ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:独り言 ( 262 ) タグの人気記事


2017年 07月 22日

ウェルカム!!

少しだけ暖かくなったサンパウロですが、一軒家の我が家は相変わらず一日中「冷房」が効いているような寒さ…。明日サンパウロに到着予定のパトちゃんのために、冬仕様のベッドメイキングにしました。最初窓側にと思ったのですが、やはり隙間風が顔に当たるので、部屋の内側にセットしました。
f0146587_09091008.jpg
ここでしばらく疲れをいやしてゆっくりしてくれたらいいな。
f0146587_09093192.jpg
静かな自宅・・・結構気に入っています。時々ワンコ(みそくん)のケタタマシイ声が(-_-;)
f0146587_09093487.jpg
あー早く明日にならないかな。飛行機は漸くニューヨークに着いたところです。自分で旅行している時は無我夢中で何も感じないのに、家族だとなかなか目的地に着かないのでイライラしてしまうから不思議。今日は中途半端なお話ですみません。この記事が出る頃、きっと元気な娘に会えることでしょう。長旅お疲れさま~♪

by beijaflorspbr | 2017-07-22 21:00 | 家族 | Trackback
2017年 07月 03日

うーん、こんな日もあるのか!?(謎の投稿)

幸せイッパイの仙台・山形同窓会の帰りの写真を使わせてもらいますが、心ここにあらず…。膨大な画像処理をし、一日中その作業に没頭していました。そんなところに飛び込んできたサプライズニュースに大変動揺しています。
f0146587_22034306.jpg
今すぐどうこうということはないにしても、将来どうなるのかなあ?と不安でいっぱい・・・。
f0146587_22051008.jpg
私自身はとても元気なのですがねえ。。。はぁ~(-_-;)(-_-;)(-_-;)意味不明な投稿で申し訳ございません。私の友人たち、あまり気にしないでね!とだけ言っておこうか。


by beijaflorspbr | 2017-07-03 22:10 | 人生 | Trackback
2017年 05月 11日

うーん、困ったなぁ。。。

f0146587_02174662.jpg
今年の始めくらいから不調だった私の左肩の診察に、地元で評判の良い整形外科に行ってきました。何しろ腕が上がらない、回せない、後ろに行かない、自力での着替えがしにくい、入浴に支障を来たすなどと苦難の日々が続いていました。我慢していたらそのうち治るだろう、と楽観していたら・・・

「何でこんなに固まるまで放っておいたんや、あんたこのまま一生腕が上がらなくてもええの?」
と叱られ、その後の一言にまたまた衝撃を受けてしまいました。

「うーん、厳しいわ・・・このケースは手術しかないな・・・かなり酷い状態やで」

ウッソー、あの・・・私まもなく胆嚢を取る手術を受けるんですけど(心の声)

「手術が嫌やったらダメモトでリハビリしてみる?」
「はい、やりますやります。手術は(痛いから)嫌だもん」
ということで、レントゲンを撮り、ものすごく痛い注射を打ち、簡単なリハビリを受けてきました。しばらくリハビリに通って、M先生の治療に賭けてみたいと思います。何しろ、何年か前に膝関節が痛くて歩けなくなった時、このM先生にはお世話になり完治した経験があります。

「自分を甘やかして、痛いからと庇って動かさずにいたら、本当に腕が固まってしまうで、あんたの弱い心を反省せな」

先生の言葉通りにならないように、早速今週からリハビリに通います。ということで、帰国早々ハラハラドキドキな経験をしてしまいました。貴重な日本滞在中に2回手術なんてことにならないように、精一杯治療を受けます!!ついでに、気になっていた「乾癬「(かんせん)」の診察も受けて来ました。帰国=体のメンテナンスを完璧にするのが大切な自分への課題でもあるので、全て解決して万全な状態でブラジルに帰りたいと思います。頑張るぞ60代なのに50肩患者!!年とりたくねーーー(ボンくんの口癖)


by beijaflorspbr | 2017-05-11 21:07 | 病気 | Trackback
2017年 04月 27日

ちょっとした伝達不足!?

この日、早朝から買い物に行った。使用人が働く日だったため、どちらかが家にいないといけない。一方の私は無事買い物を終え、ちょうどバスポントを降りて自宅コンドミニオのポルタリア(メインエントランス)に難なく到着。自宅に電話をすると、トリオさんが直ぐに車で迎えに来る手はずになっているが、いくら電話をしてもかからない。何とこの日は使用人の給料を払うため、同じ時刻(私の到着予定時刻)に近所の銀行にお金をおろしに行ったそうだ。仕方がないので自宅までの1キロの距離をテクテク歩き始めた。両肩には重たい荷物がずっしりと…。歩いているうちに腹が立ってきた。本当は迎えに来てもらえるだけで有難いのに、どんどん不満が溜まってくる。そんな時に電話がかかってきた。「今どこぉ~?」「もう直ぐ着くよ、最後の坂を昇っているとこ。何なの?今頃・・・もう来なくていいよ!」「あそう・・・」腹が立つと自然に足が速くなるのね(笑)坂を昇り切って、もう自宅まで300メートルというところで、見慣れたおっさんトリオさんが前方から歩いてくる。「あ、わざわざ迎えにきてくれたんだ」と思ったものの、無言で荷物を渡す。「重たいねえ~」「当たり前じゃん、何で家にいないのよ、何度も何度も電話したのに……」それを聞かずにとっとと前を歩く。耳が遠いとこんな時に便利。
f0146587_21102331.jpg
持ってくれただけで有難いな、というのが本音だったけれど、腹の立つ振りをしていたけど、あまり長続きしなかった。買って来た美味しいお刺身を食べるとすっかり機嫌が直ってしまった。
f0146587_21344806.jpg
上の写真は一昨日パウリスタ大通りにて…。関係ないけれど、エコバッグの持ち方がいつも一緒なんだね!まもなく75歳になるトリオさん。いつまでもお元気で…。
※人気グループ「嵐」くんのコンサートグッズの中でも、大型のエコバッグは強くてお買い物に最適~♪日本で持つと恥ずかしいけれど、ここはブラジル・サンパウロ♪日々重宝しています(笑)今日は駄文お許しください(^^)/


by beijaflorspbr | 2017-04-27 22:10 | 家族 | Trackback
2017年 04月 10日

癌という病について…

f0146587_21281738.jpg
こんな夕暮れを眺めていると、どうしてもこの時期に経験した自身の大きな病と向き合う時間が訪れる。13年前の今頃、私はある総合病院の外科病棟のベッドに力なく横たわっていた。その時に眺めていた夕日とリンクするからだ。その2週間前に突然宣告された「直腸癌」という聞きなれない病名。何度かくじけそうになったり絶望的になったりもしたが、周りの方々の力強いサポートにより、ちゃんと正しく闘って行こう!と前向きに受け止められるようになった。お蔭で今私はちゃんと立ち直り、13年経った今も元気で生きている。生きているのではなく、神さまがお許しくださり、生かされていることを実感している。私の愛する教え子が、今日無事に還暦を迎えた。「無事に」という言葉に違和感を感じる方も多いかと思うが、4年前、彼女に告げられた病名は「癌」だった。定期健診を受ける段階で、既に癌が転移しており、抗がん剤と放射線治療が必要なことを担当医に告げられた。そんな経緯でも、彼女は常に前向きに戦い続けている。地方都市でちょっと有名な彼女は、多くの仕事仲間や友人を得て盛大に誕生祝をしてもらったようだ。はち切れそうな彼女の笑顔が溢れた写真に涙した。誰もが彼女を必要とし、温かく優しく包み込むように寄り添ってくれている。こんなにも遠く離れているけれど、私もずっと見守っている。病気を得て、初めてそんな当たり前のことに気が付く。Mちゃん、お誕生日おめでとう、近日中に会えますように!人はその漢字の通り、お互いに支え合って行かないと生きていけないのだと思ったMの誕生日。しみじみ日本に思いを馳せた時間だった。命を大切に守ろう、それは周りの人たちをたくさんの幸せで包み込むことになるのだから…。

by beijaflorspbr | 2017-04-10 21:48 | 癌と闘う | Trackback
2017年 04月 05日

ブラジル・サンパウロから日本への航路について

今まで何度もこのブログに同じような記事を書いてきたため、もう飽きている方も多いかと思います。でも、毎回航路を選択する時は、それなりの思い入れがあり、記録に残したいと思います。2010年9月までは、「今度〇月×日に帰国するよー」は、JALサンパウロ線で帰るということが暗黙の了解でした。今度のフライトでは知っている人に会うかな?といった楽しみもありました。私の場合は、ワンワールドグループ、特にJALでマイルを貯めるのが一番効率が良いため、2014年の10月からサンパウローニューヨークー成田ー大阪(帰りは逆コース)、2015年春からは、関西⇔ロスアンゼルスのいずれかを使って移動しています。行きはサンパウローニューヨークー成田ー大阪(伊丹)、帰りが関西ーロスアンゼルスーサンパウロなどというコースも自由に選ぶことが出来ます。先日JALのサンパウロ支店に行って、チケットの予約・購入に行った際、これに加えて更に「JAL5便・6便の羽田⇔ニューヨーク便も選べますよ」と言われ、正直迷ってしまいました。実は、LAX経由便の場合、Boeing787で運航するため、より大きい飛行機が好きな私には、少しだけ物足りなさを感じていたのも事実。今回は使用機材が変更された(Boeing787→777-300に変更)ニューヨーク経由の3便で行こう!と決意していました。飛行機マニアと言うほど詳しくもありませんが、両者はエンジン音が全然違うのです。誰しも好みのエンジン音というのはあり、今一番大きな飛行機は777-300なので、どうしてもそちらに惹かれます。一番好きなのは747-400(ジャンボ)なのですが、日系エアラインには今はもう1機も残っていません。今は政府専用機くらいでしょうか!?(笑)JALの職員さんが提案してくださったのは、JAL5便(ニューヨークー羽田)なのですが、サンパウロからのJAL7201便(アメリカン航空が運航)が早朝の6時20分に到着してしまうので、JAL5便の出発時刻13時10分までの待ち時間7時間は厳しいなあ、と思い断念しました。本当は興味津々だったのですが、老体ゆえ断念し、いつもの3便にしました。3便だと約3時間ちょっとトランジットでも、イミグレーションや荷物の預け替えなどで丁度良いような気がします。もしニューヨークから乗る場合は、利便性の高い5便・6便を強くお勧めします。JALもこの先、どんどん新航路が開設されるかと思いますが、頭の片隅に『JALサンパウロ直行便』の復活も仲間に入れて頂けたらと思いますが、無理かな。と言うわけで、今回はGRU-JFK-NRT(一晩都内泊)HND-ITM,帰りがITM-NRT-JFK-GRUのコースに決め、無事購入いたしました。JFK-NRTに関しては既にかなりいっぱいで、いつもの広い最前列の非常口席が空いておらずちょっとガッカリ…。それでも1か月以上先の久々の帰国フライトが楽しみでなりません。その前に早く50肩を治さなくちゃね。一向に回復の見込みが立ちませんが…(涙)
f0146587_21183001.jpg


by beijaflorspbr | 2017-04-05 22:00 | 飛行機 | Trackback
2017年 03月 25日

旬の食材

ブラジルの季節は秋、毎日湿気もなく気持ちの良い日々が続いています。私の左肩の不具合(50肩)は全然良くならず、寝るたびに自分の肩が重たくて唸っております(-_-;)無理矢理動かして治すか、そのまま放置して自然に治すか・・・それが大問題ですが、空を見ると癒されます。
f0146587_21294004.jpg
お買い物に行くと、久しぶりに新鮮なイカがあり、小躍りしました。
f0146587_21264834.jpg
時間がたっぷりある時は、稲荷寿司を作っておくと、なーんもしなくて良いから楽。
f0146587_21282762.jpg
ごはんものは、お寿司の他炊き立てごはんをおにぎりにしておしまい!という時も…。毎日思い切り手抜きをしています。先日運転をしてトリオさんをバスポントまで送って行ったら、肩に負担がかかってしまいました。身体の一部に不具合があると、行動半径に支障をきたすので早く治さなくちゃ…。


by beijaflorspbr | 2017-03-25 21:42 | おうちごはん | Trackback
2017年 03月 19日

想い出がギュッと詰まった堀江家の愛情弁当

f0146587_22440544.png
料理研究家・堀江ひろ子先生、さわこ先生、お弟子さんたちによる
「堀江家のお清め弁当」

≪メニュー≫

堀江家のレジェンドレシピ「お赤飯」
静江おばあちゃまから引き継がれた伝統の味「お煮しめ」
40年前から今も作り続けられている「チキンローフ」
ポリ袋とオーブントースターで作る「鶏の照り焼き」
泰子先生が旦那さまに作り続けた「長寿豆」
故郷宮崎の郷土料理「のた芋」
宮崎の郷土料理「飫肥の卵焼き」
卵焼きと長寿豆に関してはこの記事で頂いた記録が残っています。

≪先生方からのメッセージ≫

このお弁当は堀江泰子の愛弟子たちが力を合わせて作りました。
天国から『合格』がもらえますように。
--------------------------------------------
私にとってはどれもこれも懐かしい「堀江家の伝統の味」
その美味しさがしっかりと伝わってきました。
お弁当の写真を見ているだけで
堀江泰子先生に再会できたような気がしました。
お料理は、その家庭の味や伝統を子孫に継承していくもの、
堀江泰子先生の無言のメッセージがしっかり伝わってきて
心を強く揺すぶられました。

泰子先生がお亡くなりになられてから、幾晩も同じ夢を見ました。
それは「早く新幹線に乗らないと(泰子先生の)葬儀に間に合わないよ」
と家族にせっつかれている夢です。
実際には、地球1個を挟んでいるため、
移動には30時間が必要なのに…。
数時間で簡単に駆け付けられたら良かったのに…。
ああまた同じ夢を見てしまった。


by beijaflorspbr | 2017-03-19 23:02 | おうちごはん | Trackback
2017年 02月 09日

気持ちの良い季節到来

最近あることに取り組んでおり、ちょっと忙しい日々が続いています。今日も朝8時半に自宅を出発し、満員バスに揺られて市内中心部へ。久しぶりに会ったお友達との会話も弾み、楽しい時間を過ごすことが出来ました。私より1時間遅く車で出たトリオさん、自宅からたった13キロの距離の場所への移動は困難を極め、1時間以上かかってしまったのだとか。昔は自宅に車が3台あり、3台とも出払うことも多かったものの、子どもたちもいなくなり、今や1台のみ。サンパウロ市内は万年渋滞なので、今の私は、車よりも公共交通機関の方が時間通り目的地に着くので気に入っていて、専ら愛用しています。今は便利なアプリもあり(そうそう、先週末漸くシムカードをiPhoneにセット出来ました!)バスのルートや番号や時間まで検索することが可能です。人前では操作できませんが、建物の中などでは大丈夫なので、大いに活用しています。
f0146587_09281542.jpg
最近起こった事件から、「サンパウロは大丈夫?」「エスピリット・サント州で起こっている無法地帯はどうなっているの?」などと訊かれますが、比較的安全な昼間のみ出かけるようにしているためか、公共交通機関と徒歩で快適なサンパウロライフを満喫しています。なので、こと私に関しては心配は要りません(と言っていると危ない目に遭うよ!ととなりのおっさん=トリオさんが言っていますが)安全なタクシーアプリも登録済みなので、いざというときは役立つことでしょう。
f0146587_09311925.jpg
雨も多い今日この頃ですが、今日は何とまあ奇跡的に一滴も降りませんでした。こんな日は少し埃っぽいけれど、湿気もなく快適そのもの…。
f0146587_09324222.jpg
サンパウロ生活もいいもんですよ、いやほんと。ところで、最近古いドラマを観まくっております。ムスコがBDに焼いてくれた松潤の「花男」や山ピーの「コード・ブルー」「私に恋したお坊さん」などの昔のドラマにド嵌りしています。クルクルと好きなタイプが変わって行く自分に少し嫌気がさしていますが(笑)地球の反対側に居ても自由にドラマやドキュメンタリーが見られる便利な世の中になったことに感謝。明日も早朝からお弁当を作って外出します。野菜類の下ごしらえは完了し、ご飯は午前6時半に炊き上がります。今週は日本からお客様が来られるため、週末までずーーっと忙しい。でも凄く楽しみ😊もしかしたらブログ記事が何項目か飛んでしまうかもしれませんが、ご容赦くださいませ。

それと、こうして日々駄文を綴っている中で、その内容についての個別のお問い合わせや励ましのお言葉をたくさん頂いていることに感謝しています。今年の6月でブログを書き始めて10年になりますが、これまで何とか困難を乗り切って続けて来られて良かったと思っています。拙い記事も多く、読みずらいかもしれませんが、これからもハチドリブログをどうぞ宜しくお願いいたします。


by beijaflorspbr | 2017-02-09 20:00 | 散歩 | Trackback
2017年 01月 31日

バスの中で感じたこと

日本人は概ね、公共交通機関で大声でプライベートなことを携帯を使って話す人は少ないと思うのですが、サンパウロでは、他人への迷惑は全く考えず、30分でも1時間でも声高に話している人が日常茶飯事。随分慣れたとはいえ、何故ここで話す必要があるの?そんなプライベートなことを大声で話す?電話中に夫婦喧嘩?妻が夫を一方的に責め立てる?週末の予定をバスの中で簡単に決めちゃって良いの?と???だらけ(笑)聞き耳を立てている訳でもないけれど、自然に耳に入るので、意に反して聞いてしまいます。そんな中で、昨日のバス車中では、若いお母さんが案の定長々と話している最中に、1歳にもならない幼い子どもがむずがりだし、最後は大声で泣き始めました。それでもお母さんは平気で話を続けています。どんな神経しているんだろ?と意地悪な中高年のおばさん(私のこと)は冷たい視線を浴びせかけてしまいました。そこは一旦電話を切って子どもの世話をするべきでしょ。子どもがあまりにも大声で泣き続けたので、諦めて「泣き止んだらもう一度電話するわ」と。。。その後持参していたヨーグルトを与え、少し落ち着きました。食べ物を与えている間、一生懸命子どもに話しかけています。「もうすぐお家に帰るわよ、帰ったらお風呂に入って気持ち良くしてあげるね、そしたらね夕飯よ。夕飯は何にしようかな?ごはん・フェイジョン(豆)・野菜の煮込みが良いわね。美味しい美味しいごはん作ってあげるからね…」優しく話しかけているうちにあれだけ泣きじゃくっていた赤んぼが寝始めました。ああそうか、お母さんの優しい声は子守歌なんだな、とそのお母さんを少しだけ見直しました。私もこんな風に優しく話しかけられる母親だったんだろうか?ちょっと反省しました。そのお母さん、子どもが寝入った後に約束通りもう一回電話…。元々話すことが好きな人なんだ、と割り切っているうちに、私の目的地に着いてしまいました。どっちにせよ、私だったら子どもの世話最優先にするけどな、その前にバスに乗らないか…。自分の子育て時代に、携帯電話が普及していなかったことに感謝。日本の電車内でも、スマホに夢中で子どもの世話を二の次にする人をたまに見かけます。時代の流れでそんなことも許容して行かないといけないのかしら?文明の利器に人間が操られないようにしなくては…、昨日観たBDで「考えることは脳を活性化させることだ」というのがありました。考える時間をこれからも大切にして行こうと思いました。
f0146587_20031877.jpg


by beijaflorspbr | 2017-01-31 21:34 | その他 | Trackback