ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:散歩 ( 262 ) タグの人気記事


2015年 06月 08日

5月連休後半の北海道旅⑨札幌市内を散策

私には限られた滞在時間しかないため、遠く旭川からわざわざお出かけくださったHN「街の妖怪さん」(以下Yさん)は、私から見ると人生の大先輩です。若い頃は大きなお仕事をされておられましたが、今は引退し悠々自適の生活を送っておられるところへ大病をし、大手術を受けられたとお聞きし、仲間と共にとても心配しておりました。何といっても北海道は本州から見るとちょっと距離があり、「ちょっと様子を見てこようか」と言う訳には行きません。そこで折角のチャンスを得たので、グループの俄か代表として、お会いしてまいりました。Yさんとは今回で3度目の再会、札幌駅でお元気そうなお姿が見えた時は、とても嬉しかったです。既にお昼を過ぎていましたので、簡単に食べられる札幌駅構内にある回転寿司屋さんに入りました。
f0146587_22223852.jpg
北海道産に拘って色々お願いしましたが、どれもこれもなかなか美味しい!!Yさんともビールでカンパイし、お鮨を次々に頂きました。
f0146587_22242173.jpg
これでもうお腹がイッパイ、後はお散歩をすることにしました。Yさんのご体調を気遣いつつも、やはり好奇心が先だってしまいました(反省!)折しも新緑の候
f0146587_22254126.jpg
趣のある、北海道旧庁舎(赤レンガ庁舎)までやってきました。1888年に建てられた立派な建物です。
f0146587_22263955.jpg
ちょうど良いことに、桜が満開で何とも気持ちの良いこと!
f0146587_22303687.jpg
ところどころに植えられたチューリップも満開でまるで天国に来ちゃったかと思いました。
f0146587_22312537.jpg
溢れんばかりのお花の乱舞、たくさんの外国人も大喜びでした。
f0146587_22325750.jpg
景観を大切にする札幌市は、私にとってとても懐かしい場所でもあります。私が小学校2年生の時、父の転勤で札幌市に引っ越してきました。正しい場所などは覚えていないのですが、二条市場付近だったということや、家が狭いのに4人が肩寄せ合うようにに住んでいたこと、両親はいつも忙し過ぎてあまり構ってもらえない分、兄が優しかったこと、小学校が家の真ん前だったため、毎日忘れ物をしたこと(笑)等など…。良い思い出はなかなかありませんが、確かにこの地に住んでいたんだと思うと感慨深いものがありました。
f0146587_22335947.jpg
ベンチに座ってYさんとも色々お話をしました。病気のこと、ご家族のこと、旭川のお話や過去のお仕事の内容は、聞いていてもなかなか勉強になることばかりでした。何より心配していたご体調が絶好調とはいかないまでも、ご自身でコントロールできるくらいまで回復されたのは喜ばしいことでした。少しゆっくりした後、大通り公園まで移動をしました。
f0146587_22415096.jpg
ここではまだ咲き始めの可憐なライラックのお花が迎えてくれました。
f0146587_22443314.jpg
大通り公園でもしばらくゆっくりしました。とにかくこの日は好天気で、外気が気持ち良くてリラックスできました。
f0146587_22494235.jpg
Yさんともたくさんお話ができました。私の飛行機の時間もあるので、札幌駅方面へ戻ることにしました。大都会の札幌市、聞くところによると、札幌に単身赴任した人はもう帰りたがらないのだとか、それほど住み心地が良い街なのでしょうね。
f0146587_22510561.jpg
もう少し時間があったので、札幌グランドホテルのティールームで一休みすることにしました。コーヒーと抹茶ケーキで至福のティータイムを楽しませて頂きました。
f0146587_22454728.jpg
先輩から伺ったお話は、これからの人生の糧としたいと思います。札幌駅で、Yさんとお別れをし、私は新千歳空港へと向かいました。束の間の再会でしたが、良いお天気の元、色々なお話を聞かせて頂けてとても有難い時間でした。街の妖怪さん、本当にありがとうございました!
f0146587_22570270.jpg
札幌駅で切符を買い、そんなに待つことなく「快速エアポート号」が来ましたので、難なく新千歳空港まで移動が出来ました。
f0146587_23022424.jpg
空港に着いた後は、怒涛のお買い物~♪高いと分かってはいても、家族愛が湧き出てきて困りました。冷凍イカ、鮭、いくらにお菓子・・・私にしては「爆」買いをし、キャリーにぎゅうぎゅう詰めて命がけで運びました(笑)
f0146587_23054353.jpg
飛行機を見るとホッとします。。。長くなってしまった北海道旅行記もいよいよ終わりです。ダラダラとすみませんが、あと1項目で終わります。


by beijaflorspbr | 2015-06-08 23:09 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 06月 05日

5月連休後半の北海道旅⑥函館・元町公園界隈を散策

大沼を一周した後は、海の方に連れてきて頂きました。潮風が気持ち良い…。
f0146587_22554164.jpg
金森赤レンガ倉庫の中を少し散策し、お土産を少し買いました。
f0146587_22570602.jpg
そこから至近距離にある、函館の観光地である元町公園界隈の教会群を見物しました。
f0146587_23013114.jpg
英国聖公会にルーツを持つ聖函館ヨハネ教会 現在の建物は1979年に建築されたものです。
f0146587_22582357.jpg
カトリック元町教会の尖塔と桜のコントラストが実に美しい光景でした。
f0146587_22592348.jpg
日本初のロシア正教会聖堂であるハリトス正教会へも行ってみましょう。現在の建物は1916年に建てられたものです。中に入って見学をさせて頂きました。
f0146587_23003056.jpg
折しも、色々なお花が満開の良い時期に来ることが出来ました。
f0146587_23103171.jpg
海を見下ろす広大な元町公園
f0146587_23114261.jpg
そこで出会った可愛い仔たち…。サンパウロの自宅でお留守番をしているみそくんを思い出してしまいました。
f0146587_23130125.jpg
こちらはコロニアル様式の木造建築の旧函館区公会堂です。
f0146587_23134052.jpg
海あり山ありの風光明媚な地、それが函館の魅力でもあるのですねえ!
f0146587_23170600.jpg
TOPPOさんご夫妻の金魚の●●でひたすらくっ付いて色々なアングルから撮影三昧…。いや~勉強になりました!
f0146587_23175603.jpg
漸く咲き始めたライラックの可憐なお花を眺めながら、元町を後にし、今宵の旅館を目指しました。
f0146587_23193427.jpg


by beijaflorspbr | 2015-06-05 23:21 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 04月 19日

日帰り京都旅③嵯峨野の桜守・佐野藤右衛門さんのお庭

今回の日帰り京都旅の前に、教え子のMさんに「佐野さんのお庭をメインに見たい」という希望を伝えておきました。前回は、時期的に桜が散りかけているタイミングでしたので、今回の満開時とは大違いなんだろうなと期待が膨らむばかり。そしていよいよ佐野さんのお庭(植藤造園庭園)にやってきました。佐野藤右衛門さんについては、こちらをご参照ください。
f0146587_21274220.jpg
もう見事!とかステキ!!なんて陳腐な言葉では到底表現できません。
f0146587_21354344.jpg
もうこんな素晴らしい桜の前では、言葉は邪魔です。拙い写真ですが、少しサイズを大きくして連続でご紹介させて頂きますね。
f0146587_21373387.jpg
f0146587_21390479.jpg
f0146587_21394386.jpg
f0146587_21405193.jpg
f0146587_21414804.jpg
f0146587_21431506.jpg
f0146587_21445204.jpg
f0146587_21463654.jpg
f0146587_21471643.jpg
一般道に沿ってある庭園、しかもお出入り自由と言う大盤振る舞い。可憐な桜の乱舞に癒されました。
f0146587_21482093.jpg
今年の桜はもう見なくても良いかな?というほど、ここで堪能させて頂きました。ああ、本当に桜って綺麗~♪かれこれ1時間ほどいて、漸くお食事です。
f0146587_21584017.jpg


by beijaflorspbr | 2015-04-19 21:51 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2015年 04月 15日

日帰り京都旅①嵐山・大覚寺

教え子Mちゃんの導きにより、最高のお天気の一日に京都・嵐山を訪ねてまいりました。折しも桜が満開の季節、行きの電車の中では期待のあまり全然眠れないという有様でして・・・(笑)JR嵯峨嵐山駅でMちゃんの愛車に乗って、最初に向かった先は旧嵯峨御所大覚寺
f0146587_21294437.jpg
嵐山には、何度もお邪魔している割にはこのお寺は初めての訪問でした。早速満開の桜が我々を迎えてくれました。
f0146587_21361228.jpg
拝観料を支払い、靴を脱いで境内をゆっくり回ります。
f0146587_21381408.jpg
嵯峨天皇の離宮として建立されて1200年の歴史を誇るだけあり、隅々まで手入れが行き届いています。
f0146587_21392632.jpg
嵯峨御所と呼ばれていた大覚寺だけあり、天皇家のご紋章が飾られています。
f0146587_21421938.jpg
想像していたよりも立派なお寺で見応えがありました。
f0146587_21460152.jpg
お庭に出てみると、ソメイヨシノの乱舞♪
f0146587_21471490.jpg
桜満喫です!!
f0146587_21485625.jpg
大沢池も桜で彩られていてとっても綺麗でした。
f0146587_21535672.jpg
地元のMちゃんは、なかなかこうして観光地を巡ることもないので、珍しがっていました。嵐山紀行もう少し続きます。



by beijaflorspbr | 2015-04-15 21:55 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 04月 10日

上野恩賜公園で束の間のお花見

大井町のホテルから御徒町までやってきました。ある業者さんでお買い物をし、加工を待っている間コーヒーブレイク。店員さんお勧めのさくらドリンク、ほんのり甘くて美味しい飲み物でホッとしました。
f0146587_08212352.jpg
約1時間半ほどで御徒町の用事を済ませた後、勇気を振り絞って上野公園に行くことに決めました。案の定、たくさんの駅員さんが出動して大声で整列を促していました。
f0146587_08215564.jpg
人の流れに沿って、上野公園の桜並木までやってきました。
f0146587_08225143.jpg
見事な桜、この日が満開でした!!実は朝テレビニュースを観て、どうしても観たくなったので、大満足!
f0146587_08244747.jpg
人の流れの邪魔にならないように、木の幹の傍に近付き、ズームをして撮りました。
f0146587_08274069.jpg
ボンボリのように可憐なお花を観て感激しました。
f0146587_08285167.jpg
今年の桜も、慌ただしい中で満喫しましたので、羽田空港に向かいましょう。

by beijaflorspbr | 2015-04-10 08:29 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 03月 20日

2014年冬旅@同級生と歩く姫路城

Gと歩く姫路城、もう少し続きます。いよいよ門を潜ってお城により近づきました。平成の大修理を終えたとても美しく立派なお城に感動!天守閣にあたる「大天守」はいよいよ3月29日から一般公開されるようです。当分は混雑は避けられないだろうね、と地元の友達Gが言っていました。
f0146587_20264193.jpg
とても歩きやすい城内、緩やかなスロープを上がって行きましょう。
f0146587_20304203.jpg
240mもある「百閒廊下」を歩いてみましょう。
f0146587_20321715.jpg
長い長い廊下が延々続きます。。。
f0146587_20335157.jpg
思いの外アップダウンが激しく、お年寄りにはお勧めできません。という我々も高齢者!?(笑)
f0146587_20352301.jpg
曲がったと思ったらまた廊下、でも高台にあるため眺めが抜群に良いのです!
f0146587_20365144.jpg
するとまた急階段、、、トホホ、足腰が痛くなってまいりました(*_*)
f0146587_20375490.jpg
百閒廊下から見た姫路城、あなたはいつも美しい。。。
f0146587_20384745.jpg
千姫ゆかりの「西の丸櫓」と言われているだけあり、こんな説明が。
f0146587_20400625.jpg
こちら木々に囲まれた場所が男山天満宮です。まさに歴史ロマン~♪
f0146587_20421314.jpg
漸く化粧櫓に到達しました。千姫さまが優雅にかるたで遊んでおられます。
f0146587_20434263.jpg
一番眺めの良い場所でした。
f0146587_20451795.jpg
今度はダウン&ダウン、、、階段から転げ落ちないように慎重に降りました。ひぃ~(^_^;)
f0146587_20460801.jpg
ここにGの優しいご主人さまがお迎えに来てくれました。有難や。次はこのお城でも珍しい十文字の鬼瓦を見に行きました。
f0146587_20475246.jpg
謂れは色々あるそうですが、キリシタンの名残ではないかと私も思いました。
f0146587_20515716.jpg
お城の直ぐ傍もド迫力でした。
f0146587_20531019.jpg
昨年のNHKの大河ドラマの「黒田官兵衛」にちなんだ展示物が飾られていました。
f0146587_20540735.jpg
甲冑
f0146587_20552500.jpg
黒田家と言えば、家臣団の功績は大きなものがありました。
f0146587_20561829.jpg
天守閣に昇れなかったものの、姫路城を堪能して裏側に回ってみました。大工事だった様子が窺えます。
f0146587_20582381.jpg
真裏から見た天守閣、一般の観光客の方はこの角度からは見ないそうです。
f0146587_21001388.jpg
この煉瓦色の立派な建物は、姫路市立美術館です。
f0146587_21013139.jpg
その先には広々とした公園が広がります。
f0146587_21052517.jpg
公園からも姫路城を仰ぎ見てみました。これでお城の周りを一周したことになります。ありがとうG.
f0146587_21062221.jpg
雨の中たくさん歩いてくたびれてしまいました。お腹も空いたのでいよいよ楽しみにしていたランチタイム~♪続きます。



by beijaflorspbr | 2015-03-20 21:07 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 01月 19日

2014年秋京都の紅葉@永観堂

南禅寺から永観堂は歩いて5分ほどの至近距離にあるので、楽に移動できました。永観堂は過去に何度も行ったことがあります。特にもみじの時期は、どうしても足が向いてしまうお寺。入口で拝観料を払って中に入るとまあすごい人!まるでバーゲン会場のデパートみたい(^_^;)でも一歩中に入った途端に思わず「おおお!!」
f0146587_21355766.jpg
すぐに靴を脱ぎ本堂へまいりましょう。入り口で忘れずにご朱印帳をお願いします。このお寺のご朱印が素晴らしいと評判です。山のように積まれたご朱印帳、どうするのかな?と心配していると番号札を渡されました(笑)「お帰りの際に受け取ってくださいね」
f0146587_21371411.jpg
渡り廊下からは赤
f0146587_21414880.jpg
黄色も美しいですねえ。
f0146587_21424852.jpg
空間という空間が全て紅葉で彩られた風景
f0146587_21445089.jpg
石庭も見事に掃き清められています。
f0146587_21502969.jpg
久しぶりに「みかえり阿弥陀像」にもお目にかかることが出来ました。
f0146587_21463515.jpg
本堂から外に出て階段を下りると大きな阿弥陀様
f0146587_21533815.jpg
うーん、思わず唸ってしまいます(笑)
f0146587_21544788.jpg
それではしばしお庭を散策しましょう。
f0146587_21561549.jpg
大きな池の周りをぐるりと回ります。
f0146587_21562957.jpg
逆さ紅葉~♪
f0146587_21574865.jpg
真っ赤っか。。青い空とのコントラストが見事でした。
f0146587_21584910.jpg
お茶屋さんもありますよ。一休みしたいところですが、家族が夕方までに大阪に戻らなくてはならなかったのでパス
f0146587_22001326.jpg
最後に見納めをし、永観堂を後にしました。あー凄かったぁ!
f0146587_22015795.jpg
写真ばかりが多すぎて…(笑)
f0146587_22025465.jpg

f0146587_22131244.jpg
お寺を後にする時、何か忘れている感じがして、立ち止まって考えてみました。「あ!そうだご朱印帳」無事に頂いてまいりました。
f0146587_22035035.jpg
その辺に落ちていた紅葉を添えてみましたが、良い思い出になりました。帰りは四条河原町の高島屋地下の551にて簡単ランチを頂き、急ぎ大阪に戻りました。
f0146587_22071550.jpg
たくさん歩いて、良いお天気の元、思い切り紅葉を愛でることが出来ました。パトちゃん、ありがとうね。


by beijaflorspbr | 2015-01-19 22:09 | 日本国内旅行 | Trackback
2014年 12月 23日

2014年秋旅・・・教え子と歩く銀座

ブラジル・サンパウロからもう一度舞台を日本の秋に戻させて頂きます。12月12日に書いた記事から何と2週間も経ってしまいました。その間、超多忙で今思い出しても大変な日々を送ったものです。さて、この日は神田やぶそば→「マルシャン」でのティータイム→落語→神田明神→湯島天神→秋葉原と下町をぐるぐる回ってきましたが、折角なら東京にいる間に一度でも銀ブラをしてみたい、ということで教え子のEちゃん、Kちゃんがこの後も付き合ってくれました。秋葉原からJRで有楽町まであっという間。文字通りブラブラ歩いて4丁目までやってきました。日曜日だったので、歩行者天国がちょうど終わろうかとしているタイミング。
f0146587_20115806.jpg
第一目的地はミキモト、ビル建て替えのために今年でツリーが最後とのことで見に行きました。すごい人また人の波に揉まれて見たツリーは思ったよりも小規模!?
f0146587_20192149.jpg
雑踏の中を歩いてきた我々にはほんの少しの癒しが必要です。お気に入りの隠れ家、「魚がし銘茶」のお茶室のある2階へ。。。
f0146587_20212606.jpg
とても感じの良いスタッフが温かく迎えてくださり、美味しいお茶を淹れて頂けます。このお茶屋さん「にゅう」や「しゃん」と言ったネーミングもまたユニーク、そして肝心のお茶がとっても美味しいの評判です。
f0146587_20251892.jpg
落ち着いた雰囲気の中、日本酒をほんの少し飲んだ後…
f0146587_20380455.jpg
とても自分では淹れられないような美味しいお煎茶
f0146587_20313078.jpg
次に甘いお菓子を頂きます。この日が金沢のお菓子でした。ホッとします!
f0146587_20340647.jpg
そして第二煎めはもうちょっと濃厚な味、同じお茶でもこんな風に淹れられるというお手本のような味わい。まさに癒しの空間でした。
f0146587_20355147.jpg
こんな雰囲気の中、ゆっくりさせてもらいました(モデルはKちゃん)
f0146587_20285104.jpg
1階がお茶屋さんです。忙しい時は、2階に上がらなくても、お店でもお茶を淹れてくださいます。我々は2階の後にもう一杯1階でお茶を頂いてしまいました(笑)
f0146587_20400032.jpg
とてもステキなお店ですので、銀座に行かれたら是非お立ち寄りくださいな。
f0146587_20415080.jpg
お茶屋さんを後にした我々はもう一度4丁目の和光へ戻り、華やかなディスプレイをしばし楽しみました。
f0146587_20443810.jpg
道路脇のポインセチアも可憐で美しい!
f0146587_20453461.jpg
その後、教え子ちゃんたちがまだ新歌舞伎座を見たことがないというので、私が俄かツアコンでご案内しました(笑)
f0146587_20473197.jpg
いつか歌舞伎も鑑賞したいものです。時間が取れるかしら?
f0146587_20490569.jpg
歌舞伎座を遠目に見学した後は、岩手県のアンテナショップへ行きました。二人とも、東北出身なのです。私は三陸産の塩蔵わかめと干し椎茸を購入しました。
f0146587_20495473.jpg
もう一度4丁目方面に戻り、たまたま前を通りかかったところでDIOR展を開催中だったので、入ってみました。
f0146587_20524470.jpg
屋内は地下から2階までの3層になっていて、かなり見応えがありました。フラッシュなしなら撮影OK,撮りましたよぅ~♪
f0146587_20581983.jpg
華やかなオートクチュールのドレスからバッグや香水などの小物まで実にステキな演出方法で展示されています。
f0146587_20582593.jpg
実際にドレスに刺繍をする作業場も公開されていて、大変興味を惹かれました。1着の衣装を仕上げるまでには500時間もかかるそうです。私なら確実に途中で投げ出しますね。
f0146587_21010707.jpg
その横では香水の調香師さんが作業をしておられました。懐かしいフランス語~良く分からないけど…(笑)
f0146587_21032742.jpg
この催し物も、来年の4月1日まで開催されていますので、ファッションに興味のある方もない方も是非お越しくださいませ!
f0146587_21050079.jpg
良いものをたくさん見せて頂いた後は、さすがにお腹が空いてしまいました、どこに行く?何食べる?迷うのもまた楽しい。教え子との幸福時間はもう少し続きます。


by beijaflorspbr | 2014-12-23 21:08 | 日本国内旅行 | Trackback
2014年 12月 10日

大阪南で初対面!

昨日はずっと無理をしてきた体が悲鳴をあげ、夜の9時に突然スイッチが切れバタンキュー、結局今朝方の7時まで爆睡をしてしまいました。まとめて10時間も眠れたのは本当に久しぶり。毎日のように出かけたり、色々な細かい用事を済ませる日がずっと続いていました。この駆け足の日々ももうちょっと、名残惜しいけれどブラジルに戻る日も近付いてきました。日本でのたくさんの思い出は、ブラジルに帰ってからゆっくり綴らせて頂きます。さて、この日は北海道から大阪にいらしたFさんとの初対面の日。いつも初めてお目にかかる日は、何だかドキドキワクワク…。高島屋玄関で、と申し上げて座って待っていたら、笑顔のFさんが立っていました。大阪不案内のFさん、何と梅田からタクシーで来られたそうで申し訳ないことをしました。私が梅田に行った方が簡単でしたのに…。
f0146587_20505045.jpg
道頓堀や戎橋商店街をそぞろ歩きし、色々な話をしました。
f0146587_21183419.jpg
心斎橋までやってきました。ユニクロ心斎橋店は、今回も随分お世話になりました。
f0146587_21220173.jpg
静かにお食事を愉しみたかったので、心斎橋のBarbacoaに入りました。
f0146587_21275701.jpg
ブラジルと深いご縁があるのに、ブラジル料理を食べたことがない、と仰ったからです。店内はどんどん人が入ってきて静かどころかワイワイと賑やかに…(笑)まずはビールでカンパイ!
f0146587_21234189.jpg
ブッフェ&お肉食べ放題コースの始まり始まり…いつもの如くサラダ山盛り。これでもうお腹がいっぱいになりそうです。
f0146587_21302158.jpg
サラダも食べ終わったので、次はシュハスココースにチェンジします。緑は入れて、赤はもう要らないよ、のサイン
f0146587_21331210.jpg
もちろんポン・ジ・ケイジョも食べ放題~♪
f0146587_21351069.jpg
ガーリックステーキとソーセージからスタートしてみました。モーリョ(タレ)は酸味が強すぎ、私が教えてあげようかと思いました(笑)
f0146587_21361481.jpg
一番美味しいお肉のピカーニャを2回お替り
f0146587_21382569.jpg
焼き玉ねぎも甘くて美味しいものですねえ。
f0146587_21394543.jpg
焼きチーズも頂きました。食べ放題は我々の年齢には少しきついけれど、十分に楽しめました。ブラジルから働きに来ている人がいたので、声を掛けてみました。一人が「研修中」と書いてある名札を下げていたので、「(仕事は)慣れたの?」と訊くと「まあね!」と。久しぶりに聴いたポルトガル語が耳に心地良く響きました。
f0146587_21410831.jpg
バルバコアから静かな喫茶店に場所を移し、またしばらくお話をしました。Fさんとは共通の話題がたくさんあり、いつまでもお話していたかったのですが、翌日は東京行きを控えていたため、早めにお別れしました。でもきっとまたお目にかかれそうな気がします。Fさんとお会いできたのも強いご縁を感じます。亡きお友達のMさんも天国で喜んで下さっていることでしょう。
f0146587_21453143.jpg
Fさんに頂いた高級ホタテの燻油漬けは、そのまま食べても良いのですが、炊き込みご飯やお料理に混ぜ込み大層役立ちました。
f0146587_22031615.jpg
Fさん、ありがとうございました。次にお会いするまでどうぞお元気で!


by beijaflorspbr | 2014-12-10 22:04 | 友達 | Trackback
2014年 12月 08日

4回目の京都へ…。

インターネットという文明の利器を手にして、最初のころから交流のあるお友達とのオフ会に参加してきました。集合場所は京都、宝が池。同志社のある文教地区にある湯葉料理専門店でした。集まったのは、東京、横浜、大阪、和歌山、岡山、山口、そしてサンパウロに住む私の7名です。こんなに離れていても、毎年のように会っているせいか、特別な話をしなくてもただ一緒にいるだけで心地良い空気が静かに流れていました。友達ってなんて良いんだろう、というのを分からせてくれたのもこの仲間でした。年齢が近いせいもあり、最近は健康のお話もよく出るようになってきました。それと孫自慢!?40代で知り合った我々も還暦前後。時代の流れと共に、今のように頻繁には会えなくなってしまうかもしれませんが、今この瞬間を大切にしたいと思います。人生とはどこまでも長く続く道なのではないかと思います。時々は横に逸れたりもしますが、軌道修正をして元に戻る道もたくさん残されていると思うのです。これからも出来るだけ真っ直ぐ素直に生きていきたいと思いました。また詳細は後日させて頂きます。
f0146587_22580379.jpg
(京都 大徳寺にて)


by beijaflorspbr | 2014-12-08 23:06 | 日本国内旅行 | Trackback