ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:リオのカーニバル ( 9 ) タグの人気記事


2017年 03月 02日

リオのカーニバル、優勝はPortela

いつになく一生懸命テレビで観た今年のカーニバル、昨年から少しずつ興味が沸いてきました。何と言ってもその豪華さや、パレード参加者の一生懸命さが伝わってきて、観戦にも熱が入りました。昨日の午後から審査が行われ、今年の優勝はPortelaに決まりました。2位はMocidade、昨年の優勝チームMangueiraは4位に下落と言っても、上位4位までは0,1の僅差ですので、どこが優勝してもおかしくなかった結果、今年はPortelaに勝利の女神が微笑みました。毎年優勝チームには賞金が贈られるそうです。今回重大な事故を起こし多くの怪我人を出してしまった、11位のUnidos da Tijuca、12位のTuiutiは、来年も出場出来るそうです。未だ2名は入院していますが、一日も早い回復を祈りましょう。
f0146587_21583704.png
Portelaと言えば『水』滝のように水が流れていた光景が印象的でした。ワニや魚などにもリアリティーがあり、かなり楽しめました。
f0146587_22014240.png
f0146587_22015343.png
また来年を楽しみにしています。来年は、現地へ飛ぶかもしれません、但し踊りませんけれど…(笑)


by beijaflorspbr | 2017-03-02 22:14 | ニュース | Trackback
2017年 02月 27日

リオデジャネイロのスペシャルチームパレード始まる

カーニバル2017年は、今日・明日の2日間に渡るスペシャルチームのパレードが始まり、佳境を迎えています。コチラでライブ中継をしていますので、お時間のある方はご覧ください。パレード以外の時間でも、ビデオを見ることが出来ます。昨年はこのMarquês de Sapucaíで5時間に渡って見学をしたのでした。しんどかったなあ。。。
f0146587_13025128.png
パレードの幕開けは、今年スペシャルチームに昇格したニューフェイス『PARAÍSO DO TUIUTI』から。原色系の豪華な山車が続きましたが…。
f0146587_13033377.png
この最後の山車をパレードコースに誘導中に、右側前方の角が観客と接触し、フェンスを突き破り、周辺に居た20名が山車と柵に挟まれて大怪我を負ってしまいました。
f0146587_13050310.png
直ぐに緊急車両が入り、会場は一時騒然としました。怪我人の中には、レポーターやカメラマンも含まれていたそうです。現在病院で治療を受けていますが、怪我を負った中の3人は重体だと報じていました。
f0146587_13060109.png
このチームの責任者が「我々は皆を楽しませるためだけに頑張ってきたのに残念だ」とコメントしていました。現在2チーム目の『GRANDE RIO』のパレードが行われています。既に時刻は午前1時過ぎ、年寄りの私はそろそろ休ませていただきます。日本の皆さまお時間がありましたら、世界一と言われるリオのカーニバルの気分だけでも味わってくださいませ。

★いきなりたくさんの怪我人を出してしまった今年のカーニバル、この事件により警備スタッフなどが急にピリピリし、最大手のテレビ局のレポーターも摘まみ出されて取材が難しい状況のようです。


by beijaflorspbr | 2017-02-27 13:15 | ニュース | Trackback
2016年 02月 23日

リオデジャネイロのカーニバルへ⑫Mocidadeのパレード

いよいよカーニバルレポは最後です。ふぅ~(-_-;)午後11時半過ぎから既に4時間以上が経過しています。いよいよスペシャルチームの5番目に登場したのは名門Mocidadeでした。かなりくたびれていて、ほとんど座ったままの観戦でした。Mocidadeは、昨年度12チームの7位でした。残念ながら、今年は10位に落ちてしまいました。
f0146587_22474467.jpg

f0146587_22505647.jpg
f0146587_22530799.jpg
f0146587_22541337.jpg
f0146587_22565553.jpg
f0146587_22584935.jpg

f0146587_22595900.jpg
とても豪華なパレードでしたが、体力が限界に近付いており、家族も「そろそろ帰ろうか・・・」と言ってくれたので、会場を後にしました。お掃除係りの皆さんも、パレード中はお役御免で観戦できるのですね。お疲れさま。
f0146587_23020032.jpg
もう少し若い時に行けば良かったかな、と思った世界一の豪華なリオのカーニバルパレードでした。この目で見て思ったこと、それはやはり一生に一度は観ておいた方が良い、ということ。その年によって、確実に見世物もテーマも違ってくるので、いつ行っても見応えはあると思います。今年は何とジカ熱やデング熱などの心配をよそに、外国人観光客数最高記録を更新したそうです。きっと為替レアル安の影響が、世界からの観光客を呼び戻したのかもしれませんね。やはりすごいな『リオのカーニバル』冥途の土産に観られて良かったです(笑)
f0146587_23211110.jpg
次のビッグイベントは8月のリオオリンピックですね。何だかんだ言っても、期日には間に合わせるだろうけれど、いつもハラハラさせてくれるブラジルのビッグイベント、どうか事故なく大会が行われますように!会場の外には、お土産屋さんやサンドゥイッチ屋さんが設置されています。
f0146587_23231623.jpg
かなり満足して会場を後にしました。
f0146587_23242866.jpg
帰りの車は頼んでいなかったので、流しのタクシーを掴まえて行先を言って乗せてもらいました。相乗りで何とかホテルまで送ってもらってホッとしました。ホテルに着いたのは午前5時半、あー眠たいよぅ。リオはこの時期カーニバル一色になるのですねえ。
f0146587_23281352.jpg
おやすみなさい。。。



by beijaflorspbr | 2016-02-23 23:28 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2016年 02月 22日

リオデジャネイロのカーニバルへ⑪Grande Rioのパレード

リオのカーニバルのレポートをもう少し続けます。スペシャルチームのパレード第一日目の4チーム目は、昨年度第3位だったGrande Rioでした。テーマは、サンパウロ州サントス市へのオマージュ。近くにいた人たちがどうやらGrande Rioの応援団だったようで、旗を配っていました。
f0146587_22121769.jpg
旗をもらって振ってみた、の図(^◇^)案外楽しい~♪
f0146587_22125897.jpg
いよいよ大型山車がどんどん出てきました。サッカーボールが伸びたり縮んだりして、サッカー選手がボールの上をぐるぐる回ります。
f0146587_22134970.jpg
動画にするとこんな感じです。

f0146587_22194098.jpg
サントスは港町なので、コーヒーの出荷地として有名です。もう一つ有名なのは、サッカーの王様ペレやネイマールを生んだサントスFCの本拠地があるところです。サントスは比較的治安も良く、リタイヤした人たちの住みたい街ナンバーワンだそうです。
f0146587_22194964.jpg
f0146587_22212005.jpg
f0146587_22221313.jpg
f0146587_22225687.jpg
かなり疲れましたが、楽しめるパレードでした。Grande Rioの今年の順位は7位と少し落ちてしまいましたが、頑張っていました。もう少し観ていく?ということで、もう1チーム。ガンバレ!!!

by beijaflorspbr | 2016-02-22 22:35 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2016年 02月 19日

リオデジャネイロのカーニバルへ⑩BEIJA-FLOR後半

ずっとリオのカーニバルの記事が続いており、読みにくいかもしれませんが、もう少し続きますのでご了承くださいませ。動画を挟み込むのは今日は時間の都合でできませんし、カメラの性能もあまり良くないので、却って見にくいかと思います、すみません。今回期待大だったBEIJA-FLORの演技も後半戦で佳境に入り、益々の盛り上がりを見せました。何よりもこのチームの豪華さ、色使いの派手さ、素材の拘り方には称賛の言葉すら見つかりません。これぞカルナヴァル、これぞベイジャフロールと行進や歌声から直接訴えてくるものがあり、観客と一体となって大いに盛り上がりました。大型の山車だけでも何台あったか・・・。これを人力で動かしているんですよね。凄い!!
f0146587_20005427.jpg
f0146587_20015230.jpg
f0146587_20023445.jpg
f0146587_20035990.jpg
f0146587_20044769.jpg
最後の山車が漸く目の前を通過した時、言葉にできない脱力感が襲いました。この目で素晴らしいパレードが見られたことに感謝!
f0146587_20055109.jpg
とても楽しみにしていた、BEIJA-FLORによる80分間の熱演があっという間に終わりました。どれほどお金をかけたんだろう?と思うほど豪華なパレードでした。昨年度の優勝チームで本命のBEIJA-FLOR,今年の結果は残念ながら1位のMANGUEIRAに0,5点差で5位に終わってしまいました。残念!!僅差なので、どこをどう直したら良いのかはエスコーラ幹部が良く分かっていることだと思います。名門BEIJA-FLOR,来年は頑張って!!目で耳でたっぷりと楽しませて頂いた同チームの豪華パレードに拍手を贈ります!!既に私の体力はほぼ限界に近付いて来ていましたが、お隣の若い人(家族)はまだまだ元気!はぁ~~(-_-;)座って休もう。。。

by beijaflorspbr | 2016-02-19 20:20 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2016年 02月 18日

リオデジャネイロのカーニバルへ⑨いよいよBEIJA-FLOR登場

リオのカーニバル、スペシャルチーム3チーム目は、この日の本命である「BEIJA-FLOR」が登場しました。私のハンドルNの由来でもあるBEIJA-FLORは、1948年に誕生した歴史あるチームです。ブラジルでBEIJA-FLORと言えば「ハチドリ(ハミングバード)」ですが、ほとんどの人が連想するのが、この名門サンバチームなのかもしれません。2015年度の優勝チームなので、期待度大でヤンヤヤンヤの盛り上がり。私が居たSetorの前方の方々はほとんどがこのチームの大応援団でした。聞くところによると、この席に着いたのが午後5時、門が開いたと同時に席を取っていたそうです。午後11時半過ぎに会場に行った我々が良席を取ることが如何に難しいかが分かりました。
f0146587_22161157.jpg
その前にチームとチームの間にお掃除隊が入り、念入りにお掃除をします。これを観るもの結構楽しい。。。ロンドンオリンピックの閉会式で、このオレンジ色の作業服を着た世界一有名なGari(掃除人の総称)のRenato Sorriso、軽妙かつ見事なサンバのステップを踏んでいたのも記憶に新しいところです。彼はブラジルで一番有名なガリです。
こうなるとお掃除も丸ごとサンバパレードみたい。。。
f0146587_22154781.jpg
動画にすると、こんな感じです。思ったよりも盛り上がっていませんが、熱心にお掃除している様子が見て取れます。


いよいよ花火が上がり、BEIJA-FLORのパレードが始まりました。
f0146587_22282799.jpg
会場がスモークに包まれました。
f0146587_22293925.jpg
今年のEnredo(テーマ曲)がこちら
いきなり金キラキン
f0146587_22322919.jpg
山車のてっぺんにはシンボルでもあるBEIJA-FLORちゃんがクルクル回っています。ステキ!!
f0146587_22333345.jpg


この後に付くAla Baianaもキラキラ光っていました。
f0146587_22344049.jpg
次の山車も金色で華やか
f0146587_22360618.jpg
f0146587_22371163.jpg
f0146587_22374900.jpg
f0146587_22384757.jpg
f0146587_22394039.jpg
掃除スタッフも掃除どころではありません(笑)背中には「ジカ、シッー(あっち行け)」
f0146587_22401750.jpg
豪華なBEIJA-FLORのパレードはまだまだ続きます。。。


by beijaflorspbr | 2016-02-18 22:43 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2016年 02月 17日

リオデジャネイロのカーニバルへ⑧カーニバル見学Uniao da Ilha

咳は続いていますが、珍しく6時間眠れたので快調です。でもこのままではあまりにも苦しいので、意を決してクリニックで診察を受けてきます。その前に…カーニバルの続きをば。
f0146587_19573917.jpg
大型の山車が次々に登場するのですが、カーニバルではモーターの使用禁止なので、全て人力で動かしています。かなりの縁の下の力持ちがいるのでしょう。
f0146587_19422745.jpg
コルコバードのキリスト像が現れた時はもう大受け。。。
f0146587_19442714.jpg
80分間のUniao da Ilhaの熱演が終わろうとしています。前の母娘に何枚も何枚も写真を撮ってあげて、大変喜ばれました。観ている間にもポテトチップスやリンゴやチョコレートなどの差し入れがどんどん配られてまるで遠足状態(笑)
f0146587_19455814.jpg
私も娘も、あっという間に初対面の人と仲良く出来ちゃうのが特技と言わずして何といいましょうか。娘は、英国から来た綺麗なお嬢さんとずっとお話していました。Uniao da Ilhaの熱演が終わって、お掃除隊「ガリ」にもやんやの声援。そして俄かに会場がざわめき出しました。昨年の優勝チームで本命のエスコーラ『BEIJA-FLOR』の登場です!白い旗を振る応援団。待ってました^^
f0146587_19505944.jpg
観客席の上に設けられたレールはテレビカメラ専用レーンです。カメラがこの上を激しく行ったり来たりしていて、モニターに観客が映し出されていました。この他、ヘリによる空撮はもちろん、今年はドローンも大活躍で、かなり低い位置で飛んでいたので、臨場感があったことでしょうねえ。。。明日はBEIJA-FLORをご紹介いたしますね。


by beijaflorspbr | 2016-02-17 19:58 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2016年 02月 16日

リオデジャネイロのカーニバルへ⑦いよいよカーニバル見学

リオから戻って来て以来、体調が悪く毎晩咳が止まらず寝不足が続いています。空調の利いた快適な室内から灼熱の街へ出るという繰り返しで、体が狂ってしまったようです。どこまで書けるかは分かりませんが、今日もリオのカーニバル記事を続けさせて頂きます。読みにくい点はお許しください。
f0146587_22322549.jpg
我々が会場に着いたのは午後11時半過ぎのことでした。既にSetor5には満杯の人たち、どこにも割り込む隙はなさそうですが、親切な親子が「私たちが座る場所だけ残しておいてくれたら居ても良いわよ!」と声を掛けてくださいました。落ち着いたところで、運良くエスコーラ(サンバチーム)のパレードが始まりました。始まるときは必ず花火が上がります。
f0146587_22332835.jpg
2チーム目を飾るのは、Uniao da Ilha,昨年9位だったチームです。私たちに席を譲ってくれた親子が、この地区に住んでいるということで、ノリノリの大声援~♪大きな山車が出始めると更に大盛り上がり。
f0146587_22363729.jpg
f0146587_22375456.jpg
f0146587_22384951.jpg
f0146587_22395429.jpg
f0146587_22405450.jpg
f0146587_22451261.jpg
f0146587_22464582.jpg
動画も撮っては見たものの、冴えないのでプロの撮ったこちらの映像で雰囲気をお愉しみください。Bateria(打楽器隊)がカーニバルパレードの要になるもので、迫力満点!自分のボロiPhoneで撮った動画がこれです。映りが良くないので、小さいまま雰囲気を楽しんでください(笑)

パレードはどんどん佳境に入って行きます。一同総立ち、もちろん私もですが・・・。
f0146587_22531606.jpg
いやもうエンドレスで続く迫力あるパレードに圧倒されっぱなしでした。
f0146587_22542370.jpg
ということでまた明日…。咳が止まりません。。。(*_*;


by beijaflorspbr | 2016-02-16 22:55 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2016年 01月 29日

【地域情報】ブラジルのカーニバルについて学ぶーリオ・デ・ジャネイロのカーニバル

私がブラジルに嫁に来る前から知っていた言葉は『リオのカーニバル』でした。リオがブラジルにあることさえも知らずに「リオ」という言葉を口にしていたような気がします。世界各国から100万人の人々が訪れるまさに世界最大の派手な演出による盛大なサンバパレード、それがリオのカーニバルです。パレードにかけるお金も人数も規模も半端なく、まさに当地リオの方々にとっては「命がけの」パレードになっており、人々の生き甲斐の象徴と言っても過言ではありません。パレードが始まった頃は、主に金満家たちに抑圧された貧困層のお祭りだったものが昇華したのは、昨日書いた通り賞金を懸けた競技に代わってからです。ブラジル人の口癖があります。それは「Depois do Carnaval(カーニバルが終わった後)」この意味は、カーニバルが終わらないと何も始まらないし手に付かないという意味です。私が昔仕事をしていた頃(現在もその仕事は辛うじて続けていますが…)業者に電話をすると、「カーニバルの後にたくさん入荷してくるからもう少し待ってくれる?」というもので、大変戸惑いました。学校もこの「Carnaval」を基準にしています。大学などはカーニバルが終わってから新学期を迎えるのです。如何にブラジルにとって「カーニバル」というのが大切か分かって頂けたかと思います。
f0146587_20582947.jpg
(講演会当日、多美子さんがMangueiraで実際に使った衣装を見せてくださいました)
いよいよ今日は有名なリオのカーニバルに付いて纏めてみたいと思います。

【2016年度リオ・デ・ジャネイロのスペシャルチームのパレードスケジュール表】
細かいタイムテーブルについては、厳格に守られています。もし自分のチームに与えられた時間を越したり足りなかったりすると減点されます。

2月7日(日)

21:00 -ESTACIO DE SA(グループAからスペシャルチームに復活)
22:05-22:22 UNIAO DA ILHA(昨年度第9位)
23:10-23:44 BEIJA-FLOR(昨年度優勝)
00:15-01:06 GRANDE RIO(昨年度第3位)
01:20-02:28 MOCIDADE(昨年度第7位)
02:25-03:50 UNIDOS DA TIJUCA(昨年度第4位)

2月8日(月)

21:00 -VILA ISABEL(昨年度第11位)
22:05-22:22 SALGUEIRO(昨年度第2位)
23:10-23:44 SAO CLEMENTE(昨年度第8位)
00:15-01:06 PORTELA(昨年度第5位)
01:20-02:28 IMPERATRIZ(昨年度第6位)
02:25-03:50 MANGUEIRA(昨年度第10位)

*各サンバチームの2015年の結果についてはコチラをご参照ください。ご覧の通り、順位と言っても小数点単位で決まるため、僅差と言えるでしょう。

【パレードの採点項目】
1Alegorias e Adereços(山車と装飾)
2Bateria(打楽器隊)
3Comissão de Frente(先頭挨拶隊)
4Enredo(テーマ曲)
5Evolução(盛り上がり 進行)
6Fantasias(衣装)
7Harmonia(調和 歌に合っているか ちゃんと歌っているか)
8Mestre-Sala e Porta-Bandeira(チーム旗を守る女性とエスコート役の男性)
9Samba-Enredo(テーマ曲のサンバ)

【パレードの場所】
Sambodromo de Marques de Sapucai
R. Marquês de Sapucaí - Santo Cristo, Rio de Janeiro - RJ, 20220-007
f0146587_22231726.jpg
【サンバやパレードについての色々な知識】ここからは細川多美子さんのお話を纏めてみます。
◎Escola de Sambaというと「学校」とも訳せるが、ことカーニバルに参加するEscolaについては学校ではなく「チーム」である。
◎各チームは毎年テーマを決めて全体の構成を決める。社会風刺や暴力反対など。過去には日本や韓国移民をテーマにしたものもあった。
◎カルナバレスコと呼ばれるカーニバル専門のディレクターが、テーマ、全体の構成、テーマ曲、衣装や配列を決める。
◎サンバは地元文化の要素が入った民族音楽の流れで、欧州のポルカやマズルカにアフロ的な要素を加えてブラジル独特のサンバが生まれた。
◎サンバのリズムは基本的に2拍子。1・2・1・2の2の部分にアクセントをつける。
◎リズムの取り方は、各サンバチームによって多少癖がある。
◎ブラジル各地で、カーニバルを祝う形式は異なる。パレード形式ではなく、市民参加型のカーニバルを行う街も多数ある。
◎サンバ会場のMarques de Sapicayの収容人数は約6万人
◎サンバチームの参加人数は1チーム3,500人~4,000人で、参加者は事前に申し込みをして衣装を買う。衣装代は種類によって多少値段が変わる。
◎参加者はエンサイオという予行練習に参加しなくてはならない。全体練習はQuadraという体育館のような広い場所で行われる。
◎パレードは時間通りに進まないと減点される。入り口から出口までの距離は1キロ。
◎山車はエンジンやモーターを付けたらいけないので、人力で動かす。1チームに付き7~8台の大型の山車が出るので、縁の下の力持ちも多い。
◎Bateria(打楽器隊)は200~400名
◎チーム参加者以外に、Harmoniaというチームをまとめる人々がいて、隊列を時間通りに動かす。この人たちがかなり煩いらしい(笑)
◎パレードに出場する人は、本番前の待機場所には1時間前くらいに着いたらちょうど良い(あまり早く行くと誰もいなくて手持無沙汰)
◎観るのと参加するのでは全然違うので、機会があったら是非パレードに参加して欲しい。あの何とも言えない高揚感は出場者全員の特典!
f0146587_22371396.jpg
【カーニバルの打楽器について】
サンバは以前は主にフルートと弦楽器で演奏されており、打楽器は下品なものと見なされていました。1930年代以降から打楽器が導入されるようになりました。指揮者は3種類の音を出すことが出来るアピート(ホイッスル)で打楽器隊をコントロールします。
f0146587_22513465.jpg
打楽器の種類は、スルド・スネアドラム・ヘピニキ・タンボリンなどがあります。お腹に響くバテリアはパレードの花形なのかもしれません。
f0146587_22570530.jpg
(講演会当日、講師の細川多美子さんのご指導で、会員が実際に演奏をしてみました)
カーニバルは毎年金曜日夜に始まって、翌週の水曜日の午前中までお休みに入ります。今年は2月5日の夜~10日午前中までがカーニバル休暇ということになります。ブラジルにお住まいの皆さま、どうか良いカルナヴァル休暇をお過ごしください。リオのカーニバル中継はコチラのサイトでご覧になれます。中継ですので、上記のパレード時刻を確認してご覧ください。日本とブラジルの時差はマイナス11時間です。この日一生懸命お話を聴かせてくださった細川多美子さん、ありがとうございました。いつも知ったかぶりをしていましたが、こうして実際に毎年参加されている方からの生の体験記は、大変興味深く、また勉強になりました。今年は睡魔を我慢して精一杯観ようと思っています。現地邦字新聞のニッケイ新聞のウェブサイトにもカルナヴァル関連の記事が出ていました。日本から来られたお二人のご健闘をお祈りします。多美子さんもガンバレーーー(*'▽')


by beijaflorspbr | 2016-01-29 22:58 | サンパウロ生活情報 | Trackback