タグ:家族 ( 541 ) タグの人気記事


2017年 04月 06日

父さん料理

肩の不調が続いている今日この頃、思うように手が動かせず、ずっと手抜き料理ばかりの日々。でも食欲は衰えることがないので、困っています(笑)そんな時の助っ人は父さんが作り置きしてくれていたメニューからスパゲティーミートソース。鉄板に乗せただけで旨みアップ!調子に乗ってご飯も乗せてしまいました。おこげが美味しいので…(言い訳)
f0146587_22260989.jpg
ブラジルの国民食であるフェイジョンも大鍋いっぱいに炊いて冷凍保存。小出しにして時々頂いています。
f0146587_22260359.jpg
子どもたちにとっては、懐かしい「お父さんごはん」体調もパッとしない日々ですが、結構美味しいものをたっぷり頂いています!調子の良い時は、やや細かい作業も出来るんですよ。
f0146587_22373068.jpg
この他、ちらし寿司も作ったりします。明日はそろそろ買い出しに行かないといけません。先ほど日本のパトちゃんと長話をする中で、「何もないのが良い便りだよね~」というのがありましたが、その通り。日々の暮らしに感謝!


by beijaflorspbr | 2017-04-06 22:33 | おうちごはん | Trackback
2017年 04月 03日

電子レンジの電源プラグ問題

20年以上我が家の生活を支えてくれた電子レンジ。これは日本に帰るSちゃんが置いて行ってくださったものです。いつも綺麗にして、大切に使ってきました。でも電気製品の20年選手ともなると、知らず知らずのうちに電気を食っているはず。
f0146587_21150093.jpg
そろそろ新しいレンジを買わないとねぇ・・・といつも二人で話していたところに、サンパウロ在住者がfacebook内に立ち上げてくださったガレージセールのグループで、「使用期間僅か1年、お譲りします!」というのを見つけ、迷わずクリック。無事購入出来ました。その方のお宅まで頂きに行ったのは土曜日の午前中。今まで行ったことがない難しい場所にあるお宅でしたが、Waze (GPSアプリ)のお蔭で、全く迷わずに辿り着くことが出来ました。帰りもちゃんと自宅まで連れて来てもらいました。便利な世の中になったものです。受け取った新しい電子レンジがこちら。
f0146587_21171767.jpg
元々使用感もなくピカピカでしたが、トリオさんが更に磨き上げてくれました。良いお買い物をしたねえ、、、と二人で話していると「あの・・・コンセントが繋がらないんだけど」と。ああそうか、我が家のコンセントは旧式、現在は新しいコンセントに移行したのでした。
f0146587_21171254.jpg
右側を左側に繋ぐプラグを新たに買わないと使えないことがわかり、ガクッ!直ぐに買いに行かなくちゃ・・・と思った途端に、頼みの綱のトリオさんが酷い風邪を引き、寝込んでしまいました(-_-;)サンパウロは急激に肌寒くなり、体調を崩している人が多いようです。しばらくは手も足も出ません。今後ご旅行される方は、こんなプラグが必要かもしれません。ご注意くださいね!ホテルによっては、専用プラグを貸出してくれるところもあるということです。
f0146587_21193572.jpg


by beijaflorspbr | 2017-04-03 21:37 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 02月 24日

ホテル・マツバラで大学の忘年会

今から遡ること3か月前の12月のある日、大学の同窓会(忘年会)がParaiso地区のマツバラホテルで行われました。この日は、私自身が日本から戻って来て漸く1週間経ったばかりで、結構疲れていた頃でした。バスの中で寝てしまうと心配と、夫も一緒に付いて行ってくれました。疲れていても写真だけはちゃんと撮っていたようです。私は大学の学友会へ記事を送る担当者だからです。
f0146587_09284307.jpg
日曜日のブランチは食べ放題で多彩なメニューが人気の秘密。
f0146587_09531181.jpg
サラダバーや・・・
f0146587_09383575.jpg
温かいお料理や・・・
f0146587_09424881.jpg
何と言っても嬉しいのは握りずしがいくらでも供されること。
f0146587_09432596.jpg
そして巻きずしもたくさんあります。
f0146587_09441506.jpg
トロットロのラザーニアも美味しそう。
f0146587_09444972.jpg
この日の参加者は8名、お食事前にシャンパンでカンパイ~♪久々の再会に顔がほころびます。
f0146587_09500116.jpg
では、遠慮なく頂きます!
f0146587_09494019.jpg
f0146587_09520482.jpg
最後はデザートとお茶。食べている途中に、ほぼ満席になるほどの人気。食べ放題でR$65,00はリーズナブルですね。ご馳走さまでした。
f0146587_09525091.jpg
ゆっくりお喋りをして、お礼を言ってお別れしました。帰りは空いている道をゆっくりと車で帰りました。日曜日に外出することは稀なので、思いがけず良い時間を過ごさせて頂けたことに感謝!
f0146587_09562058.jpg


by beijaflorspbr | 2017-02-24 20:00 | 同窓会 | Trackback
2017年 02月 22日

今年もお雛様

いつもは無造作に頂きものの酒瓶ばかりが並んでいるダイニングのこの一角も(笑)この時期になるとより華やかに彩られます。
f0146587_21063138.jpg
我が家のお雛様との一年に一度の逢瀬を心待ちにしています。でも毎年飾る段階になって、お内裏様とお雛様がどっちか迷っちゃう。。。
f0146587_21053336.jpg
昨年の写真を見ながら、何とか今年も無事に納まりました!しかしなあ、お雛様って飾って良い期間が短すぎ、可能なら一年中飾っておきたいけれど、、、。無理か!ほんの一瞬の輝きこそが貴重な証なのかもしれません。海を越えたブラジルまでこんな立派なお雛様を贈ってくださったお父さんお母さん、ありがとう。深い愛情に感謝する日々です。


by beijaflorspbr | 2017-02-22 21:11 | 年中行事 | Trackback
2017年 02月 12日

好天気と愛情弁当

母親が子どものことを心配しない瞬間はありません。いつもいつも心配している、と言っても過言ではないでしょう。私には子どもが3人いますが、2人は日本に住んでいるので、帰国した時にまとめて面倒を見ることにして、こちらにいる一人の子には、たまに美味しいものを作ったり、お弁当を届けたり、頼まれた用事を代わりにしてあげるようにしています。子どもの性格にもよりけりですが、家の子どもたちは3人3様で大変個性が強い子ばかりです。親からの頑固な性格を引き継いだ子、優柔不断な子、素直な子、きつい性格の子、しっかりしているけれど内面は脆い子等々・・。いえ、子どもは3人ですが、色々な面を併せ持っているため、書き出すとキリがありません(笑)なんて色々書くと嫌がられますよね。そんな3人の中でも飛び抜けてしっかり者の子がここに居る次女です。一見クールでも、してあげたことに対しては素直に感謝の気持ちを真っ直ぐに表してくれるので、もっともっとしてあげたくなりますが、日々の忙しさにかまけて思うように出来ていないことを反省する日々でもありました。さて、お天気に恵まれたある日、別件ついでに家族にお弁当を届けることにしました。娘の職場へは、我が家からバス1本で行ける距離なので、移動は実に簡単で単純です。ただ一つ問題なのは、我が家方面が長年の地下鉄工事で大渋滞していること。それ以前に、地下鉄工事の遅れにより、なかなかこの線が開通しないこと。地下鉄開通予定の大通りを走る路線バスが、人口密度の多さから軒並み大混雑することが大きな悩みの種でもあります。だったら自家用車を使えよ、と思われる方もおられるかもしれませんが、10キロを走るのに1時間以上かかるのが現実なので、約束時間が決まっている日は自家用車は絶対に使えません。バスなどの公共交通機関は、専用路線があり、混み合う一般道を尻目にスイスイ追い抜いて行きます。この日も、午前8時半過ぎに自宅を出発後、案の定来るバス来るバス皆満員の客を乗せて出発して行きました。意を決して、3連結の比較的大きめのバスに乗り、目的地に向かいました。私はコチラでは高齢者(60歳以上が該当者)なので、最終目的地まで立って行ったという辛い経験は皆無です。この日も、最初の10分は立っていたものの、あっという間に席を見つけ、楽に座ることが出来ました。今年1月に就任したサンパウロ市長のジョン・ドリア氏に政権が代わってからは、市内全部のバス、メトロ(地下鉄)にエアコンを設置すると宣言しました。その公約通り、バスも冷房車が着実に増えています。ただ、その冷房車が凄く寒すぎて、風邪を引かないように注意しないといけないくらいのレベルなので、これだけで風邪を引いてしまうこともあるくらいです。この日もエアコンの寒さに耐えながら漸く目的地に着き、下車して熱風を肌に感じてホッとしました。気温は24℃で丁度良い感じ。日差しは強いものの、風が実に心地良い!
f0146587_00142798.jpg
時間がなかったので、小走りに目的地である娘の仕事場へと急ぎました。秘書の可愛い女の子が笑顔で迎えてくれました。入り口に増やした本棚。但し雑誌類は昨年12月に私が日本から持って来たもので、ちょっと古いかも(笑)
f0146587_00305082.jpg
秘書の子も専門分野で勉強中とのこと。診療所で働く時間は午前8時から午後5時まで。午後1時にもう一人の方が働きに来てくれます。その方は、午後1時から診療が終わるまで。二人とも綺麗好きで働き者なので、隅々までお掃除が行き届いていて、本当に気持ちの良い空間でした。娘の話では、1日3回お掃除をするそうで、どこもかしこもピッカピカ。肝心の娘はビル内で会議中とのことで、会えないままお弁当を置いてきました。今日もお仕事ガンバレ!との願いをこめて…。
f0146587_00304338.jpg
『サンパウロは働く街』を実感するのは、こうして家族の職場を久しぶりに見たり、先を急ぐビジネスマンやウーマンを目にした時です。
f0146587_00345289.jpg
ところでお弁当はこんな感じで、美しさには欠けますが、体に優しいものばかりで纏めてみました。右側の銀ムツの西京漬けは、私が日本のデパートで帰る直前に買い求め大切に持ってきたものです。このような貴重な'勝負魚'を小出しにして、大切に食べてもらっています。
f0146587_00383827.jpg
またお買い物しに日本に帰りたいな~~なんちゃって・・・・。後で娘から「お弁当ありがとうございました。美味しかった」と丁寧な!?メッセージが来ました。また持って行こう!と単純な母親は決意したのでした。。。


by beijaflorspbr | 2017-02-12 20:00 | 家族 | Trackback
2017年 01月 02日

ささやかすぎるお正月料理

二人だけのお正月は、何となくやる気に欠けます(笑)思い切り手抜きして、何とか並べた「おせち」もどき…。蒲鉾・数の子・いくらは日本から運んできたものなので、間違いありません。
f0146587_20324132.jpg
お煮しめは、堀江先生のおばあちゃま直伝のものですが、随分アレンジしてしまっているかな?
f0146587_20332539.jpg
丹波産が手に入らなかったので、北海道産の黒豆を一晩煮汁に浸けてとろ火で丁寧に炊いてみました。
f0146587_20340456.jpg
大好きなボヘミアビールで乾杯ー☆二人ともほぼ寝間着状態。。。
f0146587_20343262.jpg
お雑煮の出汁は、するめとあご出汁にしてみました。
f0146587_20350360.jpg
お正月はやっぱりお雑煮を食べないとねえ、落ち着きました。静かで普段通りですが、今年も穏やかに暮らせたらいいなと思いました。

by beijaflorspbr | 2017-01-02 20:41 | おうちごはん | Trackback
2016年 12月 30日

家族でささやかな誕生祝い

徳島旅行から戻った翌日は、ささやかな誕生祝を行いました。ここ何年間は、誕生者である私が主催しています。兄貴、ふーさん、Nちゃんとパトちゃん&私の5人で乾杯。ムスコは仕事で少し遅くなるのでお先に失礼~♪
f0146587_19140015.jpg
誕生日と言えばお赤飯ですよね、しかし!黒ごまを切らしていて白ごまを振りました(*_*;この時期の餅米は新米でとっても美味しい~♪小豆は頂き物の十勝産のものです。
f0146587_19164393.jpg
ちょうどタイミングよく届いたNちゃんからの幸福便の高知産藁焼きたたき!
f0146587_19185814.jpg
もちろんメインでお出ししました。いや~~これは絶品でございました。Nちゃん、ありがとう!!!
f0146587_19211952.jpg
高齢者に優しい和食中心色々作ってみました。
f0146587_19241068.jpg
兄貴の大好物のお肉も用意しました。たっぷりモーリョを掛けて召し上がれ~(^◇^)
f0146587_19260014.jpg
1年ぶりのお誕生日(当たり前か・・・)
f0146587_19281835.jpg
甘さを抑えた美味しいチョコレートケーキでした!美味しかった、ありがとう。
f0146587_19332305.jpg
Nちゃんからは、出雲の美味しい「けんちゃん漬け」を山ほど頂きました。ありがとう!
f0146587_19353289.jpg
兄貴が早々に酔っぱらって眠ってしまったため(; ・`д・´)早々にお開きになりました。それでも、3時間くらいかけてゆっくり食事を楽しんでもらったので、とても良い癒し時間になりました。


by beijaflorspbr | 2016-12-30 19:39 | おうちごはん | Trackback
2016年 12月 29日

初めての徳島旅行⑦絶品お鮨と阿波踊り

長くなってしまいましたが、徳島鳴門のランチは鳴門一と評判の「すし勝」で頂きました。見るからに高級そうなエントランス、落ち着いた店内、ご夫婦で切り盛りされています。
f0146587_21173972.jpg
S先生が予めお願いして下さったようで、いきなりトロからスタートしました、美味しすぎてあっという間に…。
f0146587_21175150.jpg
アオリイカ、ムラサキウニ、ヒラメ、足赤海老と続いた後、アナゴ、漬けマグロと続きました。
f0146587_21175911.jpg
お椀はお魚の出汁が良く効いているお味噌汁でした。
f0146587_21190445.jpg
鯛と鰤、身の厚さにビックリいたしました。近海の新鮮なお魚は格別の美味しさでした。
f0146587_21180368.jpg
いくらと玉子
f0146587_21180858.jpg
最後は手巻きでした。
f0146587_21515309.jpg
デザートはシャーベットでサッパリ!
f0146587_21220109.jpg
お鮨はサンパウロに居る時にはなるべく我慢して食べないようにしています。「お鮨は日本で!」を大きな目標(楽しみ)として毎回帰国するのですが、この「すし勝」さんの絶品のお鮨で大きな目標を達成することが出来、S先生ご夫妻に感謝の気持ちでいっぱいでした。ご馳走さまでした。子どもたちにも良い想い出になったようです。すし勝さんの後、阿波おどり会館に連れて行って頂きました。一日3回(土日祝日は4回)阿波踊りが40分間実演されていて観ることができます。既に始まって10分ほど過ぎていましたが、中に入って観ることにしました。軽快な音楽に合わせて軽々と踊る阿波おどりに魅了されました。願わくは、一度で良いから阿波おどりの時期に、生で観てみたいと思いました。徳島の阿波おどりは、毎年8月12日~15日までの四日間開催されています。一番暑い時期なので、帰国の可能性が低く、当分は参加は無理かもしれません。。。
f0146587_21250640.jpg
初めて身近で見せて頂きましたが、男性も女性もとってもステキでした!特に女性の手先から爪先の美しさに魅了されました。
f0146587_21271408.jpg
たった30分でしたが、十分に実演を楽しませて頂きました。最後は見物客も参加して輪になって楽しく踊りました。
f0146587_21291411.jpg
1階の売店で、名物「滝のやき餅」を買いました。
f0146587_21313561.jpg
S先生ご夫妻には、最後の徳島駅のバスターミナルまで送って頂きました。大雨の降る困難な気象条件の中、何から何まで本当にお世話になりました。初めての徳島、何も分からないまま、ガイドブックを買って臨んだものの、やはり街の本当の魅力は何度も行ってみないと分からないものだと思いました。最後に有名な徳島ラーメンを食べようか、と言ってはいたのですが、さすがに絶品のお鮨が効いて食べられませんでした。バスターミナルからバスに乗車し、約3時間で大阪・なんばまで戻りました。2日間のプチ旅行でしたが、普通なら到底経験できないような多くの貴重な体験をさせて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。私の父は転勤族で、北海道から九州まで20か所以上を転勤して回りましたが、四国にはご縁がありませんでした。私自身は、祖父母の住んでいた松山に2回、今治に1回、高松には複数回バトントワーリングの指導や審査員として行ったことがあります。今回海に囲まれた地の利を生かした食べ物の本当の美味しさに目覚めることが出来ましたので、四国をもう少し知るために再訪しよう、と家族で相談した次第です。地元のお店で、チリメンジャコや鳴門わかめや、すだちもたっぷり買ってきました。鳴門金時の焼酎は兄貴へのお土産にして喜ばれました。
f0146587_21312223.jpg
限られた帰国中の貴重な時間を、こうしてゆっくり家族と過ごすのも悪くないなあとしみじみ思った徳島旅でした。お世話になった全ての方にお礼を申し上げます。ありがとうございました!!

by beijaflorspbr | 2016-12-29 22:53 | 日本の美味しいもの | Trackback
2016年 12月 23日

初めての徳島旅行②エクシブ鳴門

大塚国際美術館を出て、路線バスで高速鳴門で下車をしたら、目の前にエクシブ鳴門のシャトルバスが停まっていました。名前を言ってチェックを受け、乗車しました。朝自宅出発が早かったせいか、歩きすぎたせいか、車内でぐっすりと熟睡する子どもたち。約30分ほどで「エクシブ鳴門」に到着しました。このエクシブ鳴門は、数あるエクシブの中で日本一眺望が良いということで、楽しみにしてきたのに到着した時は既に暗くて残念でした。だからあと1時間前に美術館を出て早くホテルにチェックインしようと言ったのに、息子ったら「折角来たんだからもっと絵をじっくり観たい!」なんて言うものだから…。
f0146587_19130408.jpg
お部屋にチェックインすると、目の前に海が広がる好ロケーション。いつも内陸に住んでいるので、こうしてすぐ前が海という光景が珍しくてしばらく見入っておりました。
f0146587_19140051.jpg
部屋の中には子どもたちが…。ムスコは急いでお風呂に入っていました。何だか平和な日常の光景が目に入りホッ(^◇^)
f0146587_19140834.jpg
和室スペースも落ち着いた雰囲気です。ここにはお布団が3組用意されていましたので、5名まで泊まることが出来るそうです。
f0146587_19152838.jpg
ベッドは私と娘が独占。このベッドは本当に寝心地抜群で熟睡できました。
f0146587_19150400.jpg
立派なソファが真ん中に置かれており、前にはテレビと裏側に化粧台、右側にミニバーと良く考えられたレイアウトでした。
f0146587_19155998.jpg
洗面台も大きめでとても使いやすくて、家族連れには有難い限りです。右側がトイレ、左側がバスルームです。
f0146587_19183396.jpg
先日九州の教え子がたくさん送ってくれた温泉の素もしっかり持参しました!
f0146587_19183734.jpg
シャワーブースと浴槽が分かれており、浴槽はジャグジー付き。
f0146587_19195880.jpg
この週は、月曜日がエクシブ京都八瀬離宮、5日後の土曜日がエクシブ鳴門と、高級ホテルに2泊もさせて頂き、今回は二度と経験できないような贅沢をさせて頂きました。S様が、午後5時半に夕食を予約して下さっているとのことなので、慌てて身支度をしました。ムスコの髪の毛はまだ乾いていません(-"-)本当に申し訳ないことです…。バタバタと待ち合わせ場所へと急ぎました。

by beijaflorspbr | 2016-12-23 19:39 | 日本国内旅行 | Trackback
2016年 11月 29日

父の命日

今日は新しい保険証が来たため、ふと思い立って書類の整理を始める。
母が大切に使っていたファイルには亡き両親の年金受領書や保険証、銀行の預金通帳などが大切に保管されている。
どうしても処分できずに置いていた書類の間からこんなものが出てきた。
亡くなった父へ、孫からのメッセージだった。
------------------------------------------------
「おじいちゃんへ」
わたしのことを ずっとかわいがってくれて ほんとうにかんしゃしています
どんなときにも まいにちいのってくれて ありがとう
あかんぼうのときに めんどうをみてくれて ありがとう
わたしは これからも がんばります
つらいできごとも うれしいできごともあるでしょう
わたしは ひとのちからになりたいです
そしてしあわせに なりたいです
パトより

「おじいちゃん」
エルだよ!!
おわかれにいけなくてすごくさみしい
よくがんばったね、
びょうきとたたかってくるしかったね
ながいたたかいだったね
おじいちゃん、ゆっくりやすんでください
エルはすごくさみしいよ
なつかしいよ
またあえるとおもっていました
でももうおじいちゃんがくるしまないように かみさまがよんでくれたんだよね
おじいちゃん かわいがってくれてありがとう
いろんなことをおしえてくれてありがとう
おいしいものをいっぱいたべさせてくれてありがとう
おじいちゃんのことはいっしょうわすれないよ
エルはりっぱな歯科医師になるため
いっしょうけんめいどりょくします
おじいちゃんに いればをつくれなくてざんねんだったね
おばあちゃんのめんどうをちゃんとみるからあんしんしてね
みんなをまもってください
わたしのだいすきなだいすきなおじいちゃん、ありがとう

(*・・・父の容体が急変して、急きょ帰国することになったため、全部ひらがなの手紙になってしまいました)
------------------------------------------------
ブラジルの孫からの手紙を棺に入れた瞬間、止めどなく溢れる涙を抑えることが出来なかった。
父がどれほど孫たちを愛し、可愛がっていたことを知っていたから。
でももしかしたら孫の書いたメッセージのように、「もうこれ以上苦しまないように神様が呼んでくれた」のかもしれない。
そう思うと、深い悲しみの中にも、少しだけ救われたような気持ちになった。
あれから12年、私もお兄ちゃんも随分年を取ったけれど、兄妹でずっと仲良くしていられることに感謝。
親の恩を忘れることなど絶対にないけれど、これからも両親のDNAを引き継ぐ子どもとして誇りを持って生きて行きたいと思っている。
f0146587_21401619.jpg


by beijaflorspbr | 2016-11-29 21:40 | 両親を想う | Trackback