ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ドライブ ( 50 ) タグの人気記事


2017年 07月 20日

2017年教え子と会う旅③佐賀県・唐津 少しだけ観光

唐津第一ホテルで、気持ち良く目覚めました。無料朝食サービスがあるのは大変嬉しい。おまけに、焼きたてパンは熱々と来たら他は何も要りません(なーんて…)Hちゃんと美味しく頂きました。ここで優しい彼女が、「ゆっくりはできないけれど、車でさーっと唐津市内を回りましょうか?」と提案してくれました。
f0146587_10515955.jpg
午前9時過ぎにホテルをチェックアウトし、車で出発しました。直ぐに海が見えました。
f0146587_10523282.jpg
そして唐津の観光スポットである唐津城が見えてきました。唐津城は、慶長13年(1608年)唐津範藩主寺沢志摩守広高によって築城されましたが、廃藩置県によって廃城。現在のお城は昭和41年(1966年)に文化観光施設として完成したものだそうです。時間がなく、仰ぎ見ただけでしたが、なかなか立派なお城でした。
f0146587_10535688.jpg
次は日本3大松原の一つと言われている「虹の松原」を通ってくださいました。虹の松原は、唐津湾の海辺に続く長さ4,5km,幅0,5kmに渡り、約100万本の黒松の群生が生息している美しい松林です。
f0146587_10543011.jpg
良く手入れされているのは、市民のボランティアによって保たれているのですね。
f0146587_10584278.jpg
Hちゃんが、「時々癒されに来るんですよー、ただぼーっと海を見ているだけでホッとするんです」と。
f0146587_10560058.jpg
確かに穏やかで綺麗な海でした。言葉もなくしばらく佇んでいました。穏やかな時間はゆっくり過ぎていきました。
f0146587_10552638.jpg
Hちゃんの生徒さんが既に集まっていてレッスンが始まると言うので、私は浜崎駅まで送ってもらいました。Hちゃん、短い時間でしたが楽しかった!ありがとうね。これからも体を大切にね!!
f0146587_10595193.jpg
聞き慣れない駅ばかりなので慎重に。。。次の目的地は「今宿」ここではもうひとつ楽しみにしていた再会が待っていました。
f0146587_10580737.jpg
今宿駅に着いたものの、少し早く着きすぎたのでしばらく待っていると、笑顔であの子がやってきました。
f0146587_11005872.jpg
教え子が連れて行ってくれたのは海を見ながらゆっくりと食事が楽しめるお店。楽しみです!!
f0146587_11013641.jpg


by beijaflorspbr | 2017-07-20 16:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 08月 11日

Museu TAM(TAM航空博物館)へ①

★注意・・・Museu TAMは、2016年現在閉鎖中です。

サンパウロから北西に約220キロ行ったところに、São Carlos(サンカルロス)という小さな街があります。この地には、義弟が大学時代から現在まで住んでおり、昔彼らの結婚式に行った記憶があります。そんな街にあのブラジルでは最大手の航空会社TAMの博物館(*音アリ注意)があると聞いたのは随分前のことでした。お友達(子分)のすずめちゃんから「お誕生日に飛行機好きのハチドリさんをTAMの博物館に連れて行きたい」と前々から言われており、随分遅れましたがこの日のドライブが実現しました。すずおさんの巧みな運転と、乗り心地の良い車であっという間に目的地に着いてしまいました。大きな原っぱのような場所に突然出現する大きな博物館にビックリしました。この博物館には本物の滑走路やメンテナンス工場もあるため。大統領専用機やエアバス300などの大きい飛行機も飛んでくると説明がありました。
f0146587_21370770.jpg
まずはチェックインカウンターで料金を支払います。高齢者は半額でした!
f0146587_21374086.jpg
TAMで出される本物の搭乗券もこんな感じのペラペラなんです。妙に懐かしいわ…。
f0146587_21381808.jpg
最初のロビーからしてなかなかにスタイリッシュ。
f0146587_21395822.jpg
そして飛行機好きの私のテンションが急激にアップしたのがこんな光景、ひゃん、真ん前に本物の格納庫と飛行機が・・・。
f0146587_21415194.jpg
受付を済ませると一旦外へ出ます。飛行機がテーマなので、どこを見ても楽しめます。
f0146587_21425213.jpg
おお!いよいよ本物の飛行機がすぐ目の前に出没!でもこれはまだほんの序章でしかありませんでした。
f0146587_21440083.jpg
入口の愛想の良いおばちゃんがチケットをチェックして「ようこそ、TAM博物館へ…」と誘ってくれました。
f0146587_21455128.jpg
一枚目の扉を入ると、空の写真と実際に飛行機に乗った時に見える光景が実感できます。これは多分住宅街のど真ん中にあるコンゴニャス空港の写真だと思います。
f0146587_21480995.jpg
どんどん進んで行くと、飛行機の成り立ちや歴史が良く分かる構成になっています。説明文と共に飛行機の模型が展示されています。最初の発想は落下傘だったのかもしれませんね。
f0146587_21525874.jpg
次第に装飾を帯びた豪華な飛行機(と言うよりも)熱気球タイプのものも生まれたようです。
f0146587_21543949.jpg
しかし、時代が流れ次第に飛行機が戦争に利用されるようになります。日本が生み出したゼロ戦も展示されていました。
f0146587_21565768.jpg
説明文付き
f0146587_21570004.jpg
広島・長崎に原子爆弾を投下したエノラゲイの模型、日本を幾度となく攻撃したB29も展示されていましたが、到底正視できません。ブラジルは戦時中は連合国側に付いたので、仕方がないのかもしれません。
f0146587_21582896.jpg
私が1976年に乗ったことがあるAir France社のコンコルド機の写真も飾られていました。パリ―ダカールを3時間、ダカールーリオ・デ・ジャネイロも3時間。途中ダカールでの1時間の休憩を含めるとたった7時間で欧州と南米を繋いでいた、正に夢の旅客機でした。そんなチャンスに恵まれたのもまるで夢のまた夢なのですが。。。
f0146587_22015580.jpg
たくさんの模型が飾られており、飛行機は戦闘用から旅客を運ぶ乗り物として発展していく様子が分かります。
f0146587_22063720.jpg
1990年にロシアの有人宇宙船ソユーズ号に搭乗したTBSの宇宙特派員として乗船した秋山豊寛さんの写真も飾られていました。
f0146587_22093023.jpg
薄暗い模型ばかりの空間はこの辺で終わります。次の扉へはビデオを鑑賞し終わるといきなり開きました。大きな倉庫のようなところには、右を見ても左を見ても実物大の飛行機ばかり・・・。ああ!テンション上がります。
f0146587_22170114.jpg
滑走路を降りて行くと一面飛行機ワールドが広がりました。
f0146587_22184591.jpg
続きます。


by beijaflorspbr | 2015-08-11 22:19 | 飛行機 | Trackback
2014年 07月 22日

Campos do Jordão 日帰り旅⑤急いでサンパウロへ帰る

昨日抜けていましたが、午前中にこんなところにも寄ってみました。名前は失念…すみません。
f0146587_23083149.jpg
自然の岩山を生かした「ブラジルカラー」の不思議な滝
f0146587_23093706.jpg
高低差も奥行きもたっぷりあり、一日中遊べそうなところでしたよ!
f0146587_23103394.jpg
お友達はこのお店でブラジル独特の甘いお菓子を購入されました。自宅に戻り、常温で置いておいたら、蟻さんがわんさか・・・(ー_ー)!!甘いものは冷蔵庫保存をお勧めします!
f0146587_23120509.jpg
さあ、楽しかったCampos do Jordãoの旅もおしまい、ひたすらサンパウロに向かいましょう。
f0146587_23144874.jpg
この日は午後4時からワールドカップ一次リーグ、ブラジルーメキシコ戦の日でした。
f0146587_23160450.jpg
最後のCampos do Jordão街並みを楽しみつつ高速方面へ…。
f0146587_23175488.jpg
さようなら、またね!今年に入って2度目のCampos do Jordão旅、一度目は娘たちと、二度目はお友達ご夫妻とだったのですが十分堪能できました!
f0146587_23190743.jpg
うっすらと咲く桜並木を通り、山を下ります。
f0146587_23200729.jpg
道路がとても良いのと、空いているので気持ちが良いドライブを楽しめました。
f0146587_23222358.jpg
どこまでも続くブラジルの高速道路・・・
f0146587_23234235.jpg
Dutraの辺りに来て変なことに気付きました。こちらは非常に空いているのに向こう側はすごい車列で渋滞しています。この渋滞は延々と続きました。
f0146587_23242680.jpg
Tiradentes通りまではとても空いていたのに…
f0146587_23261812.jpg
メインの23 de Maio通りはこーーんなに渋滞しています(^_^;)
f0146587_23280056.jpg
大手テレビ局Globoのお姉さんが渋滞情報を生放送で流していたようでした、トホホ…。この日は4時の試合開始に合わせて、全ての会社は午後1時まで仕事をし、一斉に移動をし始めた結果大渋滞になったとのことでした。この日以降、ブラジルの試合が行われる日と、イタケロン(サンパウロスタジアム)で試合がある日は、Rodizio(輪番制の自動車通行規制制度)に該当する車は、朝7時から午後8時まで市内目抜き通りを走ることが出来なくなってしまいました。また、この日はサッカーの神様ペレも「生まれて初めて車中で試合を観たよ!」とコメントしていたほどの記録的な渋滞でした。
f0146587_23291926.jpg
この時点で15時59分、1分じゃ家に帰れませぬ!(-_-;)諦めてカーラジオで中継を聴きました。結局は1-1の同点でした。
f0146587_23344963.jpg
ま、今となってはとても懐かしいワールドカップ狂想曲~♪サッカーにかけるブラジル国民の情熱は半端なもんではありません。ただ、準決勝と3位決定戦の大敗で今後のセレソンがどんな方向に向いていくのか、誰もが不安を抱える中、今日の午前11時に元監督を務めたドゥンガ(1994年優勝チームのキャプテン)が新監督に選ばれました。評判は!?我が家では↓ですが、どうなりますことやら。。。国民総監督のブラジルも当分の間かまびすしい日々が続くでしょう。あーしばらくはサッカーを忘れてゆっくりしたーーい(●^o^●)とはいえ、ブラジル国内の選手権は既に始まっています~ああ、サッカー大国!プライドを取り戻せる日は来るのかしら?
f0146587_23362558.jpg
長くなってしまいましたが、あっという間のCampos do Jordão日帰り旅のご報告を終わります。お読み頂き、ありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2014-07-22 23:42 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 07月 21日

Campos do Jordão 日帰り旅④Baden-Badenでランチ

3つの丘を回った後は、セントロのあるCapivari地区に車を停めて頂きました。いよいよランチタイムです~♪
f0146587_22042030.jpg
地ビールの会社Baden Badenが経営するレストランにご案内しました。
f0146587_22233515.jpg
生ビールのタンクが並びますが、お兄さんたちが見ているものは…。
f0146587_22071730.jpg
テレビでした!(笑)当時は、ワールドカップの予選リーグ中でした。この時間はHグループのベルギーアルジェリア戦が始まったところでした。この日の午後4時からはブラジルーメキシコ戦があるというので、観光客は少な目。
f0146587_22082774.jpg
メニューを見ながら選びましょう~♪
f0146587_22132261.jpg
喉が渇いたのでまずはこのお店自慢の生ビールでカンパイー☆私は黒いビールにしてみました~♪
f0146587_22154854.jpg
ビールのおつまみに、Bolinho de Bacalhau,干し鱈のコロッケ。
f0146587_22175718.jpg
アツアツホクホク。。。(●^o^●)
f0146587_22190550.jpg
メインはソーセージの盛り合わせをお願いしました。3人でシェアーしてちょうどお腹が一杯になりました!
f0146587_22201523.jpg
ちゃんとシェアーしてくれました。K子さんのご主人さまが「ソーセージはドイツで食べて以来だねえ~」なんてさりげなく仰いました。私もですけれどネ!
f0146587_22204453.jpg
外のテラス席にもテレビが設置されていて観られるようになっていました。
f0146587_22222764.jpg
このお店はテラス席が人気があります。この日は道路を向かないで全員が背中を見せているのは、テレビを観ていたからでしょう。
f0146587_22245886.jpg
軽く食後のお散歩をしました。
f0146587_22263638.jpg
チョコレート屋さんに入ってみました。
f0146587_22275187.jpg
こちらが7月いっぱい行われるイベント広場
f0146587_22285953.jpg
家具屋さんの前で、タクシーを待ちましたが…。あらら、売り物の椅子の上にはワンコがお昼寝中~♪
f0146587_22295993.jpg
パラナ松の巨木にさようなら~、お天気に恵まれたCampos do Jordãoの旅、最高でした!
f0146587_22321585.jpg
さあ、一路サンパウロに帰りましょう。午後4時からのブラジルの試合に間に合うかしら!?


by beijaflorspbr | 2014-07-21 22:33 | ブラジル国内旅行 | Trackback | Comments(6)
2014年 07月 20日

Campos do Jordão 日帰り旅③

Campos do Jordãoの旅、続けます。Morro do Elefante(象の丘)からカンポス・ド・ジョルドンの眺めを堪能した後はひたすら坂を下ります。
f0146587_22512458.jpg
もう一度ダウンタウンを通り、次の丘を目指しました。
f0146587_22532947.jpg
サンパウロ有数の別荘地帯ということもあり、道路整備も行き届き、閑静な雰囲気がそのまま伝わってきます。
f0146587_22544893.jpg
再び車はどんどん山の頂上を目指します。
f0146587_23011541.jpg
山に登る途中にも、もちろんステキな別荘群が建ち並んでいました。
f0146587_23032092.jpg
象の丘から車で約20分ほどで、Pico do Itapevaにやってきました。ここは地上2,035m地点で、運が良ければ15の街が一望に見渡せるそうですが…。
f0146587_22571994.jpg
残念ながら霧がかかっていて全貌は見られませんでした。ガッカリ…(T_T)
f0146587_22592805.jpg
お土産屋さんがたくさん並んでいて、結構楽しめました。この日はちょうどブラジル代表がメキシコと闘う日だったため、国旗色の商品がたくさん並んでいました。
f0146587_23052751.jpg
そう言えば、途中で車を止めて頂き、こんな豪華ホテルも遠くから眺めたんでしたっけ。まるで城塞のような立派なホテル。
f0146587_23193817.jpg
同じホテルでも、クラッシックと近代建築、どちらが好みかな?なんてお友達とふざけてました。
f0146587_23213922.jpg
さあ、そろそろお腹が。。。(^_^;)


by beijaflorspbr | 2014-07-20 23:23 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 07月 17日

Campos do Jordão 日帰り旅②目的地に到着

昨日書いた地点から、ひたすら山を登ること20キロ地点が目的地のCampos do Jordãoです。道路は隅々まで整備されている冬の一大観光地、毎年7月には「冬のお祭り」と称してクラッシックコンサートや様々なイベントが行われています。この日は平日、そして午前中ということもあり、車も少なくて快適なドライブを楽しむことが出来ました。
f0146587_21152308.jpg
Campos do Jordãoは高台の寒冷地にあるため、桜の名所でもあります。この時は6分咲きと言ったところ。
f0146587_21184693.jpg
門を潜りました。この時点でまだ午前10時。
f0146587_21200097.jpg
この時(今年の3月末)には紅葉していた葉っぱも枯れ果ててしまいました。来る季節によって、街の印象がガラリと変わるから不思議。
f0146587_21211234.jpg
線路脇を走ってどんどんセントロ(中心部)に近づきます。
f0146587_21260984.jpg
特徴のあるスイスの山小屋風の建物が並びます。
f0146587_21280139.jpg
セントロ付近から眺めの良いMorro Elefante(象の丘)へと急坂を昇り始めました。
f0146587_21303547.jpg
この地域は、ホテルやポウザーダ(民宿より少し格が上のB&Bのような宿泊施設)が多く建ち並んでいます。
f0146587_21325736.jpg
もちろんお金持ちの別荘もたくさんあります。これらは「冬」の別荘として使われています。
f0146587_21345052.jpg
漸く頂上付近に到達したようです。前回はTeleferico(リフト)で登ったので、何となく新鮮。
f0146587_21365572.jpg
展望台から見たこの風景・・・良いお天気で本当に良かった!
f0146587_21382230.jpg
最高の眺め、そして何より空気がピュアで美味しいこと。
f0146587_21391700.jpg
高山植物まで何だかカワイイ~♪
f0146587_21400506.jpg
雲が面白い形をしているね、なんて勝手に想像力をふくらましたりして…。
f0146587_21405001.jpg
ここからの絶景にお別れを告げて坂を下りました。
f0146587_21470543.jpg
Morro do Elefanteの頂上から次はどこへ・・・?
f0146587_21453958.jpg
この地にも詳しいまわたりさんはどんどん車を走らせます。。。続きます。


by beijaflorspbr | 2014-07-17 21:48 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2014年 04月 10日

Campos do Jordão(カンポス・ド・ジョルドン)へ②Amantikir

朝早くサンパウロを出たので、何とか午前中にカンポス・ド・ジョルドンに着くことができました。市街地を軽く走った後、山の中にある'Amantikir'という植物園にやってきました。
f0146587_11440978.jpg
可愛いお家で受け付けをします。私たちは今夜この地に泊まるので、25Reaisが10Reaisに割引になりました。助かった!
f0146587_11453849.jpg
お土産屋さんや、カフェもあります。
f0146587_11464764.jpg
Amantikirの庭園内に足を踏み入れると、いきなり広大な敷地が目に入ってきます。
f0146587_11475255.jpg
とにかくゆったりと時間が流れていました。
f0146587_11491149.jpg
テーマに沿って色とりどりのお花がキレイに配置されています。
f0146587_11511715.jpg
迷路①
f0146587_11575458.jpg
迷路②こちらはチクチクしそう(-_-;)
f0146587_11533342.jpg
この庭園の中には、たくさんの「パラナ松」がありました。
f0146587_11542080.jpg
もちろん実もいっぱい落ちています。今回、ごはんにこのパラナ松の実が入れられていて、大変美味しかったので見直しました。
f0146587_11562563.jpg
遊歩道も歩きやすく整備されています。
f0146587_11584172.jpg
すすきの群生
f0146587_11593111.jpg
次はイングリッシュガーデンだそうです。本場はこんなもんじゃあありませんが…。
f0146587_12024115.jpg
藪を抜けていくと、こんな鄙びた椅子が。木漏れ日の中でいつまでもゆったり寛ぎたい気分です。
f0146587_12033774.jpg
高山植物の宝庫でした。
f0146587_12103039.jpg
ふと視線を遠くに移すと、こんな壮大な眺めが楽しめます。
f0146587_12110592.jpg
そろそろ奥へ行ってみましょうか。
f0146587_12122445.jpg
ここは芝生だけ、サッカーが出来そうです。
f0146587_12131758.jpg
この施設には温室があり、様々な植物を育てています。
f0146587_12141089.jpg
睡蓮の池
f0146587_12163019.jpg
あちこちに紫陽花がたくさん咲いていました。7~8月には桜が咲きます。
f0146587_12174510.jpg
子どもたちとゆっくり歩いたこの道の記憶はずっとこれからも続くことでしょう。
f0146587_12192605.jpg
さあ、そろそろ下山しましょうか。山の上に建つレストラン、でもここでは何も食べません。そろそろ歩き疲れたし、お腹も空いてきました…。
f0146587_12205338.jpg
心癒されたAmantikirを後にしました。何もかもがゆったりした時間の流れの中、次の場所へと移動しました。
f0146587_12220650.jpg
次はいよいよランチ~♪


by beijaflorspbr | 2014-04-10 12:22 | ブラジル国内旅行 | Trackback
2013年 10月 22日

還暦同窓会@福岡・・・マリンワールドとドライブ

f0146587_2292812.jpg
福岡のマリンワールドは、思っていたよりも規模が大きくて、いろいろな種類の魚を見て楽しむことができました。今や定番になった水槽のトンネルも迫力がありました。ジンベイザメとお見合いしているのは同級生(笑)
f0146587_2213165.jpg
こんな賑やかな大阪弁全開で、楽しくお魚見学をしました。
広い水族館内をくまなく歩き、様々な種類のお魚を鑑賞!我々が口にする言葉は「美味しそう~♪」ばかり(笑)
f0146587_2224145.jpg
ソフトクリームを食べた後は・・・いよいよイルカショー。童心に還って一心不乱に観る還暦の我々
f0146587_2228498.jpg
何回見てもこのショーは結構楽しめますねえ。
それにしても良く躾けられています。
f0146587_22302811.jpg
マリンワールドをたっぷりと楽しんだ後は、志賀島(しかのしま)を一周しようということになりました。蒼い海が美しい!
f0146587_22322414.jpg
志賀島に入る前は両方が海迫力があります。とても良いお天気で、何もかもが美しく、まるで外国の景色のようでした。
f0146587_22363428.jpg
台風の影響で波が高いこと。志賀島から見える海の景色を堪能することができました。
f0146587_2135164.jpg
約15分くらいのドライブでしたが、お天気に恵まれ最高でした。
f0146587_22384389.jpg
ほどなく福岡市街地に戻ってきました。今宵のホテル「フローラルイン西中州」の部屋はシングル、必要最低限の設備は整っていますが、部屋には無線LANはありません。
f0146587_22432122.jpg
急いで身支度をして、今宵の同窓会の宴会がある料亭へと向かいます。そのお店は、福岡一の繁華街、中州界隈にありました。
f0146587_22454183.jpg


by beijaflorspbr | 2013-10-22 22:47 | 同窓会 | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 20日

還暦同窓会@福岡・・・ドライブとラーメン

博多駅にはあっという間に到着しました。駅から皆でごろごろキャリーを引きながら、レンタカー会社まで行きました。
f0146587_23272947.jpg
借りたのは大型8人乗りのオデッセイ、結局この車に乗ったのは6人でしたが、ゆったりとドライブを楽しむことができました。体太めの私は、同じく太め男子運転者とのバランスを考えて「助手席に乗れ!」と言われました(笑)。助手席に座ると、写真が良く撮れるのでこれも皆の思いやりなのかな、と有難くその提案を素直に受け入れました。そうそう、何故後ろからこうやって車の写真を撮ったかと言えば、バンパーのところに深い傷が付いていたからなのです。それに「久留米」ナンバーも珍しいなあと思いまして…(^^)単なる好奇心です!
f0146587_23274820.jpg
緑の多い福岡市内はとても拓けた町だと感じます。運転手のMくんは、昔博多に勤務していたことがあり、土地勘があって迷うことなくスイスイと走ってくれたのも有難い。
f0146587_22573640.jpg
まずは今宵のホテルに荷物を置きに行きました。思っていたよりもキレイかつ清潔なホテル
f0146587_2352490.jpg
お昼を過ぎていたので、まずは本場のラーメンを食べに行きました。「元祖ラーメン長浜家」食券を買って待つこと5分くらいで運ばれてきます。豚骨で白濁したスープに細麺でトッピングは紅ショウガとピリ辛の?と白ゴマ。男子は元気良くこれに炒飯もセットで頼んでいました。ラーメンは400円、セットは650円とリーズナブル。後から来た人たちは常連のようで、「麺かためね~」などと注文していました。
f0146587_2328278.jpg
お腹がいっぱいになった後は、別の新幹線で博多に着いた同級生を拾ってドライブを続け、高速で海の方へ・・・。
f0146587_23123556.jpg
当初は、芥屋の大門の遊覧船を楽しもうということになったのですが、生憎玄界灘が荒れていて欠航とのこと、行き先を変更しました。とにかく海を見ると何故かホッとします。子どもの頃、藤沢の鵠沼海岸のすぐ近くに住んでいたからでしょうか。
f0146587_23282130.jpg
皆でやってきたのは、「マリンワールド」海の中道海浜公園、入場料が2100円、残念ながら割引対象は65歳から・・・。私たちって還暦でもまだ若いんだね、なんて変な慰め方をしながら入場しました。次の項へ続けます。
f0146587_23283625.jpg


by beijaflorspbr | 2013-10-20 23:25 | 同窓会 | Trackback
2013年 09月 14日

【地域情報】Holambraの花祭りへ最後

いよいよ一日の締めくくり、パレードが行われるようです。待機中の女の子たちもこうして気持ちよくポーズを取ってくれます。
f0146587_1013720.jpg

みんなサービス精神旺盛、オランブラの街を挙げてのお祭りを大切にしているのでしょうねぇ。
f0146587_1034870.jpg

あっちもこっちもバラだらけ。このオランブラの花まつりでは、枯れた花を1本も見たことがありません。
f0146587_1045719.jpg

よほど頻繁に手入れをし、挿し替えをされてるようです。
f0146587_10764.jpg

さあ、音楽隊も動き出しましたよ、お腹に響くドラムの音。
f0146587_1083858.jpg

洗剤のYPE(イペー)がスポンサーなので、こんなキャラクターも登場。
f0146587_10104597.jpg

最後にオレンジのバラをもう一度見ながら会場を後にしました。
f0146587_1012463.jpg

ヘリでの遊覧も出来ますよ!
f0146587_10132995.jpg

日はすっかり影ってきましたが、まだまだ車も人も多いオランブラ花まつり会場です。
f0146587_10143575.jpg

出口から出る時に、入り口でもらった駐車券の領収書が必要です。すずめちゃん慌てて探しました(^_^;)
f0146587_10161987.jpg

オランブラの整然とした街並みは本当に素晴らしい。
f0146587_1018250.jpg

さようならオランブラ、この門を潜ったのが午後4時半でした。
f0146587_1019857.jpg

夕暮れの高速道路を一路サンパウロへと向かいます。
f0146587_1022141.jpg

この辺まではとても順調だったのに・・・
f0146587_10271411.jpg

後が全く動きません・・・(涙)オランブラから遊園地のHopi Hariまで1時間半もかかりました!
f0146587_10433260.jpg

最後の料金所を通った時はもう既に午後7時を過ぎていました。何とオランブラを出てから2時間半が経過。
f0146587_10301468.jpg

途中で家族から電話がかかってきました。「いったいどうしたの?大丈夫なの?」と。そう言えば家族には午後6時には帰るからと言ってあったのでした。ゴメン(/_;)結局、自宅に着いたのは午後8時少し前。オランブラから3時間半もかかってしまった計算に…。恐るべし、サンパウロの万年渋滞。すずおさん、お疲れさまでした!トリオさん特製のスパゲティーボロネーゼが待っていました。こりゃ美味しかったぁ~!!皆で2回ずつお替りをして夢中で頂きました。あ!またビールを呑んでる・・・という突っ込みはナシで!
f0146587_10334364.jpg

早朝から遅くまで、すずめちゃんご夫妻には大変お世話になりました。ありがとうね。まるで私のことを母親のように大切にしてくれるすずめちゃん、これからもマッサージのお仕事頑張ってね。そうそう、大渋滞の車の中で揉んでもらった肩、随分楽になりました。石のように岩のようにカチンコチンだったそうです。人を癒すお仕事は本当に楽しい・・・と明るい声で言ってくれたのが嬉しかった私なのでした!オランブラのご報告、長くなってしまいすみませんでした。今週末にオランブラに行かれる方、帰りはお早めに!ブラジルの富裕層は、郊外に別荘を持っている方が多く、特に日曜日の夕方から夜はサンパウロに向かう高速道路が大渋滞します。少しだけ早めに切り上げてお帰りになることをお勧めいたします。

by beijaflorspbr | 2013-09-14 10:39 | サンパウロ生活情報 | Trackback