ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 16日

桜だより2017年その2

f0146587_21273307.jpg
圧倒される京都御苑の紅しだれ桜
パトちゃんが撮って来てくれました
来年は一緒に観られるかな?
なかなか帰国しない私に複数のメッセージが来ています
「今年は帰らないつもりなの?」
いいえ、ちゃんと帰りますよ
藤の花が咲く頃、きっと皆さんに日本のどこかでお目にかかれることと思います
待っててね~♪


# by beijaflorspbr | 2017-04-16 21:28 | 家族 | Trackback
2017年 04月 15日

鮮魚 三木(みつぎ)さんにイートインコーナー

私が毎週お買い物に行っているサンパウロの東洋人街・ガルボンブエノ。この一角に魚屋の三木(みつぎ)さんがあります。日本人は、魚がないと生きていけません。そんな私たち家族の支えだったのがこの魚屋さんでした。2012年6月に店主の三木宗三郎さんが病を得て亡くなられた後、その前からずっと地道に修行をしていたブラジル人のAntonioくんが跡継ぎとして頑張ってきました。
f0146587_21492338.jpg
つい最近、意を決して店内を大改装したアントニオくん、魚屋には大切な水回りも使い勝手良くなり、全体的に小綺麗になりました。以前から「折角お刺身を作るのなら、ここでちょこっと簡単に食べられるようにしたらどう?もったいないよ」なんてアドバイスを何度も
していました。
f0146587_21510512.jpg
三木のおじさんの厳しい修行に長年耐えたアントニオくん、今は経営者としてしっかり真面目に働いています。
f0146587_21550981.jpg
つい最近、店内を改装したと同時に、お刺身とご飯を用意して、お店の前で簡単に食事が出来るイートインコーナーを設けました。
f0146587_21520068.jpg
ささやかなイートインコーナー。希望すれば魚を選んでその場で切ってもらうことも出来ます。冷たいビールやソフトドリンクなどの飲み物も用意されています。
f0146587_21512058.jpg
親切で真面目なアントニオくんの新しい挑戦がうまくいきますように、応援しています。

Peixaria Mitsugi
Rua Garvao Bueno,364 Box 7 Liberdade
Tel: 11-3207-3953


# by beijaflorspbr | 2017-04-15 22:30 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 14日

Feliz Pascoa

今日はPascoa(イースター=復活祭)の日。街のスーパーには卵型のチョコレートがこれでもか!というくらいぶら下がっています。小さい子どもがいる時代は、良く買いましたが、何年も買っていません。
f0146587_22494702.jpg
今日食べるものは、お肉以外で、最もメジャーなのがBacalhau(干し鱈料理)です。我が家もトリオさんが準備に大わらわです。そんな横で平気でキーボードを叩いている悪妻な私。
f0146587_23060959.jpg
ただただ出来上がるのが楽しみ!!!


# by beijaflorspbr | 2017-04-14 23:07 | 年中行事 | Trackback
2017年 04月 13日

日本からのお土産など・・・

日本を離れてまだ4か月にしかならないのに、日本が妙に懐かしく思える今日この頃。やはりこの桜満開の時期は、気持ちがわさわさします。そんな私の心中を察してか、マメに桜の写真を送ってくれる教え子がいます。その画像を見て、すっかり行った気になって満足しています。さて、私のブログ専用メールにも良くお問い合わせがある「日本からブラジルへのお土産は何が良いの?」なのですが、正しい(と思われる)答えは『何を頂いてもとても嬉しい』です。最近、日本から来られたお友達から頂いた貴重品の数々。ヨックモックのクッキーは、大切に大切に頂いているので、まだ数本は残っています。
f0146587_11102641.jpg
こちらのメリーのチョコレートは日本にいる時に頂き、サンパウロまで持って帰ってきたものです。恐らく日本で食べるよりも数倍美味しく感じました。日本のチョコは美味しいですね!!
f0146587_11103403.jpg
随分前に頂いた高級和菓子とお煎餅も嬉しかったですね。
f0146587_11253442.jpg
そして番外編ですが、我が家で昨年フェイジョアーダ講習をした時に、皆さまから頂いたマカロン。ブラジルにもオシャレなスィーツがあるのですねえ!
f0146587_11104069.jpg
その他お土産候補(日本→ブラジル)
◎洋菓子(綺麗な包装紙に包まれたもの)
◎和菓子(カステラ等は喜ばれます)
◎お煎餅類
◎折り畳み傘
◎タオル・ハンカチ類
◎和ポーチ
◎エコバッグ
◎キッチン便利グッズ
◎ラップやティッシュも候補に…。
 
【以前当ブログに書いた記事もご参考までに載せておきます。】

(こちらブラジルに住む日本人向けに喜ばれるお土産)
※最新の週刊誌
※年齢に合った月刊誌
※美味しい和菓子(あ、自分好みに偏ってきています)
※パリパリのお煎餅(例えスーパーの袋に入ったものでも日本のものは美味しい!)
※高級な日本茶よりもティーバッグや粉末で気軽に入れられるお茶
※半生のチリメン雑魚など
※冷凍明太子
※パリパリの海苔
※蒲鉾や竹輪などの練り物
※自分では買わないちょっと贅沢なふりかけやお茶漬けの素
※インスタント味噌汁
※真空パックの鰻
※お漬物

意外に喜ばれないもの・・・。
※昆布や佃煮
※極端に甘いお菓子や食品
※洋服(好みが合えば良いが合わないと着られない)
※乾物類

(ブラジル人向け)
※美しい包装紙に包まれたお菓子(ヨックモックなどの洋菓子の方が喜ばれる)
※ガーゼのタオルやハンカチ(色の派手目なものが好まれる)
※日本的なキーホルダー等
※縫製の良い色鮮やかなTシャツ
※招き猫?(笑)などの可愛い置物、神社などのお守りが好きな人もいます。
※レターセットや一筆箋(日本人向けも可)
※爪切り(日本製爪切りは切れ味抜群です!)
f0146587_11401286.jpg
(私はこの爪切りを5本ほど買ってきて、必要に応じて差し上げています)
最後にもう一度書きますが、私たちは何を頂いても嬉しい、というのが本音です。ご参考になれば幸いです。


# by beijaflorspbr | 2017-04-13 19:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 12日

UAのオーバーブッキング問題

4月9日、ユナイテッド航空と提携する8社が運航する地域路線・ユナイテッド・エクスプレスのイリノイ州シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きのUA3411便で、離陸前の同機から4名の客室乗務員を乗せる必要があり、一般客からボランティアを募ったところ該当者がいなかったため、「規定に従って選ばれた4名」の搭乗客が降ろされることになりました。そのうちの最後のアジア系男性が拒否したため、当局によって力づくで引きずり出される動画が、ツィッターを通して世界中に拡散されました。この事件に関して、我が身に置き換えたら本当に恐ろしいことだと思いました。自身が飛行機を乗る機会が多い中、過去に何度か「ボランティア」を募っているのを耳にしたことがあります。記憶に新しいのが、フランクフルト→サンパウロのLH506便で「乗客の皆さまの中で3名のボランティアを募集します。謝礼300ユーロ、ホテル、翌日同便のビジネスクラスを提供させて頂きます」という放送に一瞬心が騒ぎましたが、一刻も早くサンパウロに帰りたかったので断念した経緯がありました。この時の放送は1回だけだったので、あっという間にボランティアが集まったようです。該当のユナイテッド機も、もう少し謝礼金を上げてみる方法もあったと、後の報道で知りましたが時既に遅し。恐らく、関係者もこんな騒ぎになるとは思わなかったのではないかと思います。誰もが航空機を使う場合は、予め予定を組んで行動します。一人一人に事情があり、どうしても譲れないこともあると思うのです。もし私が「もう一本後にして欲しい」と名指しで懇願されたとしても、断る権利はあるはずです。該当の男性は、医師で翌日の診察があるためにどうしてもその便に乗らないといけなかったという事情を抱えていました。口に怪我まで負って悲惨な姿でした。この事件は、同航空会社の信用問題にまで至り、世間は大騒ぎになっているのは当然のことと思います。私が時々検索に使っているdecolar.comでサンパウロ⇔大阪を見ると、一番上に掲載されるのがユナイテッド航空/ANAの便で、私がいつも購入するアメリカン/JALより割安なのです。安さに惹かれはしますが、マイルを貯めているアライアンスも違うので、今後も決して乗ることはないかと思います。この事件で多くの乗客がUAから離れてしまうかもしれません。航空会社としての最低限のマナーを守りつつ安全運航を続けていくことこそ、世間が認める健全なエアラインだと思います。今回の一連の事件が、同社のシステムが大幅に改善されることを望みます。それにしてもしみじみ思うのは、米系の航空会社の塩対応。これにはいつも悩まされますが、過去には日本の某航空会社もこんな酷いことをしていましたっけ。常にお客様第一主義を貫かないと、間違った方向に突っ走ってしまうのではないでしょうか。乗客にも選ぶ権利があるので、これからも信頼できる航空会社のみに乗って行きたいと決意しています。
f0146587_22142868.jpg


# by beijaflorspbr | 2017-04-12 22:26 | 飛行機 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 11日

ありがとう&お疲れさま、浅田真央ちゃん

昨日のニュース速報で、女子フィギュアスケートの浅田真央さんが「自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなった」として引退を表明しました。僅か26歳で大きな功績を残した真央ちゃんは、多くの方が口を揃えて言っているように、たくさんの夢と感動を与え続けてくれました。個人的には、2011年に最愛のお母さまを喪った時は、自身の母親を亡くした時の感情とオーバーラップし、随分泣いてしまいました。その僅か2週間後の全日本選手権では見事な演技で優勝を亡きお母さまに捧げたのは立派でした。「一番近くで見ていてくれたと思います」のコメントに心が震えました。ソチオリンピックの伝説のフリー演技も素晴らしいものでしたが、私の中のナンバーワンはこの「愛の夢」です。
2014年ソチオリンピックのフリー演技も、深く印象に残るものでした。真央ちゃんの立派なところは、礼儀正しさでしょうか。常に言葉を選びながら、一言一句を噛み締めるように慎重に話すところが素晴らしかったと思います。まだ若い真央ちゃん、どうかこれからの人生を大いに楽しみ、羽ばたいて行ってください。長い競技人生、本当にお疲れさま、そしてたくさんの感動をありがとうございました。あなたと共に、感動を共有できたことを幸せに思います。これからもご活躍を楽しみに見守ります。
f0146587_21410955.jpg
JAL贔屓と飛行機大好きな私としては、もう一枚どうしても気になる写真がありますので、貼り付けさせて頂きましょう。ソチオリンピックの前年のクリスマスに発表された真央ちゃんジェット特別塗装機、一度で良いから乗りたかったなあ。。。
f0146587_22573019.jpg
華麗に舞う真央ちゃんの姿が美しく描かれたJAL機、何と素敵なんでしょう!!

今浅田真央ちゃんの記者会見をライブ中継で観ました。終始笑顔を絶やさず、「悔いはない」と言い切った強い目に心動かされました。会見を終えた時にふと目を潤ませていたのが一番真央ちゃんらしい本当の姿だと思いました。21年間の競技生活、本当にお疲れさまでした。南米からですが、心からの拍手を贈ります。気が向いたらブラジルにも遊びに来てね〜♪


# by beijaflorspbr | 2017-04-11 22:40 | 人生 | Trackback
2017年 04月 10日

癌という病について…

f0146587_21281738.jpg
こんな夕暮れを眺めていると、どうしてもこの時期に経験した自身の大きな病と向き合う時間が訪れる。13年前の今頃、私はある総合病院の外科病棟のベッドに力なく横たわっていた。その時に眺めていた夕日とリンクするからだ。その2週間前に突然宣告された「直腸癌」という聞きなれない病名。何度かくじけそうになったり絶望的になったりもしたが、周りの方々の力強いサポートにより、ちゃんと正しく闘って行こう!と前向きに受け止められるようになった。お蔭で今私はちゃんと立ち直り、13年経った今も元気で生きている。生きているのではなく、神さまがお許しくださり、生かされていることを実感している。私の愛する教え子が、今日無事に還暦を迎えた。「無事に」という言葉に違和感を感じる方も多いかと思うが、4年前、彼女に告げられた病名は「癌」だった。定期健診を受ける段階で、既に癌が転移しており、抗がん剤と放射線治療が必要なことを担当医に告げられた。そんな経緯でも、彼女は常に前向きに戦い続けている。地方都市でちょっと有名な彼女は、多くの仕事仲間や友人を得て盛大に誕生祝をしてもらったようだ。はち切れそうな彼女の笑顔が溢れた写真に涙した。誰もが彼女を必要とし、温かく優しく包み込むように寄り添ってくれている。こんなにも遠く離れているけれど、私もずっと見守っている。病気を得て、初めてそんな当たり前のことに気が付く。Mちゃん、お誕生日おめでとう、近日中に会えますように!人はその漢字の通り、お互いに支え合って行かないと生きていけないのだと思ったMの誕生日。しみじみ日本に思いを馳せた時間だった。命を大切に守ろう、それは周りの人たちをたくさんの幸せで包み込むことになるのだから…。

# by beijaflorspbr | 2017-04-10 21:48 | 癌と闘う | Trackback
2017年 04月 09日

桜便りにのせて・・・

f0146587_23092434.jpg
日本にいるパトちゃんから桜だよりが届きました。今年は今一つお天気に恵まれず、この日も生憎の雨模様だったそうです。そんな困難な状況で撮ってくれた満開の桜はとってもステキでした!!今年はお友達の皆さまからの折角の桜だよりが、少しだけくすんで見えます。この時期の楽しみは、何と言っても卒業と入学便り。教え子のお嬢さんの難関大学への入学や、恩師のお孫さんの有名私立中学入学のお知らせなど。このお孫さんの場合は、おじいちゃまおばあちゃまが当のお母さんより張り切って、一緒に過去問題集を解いたり、塾の送り迎えなどを積極的にされていたので、喜びもひとしおだったことでしょう。本当に良かった…。我が家はもうそんな大きな変化もありませんが、何もないのが良い便りなんて開き直っています。新しいことが始まる春、木々も芽吹き希望に満ちた日々が訪れますように!!(願)


# by beijaflorspbr | 2017-04-09 21:40 | 美しいもの | Trackback
2017年 04月 08日

サンパウロの豪雨

昨晩サンパウロを襲った豪雨は、たった2時間の降雨量が4月1か月分の雨量を軽く超えてしまうほどでした。市内はあちこち大洪水で、大きな被害を齎しました。Globo局のお昼のニュース動画はコチラです。特に、サンパウロ市北部の被害が大きかったようで、何か所か通行が洪水によって遮断されてしまいました。こんな大雨の時期にグァルーリョス空港からのフライトを予定されている方は、くれぐれも時間に余裕を持ってお出かけください。
f0146587_06432179.jpg
(G1サイトより画像をお借りしました)
今日も朝からシトシト雨が降り続いている中、いつものリベルダージまで食料品の買い出しに行って来ました。いつもなら40-50分ほど乗っていたら目的地に着くのに、1時間30分もかかってしまいました。とにかく酷い渋滞で、流石のバス専用レーンも歯が立たず、何度か止まっては動き出しまた止まる…の繰り返しでなかなかスムースに動きません。3地点を買い物に歩き回っている途中、心配したトリオさんから電話が入るなど、いつもと違うサンパウロ市内の大混乱にすっかりくたびれ果ててしまいました。毎週金曜日は、自宅近辺でフェイラ(朝市)があるので、ご褒美はPastel(揚げパイ)です。一番大きなEspecialを買って、二人で分けて食べると程よい量なので、我が家の金曜日の手抜きメニューは今やすっかり定番化してしまいました。
f0146587_06301466.jpg
我が家の拘りは、これに自家製のヴィナグレッチとゆで卵を添えること。サンパウロにお住いの方、たまにはパステウなど如何ですか?お野菜をたっぷり加えると、主食に変わりますよ~♪


# by beijaflorspbr | 2017-04-08 06:40 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2017年 04月 07日

空からの光景

f0146587_19455557.jpg
こんな見事な光景を目にしたら、いつ死んでも良いな〜なんて思ってしまいますね。早くJALで元気に空を飛びたいです。体調は一進一退、昨晩は遂に痛み止めを飲んで漸く熟睡出来ました!

# by beijaflorspbr | 2017-04-07 19:31 | 飛行機 | Trackback