ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

ニュース速報に接して

今日のサンパウロは良いお天気ながら、底冷えする我が家です。朝はいつものようにミソくんの鳴き声で目覚めました。時計を見ると午前7時過ぎ。いつものようにWi-Fiを繋いでみると、次々にニュース速報が入ってきました。驚いたのは、昭和の大横綱千代の富士関(九重親方)の訃報、何とまだ61歳だったそうで、ご遺族のお気持ちを思うと言葉がありません。大相撲の一番の想い出は、1990年6月にこのサンパウロの地で行われた「大相撲ブラジル公演」です。もちろん私もチケットを頂いて、イビラプエラ体育館に観に行かせてもらいました。立派な土俵は本格的なもので、当時のブラジルの新聞でも大きく取り上げられていました。印象に残ったのは、大勢の重たい力士を運ぶのに、JALと当時元気に飛行機を飛ばしていたVARIGの2機に分けてブラジルまで飛んできたこと。当時JALの客室乗務員のインタビューで「お水や食糧品は十分に搭載し、ありとあらゆる場面に備えております」と言う言葉が印象的でした。機内で当時の千代の富士が、楽しそうにイヤホンで音楽を聴いていた姿も良く覚えています。肝心の相撲大会は、98名の現役力士がトーナメント制で戦ったのですが、当時最強だった横綱・千代の富士が優勝しました。誇らしげに土俵に上がって満面の笑みを浮かべた千代の富士の顔を、今でもはっきり思い浮かべることができます。その公演時に、父の知り合いだった佐渡ヶ嶽親方(元横綱・琴櫻関)もブラジルに来られたので、お食事やお買い物にもご一緒させて頂き、色々と親しくお話をさせて頂いたのを覚えています。当時相撲界のスターだった貴乃花さんにも、ヒルトンホテルでのレセプションパーティー時にお願いしてツーショットを撮って頂きました。長年その写真を大切にして色々な人に見せていたのに、現在行方不明です(*_*)大相撲の大切な一時代を築かれてきた、偉大なる九重親方(元千代の富士関)のご冥福をお祈りいたします。
午前8時になり、下のキッチンに朝食のために降りると、東京都知事に無党派で立候補された小池百合子さんが当選したという速報がNHKで流れました。初の女性東京都知事は現在64歳と言うことで、「ふーん・・・私より1歳お姉さんなんだ・・・」などとのんびり構えていると、彼女は7月生まれでよく考えたら私と学年が一緒、つまり同い年なのでした。同じ時代を生きてきた人と知った時から、妙な親近感が沸きました。ふと「あ~あ、あんなに輝いていいなあ~笑顔が素敵、いかにも達成感に満ち溢れているよね、今から大きな仕事をバリバリやるんだろうね。それに比べて私はこれから先、縮んでいくだけ・・・」と思わず呟いてしまいました。トリオさんが「いやいや、そうでもないよ・・・」と微妙に的外れな励まし方をしてくれました。意欲はあるのに、何をすればよいのか分からない微妙かつ難しい年ごろではあります。同年輩の小池百合子さんのご活躍を心よりお祈りしております。それにしても、リオ五輪の開会式はキャンセルしなくても良かったのでは!?と思うのですが、個人のブログに政治色や宗教色を持ち込むのは良くないことですので、この辺で止めましょう。
f0146587_23043423.jpg
フェイラ(朝市)にはポンカンが山積み、安くて栄養満点で美味しいポンカンは私の栄養源。これからも与えられた立場や運命に逆らわず素直に生きて行けたらいいなあ~と思っています。


by beijaflorspbr | 2016-07-31 23:10 | ニュース | Trackback
2016年 07月 30日

【期間限定】ルフトハンザ日本発着サンパウロ行き特別料金

f0146587_21335055.jpg
(2012年秋サンパウロ⇔関西空港往復時に撮影したもの)

トラベル全般の情報をタイムリーに発信しているトライシーに『ルフトハンザ日本発着特別運賃7,5万円から』という記事が目に留まりました。運賃に税金・サーチャージがかかります。もし該当の日程(日本発9/1-10/31・サンパウロ発9/8-11/30)が合えばお勧めいたします。ルフトハンザのウェブサイトはコチラです。

この記事を読んで、ルフトハンザでの旅の記憶を呼び起こしていました。私自身が経験したルフトハンザ旅行記の記録はコチラの① に詳しく書かせて頂きました。行きのサンパウローフランクフルトの機内では、お隣に巨大な女性が乗って来て随分窮屈で苦しい旅だったこと、フランクフルトー関空は、人の好いドイツ人夫婦と出会ったこと、機内食が熱々でとっても美味しかったこと、日本からサンパウロまでの帰りの記録は、デジカメの写真データを消失してしまい、ちゃんと載せられなかったものの、フランクフルトでは華やかなクリスマスマーケットにご案内頂いたこと共々、大変懐かしく思い出していました。何よりルフトハンザは、今でも全行程でジャンボ機を飛ばしており、その乗り心地の良さや、機内食の美味しさ、サービスの良さから、良い思い出がたくさんあります。しかしながら、翌年2013年以降ルフトハンザの運賃がかなり割高だったので、次からはもう少し安い運賃を提示している中東系Qatarを使ったという経緯がありました。もし料金が見合うのであれば、ルフトハンザは『超』お勧めです!(笑)今回の特別料金は良いチャンスかもしれません。と言いながら、私自身の次の帰国はいつもの米国経由の日系(JAL)になるでしょう。今年もう一往復すると、3万フライオンポイントが貯まる予定です。もしANAなどスターアライアンス系のマイルを貯めていらっしゃる方には、かなり有益な情報かと思います。ついでに言えば、ルフトハンザは、荷物2個で途中で降ろす必要はありませんので楽です。小さなお子さんを連れた方や、旅慣れない方、ご年配の方には乗り換えも簡単なので、お勧めです。こうして飛行機関連の記事を書いていると、何だかウキウキします・・・なんて思っていると、日本在住のお友達から「飛行機と言えばハチドリさん!」と飛行機の画像が昨晩送られてきました。
f0146587_21575604.jpg
「がんばれ!ニッポン号」まあなんとタイムリーな!!!Nちゃん、ありがとう~~♪ただいま私、飛行機に乗りたい病発症中でございます(笑)


by beijaflorspbr | 2016-07-30 22:10 | 飛行機 | Trackback
2016年 07月 29日

最近思うこと

「世界の村で発見!こんなところに日本人」という番組の昔のビデオをふと観ていると、イラン人と結婚をしたものの、夫を病気で亡くし、子どもが独立した後もイランで独り暮らしをしている日本人女性の生き方に接し、色々考えるところがありました。日本人が外国に嫁ぐということそのものがあまり珍しい時代ではなくなった今、自分自身も今年でブラジルに来て40年の節目の年を迎えることに思い至りました。この間一体自分は何をしてきたのだろう?という漠然とした後悔も多々ありますが、その時その時で精一杯生きてきたような気がします。今は夫婦二人とも健在だから良いものの、お互いの年齢的なこともあり、ブラジルの法律や税制や言葉の問題で、もし夫のトリオさんに何かあったら自分はどうしたら良いのだろう?と考え始めると、朝まで眠れなくなってしまいました。つい先日ニューヨークのMちゃんが家に遊びに来た際「最近身近な日本人妻の未亡人が増えているんだよね。ハチドリちゃんは、この先独りになったらどうするの?」と訊かれたことがずっと頭に残っていたのも事実。本当にどうするんだろう?どうすればいいんだろう?途方に暮れてしまいました。とにかく早急に取り掛からなければいけないのが、この大きな家を売却することかもしれません。偶然と言えば偶然にも、1週間前くらいに家のポストに豪華なパンフレットが入っていました。それは、このコンドミニアム内の家を売却する専門の不動産屋が入れたものでした。
f0146587_21391313.jpg
ブラジルは現在未曽有の不景気の中、経済が停滞中です。この敷地内を歩いていても、「VENDE-SE(売家)」の看板がたくさん目につくので、売りたい人が買いたい人を上回っているのは明らかですし、買えない層が増えつつあるのも事実。驚いたのが、半年くらい前からコンドミニオ(管理費)が払えない家の分も皆で負担することになったそうです。4年前に「売る!」と張り切っていた頃から一転し、我が家の状況は相変わらずの現状維持で、売る売らないの意思決定は全てトリオさんに委ねられています。私が無責任に「この家を遺されても困るから早く売ろうよ!」とけしかけると「次はどこに住むの、みそ(犬)はどうするの…」と言われると何も言えず…。しかし平均寿命から言えば、二人とも余命があまり残されていないのも事実。過去に大きな病気をした私は、長生きするとは到底思えません。しびれを切らして「なるべく早く(売却を)決断してね!」とは言ってみるものの馬耳東風、暖簾に腕押し(笑)
f0146587_21390642.jpg
自然に囲まれた最高の環境なのは良ーく分かるものの、やはり家は売り時買い時があると思うのです。3階建ての家は今は良いものの、そのうち階段の上り下りもきつくなってくるのではないかと心配です。
f0146587_21262674.jpg
壊れているところも、引っ越しするとなるとうかつに修理できないし、長年ペンキの塗り替えもしていません。家は常に手を加えないといけないものですが、余力が残っていないのでこの先この家はどうなっていくのやら…。この先、良いタイミングとご縁に恵まれますようにと神さまに祈るしかない今日この頃。まあ先のことを心配しても何も変わらないのであれば、今を幸せに生きていくしかないのかな?と結論を出し、諦めて寝入ったのは午前5時でした。。。ふー眠たい~( 一一)


by beijaflorspbr | 2016-07-29 22:13 | 人生 | Trackback
2016年 07月 28日

Dinho'sの海鮮料理④デザート

長々とDinho's記事を続けていますが、今日で最後です。ところで、10日前には寒波が押し寄せ寒かったサンパウロですが、昨日辺りからは寒さも和らぎ、日中は暑いくらいで、汗をたくさん掻きました。リオオリンピックの間は、概ねお天気が良いそうで、世界中からブラジルに集まった方々には楽しんで頂けると良いと思いまう。
f0146587_23101410.jpg
デザートは各種ケーキの他、アイスクリーム、クリームブリュレ、各フルーツが綺麗に並べられていました。
f0146587_23111267.jpg
デザートを食べる頃に、何とサラダバーに生牡蠣がどんと置かれました。ああ、残念!もう一つも口に入りません。
f0146587_23115558.jpg
最後は皆で写真を撮りました。帰りの道路が混み合って混み合って…。
f0146587_23210846.jpg
通年なら7月は冬季休暇中なので道路はガラガラのはずですが、不思議なほどあちこちが時間帯に関係なく混み合っています。オリンピックとサンパウロの大渋滞が関係あるかどうかは分かりかねますが、色々と困難なことがたくさんあるようです。


by beijaflorspbr | 2016-07-28 23:24 | サンパウロのレストラン | Trackback
2016年 07月 27日

かなちゃんのこと…

かなちゃんは、Kくん(実母の腹違いの弟)Nちゃんの第一子として1982年に誕生した。
かなちゃんは、生まれつき重い障害を持って生まれてきた。
かなちゃんは、自分では起きることも歩くことも喋ることもできなかった。
両親はかなちゃんの世話に付きっ切りで当たることになった。
父親であるKくんは、仕事をしながら精一杯かなちゃんの面倒をみた。
母親であるNちゃんは、2歳違いで生まれた妹Mちゃんを育てながら懸命にかなちゃんを可愛がった。
その献身に応えるように、かなちゃんはいつも無邪気にニコニコ笑っていた。

かなちゃんは施設に通い、時にはショートステイをして両親に束の間の休息の時間をプレゼントした。
かなちゃんが4歳になったばかりの頃、高熱を出し突然意識を失った。
生死の境を彷徨っていた時、たまたま帰国中の私も両親の看病を精一杯手伝った。
医療の現場にいて、主治医の懸命さや看護師さんの温かさにたくさん触れることができた。
ひとつの命を懸命に守ろうとしている真摯な姿は今でもはっきり私の心の中に残っている。

かなちゃんは、たくさんの人の祈りを全身に受けながら深夜に息を引き取った。
その死はとても静かなものだった。
Kくんは男泣きに泣き、Nちゃんは自分の体を支えられないくらい取り乱していた。
周囲の慟哭の中、如何にかなちゃんがたくさんの幸せを運んできたことを思い知らされた。
通夜の前、綺麗な振袖を着せられた可愛いかなちゃんを布団から棺に移す時、父親であるKくんの肩が震えていた姿に皆泣いた。
何とも崇高で悲しく尊い光景だった。
葬儀には、かなちゃんが所属していた施設の先生や、お友達がたくさんたくさん来てくれた。
その誰もが号泣していて、ちょっとした修羅場だった。

そう・・・かなちゃんは、しゃべらなくても起き上がることができなくても
いつもニコニコ笑っていて、周りをたくさん幸せにしてくれていたんだな、と。
かなちゃんの笑顔がもう見られないということに、周囲の人たちは愕然としたに違いない。

無くなっていい命なんてない。
だから最近起こった悲しく救いようのない事件が許せない思いでいっぱいだ。
今回の事件を知り、一番に頭に浮かんだのはかなちゃんの無垢な笑顔だった。
亡くなられた19名の大切な命に心からのご冥福をお祈り申しあげます。
怪我をされた方々の一日も早い回復を願います。

(合掌)


by beijaflorspbr | 2016-07-27 21:45 | 人生 | Trackback
2016年 07月 26日

Dinho'sの海鮮料理③温かいお料理

レストラン記事を続けていましたが、間にサンパウロの聖火リレーの記事が入ってしまいました。今は当然ながらオリンピックの記事でもちきり。色々問題を抱えたリオオリンピック開催も間近に迫りました。何事もなく(ということは途上国なのであり得ませんが)無事に終わりますように。ところで、『夏季オリンピック』と言われているためか、かなりの軽装でブラジル入りしている五輪選手がいますが、リオの寒さにちょっと驚いているようです。日中でも28℃程度までしか上がらず、朝晩に至っては10℃くらいに下がることもあります。サンパウロはリオよりもう少し寒いので、油断禁物です。だから言ったじゃない…と世界中の方に言ってあげたいくらい(笑)さて、気を取り直してレストランDinho'sの続きです。
f0146587_22422585.jpg
前菜、サラダバーと続いた後は温かいお料理です。一番奥の独立したお部屋に、ずらっと並んだお料理。お腹がいっぱいなのに、欲張って色々頂いてきました。Bacalhau(干し鱈)料理は楽しみにしていたので、真っ先に頂きます。
f0146587_22431859.jpg
テーブルでそれぞれ温かいお料理を楽しんでいると、ガルソンがもう一度海老のグリルを持って来てくれました。
f0146587_22461461.jpg
美味しい美味しいとゆっくり食べているうちに本当にお腹がいっぱいになってきました。さて、最後はデザートです。
f0146587_22443046.jpg
長々と引っ張ってすみません。

by beijaflorspbr | 2016-07-26 23:03 | サンパウロのレストラン | Trackback
2016年 07月 25日

サンパウロの聖火リレー

サンパウロの街は、一日中聖火リレーで盛り上がったようですね。私も行こうとはしたのですが、何と前夜に足を挫いてしまい、外出禁止令が家族から出されてしまいました。テレビの報道もあったものの、ライブ中継などはなく、スポットスポットで流れるという消極的さ。やはり、オリンピックの本舞台がリオデジャネイロ市ということで、サンパウロは今一つ盛り上がりに欠けるようです。但し、サッカーの複数の試合は、ワールドカップでも使われたコリンチャンス・スタジアムが使用されるようです。このサッカーも、ワールドカップでの敗退の後遺症が深い傷となってブラジル国民に影を落としているので、どこまで盛り上がるのか疑問です。ネイマールが出るのが唯一の光というところで、私たちも楽しみにしているところです。何はともあれ、後11日で始まる4年に一度の祭典。楽しみです~♪私の住むブラジルと言う国を世界中の皆さんに観て頂けるのは大きな喜びです。
f0146587_21180609.jpg
f0146587_21461240.jpg
報道によると、聖火の火を消そうとして逮捕された人が出たそうで、ブラジル国内を回ったリレーはこの通り厳戒態勢の中で行われました。このリレー風景そのものが今のブラジルを表しているのではないでしょうか。
f0146587_21185885.jpg
私の足首は、大事を取ったのが良かったのか、少しずつ回復してきています。階段の上り下り時にちょっと痛む程度になりました。

by beijaflorspbr | 2016-07-25 21:35 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 07月 24日

7月24日(日)オリンピック聖火がサンパウロ市内を走ります!

f0146587_06522770.jpg
既にマスコミで発表の通り、リオオリンピック開催まで2週間、いよいよ聖火が24日(日)にサンパウロ市内15kmを150名によってリレーされ、次の都市へと繋がれます。

大体のタイムテーブルは次の通りです。ルート詳細についてはコチラをご覧ください。
Trajeto da tocha olímpica em São Paulo

- Museu do Ipiranga, às 7h45
- Rua Bom Pastor
- Av. Dom Pedro I
- Av. Arno
- Av. Presidente Costa Pereira
- Rua Sarapuí
- Rua Canuto Saraiva
- Rua Visconde de Inhomerim
- Av. Paes de Barros
- Rua da Mooca
- Rua João Antônio de Oliveira
- Rua Almirante Brasil
- Avenida Alcântara Machado
- Avenida Venceslau Brás
- Praça da Sé, às 9h10
- Rua Boa vista
- Largo São Bento
- Rua Líbero Badaró
- Viaduto do Chá
- Praça Ramos de Azevedo
- Rua Conselheiro Crispiniano
- Av. São João
- Av. Ipiranga
- Rua da Consolação, às 9h46
- Av. Paulista, às 10h06
- Av. Bernardino de Campos
- Rua Vergueiro
- Rua Dona Júlia
- Av. Prof. Noé Azevedo
- Av. Domingos de Moraes
- Rua Sena Madureira
- Rua Paulo Francis
- Av. Ibirapuera
- Av. República do Libano
- Rua Manoel da Nobrega
- Av. Pedro Alvares Cabral, às 12h11
- Parque do Ibirapuera
- Viaduto General Marcondes Salgado
- Rua Colombi
- Av. Brasil
- Av. Rebouças
- Praça Charles Muller, às 14h47
- Rua da Cantareira
- Av. Senador Queiroz
- Av. Ipiranga
- Av. Rio Branco
- Praça Princesa Isabel
- Praça Julio Prestes
- Rua Mauá
- Praça da Luz, às 15h42
- Rua Ribeiro de Lima
- Av. Almirante Pereira Guimarães
- Rua Pasto de Almeida
- Rua Olavo Freire
- Praça Charles Miler, às 16h26
- Praça Ana Maria Popovic
- Praça Ricardo Ramos
- Av. Pacaembu
- Ponte da Casa Verde
- Praça Heróis da FEB, às 18h22
- Sambódromo do Anhembi, às 19h

★聖火はイピランガの博物館を出発し、あちこちを回りサンボードロモで終了というサンパウロ市内東西南北を網羅したコース。皆さまのお住まいの近くを通るようでしたら、是非応援しましょう。折角の機会なので、私もどこかで観られると良いのですが、自宅からはどこもちょっと遠いです。まあ日曜日なので、起きたところ勝負というところで決めましょうか。ご参考になれば幸いです。肌寒い日々が続いていますので、くれぐれも温かくしてお出かけくださいね。


by beijaflorspbr | 2016-07-24 07:05 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 07月 23日

Dinho'sの海鮮料理②おつまみ&サラダ

Dinho'sの続きです。お店に入って窓側のゆったりした席に案内されました。一緒に行った方は、この店の常連のようで色々な人に挨拶をしていました。我々には到底行けない贅沢なお店、前の記録を見ると何と2年前!!その時は違う方にご馳走になったのでした。我が家は色々あって、今は超節約モードなので贅沢は敵。。。でも結構家で身体に良さそうな美味しいものを毎日頂いていますが。
f0146587_22355280.jpg
アルゼンチンワインの赤をグラスでお願いしました。口当たりの良い美味しいワイン。
f0146587_22361407.jpg
ポウヴィーリョというマンジョッカ(キャッサバ)で作ったパンと、もちもちのポンジケイジョの組み合わせ。
f0146587_22363453.jpg
Polvilhoはフワフワしていてまるでおやつみたい。ミキサーで簡単に作ることが出来ます。
f0146587_22375278.jpg
パンやパテ、ヴィナグレッチなどのモーリョも次々に運ばれてきて、何となくテーブルが賑やかになってきました。これらはCouvert(コウヴェール)と呼ばれるもので、断ってもOKです。
f0146587_22372065.jpg
綺麗に飾られたサラダバーから色々なものを頂いてきました。サラダバーにはお鮨もありますよ~♪
f0146587_22381973.jpg
Pastel(揚げパイ)も熱々…。
f0146587_22383635.jpg
同行した人のチョイス、何といっても私が一番欲張り!?
f0146587_22392123.jpg
ギャルソンにお願いすると、炭火で焼いた海老をテーブルまで持って来てくれます。これも食べ放題に入っているというので遠慮なく頂きます。
f0146587_22401759.jpg
ちょっと焦がした!?
f0146587_23095593.jpg
この辺で随分お腹がいっぱいになってきました。次は温かいお料理です。ふぅ~(^◇^)幸せ。。。


by beijaflorspbr | 2016-07-23 23:10 | サンパウロのレストラン | Trackback
2016年 07月 22日

Dinho'sの海鮮料理①

お誘いを受けて、久々にDinho'sへ。ここはお肉料理やフェイジョアーダが有名ですが、この日は金曜日だったので、魚介類中心の食べ放題を頂くことにしました。
f0146587_21294119.jpg
このお店は水曜日・土曜日はフェイジョアーダ、金曜日は海鮮料理のビュッフェがあります。
f0146587_21343457.jpg
落ち着いたバーコーナーもあるので、ここでゆっくりお酒を飲んで食事を楽しむことも出来ますが、この日は真っ直ぐ席へ案内してもらいました。
f0146587_21382766.jpg
f0146587_21403953.jpg
手前がデザート、奥がサラダ、別室が温かいお料理。ここのビュッフェには定評があります。
f0146587_21415530.jpg
続きます。


by beijaflorspbr | 2016-07-22 21:46 | サンパウロのレストラン | Trackback