ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

「ブラジルを知る会」OGランチ会@銀座

ブログ上ではこの日から7月…すみませんグズグズしているうちに、現実はもうすぐ9月。でも未だに7月初旬の日本日記を続けています。あ~月日の経つのは早いなあ。。。この日は、アパホテル小伝馬町を午前10時半過ぎにチェックアウトし、東京駅のロッカーにキャリーを預け、身軽になった後は大丸でお買い物をし、新橋から銀座へと向かいました。待ち合わせ時間は12時だったので、少し余裕があります。そしてこの日の中央通りは歩行者天国でこの通り。
f0146587_21503490.jpg
中央通りを真っ直ぐ4丁目方向へ歩いていると、右手にレスポートサックのお店(銀座フラッグシップストア)が目に入りました。実は、今回の同窓会でお友達の多くがこのお店のバッグを持っていました。色々な色やデザインやサイズがあり、旅行などに手軽に使えそう。ふら~っとお店に入ってみました。見るだけ…と言いながら、2階で気に入った地味な刺繍柄が一目見て気に入り、購入。私って意志が弱いなあ。。。でも前から欲しかったし、肩に負担の掛からない軽いバッグを探していたので大満足!私はあまり自分のために買い物をしないので、少しだけワクワクしました。
f0146587_21510751.jpg
過去に何度も行ったことのあるカフェーパウリスタはブラジル移民の歴史にもご縁のあるお店です。移民の父と言われる水野龍(りょう)氏が初代社長を務めました。「銀ブラ」という言葉の発祥地でもあります。※銀ブラ・・・銀座でブラジルコーヒーを飲むこと。
f0146587_22511192.jpg
この界隈は、ブランド物の旗艦店がずらーっと並んでいます。この日も海外からのゲストが多数訪れていました。
f0146587_22512811.jpg
中央通りから1本入ったところにあるギンザ・ジーキューブの10階にある松江の郷土料理鯛めしの「皆美」に集合したのは、サンパウロで活動をしている「ブラジルを知る会」の帰国組。つまりOGランチ会でした。
f0146587_22524645.jpg
ゆっくり話せる静かな個室を、Nちゃんが予約をしてくださいました。
f0146587_22530648.jpg
次々にお部屋に元気良く入ってくる皆さんと、久々の再会を喜び合いました。さあ、ランチのはじまりはじまり。。。

by beijaflorspbr | 2017-08-31 18:00 | 日本の美味しいもの | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 30日

小伝馬町の隠れ家的料理屋さん「しんば」

cookeryさんと歩いているうちに、「何にする?」「うーん、やっぱり和食かな?cookeryさんと一緒だから、本当はイタリアンも良いんだけどね。」などと話しているうちに、細い路地に入りました。駅からは比較的近いものの、ちょっと分かりにくいロケーションに「しんば~季節料理と静岡おでん」のキャッチフレーズのお店を発見。お互いに顔を見合わせて「ここにする?」「うん!!そうしよ」と勢いで中に入ってみました。
f0146587_10245926.jpg
「予約をしていないのですが…」というと、「どうぞどうぞ」とカウンターに案内されました。まずはビールとおつまみの貝からスタート。
f0146587_10254518.jpg
お勧めメニューの中から、二人で相談して色々お願いしてみました。静岡と言えば、まずはしらすでしょう。
f0146587_10260818.jpg
じっくり煮込んだ名物の静岡おでんは、盛り合わせでお願いしました。どれもこれもしっかり味が浸みて、何とも美味しいこと…。
f0146587_10264132.jpg
静岡おでんにはこのダシ粉をかけて頂くそうで、これをかけただけで不思議なことに旨みが増しました。
f0146587_10265855.jpg
黒はんぺんのフライはサックサク。
f0146587_10273613.jpg
しらすの掻き揚げは言わずもがな…。
f0146587_10280048.jpg
こりっこりの食感の炙りするめいか・・・・むむ?全部お酒のおつまみ系?
f0146587_10281698.jpg
ここで大将のしんばさんのアドバイスで、超辛口の冷酒を1合お願いしました。
f0146587_10283828.jpg
3点揃ったよ、の図。二人ともブロガーなので、写真を色々な方向から撮る撮る(笑)漸く開放されて口に入れたお料理の美味しさ!
f0146587_10285753.jpg
静岡おでんや地のものを次々にお願いして平らげているうちに、お腹がいっぱいに。いよいよ最後の〆になってしまいました。私はタラコのおにぎりを。
f0146587_10292766.jpg
cookeryさんは、名物のしらすご飯をお願いしました。左手でご飯を持ち、右手で写真を撮るという技、私には無理(-_-;)ジョッキに入っているのは温かい緑茶なんです(笑)
f0146587_10295450.jpg
久しぶりの再会なのに、そんな感じは全くせず、終始ゲラゲラ笑っていましたっけ。まだ喋り足りなくて、サ●マ●クカフェに入りましたが、お願いした「白玉クリームぜんざい」の盛り付けが、あまりに雑で不揃いだったため、二人で思わず笑ってしまいました。盛り付けに時間がかかりすぎてソフトクリームがほぼ溶けちゃっています。仕方がないので、ドロドロになったパフェを笑いながら頂きました。バイトさん、一生懸命さは分かるけど、もうちょっと頑張ろうね、と言ってやりたいです。
f0146587_10304924.jpg
小伝馬町の駅で、cookeryさんと再会を約束してを別れした後は、宿泊先のアパホテルに帰り入浴をしてテレビを少しだけ観てぐっすり休みました。折角のゆったりしたダブルベッドなのに、やっぱり普段の癖で隅っこで小さくなって寝ていました。私って根っからの貧乏性なのかもしれません。翌朝の朝食会場で、朝から美味しいカレーを頂きました。
f0146587_10311352.jpg
次の待ち合わせ時間は正午だったので、午前10時半くらいに身支度を済ませてホテルをチェックアウトしました。初めてのアパホテルは、寝るだけとはいえなかなか居心地が良く、これからも適正価格で予約出来た時に限り、泊まってみようと思った次第です。


by beijaflorspbr | 2017-08-30 18:00 | 日本の美味しいもの | Trackback
2017年 08月 29日

アパホテル小伝馬町で一泊

少し寄り道をしてしまいました。娘は無事に日本に到着したようです。サンパウロからロスアンゼルスまでは一番前の広い席、ロスから羽田までは4席独占で、ゆっくり横になり良く休めて楽だったそうです。良いなぁ〜。さて、もう一度日本日記に戻ります。最近ホテル検索で良く使うようになった、ホテル予約サイトのbooking.comで、私が泊まりたい日に、たまたまヒットしたのがこの「アパホテル・小伝馬町」でした。東京のホテルとしてはロケーションが良く、しかも比較的安めの税込み5,000円、朝食代1,000円、しかもチェックアウトは午前11時という宿泊者にひたすら優しいホテル。私にとっては初めてのアパでの宿泊でした。部屋の鏡の横にはこのホテル経営者の本などが何冊か置かれていましたが、全く手を触れなければ気になりません。フロントで著書まで販売しているのを見て、やり過ぎかなぁとちょっと驚きましたが…。
f0146587_00555653.jpg
部屋は狭くて眺めは全く良くないものの、ベッドはこの通り大きめでゆったりと休めそうで好印象。一晩寝て過ごすだけなので、これで十分。ついでに言えば、テレビも部屋の大きさから言えば大き目?
f0146587_00562165.jpg
広めでフカフカのベッドも良かったのですが、もっと気に入ったのは、この卵型のお風呂でした。何度かお湯を貯め、ゆっくり肩まで浸かることが出来ました。持参した温泉の素で、まさになんちゃって温泉気分を満喫♨アパには大風呂があるホテルもあるということでしたが、この小伝馬町に大風呂はなかったので、部屋風呂で我慢。
f0146587_01001648.jpg
あちこちお部屋の隅々まで冒険が終わった後は、昔からのブログ友達でもあるcookeryさんとの待ち合わせ場所の小伝馬町駅へと急ぎました。いつも世界中を飛び回ってお仕事をされているcookeryさんとは久々の再会です。たまたま東京におられるところを掴まえちゃいました。ラッキー(^^)v彼女はお仕事、東京の柄飲食店には詳しいので、アレンジを全てお任せしていたのですが「仕事が長引いて、何も調べて来なかったの…」と。(;´д`)トホホ・・・じゃあ二人で勘を頼りに良いお店を探しましょうかということに。フラフラ駅周辺を歩いているうちに、ふと目についた「しんば」というお店。暖かそうな雰囲気と「静岡おでん」というキーワードに惹かれて入ってみることにしました。
f0146587_00574455.jpg
これがもう大当たりで…。続きます。

by beijaflorspbr | 2017-08-29 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 28日

パトちゃん、日本へ・・・。

娘のパトちゃんが、36日間の里帰りを終え、先ほど日本に戻る旅に出発してしまいました。滞在中は何でも夢を叶えてあげようね、ブラジルでしか体験できないことをしてあげようね、を合言葉に家族一丸となって頑張りました。滞在中は、体と歯と心とお腹(?)のメンテナンスをするため、あちこちにどんどんお出かけし、娘エルの治療を受けたり、大学時代のお友達や親戚の方たちに会って優しくして頂きました。途中、私と一緒にいる時に、窃盗事件に目の前で遭い、ブラジルで生活することの厳しさや難しさが身に染みたようでした。「日本がどれほど安全な国かということが良く分かった」としみじみ言っておりました。慣れてしまうと、平和の有難さが分からず、不平不満の毎日になってしまいますが、彼女の場合は「ありがとう、日本に住まわせてもらって感謝!」と心からの言葉を我々に素直に発してくれるため、こちらがいくらでもしてあげたくなってしまいました。我が家にとっては珍しい外食も良くしました。少し高級な店から庶民的なポルキロ(量り売りのお店)まで、どれもこれもが「懐かしい味!」と大喜びしてくれました。
f0146587_13344986.jpg
(お父さんとは大の仲良し、こうして腕を組んで歩けるのはいつまでかな?)

滞在中に、3人で母娘旅もしました。飛行機に乗って他州の小さな都市でほっこりのんびりした想い出は、私たちにとって一生の宝物になることでしょう。最後の週末は、ブラジル料理の郷土食のフェイジョアーダをテイクアウトし、家族で楽しみ、今日の出発日はスーパーにお買い物に行き、フィレミニョンの鉄板焼きに、おやつは焼きたてのポンジケイジョを食べさせました。最後まで後ろ髪を引かれながらグァルーリョス空港第3ターミナルから米国へ向けて元気に出発しました。
f0146587_13345790.jpg
ハグして「バイバイまたね!」と言った後は、一度も振り返らず、きっぱりと前に進んで行きました。あ~行っちゃった、、、。心にぽっかり穴が空いたよう。とても寂しくなります。日本での使命を全うして、またいつかブラジルに戻ることが出来ますように。パトちゃん、たくさんの癒し時間をありがとうね。いつも穏やかでのんびりさんなあなたが大好きだよーーー気をつけて行ってらっしゃい~~♪
f0146587_22264586.png
(前半の行程漸く終了、お疲れさま!ブラジルから日本はやっぱり遠いなあ。。。)
f0146587_21461776.png
(ロスアンゼルスから羽田へ…航路によってはあの国のせいで危なかったかも!?)


by beijaflorspbr | 2017-08-28 18:00 | 家族 | Trackback
2017年 08月 27日

マザーズとの再会@東京・銀座

広島日帰りの翌日は、東へと移動をする日でした。何故こんなに元気でいられるのか分かりませんが、この日も無駄に早起きをし、早い時間の電車に飛び乗って地元から新大阪駅へと急ぎました。新幹線乗車まで少し時間があったので、新大阪駅構内にあるお気に入りのドトールのコーヒー&ホットドックを。
f0146587_23180982.jpg
ひかり508号は午前7時17分新大阪発。とても静かな車内でゆっくりと寛がせてもらいました。新幹線も飛行機も大好き!!!
f0146587_23183150.jpg
午前10時10分に東京駅に到着しました。そのまま用事を済ませるために御徒町へ寄って、待ち合わせの銀座と急ぎました。
f0146587_23173020.jpg
いつも申し訳ないと思うのですが、この日も遅刻をしたうえ、お店の場所が良く分からなくて、Kちゃんに迎えに来てもらいました。大阪から駆け付けるにせよ、もう少し余裕を持って行動したいものです。マザーズの皆さん、お待たせしてごめんなさい🙇お店は「北大路銀座茶寮」という完全個室の素敵なお店でした。懐かしい6名のマザーズ(ムスコのサンパウロ日本人学校時代のママ友)が揃っていました。嬉しい再会です。
f0146587_23194670.jpg
予めお料理はお願いしてくれたのですが、術後の私だけ天ぷらを焼き魚に替えて頂きました。どれもこれも手間をかけた美味しさで、北大路茶寮でのお食事を堪能しました。和食って良いですよね~♪
f0146587_23200727.jpg
その後あんぱんで有名な木村家さんの2階ティールームでお茶を楽しみました。
f0146587_23202649.jpg
4丁目付近で再会を約束してそれぞれに解散をしました。
f0146587_23211912.jpg
この日は都内にホテルを抑えていたので、そちらへと移動しました。

by beijaflorspbr | 2017-08-27 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 08月 26日

広島へ③広島風お好み焼き&教え子との束の間の再会

広島平和公園でひーさんと合流した後は、ゆっくり歩いて目的地へ…。
f0146587_23324365.jpg
ひーさんご家族行きつけのお好み焼き屋さんへご案内して頂きました。良く仲間と気軽に集うお店だそうで、人の良いママさんが一人で切り盛りしています。私たちが店に入ってからも、テイクアウトも含め、手際よく焼いて行くママさんの姿はなかなか素敵でした。
f0146587_23321392.jpg
まずは生ビールと缶チューハイでカンパイー☆
f0146587_23331367.jpg
チーズ焼きをおつまみに作って頂きました。ビールに合うんだわぁ、これが。
f0146587_23344362.jpg
ゆっくりお喋りとお酒を楽しみつつ、久々の再会なのでマシンガントーク炸裂して…。その間にもママさんはニコニコ私たちの相手を上手にしながら何枚ものお好み焼きを仕上げて行きます。
f0146587_23355470.jpg
そして漸く私たちの注文したお好み焼きが完成に近づいて…ワクワク!ジュージューと良い音と香りが広がります。
f0146587_23363963.jpg
出来ました!お葱満載の広島お好み焼き。関西に居ても、焼きそば入りのモダン焼きをお願いするほどのお好みも焼きそばも好きなので、しっかり味わいつつ最後まで美味しく頂きました。ご馳走さまでしたぁ!
f0146587_23043912.jpg
このお店でゆっくり寛がせてもらい、次の教え子との再会までの時間をリラックスして過ごしました。ママさん、ひーさん素敵な癒し時間をありがとうございました。次は私の教え子Kちゃんが、わざわざ車でお店の近くまで迎えに来てくれました。商店街の中にある、広島の老舗デパートで働いている教え子Yと合流するためです。
f0146587_22263623.jpg
Kちゃんはこの日仕事がお休みだったのですが、Yは仕事の合間の1時間休憩だけ私とお話が出来るとのことで、デパートのティールームに落ち着きました。
f0146587_22283504.jpg
私はさつま芋パフェを。甘くて美味しい。
f0146587_22290236.jpg
ちょうどきっちり1時間3人でお喋りをし、折角の機会だからと、Yの働く婦人服店で気に入ったチュニックを2枚買い、再会を約束してお別れしました。Yが「わあ、こんなに簡単に先生と会えるなんて…今度もっと大人数で会えるようにセッティングしますから元気でね、先生!」と優しくハグしてくれました。今回は福岡の教え子や唐津の孫弟子、そしてこの日の広島の教え子との再会が叶い、何とも充実した日本での滞在を満喫することが出来ました。きっと私にジャパンレールパスを使わせてくれている理由はその辺にあるのかもしれません。懐かしい日本あちこちでの再会は、どうしても予算の都合で足が遠のいてしまうものの、この便利なパスがあればどこへでも足を延ばすことが出来ます。「遠くてもいいよ、私が動けばよいんだからね」と言っておきました。「先生が元気で本当に良かった」二人とも眩しいほどの笑顔であったか~く迎えてくれました。愛しい私の教え子たち全員に逢うまではくたばっちゃいけないな、なんて思いました。日帰りの広島旅行は、こうしていくつもの目的を果たすことが出来て、大変充実したものでした。


by beijaflorspbr | 2017-08-26 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 25日

広島へ②広島平和記念資料館とオバマ氏の折り鶴

1階奥には、実際に被爆した方々の写真や現物が展示されていて、見るのも辛いものがありました。あるカメラマンの方のパネルを読んでいるうちに涙が止まらなくなりました。想像を絶する現場で勇気を持ってシャッターを押し続けたカメラマンの悲しみ・・・憤りを直に感じました。
f0146587_22543285.jpg
f0146587_22570272.jpg
1943年に生まれた佐々木禎子(さだこ)さんは、2歳の時に被爆しました。被爆から10年後に、突然白血病と診断され入院しました。千羽鶴がお見舞いに贈られたことをきっかけに「生きたい」という願いを込めて折り鶴を折り始めましたが、8か月の入院生活の末、家族が見守る中亡くなりました。展示物は禎子さんが亡くなるまで折り続けていた鶴・と愛用の巾着と草履など…。
f0146587_22583148.jpg
焼け焦げた三輪車やお弁当箱は、昔子どもたちが見て恐ろしさに震えていました。
f0146587_23143422.jpg
地下1階の新着史料館も見てみました。
f0146587_23160858.jpg
ここに行く廊下の途中に、2016年5月27日にバラク・オバマ大統領(当時)が広島を訪れた時に自らが折って持参した折り鶴が展示されています。
f0146587_22591477.jpg
f0146587_23054662.jpg
久しぶりに訪問した広島平和記念資料館でしたが、色々な面で勉強になりました。戦争と核の恐ろしさを地球上全ての人がもっと知らなくてはならないという思いを強くしました。昔に比べて、格段に外国人が多かったのも印象に残りました。原爆死没者慰霊碑で、順番を待って静かに手を合わせました。
f0146587_23051460.jpg
何とも言えない静かな時間がゆっくり流れます・・・。少し寂しく、感傷的になってしまった時、向こうから満面の笑みを浮かべた懐かしいお友達のひーさんが大きく手を挙げて近付いてきました。ブラジル式にハグをして再会を祝いました。
f0146587_23184041.jpg
ここからは一緒に散策を続けます。原爆の子の像は、佐々木禎子さんの同級生らの募金によって作られたそうです。この像の後ろには、たくさんの千羽鶴が展示されています。
f0146587_23193634.jpg
負の世界遺産、原爆ドームです。
f0146587_23202404.jpg
そういえば最初にひーさんとお会いしたのもここ広島でしたっけ。広島は私にとって再会の地、さあ今日はどこへ連れて行ってくれるのかな?

by beijaflorspbr | 2017-08-25 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 08月 24日

広島へ①広島平和記念資料館へ

引き続き、今年6月末の日本日記を続けさせて頂きます。東北同窓会が終わった翌々日は西に移動をする日でした。
f0146587_22273015.jpg
広島での約束が正午だったため、少し早めに大阪を出て「さくら号」で広島に向かいました。
f0146587_22281403.jpg
珍しい新幹線だ!と思って後で調べたら、エヴァンゲリオン500TYPE EVA PROJECT新幹線だそうです。
f0146587_22343996.jpg
あっと言う間に広島駅に着き、「広島観光めいぷる~ぷバス」に乗車しました。
f0146587_22364858.jpg
乗車時間約10分ほどで、広島平和記念資料館に到着しました。この資料館に来たのは随分前のこと、全面リニューアルして変わったという話を聞いたので、一度訪ねてみたいと思いこの日実行に移しました。
f0146587_22370983.jpg
1945年8月6日に広島を襲った悲劇は誰もが知るところ…。
f0146587_22383919.jpg
原爆投下前の無邪気な子どもたちの写真、この後起こる悲しみなど誰が想像したでしょうか。
f0146587_22385981.jpg
そして・・・
f0146587_22395580.jpg
誰もが真剣な顔をして原爆投下後の写真に見入っていました。
f0146587_22561568.jpg
原爆ドーム(広島県産業奨励館)の原爆前と原爆投下後の模型
f0146587_23113136.jpg
たくさんの外国人が陳列を熱心に見ておられました。
f0146587_22501019.jpg
f0146587_22493684.jpg
f0146587_10005038.jpg
テーマごとにきちんと纏められた展示内容に見入っているうちに、どんどん時間が経ってしまいました。
f0146587_22513222.jpg
海外在住の被爆者のために、バイリンガル対応の被爆者健康手帳交付申請書」も展示されていました。
f0146587_10024547.jpg
さて、そろそろ2階から1階の展示スペースへと移動をしましょう。


by beijaflorspbr | 2017-08-24 18:00 | 日本国内旅行 | Trackback
2017年 08月 23日

2017年初夏同窓会@東北⑫山形の蕎麦処「紅山水」~仙台駅で解散

長々と続けてきた高校時代の同窓会2017年も今日の記事で最後です。関係ない皆さまには、実に読みにくくて申し訳ございません。山形県・村山市にあるサクランボ農園で30分間サクランボ狩りを楽しんだ後は、お土産を購入し、山形駅近くの十日町という中心街にある「紅の蔵」内の「紅山水」というそば処にやってきました。
f0146587_21523945.jpg
山形では有名なお蕎麦屋さんだそうで、期待が膨らみます。
f0146587_21551791.jpg
美しい巨大アレンジメントが出迎えてくれました。
f0146587_21571396.jpg
個室を用意してくださっていました。団体行動だと、こうした個別空間がとても有難く感じられます。
f0146587_21590323.jpg
お店の角々にもこうしてさりげなく生花が飾られていて心和みます。
f0146587_22000481.jpg
お漬物と名物のこんにゃくの煮たものが置かれていました。
f0146587_22010649.jpg
しばらく待っていると、お蕎麦が運ばれてきました。てっきり山形名物の板そばかと思っていましたが、これだけの大人数では無理かも。自慢の石臼挽き蕎麦だけあり、歯応えがあってとても美味かったので大満足!
f0146587_22023032.jpg
かなりお腹がいっぱいになってお店を後にしました。紅花の鉢が美しく咲いていました。
f0146587_22061771.jpg
さくらんぼにお別れを告げて…。
f0146587_22065952.jpg
山形駅で下車する同級生と別れ、マイクロバスは一路仙台駅へと向かいました。名残惜しいけれど、2泊3日を共に過ごした同級生とここ仙台駅でお別れしました。北海道新幹線の「はやぶさ号」で東京へと向かいました。
f0146587_22082637.jpg
同級生Dとももうすぐお別れ…。別れの杯ならぬビールでカンパイー(笑)Dは大宮駅で上越新幹線に乗り換えて自宅へと向かいました。
f0146587_22111190.jpg
私は東京駅で東海道新幹線に乗り換えて、新大阪へと向かいました。道中ずっと同級生からグループラインが入り続けていたので、あたかも同窓会が続いているようでした。関西の飛行機組は、私より更に早く着いたようで羨ましい。また2年後、もう少し北上する同窓会に元気で参加出来ることを大きな目的にしましょう。心穏やかな人ばかりの同級生との出逢いに心から感謝の3日間でした。また良き思い出が増えました。今回の同窓会開催にあたり、入念な下調べをしてくださった東北組幹事の4名の皆さん、同窓会に参加した皆さん、本当にありがとう。またの再会を楽しみにしています。70歳になっても80歳になってもずっとこうした時間が持てるといいね。


by beijaflorspbr | 2017-08-23 18:00 | 同窓会 | Trackback
2017年 08月 22日

2017年初夏同窓会@東北⑪さくらんぼ狩り

蔵王を出発し、村山市の「高橋農園」にサクランボ狩りにやってきました。サクランボ狩りは、子どもたちが小さい時、両親が連れて行ってくれたことがありましたが、随分昔のことなので、記憶が曖昧でした。皆で案内された温室に入りました。
f0146587_22280714.jpg
どこを見てもさくらんぼばかり。品種はもちろんサクランボの王様「佐藤錦」です。30分食べ放題、食べた後の種はペッと下に捨ててください、との説明がありました。
f0146587_22372169.jpg
最初こそ「おお!!」「美味しい」「甘い」なんて皆で喜んでいましたが、30分も同じサクランボを食べ続けられるはずもない高齢者の我々(笑)そのうち、サクランボにも飽きてしまって記念撮影したり、ポーズを取って写真を撮ったり…。
f0146587_22301351.jpg
スーパーで買うと、結構な値段がするサクランボですが、こうして山のように成っていると有難味が薄れるような気がします。
f0146587_22304597.jpg
農園の親切なおじさんが新種の「紅秀峰(べにしゅうほう)」を味見させてくださいました。佐藤錦に負けず劣らず美味しいサクランボでした。この品種もそのうちスーパーに出回るかもしれませんね。
f0146587_22283591.jpg
温室の暑さに耐えているうちに、漸く30分のサクランボ狩りが終わりました。終わった後はお決まりのお土産タイム。皆それぞれ好き好きに買っていましたが、私は自宅用に安めのものを1パックと親しいお友達に1パック。それに大き目の箱に入った採り立てのサクランボ2パックを、親しいお友達へ3件配送して頂きました。同じ質のサクランボが綺麗に並んだものは更に高くて手が出なかったので、アトランダムに箱に入れられたものにしました。幸い喜んで頂けたので良かったです。自宅に持ち帰ったサクランボをムスコに食べさせると「なんでこんなにちょっとしかないんだ?」と言われてしまいました。「大きいと荷物になるでしょ?」と答えると「宅配で送ったら良かったのに…こんなうまいサクランボは大阪にはなかなか売ってへんで」とな。
f0146587_22312440.jpg
さくらんぼ農園で楽しんだ後は、山形物産会館でお土産を購入しました。
f0146587_22330114.jpg
私は既に荷物が満杯だったので、山形のお漬物の「おみ漬け」と菊の花が入った「晩菊」、ラ・フランスのコンフィチュールを購入しました。ジャムってそのまま言えばいいのに最近はコンフィチュールって言うんですよね(^◇^)
f0146587_22333310.jpg
そしていよいよ最終目的地へと移動をしました。

by beijaflorspbr | 2017-08-22 18:00 | 同窓会 | Trackback