ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ブラジルのパスポート ( 3 ) タグの人気記事


2017年 06月 10日

2週間でブラジルのパスポートが届く

日本とブラジルの二重国籍を持っている娘のために、ブラジルのパスポートを在名古屋ブラジル総領事館に送ったことは既に書きました。苦闘3時間で漸く提出書類が印字出来た時は思わずバンザイしました。全ての書類を揃えて宅急便で名古屋のブラジル総領事に送付後、ぴったり2週間で無事自宅に新しいピカピカのパスポートが届きました。今度のパスポートは有効期限が10年ですので、当分書類提出で苦労しなくても済みそうです。ホッー!
f0146587_21242801.jpg
パスポートに関する注意書きも全てポルトガル語ですので、相当語学力がないと読解できないかもしれません。これがないと里帰りも出来ない半分ブラジル人な彼女、とても喜んでいました。次に大阪ーサンパウロの航空券を探し始めたものの、第一候補のJAL-AAを利用したKIX-LAX-GRU(関西ーロスアンゼルスーサンパウロ)は、夏休み真っ最中と言うこともあり、エコノミーの一番安い料金でもU$2,512.00+TAXU$245.02=U$2,757.02(約30万5千円)であえなく断念(-_-;)いくらなんでも高過ぎます。他のエアラインもかなり高めの価格設定でした。マイレージを使うには12万マイルが必要ということと、私の直筆サインがないとマイル引き落とし出来ないと言われました。私の保持しているマイルは、12万マイルまでにちょっとだけ足りない11万8千マイル。予約したい便にはフリーチケットはない、と言われてしまったらもう手も足も出ません。でも知らなかったことを教えて頂いたので、次はうまくいくような気がしています。こうして家族にばかりマイルをプレゼントしていると、一生ビジネスクラスには乗れないのか・・・とちょっと脱力。まあもう少し様子を見て、他の航空会社の比較的安いチケットが確保できるよう、動いてみましょうか。娘にとって3年ぶりの里帰りが実現出来ますように!!
f0146587_21243277.jpg
私の大好きな日本航空は遠くなりにけり・・・
f0146587_21444436.jpg


by beijaflorspbr | 2017-06-10 21:45 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 24日

苦労したブラジルのパスポート申請

以前記事にもしたブラジル人のパスポート申請をしなくてはいけなくなり、家族と共に夕方からPCの前で頑張りました。何故ならば、今回は在名古屋ブラジル総領事館に出向かず、デジタル申請をしてみようと思ったからです。約3週間でパスポートが手元に届くというので、少し大変でも自力でやってみようと思ったのですが…。

まずブラジルのパスポート申請に必要な書類は以下の通りです。
1、https://formulario-mre.serpro.gov.br/にアクセスし、フォルムラーリォ(申請書)に該当項目をオンラインで記入します。ここで家のPCのノートンくんがストライキを起こしてなかなか前に行かしてくれず、苦労しました。セキュリティーを外して何とかアクセスしたところ、かなり質問事項が細かく、一字一句を正確に書かないと前に進めないシステムです。必要事項を全て記入すると、受理番号の記載されたプロトコーロ(受理済用紙)が出てきます。
f0146587_21512362.jpg
・申請用紙(自筆のサインが必要)
・5×7の写真館で撮った背景白の写真1枚(インスタントで撮ったものは不可)
・手元にある旅券の原本
・結婚をしたことがない場合は出生証明書(原本とコピー)
・既婚者はブラジルの婚姻証明書(原本とコピー)
・ブラジルの公的機関で取った身分証明書(RG)
・18歳以上45歳以下の男性は兵役証明書
・選挙カード及び投票証明書(ブラジルでの選挙は義務のため)
・在留カード及び住所を証明する書類
・パスポート申請の手数料支払は、指定のブラジル銀行口座へ郵便振替で行うよう指示されています。

【実際にトライしてみて…】
何故かデジタル申請に要した時間は何と3時間強、退院して僅かの私にはかなりきつい作業でした。旅券の有効期限については、18歳以上は日本と同じく10年になった分、パスポート申請代が15,600円とぐっと跳ね上がりました。一番難しかったのが、写真をスキャンして縮小し、アップロードする作業。それ以上に難関だったのが、署名のアップロードでした。サイズを大きくしたり小さくしたり四苦八苦して、漸くOKが出ました。PCに慣れていない方にはかなりハードルが高い作業ではないか、と思います。私の様に高齢者ながらも、長い間ブログをやってるせいで、画像の縮小や拡大には慣れているものにとっても、かなり難しい作業でした。久しぶりにどっぷりポルトガル語に接し、かなりくたびれてしまいました。病院に入院中は、ジョン・ジルベルトのボサノバなんぞを延々聴き、甘い声に酔いしれていたのですが、実際に使用するポルトガル語は、かなり私にとって負担になりました。明日は少し休めるかしら?今日で手術を受けてちょうど1週間が経ちました。まだお腹が痛いし、一番の難関である〇痢が始まり、苦しい日々が続いています。少しずつゆっくりと前に進みます!
f0146587_22233567.jpg
今日は遠く離れた娘のエルのお誕生日、ちょうど1年前にパウリスタ大通りに新診療所を移した記念日でもあります。ステキなお花でも贈ってあげたいけれど、何も出来なくて本当にごめんなさい。与えられた立場で輝いてください。お仕事お勉強共にがんばって!「歯科医は勉強の手を休めたらおしまいなのよ」とキラキラ光った目で語っていたエル、親でもそんなあなたを尊敬し誇りに思っていますよ。


by beijaflorspbr | 2017-05-24 22:29 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 24日

【地域情報】 ブラジル・日本重国籍者のパスポート申請について

またまた地域情報です。父親または母親がブラジル国籍の場合や、いずれも日本人がブラジルで出生した場合は自動的にブラジル国籍が与えられます。また両親のいずれかが日本国籍者の場合にも在伯日本総領事館に届け出をすれば日本国籍を取得できます。この場合,22歳に達するまでに(20歳に達した後に重国籍になった場合は,重国籍になった時から2年以内に),どちらかの国籍を選択する必要があります。我が家の子どもたちも父親がブラジル国籍(話せば長くなりますが、夫の出生当時、戦争で日伯間の外交は断絶していたため、親が日本人でも出生届すら出せない状況でした)母親である私は日本国籍なので、両方の国籍を所持しています。日本の国籍は選択制なので、迷わず日本国籍を選びました。その場合ブラジル国籍はどうなるか?といいますと、ブラジルの法律は「一旦ブラジル人になったのであれば一生あなたはブラジル人です」なので、国籍離脱の必要がないので重国籍ということになります。但し、ブラジルの戸籍上の名前は夫の苗字、日本の戸籍は私の苗字と少しややこしいです。従って、パスポートも日伯1冊ずつ取らなくてはいけません。彼是ブラジルを出て4年経つパトとボン、もちろん彼らのパスポートは期限切れとなってしまいました。そこで最近在名古屋ブラジル総領事館でパスポート取得の手続きを始めました。ブラジルでは、Webで申し込みをしてから「Agendamento」といって申し込み用紙を提出する日を予約しなくてはなりません。その予約を取るのが一苦労。その点、在日ブラジル領事館は、所定の様式に記入し、それを送信すると次のような用紙が表示されプリントアウトをします。
f0146587_16101832.jpg
この書類に5×7の写真を貼り、一番下に本人のサインをし、所定の銀行に手数料を振込みます。提出方法は①郵便で送付(3年有効旅券発行))②直接総領事館へ提出(5年有効旅券発行)の二種類です。尚、Formulario(申請書)を書く時に、RG=身分証明書(Registro Geral)の番号、CPF=納税証明書番号、Titulo Eleitoral(選挙証明書)。男性の場合はCertificado de Dispensa de Incorporacao=兵役証明書の番号が必要です。重国籍者の場合は、日本のパスポート番号や現住所などの情報も記入しなくてはなりません。未成年の場合はまた違う手続きが必要です。全ての必要書類はトリオさんがきちんと整理して保管してくれていたので、申請もスムースに進みました。来月、名古屋の総領事館に行ってきます。空いていればその場で5年有効のブラジルのパスポートが交付されるはずです。ついでに名古屋観光をしてこよう~っと。

by beijaflorspbr | 2011-10-24 16:27 | サンパウロ生活情報 | Trackback