タグ:堀江 泰子先生 ( 25 ) タグの人気記事


2017年 03月 19日

想い出がギュッと詰まった堀江家の愛情弁当

f0146587_22440544.png
料理研究家・堀江ひろ子先生、さわこ先生、お弟子さんたちによる
「堀江家のお清め弁当」

≪メニュー≫

堀江家のレジェンドレシピ「お赤飯」
静江おばあちゃまから引き継がれた伝統の味「お煮しめ」
40年前から今も作り続けられている「チキンローフ」
ポリ袋とオーブントースターで作る「鶏の照り焼き」
泰子先生が旦那さまに作り続けた「長寿豆」
故郷宮崎の郷土料理「のた芋」
宮崎の郷土料理「飫肥の卵焼き」
卵焼きと長寿豆に関してはこの記事で頂いた記録が残っています。

≪先生方からのメッセージ≫

このお弁当は堀江泰子の愛弟子たちが力を合わせて作りました。
天国から『合格』がもらえますように。
--------------------------------------------
私にとってはどれもこれも懐かしい「堀江家の伝統の味」
その美味しさがしっかりと伝わってきました。
お弁当の写真を見ているだけで
堀江泰子先生に再会できたような気がしました。
お料理は、その家庭の味や伝統を子孫に継承していくもの、
堀江泰子先生の無言のメッセージがしっかり伝わってきて
心を強く揺すぶられました。

泰子先生がお亡くなりになられてから、幾晩も同じ夢を見ました。
それは「早く新幹線に乗らないと(泰子先生の)葬儀に間に合わないよ」
と家族にせっつかれている夢です。
実際には、地球1個を挟んでいるため、
移動には30時間が必要なのに…。
数時間で簡単に駆け付けられたら良かったのに…。
ああまた同じ夢を見てしまった。


by beijaflorspbr | 2017-03-19 23:02 | おうちごはん | Trackback
2017年 03月 12日

堀江泰子先生を想う

暑い夏も漸く終わりを告げようとしています。この時期は、街歩きをするには暑く感じるものの、どうしても週1度のリベルダージ東洋人街へのお買い物は避けられません。重い腰をどっこらしょ、と挙げて買い物に出ようとすると…
f0146587_21475125.jpg
毎年この時期になると満開になる「ハナセンナ」(別名アンデスの乙女)が「見て行って~」と言いたげに華を誇っていました。亡き義父が愛情をこめて植えてくださったお花、これを見ると、優しかった義両親の姿を思い出します。人生は色々な方に愛情を頂きながら時が過ぎていくのだと思わされました。
f0146587_21495085.jpg
今頃東京では、堀江泰子先生のお通夜が行われている頃です。あまりにも落ち込み、悲しむ私の姿を見かねてか、夫が「予定を少し早めて帰国して告別式に参列したらどう?」と言ってくれましたが、急に帰って疲れた身体で会いに行っても、泰子先生に叱られるような気がして断念しました。何より、今ここにいて静かに手を合わせて供養することこそが先生が一番望まれていることなのではないか、と思いました。訃報を受けてすぐにお嬢さまのひろ子さん(料理研究家堀江ひろ子先生)と連絡を取りました。「たくさんの方が(お別れに)お見えになってくださると思うので、せめて煮物やちらし寿司、のた芋(宮崎地方の郷土料理)をお弁当箱に詰めてお持ち帰り頂こうかなと思っているの」とのお言葉に、いつも私を温かく包みこんでくださる、堀江家の皆さまの頑張りと深い愛を感じて感涙してしまいました。先生、ずっと離れた地に居ても、先生のことをずっと思っていますよ。


by beijaflorspbr | 2017-03-12 21:59 | 人生 | Trackback
2017年 03月 04日

追悼:料理研究家 堀江泰子先生

※昨日の午後、料理研究家の堀江泰子先生が亡くなられたことは、ご逝去直後に堀江家からお知らせを受けて知っておりました。ただ、堀江先生は料理界の草分け的存在で有名人でもあられるため、マスコミ発表を待ってからこの記事を書こうと決意していました。

昨日の午前中、一通の悲しいお知らせが移動中の私のスマフォに届きました。発信元は孫のさわちゃん(料理研究家ほりえさわこさん)でした。「ひな祭りの日に旅立つ紫姫(紫色が大好きな先生のニックネーム)なんてカッコイイよね~」の通り、誰もが決して忘れらない日に旅立たれてしまった堀江泰子先生。ずっと恐れていた、この日が遂に来てしまいました。94歳ですし、晩年はご病弱でいらしたのでこの日が来ることは誰もが覚悟の上だったことでしょう。しかし…何でしょうか、この言葉に出来ないほどのたまらない寂しさは…。先生の存在は、私にとっては恩人以上の重みがあったように思います。少しだけ泰子先生との思い出を語らせてください。
f0146587_05444748.jpg
(堀江家の珠玉のレシピばかりが掲載されている貴重な一冊)

堀江泰子先生とのご縁を頂いたのは、今から46年前の私がまだ18歳の時でした。東京の短期大学2年生の時、ある事情から突然下宿を出なくてはならなくなり、友人の紹介で学業の合間に家事を手伝ってくれるなら、という好条件で堀江家に1年間居候をさせて頂くことになりました。当時はまだ右も左も分からずに、ポンと堀江家に入り戸惑うことばかりでした。当時の堀江家は、旦那さまが地方に単身赴任中で、泰子先生やご家族は東京に住んでおられました。私の役割は先生の身の回りの世話係も兼ねていましたので、先生ご夫妻のお部屋で先生と一緒にお布団を並べて毎晩寝ていました。後で良く先生に言われたのは「旦那さま以外の人と布団を並べて寝たのはハチドリちゃんだけね」と。泰子先生は、年々テレビや雑誌や料理講習会などのお仕事が忙しくなってきて、早朝から深夜まで実に良く働かれていました。娘さんのひろ子さんもその頃から次第に名前が出て、助手として大活躍をされていましたが、何と言ってもこの時代に中心となって活躍されていたのは泰子先生でした。今思えば当時40代後半の働き盛りでいらしたのですね。先生はご家族やお弟子さんたちにも妥協せず、常に厳しく接しておられました。一番下っ端の気弱な私は、叱られて良く物陰で泣いていたものでした。それまでの甘く緩い生活からいきなり厳しい生活への変化を受け止められず、真剣に堀江家を出ようかと悩んだ時期もありました。そんな切迫した状況の私を変わらず優しく支えてくださったのが、泰子先生のお母さま、静江おばあちゃまでした。静江おばあちゃまは、毎朝6時に階下から「ハチドリちゃん、おはよう。起きている?」と優しく起こしてくださり、広い家中のお掃除が終わった頃、滋養ある朝食を整えて待っていてくださいました。今もその時の朝食の味は忘れたことがありません。堀江家においてのおばあちゃまの存在は実に大きいものでした。次々に孫が生まれると、80代を超えた静江おばあちゃまが面倒を見ていた時期もありました。「ぼやっとしていると、泰子に怒られるから。。。」と堀江家ではこのように、何歳になってもそれぞれの役割分担があり、「疲れたから」とか「もう年だから」などという甘えは一切許されませんでした。堀江家で実に刺激的な1年を終え、社会人になって初めて堀江家での一年間は何ものにも代えがたい貴重な日々だったのだということが分かりました。お料理の補助作業や下準備だけではなく、買い物の仕方、電話の応対、お客様のお接待、気配りや身の回りのこと、庭の手入れまで。若干20歳前の私が到底得られない貴重な基本知識を学ばせて頂いたのも堀江家でした。堀江家は、私にとっての原点といっても過言ではありません。堀江泰子先生ご自身も、厳しいだけではなく気配りを欠かさぬ優しい先生だと分かるまでに、そんなに時間を要しませんでした。堀江泰子先生は、人にも厳しい分、自分にも高い目標を常に課しておられました。
f0146587_06410248.jpg
(泰子先生直伝のお赤飯は今や十八番に)

私が縁あってブラジルに嫁いでからも、堀江家との深いご縁はずっと続きました。堀江先生の旦那様が国会議員になられてからの海外視察旅行で一度、プライベートで一度、ブラジルにも来てくださいました。大好物の「たねや」さんの最中を携えて、わざわざ会いに来てくださった時は、本当に嬉しかったです。私たちが気に入っていた高級ポルトガル料理のレストランにご案内すると、飲めないワインを少しだけ嗜んで、上機嫌で頬を赤くされた泰子先生の笑顔を今でもはっきり思い浮かべることが出来ます。その時、ほんの少しだけ親孝行の真似事ができたかな?と思った瞬間でした。私が帰国した時は、可能な限り成城のお宅に会いに行くようにしていました。
f0146587_06420955.jpg
(堀江先生に教えて頂いた我が家のおうちごはんの数々)

最後にお目にかかったのは、昨年の12月2日のことでした。ここ数年、会いに行ってもご入院中だったこともありましたが、そんな時は病院までひろ子さんに連れて行って頂き、無事にお会いすることが出来ました。12月2日はご自宅で旦那さまと二人揃って笑顔で迎えてくださいました。「ハチドリちゃん、私はね、死ぬことは怖くないけれど最期まで堀江泰子として立派に生きたいの」とびっくりするくらい力強く仰ったのは忘れることができません。「料理研究家1代目は堀江泰子、2代目は堀江ひろ子、3代目はほりえさわこ。そう決めたの」とも。4代目は?とお聞きすると「もえ(さわこちゃんの長女)かな?」と。料理研究家として有名な先生ですが、弟子の私から言わせると、「常に努力を惜しまない方」だったように思います。あれは80歳を悠に過ぎた頃だったか、机に本を置いて真剣なお顔をされていました。「先生、何をしていらっしゃるのですか?」と訊く私に「ハチドリちゃん、お料理というのはね、もうこれで良いということはないの。レシピもどんどん研究をして改良して行かないといけないのよ」と。既に完成されたように思っていた堀江家のレシピも、こうした日々の研鑽によって作りあげられていることを初めて知ったように思いました。とにかく当たり前のようですが、堀江家のお料理は全てが美味しいのです。そんな陰に、こうした先生やひろ子さんたちのたゆまぬご努力があったのだと知りました。晩年は、お料理教室をひろ子さん、さわちゃんに任せて奥におられることが多くなりましたが、お味見の時は旦那様と共に生徒さんの前に顔を出して、笑顔で見守っておられました。最後にお会いした昨年の12月2日も、しっかりクリスマス用のお料理を美味しそうに召し上がっておられました。家庭料理を人に教えるという世界では草分け的な堀江泰子先生ですが、元々娘時代はお料理が全く出来ずに、困り果ててお知り合いの料理研究家のところに通い詰めた、というご経歴の通り、元々秘めた才能とやる気のある方だったのだと思わされます。「家族のために、人のために美味しいお料理を作って喜んで頂くのは家庭料理から…」との揺るぎない方針で、多くの方々を指導された堀江泰子先生の94年の生涯に、心からの拍手を贈らせて頂きます。

天国に昇られた泰子先生へ
遂にお別れの日が来てしまいました。先生は「ハチドリちゃん、お葬式には来なくて良いけれど、生きているうちに私にたくさん会いに来て!」と仰いました。私はちゃんとそのお約束を守って、帰国時には最優先して何度も先生に会いに行きましたよね。これが最後になるかもしれない、なんていうことは一度も思ったことはありませんが、12月2日が本当に最後になってしまったのですね。でもね先生、私は先生の教えの通り、今もお料理が大好きで、得意で、たくさんの方に喜んで頂いていますよ。先生が広く伝えてこられた「家庭料理こそ一番の宝物」という精神は、これからもずっと私の心の中に生き続けると思うのです。堀江泰子という私が尊敬してやまない一人の偉大な女性とのご縁を頂けたことを誇りに思っています。泰子先生が、辛いご闘病生活から漸く開放されて、痛みや苦しみのない世界へと旅立たれたことに、ほんの少しだけの安らぎを感じています。残念ながら告別式には参列できませんが、次の帰国の際に真っ先にお参りに行かせて頂きます。今頃静江おばあちゃまや妹さんと久々の再会を果たされているのですね。静江おばあちゃまも喜んでおられるでしょう。どうか、安らかにお眠りください。遠くブラジル・サンパウロより、心からのご冥福をお祈りしております。
f0146587_21180266.jpg
(昨年12月2日最後に撮影した泰子先生のお写真です…涙)
泰子先生、46年間の長きに渡り、本当にお世話になりました。ありがとうございました!


by beijaflorspbr | 2017-03-04 21:18 | 人生 | Trackback
2017年 01月 18日

2016年秋日本日記@堀江泰子先生のお宅へ②

堀江泰子先生のお宅、午後の部です(はい、長居しております←笑)さわちゃんの専門分野である、韓国料理のお教室が始まりました。堀江先生のお料理教室の基本は、昔から下ごしらえを丁寧にすること、きっちり分量を測ることでした。もやしの髭も、面倒くさいけど丁寧に取ってね!とさわこ先生から指示が飛びます。
f0146587_20081495.jpg
f0146587_20083144.jpg
f0146587_20083682.jpg
予め味を染み込ませて置いたお肉なども揚げ、材料を合わせて…
f0146587_20084197.jpg
仕上げにかかります。スペアリブの唐揚げ、麻辣ナッツかけが完成!
f0146587_20090414.jpg
ちぢみはふわっと焼くのよ~♪
f0146587_20091618.jpg
春菊のチヂミの出来上がり!!美味しそうな香りがふわ~~っと広がります。
f0146587_20100166.jpg
コンナムクッパもさわちゃんが丁寧に仕上げてくださいました。
f0146587_20263820.jpg
おいしぃ~~~~~~~(^^)/
f0146587_20104728.jpg
デザートは何と、カルピスミントシャーベットでスッキリサッパリ。。。
f0146587_20111034.jpg
この後の楽しみもあるのに、またお腹いっぱい食べちゃった。。。まずいぞ。エルの診療所用に、さわちゃんの離乳食の本を頂きました。
f0146587_20120367.jpg
お稽古でバタバタしている中、101歳の旦那さまは、ひたすら書き物をされておられました。ひとつひとつ丁寧に辞書を引きながら。。。旦那さまは、喪中はがき一通一通にも必ずお悔やみのお返事を出されるそうです。こういったところからも、人生の勉強をさせて頂いています。
f0146587_20134475.jpg
「堀江家は私の原点」と胸を張って言えるのは、こうした旦那さまの変わらぬものに向き合う姿勢と、泰子先生が長年ご苦労をされて研究して来られた堀江家の味や、故郷宮崎の郷土食を子・孫に忠実に伝えて来られたお姿を間近に見せて頂いているからだと思います。既に両親は亡くなっているので、お二人から学ばせて頂くことが多い堀江家は、私にとっての宝物でもあります。これからも宜しくお願いいたします。

by beijaflorspbr | 2017-01-18 20:40 | 人生 | Trackback
2017年 01月 17日

2016年秋日本日記@堀江泰子先生のお宅へ

もう一度日本日記に戻ります。この日は、東京のお友達のお宅から成城の堀江先生のお宅に向かいました。先生とは18歳の時にご縁を頂き、現在まで変わらず気にかけて頂いており、ずっとお付き合いが続いています。もし日本にずっといられるのであれば、堀江家の年中行事である旦那さまや先生のお誕生日のお祝いや、ひな祭り、餅つきやお節料理などを頂く機会があったのにと思うと残念でなりません。それ故、帰国した時は必ず何を置いてでも訪問するように心がけています。堀江先生とのご縁を書いた「スタートは18歳から」で詳しくいきさつを書いたように、先生とのご縁は既に45年前から始まっていました。旦那さま101歳、泰子先生94歳の冬…。成城の街並みは昔とちっとも変わりません。
f0146587_21215362.jpg
先生宅に近付くと、とっても賑やかな声が聞こえてきました。この日はお稽古日で、特別にクリスマスメニューの日でした。たくさんの生徒さんが一生懸命メモを取りながらお料理をされていましたが、私は久しぶりにお目にかかる旦那さまや先生と積もり積もったお話をするのに夢中になっていました。先生は私のことが良く分かって、「良く来てくれたわねえ~」とか「いつまでも頭しっかり元気でいなくちゃ」と自分自身に気合を入れておられる姿に、ちょっと安心しました。ご高齢のお二人を拝見していると、しんどいとか年取ったなあ~なんて決して弱音を吐けません。お料理が出来上がって、旦那様、先生と共に食卓に着かせて頂きました。生徒さんも、「ああ、ブラジルのハチドリさんですね!」なんて、結構知名度が上がっているのには驚きました。クリスマスのメニューだけあって、ビックリするくらい豪華な一品一品、もちろん肝心なレシピも頂きました。後でおさらいをしなくてはいけませんね。
f0146587_21231955.jpg
泰子先生の食事介助をするのに、「口に入っているのに入れない!」なんて叱られながら(笑)楽しく試食を終えました。いつも感心するのは盛り付けの美しさと味の良さ、家庭料理は日常的に口に入るものなので美味しくなくては…という泰子先生のお考えを、ひろ子先生、さわちゃんがしっかりと引き継いでいます。
f0146587_21265696.jpg
皆が試食している横で、さわちゃん(料理研究家・ほりえさわこさん)がケーキの仕上げを黙々としていました。
f0146587_22290826.jpg
最終的にお星さまの形に仕上がって、真ん中はヨーグルトにフルーツ
f0146587_21252021.jpg
しっとりしていて本当に美味しいケーキでした。泰子先生もたくさん召し上がられて、ホッとしました。午前の部の生徒さんがお帰りになるのと入れ替わりに、午後からの生徒さんが来られて益々賑やかに…。何度もお邪魔しているので、何度もお目にかかったことのあるベテラン生徒さんもおられました。続きます。

by beijaflorspbr | 2017-01-17 23:11 | 人生 | Trackback
2016年 02月 02日

2015年秋・友旅後半三日目@堀江泰子先生宅へ

大恩ある堀江先生のお宅にやってきました。いつもひろ子さんが、私が来ることを秘密にするので、私の姿を一目見た泰子先生はポロポロ涙を流されました。「まあ、ハチドリちゃん。いつも来てくれてありがとう。本当にありがとう、嬉しいわ…」昔強気だった泰子先生もすっかり柔らかくなられました。満100歳の旦那さま、92歳の泰子先生にお目にかかる度に、秘めたるパワーを頂けます。旦那さまも目を細めて喜んでくださいました。先生ご夫妻に加えてひろ子さんたちの従弟ご夫妻とも久々の再会。私の大型に膨らんだ体をみて( `ー´)ノあれ?という顔を一瞬されましたが、「年相応にね!」と瞬時にご理解頂きました(笑)昔、大学時代に下宿していた時は吹けば飛ぶような細身でしたもんねえ。。。45年前のお話です。コホンー☆彡
f0146587_21462503.jpg
早速素直さんが手塩にかけたお蕎麦を茹で始めました。
f0146587_21452649.jpg
私もお手伝いをし、天ぷらを担当しましたが、皆さんに褒められて嬉しかった~!何しろお料理の先生のお宅なので、いつも緊張します。天ぷらは得意料理なので良かったぁ!
f0146587_21434459.jpg
ひろ子さんが箸休めの副菜も色々作ってくださいました。アボカドと半熟卵の味噌漬けがとっても美味しくてお箸が止まりません。レシピも即座に教えて頂きました。これが有難い!
f0146587_21581188.jpg
大根の煮つけに甘味噌。甘味噌は白味噌+はちみつを混ぜたものですが、とても美味しい。今回も簡単に出来て良いアイデアを頂きました。大切なのは、きっちり量を測ることとひろ子先生に教えて頂きました。
f0146587_21444111.jpg
茹でたての手打ち蕎麦がどんどん出来てきました。香りといい、食感といい言うことなし!本当に美味しいお蕎麦でした。皆和気藹々で楽しい時間が静かに流れます。
f0146587_21440774.jpg
また素直さんが別のお蕎麦の準備をされています。
f0146587_21575603.jpg
辛味大根のお蕎麦はさっぱりしてまた美味しい!
f0146587_21572817.jpg
お腹いっぱいお蕎麦を頂き、楽しい昼食は終わりました。皆で後片付けをし、デザートを食べてお喋り。夕方までお邪魔し、旦那さま泰子先生にご挨拶をし、お別れをしました。泰子先生、また泣かれました。。。私も思わず…。これが最後ではないのに、なんだか悲しくて寂しくて仕方がありませんでした。でもきっとまたお目にかかりに来ます。それまでお待ちくださいませね。一生懸命美味しいお蕎麦を打ってくださった素直さん、ひろ子さん、ありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2016-02-02 22:20 | 日本国内旅行 | Trackback
2016年 02月 01日

2015年秋・友旅後半三日目@東京へ…。

記事がサンパウロと日本を行ったり来たりして、読みにくくてすみません。また昨年11月の日本日記に戻ります。この日はレールパス使用3日目、早朝の出発でした。この日は東京・成城の料理研究家である堀江泰子先生宅へ向かう日でした。以前は、直接泰子先生と連絡を取って訪問日をお約束していましたが、先生ご夫妻もご高齢になられて、電話を取って頂くのも申し訳ないからと遠慮していました。今はお嬢さんの堀江ひろ子先生と直接やり取りをして訪問するようにしています。ひろ子さんから指定された日にお伺いすることにしましたが「出来れば午前中のなるべく早い時間に来られる?」と言われ、7時には新幹線に乗っていた、と言う訳です。品川で降りて、渋谷から私鉄で成城に向かいました。
f0146587_21481086.jpg
ひろ子さんに最寄り駅まで迎えに来て頂き、向かった先はひろ子さんのご自宅でした。待っていてくださったのはこの方、今ではかなりテレビなどにも出られるようになった、ご主人さまの素直さんです。「ハチドリちゃんに僕の打ち立ての蕎麦を食べさせたくて…折角だから打つところも見て行って」と材料を全て整えてスタンバイしていてくださいました。素直さんご夫妻には、私が大学生時代、泰子先生宅に下宿している時、随分可愛がって頂きました。大銀座祭という大きなお祭りで、私がバトンのパレードに出場した時も、一家総出で観に来て応援してくださいましたし、紅白歌合戦のオープニングに出た時も、しっかり見守ってくださいました。
f0146587_21564958.jpg
40年に渡り、まるで家族の一員のように可愛がってくださった堀江家の皆さまには感謝の気持ちしかありません。手慣れた様子でどんどん蕎麦を作って行きますが、ちゃんとひとつひとつの工程に意味があるんだよ・・・とやっぱり先生だねぇ。。。なんて突っ込みを入れながら有難く見学させて頂きます。これは信州の新蕎麦粉だそうです。まず水を少しずつ入れて小まめに混ぜて少しずつまとめていきます。
f0146587_22051127.jpg
「面白いくらい綺麗にまとまっていくから見ていてご覧なさい」とひろ子さん。「あ!本当だ、プロみたい!!!」と私。いや本当にプロのような手際の良さにビックリ!!
f0146587_22075617.jpg
キレイにかっこ良くまとめました!この纏め方は「菊練り」と言うそうです。
f0146587_22084587.jpg
ビニール袋に入れて生地を休ませます。「あ!まるで鏡餅」と言うと「そうだねえ、もうすぐお正月だね」という話になり、毎年の恒例行事のお餅つきの話になりました。お餅付きの日の堀江家は、早朝からたくさんの人が集まり、まるでお祭り騒ぎ~♪懐かしいなあ。。。
f0146587_22121687.jpg
ひろ子さんが、お庭から明日葉を摘んできました。「後で天ぷらにしよう」と。素直さんが「ウチはね、何でも自給自足なんだよ」と笑っていました。素直さんは、孫の食育のために庭で色々な植物や野菜を育てておられます。
f0146587_22151445.jpg
次は蕎麦生地を広げる作業です。「おお、道具もプロ並みなのね」と言うと、「そうなの、僕ね形から入るんだ」と。何と素直さんの蕎麦打ちの先生は、メガネ屋さんのご主人だそうです。趣味が高じてどんどんエスカレートして…と。蕎麦打ちは家族が皆幸せになれるから良い趣味だと思います。
f0146587_22175894.jpg
さて、いよいよ最終段階です。打ち粉を打って・・・
f0146587_22191841.jpg
丁寧に広げて行きましょう。
f0146587_22202526.jpg
f0146587_22220469.jpg
広げては巻き、広げては巻きして四角にするそうです。
f0146587_22232769.jpg
綺麗に四角になってきました。「おお!すごい」何度も歓声を挙げてしまう私。。。
f0146587_22244309.jpg
「これぐらいで良いかな?」「ううむ・・・素晴らしいわ」
f0146587_22254737.jpg
打ち粉を打ちながら丁寧に畳みます。
f0146587_22270433.jpg
丁寧に慎重に蕎麦を切り始めました。何かここまで見せて頂いてとても感動しました。
f0146587_22280479.jpg
「あっ、ちょっと太いかな?細かった?切るの苦手なんだ・・・時間がかかってねえ。」などなど結構賑やか・・・(笑)少しグリーンがかった綺麗な色のお蕎麦です。
f0146587_22292155.jpg
蕎麦を打ち始めて約2時間後くらいにお蕎麦が完成しました。見事な仕上がりです!
f0146587_22310962.jpg
丁寧に保存して、本家(堀江泰子先生宅)へ車で移動。乗せてくださったのは、ご長男の正純さんです。「ハチドリちゃん、元気にしてた?」皆久しぶりの再会なのに、いつも会っているような不思議な感じ。皆で賑やかに蕎麦パーティーです。続きます。


by beijaflorspbr | 2016-02-01 22:34 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 11月 24日

学びの日々・・・。

昨日から東京に滞在しております。その目的はズバリ会いたい人に会うことです。一度授かったご縁は一生守り通して行きたいと思えた、色々な方との嬉しい再会の連続でした。ある場所では、私に打ち立てのお蕎麦をご馳走してくださいました。私が大学生の頃から大変お世話になっている恩師とも無事に再会が叶いました。恩師は、私の顔を見た途端に涙をこぼされました。お別れの時は、流石に私の方がウルっと来てしまいましたが、堪えました。もし泣いてしまうと、二度と先生に会えないような気がしたからです。恩師はもう92歳、いつ何があってもおかしくありません。でも私の手を握りながら

「ハチドリちゃんが来るのをずっと待っているからね、だからまたきっと来てよ!」

先生のお宅を出てからずっと泣いていました。若干19歳で、そんな素晴らしい大先輩と出逢えた自身の運の強さを感じました。人生は一生勉強なのよ、と専門分野の研究に余念がない恩師。そんなお姿を見ていると、ボヤッと人生を送ってはいけないのだ、と思わされます。目の前におられる偉大な先生の後を追って、自分に何ができるのかを模索していこうと思います。堀江 泰子先生、ありがとうございました。どうか、先生を思うたくさんの人たちのために長生きしてください。

今日は出先で写真を挟み込むことができませんが、後日この日のことはきちんとご報告させて頂きます。今夜はお友達のご好意でお泊りをさせていただき、明日帰阪する予定です。今週はこの調子で落ち着きませんが、落ち着き次第、記事を更新したいと思っております。

by beijaflorspbr | 2015-11-24 22:55 | 人生 | Trackback
2015年 07月 08日

2015年5月鉄道旅日記⑫堀江泰子先生宅へ

サンパウロからもう一度日本へワープします。こちらでも暇なようで色々なイベントがあり、楽しく平和に暮らしていますが、とりわけ日本での濃い日々には到底適いません。レールパス使用最終日は、私にとっての大恩人である料理研究家の堀江泰子先生のご自宅へ訪問する日でした。少し早めに出て新大阪駅構内に出来たドトールで簡単朝食を頂きます。前日はミニサンドウィッチだったので、この日はホットドックにしてみました。ミラノサンドや野菜入りだと口紅を塗っている身には食べにくいんです。予め指定券を取っているとこんなことも可能ですが、自由席に飛び乗る場合は無理です。幸い新大阪始発の新幹線がたくさん出ているのは有難い限り。
f0146587_22224442.jpg
例の新幹線事件から車内カメラを増やすことになったらしいですが、大賛成です。やはりどうしても人間の目を持ってしても限界はある訳なので、あらゆる方向から見守る必要があるのではないでしょうか。日本中の人が皆大阪のおばちゃんみたいに「他人でも放っておけへんで!」となると良いんですが、そういう訳にもいきませんもんね。以前、新幹線に乗っていて、決して忘れることが出来ない光景がありました。自由席の一番前の二人席に、母(30代くらい?)と5歳くらいの幼い女の子が静かに座っていました。すると車内販売のおねえさんが回ってきました。「お弁当にお飲み物はいかがですか?コーヒーやアイスクリームはいかがですか?」すると、ずっと静かに座っていた女の子がモソモソし始めました。最初は小さな声でお母さんになにやら囁いていましたが、次第に声が大きくなってきました。「お母さん、お腹が空いた。お弁当買って!買って!!」お母さんは静かに言いました。「我慢しなさい」「いやだ~いやだ~お腹が空いた」女の子は大声で泣き出しました。気が付くと、車内の空気が凍りついたように誰もが無言になっていました。3人の子どもを持つ母親である私の心は、言葉にできないくらいワサワサとして身の置き所がないくらい心苦しくてなりませんでした。結局その母子に手も口も出せないまま、母子は新幹線を降りて行きました。その後何故か涙している自分がいました。今の(贅沢はできないけれど)恵まれた生活は誰のお蔭なんだろう。当たり前に生活が出来、子どもたちも無事成長し、安定した暮らしが出来ていることがまるで奇跡のようにも思えました。感謝しなくてはね、自分に言い聞かせました。色々な事情を抱えて様々な人が乗る新幹線車内は、人生の縮図なのかもしれません。冠婚葬祭で使う人も多いでしょうし、新天地を求めて乗る人も多いことでしょう。絶望に打ちひしがれて乗る人もいるかもしれません。その方たち全てに幸あれと祈るばかりです。さて、私の乗ったひかり508号は7時17分に新大阪駅を出発しました。
f0146587_22393498.jpg
暇だったので、新大阪駅で買ってきたお土産をテーブルに並べてみました(笑)泉州水茄子の時期だったので、水茄子のお漬物や、堺小島屋さんのけしもち、そしてなんば自由軒のドライカレー煎餅など大阪限定品多し!餡子に目のない堀江家の旦那様が喜んでくださるかな?などと想像するのも楽しい瞬間。
f0146587_22434922.jpg
東京駅から真っ直ぐに堀江家にお邪魔しました。ちょうどこの日もお稽古日で、たくさんの生徒さんが来られていました。
f0146587_22484022.jpg
テレビでも有名な料理研究家の堀江ひろ子さん。私のお料理の師匠(アドバイザー)でもあります。ひろ子さんのお人柄が現れている温かいお教室です。知っていることも多い中で、目から鱗のお料理の基本をしっかり学ぶことができるので、毎回とても楽しみです。
f0146587_22503194.jpg
いつも元気印のほりえさわこさん~♪さわちゃんは、韓国・イタリア料理修業をしてきた人なので、何を聞いてもすぐに答えてくれる聡明な方です。女性は一生お料理から逃げることは許されません。泰子先生は、元々お嬢さまでばあやもいたくらいの方でしたが、「家族のために・・・」と一念発起され、料理研究家の河野貞子先生に師事されたのが、お料理を始めるきっかけだったそうです。今やこうして3代に渡ってお料理の仕事を継承しておられる堀江家の皆さんを心から尊敬しています。堀江家の一番良いところは、気取ったお料理ではなく、日々の「お惣菜」をいかに簡単に美味しく作るか、というところに重きを置いているので、何を食べても当然ながら「美味しい!」というところでしょう。レシピ通りに作れば誰だって上手に美味しく出来るのよ、いつもひろ子さんが仰ることです。この日、さわちゃんがたくさんの玉ねぎを炒めていました。「(炒め物は)何度も混ぜちゃだめよ、ある程度放っておくの」そうなのよね、それも堀江家で学んだ大切なことのひとつです。学びの多い時間でした。
f0146587_22523387.jpg
この後、ご自身のお部屋から歩行器を使ってゆっくり出て来られた泰子先生は92歳。「ハチドリちゃん、良く来てくれたわねえ。。。」少し弱っておられましたが、口調は相変わらずしっかりされています。「あのね、ハチドリちゃん。こんなことがあったのよ。キレイなお花の咲いた川があったの。ピンクや黄色や真っ赤なお花が咲いていたのに、紫のお花がなかったの。だから引き返してきて今でも生きているの」「・・・・・」先生は紫が大好きなので、もし紫の花があったら渡っちゃった…ということらしいのです。不謹慎とは思いましたが、思わずクスッと笑ってしまいました。さわちゃん曰く、お誕生日前後の2月に一時どうなるかと思ったくらい容体が悪くなったことがあったそうですが、今は安定されているとのことで、ホッとしました。
f0146587_22571585.jpg
お稽古が終わって試食の時に、席に着かれた泰子先生。「先生、お土産です!」とけし餅を差し上げると、「ひとつ頂戴~♪今すぐ食べたい」
f0146587_23035467.jpg
パクっと召し上がる先生の可愛いこと~(●^o^●)あっという間に完食。まあまあ、お食事前だというのに…(笑)
f0146587_23062757.jpg
その後、賑やかに試食会が始まりました。どれもこれも心がこもっていて美味しい堀江家のお料理はたまらなく懐かしい「おふくろの味」そのものなのです。
f0146587_23071909.jpg
泰子先生のお隣に座らせて頂いた私、光栄なことです。先生が「ハチドリちゃん、この鶏小さく切って!」その後見事に完食されました!上に掛かっているソースが絶品です。仕上げの段階で、ひろ子先生が念入りに煮詰めておられました。お料理は真心を込めて丁寧に…ここに来るといつも原点に還ることが出来ます。苦学生で、早起きをして堀江家のお掃除を慌ただしく終えた後、おばあちゃまの美味しい朝食を急いで頂いて大学に通っていた若き日の自分の姿が鮮明に蘇ってきます。
f0146587_23085592.jpg
バニラアイスも含め、全5品を美味しく頂戴いたしました!ご馳走さまでした。本当に充実したお料理教室、近くに住んでいたら一生懸命習いにくるのにな、残念!
f0146587_23122780.jpg
6月に「堀江家の梅漬け」で「NHKのきょうの料理」にご出演されました。ハードルの高い保存食を如何に簡単に作るか、という研究を日々されているひろ子さんとさわちゃん。尊敬します!
f0146587_23152271.jpg
応接間には、旦那さまと泰子先生の仲睦まじい写真がたくさん飾られています。先生ご一家と縁あってお知り合いになって既に43年の歳月が流れました。これからも頂いたご縁を大切にします。旦那さま、先生、長生きしてください!!(既に100歳、92歳と十分長生きはされていますが…)
f0146587_23193545.jpg
泰子先生とお別れする時、涙を流されていました。心苦しいお別れです。。。再会を信じて、また次の季節にこの緑濃き成城に戻ってまいりますね。
f0146587_23220975.jpg
その後新宿駅構内の「高野フルーツパーラー」で、お友達のOさんとお会いすることができました。今回はお嬢さんのRちゃんの結婚式でお忙しく、ゆっくりお話も出来ませんでしたので、最後に時間を取って頂けて思いがけず嬉しい時間を過ごしました。
f0146587_23234040.jpg
大阪に戻り、最寄りの駅ビルでムスコと合流し、和定食をお腹いっぱい頂いて帰宅しました。
f0146587_23263413.jpg
東京に始まり、東京で終わった今回の1週間の旅は、いつになく充実していました。この日から5日後にはブラジル・サンパウロに旅立ちましたので、今となってはこの時間がたまらなく愛しく感じます。会ってくださったたくさんの皆さま、ありがとうございました。また、残念ながら時間の関係でお目にかかれなかった方、次の季節にお会いできるのを楽しみにしています。長々と続けてしまいましたが、これで2015年5月の鉄道の旅日記を終えます。


by beijaflorspbr | 2015-07-08 23:31 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 02月 10日

2014年冬旅@恩師堀江泰子先生宅へ

いよいよこの日はレールパス使用最終日、私が大学生時代に居候をさせて頂いていた堀江泰子先生宅へご訪問させて頂く日でした。予め先生のご長女のひろ子さんと打ち合わせをし、訪問日を決めることになってます。この日は、お孫さんのさわちゃんの韓国料理のお教室があるとのことで、楽しみにして大阪から出かけました。前夜ふとした不注意から、転倒をして頭を打ったものの、見事に回復して気持ち良く目覚めることが出来ました。学生時代に自転車で駆け抜けたこの街はとても懐かしい地です。
f0146587_21463439.jpg
先生のお宅のチャイムを鳴らすと、旦那さまのお元気な声「ああ、ハチドリちゃんか、待っていたよ!」とすぐに開けてくださいました。久しぶりにお目にかかる泰子先生もお元気そうで、安心しました。肌寒い日だったので、ダウンを着た先生はちょっと可愛い~♪お茶を飲み、色々お話をしていたら、ひろ子さん&さわちゃんがドタバタとやってきました(笑)いつも忙しそうなお二人、料理界での第一線を駆け抜けておられます。
f0146587_21475381.jpg
今日のお教室の食材が並びました。皆生き生きしていて新鮮この上なし。
f0146587_21473917.jpg
全部で4品、上級コースの生徒さんたちも次々に来られました。今日の講師はさわちゃん、ほりえさわことしてTVでもご活躍しています。それにしてもこの写真はいったい。。。(爆)
f0146587_21544213.jpg
下ごしらえが始まります。渡り蟹の捌き方から丁寧な説明。
f0146587_21562524.jpg
皆さんとても手際が良いので、下ごしらえもあっという間でした。いつも感心するのは、先生の説明が丁寧でとても分かりやすいこと。この日も雑な私が春菊をむしっていると、「ハチドリちゃん、繊維を断ち切らないで丁寧に優しくぷちっとね!」とさわちゃんがお手本を示してくれました(笑)
f0146587_21571241.jpg
一方もうすぐ100歳を迎えられる旦那さまは、ひ孫ちゃんの子守り中、本当にお元気です!
f0146587_22150224.jpg
次々とお料理が出来上がってきました。まず一品目の渡り蟹のチゲ、彩りがとてもキレイ。
f0146587_21595764.jpg
海老とねぎのちぢみも焼き上がっています。
f0146587_22013071.jpg
デザートの人参とクルミのスコーンも綺麗に焼き上がりました。
f0146587_22082351.jpg
これらに柚子入り白菜・春菊とのあっさりサラダも完成し、あっという間に4品出来上がりました。さすがベテラン揃い!このお教室では、食材のバリエーションとその食材を隅々まで美味しく頂くこと、調味料の工夫で様々な味の変化を持たせることなど学ぶことの多い教室でした。この後用事があったので、皆さんで味見をする前に失礼しようとしたら、ひろ子さんが「折角だから一口ずつ味見していきなさい」とお皿に盛ってくださいました。急いで食べて、先生ご夫妻にご挨拶をして堀江家を後にしました。ほんの少しの時間でも、ご家族の皆さまの温かい輪の中に入れて頂き、幸せな時間を過ごすことが出来ました。堀江先生は99歳と92歳というご高齢なので、無理をしてでもこれからも必ず会いに行こうと思いました。堀江家の皆さままたまたお世話になりました!大きな柿とラ・フランスをお土産に頂いて、足取りも軽く堀江家を辞しました。


by beijaflorspbr | 2015-02-10 23:59 | 日本国内旅行 | Trackback