ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 08月 16日

2017年初夏同窓会@東北⑤ニッカウィスキー宮城峡蒸溜所へ

朝一番にやって来たのは、「宮城蒸溜所」つまりあのNHKドラマのマッサンこと竹鶴政孝氏の手によって生まれたニッカウィスキー工場にやってきました。ウィスキー工場見学は、サントリーの山崎蒸留所見学以来約9年ぶりのことでした。
f0146587_10133926.jpg
我々は9時15分から見学開始なので、しばらくは屋内の資料をじっくり見学しました。
f0146587_10174766.jpg
歴代のウィスキーの中には、亡き父が好んで飲んでいたウィスキーもあり、懐かしさでいっぱいになりました。
f0146587_10215532.jpg
それぞれの建物に役割があること…
f0146587_10263764.jpg
ポットスチルの上に置かれたしめ縄の意味などを詳しく説明してくださいました。
f0146587_10241283.jpg
とても親切丁寧なガイドさんが分かりやすくウィスキーの成り立ちを説明してくださいました。
f0146587_23301398.jpg
年代別に寝かされた樽の中のウィスキー。
f0146587_10273308.jpg
最後に試飲をさせて頂きました。試飲と言ってもほんの少しだけ(笑)
f0146587_23321039.jpg
スーパーニッカにソーダ水で割ってハイボールを作って飲みました。
f0146587_10281168.jpg
お酒が苦手な人には、アップルジュースや十六茶も用意されており、至れり尽くせりのサービス。
f0146587_10572860.jpg
最後はお決まりのお土産コーナーへ。どうしても素通りが出来ず買ってしまいますねえ。。。
f0146587_10285004.jpg
ムスコに宮城峡限定ウィスキーと竹鶴のピュアモルトのミニボトルとウィスキー用のコップをお土産に購入しました。
f0146587_10483369.jpg
盛りだくさんで有意義な工場見学でしたが、次の予定があるので先を急ぎます。団体旅行は忙しいわ。。。

★ムスコと昨晩ラインで話していると、ムスコが「連休は酒呑むで~」とふざけたことを言うので「ねえ、あの宮城峡で買ったウィスキーはもう飲んだの?」と訊くと「え?そんなんあったん?」とな。忘れたんかい!!!もうお土産は買いません!結局見つかって飲んだらしいけど。。。親の心子知らず。


# by beijaflorspbr | 2017-08-16 18:00 | 同窓会 | Trackback
2017年 08月 15日

2017年初夏同窓会@東北④秋保温泉「ホテル瑞鳳」2日目

我々同室の4人は「ホテル瑞鳳」で気持ち良く目覚めました。旅で一番大切なお天気は良好!!良かった!
f0146587_09370900.jpg
長年主婦をし子育てをしてきた我々、必要がなくとも午前6時前後には必ず目覚めてしまいます。年のせいもあるのかしら?4人揃って起き抜けにお風呂に行きました。朝風呂なのに、結構混み合っており、何人もの同級生とも会い朝のご挨拶。男女のお風呂場が入れ替わっていたので、両方のお風呂を楽しめました。
f0146587_07074286.jpg
お風呂の後は、身支度をして朝食会場へ…。夕食と同じ場所です。
f0146587_09390066.jpg
和洋中とありとあらゆる料理が豪華に並んでいました。宮城地方独特の食材もありました。どれを取れば良いのか、迷うほど…。
f0146587_09402022.jpg
と言うわけで、何の脈略もなく色々頂いてきました。焼きたてオムレツが美味しい!
f0146587_09412373.jpg
友達がチョイスしたものも撮らせてもらって…。
f0146587_09421654.jpg
最後に皆でワイワイ朝からデザートタイム~♪ミニおはぎは、前日に作って置いたのか、固くて今一つでした。
f0146587_09424538.jpg
ふー食べ過ぎて苦しい。。。お腹をさすりながらお部屋へ戻り、荷物をまとめ、旅立ちの支度をしました。
f0146587_09430826.jpg
綺麗な空、まるで我々の同窓会を祝福してくれているような良いお天気。
f0146587_09433395.jpg
集合時間には誰一人遅れることなく、20分前には全員が揃っていました。さすが昔取った杵柄(寮生活の名残!?)貸し切り観光バスで最初の目的地に向かいました。
f0146587_09440465.jpg
さようなら、秋保温泉。また来られるかどうかは分からないけれど、心地良い時間と素敵な想い出をありがとう。
f0146587_09445938.jpg


# by beijaflorspbr | 2017-08-15 18:00 | 同窓会 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 14日

2017年初夏同窓会@東北③秋保温泉「ホテル瑞鳳」夕食はバイキング

同窓会の記事を書きながらふと思いました。私は今回の同窓会では最初から最後まで2台のカメラを駆使して1,200枚ほど撮りました。終始撮影隊に徹していたのと、参加人数が多かったため、改めて写真を見直すと人物が映り込んでいる写真が80%以上あり、ブログに掲載できないものばかりだということに気付きました。時系列に説明書きをしますが、何だか不自然な感は否めません。。。さあ、オリエンテーションで大体のスケジュールを把握した後は、楽しみなお食事タイム~♪
f0146587_07004720.jpg
食事処までの道筋が長い長い…歩きながら迷子になりそうで、改めて巨大ホテルだということが良く分かりました。でも前が同級生後ろも同級生というのが嬉しくて、皆ではしゃいでいました。
f0146587_07012482.jpg
食前酒のサービスがあり、ブルーベリーの甘いお酒をちょこっと飲んでみました。お酒の飲めない人にもノンアルコールカクテルがありました。
f0146587_07015307.jpg
広大な食事処、一番奥と真ん中辺りに、豪華なお料理が並んでいました。我々団体は、一塊になって思い思いの席に座りました。
f0146587_06592381.jpg
私も調子に乗って、食べられそうなものを色々頂いてきました。
f0146587_07023085.jpg
お鮨はその場で握ってもらえるのですが「お好みのものを…」と訊かれ「全部!!」と答えると、こんな感じでぎゅうぎゅう詰めに。このお鮨のせいで、他のものがあまり食べられなくなってしまいました。と言いながらも結構取ってきてしまいましたね。へへ…。
f0146587_07030503.jpg
ビールの後は、宮城の地酒の飲み比べ…。胆嚢の術後、しばらくお酒を控えていましたが、この頃かな?飲めるようになったのは…。
f0146587_07035509.jpg
食べられないと言いながら、デザートは別腹でしっかりと頂く我々…。あれが美味しいよ、と誰かが言うと皆でどどどーっと、随分笑いましたっけ。
f0146587_07051087.jpg
楽しい食事が終わった後は、2時間ほどカラオケで盛り上がりました。何しろ我々の同級生には、T歌劇団に4年所属していた歌のうま~いプロのTちゃんがいます。彼女が歌う時は、しーんとなるくらい聞き惚れてしまいました。その他には、幹事女子の「恋ダンス」もあり、大いに盛り上がりました。どの写真も笑顔ばかり。
f0146587_23145573.jpg
カラオケでさんざん歌った後は、男子部屋で3次会が行われました。
f0146587_07063500.jpg
お酒、おつまみに山形からさくらんぼの差し入れ。でも終了したのが午後11時過ぎと、同窓会にしては早めにお開きになりましたので、また皆で温泉に繰り出し、ゆっくりお風呂に浸かって、グッスリ休みました。
f0146587_07084549.jpg
結構お酒も飲んでしまったので、部屋に帰ってからはひたすらお水とお茶をガブガブ・・・。恐るべし飲み放題(*_*)

# by beijaflorspbr | 2017-08-14 18:00 | 同窓会 | Trackback
2017年 08月 13日

2017年初夏同窓会@東北②秋保温泉「ホテル瑞鳳」

仙台駅からバスで約30分で、秋保温泉の「ホテル瑞鳳」に到着しました。途中、山の中を走ったのですが、巨大な新興住宅地のようなところがあり、驚きました。ホテルに着いて建物を見上げると、あまりに大きさに圧倒されました。昔父が仙台に居た時は、秋保温泉というと「佐勘」がお気に入りでしたので、「瑞鳳」は初めてでした。
f0146587_06150954.jpg
ホテルの中に入ると、懐かしい同級生の顔が…。今回の同窓会を開催するに当たって、山形・岩手在住の幹事4人が全てのコースの下見をし、念入りに計画を立ててくれました。今回の同窓会は、「ホテル瑞鳳」での宿泊と宴会&カラオケ+2次会、そしてオプションは山形観光でした。
f0146587_06162299.jpg
私の出身校のプレートを見て、何やら他の宿泊客がこそこそ指を指して囁き合っています。というくらい、最近あることでマスコミを騒がせた高校です(笑)私立高校でしたが、全国から集まり、皆穏やかで優しい人ばかりでした。
f0146587_22274043.jpg
チェックインも終わり、鍵をもらってふとロビーを見回すと、何とも美しく豪華な空間が広がっていました。
f0146587_06173802.jpg
鍵を手に、同室のSちゃんとお部屋に荷物を置きに行くことにしました。
f0146587_06193009.jpg
今宵の仲間は、Sちゃん(栃木)、Rちゃん(埼玉)、幹事のEちゃん(山形)と私(ブラジル)の4人。奥が2間の和室とソファースペース、玄関の右側がバス・トイレです。
f0146587_06175908.jpg
綺麗に清掃された広々とした9階のお部屋。
f0146587_06182316.jpg
ご丁寧に次の間もありましたが、結局ここは全く使いませんでした。
f0146587_07071366.jpg
「すぐにお風呂に行こう~♪」と他の部屋の同級生も誘って、数名でドタドタ・・・とお風呂に向かいました(怖い!?)
f0146587_06184893.jpg
この日のお天気は今一つでしたが、こんな眺めに癒されます。
f0146587_06190863.jpg
ロビーでまだ一生懸命受付をしている幹事さんに部屋の鍵を預けて…。「Sくん、神戸から到着!」なんて言いながら…。
f0146587_22402041.jpg
1階にあるお風呂へ長いエスカレーターで下りました。
f0146587_06210338.jpg
優雅に泳ぐ鯉を見つめつつ・・・
f0146587_06212572.jpg
お喋りをしながら温泉にゆっくり浸かり旅の疲れを解しました。温泉の場所は、翌日は男女入れ替わるそうです。
f0146587_06215215.jpg
温泉内はこのように広々としていて、露天や打たせ湯、立ち湯もあり、ゆっくり1時間くらい入りました(画像はHPよりお借りしました)。そうそう、左肩を痛めて腕が後ろに回らない私、浴衣の帯がうまく結べません。その度に、Sちゃんが「どれどれ・・・やってあげる」と親切に結んでくれました。
f0146587_06422005.jpg
伊丹空港から仙台空港で飛び、松島観光をし、遅れていた関西組が漸く到着した後、幹事によるオリエンテーションが行われました。いよいよ2017年同窓会のスタートです。我々は昔5年おきに同窓会を全国区で行っていましたが、何故か早逝する人が多く、既に16名の同級生を喪っています。あまりに早い同級生の旅立ちに「会える時は会っておこう!」を合言葉に、同窓会開催を6年前から3年おきから2年おきに開催することになりました。2年前は東京・横浜、4年前は福岡・大分、6年前は広島・出雲でした。そのほとんどの記録がこのブログに残っていますし、同級生にその都度ウェブアルバムを作ってちゃんと記録に残すようにしています。既に6年前の広島同窓会に参加した同級生が2人、2年前の東京に参加した同級生が1人、天国に先に旅立って行ってしまいました(涙)今この時間にひたすら感謝し、心行くまで楽しもう!としみじみ思いました。皆思いは同じだと思います。
f0146587_06490901.jpg
今回の参加者は同級生27名(ご家族の不幸で残念ながら2名が直前にキャンセル)、先生2名と奥様の30名が東北の地に集いました。今回も元気で逢えたことを皆で大いに喜び合いました。在学中はほとんど話をしたこともなかった男子とも、何でも話せるし、冗談を言い合えるようになり、私自身はこの同窓会が楽しみで、参加することが自分へのご褒美と捉えて、なるべく欠席しないようにしています。今回も日程の関係で、6月末という中途半端な時期でしたので、日本への帰国を少し後へずらしたという訳です。何もかもこの日のために、と思うとちょっと感無量!
f0146587_22384643.jpg
続きます…。というか、序章なのでずっと続きます(笑)


# by beijaflorspbr | 2017-08-13 18:00 | 同窓会 | Trackback
2017年 08月 12日

2017年初夏同窓会@東北①新幹線で仙台駅へ

★お知らせとおことわり・・・いつもハチドリブログにお寄り頂き、ありがとうございます。これからしばらく高校時代の東北(仙台・山形)同窓会の記事が続きます。興味のない方は読み飛ばしてくださるか、過去の記事をカテゴリー別にしてありますので、参考にして頂けましたら幸いです。
2017年6月25日(日)は2年おきに開催される高校時代の同窓会の日です。私の出身高校は全寮制で男女共学、卒業47年経っても男女分け隔てなく仲良し。この日はあまりに楽しみにしていたためか、張り切って随分早くから起きてしまいました。同級生何人かに渡す「祇園・辻利の生八つ橋」のお土産を買った後「ひかり512号」に乗車しました。ジャパンレールパスは「のぞみ」には乗れないのです…(涙)
f0146587_04054447.jpg
3月でもう海外在留邦人は、レールパスが購入できないと聞き、一生分の贅沢をとグリーン車用パス1週間分購入。それでも普通車用とグリーン車用の差額は1週間分で1万円もないのです。ゆったりした静かなグリーン車の座席に深く座り、新幹線の旅を楽しみました。というのは嘘で、ぐっすり眠ってしまいました(笑)
★レールパスについてはその後、海外在留10年以上の邦人は2020年まで購入が出来るように規定が変わりました。
f0146587_04063130.jpg
だから何もグリーンにしなくても良かった訳ですが…(-_-;)時節柄富士山もこの通り、はっきりしなくてちょっとガッカリ…。
f0146587_04070433.jpg
予定時間に東京駅に着いたので、そのまま新青森行きの「はやぶさ17号」に乗り換えました。この日の全席指定はやぶさ号の切符は、グランクラス・グリーン車・普通車とも全て売り切れと放送していました。6月の蒸し暑い時期なのに、乗車率100%は凄いですねえ。それとも日曜日だったので、乗車率が高かったのでしょうか。
f0146587_04074890.jpg
「はやぶさ号」は秋田行きの「こまち号」と一緒に走ります。
f0146587_04085317.jpg
大宮駅で、予め打ち合わせ通り同級生のDが合流。Dは50年来の幼馴染で私の全てを知ってくれているお姉さんのような人(謎)「はやぶさ号」は、大宮から仙台はノンストップなので、あっという間に仙台駅に到着してしまいました。当初JALのスーパー先得で大阪⇔仙台のチケットを予約購入していたものの、この時点でブラジルに帰る日にちが迫っていたため、JALのチケットをキャンセルして、レールパスをこの日から消化するため、急遽新幹線に替えたものでした。飛行機の先得チケット代はキャンセル料をガッポリ取られ、泣きっ面に蜂。鉄道での移動は時間はかかりましたが、終始快適で疲れず、良い列車の旅が出来ました。航空機・鉄道の旅、どちらも甲乙つけがたいくらい好きです。
f0146587_04093110.jpg
仙台駅の新幹線改札口を出て右に曲がったところに、駅ナカ飲食店がずらーっと並んでいる中でも一番人気があるのは、牛タンのお店。いつ行っても長蛇の列です。しかし、私はDに「今日はお鮨が食べたいっ!」とお願いしていたため、あまり迷わず気仙沼に本店のあるフカヒレ鮨で有名な「あさひ鮨」に入りました。お昼をちょっと過ぎた時間だったせいか、結構座席には余裕がありました。
f0146587_04100652.jpg
久々の再会を祝してビールでカンパイ…。
f0146587_04105301.jpg
比較的リーズナブルな価格の盛り合わせ鮨を頂きました。地元だけあり、どれもこれも美味しい、美味しすぎる!!ここの「あさひ鮨」はかなりハイレベルなお鮨屋さんでした。父が仙台に赴任していた頃、良くお鮨を食べさせてもらっていたことを思い出していました。
f0146587_04103666.jpg
ゆっくりお鮨を食べ終えた後、午後2時に仙台駅東口から出る「ホテル瑞鳳」のシャトルバスに乗り込みました。このバスは事前予約制で、新幹線に乗り遅れた同級生の代わりに、我々がこの早いバスに乗ることが出来ました。同級生のグループラインがあるので、こんな時連絡にとても便利でした。
f0146587_04120371.jpg
いよいよ同級生幹事の待つ「ホテル瑞鳳」へ向かいます。秋保温泉は仙台駅からバスで約30分くらいとのことでした。

# by beijaflorspbr | 2017-08-12 18:00 | 同窓会 | Trackback
2017年 08月 11日

北新地「福の根」別館へ

大阪の中でも一流の料亭やバーなどが並ぶ北新地。憧れはあるものの、なかなか敷居が高くて来るのは初めてでした。今宵は昔お世話になったK先生と、ここ何年か親しくさせて頂いているS先生ご夫妻との再会が待っていました。
f0146587_22285700.jpg
ちょっと道に迷ったものの、スマホのおかげで直ぐに辿り着くことが出来ました。いくつかある「福の根」ですが、予約して頂いた別館にやってきました。
f0146587_22323397.jpg
「福の根」のご主人は、坂根久人さんといい、18歳から「神田川」で修業を積み、21歳の時に神田川俊郎氏のマネージャーに抜擢されたという伝説の料理人です。その後、神田川の料理長を経て代表取締役になった後、独立「福の根」をオープンします。きっと料理の分野で類稀なる才能があった方なのでしょう。初めてお目にかかるので、ちょっと緊張しましたが、実はとても気さくな方。直ぐに個室に案内されました。
f0146587_22334921.jpg
こちらが若きオーナーの坂根久人さんです。実は私の高校の後輩でもあります。「ごゆっくりお食事をお楽しみください!」と満面の笑顔。期待が膨らみます。
f0146587_22400225.jpg
いよいよお料理が運ばれて来ました。前菜3種盛り、どれもこれも優しいお味。
f0146587_22351110.jpg
新鮮なお刺身の盛り合わせ。大好物のイカが透き通っています!!
f0146587_22355256.jpg
このお店の名物でもある茶碗蒸し、唸ってしまうほど美味しい…。そしてどこまでも優しい味。
f0146587_22362101.jpg
煮物(ピンボケですみません)
f0146587_22365139.jpg
一手間かけた揚げ物
f0146587_22372547.jpg
そして最後は鍋でほっこり…。
f0146587_22375451.jpg
デザートはこれも名物のトロトロプリン、全部美味しかったぁ!!そして量もちょうど良く、素敵なディナーでした。
f0146587_22385535.jpg
f0146587_22392527.jpg
関西の有名人が同店を訪れているようで、写真がたくさんありました。坂根さんご本人は決して派手な方ではなく、逆にとても謙虚な方です。関西では有名料理人で、かつ愛想がも良いせいか、万人に好かれるのだなあ~と思いました。もちろん我々も彼と記念撮影しましたよ。
f0146587_22403298.jpg
昔懐かしいテレビ番組料理の鉄人で、当時「神田川」で働いていた坂根さんが、日本料理の鉄人・中村孝明さんに「あなご対決」で勝利した時の動画を見つけました。

「福の根」のお料理は、どれもこれも美味しく優しいお味で感動しました。自宅に帰って、頂いたお土産を開けると。。。美味しそうなお菓子の数々。感謝しつつ、早速子どもたちと分けて頂きました。
f0146587_22410228.jpg
体に優しい和食のコースを頂けて、幸せな一夜でした。S先生、K先生いつもありがとうございます!!


# by beijaflorspbr | 2017-08-11 18:00 | 日本の美味しいもの | Trackback
2017年 08月 10日

窃盗事件その後のその後(防犯対策や色々)

【2017年8月2日(水)】
午前10時20分頃、メトロ・ヴィラマリアーナ駅のICカードチャージ窓口に並んでいると、いきなり走って来た8歳くらいの小僧に財布をひったくられる。被害は現金とクレジットカード(キャッシュカード兼用)、家の鍵と財布本体。直ぐに自宅の夫へ連絡、私はクレジットカードの発行元であるB銀行へと急ぎ、カードの使用停止願いを出す(その前に夫が既に銀行の担当者に電話連絡をしてカードをブロックしてもらっていた)。実際に銀行に行ってカード使用履歴を見てもらったところ、盗難後悪用された形跡はゼロ。その後大変驚いたのは、自分のカードだけではなく、夫のトリオさんのカードもセキュリティー上、同時にブロックされ使えなくなってしまったこと。翌日銀行でお金を下そうとして発覚する。カードの再発行は8日後自宅に郵送すると言われた。
【2017年8月3日(木)】
インターネットでPolicia CivilにBoletim de Ocorrência(被害届)を出す。念のため、全ての事項が書かれた書類をプリントアウトをして保管(全部で2枚)。
【2017年8月7日(月)】
B銀行から新しいクレジットカードが郵便書留で自宅に届く。この段階ではまだカードは使用不可。
【2017年8月9日(水)】
近所のB銀行に新しいクレジットカードの使用開始手続きに行く。これは窓口ではなく、ATMで本人の認証番号を入れることで、簡単に手続きが出来た。私は指紋認証、トリオさんは暗証Codeを使用。いずれも問題なく手続きが完了した。漸くクレジットカードが使えるようになり、早速ガソリンを満タンにし、週末のお客さまに備えてスーパーで山ほどお買い物をした~♪

という過程で順番に進みましたが、先週末はクレジットカードが一切使えないため、大変苦労をしました。安全な日本のように、何枚もクレジットカードを持っている訳ではないので、初めてカードのない1週間を過ごしました。今、日本から娘が帰ってきているため、ほぼ毎週のようにショッピングセンターに行って、衣料品やお土産ものの買い物をするのですが、現金だとその都度「お釣りがない」とか「カードは持っていないの?」などと怪訝そうな顔で店の人に咎められたりして、嫌な思いをしました。何より、お札が恐ろしい勢いで飛んでいく。。。
f0146587_05560459.jpg
(週末のスーパーのお買い物は娘のエルに支払ってもらいました。ありがとうね!!)

それと、スマホのアプリを使って、UBER(タクシー)を呼ぶ時は、ペイパルでその都度決済をするシステムなのですが、そのカード情報も前のカード番号を消去して新しいものに書き換える必要がありました。うっかりペイパルのPWを忘れてしまったため、手続きに倍時間がかかってしまいました(笑)そんなこんなで先ほどまで必死になってあれやこれや設定し直していると、あっという間に一日が過ぎて行きます。盗難はないに越したことはありませんが、被害に遭ってしまったら冷静に現実を認め、心落ち着かせて淡々と順を追って手続きをしなくては前に進めません。家族の手も借りて、可能な限り出来ることは全部やました。全ての手続きを終えて、ちょっと安堵しています。まだ財布も鍵も見つかってはいませんが、鍵は取り替えることで問題は解決するので、あともう少しです。今後の対策としては、財布は現金だけを入れる。出来れば盗られて良いくらいの金額を入れた財布と大きな額のお財布の2か所に分け、クレジットカードや身分証明書などは財布とは別に保管するなどの対策をしたいと思っています。上半期で742人もの人が銃撃戦で死亡したというリオデジャネイロに比べたら、犯罪に巻き込まれても、傷つけられたり、殺されなかっただけまし、と思わないといけませんね。『不幸中の幸い』という言葉が身に沁みました。これ以上誰も私のような被害に遭わないよう、私を反面教師として皆さまもどうかお気を付けくださいませ。何度もしつこく記事にして不快かもしれませんね、すみません。これでもう終わります。


# by beijaflorspbr | 2017-08-10 18:00 | その他 | Trackback
2017年 08月 09日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・⑦伊勢神宮参拝 最後

長々と伊勢神宮を歩いています。ご正宮、荒祭宮とゆっくり回った後は、おはらい町方面へ戻ります。
f0146587_21213373.jpg
この鳥居の下が実は絶好の撮影スポットというのは、地元三重のSさんに教えて頂きました。下には五十鈴川の清流、直ぐ上は宇治橋という好ロケーション。その辺にいらした方たちとお互いに写真を撮り合って、ほんわかした良い時間を過ごしました。
f0146587_21222519.jpg
清流五十鈴川、今日も穏やかな流れです。
f0146587_21224792.jpg
おはらい町の街並みも古風でステキでした。
f0146587_21253363.jpg
赤福本店までやってきました。
f0146587_21260542.jpg
目の前で赤福を仕上げる女性たち。外国人はよほど珍しいのか張り付いて動画を撮っています。後ろの女性は監督さんかな!?
f0146587_21263073.jpg
五十鈴川からの風が心地良く涼しい空間にホッとしました。
f0146587_22122364.jpg
良く冷えた淹れ立てのほうじ茶と赤福のコラボがなんとも合うこと…。幸せな時間でした。真ん前に夏季限定で赤福氷もあったのですが、術後でお腹を壊しそうだったので、遠慮しました。お腹が普通に戻ったら是非再挑戦したいものです。
f0146587_21312587.jpg
赤福を美味しく頂いた後は、近鉄・宇治山田駅に送って頂きました。この駅は初めてでしたが、なかなかレトロな雰囲気でステキでした。
f0146587_21274902.jpg
あまり待たずに大阪・難波行きの特急に乗ることが出来ました。奈良県の大和八木駅で急行に乗り換えて、地元に戻りました。
f0146587_21280795.jpg
あっと言う間の2日間の三重の旅、お友達のSさんの優しさに満ちたアレンジのお蔭で、懐かしい皆さんともお目にかかることが出来、温泉も楽しめ、最後には伊勢神宮で心洗われる体験をさせて頂きました。いいな、三重県!改めて頂いたご縁に心から感謝した次第です。また帰国したら必ず三重県を訪れたいと思いました。もし三重県に行かれたことがない方がおられたら、是非是非三重県へ…海の幸山の幸が豊富で温泉もあり人も温かいですよ。今回は湯の山温泉と鈴鹿・伊勢と三重県の3地点を訪問することが出来、大変幸せでした。三重県バンザイ\(^o^)/Sさん、今回もありがとうございました。

# by beijaflorspbr | 2017-08-09 18:00 | 三重県 | Trackback
2017年 08月 08日

久々の三重県・鈴鹿市へ・・・⑥伊勢神宮参拝

伊勢神宮参拝へと記事を戻します。正宮にお参りをした後は…
f0146587_21174836.jpg
巨大な木の幹を撫でて自然の力をたくさんもらいました。「神宮杉」と呼ばれ、大変人気がある木で、皆が触り過ぎて幹が光っています。樹齢何百年何千年の木を見ていると、それこそ木から氣をたくさん頂けるような気がします(「き」ばかりで冗談みたいですが…)
f0146587_21182504.jpg
御稲御倉(みしねのみくら)が見えてきました。ここには神宮神田で収穫された稲が収められる倉だそうです。
f0146587_21185369.jpg
こちらの外幣殿(げへいでん)には古神宝類が収められているそうです。でも・・・古神宝類って一体何でしょうねえ?
f0146587_21191827.jpg
別宮の「荒祭宮(あらまつりのみや)」にお参りしましょう。ここは絶対に外せません、というのもいくつかのパワースポットがあるからです。
f0146587_21194549.jpg
荒祭宮へ行く途中の階段に、『踏んではいけない石』があるのはご存知ですか?
f0146587_21201941.jpg
全部で55段ある中の下から数えて14段目のところにこんな3つの石があります。石の割れ目が天という字に見えるところから、天から降って来た石ではないか?などと言われています。うっかり踏んでしまった人が災難に遭うという言い伝えがあるそうですので、踏まない方が賢明かもしれません。
f0146587_21203588.jpg
その辺にいらっしゃる方にもお節介なことに注意を促して喜ばれました。お友達のSさんがちゃんと証拠写真を残してくださいました。
f0146587_21543298.jpg
お礼参りの「ご正宮」そしてお願い事をしても良い「荒祭宮」片参りにならないよう、長い行列に並んでちゃんとお参りをさせて頂きました。
f0146587_21210986.jpg
三重県にご縁が出来たおかげで、伊勢神宮にはこれまで何度も来させて頂いていますが、境内に入った途端に妙に心が落ち着き、歩いているうちに気持ちが綺麗に洗われるような気がします。今までの煩悩?を捨て、人生をもう一度新たな気持ちで仕切り直しが出来るような気がするから不思議です。参拝が終わった後は、絶対に外せないあのお店で一服、もう少し続きます。

# by beijaflorspbr | 2017-08-08 22:03 | 三重県 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 07日

シッセラの人生

言葉も生活習慣も分からないまま日本からブラジルに嫁いできた私は、家族の手厚いサポートを受けたのはもちろんですが、一番身近な存在で、日常生活を何かと手助けしてくれたのが歴代のEmpregada=お手伝いさんたちでした。その数多いお手伝いさんの中でもピカイチだったのはシッセラという名前のブラジル人の女の子でした。30年以上も前に、まだティーンエイジャーだった彼女にバトントワリングを教えていたのが縁で知り合いました。その後家庭の事情で、高校に行きながら働かないといけないから働き口を紹介して欲しいと相談された時、一も二もなく「家に来れば?高校に行きながら子どもたちの面倒と家事手伝いを出来るだけしてくれたら良いから」という条件で我が家に住み込みで入ってもらいました。高校の授業料や交通費、月々のお小遣いなどの必要経費は全て我が家が負担しました。シッセラは一生懸命勉強しながら私立の商業高校に合格、午前中の早い時間からお昼まで学校に行き、帰宅後は一生懸命家事や子守りをしてくれました。高校卒業と同時に、夫が身元引受人となり、大手デパート(現在は倒産)の正社員として働き始めました。その後縁を得て、ある男性と知り合い結婚しました。サンパウロ郊外の自宅で行われた結婚式には、我々も仲人として参加し、幸せそうで可愛らしいシッセラの姿を目を細めて見守ったものでした。シッセラは、当初まるで実家に帰ってくるように頻繁に我が家を訪ねてきました。その後2人の女の子にも恵まれ、昔我が家で覚えた数々の料理の腕を使って、フードトラックを始めました。近くに大きな工場があり、固定客も付き商売は大成功しました。とはいえ、つつましく堅実な暮らしをしながら自宅を購入し、子どもたちに高等教育を受けさせました。特に下の娘は美しく生まれたこともあり、モデルやミュージカル女優へと進む道を選択、忙しい中でも夢ある幸せな生活をしていました。2年前に夫のSが直腸癌に罹り、壮絶な闘病生活をずっと支えましたが、先月残念ながら亡くなってしまいました。
f0146587_21240893.jpg
(お土産①パウミット=ヤシの芽とチーズのタルト)
ここ数年間、商売の忙しさ、夫の闘病生活、子どもの送り迎えなどで多忙を極め、なかなか我が家に来られなかった彼女が、娘のパトちゃんが日本から帰って来ていることもあり、昨日久しぶりに我が家を訪ねて来てくれました。夫を見送ったシッセラは、少し寂しそうな表情の中にも安堵の表情が見られ、ホッとしました。「治療もありとあらゆることを尽くしたけど、残念ながらダメだった・・・」と話してくれた時は、悔しさを滲ませ涙していました。良く頑張った彼女をしっかりと受け止め、労ってあげました。パスタの昼食を挟んで3時間ほど滞在したシッセラの表情は実に晴れやかでした。
f0146587_21242846.jpg
(お土産②イチゴのタルト)
隣に座って、ゆっくりじっくり彼女の話を聞いてあげました。シッセラの綺麗な目が特に印象的で、改めてまだブラジルの生活に慣れていない時に、この心優しい人にたくさん支えてもらったんだなあ~と感謝の気持ちが沸いてきました。5年以上も寝食を共にしたシッセラとのご縁はずっとこれからも切れないことでしょう。今でも朝8時から夜8時までフードトラックで一生懸命仕事を続けている彼女、これからも頑張ってね。人と人のご縁を深く感じた週末のひと時は大変幸せな時間でした。ありがとう、シッセラ!!
f0146587_21355140.jpg



# by beijaflorspbr | 2017-08-07 21:39 | 人生 | Trackback