タグ:ブラジルを知る会 ( 125 ) タグの人気記事


2017年 02月 11日

「ブラジルを知る会」第20期生募集の再度お知らせ

f0146587_23511112.jpg
私の所属する女性ばかりの勉強会グループ「ブラジルを知る会」では、記念すべき第20期生の募集を開始いたしました。第一弾としての新会員向け講演会は、昨日開催されましたが、50名超えの大盛況で幕を下ろしました。私も、久々に講演会に参加させて頂き、大変勉強になりました。コーヒーの概要だけではなく、コーヒーの成り立ち、歴史的背景、分類、土壌、生産地、栽培法、物流に至るまで、詳しいお話を2時間ばかり伺ってきました。これまでコーヒーについては何度も個別の講演会や、縦勉強会などに参加し、実際にサントスへの旅行会を兼ねての勉強会にも参加しましたし、日系の東山農場にも見学に行ったこともあります。このような催し物にも、会員になれば通年で参加することが可能です。勉強会、講演会、見学会は「ブラジルを知る会」の3本柱でもあります。ブラジルに住むこと=ブラジルを知り学ぶことにより、より良い知的刺激を得られると思います。「ラテンアメリカの歴史や背景」「ブラジルの歴史」「ブラジルの宗教史」「ブラジルの建造物や見学会」はたまたブラジル人とは!?等々…個人ではなかなか行くことが出来ない場所へも、バスをチャーターして、皆で行くことが出来ます。今回で20期生をお迎えするわけですが、私はカビの生えそうな古参一期生として、この有意義な会をこれからも代表のSさんと共に存続させるよう、努力してまいりたいと思います。学ぶことは苦しいことではなく楽しいことなのだ、ということを教えて頂いたのも、この会に所属したからこそと思っています。もしこの先1年以上ブラジル(サンパウロ)にご滞在の予定がありましたら、是非私たちのグループ「ブラジルを知る会」に入会し、一緒に学び、知識を深めませんか?説明会は2月14日(火)と2月20日(月)にも開催されます。ご興味のある方は、上記ポスター内に記載されている連絡先までご一報くださいますよう、お願いいたします。
学ぶことは楽しいこと、あなたも
私たち「ブラジルを知る会」の仲間になりませんか?


by beijaflorspbr | 2017-02-11 17:31 | ブラジルを知る会 | Trackback
2017年 01月 04日

「ブラジルを知る会」第20期生募集のお知らせ

f0146587_21024642.jpg
私が1997年に、代表のSさんや有志5名と共に立ち上げた「ブラジルを知る会」は2017年に20周年を迎えます。記念すべき第20期新会員をお迎えするにあたり、コーヒー講演会及び、勉強会見学と説明会を企画いたしました。私たちと一緒に、もっとブラジルを知る勉強をしてみませんか?「もう勉強はこりごり・・・」と思われる方も多いかもしれませんが、身近な課題に沿った勉強は、やらされた勉強とは違いかなり興味深いものがあります。「ブラジルを知る会」は、勉強会・見学会・講演会などを通して、あらゆる方面からブラジルを知ろうという会です。ご興味のある方は、ブラジルを知る会までご連絡頂けますよう、お願いいたします。「ブラジルを知る会」入会の条件は①女性であること②ブラジル滞在期間が1年以上あること③日本語の読み書きに支障のないことです。該当される方、ご連絡をお待ちしております。


by beijaflorspbr | 2017-01-04 21:48 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 25日

フェイジョアーダ講習会2016年④いよいよ試食&デザート

まずは盛り方の見本をば、ご飯・フェイジョアーダ・コウヴェ・モーリョ・ファロッファ(マンジョッカ芋を乾燥させた粉)をてんこ盛りにして頂きます~♪
f0146587_10551013.jpg
皆さまにはビールを召し上がって頂いた後、ウォッカベースのレモン入りのお酒「カイピロースカ」をトリオさんが丁寧に作ってくれ、美味しく飲みました。カイピロースカとフェイジョアーダとの相性は抜群です。
f0146587_11080201.jpg
早めに支度が出来たので、食事時間をゆったり確保することができました。皆で和気藹々…あー楽しい。二杯目お替り~♪
f0146587_11102542.jpg
デザートは早朝に丁寧に作っておいたおはぎ。
f0146587_11250351.jpg
メロン・キーウィ・パイナップルなどのフルーツにアイスクリームなど
f0146587_11121025.jpg
不出来ですが、ケーキもありますよ~!
f0146587_11134900.jpg
仕上げが今一つ雑ですが、フワフワで味だけは良いマイケーキ~♪
f0146587_11151099.jpg
最後はお土産用のフェイジョンを皆で公平にビニール袋に分けて全部お持ち帰り頂きました。
f0146587_11163559.jpg
こちらはおはぎとデザートの行列。全部仲良く山分けです!喜んで頂いて良かったぁ!
f0146587_11180238.jpg
とにかく忙しい時間でしたが、後片付けのお皿洗いなどを皆さまにほとんどやって頂いたお蔭で、後片付けがいつもよりもずっと早く終わったのは有難かったです。幸いお天気に恵まれ、気持ちの良い風が一日中家の中を吹き抜けて、何とも言えない心地良い時間を過ごさせて頂きました。治安の関係で、市内ではなかなか一軒家に住むことは難しいので、我が家のような粗末な一軒家でも喜んで頂けたのではないでしょうか。次は、ちゃんとプールを掃除しておきますね(^^)/
f0146587_11203396.jpg
午後2時過ぎには、お子さんの迎えがあるからと、タクシーや迎えの車に分乗してばばーーっと一斉にお帰りになられました。集合から解散まで足掛け5時間ほどでしたが、実に充実した楽しい時間でした。この日、ご参加頂きました「ブラジルを知る会18期・19期」の皆さま、ブラジル生活の想い出になったでしょうか?本当にお疲れさまでした!また、オシャレなマカロンと日本の貴重な和菓子をお土産に頂戴しました。本当にありがとうございました。家族で大切に頂きました。
f0146587_11253372.jpg
この「フェイジョアーダの会」を開催するに当たって、事前の掃除・買い物・料理の下ごしらえなどの準備から最後の布巾・クロスの洗濯やアイロンがけに至るまで、足掛け10日間くらいを要しましたが、二人共達成感から最後は笑顔で乾杯した次第です。トリオさんに「また新しい方が入って来られたら教えてくれるの?」と訊いたら、「もちろん、いつでも喜んで作るよ!」と言ってくれました。この日、ずっと走り回っていた割に、あまり疲れなかったのは何故でしょう?まだまだ若い(つもりの)我々でした!一日中忙しかったので、写真が全体的に雑ですみません!ところどころに会員の方が撮ってくださった写真も挟み込んであります。これで2016年度版、「フェイジョアーダ講習会」のご報告を終わらせて頂きます。また次の機会にお目にかかるのが楽しみでなりません!年明けには、記念すべき第20期生の募集が始まります。力を合わせて頑張ろうね~♪


by beijaflorspbr | 2016-10-25 18:00 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 24日

フェイジョアーダ講習会2016年③デモンストレーションと準備

この日の参加者は15名、午前10時からデモンストレーションをしますよ、と声を掛けたら、皆さん午前9時半には我が家に到着されました。私はというと、漸くギリギリでパジャマを洋服に着替えお化粧をしたところ、トリオさんは台所で走り回っていたので、ほぼ寝間着姿という情けなさ。。。二人とも午前5時過ぎに目覚めているのに、この体たらくで…。何はともあれ、午前10時にはスタートを切ることが出来ました。
f0146587_10331000.jpg
前夜と同じプロセスを繰り返しながら、皆さまにお教えしました。
f0146587_10414589.jpg
フェイジョン・プレットを入れたら、ごく弱火でじっくり2時間煮込むだけです。こちらはお土産用の3つ目の鍋
f0146587_10423589.jpg
上の台所では、コウヴェ・ビステッカ(骨付き豚肉)・モーリョ・油ごはん・ラランジャを用意します。こちらはビステッカの用意
f0146587_10482831.jpg
コウヴェ(ケール)は洗って芯を取り、薄切りにし、油で炒めます。ごはんは、ピラフを作る要領で仕上げます。モーリョは、玉ねぎ・トマト・サウサ(イタリアンパセリ)を刻み、塩・胡椒・酢(またはレモン)・サラダオイル(我が家ではコーンオイル「Mazola」を使用)で和えたもの。オレンジは食べやすいように切り分けます。
f0146587_10494431.jpg
皆で力を合わせて準備したので、正午前に食事の用意が出来てしまいました。いよいよ試食です(^◇^)/
f0146587_10541873.jpg
折角なので(酒飲みの言い訳)ビールもたっぷりご用意しました~♪
f0146587_10542856.jpg
17人で盛大にかんぱ~~~いー☆いよいよフェイジョアーダの試食会です。皆さん慣れないただ広いだけの家で、階段を上がったり下りたりしてお腹が空いてしまったでしょうね。続きます。


by beijaflorspbr | 2016-10-24 18:00 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 23日

フェイジョアーダ講習会2016年②作ってみよう!

さあ、次は実際にフェイジョアーダを作ってみます。
f0146587_22081488.jpg

素人シェフなので、レシピとは微妙に順番が違いますが(笑)ベーコンとニンニクを炒め…
f0146587_22104826.jpg
全体に焼き色が付いて香ばしくなったら、ソーセージ各種を入れて更に炒めます。ここに茹でて塩分を取った豚の足を入れます。
f0146587_22133064.jpg
同じく、塩分をしっかり取り、何度もお湯を変えて茹でた干し肉(カルネセッカ)を入れます。
f0146587_22143773.jpg
この中に、しっかりと膨らんだ黒豆(フェイジョンプレット)を投入し、沸かしておいたお湯を入れます。
f0146587_22165468.jpg
煮詰まって水分を足す場合には、必ず熱いお湯を足してください。
f0146587_22184582.jpg
次にトマトとラランジャ(オレンジ)の絞汁を入れて煮ます。
f0146587_22202074.jpg
更に月桂樹の葉を入れてひたすら煮込みます。煮込み時間はごく弱火で約2時間。
f0146587_22221245.jpg
前夜の準備はここまでです。さあ、いよいよフェイジョアーダ講習会当日です。皆さまに喜んで頂けますように!



by beijaflorspbr | 2016-10-23 18:46 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 22日

フェイジョアーダ講習会2016年①買い物・準備編

所属する「ブラジルを知る会」の第18期・19期生を対象としたフェイジョアーダ講習会を我が家にて行いました。過去に2007年2011年に引き続き3回目の講習会です。講師はトリオさん、丁寧な下ごしらえと脂身のない日本人向けのフェイジョアーダを作らせたらナンバーワンの方。買い物は4日前・前日と分けて一括して我が家で行いました。まずはこちらのお米・Arroz Agulhaから。こちらのスーパーで良いものを買うコツは、一番高いものを買え!に尽きます。
f0146587_21092523.jpg
次は主役のフェイジョン・プレット(ブラジルの黒豆)、これも粒が揃っているものを慎重に選び、3鍋分3キロを購入。Camilというメーカーの豆にしました。
f0146587_21124958.jpg
次はソーセージコーナー、まあ迷うほど色々な種類があって選ぶのも苦労しますが、なるべく脂身のないものを選びました。
f0146587_21144482.jpg
豚の足や尻尾や耳を出汁として使うのですが、癖のないフェイジョアーダを作るために、ほんの少し足を投入することにしました。塩漬けなので塩抜きする必要があります。
f0146587_21161379.jpg
リストに沿って、次はカルネセッカ(牛の干し肉)これも塩漬けです。
f0146587_21180814.jpg
車のトランクはお買い物袋で満杯に…。サンパウロもレジ袋はほとんどが有料になってしまったので、エコバッグが大活躍です。
f0146587_21192717.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------
【フェイジョアーダの準備編】
買ってきたフェイジョン・プレットに混ざり物がないかどうか、丁寧に選別します。3キロ分なので、相当ありましたが小豆と違って随分作業は楽でした。
f0146587_21210050.jpg
綺麗なお豆…。
f0146587_21232364.jpg
良く洗って重曹(Bicarbonato de Sodio)を少し入れて水に浸けます。☆重曹を入れると、豆が煮崩れしないそうです。
f0146587_21255136.jpg
あっという間に水を吸ってしまいましたので、別の容器に移して更にたっぷりの水に浸けます。
f0146587_21264033.jpg
買ってきたソーセージ、ベーコン、アバラ肉などの準備をします。
f0146587_21274715.jpg
手際よく丁寧に材料を準備していきます。
f0146587_21300687.jpg
全ての材料が揃いました。
f0146587_21312897.jpg
いよいよ調理開始、まずは2鍋分作り、1鍋は当日皆さんの目の前でデモンストレーションします。明日に続きます。


by beijaflorspbr | 2016-10-22 21:33 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 18日

ブラジルを知る会下期総会

私が1997年から所属する「ブラジルを知る会」の下期総会が、マツバラホテルで行われました。前回の上期総会は、たまたま一時帰国を早めたため欠席したので、久しぶりの参加です。この日は珍しく降った雨の中、この前に不動産手続きに必要な書類をセントロの公証役場に取りに行ったので、間に合うかどうか少し焦ってしまいました。少し小走りにホテルに駆け付けると、ロビーには懐かしい皆さんが既にお待ちでした。
f0146587_09204181.jpg
中2階から上がって奥へ行ったところに広めの個室(会議室)があり、そこを借りていました。午前11時半から会議が始まりました。各係からの勉強会の進捗状況、各係の活動報告や自身の担当である会計報告など、全て順調に進みました。年明けには、第20期会員の募集を始める旨、新人係から報告がありました。終始和気藹々のうちに会議は無事終了。
f0146587_09301245.jpg
会議後、ビュッフェ式のランチを摂りながら親睦会が続きました。
f0146587_09344106.jpg
美味しそうなものがずら~~っと並んでいますが、やっぱりメインはコチラ…。
f0146587_09383937.jpg
野菜天ぷら&鶏の串揚げ
f0146587_09380832.jpg
揚げ物系が多い!?
f0146587_09381625.jpg
いや、中華系かな?なんて皆でワイワイ。。。
f0146587_09382260.jpg
デザートはプリン、ブラジルのプリンは練乳入りで甘いのですが、食べ慣れるとこれもまた良し!
f0146587_09390045.jpg
小さめのお皿にぎゅうぎゅう詰めにして入れてきました。要領の良い方は、少しずつ何皿かに分けて取っていました。な~るほど!
f0146587_09392315.jpg
お腹いっぱい頂き、総会は無事終了しました。まだまだ雨の降る中、早めに帰宅しました。期を超えた交流が出来る半期に一度の顔合わせでもある総会は、ブラジルを知る会にとっては大切な行事でもあります。総会係をされた18期の皆さま、参加された会員の皆さま、お疲れさまでした。来年はいよいよ20周年ですね。何か大きなことをしたいよね~(願望)


by beijaflorspbr | 2016-10-18 19:13 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 09月 29日

久しぶりに頭を使った日々…

かなり久々にレポートをまとめる作業をしました。字は見えないは、タイピングは間違うは、肩がこるはで苦戦しましたが、終わりというものは来るものですね。あちこちを端折って(笑)何とか形に出来た時はホッと一息。この達成感が味わいたくて長年勉強会グループに所属してきたのかもしれません。ただ楽をしていても済むのに、遊んでいても時間は過ぎるのに、寝ていた方が楽なのに、楽しいことばかりしていても人生を送ることが出来るのに、時々立ち止まったように、こうして教材と睨めっこする時間もまた新鮮なものに感じました。女性ばかりの勉強会グループ「ブラジルを知る会」も来年で20周年、これまでたくさんのメンバーがこの場でふと立ち止まって「もっとブラジルを知ろうよ」「ブラジルを学ぼうよ」と集まってくださいました。例えそれが形にならなくても、成果があがらなくても、この時間この場にいたことが良い想い出になったらいいなあ~と思いながら後輩の方々と良い時間を共有させて頂きました。
f0146587_20404404.jpg
『移民』と一言でいっても色々なパターンがあり、なかなか簡単には言い表せません。それぞれの家族にはドラマよりもシリアスな真実があったのでしょうし、良い想い出のなかった方もおられたかもしれません。絶望感から見事に建ち上がった移民の方々の強い意志は、現代に生きる我々をも勇気づけてくれるものです。過去を振り返り現代に感謝する…これがどれほど大切なことなのか、ということを学ばせて頂きました。
f0146587_20425845.jpg
上品なお菓子&美味しいコーヒーをありがとうございました。良い一日に感謝!!


by beijaflorspbr | 2016-09-29 21:01 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 09月 20日

南 研子さんの講演会2016年①学びの場はアマゾン

このブログではお馴染みのNGO熱帯雨林保護団体代表の南研子さんが今年もアマゾンのインディオ村を訪問されました。何と、今回で30回目の訪問だそうです。いつもアマゾンのエネルギーが満ち溢れているうちに研子さんにお目にかかることが出来るのを心待ちにしている私たちです。今年もポジティブエネルギー炸裂の研子さんにお会いできました。嬉しくてまずはハグをしてエネルギーをたっぷりともらいます!
f0146587_21341607.jpg
「ブラジルを知る会」会員限定の講演会の会場を快く提供してくださったのは「レストラン梵」のオーナーのS女史。Sさんは「ブラジルを知る会」の代表を務めています。Sさん他数名で立ち上げた同会は、来年で20周年を迎えます。19年間、知らないことをいろいろ学ぶことが出来たのも、この会に所属したからこそのこと。いつも活動している訳ではないものの、年に何回かの勉強会や見学会を楽しみにしています。年齢を超えた若い方々との交流もあるので、有意義な情報交換ができて勉強になります。
f0146587_21421023.jpg
研子さんのお話は、人間が人間らしく生きるための知恵をたくさん持ち合わせたインディオの生活ぶりや、自然の脅威、森を守らなくてはならないこと、文明社会の問題点、食生活の工夫、物質重視社会への警告、普段の心がけ等々、盛りだくさんでした。昨年に続き今年も箇条書きにしてみます。
◎人生は人との出会いで成り立っている、一期一会を大切に、自分の直感を信じること
◎素直に生きるーアマゾンのインディオは自然からエネルギーをたくさん頂きながら暮らしている
◎人間はしんどい時しか学ぶことが出来ない
◎人間は一人で生まれ一人で死んでいく、そして裸で生まれ、死ぬ時は何も持って行くことは出来ない
◎物質には限界があることを知ろう
◎悪いことを考えると負のエネルギーしか出ない
◎今をどう生きるか、納得して生きるのはどうすば良いのかを考える
◎もし病気に罹ったら、良いチャンスをもらったと捉えよう
◎人間は自然界の一部にしか過ぎない
◎自分(研子氏)が学び育ててくれたのがアマゾンだった。
 ※1989年に初めてアマゾンの長老ラオーニ氏と出会い握手をした瞬間にアマゾンの風を感じ、景色が鮮明に見えた時、縁と運命を感じた
◎気温50℃という常識を超えた環境でも、インディオは淡々と暮らしている
◎片手は自分の幸せを、もう片方の手は人のために残そう
◎将来の自分の姿を具体的にイメージし、困難なことに当たっても最後まで諦めないこと
f0146587_22024077.jpg
研子さんと一緒に昨年に引き続きアマゾンに入られたジャーナリストの下郷さとみさんから、現在NGOレインフォレストジャパンがインディオで支援活動をしている養蜂や消防団、学校の説明がありました。年々設備も充実し、収穫量も少しずつ増えているそうです。インディオの人たちが、自立して何か社会のために役立つ活動をするには、まだまだこうした支援が必要だということでした。約1時間半のお話は大変勉強になりました。研子さんの過去を振り返らず、将来自分がどんな生き方をしているか、具体的にイメージすることの大切さを教えて頂き、目から鱗でした。いつもエネルギッシュで若々しい研子さんを見習って、私も目的意識を持って生きたいとしみじみ思いました。いつも研子さんのお話を伺った後は、私自身もエネルギーに満ち溢れたような気がするから不思議。ま、気のせいとは思いますが…(笑)お話の後は、会員による一品持ち寄り懇親会~♪楽しみです!!続きます。


by beijaflorspbr | 2016-09-20 22:12 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 01月 31日

Matsubara Hotelでランチ

サンバ講演会を終えた後は、講師の細川多美子さんを囲んで有志が集まり、ささやかなランチ会をしました。会場はParaiso地区にあるマツバラホテル内のレストラン
f0146587_22342884.jpg
吹き抜けの開放的なホテルです。その2階に皆で座りました。この日は特別な猛暑日だったので、冷房が効いていて涼しかったのは有難い。
f0146587_22442244.jpg
たくさんあるアラカルトメニューの中から、和牛ハンバーグの鉄板焼き定食をお願いしました。ジュージュー良い音を立てて運ばれてきました。このお店のハンバーグは、お肉を粗挽きにしてあり、食感が大変よくて期待以上に美味しく頂くことができました。山盛りの野菜も添えられているので、バランスもなかなかのものでした。今度真似して作ってみようと思いました。
f0146587_22325814.jpg
〆はエスプレッソ。カーニバルの裏話や飛行機や旅の話にまで広がり、とても楽しい時間を過ごすことができました。お話を窺っているうちに、また飛行機に乗ってどこかへ旅したくなってきました。
f0146587_22334201.jpg
講演会の後はこうしたランチ会を有志で行うことが多いのですが、いつも参加して良かったと思えます。「ブラジルを知る会」は、ただ勉強ばかりして堅い話ばかりしているわけではなく、こうして講師や期を超えた会員同士の交流も盛んに行われています。時には旅行会を企画して、サンパウロを飛び出すこともあります。ブラジル・サンパウロという限られた地区に、縁あって同じ時期に集まった我々ですので、これからもこのご縁を大切にしていきたいと思っています。久しぶりのイベントはまた新鮮で楽しい時間でした。講師の細川多美子さん、新人広報担当の皆さま、ありがとうございました。

by beijaflorspbr | 2016-01-31 22:57 | サンパウロのレストラン | Trackback