩を放っているこの魅力的な建物は…
f0146587_21552662.jpg
外務省が満を持して日本文化の発信地とするために建設中の、「ジャパンハウス(サンパウロ) 」です。飛騨の匠による檜を格子状に組み上げた「地獄組み」と呼ばれる見事な技術で丹念に作られたオブジェが人々の目を引きます(幅36メートル・高さ11メートル・重さ合計6トン)。この工事は、岐阜県中津川市の中島工務店の大工さんが手掛けておられるそうです。ジャパンハウスの目的は①エキジビション②トーク・ワークショップ・パフォーマンス・シアター③物販④レストラン⑤書籍・Webカフェ⑥ネットワーキングとありますが、私が楽しみなのは、何と言っても③~⑤でしょうか。手が届かないくらいの高級レストランに入られても無理ですが、そこそこなら娘を誘って行きたいな、と思っています。物販と言っても何が売られるのか。ブラジルの高い関税を考えると、二の足を踏むかもしれませんね。カフェくらいなっら簡単に手が届きそうなので、お友達との語らいに、イベントにと、更に利用価値が広がりそうな予感がします。出来れば、若者だけではなく、老若男女が等しく楽しめる施設にと願うばかりです。ジャパンハウスのオープンは、今のところ今年の5月を予定しているそうで、楽しみが増えました!中島工務店の皆さま、工事に携わる皆さま、最後の仕上げ頑張ってください。


by beijaflorspbr | 2017-03-18 22:39 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 05月 30日

Paulista大通りを歩く~♪

最近この辺をウロウロすることが多く…。この日も早朝から出かけました。ここから家族のお使いに行き、久しぶりにパウリスタ大通りを縦断(いや横断?)してみると、結構楽しい。
f0146587_22052685.jpg
お天気が良かったこともあり、パチパチ写真を撮ってきました。今年のサンパウロはずっとお天気が悪く、こんなお散歩も久しぶり…。
f0146587_22060727.jpg
ズルをしてメトロで1駅乗ってしまったら、行き過ぎた(*_*;
f0146587_22063555.jpg
このFiespビルの前から毎回デモ行進が始まるんですよね。大きなアヒルさんがシンボル。現職大統領が職務停止になったブラジルはこれからどうなるのやら…。
f0146587_22065605.jpg
旧マタラーゾ財閥のお屋敷跡には、立派な複合ビルが出来ました。ショッピングセンターやオフィスビルなどが入っています。
f0146587_22072021.jpg
突然ヘリコプターがふわっと飛び立ちました。
f0146587_22094882.jpg
2015年2月12日101歳で亡くなられた日本人アーティスト『大竹富江』さんのオブジェが堂々と建っていました。3年かかって作り上げられ8メートルもある大作です。トミエさんの作品は、サントス・グァルーリョス空港、23 de Maio大通りなどで見ることが出来ます。
f0146587_22105184.jpg
Trianon-Maspから歩いて漸くAugustaまでやって来ました。
f0146587_22162047.jpg
家族の用事も無事に済んだので、もう一度戻るとお弁当を広げて食べようとしているところでした。ご飯が多過ぎたかな?
f0146587_22171829.jpg
比較的お昼をガッツリ食べる家族も、お腹いっぱいになったようです。私も少し手伝いました。いつも歩かないせいか、この日の夜は膝が痛んで困りました。年なので、あまり無理は出来ませんねえ。。。

★良く聞かれる「サンパウロは安全なの?危ないの?」のご質問ですが、お昼普通に歩くのはまず問題ありません。こうして歩きながら写真をパチパチ撮ったとしても、観光客を見るような目で見られるだけです。でも手持ちのバッグや貴重品類にはくれぐれもお気をつけくださいね。


by beijaflorspbr | 2016-05-30 22:44 | 散歩 | Trackback
2014年 02月 23日

Avenida Paulista界隈を歩く

f0146587_23112408.jpg
金曜日に、珍しくメトロTrianon-Maspで下車。何気なく上を見上げると、ついこの間までガーガー騒音のしていたビルが立派な姿を見せています。二つのビルはデザイン的にバランスが取れていて、なるほど!なんて納得しておりました。ええ、ほんと変なおばさんです。
f0146587_23120531.jpg
曲線のビルには、昔住友銀行が入店していました。そのすぐ裏のアパートが、最初の私たち家族の住居でした。今やこの界隈は拓けて右にスターバックス、左にFnacなどの商業施設ができました。あの当時は、歩いてサントリーに食事に行くのが唯一の楽しみでしたが。パウリスタ大通りは、歩いていても楽しい。ただ、道を横断する時には、注意が必要です。歩行者専用の信号がすぐ赤になってしまいます。その日も、信号が点滅し始めたので渡るのをためらっていると、一人の男性が「自分と一緒に渡りましょう。大丈夫だから…」とエスコートして安全に渡らせてくれました。どんだけ年寄りだと思われているのか…(笑)
f0146587_23144364.jpg
「ありがとう、あなたのおかげで無事渡れたわ!」「そりゃ良かった、ほら見てごらん。バスポントがキレイになっただろう?」「あほんとだ!」
f0146587_23302598.jpg
週末に折角行ったOscar FreireのHavaianasは改装工事のため、閉まっていました。皆ターゲットは6月から開かれるサッカーワールドカップなのかしら?街の発展は喜ばしいことと、単純に喜んでいます。束の間の楽しいお散歩でした!


by beijaflorspbr | 2014-02-23 23:32 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2012年 08月 06日

Casa das Rosas(Avenida Paulista)

昨日はちょっとしたお出かけついでにCasa das Rosasへ久しぶりに入ってみました。サンパウロの金融の中心であるパウリスタ大通り沿いにある立派なお屋敷。サンパウロの旧市街地にあるオペラ座を模した、Teatro Municipal(市立劇場)を建てたことで知られる建築家のRamos de Azevedo氏が娘夫婦のために建てたお屋敷だそうです。
f0146587_21552065.jpg
実際に家の中へも自由に入ることが出来ます。2階テラスから眺めるパウリスタ通りもまた良いものです。この家には名前の通り「バラ園」があります。
f0146587_23303422.jpg
こちらの季節は真冬というところですが、バラの花がたくさん咲いていました。
f0146587_23311785.jpg
この家の後ろには、日系企業が多く入る立派なビルが建っています。このビルには、国際交流機構のFundação Japãoも入っています。
f0146587_23345840.jpg
カフェもあってゆっくりできます。
f0146587_23341938.jpg
待ち人来たらずで、思いの外ゆっくりとお散歩ができました。街中に公園の少ないサンパウロのオアシス、お散歩ついでに寄られてみては如何でしょうか。
f0146587_2338294.jpg
優しいバラたちが迎えてくれるでしょう。
f0146587_23394169.jpg


by beijaflorspbr | 2012-08-06 23:40 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(4)
2011年 12月 19日

サンパウロ・Paulista大通りのクリスマス歩行者天国へ・・・。

先日の土曜日、恒例の!?すずめちゃんご夫妻とのサンパウロNATAL(クリスマス)ナイトツァーに行ってきました。いざPaulista界隈に近づくと、大渋滞(ー_ー)しかし、根性で1台分の駐車スペースをAlameda Campinasに見つけ、すずおさんが突っ込みます。そこから坂を上ること2~3分で別世界のPaulista大通り。両面完全通行止めにした歩行者天国。パウリスタを歩くのは初めてのことです。
f0146587_1882387.jpg

まずは左手の地味目なFiespビルから。
f0146587_1891529.jpg

毎年華やかなクリスマス飾りで有名だった元Real銀行ビルはこの通りのっぺりとしちゃって…。
f0146587_18103585.jpg

逆にBradesco銀行はこの素晴らしさ!お昼はコーラスなどもありますよ~♪こうして見ると銀行の隆盛がわかろうというものです。
f0146587_18113329.jpg

Parque Trianonは10時で閉まるので柵の外から撮影してみました。幻想的~♪
f0146587_18124431.jpg

次は有名なBanco Itau、このこじんまりした家もいつものように素晴らしい飾り付け。
f0146587_18142763.jpg

今年はPaulista大通りの120周年記念で賑わうこの大通り。こんなクリスマス飾りのトンネルもできていました。娘は毎日このトンネルをくぐって自宅に帰るそうです。ひどい渋滞で。。。と嘆いていました。
f0146587_18164513.jpg

Augusta通りのCenter3もこの通りド派手。Banco do Brasilビルのネオンもじっくり見学。
f0146587_18182028.jpg

けたたましい音を立てるクリスマスの特別車。キラキラとキレイ。
f0146587_18193566.jpg

帰りにもう一度Bradesco銀行を間近に見てみましょう。
f0146587_18204541.jpg

こちらは総領事館も入るTop Center
f0146587_18214798.jpg

この辺でPaulista大通りのお散歩は終えて、レストラン新鳥の前を通って車に乗り込みます。
f0146587_18343637.jpg

恒例のAlameda Casa Brancaの下の方にあるイルミネーションを見に行きました。
f0146587_1823266.jpg

今年も精一杯飾り付けをして楽しませてくれました。
f0146587_18272335.jpg

この後、欲張ってIbirapuera公園脇の大ツリーを見学に行こうと思ったのですが、道路大渋滞のため断念。それでも自宅に帰る道は混み続け、やっとたどり着いた時はさすがにホッとしました。夜9時過ぎから夜中の1時までのクリスマスツァー、大変楽しめました。鈴夫&鈴女ちゃん、ありがとう。サンパウロ市は大々的にこれを宣伝して、ブラジル中、いえ世界中から観光客を呼び込もうとしています。そのうちシャンゼリゼのようになるのかしら?(期待大)皆さまも是非、週末はPaulistaへ・・・。平和な、しかも躍動するサンパウロを実感できること請け合いですよ~♪

by beijaflorspbr | 2011-12-19 18:31 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(2)
2009年 12月 31日

サンパウロを歩こう!(旧Centro市街地)

先ほど今日送る記事をほぼ書き終わって、送る前に別ウィンドウを立てて念のため検索をかけて確認していたらいきなりPCが凍って動かなくなりました(>_<)泣く泣く閉めて寝ようかと思いましたが、明日は来客で少し忙しいので、再チャレンジすることにしました。読み苦しい点もあるかと思いますが、お許しくださいませ。さあ、頑張るぞ!AnhangabauのPraça do Correioでカードを55通投函した後は、Estação Repúblicaまで歩いていくことにしました。
f0146587_1312959.jpg

この辺はいつもはメトロで素通りするところです。たまには歩いてみるのも悪くないですねえ。両サイドには露天商がたくさん建ち並んでいます。
f0146587_1334087.jpg

Centroには、こうした広場がたくさんあり、車も入ってこないのでゆっくり歩けます。
f0146587_134457.jpg

ここは黒人専用の教会だそうです。そんな教会があるのも知りませんでした。
f0146587_1352967.jpg

あっちをみたりこっちを見たり、まるでおのぼりさんです。
f0146587_16272411.jpg

派手な落書き発見、こちらではれっきとしたグラフィックアートなのです。原色遣いが上手ですね。
f0146587_1383798.jpg

やっとAvenida Ipirangaまでやってきました。
f0146587_1393991.jpg

とてもCentroらしい光景です。
f0146587_13104360.jpg

Caetano Velosoの歌に出てくるAvenida Ipiranga com Avenida São Joãoです。
f0146587_13131083.jpg

この四ツ角はこんな感じです。
f0146587_16305348.jpg

それではここでしっとり聴いて頂きましょう。Caetano Velosoの「Sampa」
*Sampaとはサンパウロの意味です。

ここはいつも車で通り過ぎる道ですが、必ずカエターノの歌が頭に響きわたります。
f0146587_13195536.jpg

Estação Repúblicaの近くまでやってきました。この道を渡ったところに大きなRepública公園があり、週末には民芸市が立ち並びます。こちらの気温は連日30℃を超えています。今が夏!
f0146587_1322228.jpg

Rua Barão de Itapetiningaは商店が立ち並びます。ここを真っ直ぐ進むと市立劇場、Teatro Municipalがあります。
f0146587_1324328.jpg

あるビルに入っていきます。古いビルですが、この建物はあの有名な首都ブラジリアの建設を手がけたブラジル人建築家Oscar Niemeyer氏がまだ売れない若い頃に建てたものだそうです。入口にはCândido Portinari(芸術家)が描いた壁画があります。彼の作品は、MASP(サンパウロ美術館)に行けば見られます。
f0146587_16274446.jpg

さあ、波状になったガレリアの中に入ってみましょう。以前取引していた業者さんが上にいましたが、回廊式になっていて普通のビルとは少し違った感じでした。
f0146587_13321919.jpg

この中にトリオさんが40年も通っている散髪屋さんがあるのです。随分レトロな床屋さん、座って周りを見回すと、昔父に付いて行った床屋さんにそっくりです。タイムスリップしたような錯覚を起こしました。肝心なトリオさんですが、横の毛を揃えてもらっただけなので、今日はサービスとのこと、ちょっとさっぱりしてお店を後にしました。そういえば、このお店のお客さま随分平均年齢が高い!(笑)この辺では老舗だそうです。
f0146587_12544167.jpg

他にも靴屋さんやお土産屋さん、ブティックなども並んでいてウィンドゥショッピングをしたら楽しそう!
f0146587_13375526.jpg

いつまでもCentroを散策していたいところですが、もうそろそろお昼になりますので、次の場所に移動しました。車を義姉のところに置いてきたので、珍しくタクシーをつかまえて行った先はこんな場所でした。
f0146587_1339534.jpg
 
さてこの続きはまた後日…おっと来年に持ち越しそうです(笑)。

年末のご挨拶
2009年、皆さまにとってはどんな年だったのでしょうか。私個人でいえば、このブログに表現させて頂いたように、少しだけ忙しかった一年だったように思います。昨年の大晦日に急遽帰国して4月までは日本に滞在、その後3ヶ月がサンパウロ、7月には娘と共に帰国し3ヶ月日本に滞在、そして10月中旬からはまたサンパウロと地球をぐるんぐるん周っているうちに一年が終わろうとしています。今年4月には待望の病気完治という嬉しいニュースも発表させて頂きたくさんの心温まるメッセージも頂きました。10月には、英国からロビンさんご夫妻(先日記事をアップしてくださいました!)を我が家にお迎えするという嬉しい再会もありました。先日ロビンさんの記事を拝見して、ああブログをやって本当に良かった、人と人とを繋いでくれるのがブログの醍醐味なのだなあ、と改めて思いました。来年も拙い文章と下手くそな写真ですが、益々パワーアップしてサンパウロの色々な場所をご紹介させて頂きます。たまには個人的な愚痴もこぼすこともあるかと思いますが、その時はどうか気になさらないで聞き流してくださいませ(笑)。来るべき2010年が皆さまにとって最良の年となるようお祈りしております。今年一年ハチドリブログをご訪問頂き、また応援のクリックもたくさん頂き、ありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えくださいませ!
f0146587_14103935.jpg


by beijaflorspbr | 2009-12-31 14:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(13)
2009年 12月 25日

Natalino em São Paulo(サンパウロのクリスマス)…最後

昨日は出かける前に記事を急いで書いたものの、自分でPCの電源をうっかり外してしまうなど不手際もあり、すっかり出遅れてしまいました。夜8時ー明け方の3時と恒例とはいえかなりきついクリスマスパーティーをこなし、寝不足で頭がフラフラです。Avenida Paulistaの夜景ツァーを続けます。一番のお勧めスポットはこのBANCO ITAU(イタウ銀行)です。一般の支店とは区別された富裕層向けの「Personalite」の店舗です。
f0146587_21244154.jpg

押すな押すなの大盛況。そのうえポップコーン売りや綿あめ売りがたくさんいて大混乱です。やっと先頭に辿り着きました。ひぃ~
f0146587_21264840.jpg

みな一生懸命写真を撮っている、誰かな?と近づくと…あらら…可愛くな~い。
f0146587_4101774.jpg

それにしてもすごい人!早々に退散しましょう。。。
f0146587_21311147.jpg

Rua Augustaのところで道路を渡ってみましょう。ここも銀行です。
f0146587_2132499.jpg

Center3、そしてBanco do Brasilのビルです。気温がどんどん下がってきました。
f0146587_21371082.jpg

クリスマスはカップルのためにあるのかな?こんな光景があちこちに…、Feliz Natal!
f0146587_21381937.jpg

道路を隔ててイタウ銀行をみるとこんな感じにキラキラ輝いてステキ!
f0146587_21393253.jpg

Parque Trianon。上の方まで電球がキラキラ光っています、すごい!
f0146587_21405353.jpg

こちらは舞台を備えたBradesco銀行です。今年も巨大ツリーが。
f0146587_12294619.jpg

細々とした飾りが盛りだくさんで、たくさんの子どもたちが楽しそうに遊んでいました。
f0146587_4104865.jpg

去年はもっと詳しく歩いてみましたが、もう疲れてしまったので、次の場所へ移動します。次は以前住んでいたAlameda Casa Brancaの下(Avenida Brasilの少し手前左側)にある会社です。一般に広く開放しているイルミネーションを訪ねてみました。
f0146587_21493259.jpg

Papai Noel(サンタクロース)もいて、記念撮影ができるようになっています。ちょうど居合わせた4人姉妹、お母さんがカメラを持っていませんでしたので、撮ってあげました。お母さんにその場で写真を見せてあげたら「わあ、キレイありがとう~」と喜んでくれました。住所を聞いて写真を送ってあげたら良かったかしら?
f0146587_21513882.jpg

午後7時ー午前7時までライトアップしていると警備員さんが仰っていました。
f0146587_21523873.jpg

次はMorumbiにある、Ponte Estaiadaに行ってみました。今年は橋のライトアップが大きなクリスマスツリーになっています。キレイ!
f0146587_2155026.jpg

ブルーやグリーン、そして赤に変わります。昨晩もMarginal Pinheirosから見たらとってもステキでした。
f0146587_21561280.jpg

駆け込みでお伝えしたサンパウロのクリスマスの夜景でしたが、楽しんで頂けましたか?最後に…この間の抜けた画像で今年のクリスマスツァーを〆たいと思います(爆笑)長時間運転をしてくれたすずおさん、ありがとう。そしてすずめちゃん、たくさん笑わせてくれてありがとう(汗。。。)
f0146587_2212561.jpg

長い長いサンパウロのクリスマス記事を読んでくださってありがとうございました。どなたさまもメリークリスマス&Feliz Natal!!!

by beijaflorspbr | 2009-12-25 22:08 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(6)
2009年 12月 24日

Natalino em São Paulo(サンパウロのクリスマス)…5

いよいよNATAL(クリスマス)イブですね。こちらも明日のFestaの準備で忙しくなってきました。うだるような暑さの中、娘の命令で!?「おでん」を作るように言われ、材料をLiberdadeで調達してきました。じっくり煮込むためには前夜から、今おでんちゃんたちは2つの大鍋でおねんねしています。さて、このレポートも早くしないとクリスマスが終わってしまいます。イビラプエラ公園の噴水ショーと大きなツリー見学を楽しんだ我々は、恒例の!?Avenida Paulistaに繰り出しました。いつものように、Alameda Campinasに車を止める場所を見つけました。こちらはレストラン新鳥(旧燦鳥)
f0146587_10101762.jpg

こちらはスターバックス、一等地にありいつも賑わっています。ブラジルに来た当時、この2軒先のアパートを買い住んでいました。この界隈はとても懐かしい!
f0146587_10112686.jpg

自宅を出てから既に5時間、少し休みたかったのでお店に入りました。店内の様子は万国共通です。カプチーノとカフェラテをそれぞれ頼みました。クレジットカードで支払った段階で、私の名前をコップに書くシステムですが、2つは私の名前入りなのに、何故か1個がカロリーナになっていました!?さすが適当大国のブラジル!
f0146587_1221519.jpg

冷えた体も温まったので、お散歩を続けましょう。プレゼントに変身したメトロの駅。
f0146587_10204665.jpg

Fiespビルはいつものように天に延びるシンプルなイルミネーション
f0146587_10363831.jpg

REAL銀行もハデハデ
f0146587_10374098.jpg

楽しみにしていたTrianon公園、たくさんのLED電球がキラキラと輝いていました。たくさんの人が公園の中に吸い寄せられていきます。
f0146587_452448.jpg

私たちも中に入ってみましょう。うわ~キレイ!皆上ばかり見て歩いています。写真でうまくお伝えできないのがもどかしいです。
f0146587_12221189.jpg

サンタさんの家では撮影会があるのか長蛇の列
f0146587_10472421.jpg

たくさんの明りに照らされた公園散策はなかなか楽しかった!
f0146587_104884.jpg

次も銀行のイルミネーションです。銀行って儲かるのね!(笑)
f0146587_10495265.jpg

はい、お次は名物お菓子のおうちのようなITAU銀行です。
f0146587_10511385.jpg

長く引っ張ってまいりました、サンパウロのクリスマスバージョンもいよいよ明日で完結します。もう少し続きますが、辛抱してくださいまし。 

by beijaflorspbr | 2009-12-24 10:59 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(8)
2009年 11月 13日

2階に上がった「PUB KEI」

サンパウロの金融の中心、Avenida Paulista
f0146587_21381355.jpg

ちょうどお昼の食事時間、たくさんの会社員があちこちのビルから出てきます。それにしても皆背が高いこと、足の長いこと!羨ましい~~♪
f0146587_21391582.jpg

どこでご飯を食べようか?お友達としばし迷って…
f0146587_21401495.jpg

ここにしました。丸紅が経営するTop Center。このビルの中には在伯日本国総領事館や独立行政法人や日本からの企業がたくさん入っています。
f0146587_2142610.jpg

もうクリスマス!?
f0146587_21425640.jpg

以前は地下にあった「Pub 圭」は文字通り、パブなのですが、ランチタイムには様々な和定食が揃っていて美味しいので有名です。もちろんお昼は近辺の駐在員でいっぱい。このTopCenterが最近大工事をして地下にあったレストランが全て2階に移動しました。お友達は初訪問。さて…どうなっているのやら!?エスカレーターで2階に上がってみると驚くほど大勢の人がお食事をしていました。
f0146587_21492334.jpg

「パブ圭」はエスカレータを上ったまん前にあり、たくさんの人が並んでいます!
f0146587_21535446.jpg

店内は2か所に分かれ、奥には前のお店と同じようにソファが置いてあり駐在員とおぼしきおじさんたちがたくさん食事をしていました。我々はカウンター席へ案内されたので良かった…。愛想の良いスシメンのおにいちゃんがテキパキお仕事をしています。
f0146587_2157512.jpg

メニューを見て色々迷った結果、お友達は海鮮丼を選択。まあ美味しそう、こっちにすれば良かったと思うのはいつものこと…(笑)
f0146587_21583156.jpg

スシメンに「ウニ山盛りね!」とお願いしただけあってウニもテンコ盛りな大盤振る舞い。
f0146587_21595556.jpg

私はコロッケ定食にしてみました。ここのコロッケはアツアツホクホクで美味しいのです!
f0146587_2205821.jpg

今日もいい仕事していますねえ、では頂きます(^人^)
f0146587_016781.jpg

コロッケは期待を裏切らない美味しさでした。お隣の外人の女性は生姜焼き定食を、その向こうの駐在員風の男性は天丼を美味しそうに平らげています。昔は半々定食、つまり半ラーメン。半ンメンチカツというメニューがあって一度で2種類楽しめたのですが、このメニューは「まだやっていない」とのことでした。早く復活して欲しいものです。そうすればまた「半チャンポン、半メンチカツ」を食べたいな…。楽しく美味しいランチに感謝!ここはGazetaビル、下におしゃれなカフェができています。
f0146587_2210373.jpg

この日は車がないので、どうやって帰ろうかなあ?と迷った結果、Brigadeiroからバスで帰ることにしました。絶対に座れないのは分かっていたので、足腰を鍛える目的で!
f0146587_22121440.jpg

バスは猛スピードで23de Maio~Washington Luisを30分ほどで突っ走りました。2か所にしっかり掴まって、まるでジェットコースターのようなバスに揺られて自宅付近に到着。はぁ~(--〆)
f0146587_22152924.jpg

まん前がコンドミニオの歩行者専用の入口です。入口は2重扉、その先にもう一枚頑丈なドアができていました。ここまでしないといけないのかなあ?と首を傾げつつ平和な我が家目指してテクテク歩きます。
f0146587_22172297.jpg

テクテク…
f0146587_2218148.jpg

まだまだ…ポルタリアから自宅までは1Kmあるのです。
f0146587_22185831.jpg

大きな大きな竹林
f0146587_22194248.jpg

たまにはこうやって歩かなくちゃね。でもしんどいわあ~(@_@;)
f0146587_22223569.jpg

ここからはきつい上り坂で~~す。。。
f0146587_22233495.jpg

でっかい松ぼっくりが落ちていました。こんなのが頭に当たったら痛いよな~なんて想像しながら。そうそう、自分の足と比較してみようっと…。ふ~ん、あまり分かりませんね(笑)
f0146587_22245860.jpg

去年、ドラマの撮影にも使われた英国風の家
f0146587_22261067.jpg

こんなお花に癒され…鼻に入ったら痒いよな~なんて想像してはクスクス(気持ち悪いね)
f0146587_22272951.jpg

門構えを見ているだけで結構楽しめます。色々な国から来られた方が住んでいます。
f0146587_0163110.jpg

お向かいのうちのお花に癒され…ここまで来ればあともう一息。
f0146587_0165097.jpg

ゆっくりゆっくり歩いたので、15分以上かかってやっと自宅に到着しました。
f0146587_22335082.jpg

お疲れさま!我ながらよく頑張りました。しかしあのカロリーを消化するにはこれくらいの運動でも足りないのかも!?

by beijaflorspbr | 2009-11-13 22:36 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(12)
2008年 12月 25日

大荒れのクリスマスイブ

皆様、メリークリスマス!と言っても、私の友人のように「私ゃね、仏教徒、別にクリスマス祝わんでも…」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが…。この国は国民のほとんどがクリスチャンというお国柄ですからクリスマスのお祝いは実に盛大なのです。我が家でも毎年恒例の親戚大クリスマスパーティーが市内から40キロほど離れた義弟の家で行われるにあたり、トリオさんは得意のBacalhau ao Fornoという干だらと野菜を食べやすい大きさに切ってオーブンで焼いたもの、私はいつものお赤飯、今回は頑張って9合分を早朝から作りました。そのせいで疲労困憊、夜のフェスタに備えてぐっすりとお昼寝をして体力を蓄えパーティーに臨もうと思いきや…夕方の7時過ぎから雲行きが怪しくなり、ゴロゴロと雷鳴が…。あーーーこりゃ来るぞ!と構えていたらゴロゴロ、ピカッ!おまけに強風付きのトリプルプレゼント!雹のおまけ付き!雷雨と雨ぐらいじゃ滅多に停電しなくなった我がChacara Floraですが、「風」には滅法弱い。案の定、出かける予定の午後9時少し前に突然パチッ!と一斉に停電!!!「あの~出かけるんですけど…」「何も見えないんですけど…」(ーー゛)停電する前に懐中電灯を家族が持って、家の戸締りやら何やらに走り回り、何とかシャワー(トリオさん)と化粧(ハチドリ)を済ませて出かける機会を窺っていたものの、なかなか雨脚は弱まりません。もう止めちゃおうかな~と思った時に雷雨は続いていたものの、何とか外出できる目処がたったのが既に10時半。こりゃ、行くまでにきっと困難を極めるだろうな~と想像していたとおり、一軒家ばかり並ぶ我が家の近くは、自然に囲まれた素晴らしい環境で…と自慢したいところなのですが、反面こうした異常気象の時は、大きな木が倒れてあちこち道路が寸断されて通行不可能になるのです。この地に住んで約20年、もうこの近辺の地図は裏道も含めすっかり頭に入った我々家族でさえ、あっちもダメ、こっちもダメならこっちだよ、大きな通りに出たらたぶん大丈夫なのでは?と向っていたら、その大通りのVereador Jose Dinizが全面通行止め!(>_<)(後のニュースによると、大木の倒壊で通行不可に、14時間も停電していたそうです)

じゃあ、もうひとつの大きな道路…Vicente Raoは?と向うと、そこも部分的に木がバタンバタンとお倒れになり部分的に通行止め!何とか迂回を繰り返しながら何とかMarginal Pinheirosに入ることができました。ムスメよ、パチパチ!私はもう緊張しまくりで手には汗、おまけにトイレに行きたくなるし…(恥)娘に叱られるしで、何だかこの大雨のせいで3重苦なXmasイブでした。結局停電した我が家、午前4時に戻ったら電気は来ていたものの、家中の電気が点滅を繰り返すなど誤作動が続いたので、電気をつけることを諦めそのまま休みました。ずっと義弟の家に行くまでに観察してみると、どうやら本当に酷かったのが我が家近辺、サンパウロ市内南部直撃型の雷雨だったようです。やれやれ…とんだクリスマスイブになってしまいました。前置きが長くなりましたが、Avenida Paulistaのリポートをもう少し続けます。賑やかで五月蠅いBradesco銀行に別れを告げどんどこ歩きました。
f0146587_19555639.jpg
お昼休みのPauista大通りは、たくさんの人が行き交っています。「あの」派手な青いおうちのBanco Itauです。
f0146587_2003183.jpg
これは断然夜のほうがキレイ!しかし細かい飾り物が夜はちっとも見えません。ちゃんと普通に営業していることを確認!って当たり前か、、、。
f0146587_1741057.jpg
家を取り囲むようにして隅々まで飾られています。毎年ここはすごい!
f0146587_17411663.jpg
大きなビルが並ぶサンパウロの金融の中心街=Avenida Paulistaです。
道路を横断するようにして建設中の橋?(舞台)は、新年を祝うためのものです。この舞台で有名歌手(MPB=Musica Popular Brasileira)が夜通し歌うそうです。
f0146587_2082680.jpg
次は緑を求めて、Parque Trianonにまいりましょう。
f0146587_20103537.jpg
私たちが先日踊った場所も何事もなかったかのように静まり返っています。パウリスタ散策もなかなか楽しいものです…がこの日は暑かったなあ~
f0146587_2014013.jpg
もう少しお散歩は続きますが、今日は電気が不安定なうえ、インターネットの調子も今ひとつですのでこの辺で失礼いたします。☆昨夜のサンパウロ市南部の記録的雷雨の続報 TVGloboのニュースによりますと、昨晩4時間の間に1300もの雷が発生。そのうちいくつ落ちたかは未だ未定。15時間以上が経過した12月25日正午、電気・電話などのライフラインが断たれている家が多数あるそうです。そのほとんどが、我が家の近くのAlto da Boa Vista Chacara Santo Antonio Avenida Roque Petroni Junior他が部分的に停電などの被害が続いているそうです。信号が壊れているところもたくさんありますので運転の際は気をつけましょう。市役所はできるだけ早く倒壊した塀や木を取り除くべく復旧中だそうです。まあ、今日は外出を控えることですね。このひどい雨をどうやって表現したら良いのか、適切な言葉が見つかりません。「恐怖の雨」という言葉がより相応しいような気がします。世界中が異常気象でこれからどうなってしまうのか、とても不安です。 

by beijaflorspbr | 2008-12-25 20:16 | 年中行事 | Trackback | Comments(4)