ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:成田空港 ( 14 ) タグの人気記事


2017年 07月 14日

2017年夏大阪→サンパウロ搭乗記②成田国際空港にて

国内線3002便で伊丹空港から成田空港までやってきました。時間が早いせいか、まだ閑散としています。早速JALのサクララウンジに入りましょう。
f0146587_20562389.jpg
丁度正午過ぎだったので、2階のダイニングに上がって・・・
f0146587_20512137.jpg
シャンパンとカレーなどを頂きました。流石にお腹が空いていたせいか、美味しかった!
f0146587_20514332.jpg
昼食後、マッサージを10分だけ受けて、シャワールームでゆっくりとシャワーを浴びました。気持ちが良かった!!
f0146587_20540598.jpg
このラウンジは、目の前で飛行機を見ることが出来るので、最高のロケーションです。
f0146587_20541692.jpg
時間的に早いため、この通りガラガラです。
f0146587_20543759.jpg
この辺で家族に頼まれたお買い物を免税店で済ませました。
f0146587_20551847.jpg
JALカードは10%割引なので、ちょっと得をした気分。
f0146587_20554293.jpg
もう一度ラウンジに戻り、約2時間ほど仮眠室で仮眠をとりました。
f0146587_20570723.jpg
長い一日のようでしたが、あっという間にJAL4便の搭乗時刻が迫ってきました。準備万端のJAL4便ニューヨーク行(Boeing 777-300機)
f0146587_20590106.jpg
エメラルド会員から順番に優先搭乗が始まり、ブルー(サファイア)の私も少し待って機内へと入りました。
f0146587_21002896.jpg
明るいうちの出発って、気持ちが良いですね。成田からニューヨークまでの飛行時間は12時間20分。寝ている間に着いてしまいそうです。
f0146587_21004946.jpg
では行ってまいります~♪

by beijaflorspbr | 2017-07-14 12:00 | 飛行機 | Trackback
2009年 10月 20日

旅行記(成田空港にて)

1時間ちょっとのフライトを経て、JAL3002便は成田国際空港に到着しました。8時40分に伊丹空港を出発したので、10時前には成田に到着してしまいました。
f0146587_0393477.jpg

まずは銀行に行って通帳記入と外貨交換をします。日本円はブラジルではかなり交換率が悪いので、US$現金に交換します。これは自分のヘソクリ程度ですが(笑)。電光掲示板には色々な国へ出発する便の案内が表示されています。行ったことのない国のまだまだ多いこと!世界は広いんだなあ~としみじみ思う瞬間です。
f0146587_0453886.jpg

ベンチに腰かけて「ある人」を待ちました。11時少し前にやってきたのは娘のパトちゃん。朝5時台の始発電車に乗って一番早い新幹線にとび乗って遥か成田空港まで私の見送りに来てくれました。「たまにはいいよね」とはいえ、成田は遠いので、大変だったことでしょう。ありがとう。いつも少し寂しい成田空港での時間がとても楽しいものに変わりました。こんなお掃除ロボットを見ても二人でゲラゲラ…。
f0146587_0501587.jpg

あちこちお買い物をしているうちにお昼になりました。私の希望で入ったのはお蕎麦屋さんでした。パトの頼んだのは可愛いちらし寿司とおうどんのセット
f0146587_5235748.jpg

私はとろろそばを頼みました。久しぶりのお蕎麦にワクワク。
f0146587_0594741.jpg

生わさびが添えられているのには感動しました。出発前の食事としては良い選択でした。ゴリゴリゴリ、ゆっくりとワサビを擦りながらだしと共に頂くと、ピリッと辛くて何ともいえない芳香が立ちます。ああ、たまにはお蕎麦も良いなあ~♪美味しいお食事でした!
f0146587_5242194.jpg

パトも少し東京で寄りたいところがあるというので、午後1時にお別れしました。しばらく会えないけれど、頑張ってね。後姿を見ながら胸がきゅんとなりました。別れは辛いものです。気を取り直してB1から一気にエレベーターで4階出発ロビーに行きました。電光掲示板を見ると、私の乗るJAL048便サンパウロ行きは定刻と書かれてありました。いつもの空いている優先レーンから出国ブースに入りました。
f0146587_124923.jpg

向かった先はJALが誇る世界最大の「サクララウンジ」です。
f0146587_112995.jpg

まだ早い時間だったので、人影もまばらです。
f0146587_1245685.jpg

ここでの大きな楽しみは目の前の大きな飛行機をぼーっと眺めること。
f0146587_1272532.jpg

飛行機好きにはたまらない最高のロケーション。少年のように目を輝かせて眺める私。
f0146587_1283695.jpg

しかし飲んでいるものはまるでオヤジでした(笑)
f0146587_131649.jpg

喉も潤ったところで、まずはシャワーを浴びることにしました。前もそうだったようにまたもや靴づれができてしまい、絆創膏を貼り替えないといけなかったからです。
f0146587_5251773.jpg

いつもながら気持ちの良いシャワーは最高です。その後10分間マッサージを受けまるで天にも昇るような思いでした。ひと通り回った後は、また飛行機見物です。大きなジャンボがやってきました。穴の開くほど熱心に見つめていました。燃料効率の悪いこの747-400もいつまで飛ぶか分かりませんので、今のうちにしっかり記憶に留めておきたいと思います。
f0146587_5255141.jpg

いや~~飛行機っていいですねえ~♪
f0146587_147112.jpg

居心地の良いラウンジにいられるのも後4時間ほどになりました。
f0146587_149434.jpg

少しだけ小腹が空いたので、2階に上がって軽食を頂くことにしました。
f0146587_1504275.jpg

生ビールとサラダ、鮭のマリネに冷たいおうどん&スープを少しずつ頂きました。
f0146587_1541926.jpg

お腹もいっぱいになったところで下に降りたら子どもが走り回っています。
あまりにも煩いのでラウンジの隅っこの少し暗くて静かなところに移動しました。
f0146587_2207.jpg

こうして好きな所に移動できるほど広いラウンジなので有難いです。それにしても大人の空間と子どもの空間の棲み分けが難しくなってきているのでしょうか。キッズルームもあることをラウンジの担当者は説明すべきだとも思いますが。
f0146587_261244.jpg

そして搭乗まであと2時間を切りました。さて、何しよう?やはりこれだけは外せません。サクララウンジ名物のビーフカレー、カレーとご飯は少なめにして頂きました。いつもながら最高の出来です。どうやったらこんなに美味しいカレーができるのでしょう?
f0146587_5261512.jpg

そしてバーテンダーの馬場さんにマッカラン12年のハイボールを作ってもらいました。マッカランは「シングルモルトのロールスロイス」(馬場さん言)だそうです。
f0146587_2104411.jpg

「もう少しいけそうですね!」と言われたのですが、フライトのことを考えてお断りしました。とても良い気分で搭乗までの時間を過ごすことができました。
f0146587_365365.jpg

国内線乗り継ぎで朝から一日中この成田空港で過ごすのもすっかり慣れてしまいました。特に今回は娘が来てくれたことでどれほど楽しい時間が過ごせたことか!今回の帰国は実りの多い3ヶ月となりました。家族や周りの皆さまのお陰で、楽しく充実した日々を送らせて頂けました。さて次は国際線搭乗記に続きます。24時間の長旅、いったいどんなフライトになることやら…。

by beijaflorspbr | 2009-10-20 02:16 | 飛行機 | Trackback | Comments(8)
2009年 07月 20日

成田空港NRTにて国内線に乗り換え

思えば南米から日本への旅といえば地球の真反対なのですね。改めて地図を見ると遠いなあ~~と…(笑)←今頃気づいたん?(-_-メ)
f0146587_12555132.jpg

さて、3か月ぶりの成田空港です。さすが我が娘ちゃん、空港内をお散歩する気力が残っていました。でもここで私が「展望台に飛行機を見に行きたいんだけど…」と言ったら何と言われるか心配だったので言い出せず。まあ飛行機見物は自分一人の時にたっぷり楽しむことにしましょうっと~~♪電光掲示板には私たちが乗ってきた飛行機が今夜もう一度サンパウロに向かって飛ぶことを示しています。2時過ぎに到着して夜の出発は7時少し前。7時間で整備と燃料給油と荷物や食事の搭載、機内の清掃をしなくてはいけないので忙しいことです。
f0146587_130921.jpg

歩き疲れたところで「小腹が空いた!」と娘。「何が食べたい?」「うどんくらいかな?」ということでざるうどんを、娘は山かけ入り。麺がしこしこ、本当に美味しいです!
f0146587_1322877.jpg

そろそろ午後2時です。国内線のゲートをくぐります。エスカレーターで2階にある小さなラウンジに入りました。ここで「シャワールーム」というのを目にしたので、受付嬢に聞くと、空いていますよ、とのこと。娘もベタベタの髪の毛を気にしていたので、すぐにシャワールームへ…。シンプルで狭いけれど、とっても清潔なスペース。シャンプー、リンス、タオルに歯磨きセットが全部揃っています。
f0146587_16595565.jpg

シャワーを浴びてさっぱりしたところで、ラウンジに…。私はPCを開けてブログへの書き込み。娘はウッツラウッツラ…。ちょうど眠たくなる頃です。午後4時過ぎに次の飛行機、大阪伊丹行きに乗るためにエスカレーターを下りて搭乗口に向かいました。
f0146587_1322674.jpg

次に乗る飛行機は珍しく「沖止め」。次は楽しい国内線搭乗記に続きます!

by beijaflorspbr | 2009-07-20 13:11 | 飛行機 | Trackback
2009年 04月 20日

成田空港サクララウンジにて

JALのサクララウンジに入ってまず真っ先にすることといえば、鍵付きのロッカーを確保し、マッサージの予約を取ることです。二つの仕事が終われば、後は荷物は全て置いて身軽に2階のホールに行くことができます。おっと…カメラを忘れた!腹ごなしに階段をえっちらおっちら上がっていきましょう。エレベーターもあるのに、たまに重そうなキャリーを必死で持ち上げてくる人もいます。教えてあげようかな?←やめとこー
f0146587_11553710.jpg
まずは冷たいおうどんと筍の煮物、お魚、卵焼き&何故か鳥の唐揚がありました。鳥は苦手なので、1個味見用にもらいました。他には野菜サラダも頂いてきましょう。カレーの薬味の梅干しや野沢菜、山ゴボウの漬物ももらってビールのおつまみにします。スープストックのスープは、ミネストローネを選びました(3種類あります)。さあ、ゆっくりいただきます!みんな美味しくて、タケノコはお替りしました。
f0146587_10424533.jpg
12時過ぎなので、まだ空いています。このラウンジは夕方が一番混むようです。朝は欧州行き、お昼は中国やアジア行き、夕方から夜は主に米国行きの飛行機が飛び立つようです。いつか成田経由でパリに行った時は、ラウンジに入る暇がありませんでした。何となく損をしたような気分になりました。朝は朝でちゃんと朝食の用意がされているようです。一度ここで頂いてみたいものです。お腹もいっぱいになって食後のコーヒーを頂いた後は下に降りてシャワーです。ゆっくりと1時間近く入ってリラックス。歯も磨き、髪の毛もしっかり乾かしてお化粧は?と思いましたが、スッピンだとおばけなので、薄化粧を。外に出てさあ、何しようかな?
f0146587_1254561.jpg
まずは飛行機の観察から。じわじわとバックする飛行機。飛行機はバックできないので、きっと牽引されているのでしょう。まるで飛行機が独り歩きしているような錯覚を起こします。
f0146587_127199.jpg
フィリピン航空も出発です。マニラか…一度も行ったことないですね。アジアは上海しか行ったことがありません。まだまだ未知の国がたくさんあるんだな~。
f0146587_1282949.jpg
飛行機が飛んで来るたびに「あ、アメリカン」「ブリティッシュ」「アシアナだ!」と声に出す謎のハチドリおばさん。近くに人がいなかったから良かったものの、おかしい人だと思われますよね。しかしずっと離着陸を繰り返す飛行機を見ていると飽きるということが全くありません。
f0146587_1285655.jpg
目の前のゲートに整備士さんが集まり出しました。そろそろどこからか飛行機が到着するのでしょう。
f0146587_1221924.jpg
ずっと見守っていたかったのですが、睡眠不足がたたって突然睡魔が襲ってきました。2時間ほどこのふかふかのソファーで仮眠をし、目が覚めた時間がマッサージ予約の5分前、わあ~危なかった!慌ててマッサージ室に飛んで行きました。担当はおじさん、力強くて気持ちが良いです。背中に大きな岩をしょっているみたいに硬いねと言われました。疲れているもんね~。仕方がないわ。
f0146587_12213347.jpg
マッサージが終わったのが3時半。ラウンジで過ごすのもあと3時間。そうだ!買い物。娘にランコムのマスカラを頼まれていたことを思い出しました。私もついでに口紅を買ってしまいました。お勧めに弱いんですね。特に旅行中は…。まあいいか。「Akihabara」にも行って、細かい買い物を済ませました。キャリーもこの時点でパンパンに膨らんでいます。これ以上は無理!持てるだけ買う、これが基本ですね。ってそんなにたくさん買わなくても良いのでしょうけれど、家族への思いが込み上げてどうしても買い過ぎてしまいます。食べさせたいものも日本にはたくさんありますからねえ。ラウンジに戻り、荷物を正しく詰め終わった後は、大人向けのバーへ…。前回からもう癖になってきました(笑)今日は優しいお姉さんのバーテンダーさんです。余計に嬉しいわ。まずは普段は飲めない「響」のハイボールを注文。濃度もちょうど良くスーッと入ります。
f0146587_12284597.jpg
お酒を飲む、飛行機を見る、お酒を飲む、おつまみをボリボリ食べる…ああ至福の時よ!また飛行機がどこかへ向かって飛んで行きます。色々な人の思いを乗せて…。
f0146587_1230858.jpg
良く南米線を飛んでいるYokoso号がやってきました。今日もこの飛行機かしら?優しいお姉さんバーテンダーさんとの会話が弾み、楽しくてなかなか腰を上げられません。1杯半頂いたところで、腰を上げ、お別れしました。「良い旅をなさってくださいね!」「ありがとう、またお会いしたいですね!」と言って笑顔でお別れしました。
f0146587_12314616.jpg
お酒だけでは心もとないので、ここで腹ごしらえしましょう。やっぱりカレーかな?今度はカレーとお味噌汁を頂きました。スープも。ちょっと盛りが良すぎます?(*^^)v
f0146587_1236421.jpg
さすがにもう夕刻の5時、食堂はたくさんの人で賑わっていました。
f0146587_1237043.jpg
お腹もいっぱいになって満足して下に降りました。今度も階段で…。ささやかな運動!
f0146587_12371696.jpg
窓の外にはたくさんの飛行機。このロケーションは最高です!
f0146587_12374495.jpg
今度はここに座ってPCを取り出します。館内全て無線LANが通っているので便利です。
f0146587_12382036.jpg
さあ、搭乗時刻まであと20分、少し早めに行動をするのが好きなので荷物を持って62番ゲートに行きましょう。エレベーターで下に降りるとこの通り。満席に近いのかな?
f0146587_1039409.jpg
飛行機は目の前に…今回はYOKOSO号じゃなさそうですね。いつもの747-400。
f0146587_1243863.jpg
少し画像をぼかしたのですが、ご覧になって分かるように、日本に出稼ぎに来ていた日系ブラジル人(非日系も含)の引き上げが大変多く、ファミリー全員が引き揚げるので、おじいちゃんの代から孫の代までひと塊りになって山のような手荷物を持っている様に圧倒されました。厳しい現実を垣間見た気がしました。日本に夢を抱いて働きに来られた日系人労働者の方々は今どんな思いで日本の思い出を反芻しているのだろうかそしてこれから始まるブラジルでの生活はどうなるのだろうか?人様のことながら心配になってきました。一様に表情は暗く、いつもの明るく陽気な雰囲気はありませんでした。まだ仕事がもらえることに希望をつないで居残っている日系人も多くいるそうです。早く日本経済が元気になって、この方たちに希望の光が見えてきますようにと密かに祈った次第です。とにもかくにも色々な方の思いを乗せて飛行機は飛び立つのです。待合室の固い椅子に座って色々考えていたらいよいよ搭乗時間になりました。かなりの人だったので、いつものように優先搭乗をさせてもらいます。機内に入ったら何ともう荷物を入れるスペースがない!私の席は10Aの窓側。大きなキャリーが3個並んで入っています。おかしいなあ?隣は一人の中国人。通路を挟んだ席に中国人の夫婦、その後ろも友達らしい中国人…。何となく嫌な予感がしました。CAさんが通りかかったので聞いてみました。「おかしいですねえ?随分早く乗ったのに、もうキャリーの置き場がないなんて」「上の棚は共有となっております。私が空いているところにお入れしましょう」と言うが先に「えいやーー」っと入れて下さいました。すごいわ!それにしても普通は自分の頭上の棚にしまうものじゃないでしょうか?共有スペースとわかっていながら何故堂々と「人の頭の上」に置くんだろう?疑問がわいてきました。と同時に、この席は大失敗だったな、と思いました。隣のおじさんは読んでいる硬い本を何度も肘掛のところにバンっと置きます。眼鏡も置きます。あの~このスペースだって共有だと思うんですけどね。。。心の中の不満は破裂寸前です。それに一番ひどいのがずっとずっと貧乏ゆすりをしていることでした。足を組んでもユラユラ、足を開いてもユラユラ、まあそれが視界に入るんですわ。私って元々気になる方なのでもうそれはそれで地獄のような光景でした。目をつむっても何となくユラユラ貧乏ゆすりのせいで揺れているような錯覚を起こします。本当は飛行機の揺れだったんですけどね(笑)。
f0146587_12503499.jpg
目をつぶっているうちに、飛行機はとっくの昔に離陸したよ~という感じで既に夕食のサービスが始まっておりました。さあ、次はいよいよ機内食編です。明日に続きます。私のイライラは治るのでしょうか?それとも悪化するのでしょうか?(笑)乞うご期待!

by beijaflorspbr | 2009-04-20 13:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(8)
2009年 04月 19日

2009年4月16日伊丹ー成田旅行記

皆さま、サンパウロよりこんばんは。まだまだ疲れが取れず、いつが朝なのか昼なのか夜なのかがあまり良く分からない旅行直後の不思議な感覚の真っただ中におります。ブラジルはたまたま来週の火曜日まで連休なので、今はデレデレと働き者のトリオおとーさんに家事を任せてグータラさせてもらうことにしました。あ~楽ちん楽ちん~(*^^)vここシャーカラフローラは相変わらず平和。サンパウロの季節は秋、日中は20℃前後ですが、体感温度が低いせいか、厚手のカーディガンと靴下が手放せません。今の日本よりは少し寒い感じしかし紫外線は相変わらず強く、肌を刺します。

さて、恒例の旅行記を始めます。もう飽きている方もいらっしゃると思いますが、ここ数日は我慢してご覧くださいませ!既に書いた通り、今は日系ブラジル人出稼ぎの「総引上げ状態」で飛行機はかなり満席のようだ、と聞いたので、予めJALサンパウロ支店のFちゃんに「クーポンを使ってアップできる?」と聞いたらその場でOK。席は窓?それとも通路?と聞かれたので、「ビジネスなら窓が良いな」と答えました。その後、JALサイトで勝手に自分で前の席に替えてしまったのが運のつきだったのか、そのお話はまた後にするとして、めでたく去年7月以来のビジネスでの旅の始まりでした。普段はエコノミーでも全然へいっちゃら!と豪語していますが、寄る年波には勝てません。アップと聞いた瞬間からどうも肩の力が抜けていくような爽快な気分でした。まあたまの贅沢だからよしとしますか。伊丹空港では、国際線乗り継ぎの場合、パスポートを提示して最終目的地までのチケットを受け取ります。荷物もスルーでサンパウロまで運んでくれますので、これ以上の楽はありません。いつものように孫弟子に朝6時に迎えに来てもらい、トランクを車に積んで出発。朝は阪神高速も渋滞ゼロなので、楽ですねぇ。7時前には伊丹に着いてしまいました。チェックインもスムースにいきました。
f0146587_1035440.jpg
娘のピーと展望台でぼーっと飛行機を見ていました。もっと見たかったのに、「ママ、もういいでしょ!」と言われ、渋々下に降りました。放っておいたら一日中でも見ていそうなハチドリかーちゃんでした。
f0146587_10365314.jpg
成田行き国内線の3002便は、国際線仕様のため、ファースト、エグゼクティブ、プレミアムエコノミーにエコノミーと4段階に分かれています。今回はエコノミーの一番前の23Kの窓側にしました。赤ちゃんのベッドを乗せるバシネットが設置されているので、広め。外はもや~っとして視界が悪く見晴らしも悪かったし、飛行機に乗った時は疲れ果てていて、離着陸にも全く気付かず、目をこすりこすり降機する始末。もっともっと寝たいな~と重たい体を引きずりつつ成田空港内を歩き回りました。9時40分に到着したので、空港出発ロビーはまだガラガラでした。
f0146587_10293247.jpg
ユニクロが出店していました。嬉しくなって娘のシャツを2枚と自分用に1枚購入。いつも思いますが、お財布に優しいお店です。重宝しそう!袋も成田空港独自のパッケージだそうで、おシャレなのですよ。
f0146587_11462116.jpg
出発ゲートの上のお店をくまなく歩くのが私の楽しみ。本や雑誌、細かいお土産、おせんべいに和菓子を買った後は疲れたので一休み。やっぱりいつもついつい来てしまうのはここです。2005年7月、前年に父を亡くした母とともに、サンパウロに向け出発したのでした。その出発前、二人で天ぷらを食べ、日本酒を二人で分けて飲んでほんのちょっぴり顔を赤く染めた母の楽しそうな写真が今も私の携帯の壁紙になっています。その写真を写した場所がここ、母は車椅子に座り、私はこの右の椅子に座って色々楽しくお話をしたのでした。どうしても毎回ここに来て座り、一人静かに母を想うのです。今回はひとりだったせいか、人もいなかったせいか、思い出して涙してしまいました。心が弱っているとき、体が疲れ切っている時はどうもいけません。母が余計に恋しくなってしまうのです。優しかった母がたまらなく懐かしくなるのです。
f0146587_10311240.jpg
寂しくてやるせない気持ちになったので、気分を変えるために展望台へ。ちょうど1台の飛行機が飛び立つところでした。そうだ、悲しんでいる場合ではない、これから大好きな飛行機の旅が始まるんだ。元気を出して頑張らなくては…。
f0146587_1055415.jpg
気合いを入れて搭乗口に進みました。JALファーストセキュリティーレーンを通ります。ここでとっても嬉しいことがありました。何故か今回は、あちこちに小さい切り傷や足には豆を作ってしまいました。それだけ活動をしたという証拠なのですが、その指の切り傷から出血してしまい、困っていたところ、荷物検査の女性が「どうされましたか?」と聞かれたので「どうも切ってしまったようで、血が止まらないのです」というとはい、と名札の裏からバンドエイドを差し出してくださり、よろしかったらおつけしましょう、と言って貼ってくださったのです。さりげない親切ですけれど、困った時にすぐに手助けしてくれるこのお姉さんには感心しきりでした。もしかしたらそのように教育されているのかも知れませんが、良いお嬢さんだと思いました。そう言えば昔、子どもたちが小さかった頃は必ずお財布にバンドエイドを入れていたのを思い出します、今は子どもが怪我をしない代わりに、母親の方が危なくなってきました(笑)。立場がどんどん逆になってきています。ファーストセキュリティーレーンの優しい姉さん本当にありがとうございました。イミグレーションには誰もいません。スイスイと通りました。入管のおじさんも何やら独り言を呟いています。私に話しかけたのかと思ったので、はぁ?というと「どうぞどうぞ行って!」と押し出されるようにして入管を通り抜けしました。いつも忙しいのに慣れているからたまの暇は許してやるか!入管の真ん前にJALが誇る最大のサクララウンジがあります。早速入室しましょう。
f0146587_10342616.jpg
広々としたラウンジの入り口、中に入ると、左側がファーストクラスと、JALダイヤモンドプレミアクラスの方専用のラウンジがあります。私はいつも階下へ…(笑)それでもラウンジを使えるのはありがたいことです。大いに楽しもうと思います。まだ11時半で人もあまりいません。早速シャワー(随時空いている時に使用可)とマッサージの予約を取ってから2階へ。小腹が空いたので、昼食を頂きにまいりましょう。さて・・・何を食べて何を飲んだのでしょう?もうとっくに見破られていますね。続きはまた明日。。。夜も更けてきましたので、そろそろおやすなさいませ。
f0146587_11192511.jpg


by beijaflorspbr | 2009-04-19 11:24 | 飛行機 | Trackback | Comments(8)
2009年 01月 07日

旅行記 成田~伊丹空港へ(これで最後)

ついこの間元旦だったというのに、もう1週間も経ってしまいました。あーどんどん年を取っちゃう~~というつぶやきは置いといて…今回のブラジル・サンパウロ~ニューヨーク~成田の旅、引きずりすぎですね。時差ボケを抱えたまま、空港の構内を歩き回るのにも疲れ果てた午後3時過ぎに、国内線のチェックインを済ませ、サクララウンジにお邪魔しました。前は手狭だったラウンジも、少しだけ拡張工事をして広くなりましたので、飛行機は見えないけれど、広い窓のあるスペースに落ち着きました。PCを操っている人、ただ携帯のチャージをしている人、お酒を飲んでいる人、ウッツラウッツラ居眠りをしている人、さすがにここには煩いガキは追っかけてきませぬ!軽く喉を潤すために、生ビールを頂きました。おつまみはお煎餅のみ。お腹が冷えてしまったので、次は熱い紅茶を頂きました。座りにくいソファに深々と腰掛けると、なかなか立ち上がれません(贅沢に慣れていない)。ふと外を見ると日が陰ってきました。ここにいると、夕陽も拝めそうもありません。静かなので、座っていると居眠りをしそう。
f0146587_23212675.jpg
18時を過ぎた頃、ゆっくり65番ゲートに移動しました。この国内線の乗り場も国際線と同じ仕様になっており、何となくもう一度海外に行くような錯覚を起こします。66番ゲートは、大雪の札幌行き、到着機の遅れで出発が未定、と放送しており、たくさんの方が搭乗を待っていらっしゃいました。この日は確か大雪の影響で、札幌線は大幅に乱れたはずです。18時15分、大阪・伊丹行きの優先搭乗開始のアナウンスがありました。
f0146587_23235560.jpg
私の席はクラスJの無料アップグレード券を使用して8Kです。この飛行機JL3007便は国際線仕様なので、クラスJはシェルフラットシートです。上にも書きましたが、贅沢には慣れていないハチドリのこと、調子に乗ってシートを倒しすぎないようにしなくては…(笑)。
f0146587_23313462.jpg
水平飛行に入ってすぐに下界!?を撮ってみましたが、どこがどこやらサッパリ…きっと今頃は、家族揃ってTVの前にいるんだよね~などと想像しながら…。飲みものと少し固めのお煎餅が配られました。この場合は甘い物の方が有難いんだけどな、などと思ったり…。
f0146587_23364024.jpg
あっという間に伊丹空港に到着しました。長かった空の旅もこれでおしまいです。残念!ここからは空港リムジンバスで最寄り駅へ。道路が空いていて、いつもは45分ほどかかる阪神高速もスイスイと流れ、僅か25分ほどで到着してしまいました。
f0146587_15325751.jpg
さあ、ここから更に電車で30分で我が家です。自宅に着いたのは午後9時過ぎ。サンパウロの自宅を出発して実に39時間目でやっと日本の家に到着しました。こうして振り返ると、やはりサンパウロー日本(しかも地元)まではとてつもなく長い時間を要するのですね。すっとボケたムスコの顔を見て、ちょっと気が抜けました。JAL047便、サンパウローニューヨーク、成田&JAL3007便成田ー伊丹の旅行記をこれで終わります。最後に、すずめちゃんが追いかけてくれたJALの航路の写真を掲載しておきます。
f0146587_1535417.jpg
*日本に到着して一番感じたのは、年末のせいか経済危機のせいか、人々に覇気が感じられなかったように思います。100年に一度の経済危機と言われて一番深刻に受け止めているのが日本の方なのかもしれないな、とも思いました。こんな場合、ブラジルでは、「明日は明日の風が吹く…」あるいは、度重なる経済危機に今まで翻弄され過ぎていて、「また?=De Novo?」といった受け止め方をしている人が意外に多いような気もします。国民性の違いとはいえ、飛行機の中でも、家族総出でニューヨークで年越しをする人も多く、他のフライトも軒並み満席のようでした。またサンパウロの高級レストランの年越しは、1人2万円以上かかるのにもかかわらず、満席状態だそうです。さあ、2009年、両国がどのような流れに翻弄されるのか、じっくり観察したいものです。


by beijaflorspbr | 2009-01-07 23:46 | 飛行機 | Trackback | Comments(10)
2009年 01月 06日

大晦日の成田空港にて

毎日ブログを書こう!と自らを叱咤激励し(^^ゞておりましたが、今日はこの時間まで必死で私は何をしていたのでしょうか!?はい、実は12月9日に約80通のクリスマスカードをサンパウロから発送したのですが、そのリスト洩れた方が約30名いらっしゃり、私が出していないのに年賀状を頂く…という方々に必死でお返事を書いていました。日頃PCでこうして毎日のように文章は書いていますが、直筆で書くという習慣のない昨今、字を間違えたり、うまく手が動かなかったりと、困難を極めております。予め年賀状用の雛型があれば助かるのですが、ひな形はクリスマスバージョンで合わないじゃ~~ん(-"-)という訳で、完全手書きで挑戦中でございます。少なくとも明日の七草までには(どういう基準なのか!)全ての方に発送してしまわなければ…と今度は年賀状に追いかけられる夢を見そうです、ハハハ…。さて、2008年12月31日、大晦日午後12時50分に成田空港に無事到着したJAL047便を降機し、すぐにトランク2個を受け取ってABC宅配で送りました。今回はエコノミーだったので、1個はJGCの無料枠でしたが、2個目は有料。そのまま国内線3007便のチェックインを済ませました。予め、JALサンパウロ支店でクラスJへのアップグレードをお願いしてありましたので、スムースに済みました。その後、銀行で通帳記入を試みましたが、ページ数が足りず、未完了に…。完全統合とはいえ、未だシステムの違いなのか、ちゃんと完了しないことが多い銀行です。そのまま4階の出発ロビーに行きました。とにかく着いた時間がサンパウロの真夜中のため、一ところに止まったが最後、疲れが出てしまって動けなくなるのが分かっていたので、この時はあちこち歩き回っていました。それにしても閑散とした大晦日の成田でした。もう出国する人は既に出発した後だったのでしょうか。JALのチェックインカウンターのお姉さんたちも手持無沙汰でした。
f0146587_1541455.jpg
ほんの少しお正月の雰囲気が…。警備員さんもだれているのかなんとなく緊張感なし。
f0146587_1542117.jpg
上のショップ街に行ったものの、特に買いたいものもないので、うどん屋さんへ。迷いに迷った結果、「年越しそばセット」にしよう、と固く決意していたのにもかかわらず、注文を聞きにきたお姉さんの顔を見た途端に「鍋焼きうどんをお願いします!」と言ってしまった意志薄弱なワタクシ…。でも体がホクホクし、大正解でした!
f0146587_23515046.jpg
この時点でまだ2時半過ぎ。次のフライトまで4時間もあります。そこで展望台に。色々な飛行機の離発着を楽しみました!
f0146587_15423481.jpg
全日空も頑張って!
f0146587_15433748.jpg
さあ、そろそろ年貢の納め時!?体も冷えてしまったので、ぬくぬくと暖かい国内線のラウンジに入って休みましょうかねえ。旅日記もう少し続きます。。。

by beijaflorspbr | 2009-01-06 23:59 | 飛行機 | Trackback | Comments(10)
2009年 01月 05日

JAL047便ニューヨークJFK~成田NRT旅行記

今日はお仕事始めの方も多いと思いますが、私は朝一番で歯医者に行ってきました。娘に途中まで治療してもらったものの、時間の問題で治療が完了しなかったため、日本に帰ったらすぐに罹りつけのF先生に診てもらうんだよ、と言われてきたのでした。娘は、まだ大学生の時に、F先生のところで少し研修をさせてもらったことがあったのです。今日は衛生士の方にお掃除をしてもらい、抗生剤を処方して頂きました。これで良くなるそうです。良かった…。そのまま横滑りで総合病院へ。そうなのです、温度差30℃はさすがに堪えました。休み明けの病院は既に車を止めるスペースもないくらいいっぱいです。くしゃみが止まらず、頭痛もひどく、胸はゼイゼイと明らかに風邪の症状です。内科は2時間待ち、おまけに頭のCT検査も受けたため、終わったのが午後1時過ぎでした。病院にいると、咳やくしゃみをしている人も多く、それだけで病気が悪化しそうな気がします。とにかくCT検査の結果、異常は全くないとのことでしたし、薬を処方して頂きましたので、後はゆっくりとした時間を過ごしてひたすら休むだけです。

また前置きが長くなってしまいました。さて、ニューヨークまでは寝ている間に着いてしまったわけですが、未だ眠たい目をこすりながら降機し、トランジットカードを受け取った途端に走り出しました。その甲斐あってか、比較的早めにイミグレーションブースに並ぶことに成功しました。運動不足解消にはこのダッシュはもってこいなのです!ラウンジからは既にお便りをしましたので、省きます。トランジット約2時間半くらいで、搭乗ゲートへと移動します。眩しいくらいの晴天、やっと夜が明けたJFK空港はもうすでにたくさんの客で賑わっています。私たちの乗ってきた、そして今から乗る飛行機、ボーイング747-400
f0146587_21463098.jpg
僅か2時間ほどの間に、給油をし、整備をし、荷物の積み下ろしをし、清掃や食事、飲み物を搭載しないといけません。多くの人々が飛行機を囲むようにして動き回っています。4年前に一度だけ、エンジンルームのトラブルで、ニューヨークから旅立てずに、22時間ほどニューヨークで足止めを食ったことがありました。めったにないことですが、その時は、幸運なことにニューヨークの友人と久々の再会を果たし、美味しいお鮨をご馳走になったのも良き思い出です。今日は順調そうで、ちょっとガッカリ…(笑)たまには寄り道もいいのにな~~♪ってそれがエンジントラブルだったら心配ではありますが。
f0146587_21521722.jpg
朝陽をいっぱい浴びるBarというよりは、カフェテラス!?
f0146587_21533580.jpg
そろそろ並びましょうか。
f0146587_15493298.jpg
飛行機を待つ大勢の人々。このスナップ、今回のお気に入りの一枚です。
f0146587_2157246.jpg
あともう少し、宜しくね!とヒコーキちゃんにお願いします(・・っておかしいですかね)。
f0146587_21591177.jpg
さあ、搭乗しましょう。ここからは12時間半ほどかかります。今回大変驚いたことがあります。眠たかったせいか、機内で撮った写真はたった4枚!まずは飲み物です。赤ワインも白ワインもサンパウロ~ニューヨーク線で飲んでしまったので、オールドパーのソーダ割、ハイボールです。まるでオヤジ!
f0146587_226571.jpg
誰よりも早く例のシーフードミールが配られました!
f0146587_2285380.jpg
今回はポルチーニ茸入りのラヴィオリ、海老入りでしたぁ!これはさすがに期待どおりの美味しさで、すぐに完食してしまいました。美味しかった!ところで、一般の食事はこのような配分になっているようでした。Fish…14Chicken…22とカートに書かれています。もし魚が終わってしまい、鶏しかなかった場合は諦めるしかないのでしょうか?などと思いながらもいち早くぐっすり寝入ってしまいました。後ろに美味しいお菓子があるのも知りながらもZZZ。。。ふと気が付くともう朝食ならぬ、「昼食」が配られ始めていました。今度は全員同時に配膳していました。私のところにはこんなものが…。「タラのトマトソース風」でした。
f0146587_22185523.jpg
う~ん、あまり感心しない味でした。もう少し工夫ができないのか、機内食に期待を抱く私が間違っているのか、疑問符ばかりの今回のスペシャルミールでした。サンパウロGuarulhos空港を発って約26時間目で祖国成田空港に到着しました。
f0146587_22223197.jpg
体は疲れているのに、頭ではさあこれから次の乗り継ぎまでの数時間何をしよう?としきりに考えていました。*蛇足…ニューヨークから成田までの担当CAさん。最初は感じ良かったものの後で少し残念なことがありました。前に座った42ABC席は家族連れでした。C席の子どもが、食事中やそれ以外に関係なく、いきなりシートをドーンと倒すのです。2回目の食事サービスの時、CAさんにシートを戻すようにお願いしましたら、「お子さまがお休み中でいらっしゃいますから」と言われたので「ああ、そうですか」と諦めて狭いスペースで食事をしていたら何やら子どもの声が…。ちゃんと起きてご飯を食べているではありませんか!「お子さん起きていますよーー」とくだんのCAさんに訴える私、やっと椅子を元に戻してくれました。しかし食べ終わらないうちにまたいきなりドーーンと椅子を倒す。倒すのは良いのですが、もう少しでコーヒーがこぼれそうになってビックリ。お隣の台湾人のお姉さんも一緒にビックリ!思わずコーヒーカップを一緒に押さえてくれました。そのファミリーは日本人ではありませんでした。小さなストレス→大きなストレスに変わったのは言うまでもありません。今回の席のチョイスは、間違いだったかもしれません。因みに前の親子、ニューヨーク着陸の際も3人ともシートを元に戻さなかったのです。**こうして旅行記を読んでいると、私って文句が多いですねえ。もちろん空の旅を楽しんだのは言うまでもないことですが…。


by beijaflorspbr | 2009-01-05 22:24 | 飛行機 | Trackback | Comments(12)
2008年 12月 31日

2008年12月31日午後12時55分

今年3回目の故郷の地を踏みました。Xmasが盛大なサンパウロから、お正月がメインの日本へと、ハチドリパタパタと飛んできました。
f0146587_15492711.jpg
ニューヨークからも満席の機内は少し息苦しい感じがしました。とはいえ、飛行時間12時間半の半分以上はぐっすり熟睡するという相変わらずの逞しさでしたが…。今回は「もう少し飛んでいても平気!」という感想はなく、「ああ、やっと着いた!」でした。飛行機を降りてからも、もちろん船橋のデパートにおせちを買いに行く元気なんぞどこにも残っておらず、「まあいいか、いざとなったら家の近くの〇ーソンに行けば…」なんて思いました。年々確実に疲れが貯まり、年を取っていくということの証明なのでしょうね。今回年内帰国を目指したのにはもうひとつ理由がありました。現在私は、JALグローバルクラブの「クリスタル」というステータスなのですが、あと7000マイルでもうひとつ上のサファイアに昇格できるという際どいところでした。年明けの1月中旬までには帰らなくてはいけなかったので、少しだけ予定を早めて「日本の子どもたちとのお正月」と「JGCサファイア」のステータスを同時に手にする、という一石二鳥を狙ったのでした。お陰様で、来年はボーナスマイルが100%貯まり、より容易くアップグレードも叶いますので、今年よりは良い状態になるかと期待します。ただ、あてが外れたのは、年末ギリギリだからきっと飛行機の中はガラガラだろうな、と自分勝手に想像したことです。何の何の…ひとつの空席もない満席状態なのには大変驚きました。今回はJALのサンパウロ支店で直接チケットを購入しましたが、ネットで監視していた時は私が押さえた43C席のお隣、43A、43Bもずっと空いていました。しかしながら実際は満席!A席には日本人のおとなしい女性の方、B席は若い台湾人の女性の方、お話はしませんでしたが、とても思いやりにあふれた方々でした。とっても驚いたのは、私がお手洗いに5回行くうちの1回くらいしか行かなかったこと。やはり私は通路じゃないと絶対に迷惑をかけるな、と改めて思った次第でした。機内では本当に阿呆のように良く眠れましたが、それでも飛行機から降りたらどっと疲れが出たような気がしました。何しろ到着したのが12時55分、サンパウロは夜中の1時55分です。無理もないかな、と。サンパウロからニューヨークまでの機内の温度は暖かめで、逆にニューヨークから成田は寒かったので、お腹が冷え切ってしまいました。腸の冷えは、私には大敵です。しっかり毛布をお腹に巻きつけたものの、今でもなんとなく寒々としています。心配だったので(と言い訳をしながら…)火傷しそうな鍋焼きうどんを頂きました。体が芯まで温まったところで、見学デッキにでてしばらく飛行機を眺めていました。こんなカメラ用の穴があるのですよ。面白いのでここにカメラをはめて!?写真を何枚か撮ってみました。マニアの方は立派な一眼レフのカメラでベストショットを狙っています。私は安もんのコンパクトデジカメです…(*^^)v青組さんのANA機が静かに、着陸しました。なかなか新鮮です!
f0146587_16391722.jpg
南米線を走る飛行機は噂によると一番古い型がそうですが、そんなに揺れもなく無事にこんな遠くまで運んできて下さいました。ありがたいことです。成田空港にて、少しだけおせち料理もどきを買いました。明日元旦の午前中はこれで誤魔化し、夜は何か美味しいものを作ってあげようと思っています。皆さまからたくさんのコメントを頂戴しました。ありがとうございます。順番にゆっくりとお返事をさせて頂きますね。今年最終の書き込みになるかと思います。ここを訪れてくださる皆さま、今年一年間拙いハチドリブログを読んで頂き、ありがとうございました。ある時はサンパウロから。ある時は日本からと、あまり落ち着かない私ですが、いつも一生懸命に書いているつもりです。まだまだ力不足の文章と記事と写真ではありますが、これからも一生懸命に表現させて頂きたいと思っております。このブログの記録が家族や、私の友人、そして情報を必要とする方々のために何らかの力になれば良いなと願っています。皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!


by beijaflorspbr | 2008-12-31 16:18 | 飛行機 | Trackback | Comments(10)
2008年 11月 02日

旅行記…成田空港サクララウンジ

サンパウロに帰ってきて今日で3日目、未だ疲れを引きずっているのに、上空はブンブンとエライ騒ぎなのです。…と申しますのは、年に一度のブラジルグランプリ、フォーミュラー1が、我が家から至近距離のInterlagosサーキット場で開催されているからなのです。今日が本番なので、来週は静かになるかと思われます。パイロットが泊まる宿舎と会場の移動はもちろんヘリコプターですから、今からまた騒音は増すのではと戦々恐々であります。さて、ヘリの音に負けないように旅行記を続けます。サクララウンジに入った我々、まずはエスカレーターを降りて鍵付きロッカーを確保します。この間、すずめちゃんはもうポカンとして私の後を黙って付いてくるだけ…(笑)
f0146587_21323614.jpg
次にシャワーとマッサージの受け付けに行き、予約を取りました。マッサージは3時、シャワーは随時空いている時に、ということになりました。前回は外国人の方がたどたどしい日本語で対応されていましたが、この日はしっかりされた日本人の方でした。それから小腹が空いていたので、昼食を頂くことにしました。ラウンジのメニューは、カレー、ヒスイうどん、スープストックのスープ3種類、野菜サラダなどなどです。まずはサラダとヒスイうどんをゴマだれで頂きます。もちろん生ビール付きです!
f0146587_21301286.jpg
軽食としてはバランスが良く、なかなか美味しく頂くことができました。螺旋階段の上がバーと食事をするところです。
f0146587_21363983.jpg
お腹もいっぱいになりましたので、シャワーを浴びることにしました。もう少し遅くなるといっぱいになってしまうそうです。いつもながら本当に気持ちが良い空間です。
f0146587_2310055.jpg
いつも感心するのは、適温であること、清潔であることです。最高に気持ちが良いのです。
f0146587_23102249.jpg
さっぱりしたところで何しようか?と相談。少し外をお散歩することにしました。
f0146587_2310383.jpg
Akihabaraには色々なものが売っていて楽しいです。
f0146587_21463460.jpg
買物をし、更に散歩していると、「手作り甲冑」なるもののイベント発見!
f0146587_23105562.jpg
外国人の方が写真を撮ってもらっています。
f0146587_2153387.jpg
面白そうなので、すずめちゃんを行かせました。こんな畳の間があるのですね。
f0146587_23111387.jpg
記念撮影をして頂き、ご機嫌なすずめちゃん、良かったねっ!さて、またラウンジに戻り、今度は予約してあったマッサージを受けます。15分間のリラクゼーションですが、もう気持ちよくて(良過ぎて)毎回爆睡してしまいます。水分を取り…
f0146587_21574355.jpg
大好きな飛行機を眺める時間が持てて幸せです。
f0146587_21585371.jpg
今回はすずめちゃんと一緒ということもあり、気が大きくなってバーに行ってみました。
f0146587_220249.jpg
飛行機を眺めながら、バーテンダーの馬場さんに色々質問をしました。まあ博識なこと!本当に勉強になりました。
f0146587_23114739.jpg
二人ともカクテルを注文してみました。
f0146587_23123029.jpg
飛行機を眺めながらグビッグビッっと…2杯目も注文!
f0146587_23125173.jpg
止せばいいのに日本酒ベースのカクテルの次がアイラ島のシングルモルトの銘酒「LAPHROAIG」をオンザロックで引っ掛けてしまいました。酔っぱらったわ~~ん。。
f0146587_229226.jpg
お酒を2杯も飲んでしまって飛行機に乗れるかどうか心配になってきたので(笑)バーを後にし…
f0146587_22132915.jpg
ビーフカレーを少しだけお腹に入れておきました。すずめちゃんも結構酔っぱらっていました。そういえば私よりお酒が弱いのでしたっけ。。
f0146587_22155298.jpg
一応搭乗券だけは確認して搭乗口に向かいました…。すずめちゃんとハチドリの珍道中はまだまだ続きます。
f0146587_2218544.jpg


by beijaflorspbr | 2008-11-02 22:21 | 飛行機 | Trackback | Comments(7)