<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 31日

2016年秋ブラジル・サンパウロ→日本への旅①サンパウロ市内からグァルーリョス空港へ

昨日・今日はムスコの事故後の対応で少しバタバタしました。今日は月曜日で病院が通常診察だったので、地元の大病院で朝一番に受け付けをし、診察をして頂きました。事故の時は、整形外科で診て頂くというのも初めて知りました。幸い全治1週間の軽傷だったのでホッとしました。加害者であるご婦人と、保険会社からそれぞれ電話が何度もあり、誠意のある対応で安心しました。特にご婦人には、わざわざ自宅までお菓子を持ってお詫びに来てくださり、却って恐縮してしまいました。後は、本人と保険会社との話し合いになるようです。罹った病院も対応に慣れていたため、手続きは全てスムースに運びました。これからは流れに任せて手続きを粛々としていくだけです。それにしてもこのしつこい時差に参っています。さて、今日から恒例の!?旅の記録を始めさせて頂きます。毎回同じような旅行記で飽きてしまうかもしれませんが、私自身の老後の楽しみなので、ガマンしてください(笑)

2016年10月23日(日)予め決めていた通り、自宅を午後3時20分くらいに出発しました。午後10時の出発まで相当時間があるのですが、帰りに暗くなってしまうと、一人で帰るトリオさんが可哀想との気遣いからでした。年齢を重ねると、お互いへの気遣いがないと生きていけません。私は空港の雰囲気が大好きなので、何時間でも待つことは全く苦痛にはなりません。と言う訳で、午後4時少し前にはもう23 de Maio大通り、平日なら考えられないくらいの速さです。
f0146587_21165854.jpg
そして旧セントロ地区のAnhangabauへ…。
f0146587_21172421.jpg
ほんの10分もすると、Tieteからアイルトンセナ街道へと入ります。制限速度は一気に120Km/hにアップし、ぐんぐんスピードを上げて行きました。
f0146587_21182782.jpg
好天気も味方して、順調すぎるくらい順調な走行であっという間にグァルーリョスにやってきました。細々とでも将来開通する公共交通機関の工事は着々と進んでいるようです。この空港とセントロのLuz駅を結ぶ鉄道は、本当なら2014年のワールドカップの時に出来ていないといけなかったはずなのですが…。もうすぐ2017年ですけど???
f0146587_21191799.jpg
一番新しい第3ターミナルへやってまいりました。ここが出来て、漸く国際線ターミナルとしての体裁が保たれたように思います。暗くて狭かった旧ターミナル2は、未だに一部の国際線で使われていますが、ほとんどの国際線は、ターミナル3に移ってきました。
f0146587_21195190.jpg
この時点でまだ午後4時20分、長い待ち時間をどうしようかな?
f0146587_21203209.jpg
Americanのチェックインは、一番奥のH。送って来てくれたトリオさんにお礼を言ってバイバイし、重たい荷物を下して、カートに積みゆっくりと慎重に運びました。
f0146587_21205923.jpg
一番左奥のAmerican専用自動チェックイン機でチェックインをし、荷物を預けられる時間の午後6時までこの椅子に座ってじーっと待ちました。座っていると、外国人の女性から「ここは優先席よ、あなたはここに座ってはダメ!」と英語できつく注意を受けました。ブラジルの法律によると、満60歳以上は高齢者と見なされるので、私も座る権利があるのですが。。。トラブルを回避するために、ひとつ右側にずれて普通席に座りました。
f0146587_21224270.jpg
することもなくずっと通る人たちを観察しているだけで結構楽しめました。各航空会社のクルーたちは、国民色を生かした出で立ちで、堂々と過ぎ去っていきます。背が高くてスマートなクルーは、まるで一流の俳優さんのよう!
f0146587_21214021.jpg
お隣に座っていたのは、ドイツ系一家。これから皆でドイツへ帰るということでした。お父さん・お母さん・子ども3人に、見送りのおじいちゃん・おばあちゃん・おばちゃんに親戚の人たち、総勢10人くらいの大きなグループでした。いよいよ出発時間が迫り、お別れする時になると、この男の子がシクシク泣き出しました。すると、下の女の子やこの赤ちゃん、お父さん・お母さんも泣き出してちょっとした愁嘆場。気付けば私ももらい泣きしていました。でも最後に皆がただ見守っていた私に向かって「日本まで長いけど、良い旅をね!」と笑顔で声を掛けてくださいました。短い時間の中でも感動を共有させてもらった上に、優しい言葉。涙腺が緩みっぱなしの出来事でした。
f0146587_21233869.jpg
午後5時頃、アメリカンのカウンター前に漸くポールが立ち、少しずつ少しずつ人が集まり始めました。ある係員は、午後5時半から荷物受付だよーと言ったものの、5時半でこの有様はないよね~と独り言。
f0146587_21242542.jpg
午後6時15分前くらいになると、どこからともなく人が集まり始め、行列を作っていました。午後6時ジャストにアメリカン航空の係員が受付カウンターに座りましたので、重い腰を挙げて行列へ…。
f0146587_21251742.jpg
Priorityカウンターで難なくチェックイン。僅か5分とあっけないほどの幕切れ。それでもうっかりしてブラジルの出入国カードと米国通過のための税関申告書を受け取り忘れてもう一度もらいに行きました。漸く身軽になって何しようかな?と思ったものの、待ちくたびれてエネルギー切れだったので、いち早く出国することにしました。
f0146587_22265524.jpg
見送ってくれる人は誰もいないけれど、行ってまいりま~~す!一番左側のPriorityレーンを使わせてもらいましょう。だから年寄りに優しいブラジルが大好き~♪
f0146587_21255630.jpg
中に入って免税店をほんの少し見たものの、あまり欲しいものが見当たらずそのままLATAMラウンジへ。。。
f0146587_22454375.jpg
続きます。


by beijaflorspbr | 2016-10-31 22:46 | 飛行機 | Trackback
2016年 10月 30日

突然の出来事

それは1本の電話から始まりました。

「あのさ、さっきちょっとした事故に遭った」
「え?誰がどこで?」
「俺がスーパーの駐車場出入り口で」
話によると、私の頼んだものを買いに自転車で大型スーパーに向かっていたムスコは、警備員の誘導に従い直進したそうです。そこに同じく警備員の誘導に従って進入した一台の乗用車と接触し、彼は転倒し軽傷を負ったという事故でした。自転車のペダル部分が故障したので、スーパーの自転車売り場に修理に出し、代車で帰ってきました。これからの流れとしては、病院で怪我の診察と診断書を出してもらうことと、相手からの連絡を待つという段階だそうです。以前私自身の不注意で追突事故を起こした時は、全部保険会社が処理してくれましたが、今回はどうなるのやら…。未経験の出来事に戸惑っています。とにかく、大変な怪我を負わなかったこと、私がたまたま帰国していた時期で本当に良かったと安堵しています。帰宅後「腹減った~~~~~~~~~~~」とこんなお肉の塊を平らげていた彼の姿にホッとしました。
f0146587_08193964.jpg
守ってくださった神様に感謝!!!帰国早々、あまり体調が良くない私に一撃の出来事でした。人生何が起こるかわかりませんね。(--〆)


by beijaflorspbr | 2016-10-30 18:00 | 家族 | Trackback(1)
2016年 10月 29日

初JOJOラーメン

この日のスタートは冷房付きのバスでBrigadeiroへ…。寒いくらい冷房が効いています。
f0146587_23501897.jpg
BrigadeiroからLiberdade→Paraisoと回りました。
f0146587_23495260.jpg
家族が働くビル、しかし今日は勉強のため不在
f0146587_23534264.jpg
現在工事中のジャパンハウス前の温度は36℃!
f0146587_23541675.jpg
暑いはずだわ…(*_*;それなのに、何を思ったか前々から行きたかったあのラーメン屋さんへ。
f0146587_23595707.jpg
お店の方に許可を取った後、写真を撮らせて頂きました。シンプルでスタイリッシュな店内。
f0146587_23571790.jpg
一人なので、奥のカウンターに案内されました。
f0146587_23590710.jpg
メニューの中から…
f0146587_00011045.jpg
辛みそラーメンをお願いしました。しばらくすると…唐辛子山盛りとしばし格闘。トッピングは焼き豚と海苔、野菜はキャベツのみのシンプルな組み立てです。ラーメンは太麺なので、辛い汁が良くからみますが、後でひぃ~っとうなってしまいました。
f0146587_00020293.jpg
とても暑い日にこんなラーメンを頼んだ私、その後尋常じゃないくらい汗が吹き出しました。当たり前か…(-"-)これぞ自業自得。それもそのはず、気温は38℃にヒートアップ。次はもう少しだけ「普通」のラーメンを味見してみたいと思いました。冒険はほどほどに…。
f0146587_23485420.jpg
この日は、先日のASIAN JAPANのイベントでお借りした子ども用のお弁当箱の返却と、Sさんのお店に我が家の食器を受け取りに行くために、あちこち小まめに移動をしました。バスなどの公共交通機関を使って1ポントでも移動が出来るように工夫しましたが、暑い→涼しい(エアコン)→暑い→涼しいの繰り返しで、最後はいよいよ我が家方面のバスに乗り換えた途端、旧型のバスはエアコンもなく、容赦なくギラギラの日光が肌を刺して辛いこと…。もう完全にヘロヘロになって帰宅しました。
f0146587_00062539.jpg
この翌日、もう一度気温がぐっと下がり体調管理が難しいためか、風邪引きさんがいっぱい!イベントの後片付けもこの日で無事に済んだので、ホッと一息つきました。夏時間になった途端にヒートアップしているサンパウロですが、広いブラジルの中には大雨で何十時間も停電したり、洪水になったところもあったようです。これ以上被害が広がらないことを祈っております。


by beijaflorspbr | 2016-10-29 19:00 | サンパウロのレストラン | Trackback
2016年 10月 28日

まるで観光バスのような路線バス!

わたくしお得意の路線バスの旅@サンパウロ版に出ます!(笑)長い3両編成のバスの後方に座りました。最初右側に座っていたら、おじさんが「そっち側は日が当たって暑いから左側がいいよ!」と親切に教えてくれました。南米の紫外線は生易しいもんじゃないので、助かりました。
f0146587_12515252.jpg
バスはガラガラのまま程なくスタートしました。
f0146587_12551102.jpg
すると立派な建物の前にやって来ました。1929年に建て替えられたIgreja da Ordem do Carmo教会です。
f0146587_12560640.jpg
バスはグルーっと曲がって見覚えのある広場にやってきました。あれ、もしかしてここは!?
f0146587_13005748.jpg
やっぱりセー広場じゃん(独り言)
f0146587_13021280.jpg
サンパウロを代表するカトリックの「カテドラルメトロポリターナ大聖堂」です。
f0146587_13040313.jpg
バスの車窓からだと危なくないので、写真を撮りまくりました。今日のセー広場は人が少な目
f0146587_13051179.jpg
真横を通過、随分立派で大きな教会だということが分かります。
f0146587_13061843.jpg
そうこうしているうちに、Brigadeiro Luis Antonio通りから、信号のない幹線道路の23 de Maio大通りに出ました。パチパチー思わず拍手したくなる無駄のない経路。私もセントロからこのコースで良く車を運転していたな~なんて思い出していました。
f0146587_13075182.jpg
結構バスが走っているのですねえ。このコースは初めてなので興味深い。
f0146587_13101500.jpg
程なく日本人芸術家トミエ・オオタケさんのオブジェが見えてきました。向こうの建物は公立図書館
f0146587_13120177.jpg
ああ、こっちの側道にはいるのね!(また独り言)右に行くとパウリスタ方面、左に行くとイビラプエラ方面へと別れます。
f0146587_13133822.jpg
1994年5月1日に34歳の若さで亡くなったサンパウロが生んだF1のヒーロー、アイルトンセナのモニュメントが左手に見られます。彼が亡くなった翌日、パリから帰ってきた彼の亡骸は消防車に乗せられ、この下の道を静かに通ってサンパウロ州議会場に運ばれました。あの日・・・一日中泣いていた自分を鮮明に思い出します。彼がもし生きていたらどれほど活躍していたことか…。
f0146587_13151725.jpg
イビラプエラ公園にやってきました。ちょっと後戻りしている感じです。迂回しないで真っ直ぐ行けば良いのにね!(笑)
f0146587_13184820.jpg
護憲革命の塔の真横を通って…
f0146587_13194388.jpg
あっという間にイビラプエラ大通りにやってきました。バスとは言え速い速い。。。いや、バスだから速いとも言えます。普通乗用車に比べて、断然空いているのがバス専用路線だからです。
f0146587_13205539.jpg
イビラプエラ・ショッピングセンターから自宅近辺は比較的至近距離なので、着いたも同然。ここでトリオさんに迎えに来てもらうよう電話を入れました。
f0146587_13221003.jpg
あ~楽しかったぁ!帰宅してすぐに豆ごはんを拵えました。炊き立てのご飯に、塩ゆでしたお豆を混ぜるだけ。この方法だと色も綺麗で美味しそうに見えますでしょ?
f0146587_13233047.jpg
この豆ごはんと鱸の薄造りで二人で美味しい昼食を頂きました。路線バスは怖いと言って乗らない人が多いと聞きますが、コースと時間を選びさえすれば大丈夫だと思います。サンパウロ市内のありとあらゆる場所を網羅しているとても便利な乗り物なので、是非一度トライしてみてください。私はこの国で運転を始める前に、バスに乗って東西南北の道順を覚えました。それから車を運転するようになったら、とても簡単に目的地に行くことが出来るようになりました。楽しくて有意義な一日に感謝!


by beijaflorspbr | 2016-10-28 18:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 10月 27日

セントロで買い物他

この日は早朝家を出発してセントロにやってきました。この旧セントロ市街地にある日系旅行代理店にお願いしていたJAPAN RAIL PASSを購入するためでした。最近我々永住組に対しても、チェックが厳しくなり、購入の度に身分証明書(RNE)とパスポートの提示が必要になってきました。何はともあれ、無事に購入できてほっとしました。短期滞在で旧交を温める旅には欠かせないパスの存在は大きいのです。セントロには長い列が出来ていました。これは求職者の列です。厳しいブラジル経済の現実を間近で見たような気がします。何不自由なく暮らせることに感謝しなくては、とこの時思いました。
f0146587_12011574.jpg
ここから本当は歩いて行けるのですが、この日は36℃と高めの気温だったため、メトロでサンベント駅まで移動しました。いつも喧騒に巻き込まれるLadeira Porto Geralには大勢の人また人…。
f0146587_12081713.jpg
駅から人の波を掻き分けて5分ほど歩くと、サンパウロ市立市場(通称メルカドン)の建物が現れます。
f0146587_12110874.jpg
でもこの日はメルカドンを横目に見て、更に進み左奥にある青果市場方面へ向かいました。昔々、夫の両親がここで野菜の仲買人をしていたところです。苦労しながら6人の子どもに教育を施しました。
f0146587_12131052.jpg
旬の野菜がリーズナブルなお値段で売られています。えんどう豆とニンニクを購入しました。
f0146587_12223827.jpg
メルカドンに戻って、海老と魚を購入。この日は鱸を買い、薄造りにしてポン酢で頂いたら美味しかったぁ!!
f0146587_12224540.jpg
オリーブの実(緑と黒)、トレモッソ、チーズなどを購入したら荷物が重たくて重たくて…。
f0146587_12232025.jpg
フルーツ屋の強引な客引きに負けそうになりながらも必死で歩く…。
f0146587_12234976.jpg
色々考えた結果、お昼を待っているトリオさんのために一番早く帰る方法を選択しました。それは、このメルカドンから徒歩10分くらいの巨大バスターミナルから自宅付近に帰ること。途中の道がまた楽しいんです。こうした野菜や果物がドサッと無造作に置かれています。ここから仲買人へ卸す大卸のようなところのようです。
f0146587_12261850.jpg
漸くバスターミナル(Parque Dom PedroⅡ)にやってきました。
f0146587_12271271.jpg
橋げたからセントロ方面を見るの図、空が綺麗~♪
f0146587_12290267.jpg
バスがずらーっと並んでいるものの、我が家方面へ行くバスはこの黄色ではありません。あちこちのおじさんに聞きまくって…
f0146587_12275590.jpg
ビンゴ!!漸く探し当てました。
f0146587_12295131.jpg
これで我が家付近へ1本で帰ることが出来ます。良かったぁ!!続きます。

by beijaflorspbr | 2016-10-27 20:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 26日

昨日無事に帰国いたしました。

f0146587_07581491.jpg
(写真はニューヨークJFK空港で翼を休めているJAL3便の機体)

10月23日夜、サンパウロ・グァルーリョス空港を出発し、9時間プラス13時間40分のロングフライトを経て無事に成田国際空港に到着しました。今回は概ね良好で、いつものようによく寝て食べて飲んで思い切り楽しめたフライトでした。成田でスーツケース2個を送って、都内に移動、そのままお気に入りの大井町にある温浴施設付きの巨大ホテルにチェックインしました。

昨夜は、有楽町で久しぶりに元同僚との再会し、実に楽しい時間を過ごしました。たまたまニューヨークから帰国中のMちゃんも居て更に賑やかに…。昔々のことをお互いに知り尽くしている友達っていいな、しみじみと思いました。お互いを思いやりながらも、遠慮なく何でも言い合える友達は貴重な存在だということに気付かされました。Tサン、Kちゃん、そしてたまにサンパウロに仕事に来るMちゃんとの時間は最高に楽しかった!ありがとうね!!また会えるのを楽しみにしています。

ホテルに戻って、すぐに温浴施設でゆっくりお風呂に入り、長旅の疲れを癒しました。やはり疲れていたのか、朝の8時近くまで熟睡できました。今日はこれから横浜での展示会に行き、夜の便で羽田→大阪伊丹へと帰る予定です。これからしばらくは日本に居ますので、日本の皆さまにどこかでお会いできたら嬉しいです。

ブログ記事は今月の29日までサンパウロの記事が続きますが、その後に今回の旅の記録から始めたいと思っています。「時々日本」というタイトル通り、生活拠点がここから少しだけ切り替わりますので、ご了承頂けますようお願いいたします。私の家族や友人がブログを読んで、私の動向を探っているというのを今回聞きました。知らないうちに帰国して驚かせてみようか!?と思ったので、今回はこのように報告が遅れてしまいました。ではそろそろ朝食を摂り、横浜まで行ってまいります。少し疲れていますが、今日からまた頑張ります!
f0146587_17483560.jpg
(一日中忙しく動き回って)これからJAL133便にて羽田発大阪伊丹空港までまいります。いよいよ最終工程です。良く頑張った自分にお疲れさま!!まぁ、たまの自画自賛お許しくださいませ(^O^)


by beijaflorspbr | 2016-10-26 08:36 | 飛行機 | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 25日

フェイジョアーダ講習会2016年④いよいよ試食&デザート

まずは盛り方の見本をば、ご飯・フェイジョアーダ・コウヴェ・モーリョ・ファロッファ(マンジョッカ芋を乾燥させた粉)をてんこ盛りにして頂きます~♪
f0146587_10551013.jpg
皆さまにはビールを召し上がって頂いた後、ウォッカベースのレモン入りのお酒「カイピロースカ」をトリオさんが丁寧に作ってくれ、美味しく飲みました。カイピロースカとフェイジョアーダとの相性は抜群です。
f0146587_11080201.jpg
早めに支度が出来たので、食事時間をゆったり確保することができました。皆で和気藹々…あー楽しい。二杯目お替り~♪
f0146587_11102542.jpg
デザートは早朝に丁寧に作っておいたおはぎ。
f0146587_11250351.jpg
メロン・キーウィ・パイナップルなどのフルーツにアイスクリームなど
f0146587_11121025.jpg
不出来ですが、ケーキもありますよ~!
f0146587_11134900.jpg
仕上げが今一つ雑ですが、フワフワで味だけは良いマイケーキ~♪
f0146587_11151099.jpg
最後はお土産用のフェイジョンを皆で公平にビニール袋に分けて全部お持ち帰り頂きました。
f0146587_11163559.jpg
こちらはおはぎとデザートの行列。全部仲良く山分けです!喜んで頂いて良かったぁ!
f0146587_11180238.jpg
とにかく忙しい時間でしたが、後片付けのお皿洗いなどを皆さまにほとんどやって頂いたお蔭で、後片付けがいつもよりもずっと早く終わったのは有難かったです。幸いお天気に恵まれ、気持ちの良い風が一日中家の中を吹き抜けて、何とも言えない心地良い時間を過ごさせて頂きました。治安の関係で、市内ではなかなか一軒家に住むことは難しいので、我が家のような粗末な一軒家でも喜んで頂けたのではないでしょうか。次は、ちゃんとプールを掃除しておきますね(^^)/
f0146587_11203396.jpg
午後2時過ぎには、お子さんの迎えがあるからと、タクシーや迎えの車に分乗してばばーーっと一斉にお帰りになられました。集合から解散まで足掛け5時間ほどでしたが、実に充実した楽しい時間でした。この日、ご参加頂きました「ブラジルを知る会18期・19期」の皆さま、ブラジル生活の想い出になったでしょうか?本当にお疲れさまでした!また、オシャレなマカロンと日本の貴重な和菓子をお土産に頂戴しました。本当にありがとうございました。家族で大切に頂きました。
f0146587_11253372.jpg
この「フェイジョアーダの会」を開催するに当たって、事前の掃除・買い物・料理の下ごしらえなどの準備から最後の布巾・クロスの洗濯やアイロンがけに至るまで、足掛け10日間くらいを要しましたが、二人共達成感から最後は笑顔で乾杯した次第です。トリオさんに「また新しい方が入って来られたら教えてくれるの?」と訊いたら、「もちろん、いつでも喜んで作るよ!」と言ってくれました。この日、ずっと走り回っていた割に、あまり疲れなかったのは何故でしょう?まだまだ若い(つもりの)我々でした!一日中忙しかったので、写真が全体的に雑ですみません!ところどころに会員の方が撮ってくださった写真も挟み込んであります。これで2016年度版、「フェイジョアーダ講習会」のご報告を終わらせて頂きます。また次の機会にお目にかかるのが楽しみでなりません!年明けには、記念すべき第20期生の募集が始まります。力を合わせて頑張ろうね~♪


by beijaflorspbr | 2016-10-25 18:00 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 24日

フェイジョアーダ講習会2016年③デモンストレーションと準備

この日の参加者は15名、午前10時からデモンストレーションをしますよ、と声を掛けたら、皆さん午前9時半には我が家に到着されました。私はというと、漸くギリギリでパジャマを洋服に着替えお化粧をしたところ、トリオさんは台所で走り回っていたので、ほぼ寝間着姿という情けなさ。。。二人とも午前5時過ぎに目覚めているのに、この体たらくで…。何はともあれ、午前10時にはスタートを切ることが出来ました。
f0146587_10331000.jpg
前夜と同じプロセスを繰り返しながら、皆さまにお教えしました。
f0146587_10414589.jpg
フェイジョン・プレットを入れたら、ごく弱火でじっくり2時間煮込むだけです。こちらはお土産用の3つ目の鍋
f0146587_10423589.jpg
上の台所では、コウヴェ・ビステッカ(骨付き豚肉)・モーリョ・油ごはん・ラランジャを用意します。こちらはビステッカの用意
f0146587_10482831.jpg
コウヴェ(ケール)は洗って芯を取り、薄切りにし、油で炒めます。ごはんは、ピラフを作る要領で仕上げます。モーリョは、玉ねぎ・トマト・サウサ(イタリアンパセリ)を刻み、塩・胡椒・酢(またはレモン)・サラダオイル(我が家ではコーンオイル「Mazola」を使用)で和えたもの。オレンジは食べやすいように切り分けます。
f0146587_10494431.jpg
皆で力を合わせて準備したので、正午前に食事の用意が出来てしまいました。いよいよ試食です(^◇^)/
f0146587_10541873.jpg
折角なので(酒飲みの言い訳)ビールもたっぷりご用意しました~♪
f0146587_10542856.jpg
17人で盛大にかんぱ~~~いー☆いよいよフェイジョアーダの試食会です。皆さん慣れないただ広いだけの家で、階段を上がったり下りたりしてお腹が空いてしまったでしょうね。続きます。


by beijaflorspbr | 2016-10-24 18:00 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 23日

フェイジョアーダ講習会2016年②作ってみよう!

さあ、次は実際にフェイジョアーダを作ってみます。
f0146587_22081488.jpg

素人シェフなので、レシピとは微妙に順番が違いますが(笑)ベーコンとニンニクを炒め…
f0146587_22104826.jpg
全体に焼き色が付いて香ばしくなったら、ソーセージ各種を入れて更に炒めます。ここに茹でて塩分を取った豚の足を入れます。
f0146587_22133064.jpg
同じく、塩分をしっかり取り、何度もお湯を変えて茹でた干し肉(カルネセッカ)を入れます。
f0146587_22143773.jpg
この中に、しっかりと膨らんだ黒豆(フェイジョンプレット)を投入し、沸かしておいたお湯を入れます。
f0146587_22165468.jpg
煮詰まって水分を足す場合には、必ず熱いお湯を足してください。
f0146587_22184582.jpg
次にトマトとラランジャ(オレンジ)の絞汁を入れて煮ます。
f0146587_22202074.jpg
更に月桂樹の葉を入れてひたすら煮込みます。煮込み時間はごく弱火で約2時間。
f0146587_22221245.jpg
前夜の準備はここまでです。さあ、いよいよフェイジョアーダ講習会当日です。皆さまに喜んで頂けますように!



by beijaflorspbr | 2016-10-23 18:46 | ブラジルを知る会 | Trackback
2016年 10月 22日

フェイジョアーダ講習会2016年①買い物・準備編

所属する「ブラジルを知る会」の第18期・19期生を対象としたフェイジョアーダ講習会を我が家にて行いました。過去に2007年2011年に引き続き3回目の講習会です。講師はトリオさん、丁寧な下ごしらえと脂身のない日本人向けのフェイジョアーダを作らせたらナンバーワンの方。買い物は4日前・前日と分けて一括して我が家で行いました。まずはこちらのお米・Arroz Agulhaから。こちらのスーパーで良いものを買うコツは、一番高いものを買え!に尽きます。
f0146587_21092523.jpg
次は主役のフェイジョン・プレット(ブラジルの黒豆)、これも粒が揃っているものを慎重に選び、3鍋分3キロを購入。Camilというメーカーの豆にしました。
f0146587_21124958.jpg
次はソーセージコーナー、まあ迷うほど色々な種類があって選ぶのも苦労しますが、なるべく脂身のないものを選びました。
f0146587_21144482.jpg
豚の足や尻尾や耳を出汁として使うのですが、癖のないフェイジョアーダを作るために、ほんの少し足を投入することにしました。塩漬けなので塩抜きする必要があります。
f0146587_21161379.jpg
リストに沿って、次はカルネセッカ(牛の干し肉)これも塩漬けです。
f0146587_21180814.jpg
車のトランクはお買い物袋で満杯に…。サンパウロもレジ袋はほとんどが有料になってしまったので、エコバッグが大活躍です。
f0146587_21192717.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------
【フェイジョアーダの準備編】
買ってきたフェイジョン・プレットに混ざり物がないかどうか、丁寧に選別します。3キロ分なので、相当ありましたが小豆と違って随分作業は楽でした。
f0146587_21210050.jpg
綺麗なお豆…。
f0146587_21232364.jpg
良く洗って重曹(Bicarbonato de Sodio)を少し入れて水に浸けます。☆重曹を入れると、豆が煮崩れしないそうです。
f0146587_21255136.jpg
あっという間に水を吸ってしまいましたので、別の容器に移して更にたっぷりの水に浸けます。
f0146587_21264033.jpg
買ってきたソーセージ、ベーコン、アバラ肉などの準備をします。
f0146587_21274715.jpg
手際よく丁寧に材料を準備していきます。
f0146587_21300687.jpg
全ての材料が揃いました。
f0146587_21312897.jpg
いよいよ調理開始、まずは2鍋分作り、1鍋は当日皆さんの目の前でデモンストレーションします。明日に続きます。


by beijaflorspbr | 2016-10-22 21:33 | ブラジルを知る会 | Trackback