ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 29日

「すしざんまい」のお鮨

日本に到着した最初の食事は拘りたい!(笑)川崎の繁華街に元気良く繰り出しました。有難いことに、こうした商店街があり、食事前にちょっとフラフラ歩いてみました。
f0146587_21524070.jpg
ふと目を横にやると、「すしざんまい」と「田舎寿司」が目に入りました。すしざんまいというお店は、毎年社長さんが初売りで目が飛び出そうなマグロをセリで落とすニュースが話題になっていますね。一度も入ったことがないので、入ってみることにしました。
f0146587_21553038.jpg
1階はいっぱいだったようで、2階に案内されました。平日のせいかお店はガラガラでしたが、後ろの個室は賑わっていました。
f0146587_21582780.jpg
「喜び」という純米酒をお願いしました。無事に日本に帰って来られて本当に嬉しい。しみじみと思いました。お酒とおつまみを摘まんでいると、海老の頭の揚げたものが出されました。シャリシャリしていて、丸ごと食べられます。
f0146587_21594371.jpg
2,000円の「こころ粋」というお鮨の盛り合わせをお願いしました。量もちょうど良く、美味しく味わって頂きました。
f0146587_22002111.jpg
お味噌汁も有難い・・・。
f0146587_22004307.jpg
歩いてホテルに戻り・・・
f0146587_22080913.jpg
コンビニで買ったアイスを!旨い!!
f0146587_22312971.jpg
その晩はさすがに疲れて眠たくてたまらなかったので、早めに休みました。最近日本に到着したその夜は、こうしてホテルに泊まるようにしていますが、この時間は自分にとっては大変貴重な癒し時間です。明日も忙しくなりそうなので、頑張らなくちゃ・・・。


# by beijaflorspbr | 2017-10-29 22:45 | 日本の美味しいもの | Trackback
2017年 10月 28日

2017年秋ブラジル・サンパウロ⇒日本搭乗記⑥羽田空港~ホテルにチェックイン

羽田空港・国際線に降り立つのは初めて。都内から近いのは、何より安心感があります。大きなスーツケースと、ボストンを宅配便で送ると、スッキリと身軽になりました。私が乗ってきたJAL5便は一番上に表示されていました。
f0146587_17023811.jpg
折角なので、出発ロビーや江戸小路をお散歩することにしました。
f0146587_17034156.jpg
エスカレーターを昇ると、中心に立派な能舞台。
f0146587_17042494.jpg
今日の江戸小路は静かでした。出発便の多い時や、週末はもっと人が多いのかもしれません。
f0146587_17065743.jpg
関西系のお店を見るとホッとします。「つるとんたん」は相変わらずの行列。
f0146587_17385261.jpg
歩き疲れたので、そろそろ今宵のホテルに向かいましょうかね。
f0146587_17161625.jpg
京急で川崎に向かいましょう。
f0146587_17171110.jpg
あっという間に川崎に着き、ちょっと迷った末ホテルに到着しました。予約していたのはホテル・サンルート川崎です。サンルート会員なので、高層階&レイトチェックアウトの恩恵を受け、一番奥の角部屋に入りました。
f0146587_17411820.jpg
川崎の夜が更けていきます。
f0146587_17262437.jpg
部屋に入ると、エアコンや空気清浄器を付け、アイパッド、アイフォンの充電をするので、意外に忙しい。息子が送ってくれたのはシムカードにガラケー。未だに二台持ちしている時代遅れな私です。
f0146587_17205377.jpg
そうこうしているうちに、午後7時半を過ぎてしまいました。さすがにお腹が空いたので、食事に行きましょう。このまま日本到着日記を続けます。


# by beijaflorspbr | 2017-10-28 18:09 | 飛行機 | Trackback
2017年 10月 27日

2017年秋ブラジル・サンパウロ⇒日本搭乗記⑤JAL5便でニューヨークから羽田へ

ニューヨーク市内をまさに駆け足で抜けた後、パスポートチェックを受けて中に入ったのはフライトまでちょうど1時間という頃でした。昔に比べて売店には色々なものが売られていました。
f0146587_18565803.jpg
フライトまで少しの間でしたが、充電をするためラウンジに入室させていただきました。ああそうだ、ラウンジでたまたま真横に座った女性2人。ニューヨーク在住のマダムのようで、聞き耳を立てている訳ではないけれど、一人の女性の話が自然に耳に入ってきました。その方のお話によると、例えば観劇やコンサートなどのチケットやホテル・エアラインなどの予約はカード会社のコンシェルジュに頼んだことしかない。因みに頼んだ席はいつも良い席で文句なしなの…さすがブラックね!だってさ。特別顧客には、どんなことをしても確実に取ってくれるそうな。これを約30分ほどグダグダと同じ話を繰り返す…。もうひとりのお友達!?と思われる女性が余程聞き上手なのか、全然自慢話が止まりません。私にもしこんな自慢ばかりする友人がいたら、到底付いて行けないなあ。。。としみじみ思いました。もうそれ以上聞くに堪えないので、ラウンジを出てゲートスペースへと移動をしました。いや、この時間は辛かった。。。本人は全然気にしていないと思いますが。目の前には見慣れないアゼルバイジャン航空の飛行機。
f0146587_18590239.jpg
そうこうしているうちに、JAL5便羽田行きの搭乗案内が始まりました。優先搭乗の3番目(①お手伝いを必要とする方&小さい子供連れ②エメラルドステータス③サファイアステータス)に入りました。
f0146587_19003007.jpg
今日はこちらのプレエコではなく...(笑)
f0146587_19011075.jpg
もちろんいつもの乗り慣れたエコノミークラスです。向かって右側の通路側C席を予め指定しておきました。お隣は日本人の落ち着いた年配女性、その向こうの窓側A席は若いサーファー風の男性。お二人とも物静かでした。
f0146587_19011675.jpg
JAL5便はほぼ時刻通りに離陸し、程なく食事サービスが始まり、赤ワインをもらいました。
f0146587_19015782.jpg
その後、待つことなくお食事が運ばれて来ました。鶏の照り焼きかビーフシチューの選択でしたので、和食の鶏肉を選択しました。お蕎麦の上にキンピラが乗っているのが面白い。
f0146587_19025286.jpg
何だか白ご飯が恋しい…。鶏は柔らかくて肉厚でなかなか美味しかった。鶏が苦手な私でも何とか完食できました。
f0146587_19034428.jpg
飛行機は順調に航行し、天候にも恵まれたせいか、ほぼ揺れを感じることなく快適なフライトでした。
f0146587_19051452.jpg
食後のハーゲンダッツが楽しみです。
f0146587_19062166.jpg
食後、嵐の大野智くんが主役の「忍びの国」の映画を観た後、ぐっすり眠ってしまいました。ふと目を開けるともう次の食事時間。何とまあいつものように目が腐るほど寝た寝た。お隣の方には予め「私は鬼のように良く寝ますが、お手洗いに行かれる時は、遠慮なく声をお掛け下さいね」と申し上げておきました。でも途中で起こされることはなく、私がトイレに立つと皆で一緒に立つという絶妙なタイミングでした。
f0146587_19071498.jpg
ニューヨークから羽田は13時間とロングフライトですが、一度も遠いと思ったことがありません。JALは乗り心地の良さに加えて、サービスの良さが心地良く、今回も楽しいフライトを存分に楽しませて頂きました。
f0146587_19091037.jpg
到着前に地図を動かして遊んでいると、いきなり南米大陸が出てきました。南米を後にして何時間かしか経っていないのに、何だか懐かしいのは大切な家族が住んでいるからでしょうか。ん?地図の中にサンパウロがないことを発見!
f0146587_19114419.jpg
午後4時過ぎ、JAL5便は定刻より少し早めに羽田空港に到着しました。
f0146587_19125912.jpg
無事に3カ月ぶりの帰国を果たしました。この時点では全く疲れを感じていませんでした。ほんのそこ等辺から戻ってきたような感覚。さ、荷物を受け取って大阪に送らなくちゃ。。。


# by beijaflorspbr | 2017-10-27 19:59 | 飛行機 | Trackback
2017年 10月 26日

2017年秋ブラジル・サンパウロ⇒日本搭乗記④フリーダムタワー

フリーダムタワーからの眺めは、壮大でした。ジモティ―のMちゃんが東西南北を詳しく詳しく解説してくれるものの、初めての街なので全然ピンときません。次は泊まり込みで、実際に歩いて実感してみないといけないなと思い、新たな目標が出来ました。
f0146587_00572596.jpg
ハドソン川(と言えばあの飛行機が水中着陸したことしか思い浮かばない・・・)
f0146587_00581058.jpg
f0146587_01001347.jpg
f0146587_01011788.jpg
自由の女神も遠目で…。
f0146587_01020614.jpg
f0146587_01032975.jpg
見れば見るほどにもっと知りたくなるニューヨークと言う大都会。大きな課題が残ったような気がしました。時間制限のある中、一生懸命説明をしてくれたMちゃんの博識もさることながら、田舎もんの私を精一杯楽しませようと工夫を凝らしてくれたことにただただ感謝!もう一度下から上を仰ぎ見ると・・・・デカいわ。
f0146587_01364915.jpg
JFK空港からロウアーマンハッタンまで連れていてくれたイエローキャブのおじさんに、もう一度空港まで送ってもらうことにしました。立派なアメリカンインディアンミュージアムや
f0146587_01380055.jpg
ブルックリン橋を傍で眺めるだけではなく・・・
f0146587_01025383.jpg
渡らせてくれました。
f0146587_01390813.jpg
「後ろを振り返ってごらん!」マンハッタンの絶景が・・・あっという間のニューヨークでしたが、綺麗で楽しかったなあ。
f0146587_01401404.jpg
ブルックリンミュージアムの真ん前を通って、一般道をひたすらJFK空港へと急ぎます。
f0146587_01383514.jpg
優しいMちゃん、梅と生姜の美味しい巻き寿司みたいなおにぎりをちゃんと持って来てくれました。ちょうど小腹が空いていたので、このさりげない心遣いがとても有難かったですね。最近日本に帰ったMちゃんの御主人のお土産で握った新米と焼き海苔はまた格別な味がしました。
f0146587_01410492.jpg
午前11時半、ハラハラしましたが、無事にJFK空港第一ターミナルに到着しました。
f0146587_01420381.jpg
そしてこの後、出国手続きをした訳ですが、複数の航空会社の出発が重なり、恐ろしいほど混み合っていました。私が並び始めた時点で、搭乗時間まで後1時間20分というところでしたが、混み合ってはいても意外に列はすんなりと進み、荷物検査を終えた時は、ちょうど搭乗1時間前でした。今回はJAL5便の羽田行きにしたことで、Mちゃんに無理をさせてしまいましたが、次からは3便にしてトランジットエリアでゆっくり待とうと思いました。スリル満点なプチニューヨーク観光でしたが、Mちゃんの優しさにずっと包まれて最高に楽しい時間を過ごすことが出来ました。Mちゃん、本当にありがとう。お世話になりました。次はいよいよJALで日本へ…。

# by beijaflorspbr | 2017-10-26 18:00 | 友達 | Trackback
2017年 10月 25日

2017年秋ブラジル・サンパウロ⇒日本搭乗記③ニューヨークプチ観光へ

独身時代の仕事仲間のMちゃんがニューヨークに住まい移してもう30年。この日久しぶりの再会を果たした我々、平日はかなり渋滞するというので、到着したターミナル8からエアトレインでターミナル1に移動をしました。ターミナル1の到着ロビーの隅に荷物一時預かり所があるということで行ってみると、本当にありました。場所はアリタリアとターキッシュの間に「BAGGAGE STORAGE」と書かれてあるので分かりやすいです。ここでは6時間6ドル、鍵は掛けずに、中身を開けて見せないといけません。身分証明書を提示して、顔写真を撮ってOK.思ったよりも厳重かつ厳格。それでも観光をする時は身軽な方が良いですものね。
f0146587_00550345.jpg
そのままタクシー乗り場へ行き、係の人にタクシーを呼んでもらいました。当たり前とはいえ、英語ペラッペラのMちゃんが頼もしく見えて仕方がない。
f0146587_00535611.jpg
イエローキャブは定額制だそうで、ここのお姉さんが用紙を渡してくれました。ロウアーマンハッタンまでひたすら車を走らせます。途中酷い渋滞に何度も何度も巻き込まれ、約1時間半でマンハッタンに到着しました。
f0146587_00545248.jpg
目的地はこちら、2014年後半に完成したニューヨークで一番高いビルのワンワールドトレードセンター(フリーダムタワー)です。
f0146587_00553761.jpg
正にJFK空港からニューヨークの都会のど真ん中にやってきました。
f0146587_00564049.jpg
Mちゃんが予めインターネットで予約をしてくれていたので、待ち時間ゼロですんなり入ることが出来ました。20分ほど遅刻をしましたがお咎めなしでした。
f0146587_01084544.jpg
中に入ると、建築材料や建築方法など実際に工事に携わった人たちのビデオが流れます。
f0146587_00584361.jpg
高層階へのエレベーターの中では、昔のニューヨークの街から現在までの変遷が描かれたビデオが3面に流れ、なかなか迫力があり楽しめました。1772年
f0146587_01061513.jpg
1868年
f0146587_01063963.jpg
最終目的地の102階に到達する頃には、現在のニューヨーク市の姿が。このような映像を見ていると、飽きるということがありません。さすがアメリカ!
f0146587_01072828.jpg
我々が昇ることの出来る最上階の102階に到達しました。耳がキーンとなってしまい、高層階に昇ったという実感が沸きます。
f0146587_01101865.jpg
真っ暗な部屋に案内され、ある程度の人数が纏まると「3分ほどの映像を観てもらいます」と言うやビデオが始まります。
f0146587_01042051.jpg
ずっと熱心に見ていると、いきなりさーーっと幕が開き明るくなり、パーッと視野が開けました。皆の中からワーッと言う歓声があがりました。ずっと暗い空間に押し込められた我々、そしていきなりのこの演出に感動を覚えました。魅せる(見せる)技術はやはり超一流でした。
f0146587_01044874.jpg
腰が引けたままの我々でしたが、気を取り直してニューヨーク市を上から時間の許す限りと眺めることにしました。

# by beijaflorspbr | 2017-10-25 18:00 | 友達 | Trackback
2017年 10月 24日

2017年秋ブラジル・サンパウロ⇒日本搭乗記②American950便でニューヨークへ

今日は一日中朝からずっと出かけていました。私たち海外在住者は日本滞在中にただ遊んで過ごすわけではなく、色々な使命を持って帰国しています。そのうちの一つが家族に頼まれたお買い物です。大阪は繊維の街なので、今日は難波・本町辺りまで繰り出しました。大きな荷物を抱え、最後は地元の百貨店で夕食のお買い物をして、ヒーヒー言いながら最寄りの駅に着くと雨が。。。びしょ濡れになりながら急いで戻ってきましたが、まるでボロ雑巾(笑)台風21号の後遺症はなかなか収まる気配を見せません。さあ、ブログ上の私はまだサンパウロ・グァルーリョス空港にいます。該当ゲートから順番にバスで飛行機に連れて行かれました。途中で間近に見える飛行機を見るのが大好きな私、そのためにわざと椅子に座らず、立ったままで写真を撮ってみましたが、残念ながら全部ピンボケ。まずはスターアライアンスグループのユナイテッド航空。
f0146587_22060467.jpg
ブラジルでは断然強いLATAM、エアバスを使ってあちこちに小まめに飛んでいます。
f0146587_22062927.jpg
ターミナルを出発して数分で、私たちが乗るアメリカン950便の真下にやってきました。エンジンがゴーゴーと大きな音を立てていて迫力満点!!
f0146587_22072930.jpg
タラップをヨイショヨイショを昇り、一番高いところまでやってきました。
f0146587_22082658.jpg
機内は人も少なく静か、そのうち大勢の人たちがワイワイ言いながら乗ってきました。
f0146587_22120268.jpg
私に宛がわれた席は、プレミアムエコノミーに該当する、少しだけ広い席で3-3-3、少しだけゆったりしていました。一見空いているように見えると思いますが、この後このエリアは満席になってしまいました。お隣はK国の若い女性。ずっとスマホを握りしめて離さず、ほぼ中毒状態の模様。肘はもちろん独占(-_-;)でも良いもんね、気にしない気にしない…。子どももいたものの、静かにしていました。全員が乗って出発を待つばかりになった時にアナウンスがありました。「お客様の中でドクターはおられませんか?急病人が出ました。」私も良くこういった便に遭遇するものです。エコノミークラスの一番後ろが騒然となっており、そのうち救急隊のような人たちが何人も機内に入ってきました。どうやらその急病人は、機外に出され病院に搬送された模様です。そしてまたアナウンスがありました。「急病人の方の荷物を飛行機から降ろしています」と。どなたかは知りませんが、ずっと楽しみにしておられた飛行機の旅をキャンセルせざるを得なくなって無念だっただろうなあと。やはり国際線搭乗を控えている時は、神経質なほどに体調管理に気を配らないといけないのだと思いました。結局この飛行機は1時間40分遅れで、サンパウロ・グァルーリョス空港を出発しました。この騒動ですっかりくたびれてしまいましたが、何とか食事を半分くらい平らげて、後は爆睡しました。お隣の若い女の人はずっとずっとスマホばかり…。よう目が痛くならないものだなあと。
f0146587_22111192.jpg
気が付くと、ニューヨーク到着1時間前です。速い~~♪1時間40分遅れで出発した該当機は、最終的に35分遅れまで縮めました。機長さん、パチパチー☆
f0146587_22125325.jpg
最後の食事はこんなお粗末なものでした。アメリカンは期待を裏切られることばかりですが、時間に正確なことと、機材が新しいので『単なる移動手段』と割り切って乗るようにしています。この便のCAさんたちは、とても気さくで良い人ばかりでした。
f0146587_22142483.jpg
ニューヨークには午前6時に到着するはずでしたが、結局50分遅れで着陸しました。降機してからは、可能な限り走ってイミグレーションへとまっしぐら。KIOSKの順番も直ぐに回ってきたため、あっという間に入国管理を通り、荷物もいち早くピックアップして再預入れカウンターへ。小走りに外に出ると・・・ニューヨークの親友Mちゃんが派手に(笑)迎えてくれました。今回はトランジットが約7時間あるので、Mちゃんのご案内で楽しみにしていたニューヨークプチ観光へ出発です。嬉しい~♪

# by beijaflorspbr | 2017-10-24 22:45 | 飛行機 | Trackback
2017年 10月 23日

2017年秋ブラジル・サンパウロ⇒日本搭乗記①グァルーリョス国際空港にてウロウロ

あまり変わり映えはしませんが、今回のブラジルから日本までの搭乗記を残したいと思います。やたらに写真が多くて、見るのに疲れてしまうかもしれませんが、適当に読み飛ばしてください。さて、しっかりお昼ご飯を作って食べて一休みした後、自宅から娘のエル号でグァルーリョス空港まで送ってもらいました。到着したのは午後6時過ぎ、私が搭乗するアメリカン航空のチェックインは既に始まっており、チェクインカウンターの前でもじもじしていると(私らしくありませんが…)【←実は高齢者枠を使うか、アライアンスグループのプライオリティーを使うかで単純に迷っていただけ】「セニョーラはこっちに来なさい」と優しいおにーちゃんが誘導してくれたのは、やっぱりプライオリティーレーンでした(笑)あはは、何のことはない、どこから見てもおばーちゃんってことよね。荷物は2個、大型スーツケースが鬼のように重たくて32キロ、小さい方のバッグは13キロと軽め。すんなり預かってくださいました。但し忘れずにHeavyタグが付けられましたが。そう言えば、10月はピンクリボン週間なので、街中のイルミネーションやテーマカラーが皆ピンクに彩られていましたっけ。ブラジルでも大変多い乳がんの早期発見は女性にとってとてもとても大切なことですものね。この時は、私ももうすぐ検査受けるよーなんて心の中で思っていました。
f0146587_21062127.jpg
電光掲示板には私の乗るアメリカン航空950便の表示すらまだ出ていません。でも行き先を見ているだけで気分が高揚するのが国際空港と言うもの。どうしても南米方面への便が多くなりますね。サンパウロ・グァルーリョス空港は正に南米の玄関口ですから。
f0146587_21065717.jpg
出入国カードにも記入をして、いよいよ出国します。見送りのいない一人ぽっちの旅立ちにもすっかり慣れました。
f0146587_21073480.jpg
荷物検査&イミグレーションを終えると、真ん前に飛行機が…。デルタにアメリカン
f0146587_21080227.jpg
こちらは出発準備の整ったスイス(チューリッヒ)・エールフランス(パリ)・チャイナ(北京)にKLMオランダ航空(アムステルダム)が並んでいます。もう少し早く来れば、ルフトハンザのフランクフルト行きジャンボが観られたのにな。。。残念!
f0146587_21082966.jpg
ザ・ブラジル!なお店。どこへ応援に行くというのだね、君たちは…。
f0146587_21093495.jpg
免税店の並んでいるエリアの左手にエスカレーターがあり、そこを昇ると…。
f0146587_21120516.jpg
ラウンジが並んでいます。Latamラウンジのお隣にはMasterのブラックカード専用ラウンジも設けられていました。不思議に富裕層の多いブラジル、優雅そうなマダムが談笑しながらそちらへ入られました。LATAMとAMERICANのラウンジはお隣同士なので、まずはスタイリッシュなアメリカンのラウンジから…。スパークリングとホットミールを少しだけ頂いてきましたが、どうも今一つ無線LANの繋がりが良くありません。
f0146587_21112961.jpg
なので、LATAMのラウンジに横移動しました。入ってすぐにシャワーをお借りしてさっと浴び、さっぱりしたところで・・・
f0146587_21152839.jpg
またもやシュワシュワちゃんとおつまみを。急に甘いものが食べたくなって、家から持って来た大切な虎屋のミニ羊羹をこっそり頂きました。忙しくて見逃していた「嵐にしやがれ」の動画をしっかり最後まで観ていると、そろそろゲート移動の時間が迫ってきました。
f0146587_21145878.jpg
それにしても、免税店の多い空港ですわ。
f0146587_21185126.jpg
ブラジルっぽいお店もあり、お土産の買い忘れには持って来いかも。但し、100ml以上の瓶詰めはトランジットのある人向きではありませんが。
f0146587_21215186.jpg
カシャッサ(ブラジルの蒸留酒)やNaturaのECOシリーズの製品も売っています。他に飾り物やTシャツなどもありました。見ているだけで楽しくなるようなお店でした。
f0146587_21210709.jpg
さて、寄り道ばかりしていないで先を急ぎましょうね~♪
f0146587_21222842.jpg
蛇足ながら、今回の旅のお供は前回銀座で買ったこれ。軽いので、すごく気に入っています。あちこちにポケットが付いていて機能的。
f0146587_21155240.jpg
ありゃ、こんなところにも有名なジェラート屋さんの「Basio di Latte.」結構流行っていました。
f0146587_21231706.jpg
飲み物や軽食を売るお店にはたくさんの人。最近ブラジルの景気が少し持ち直したうえ、通貨レアルがUSドルに対して強いため海外旅行をする人が増えたそうです。元々富裕層の多いブラジルなので、旅行業界も楽観視しているようです。我々のような日系や、欧州移民も多いので、必然的に海外へ旅立つ人は多いのでしょう。
f0146587_23152497.jpg
私の乗るAmerican(JAL7201)950便の搭乗ゲートは「313」です。随分遠回りをしてもなかなか見つけることが出来ません。よーく見ると、エスカレーターで下へと書いてある表示の中に313ゲートを発見。そのまま下りると、313にはたくさんの人が既に並んでいました。バスに乗って飛行機の近くまで行くようです。わーい、嬉しい沖止め。胸が高鳴って仕方がありません。優先枠を使い、いち早くバスに乗車しました。
f0146587_21245875.jpg
次は飛行機へ・・・・・・。ビジネス・エコノミーの中では一番最初のバスに乗ることが出来たようです。多分ファーストのお客さんは専用車両でお客さんを運ぶんでしょうね。

# by beijaflorspbr | 2017-10-23 21:55 | 飛行機 | Trackback | Comments(2)
2017年 10月 22日

うちごはんと台風と・・・・

昨日まで、長い間娘たちとのブラジル国内旅行記を綴っておりましたが、私自身は帰国して今日で5日が経ちました。昨日はいつもの大病院で一年に一度の人間ドック検査を受けました。いつもの標準検査に加え、乳がん、子宮がん、脳のMRIに胃の内視鏡検査を追加してもらいました。概ねクリアしたと思ったのですが、胃の中のピロリ菌検査が陽性だったため、来週もう一度病院に行って、投薬による除菌をしてもらうことに相成りました。いつもの胃のレントゲン検査を受けてら分からなかったかもしれないので、放って置かなくて良かったと安堵しました。ところで、胃の内視鏡は鼻からカメラを入れる「経鼻内視鏡」にして頂いたわけですが、検査が終わっても、出続ける鼻水とずっと闘っていました。前々回検査を受けた時は、こんなに鼻水は出なかったように思うのですが、年のせいかな?総合診断では、いくつかの数値は高かったものの、『痩せる』ことで全て改善できるとのこと。毎年痩せると言いながら堂々と「痩せる痩せる詐欺」を働いているのは何を隠そうこの私でございます。来年もこういった言い訳のオンパレードになってしまうのかな?とにかく時差ボケと検査疲れが重なって、家に戻るとバタンキューでした。病院からの帰りに、スーパーによって食材のお買い物を済ませました。台風の影響もあり、まあ酷い雨と風で、この重たい私ですら吹き飛ばされそうになりました(笑)ここ何日間かで餃子・煮込みハンバーグ・鰈の煮付けに魚の西京漬け、出汁から取ったお味噌汁と、毎日毎日子どもたちに身体に良さそうなご飯を一生懸命作ってあげているのですが、気持ちが良いくらいたくさん食べてくれます。本当はもっとまともなおかずをと思うのですが、まずは冷凍庫に残っているものの整理を片っ端からしていっています。野菜室には玉ねぎだけ、という中で工夫をするのも楽しい日々です。日本にいる時間を大事にしたいと思っています。明日から今回のブラジル⇒日本の搭乗記を書かせて頂けるかと思います。今回も色々あって書くことが多そうですが、記憶力が曖昧になってるのでどうなることやら…(笑)
f0146587_21363570.jpg
今日は我が家付近が最も台風の影響を受けたようで、現在暴風域に入っているようです。一日中携帯に30回以上もけたたましい音で緊急速報が流れました。それを見て「大丈夫?」とメッセージをくれる別地域のお友達もいましたが、我が家は街中なので今のところ被害はなく、大丈夫です。山側や崖や河川の近くにお住いの方が危ないのかもしれません。被害が出ませんように!


# by beijaflorspbr | 2017-10-22 21:51 | 家族 | Trackback
2017年 10月 21日

母娘国内旅行⑳最後ポルトアレグレ⇒サンパウロへ

長々と続けてきました娘たちとの旅行記も今日で最後です。退屈だったかもしれませんが、私たち家族にとってはとても重要な意味を持つ旅行でした。次に行けるのは何十年後になってしまうか…それとも私の老いと共に二度とこんな時間は来ないのか、とにかく今日で旅行記を〆ます。JJ(Latam)3697便サンパウロ・コンゴニャス空港行きの搭乗案内が始まりました。
f0146587_23335473.jpg
狭いターミナルは人でごった返しています。優先搭乗枠を使っていち早く機内へ。
f0146587_23353367.jpg
我々の乗る可愛らしい飛行機はAirbus320機。JJの国内線は大体これです。
f0146587_23341167.jpg
よろしくね~♪
f0146587_23343311.jpg
お隣はAvianca.
f0146587_23350283.jpg
あっと言う間に飛び立ち・・・
f0146587_23360676.jpg
ぐんぐん高度を上げると真っ青な空が。
f0146587_23364350.jpg
そして約1時間ちょっとで大都会サンパウロの中心街までやってきました。飽きることなく外を見ていた私に「ママも好きねえ~」と呆れたような娘たちの顔が(^◇^)
f0146587_23371107.jpg
ジョッキークラブ~♪
f0146587_03134987.jpg
Itaim地区のショッピングJK界隈
f0146587_03153477.jpg
お次はMoema地区の高層アパート群をかすめるようにして着陸態勢に入ります。
f0146587_03212668.jpg
そして大雨の降る中、見事に着陸いたしました!あー面白かったなあ。
f0146587_03225307.jpg
最後のプレゼントが沖止め!!!
f0146587_03251683.jpg
何もかもが楽しかった2泊3日の南ブラジルへの旅、子どもたちの思いやりや優しさをたくさん感じることの出来る最高の旅でした。お天気も、ずっと雨続きだったサンパウロと対照的に、晴天が続いたリオグランデ・ド・スル州は街歩きに最高でした。もし機会があったら是非ブラジル南部へお越しくださいませ。最後にパトちゃん、エルちゃん本当にありがとう!!長い旅行記になってしまい、読みにくくて申し訳ありません。


# by beijaflorspbr | 2017-10-21 18:00 | リオグランデ・ド・スルの街角から | Trackback
2017年 10月 20日

母娘国内旅行⑲ポルトアレグレ・サウガードフィーリョ空港

ホテルをチェックアウトして、ポルトアレグレのSalgado Filho国際空港にやってきました。リオグランデ・ド・スル州は、ウルグアイ・アルゼンチンと国境を接しているので、ここから更に南に行く国際線が運航されています。
f0146587_23110565.jpg
近代的でとても綺麗な空港。
f0146587_23121652.jpg
一番上が吹き抜けガラスで、目の前が滑走路と言う絶好のロケーション。次々に飛び立つ飛行機のエンジン音に聞き惚れていました。
f0146587_23125758.jpg
変わり映えのしない(失礼!)ブラジルの国内線に加えて、アルゼンチンの飛行機も翼を休めていました。今回の旅を計画する前に、アルゼンチンに行こうとしていたので、「残念だねえ~」と。でも隣国なのできっとリベンジ出来ることでしょう。また母娘で旅をしたいな。
f0146587_23141975.jpg
小腹が空いた家族のために、ピッツァを。私はいつもの地ビールで一人カンパイ(笑)黒ビールはしばしば甘いものがあるので、びくびくして飲んでみたら、まあ不思議しっかり辛口で美味しかったぁ。Raisenというのがポルトアレグレの地ビールのブランドです。
f0146587_23162799.jpg
さて、いよいよ搭乗ゲートへ…。
f0146587_23240204.jpg


# by beijaflorspbr | 2017-10-20 18:00 | リオグランデ・ド・スルの街角から | Trackback