ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:パリ ( 26 ) タグの人気記事


2017年 04月 21日

おおシャンゼリゼ~

【パリ=共同】パリ中心部のシャンゼリゼ通りで20日夜(日本時間21日未明)、何者かが自動小銃で警察官を襲撃、2人が死傷した。警察は襲撃犯を射殺した。襲撃犯の動機や背景は不明。地元メディアによると、警察は共犯がいる可能性もあるとみて、付近を捜索している。 
f0146587_21253792.jpg
パリは見どころが多く、この真っ直ぐ凱旋門へと続くシャンゼリゼ大通りは、パリっ子の誇りと言っても過言ではありません。そんな大切な場所でテロ事件が起こってしまったと聞いた時は、衝撃を受けました。
f0146587_21254413.jpg
歩きやすいゆったりした遊歩道には、地元の方々だけではなく、多くの観光客も犇めいています。その顔を見ると、皆とっても楽しそうに歩いておられ、こちらまで幸せな気持ちになったものです。私もシャンゼリゼは大好きな通り、特に用事がなくてもお散歩に行ったこともありました。兄がパリに居る時は、良く遊びに行かせてもらったこともあり、今でもパリに行きたいという気持ちは強くあるものの、言葉の問題やこういったテロの脅威から、次第に足が遠のいていくのは残念で仕方がありません。いつかテロも絶滅し、心穏やかに美しいパリの街を歩くことが出来る日がくることを心から願っています。

ついでに言えば、もう一か所行きたい地はドイツの保養地バーデンバーデンです。
f0146587_21323220.jpg
昔の想い出が忘れられないなんて、私も年を取ったものです。。。(笑)そろそろ欧州に行きたいなあ~♪夢があると言うのは良いことなのかもしれません。
f0146587_21365793.jpg
(バーデンバーデンのカラカラテルメ、再訪したい地ナンバーワン)


by beijaflorspbr | 2017-04-21 21:37 | 美しいもの | Trackback
2011年 01月 20日

パリ・シャルルドゴール空港にて

パリにはサンパウロで何人か乗り遅れそうになった人がいたにも関わらず(笑)ほぼ定刻に到着しました。時間は午後2時過ぎ。強い日差しが照りつけています。飛行機を降りてすぐのところで、いつものようにパスポートチェックが行われます。
f0146587_1881869.jpg

Rioから到着したTAMの飛行機が滑走路上に。毎日1便、サンパウロとリオをそれぞれ往復しています。
f0146587_1895075.jpg

長い動く歩道に乗って出口に向かいます。
f0146587_1810364.jpg

長い長いエスカレーター
f0146587_1811088.jpg

パリ市内に行く時間はとても取れないので、ギャラリー・ラファイエットもお預け…(--〆)
f0146587_18114814.jpg

さらに大好きな透明チューブを通ります。
f0146587_18123469.jpg

入国は3階に当たるところですので、第一ターミナルの一番上。
f0146587_18133734.jpg

パスポートコントロールは、2列。欧州パスポートの人、それ以外の人に分かれます。当然「それ以外の人」の行列が長くて大声で文句を言っている人がいました。その人は中東の人で、係官を相手に本気で怒っていました。こんな人は入国させてもらえるのかな?でも無事に通過して、難なく外に出ました。旅行社の名前を掲げている人、個人の名前を書いた紙を掲げている人、出てくる人をじろーーーっと見る独特の雰囲気。早速兄夫婦を目で探しますがいません(;一_一)退屈なのでそこら辺をウロウロして写真を撮っていたところ、ふと横を見ると疲れた顔のお二人さんが座っていました。。。3カ月ぶりの再会。変わるわけないね!
f0146587_18162017.jpg

日曜日の午後に呼びだされたんだもの、そりゃ疲れるわな。ごめんごめん。「あれ?もう着いたの?気付かなかったわ」いいのいいの、さお茶でもしようか?と地下(1階)へ。まだクリスマスモードなのね。
f0146587_1821598.jpg

お腹も空いてないので、カフェオーレを頂きましょう。ホッとしました。
f0146587_18224795.jpg

住宅にも色々な問題があって年末年始から大変だったと聞き、海外生活も楽じゃないなあ~と思いました。我が家も色々ありますものねえ。しばらくして紅茶にチェンジ。普通のカフェなのに、さすがにマリアージュのお茶です。
f0146587_18314262.jpg

ふーさんとその辺の店を一回りして、ちょっとしたお土産用のお菓子を買いました。
f0146587_1833177.jpg

その後も11月の帰国時の話を聞いたり、家族の近況を聞いたりしているとこのままずっと話していたい気もしましたが、風邪を引いているふ~さんがしんどそうだったので、そろそろ帰ってもらうことにしました。帰る途中に一緒にANAのカウンターへ。あのぺランぺランの搭乗券をしっかりしたものに変えてもらうためです。ついでに荷物も成田か伊丹かを聞くためでした。荷物は成田でピックアップし、国内線に載せるとのことでした。
f0146587_19225382.jpg

ここで兄たちとバイバイ(T_T)/~~~あと2時間、一人でのんびりすることにします。そうだ、パリの空気を吸いに行こう、と外へ。工事中であちこちが閉鎖中でぐるっと回れません。夕陽が差している方向を眺めるだけでしたが、満足満足!
f0146587_18385723.jpg

円形ターミナルなので、外周内周をぐるぐる・・・結構長い列ができている航空会社のカウンターもありました。
f0146587_18403620.jpg

このシャルルドゴール空港は、たくさんのターミナルがあり、それぞれがとっても広いのです。サンパウロとは大違い。あちらは手狭このうえない飛行場です。透明チューブの仕組みを眺めてみたり…
f0146587_1842593.jpg

たくさんあるカフェも見つめるだけ。だってお腹がチャポンチャポンだったのですもの。
f0146587_18425921.jpg

一番下にもう一度言って、着替えとお手洗いを済ませ、こんな照明を見つめながら荷物の詰め替えをして搭乗の準備をします。
f0146587_18441519.jpg

退屈するかな?と心配しましたが、お陰さまで搭乗時間まではあっという間。
f0146587_18453017.jpg

また透明チューブへ。
f0146587_18463994.jpg

これ下がぷかぷかしていて立っていると不安定になるのです。
f0146587_1847127.jpg

ずっと乗っていたいけれどもうおしまい。残念(+_+)
f0146587_18474444.jpg

パスポートコントロールを通ります。
f0146587_18482572.jpg

入国と出国を1日で。でもスタンプは押してくださいました。あれ?入国した日は16日なのに17日になっている。。。
f0146587_19235470.jpg

もう1回エスカレーターに乗ったら出口(Sortie)なのでダメですよん。私は以前失敗してもう一度入国しなおしたことがあります(恥)
f0146587_185028100.jpg

パスポートコントロールを抜けたら免税店がずらーーっと。チーズとマリアージュのお茶を買いました。お茶は13ユーロと市内に比べても随分安かったです!
f0146587_18514787.jpg

出発便の掲示板
f0146587_1855579.jpg

さあ、出発ゲートへ向かいましょう。
f0146587_18555150.jpg

来た道を帰ることになるのですね。
f0146587_1859184.jpg

随分長い動く歩道ですが、やっと到着。でももっと乗っていたい。
f0146587_1903960.jpg

10月にパリからサンパウロに帰った時、お隣から出発するANA機を見つめながら「ああこの飛行機に乗ったら日本に帰れる」と言う思いが今度は逆に。「この飛行機でブラジルに戻りたいな」と。日本とブラジル、究極の位置にある2つの国行きの飛行機が同じターミナルなんて本当に皮肉です。Portuguesが聞きたくて、思わず近づいてしまいました。。。Rio行きなので発音が完全にカリオカ発音でした。
f0146587_1941278.jpg

でも私の乗るのはこちら!
f0146587_1973652.jpg

ANAに乗るのは初めてではありません。昔国内線はすべてANAだったといっても過言ではありません。その後、国際線にシフトすると同時にJAL一辺倒になりました。初ANA国際線、もうこの時点で私の期待はどんどん膨らんでいきました。待望のANA国際線搭乗記は明日に続きます。

by beijaflorspbr | 2011-01-20 19:12 | 飛行機 | Trackback | Comments(6)
2011年 01月 16日

パリ旅行記・・・18(やっと終わり)

長々と引っ張ったパリ旅行記も3カ月かけて少しずつアップしてきましたが、今日でおしまいです。まさかたった8日間のパリ旅の記録がこんなに長くなろうとは!(@_@;)特に贅沢なフランス料理を頂いたわけでも名所旧跡を巡ったわけでもありませんでしたが、自然にパリの空気に触れていることこそが楽しくて心地良かった日々でした。さて、お~シャンゼリゼ~♪のお散歩の続きです。
f0146587_2184367.jpg

急に凱旋門の真下に行きたくなってしまいました。
f0146587_2192112.jpg

地下道を潜ります。途中長蛇の列だったのは何でしょう?前回行った時はエレベーターが壊れていて、階段を上りました。これも有料だったのはビックリ!今回は時間がなく上に登るのは諦めました。
f0146587_2204633.jpg

デカいフランス国旗
f0146587_2211021.jpg

ジヴェルニーに行く途中に、ガイドさんがこの場所にナポレオンが一晩だけ安置されたのですよ、と仰ったのが印象的でした。
f0146587_2221833.jpg

今回の旅では中国人の多さに驚きました。彼らはほとんど皆若くて、明るく行動的です。写真の撮り方も大胆かつダイナミック。寝そべって頭を道路側に付き出したまま夢中になって記念撮影をする姿にはもう呆れてしまって…。危ないじゃん~(--〆)
f0146587_2245639.jpg

観光バスも車も遠慮なく間横を通っていきます。何しろすぐ脇が道路なんですもの。。。
f0146587_226433.jpg

やはりここも観光名所、観光気分をたっぷり味わうことができました。
f0146587_228754.jpg

私のような観光客がた~くさん。
f0146587_2285515.jpg

地下からもう一度シャンゼリゼ通りに戻ります。
f0146587_2292942.jpg

午後になると人がぐっと増えます。
f0146587_2295645.jpg

あれれ?なにやらすごい人がき。野次馬がたくさん。
f0146587_230343.jpg

もっと見ていたい気持ちもありましたが、ブラジルに帰んなくっちゃあ~最寄りのメトロに乗りましょう。
f0146587_2314190.jpg

メトロの乗り方にもすっかり慣れました。
f0146587_2323942.jpg

パレロワイヤルで乗り換え~♪
f0146587_2339100.jpg

そう言えばルーヴルも長いこと行っていませんねえ。。。前だけでも通って写真を撮ってくればよかった。後悔先に立たず。
f0146587_23496.jpg

最近パリのメトロもドイツのように、次の電車がくるまでの時間が表示されるようになり分かりやすくなりました。
f0146587_2345132.jpg

10月の下旬の晴天の日、最後にひとりでお散歩できたのも良い思い出です。足腰が丈夫なうちに世界中を歩いてみたいな~などと思ったパリの日々でした。長く引っ張ってきて読みにくくてすみませんでした。これで2010年10月19日ー27日のパリ旅行記を終わります。
f0146587_2391899.jpg

兄の家に帰り、既に纏めてあったトランクに鍵を掛け、余裕でCDG空港に向かうことができました。色々お世話になった兄とふーさんに心から感謝し、旅行記を終わらせて頂きます。

by beijaflorspbr | 2011-01-16 02:41 | パリの街角から | Trackback
2011年 01月 12日

パリ旅行記・・・17(サントノーレ通りを散歩)

サンパウロをウロウロしていてもパリのことは忘れていませんよん!前回の続きですもう少しだけ写真が残っていますので、今週中に終わらせます。午前中Givernyの半日ツァーに参加し、兄たちと合流して美味しくてボリュームのある中華料理を楽しんだ後は一人でお散歩を楽しみました。ふーさんに「真っ直ぐ行ってちょっと曲がるとメトロの駅があるからね」と言われ歩いた歩いた…。
f0146587_11123022.jpg

ドルガバ(笑)←ふーさんがこう言うの。
f0146587_11132429.jpg

私が大好きなバッグ屋さんのラ・バガジェリー、でも今回はパス(--〆)
f0146587_1114742.jpg

いつの間にやらエルメス本店
f0146587_11143549.jpg

ミニケリーも高いんですわ、これが。。。
f0146587_1115033.jpg

「ふぅ~」だの「は~」だのため息をつきながら歩きます。
f0146587_11154485.jpg

Jun Ashidaも随分良い場所にお店を構えているのねえ。
f0146587_11162470.jpg

ずっと賑やかな商店が続いていたのに、いきなり左側がこんな風に閉鎖的に…。
f0146587_11171599.jpg

たくさんの警官が立っていて、近づく車に検問をしています。はい、ここがサルコジさんのお住まい、エリゼ宮です。何だか街の真ん中に建っている大統領府も珍しい。
f0146587_11183496.jpg

そこいらに立っている警察の若いおにーちゃんやらおねーちゃんに「メトロはどこ?」と聞くと、皆違う答えが返ってきます。仕方がないのでそのまま歩いちゃいました。ほー疲れるワン。
f0146587_1120475.jpg

後でふーさんに報告しようと道路の看板を写真に収めて・・・。
f0146587_11203917.jpg

暖かくて本当に良いお散歩日和です。でも・・・でも・・・お手洗いに行きたくなっちゃった。
f0146587_11213380.jpg

お昼ビール&ワイン飲んじゃったもんね。その後トイレに行けば良かった。後悔先に立たず!
f0146587_11222686.jpg

あれれ?こりゃもうシャンゼリゼでは?
f0146587_1123524.jpg

おお、見覚えのあるお花たち。。。
f0146587_1123409.jpg

ピンポーン!見事にシャンゼリゼにやってきました~♪
f0146587_11242960.jpg

お~シャンゼリゼ~~♪歌っている場合じゃない。トイレ探さなきゃ・・・。カフェ?それとも?
f0146587_11252437.jpg

困っていた時に救世主が。シャンゼリゼ通りのある小さなショッピングセンターにPointWC=「公衆トイレ」の文字が。2ユーロでしたが、無事清潔なトイレを見つけることができました。ほっ^^
f0146587_11265017.jpg

安心した途端にもっともっとお散歩が楽しくなりました。凱旋門に向かって歩きます。
f0146587_11273882.jpg

ディズニーショップ、シャンゼリゼ店
f0146587_11281549.jpg

Virginは息子のボンと一緒に良く行ったなあ~何時間もこの店から出なくて困ったっけ。
f0146587_11292954.jpg

家族との思い出いっぱいのシャンゼリゼの一人歩きも楽しいものです。
f0146587_11305485.jpg

有料トイレがなければカフェに寄ろうと思ったけれど…。一人で入るのも結構勇気が要りますよね。
f0146587_11315523.jpg

観光用のオープンバス。
f0146587_1132324.jpg

道を渡って。。。
f0146587_1133163.jpg

ラデュレ前を通ります
f0146587_11334325.jpg

フーケッツも良い感じ!
f0146587_11342827.jpg

そういえば。。。娘に頼まれたバッグ、今日はあるかな?ルイヴィトン本店に入ります。これで3回目のご来店(@_@;)
f0146587_11351393.jpg

一番奥にいた暇そうなおにーちゃんをつかまえて「バッグ欲しいの。カタログ見せて!」と言うと「OK,OK」と私の腕を取ってバッグ売り場に連れていきます。結局は無かったんですけど…。(--〆)
f0146587_11364873.jpg

彼女の欲しいモデルは今一番人気がある型のようで、いつ入るかもいくつ入るかも分からないとのことでした。残念!世界中からバッグを求めて来る客は引きも切らないそうです。「残念だったねえ、また来てね!」とおにーちゃんに笑顔で送り出されました。
f0146587_11375663.jpg

歩いて歩いて約1時間以上・・・ふぅ~(@_@;)やっと凱旋門までやってきました。
f0146587_11384773.jpg

せっかくなので近くまで行ってみましょう!続きます。。。

by beijaflorspbr | 2011-01-12 11:39 | パリの街角から | Trackback
2010年 12月 18日

パリ旅行記・・・12(バトー・ムーシュ)

兄の家でしばしグダグダしていましたが、意を決して出かけることにしました。ふーさんにメトロの乗り方、乗り継ぎの仕方を丁寧に教えてもらい、自信を持って出発しました。メトロには何度も一人で乗っているものの、4年も経つと感覚が鈍ってきます。教えられた通りに乗り換えて無事Arma Marceauに到着しました。
f0146587_21493427.jpg
アルマ橋は目の前。英国のダイアナ妃が落命されたのはこの地下道です。
f0146587_2150643.jpg
エッフェル塔が目の前に
f0146587_21512398.jpg
さあ、バトームーシュの乗り場に急ぎましょう。入り口で10ユーロを支払って中に入ります。バトー・ムッシュは、アルマ橋から出発し、コンコルド広場、オルセー美術館、ルーブル美術館の脇を通りながら、シテ島へ。ノートルダム寺院を眺めながらサン・ルイ島を過ぎてUターンし、エッフェル塔とシャイヨー宮を左右に眺め、自由の女神像を廻って再びアルマ橋に戻るコースです。
f0146587_21521688.jpg
色々な言葉が行き交っています。すぐ後ろはイタリア人、賑やかなこと!
f0146587_2153170.jpg
だんだん寒くなってきました。
f0146587_21535398.jpg
こちらはランチかディナークルーズ用の船ですね。
f0146587_21542593.jpg
1900年のパリ万博万国博覧会のために建てられたグランパレが見えてきました。
f0146587_223531.jpg
金の彫刻が美しいアレクサンドルⅢ世橋を潜ります。
f0146587_2241544.jpg
この美しい橋は、アンヴァリッド広場とグラン・パレ、プティ・パレの間を結ぶように建設され1900年にパリ市に寄贈されたそうです。
f0146587_2265041.jpg
この建物は何でしょう?地図によると外務省かブルボン宮(下院)に該当すると思われます。船内ガイドが、英語・フランス語・スペイン語に中国語なのでした…(;一_一)
f0146587_2216951.jpg
やっとオルセー美術館が見えてきました。
f0146587_22183625.jpg
この美術館はオルセー駅、駅舎件ホテルだった建物を美術館に改装したものだそうです。ここには3回行きました。船はどんどん進みます。秋らしい風景が続きます。
f0146587_22222055.jpg
左手にはルーブル美術館が見えてきました。
f0146587_2225363.jpg
ルーブル美術館は広すぎて全貌が見えません。
f0146587_22253691.jpg
ノートルダム寺院
f0146587_2225595.jpg
いくつも橋を渡るのですが、そのたびに手を振ってくれる人たち、自然に笑顔になります。
f0146587_22265355.jpg
こちらはバトー・ビュスという乗り降り自由の船
f0146587_2228830.jpg
もう寒くて寒くてこの席から脱落していく人が多く、随分少なくなりました。
f0146587_2229767.jpg
この辺でユーターンします。
f0146587_2230928.jpg
もう一度建物を見ながら
f0146587_22305897.jpg
橋の上の人に(^_^)/~~
f0146587_22314345.jpg
セーヌ川河畔は夏には臨時の砂場ができていました。
f0146587_22322894.jpg
こんなところでのんびりしてみたい(けど寒いだろうなあ~)
f0146587_22331596.jpg
もう一度アレクサンドル3世橋を潜り
f0146587_22335987.jpg
こわ~いオジサンと目が合いそうに。。。
f0146587_22343273.jpg
エッフェル塔のすぐ下にやってまいりました。
f0146587_22351497.jpg
向こう側には近代的な高層ビルが。
f0146587_2236172.jpg
Uターンをしてもう一度エッフェル塔を撮影しあまりにも寒いので暖房設備のある室内に入りました。
f0146587_22365630.jpg
あったかい~(●^o^●)
f0146587_22373513.jpg
たっぷり1時間、セーヌ川遊覧を楽しみました。
f0146587_22381322.jpg
モンテーニュ通りをシャンゼリゼまで散策したい気持ちもありましたが、とにかく寒気がして早く帰りたかったのでメトロに飛び乗りました。
f0146587_22392787.jpg
メトロメトロ~~♪
f0146587_22395362.jpg
同じルートで真っ直ぐ帰りま~す。
f0146587_22401934.jpg
無事帰宅したのは6時過ぎ。ふーさんが「冷えたでしょ?温かいおうどんはどう?」と鍋焼きうどんを作ってくれました。確か昔も、冬船に乗って体の芯まで冷えた時も、國虎屋といううどん屋さんで熱々のうどんを食べてほっこりした思い出が・・・。うどんは私にとっての「風邪薬」のようなものなのかもしれません(笑)とにかくこのおうどんは美味しかった~♪
f0146587_2247256.jpg
朝から活動し続けたパリでの一日。貪欲に回ろうと思っても、体力の限界はあるものです。翌日は一日日帰りツァーを申し込んでいたので、早々に休みました。


by beijaflorspbr | 2010-12-18 22:48 | パリの街角から | Trackback | Comments(2)
2010年 12月 16日

パリ旅行記・・・11(デパート&オイスターバー)

舞台は突然サンパウロからパリに飛びます!長い間止まっていたパリ旅行を再開します。今書かないでいつ書くのだ?と突然思い立ちました。パリ旅行記後2日分お付き合い頂けたら嬉しいです。パリを離れる前日、朝からふーさんにお願いしてギャラリーラファイエットのグルメ館に同行してもらいました。まずは家庭用品を扱うメゾン館へ。お馴染のル・クルーゼやティファールはあまりにも普及しすぎてうっかりフランス製だということを忘れそうです。どの家庭にも1個や2個はあるこれらの品物、フランス製の調理器具は本当に優れものですよねえ。上から下までじっくりと見回り随分楽しい時間を過ごしました。
f0146587_5161628.jpg
次はまたまた大好きなグルメ館へ…。デパートの袋を持ったマダム~♪後姿もカッコイイ!
f0146587_5203323.jpg
大きなデパートでございます!まずはエルに頼まれた化粧品を買います。大きなツリーが目の前に。。。
f0146587_5213947.jpg
私はこのデパートの円形の天井が大好き。ついつい首が痛くなるほど見上げてしまいます。
f0146587_5222880.jpg
次はお隣のグルメ館に移動しましょう。アオキサダハルのケーキたち。アズキや抹茶を使ったエクレアやタルト。甘さを抑えた日本的な美味しいケーキです。
f0146587_5234254.jpg
今回のパリは本当に天候に恵まれました。青い空が眩しいほど!
f0146587_5251694.jpg
私も先ほどのマダムの真似をして袋をカッコ良く担いでみたけれど…(笑)全然様になっていませぬ!
f0146587_526448.jpg
お昼はどうするのかな?と心配していたら(いつもこればっかり。。。)ふーさんが「サンラザールに行くよ!」と。もしかしたら外食なのかな?何食べるのかな?とソワソワ。看板通りのバーキン(バーガーキング)だったら笑えます。
f0146587_5273369.jpg
予め兄貴と打ち合わせ済みだったようで、Garnierと言うお店の前にやってきました。
f0146587_5285525.jpg
初パリオイスターバーでした。嬉しい~♪何度もパリに来ていて、毎回「オイスターバーに行く?」と誘われていたのにいつもドンくさく「ラーメンの方がいいや」なんて断っていたのです。それと牡蠣の季節じゃないと食べられないという理由もありました。「Garnier」のカウンター席は未だ一人だけしか座っていません。3人で並んで座るとパンとバター、白ワインが自動的に注がれました。
f0146587_5372826.jpg
一番向こうの席で、マダムが「カシカシ」という音をさせて一心不乱に牡蠣や貝を黙々と食べています。いや~なんとも美味しそうで、、、。でもほどなく私たちのところにもやってまいりましたよん。いっただきま~す。
f0146587_539082.jpg
牡蠣の種類もブルターニュ産だの〇×産だのと違いがあるらしいのですが、何しろ食べるのに無我夢中で・・・。
f0146587_5421241.jpg
あっという間に満席になってしまいました。牡蠣を平らげた後、どうしても海老の赤に惹かれてしまい、追加注文をしてもらいました。海老も甘くて美味でした!
f0146587_544569.jpg
このおねーさん、淡々と客を要領よくさばいていきます。最後まで美味しく、また気持ち良く楽しませてもらいました。
f0146587_5452275.jpg
お腹をさすりながら、大阪なんばパークスにも支店のあるNINA'Sというティールームへ行きました。
f0146587_547089.jpg
ヴァンドーム広場から
f0146587_548829.jpg
またオペラを見つつ(笑)
f0146587_5484399.jpg
午前の部を終了していったん帰宅しました。メトロ駅にあるお花屋さん。
f0146587_5494635.jpg
帰宅したもののどこかに行きたくてうずうず、、、折角のパリ、でもどこへ行こうかな?と迷っていたところにあることを思い出しました。そうだ、まだ船に乗っていない!パリに来ると毎回1度はセーヌ川遊覧を楽しむ私。早速メトロで行き方を復習して今度は一人で出かけました。

☆今日は朝一番でインプラントの手術を受けてきました。前回うまくいかなかった1か所にセラミックの人工骨を埋め込んでもらいました。少し痛みは感じるのと、自由に食事が摂れないのが不自由ですが、何とか元気にしています。日にち薬できっと良くなるはず。また経過をご報告しますね。

by beijaflorspbr | 2010-12-16 05:52 | パリの街角から | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 11日

パリ旅行記・・・8(テルトル広場~オペラ)

画家の集まるテルトル広場
f0146587_21413959.jpg

ふと後ろを振り返るとサクレクール寺院が視界に入ります。
f0146587_21422275.jpg

両サイドの小路や広場にあるカフェも賑わっています。
f0146587_21431291.jpg

ハロウィンのディスプレーはお菓子屋さん。そして雑貨屋さんもユニークな飾り付け
f0146587_21451236.jpg

賑わう表通りから・・・
f0146587_2145429.jpg

今度は少し坂を下って行きましょう。
f0146587_21461559.jpg

ここはオシャレなホテルのようです。
f0146587_21491140.jpg

大きなおうちが見えてきました。
f0146587_21495212.jpg

すっかり紅葉しています。
f0146587_21503355.jpg

日本の紅葉も美しいけれど、パリの紅葉もなかなか味がありますねえ。
f0146587_21512114.jpg

細い道なのにバスも通っています。
f0146587_21515411.jpg

もう少し坂を下って行くと、パリで唯一のブドウ園が見えてきます。そんなに広くはないものの、毎年10月第二週末の3日間は収穫祭が行われるそうです。
f0146587_21535254.jpg

この葡萄園から見えるところに、歴史的な建物が見えます。老舗のシャンソニエだそうです。
f0146587_2155793.jpg

階段を少し降りると、集合住宅が見られます。この辺は家賃も高そうです!
f0146587_21561982.jpg

どこをどうやって来たのか、サンラザール駅前にやってきました。
f0146587_2158041.jpg

こちらはホテルコンコルド サンラザール オペラだそうです。
f0146587_2231753.jpg

パリ市内はあちこちにこんな分かりやすい標識があります。
f0146587_224987.jpg

オペラ近くまでやってきました。
f0146587_2251439.jpg

プランタンのラデュレでエコバッグを買います。
f0146587_2264054.jpg

色の綺麗なマカロン、じーっと眺めていると「味見に買おうか!」と優しいふ~さん。(^◇^)
f0146587_22103521.jpg

ラデュレのマカロン、ゲット!!!ふわふわしていて美味しかった~♪
f0146587_2211731.jpg

何故かスーパーマンの飾り。
f0146587_2212796.jpg

オペラ座の裏側です。
f0146587_22132389.jpg

メトロで帰りました。観光名所~買い物まで充実した外出日でした。
f0146587_22142599.jpg

この日の夕飯はチキンカレーライス!
f0146587_22152142.jpg

ビールがうまい!
f0146587_22154779.jpg

お手製のお漬物に鳥取らっきょう(10月の同窓会で山陰旅行をした時のお土産)
f0146587_2216428.jpg

パリでは超貴重品、「たねや」のどら焼き!お腹がいっぱいで残念ながら1個しか食べられず・・・。
f0146587_22175166.jpg

楽しいごはんが終わってから、点滅するエッフェル塔見学に行きました。
f0146587_22192751.jpg

午後9時、何の前触れもなく、エッフェル塔がキラキラダイヤモンドのように光り始めました。
f0146587_22202050.jpg

ほんの10分くらいでしたが、十分に堪能しました。でもちょっと寒かった~~(>_<)暖かいバスで帰宅します。
f0146587_22221262.jpg

翌日はパリを離れて少し遠出をしましたが、その模様は次に・・・。

by beijaflorspbr | 2010-11-11 22:23 | パリの街角から | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 10日

パリ旅行記・・・7(モンマルトルの丘)

今週は私にしてはとても忙しい1週間です。今日も午後からお客さまが来られますので、朝からケーキを焼きました。昨日は朝から外出し、お友達と和食ランチ。夜にもう一度お友達との食事のために外出。帰宅したのは何と午前1時半!窓をしっかり閉め施錠して、明るくライトアップされた真っ直ぐな大通りを緊張しながらひたすら走って30分ほどで無事帰ってきました。夜中のサンパウロの道路は当然ガラガラですが、それでも思っていたよりは車が多かったのは意外と言えば意外でした。まあ1年に何度もない午前さまの帰宅、もちろん家族もワンコもぐっすり。。。

さて、またパリにもどります。しばらくはパリとサンパウロを行ったり来たりして読みにくいかもしれませんが何とか最後までパリ旅行記を完成させたいと思っております。パリ到着日を除くとこの日は滞在2日目ということになります。朝から良いお天気でしたので、モンマルトルの丘に連れて行って頂きました。カフェは朝から賑わっています。パリ市民の胃袋を満たす大切な場なのですね。
f0146587_21501945.jpg

メトロ駅の横からバスで坂を上ります。
f0146587_21514127.jpg

アップダウンの少ないバリアフリーの綺麗なバスは乗りなれると便利でしょうねえ。私はどこをどう通るかさっぱり分かりませんが。1時間半は1枚の切符で乗り放題というのも嬉しいサービス。バスの運転手さんも感じが良い。「ボンジュール!」と声をかけるとちゃーんと返してくれます。
f0146587_21552670.jpg

あちこちキョロキョロできるのもバスの利点、あちこち見ていると「降りるよ!」と。降りた場所からも緩やかな坂を上ります。
f0146587_2156464.jpg

この辺は、生地屋さんや格安の洋服を売る店がズラッと並んでいます。サンパウロの25・デ・マルソみたい!
f0146587_2158711.jpg

もう少し坂を上ると、おお!白亜のロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂サクレクール寺院が見えてまいりました。
f0146587_21585592.jpg

メリーゴーランドもありますよ。
f0146587_21592799.jpg

良いお天気に恵まれました。
f0146587_2204478.jpg

頑張って急坂を階段で一生懸命上る人たちもいますが、私たちは楽なケーブルカーのフニクレールで一気に上ります。
f0146587_2221446.jpg
 
ヨイショヨイショ・・・って私は何も苦労していませんが・・・。
f0146587_223179.jpg

朝早かったせいか、まだ人もまばら。いつもこの丘には多くの観光客が訪れるので、時間によっては階段にた~くさんの人が座り込んでいます。
f0146587_2244558.jpg

少しけぶっていて残念ですが、パリ市内が一望に見渡せる絶好のスポット。
f0146587_22131258.jpg

前回来た時は曇っていて寒かったので、今日は余計に有り難く感じます。
f0146587_22141467.jpg

銅像かと思いきや・・・。
f0146587_22145732.jpg

さあ、寺院の中に入ってみましょう。
f0146587_22154576.jpg

入り口にはキリストの受難が描かれているそうです。
f0146587_2225345.jpg

教会内は撮影禁止、静寂に包まれた清楚な教会です。いつか来た時には、パイプオルガンの音色が響いていて幻想的でした。教会横から出て、画家の集まるテルトル広場に向かいます。
f0146587_2227412.jpg

広場に出る前はお土産屋さんやカフェが並びます。
f0146587_2229465.jpg

テルトル広場をぐるっと回ってみます。似顔絵描きから声を掛けられます。
f0146587_22303483.jpg

色々な絵があり、見ているだけで楽しい。
f0146587_22314178.jpg
f0146587_2232297.jpg

似顔絵を描いてもらっている人もたくさん。パリの思い出に如何ですか?
f0146587_22325168.jpg

お散歩にも楽しいテルトル広場
f0146587_22354252.jpg

ダリ美術館前を通り過ぎ・・・
f0146587_22333465.jpg

細い道を通って坂を下りて行きます。
f0146587_22345037.jpg

お散歩はもう少し続きます。 

by beijaflorspbr | 2010-11-10 22:36 | パリの街角から | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 07日

パリ旅行記・・・6(サンジェルマン・デ・プレ)

長く引っ張っている旅行記ですが、まだパリ1日目の出来事です。モンパルナスタワーを背に5分ほど歩きます。。
f0146587_1057268.jpg

やっとサンジェルマンデプレ教会にやってきました。この教会は、現存するパリ最古の教会で542年に創建されたそうです。
f0146587_1134212.jpg

すっかり紅葉した蔦に絡まれた建物が美しく歴史を感じさせます。
f0146587_1152613.jpg

道を渡って近づいてみましょう。見事な色彩!
f0146587_116962.jpg

雑誌からそのまま抜けだしたようなオシャレなカフェ。有名なCafe de Floreです。
f0146587_1191776.jpg

長い歴史と文化が融合する街、それがサンジェルマンデプレの魅力なのかもしれません。こちらはもう一つの有名なカフェ、Les deux Magots.
f0146587_1110242.jpg

さあ、お腹も空いてきましたので教会にお別れし、メトロに乗って一目散に帰りましょう!夕刻のメトロはさすがに混み合います。
f0146587_11113618.jpg

朝から晩までのパリ歩きで疲れ切った体におうちご飯は本当に有り難く体中に沁みわたります。まずは良く冷えたサンセールの白でカンパイ!あては、クレソンのゴマびたし&薄切り玉ねぎのおかかかけにはポン酢を。
f0146587_11481267.jpg

スモークサーモンとエリンギをパンのようなものに挟み、サワークリームをかけて頂きます!
f0146587_11152794.jpg

美味しくて3回くらいお替り!(●^o^●)我が家は私5、ふ~さん3、兄貴2の割合で食べるそうです。いかに食いしんぼうかということが分かろうというものです。
f0146587_11173142.jpg

「ごはんは要らない?」とふ~さん。さすがにノーサンキューですが、手作りキュウリのお漬物と豚のスペアリブはワインのおつまみに頂きます~♪美味しい~~!
f0146587_11192830.jpg

大満足な胃にも優しいおうちごはん、夜も歩き疲れたせいかぐっすりと休むことができました。明日はどこに連れて行ってもらおうかな?ベッドの中で考えるのはそのことばかり。パリ旅行記は2日目に続きます。

by beijaflorspbr | 2010-11-07 11:21 | パリの街角から | Trackback
2010年 11月 05日

パリ旅行記・・・5(カルチェラタン)

またパリ旅行記にもどります。私たちが今居るのは、左岸パリ大学の点在するカルチェ・ラタン界隈です。サン・ミッシェル公園を後にSt-Andre des Arts通りをそぞろ歩きしました。
f0146587_2159887.jpg

この細い道の両サイドにはたくさんの飲食店やカフェが並んでいます。
f0146587_220985.jpg

綺麗に書かれた手書きのメニューも新鮮に見えます。
f0146587_18201894.jpg

色とりどりのアレンジメントが並ぶ花屋さん
f0146587_18224921.jpg

右側は常設のマルシェのようで、生鮮食料品が売られていました。
f0146587_1823213.jpg

野菜や季節のキノコ、そして果物など、さすが秋だけあって柿も並んでいました。
f0146587_2235812.jpg

スーパーCarrefourも・・・
f0146587_225633.jpg

もちろんオシャレなカフェで寛ぐのも良いのですが、
f0146587_18231421.jpg

ここでふ~さんが「ジェラートはどう?」「あ!グロムだグロム!!」私が過剰反応したのは、いつもブログで仲良くして頂いている「世界食べあるき日記」のcookeryさんがフィレンツェでいつもこのお店に行かれている様子を拝見していたからです。憧れのイタリアンジェラートのグロムでは、栗味とバニラ味を注文してみました。濃厚でとっても美味しかった!このお店はビュッシ通りにあります。
f0146587_2213660.jpg

グロムでお腹を落ちつかせた後(笑)もう一度歩き出しました。
f0146587_18232772.jpg

どこをどう歩いているのやら。。。
f0146587_2215149.jpg

サンジェルマン大通りに出てCity-Pharmaに入ろうとふ~さん。この店は知る人ぞ知るパリのマツモトキヨシ、つまり格安化粧品店だそうです。ほら、お馴染のアヴェンヌも2本で9,90ユーロ(1本約560円)という安さ!エルに頼まれた化粧品や歯ブラシなどもここで購入しました。店内はぎゅうぎゅう詰めの満員御礼!週末に来るともっとすごい人で混み合っているそうです。
f0146587_22183290.jpg

お菓子のピエール・エルメ、長蛇の列なので素通りしました。
f0146587_18234586.jpg

サン・シルピス寺院(かな?)
f0146587_22241883.jpg

鞄屋さんのエルヴェシャプリエ
f0146587_22251444.jpg

レンヌ通りに出ると、モンパルナスタワーが見えてきました。
f0146587_2230206.jpg

もうすぐサンジェルマン・デ・プレ教会です。

by beijaflorspbr | 2010-11-05 22:31 | パリの街角から | Trackback