ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:京都 ( 49 ) タグの人気記事


2017年 06月 20日

愛弟子と歩く新緑の京都路⑥ゆば泉で湯葉ランチ

教え子Mちゃんが予約してくれたのは、2013年末にお邪魔して以来2度目の「ゆば泉」。名前の通り湯葉料理専門店です。
f0146587_23034712.jpg
ゆば泉では、創業15周年を記念して特別価格でお料理を提供しています。まずは「ゆばのすり流しスープ」からコースがスタートしました。
f0146587_23083077.jpg
上品な前菜3種
f0146587_23041331.jpg
汲み上げ湯葉、お醤油をかけて頂くと優しいお味。
f0146587_23043850.jpg
湯葉の卵焼きを生姜ソースで頂きました。
f0146587_23050310.jpg
湯葉のあんかけごはん。大好物です!
f0146587_23053801.jpg
最後のデザートも超充実!!
f0146587_23061247.jpg
美味しく頂きました。ご馳走さまでした。お腹がいっぱいになったところで、車に乗って大徳寺に向かいました。

by beijaflorspbr | 2017-06-20 18:00 | 日本の美味しいもの | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日

優しさに満ちた時間@京都

f0146587_23273684.jpg
あの頃の私は若さに満ち溢れていた
やる気満々の私と、その気迫に押され気味で消極的な教え子との間に
しばしば軋轢が起こったのも事実だ
たった3年と少ししか彼女たちと関わらなかったけれど
それは忘れられないかけがえのない時間だった
あの頃の自分はキラキラと輝きに満ちていた
細い糸を手繰り寄せるようにして
知りあって知り合った教え子との何十年を経た再会はまた格別だ
今週から京都に始まり、九州で旧交を温める旅に出る
愛しい教え子よ、忙しい中時間を作ってくれてありがとう
共に過ぎ去った時間を思い起こしただけでも
泣けてしまう自分がそこにいる
短い期間だったが、全身全霊を賭けた日々…
ああ、あの強かった先生はすっかり泣き虫に変身してしまった
どれほどの思いを教え子たちに伝えたとしても
ちゃんと表現できるかどうか自信がない
でも一つだけ言えることがある
それはあなたたちのことを誰よりも大切に思い
幸せになって欲しいと願っているということ
その確かな姿を確認できた時
初めてあなたと共に私自身も幸福感を共有できるのだと思う

ありがとう!今までもこれからも
2017年6月11日京都にて・・・

*いつも当ブログにいらして頂き、ありがとうございます。ずっと家で術後の療養生活を送っておりましたが、意を決して今週から外に出て行くことにいたしました。先日の哀しかった教え子の訃報に接してからというもの、やはり多少無理をしてでも昔の教え子には会っておきたいという願望が強くなっています。それを片っ端から実行に移すにはある程度纏まった費用と時間がかかるため、地域に分けて少しずつ会えるようにしたいと思っています。まずは九州から…。再会が楽しみです!


by beijaflorspbr | 2017-06-11 23:39 | 人生 | Trackback
2016年 12月 12日

大人二人の京都旅①東寺の骨董市

今回の滞在は、京都とのご縁がありました。この日の女性二人旅は、日本がまだまだ暑い暑いと汗を掻いている時期に、お友達のSさんが計画を立ててくださったものでした。集合はJR京都駅、Sさんは三重県から、私は大阪から私鉄を使って奈良経由で京都に参りました。それにしても秋の京都の人混みは半端ではありません。人の波に揉まれながら漸くJR中央改札口にやってきました。
f0146587_09200691.jpg
Sさんと無事に合流でき、第一目的地の東寺へと向かいました。最近あちこちで見る観光バスには、外国人の方々がたくさん乗っていました。日本観光の目玉が京都ですものね。逆に言えば、京都を見ずして外国に帰って欲しくないくらいです。
f0146587_09204348.jpg
(まだお世話になっている←笑)ワコール本社横の道を渡り…
f0146587_09211988.jpg
東寺さんへとやってきました。このお寺は新幹線からも良く見えますね。
f0146587_09481103.jpg
骨董市をやっていると聞いたので、まずはここでじっくりと色々見て回りました。
f0146587_10103266.jpg
ありとあらゆるものが売られていて、とても楽しい空間でした。
f0146587_10151505.jpg
f0146587_10151902.jpg
f0146587_10152332.jpg
f0146587_10152730.jpg
五重塔の近くへ行き、ご本堂ではご朱印も頂きました。でも混んでいたな。。。
f0146587_10182067.jpg
f0146587_10191509.jpg
まだ紅葉しています。骨董市には人が多くいましたが、こちらは比較的静かでした。
f0146587_10201271.jpg
またいつか何もない日にお参りしたいと思った東寺さんでした。
f0146587_10205135.jpg
もうお昼を過ぎていたので、京都駅ビルのポルタで軽くおばんざい定食を頂きました。とても美味しい定食に大満足でした。
f0146587_10215289.jpg
ずっと楽しみに待っていたSさんとの京都の旅、次はあのホテルへ…。これこそが今回のメインイベントと言っても過言ではありません。たまーーーの自分へのご褒美に胸のワクワクが止まりません。Sさんとは、このブログを通して大変親しくして頂き、感謝しています。こうして旅でご一緒させて頂くのも今回が初めてではなく、深いご縁を感じます。優しくて常に意欲的で前向きなSさんと私の生き方には、相通づるものも多くて勉強になりました。さて、いつも忙しい2人ののんびり旅、本当にのんびりできるかな?どうなりますことやら・・・。続きます。


by beijaflorspbr | 2016-12-12 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2016年 04月 07日

桜便り@広沢池~清滝

ピンクの桜に酔いしれた後、広沢池(ひろさわのいけ)に連れて行ってもらいました。広沢池は周囲1,3キロほどあり、日本三沢に数えられており、別名遍照寺池とも言われているそうです。池の西側の観音島に連れてきて頂きました。小さな石の太鼓橋がかけられ、優しいお顔の千手観音さまが祭られています。
f0146587_21355467.jpg
先端には弁天堂。知る人ぞ知る尊い場所でした。椅子もおいてあり、不思議に落ち着く場所でした。
f0146587_21350420.jpg
f0146587_21353062.jpg
折しも、桜が満開で綺麗でした。
f0146587_21372097.jpg
清滝方面も観光客がいっぱい。
f0146587_21380744.jpg
車で渡月橋付近までやってきて、ここから少しお散歩を楽しむことにしました。
f0146587_21390307.jpg
満開の桜に誘われて、たくさんの観光客が押し寄せる人気観光地の嵐山。
f0146587_21400321.jpg
秋も良いけど春も良い、一年中楽しませてくれるこの地にどれだけ魅了されて来たことか!
f0146587_21430719.jpg
もう少しお散歩を楽しみましょうか。。。

by beijaflorspbr | 2016-04-07 22:09 | 日本 | Trackback
2015年 01月 19日

2014年秋京都の紅葉@永観堂

南禅寺から永観堂は歩いて5分ほどの至近距離にあるので、楽に移動できました。永観堂は過去に何度も行ったことがあります。特にもみじの時期は、どうしても足が向いてしまうお寺。入口で拝観料を払って中に入るとまあすごい人!まるでバーゲン会場のデパートみたい(^_^;)でも一歩中に入った途端に思わず「おおお!!」
f0146587_21355766.jpg
すぐに靴を脱ぎ本堂へまいりましょう。入り口で忘れずにご朱印帳をお願いします。このお寺のご朱印が素晴らしいと評判です。山のように積まれたご朱印帳、どうするのかな?と心配していると番号札を渡されました(笑)「お帰りの際に受け取ってくださいね」
f0146587_21371411.jpg
渡り廊下からは赤
f0146587_21414880.jpg
黄色も美しいですねえ。
f0146587_21424852.jpg
空間という空間が全て紅葉で彩られた風景
f0146587_21445089.jpg
石庭も見事に掃き清められています。
f0146587_21502969.jpg
久しぶりに「みかえり阿弥陀像」にもお目にかかることが出来ました。
f0146587_21463515.jpg
本堂から外に出て階段を下りると大きな阿弥陀様
f0146587_21533815.jpg
うーん、思わず唸ってしまいます(笑)
f0146587_21544788.jpg
それではしばしお庭を散策しましょう。
f0146587_21561549.jpg
大きな池の周りをぐるりと回ります。
f0146587_21562957.jpg
逆さ紅葉~♪
f0146587_21574865.jpg
真っ赤っか。。青い空とのコントラストが見事でした。
f0146587_21584910.jpg
お茶屋さんもありますよ。一休みしたいところですが、家族が夕方までに大阪に戻らなくてはならなかったのでパス
f0146587_22001326.jpg
最後に見納めをし、永観堂を後にしました。あー凄かったぁ!
f0146587_22015795.jpg
写真ばかりが多すぎて…(笑)
f0146587_22025465.jpg

f0146587_22131244.jpg
お寺を後にする時、何か忘れている感じがして、立ち止まって考えてみました。「あ!そうだご朱印帳」無事に頂いてまいりました。
f0146587_22035035.jpg
その辺に落ちていた紅葉を添えてみましたが、良い思い出になりました。帰りは四条河原町の高島屋地下の551にて簡単ランチを頂き、急ぎ大阪に戻りました。
f0146587_22071550.jpg
たくさん歩いて、良いお天気の元、思い切り紅葉を愛でることが出来ました。パトちゃん、ありがとうね。


by beijaflorspbr | 2015-01-19 22:09 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 01月 18日

2014年秋京都の紅葉@南禅寺

もう一度記事を日本に戻します。こうして地球規模で行ったり来たり出来るのもネットのお蔭ですね。さて、限られた日本滞在の中、前日はムスコと外出、お買い物を楽しんだ訳ですが、この日は朝起きた時あまりにも好天気だったので、急遽娘と共に京都へ行くことにしました。「そうだ!京都行こう」と思ってすぐ行けるのは関西人の特権のようなもの。まずスタートは南禅寺から…。我が家からは私鉄を乗り継いで奈良県を経由して1時間半くらいで楽々京都へ行くことができます。途中地下鉄直結の「竹田」で乗り換えて、蹴上下車。ほんの少し遊歩道を歩けばもうこの世界!!
f0146587_22020304.jpg
素晴らしい紅葉に巡り合えました!
f0146587_21522922.jpg
溢れるような赤に圧倒されます。
f0146587_22030789.jpg
カメラの違いなのか、こんな風に真っ赤に映っている画像もありました。無我夢中でシャッターを押し続けましたが、とにかく素晴らしい紅葉でした。
f0146587_21241055.jpg
目が赤に疲れた頃…
f0146587_22045919.jpg
水路下の光景も、まるで雑誌の1ページのようです。
f0146587_22052214.jpg
別途入館料を払って、お庭の美しい南禅院へ。
f0146587_22213708.jpg
とても日本らしい光景、秋の風物詩の紅葉をたっぷり楽しむことができました。
f0146587_22082216.jpg
南禅寺散策は約1時間くらいでしたが、大満足しました。
f0146587_22095425.jpg
次はお楽しみ「もみじの永観堂」です!何と入館料が1000円!でもこの時期だけは高い!なんて言っていられません。
f0146587_22124422.jpg
さあ、永観堂の世界へ…。続きます!


ちょっと心が温まる話

by beijaflorspbr | 2015-01-18 22:14 | 日本国内旅行 | Trackback
2014年 11月 11日

京都・永観堂界隈を散策とカレーうどん

東山からバスで移動をして永観堂の近くで降りました。永観堂を目指して歩いていると、哲学の道に出ました。ここは春にはじっくりお散歩をするのですが、秋は初めて。この日は、あまり時間がないので入り口だけを見て次の場所へ移動しました。
f0146587_22301141.jpg
もみじで有名な永観堂の入り口
f0146587_22341058.jpg
入り口まで行きましたが、午後の約束に間に合わないので中に入らず外から眺めました。もう少し紅葉が進んでから大切にじっくりと回りたいお寺です。昔、夜の拝観で来ましたが、それはそれは綺麗でした。
f0146587_22362505.jpg
さて、お昼ご飯を頂かなくては…。どこでも良いのですが、麺類が良いかな?と思いふと見ると長い行列。それでも思い切って並ぶことにしました。
f0146587_22390983.jpg
全く知らなかったのですが、このお店「日の出」はカレーうどんでかなり有名なお店だったらしいのです。15分ほど待ってやっと中に呼ばれました。私の後には長蛇の列が出来ていました。お店の人が、長椅子を出して全員が座れるように心配りをしているのも好感が持てました。
f0146587_22443752.jpg
座ってから10分ほど待ってやっと待望の肉カレーうどんが来ました!美味しそう~♪
f0146587_22461458.jpg
無我夢中で頂いたのですが、柔らかめのおうどんにカレー出汁がほど良く絡み絶品でした。辛味もちょうど良く、これで900円は有難い。そしてお腹にも優しく大満足な昼食でした。周りは日本人だけではなく、外国人もたくさん入店していました。また是非行きたいお店です。何よりお店のスタッフの方々が優しいこと。人気の片鱗を垣間見たような気がします。常連さんもいるらしく、〇〇さんと名前で呼ばれていました。近くにこんなお店があったらいいなあ。。。
f0146587_22561583.jpg
満足したところで、お約束があった京都府立文化芸術会館へと急ぎました。日本画家のOMさんの作品をじっくり拝見し、しばし芸術に触れる時間を持つことが出来ました。鴨川沿いを一緒に歩き、京阪電車で途中まで一緒に帰りました。今週も京都で約束があるので楽しみです。この時期は何度でも行きますから呼んでね~!(*^^)v


by beijaflorspbr | 2014-11-11 23:03 | 散歩 | Trackback
2014年 11月 09日

京都・東山界隈を散策

約11カ月ぶりに京都に行ってきました。大阪からは阪急電車の特急で約40分。ぐっすり眠っているうちに四条河原町に到着したものの、まだ眠たい( 一一;)早く目を覚ませーと渇を入れるもネム~イ(/_;)ラフラ歩いているうちに、先斗町に来てしまいました。先斗町の語源がポルトガル語のPONTO/A(先)に由来するのはちょっと知られた話ですが、諸説あるようです。私はしきりに「富士の高根に降る雪も 京都先斗町に降る雪も 雪に変わりはないじゃなし~♪」って歌っていましたけれどね(笑)
f0146587_21492959.jpg
お昼の先斗町は何だか気が抜けたみたいな静けさ…。暗くなり電気が灯されると全く違った生き生きした街に変貌します。
f0146587_21565939.jpg
そしてそのまま四条通を山側に歩いて行きますと、鴨川が見えてまいりました。ほんのり紅葉しているようなしていないような…。ここも夜はカップルの聖地ですよん。昔ブログに「アベック」と書いて笑われたなあ。。。そんな時代に生まれた私!
f0146587_21505239.jpg
もう少し歩くと、八坂さんが見えてきます。久しぶりにお参りして行こうかな?
f0146587_21473800.jpg
それにしても京都、大阪には恐るべき数の〇国からのお客さま。修学旅行生との触れ合いも見ていて微笑ましい。
f0146587_22013821.jpg
通称「祇園さん」と呼ばれる八坂神社は、7月の祇園祭で有名な神社です。
f0146587_22080849.jpg
ご朱印も書いて頂きました。今親子で嵌っていますが、なかなかお参り出来ないものですねえ。
f0146587_22084949.jpg
街の木々がほんの少しだけ色づいていました。
f0146587_22103725.jpg
八坂神社から横に移動をしたくなりました。
f0146587_22124214.jpg
八坂の塔を仰ぎつつ・・・
f0146587_22140007.jpg
お腹が空いているからお料理屋さんが気になる気になる…。でもこういったお店に入る勇気はなし。
f0146587_22150794.jpg
一部紅葉発見。
f0146587_22160802.jpg
小さなお社にも手を合わせましょう。
f0146587_22171068.jpg
本物の舞子さんではないけれど、結構外人さんが喜んでいました。
f0146587_22185452.jpg
この辺りは桜並木、春はさぞや美しいことでしょう。
f0146587_22202589.jpg
二寧坂を登ります、よいしょっと。。。番傘の上も春はしだれ桜で彩られます。
f0146587_22223321.jpg
高台寺界隈もほんのり色づいてまいりましたがあと一歩。。。というところ。
f0146587_22235849.jpg
ここまで来れば、清水さんに上って行くのが正統派なのですが、へそ曲がり、しかも時間制限ありな私、ここで清水道をあろうことか上らず降りて次の目的地へと向かうのでした。紅葉と言えば外せないあそこ…。ってどこ?続きます。それにしてもお腹空いたよーーー(;一_一)私はどこで何を食べたらいいんだろう?思考はそればかり。まずは京都市バスに乗車!!


by beijaflorspbr | 2014-11-09 22:27 | 日本 | Trackback
2014年 11月 05日

京都へ…。

今日はお誘いを受けて、日本画の展示会を拝見しに京都に行ってきました。貪欲に歩き、ヘトヘトになって帰宅。今年の紅葉までもうちょっと…。今年の京都は色付きがちょっと遅いのかなあ?
f0146587_23214874.jpg
(ねねの道にて)
続報はまたゆっくりとさせて頂きますね。


by beijaflorspbr | 2014-11-05 23:25 | 散歩 | Trackback
2011年 11月 22日

京都食事編

ここで東から京都に向かっていたおっとりさんと合流。取ってもお元気そうなおっとりさんを見てまたまた安心しました。しばしお茶を飲みながら予約時間までお喋り。そしてすぐ近くのレストラン、トラットリアのラットンゾーロ ドーロに行きました。
f0146587_9271082.jpg
お店は若い女性でいっぱい。ガッツリ系のイタリアンという評判だそうで、大食いな私はとっても楽しみ。まずは再会を祝って生ビールとワインでカンパイ。ワインには珍しく氷が入っていました。ふーーん。
f0146587_928347.jpg
コースによって値段が違いますが、全体的に安め。一番高い2400円のを3人で注文しようと思ったらお店の人が「食べきれないと思います」とのことで、軽めなコースを2つと重いコースを1つ注文。まあお料理が来てみてお姉さんの行っていた意味が分かりました。パンも山盛り(しかも残ったパンは持ち帰り可能)、前菜のテンコ盛り、メインのパスタはとんでもないくらいの大盛りでさすがにお腹がいっぱいになってしまいました。その後ラグー豚までやってきて…ひぃ~(@_@;)いやはや・・・人気の秘密が分かった気がします。最後の珈琲も飲むのが辛いほど。日本にもこんなお店があるのね。
f0146587_9325032.jpg
食事の間お互いのことをたくさん話せてとっても楽しかった!こうしていつも会えなくても季節ごとに会って旧交が温められるのは何よりの癒しです。また来期、できれば桜の季節に会えるといいなあ~♪ありがとう、のささん、おっとりさん。

by beijaflorspbr | 2011-11-22 06:00 | 日本の美味しいもの | Trackback | Comments(4)