ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:バトントワリング ( 3 ) タグの人気記事


2013年 04月 09日

久々のバトン仲間との再会イン大阪

ブラジルから26時間かけて帰国をして2日後、まだまだひどい時差ボケ状態のところを、美容院、大阪市内散策と歩き回り最終的に弁天町までやってきました。弁天町のホテル大阪ベイタワー待ち合わせは午後7時過ぎ、その時間はもうサンパウロは朝になっていてやっと目が覚めようかという頃(笑)ちょうどいいわ。
f0146587_2013103.jpg
横浜在住のお友達のMさんとは、学生時代に一緒にバトントワリングに打ち込んでいました。久々の再会に胸を膨らませてロビーで待っていると、どうもお隣に座っていた中年男女のうちの女性がシクシク泣き始めるではありませんか。あーらら、どうしちゃったんだろう?男性が一生懸命宥めています。居心地が悪くなって困ってモソモソしていた時に、お友達のMさんがタイミング良く底抜けに明るい顔をして走ってやってきました。ホッー。愁嘆場から抜けだせましたぁ!
f0146587_204145.jpg
Mさんのお友達のご紹介で、近くのイタリアンレストランに行くと、生憎の貸し切り。割引もして頂けるとのことだったのに残念!そこで近くにある「磯野家」という居酒屋さんへ。
f0146587_2023551.jpg
手当たり次第に色々なものを注文しました。喋って食べてと忙しい。どちらかというとお喋りで二人ともお腹がいっぱいになってしまいました。特筆すべきはこの時に頼んだゴボウシャキシャキサラダ。ピーラーで長く切ったゴボウを素揚げしてあるので、シャリシャリで実に美味しい!このアイデアとても良いですね!
f0146587_2026015.jpg
もうこれ以上食べなくても良いかな?と思いましたが、最後に明太茶漬けを頼んでお腹がいっぱいに。
f0146587_20412673.jpg
何を食べても美味しいし、昔の思い出話をしていると時間を忘れます。お友達のMさんは、既に世界のジャッジの資格は持っているものの、今回意を決して全日本の審査員の資格を取得し、その勉強に来たそうです。明日もあるので、彼女とお別れをして自宅へと帰りました。さあ、翌日はいよいよ第38回全日本バトントワリング選手権大会決勝の日です。全国から私の可愛い教え子も見に来るはず。再会がとっても楽しみです。続きます…。

by beijaflorspbr | 2013-04-09 20:32 | 日本 | Trackback
2012年 05月 23日

バトン世界選手権、強化合宿を見に行く

大阪羽曳野コロセアムというところで、8月初旬に行われるバトントワーリング世界大会の強化合宿に、恩師の高山 アイコ先生がご指導に来られているとのことで、会いに行ってきました。
f0146587_23303683.jpg

昨年は、東日本大震災で出場を見合わせたので、実に2年ぶりの出場です。日本代表チームは、毎年見応えのある演技をするので定評があり、過去に何度も優勝の栄冠を手にしています。チーム、個人、ペアなど様々なジャンルに、私どもの弟子や孫弟子そして、元仲間などが指導者となって全日本のチームを支えています。一緒にバトンをしていたOさん、Kさん、そして教え子のNさんも来ていました。

バトンの恩師、高山 アイコ先生には、東京の大学に入学と同時に、高田馬場にあった「高山 アイコバトンスタジオ」で2年間学ばせて頂きました。後に指導者となった私の基本はこのスタジオで学んだものです。先生は長年、日本のバトン界のために尽くしてこられました。今バトンが全国に広がっているのも皆アイコ先生のご尽力のお陰です。アイコ先生とも思いの外ゆっくりお話しさせて頂くことができました。連れて行って頂いた、高校の先輩のY子さんに感謝!

今年はフランスのパリで世界大会があり、孫弟子Tも行くそうです。この強化合宿の後、我が家に呼んで、たらふくご馳走をしてあげました。とっても元気の良い彼女、話の内容もとても分かりやすく、明確なビジョンがはっきり見えて実に頼もしく、とてもハッピーな気持ちになれました。弟子の活躍は本当に嬉しいものです。仕事に打ち込んでいる人の目はとっても綺麗。これからも孫弟子Tをずっと応援し続けます。豪快にビールを1リットル飲み(私は検査前で禁酒(/_;))たくさん食べて大好物のニンニクご飯をお土産に帰って行きました。

ニッポンガンバレ、Tもガンバレ!!パリか・・・いいな。(^-^)

by beijaflorspbr | 2012-05-23 23:48 | 人生 | Trackback
2011年 11月 14日

バトントワリング大会へ

まだバトントワリングがほとんど知られていない40年前、あるきっかけでバトンを習い始めました。その当時一番有名だった高山 アイコ先生はバトンをアメリカから持って来られた先生でした。高校時代に少し芽が出た私に恩師が是非東京に行って、高山バトンスタジオで研鑽を積むよう進めてくださいました。その手段として、東京の大学に進学して学業の合間にバトンを習う、という生活を経験しました。バトン人生はそんなに長くはなかったものの、その後もバトンに関わる仕事をする弟子や孫弟子との交流は絶え間なく続き現在に至っています。今回の関西大会も孫弟子が大会運営に関わっているご縁で招待をして頂きました。秋風の吹く大阪・朝潮橋。ここに大阪市が誇る立派な中央体育館があります。
f0146587_9584040.jpg
朝10時から午後5時過ぎまでびっちり見学しました。ご一緒したのは、孫弟子のHちゃんと元バトントワラーのすずめちゃんです。3人でワイワイ、楽しかった。。。参加団体は69チーム、1,300人ものメンバーが競った非常に見応えのある大会でした。
f0146587_1004383.jpg
今や教え子はその子どもたちが中心メンバーになっていますし、私の可愛い孫弟子も全日本や世界の審査員となって活躍中です。大きく羽ばたいてくれた弟子たちが愛しくてたまりません。これからもずっとずっと見守り精神的支えでいたいと思った今回の大会でした。私の孫弟子の教えるチームは全国大会出場への切符を手に入れたのはもちろんです。今後のバトン界の発展を祈るばかりです。

by beijaflorspbr | 2011-11-14 10:03 | 人生 | Trackback