ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 31日

思いやりに満ち溢れたブラジルの社会

ブラジルに来た当時は何とも思わなかったこの『優先席』マーク。いつ頃から増えたのか、自分自身が60歳を過ぎて、やたらと席を譲られるようになって初めて分かった。この高齢者・妊娠中の女性・怪我をしている人(または病気の人)・小さい子どもを抱っこしている人への配慮を!というシールは、公共交通機関だけではなく、銀行、郵便局、商店、スーパーマーケット、空港のチェックインカウンターや、出入国ブースでも必ず見られる光景だ。これは法律で決められたものなので、ブラジルの人たちは実に良く守る。
f0146587_22525624.jpg
バスに乗っても、黄色いシートが座席に掛けられている座席は「優先席」と決まっている。バスの前方はほぼ全てが優先席と言っても過言ではない。この席に該当しない人は空席がある場合のみ座って良く、該当者が来たらただちに席を譲るという暗黙の了解が出来ている。たまに若い人でもここに堂々と座っている人を見かけるが、見た目に如何にも高齢者や、小さい子供を抱いた母親が乗ってきた場合は、ほぼ100%の確率で席を譲るブラジル人は優しい国民なのかもしれない。私は微妙な年齢なので、席を譲られたり譲られなかったりする(笑)前者の時はガッカリ、後者の場合はちょっと嬉しい(単純!)
f0146587_23052171.jpg
おまけに言うと、サンパウロ市の場合は60歳以上を高齢者とみなし、バス・メトロ・郊外列車を含めた公共交通機関に乗る時の無料パスが支給されている。何度乗っても無料というのは、魅力的なことだ。高齢社会の日本で、もしこんな制度を作ったら大変なことになる。サンパウロ市は本当に太っ腹な行政だと感じ入る時は、タダでバスやメトロに乗せてもらう時だ。無料パスをもらうようになって、自分で運転して買い物にはめったに出なくなってしまった。サンパウロ市の万年渋滞の中で強い味方がバスやメトロなどの公共交通機関だというのは周知の事実。ありとあらゆる目抜き通りには、「バス(Onibus)優先道路」が設けられており、ちっとも動かない一般車を尻目に、グイグイ進んでいく頼もしい存在だ。特に自宅付近は、現在2本のメトロ工事を敢行しており、渋滞には拍車がかかっている。2014年のワールドカップに完成するはずだったメトロは、16年半ばでも全然出来ていない現実…。まあ当然予想はしていたことだが。我が家付近からも、かなりたくさんのバスが出ており、複数のメトロ駅行き、パウリスタ大通り行き、セントロ行きなどなど、目的に沿って乗るバスを選択するのはそんなに難しいことではない。特に、家族の診療所がより便利な場所に移ってくれたので、以前よりもずっと早く着けるようになったのは喜ばしいことだ。
f0146587_22560236.jpg
日本で今騒がれている「マタニティーマーク」をカバンに着けるかどうか、の議論で思うことがある。私は日本で妊娠期間を過ごしたことがないので、嫌な思いをしたことは一度もない。しかし、逆の立場ならどうだろう?妊娠中は、体の変化が多く起こる時期だ。急に気分が悪くなる、血圧が下がって眩暈が起こる、お腹が圧迫されて苦しくなる、等々…。それらのハンディーを持った女性に冷たい目で見る、席を譲らないなど考えられないことだ。豊かな日本は、何か大切なものを喪っていないのだろうか。思いやりの心がなければ、正常な社会生活を送ることは難しい。子育て期を終えた私は、若いお母さんたちの気持ちが良く分かる。電車などで見かけたら絶対に協力するだろう。だって、巡り巡ってそれはお互いさまなんだもの…。どうか日本人もブラジル人のように、優しい人が増える社会になって欲しいと願うばかりだ。妊娠中のお母さんたちに、堂々とアピールして欲しいな。赤ちゃんを授かる、産まれるというのは本当におめでたくて喜びに満ち溢れたことなのだから。
f0146587_22530072.jpg
それと、優先席で思い出したのは、12年前に大手術を受けた後、どうしても外せない用事があって神戸の展示場に行ったことがあった。移動のため神戸のポートライナーに乗った時、一瞬ひどい眩暈が起こったことがある。不幸なことに、空席はなかったものの車内は空いていた。座る場所を見つけられず立っていて、前述の症状に襲われた。誰一人として私に注目をした人はいなかった。その時の苦しさや辛さは忘れることが出来ない。気分が悪くてその場に座り込んでしまっても、誰一人席を譲る人が居ない社会、それは本当に完成された社会なのだろうか?と。
f0146587_22530476.jpg
その点、ブラジルはいいなあ。。。と思う。法律(Lei Federal=連邦法)で定められた「思いやり」の約束事は、人に優しい社会への第一歩だと思う。所変わればのお手本として欲しい(と言っても日本では難しいかな?)
f0146587_22550051.jpg
さあ、今日も乗り心地の良いメトロで西へ東へと動きましょうか。。。ありがとう、ブラジルの優しい人たちと社会!!

★リオ・オリンピックを間近に控えているせいか、日本のテレビ番組(特に報道番組)ではブラジルのマイナス面ばかりがクローズアップされて少し寂しい思いをしています。ブラジルは若い人が多い大国で、まだまだ未熟な点もありますが、大雑把な感想を言えば、「全体的に人に優しく温かい社会」だと思っています。確かに政治家の汚職、現職大統領の職務停止、度重なるデモ行進、インフレ、不況、治安問題など不安材料も多々ありますが、この国で暮らしている我々一般市民にとっては何ら今までと変わりなく、質素ながら楽しく暮らしています。美味しい野菜や果物、人の好い商店のおやじさんなど、人との会話や触れ合いも楽しくて、ブラジルに来て、ブラジルを知って本当に良かったと日々思っています。何も知らない日本のコメンテーターの心無い言葉が胸に刺さります('_')


by beijaflorspbr | 2016-05-31 23:32 | サンパウロ生活情報 | Trackback | Comments(6)
2016年 05月 30日

Paulista大通りを歩く~♪

最近この辺をウロウロすることが多く…。この日も早朝から出かけました。ここから家族のお使いに行き、久しぶりにパウリスタ大通りを縦断(いや横断?)してみると、結構楽しい。
f0146587_22052685.jpg
お天気が良かったこともあり、パチパチ写真を撮ってきました。今年のサンパウロはずっとお天気が悪く、こんなお散歩も久しぶり…。
f0146587_22060727.jpg
ズルをしてメトロで1駅乗ってしまったら、行き過ぎた(*_*;
f0146587_22063555.jpg
このFiespビルの前から毎回デモ行進が始まるんですよね。大きなアヒルさんがシンボル。現職大統領が職務停止になったブラジルはこれからどうなるのやら…。
f0146587_22065605.jpg
旧マタラーゾ財閥のお屋敷跡には、立派な複合ビルが出来ました。ショッピングセンターやオフィスビルなどが入っています。
f0146587_22072021.jpg
突然ヘリコプターがふわっと飛び立ちました。
f0146587_22094882.jpg
2015年2月12日101歳で亡くなられた日本人アーティスト『大竹富江』さんのオブジェが堂々と建っていました。3年かかって作り上げられ8メートルもある大作です。トミエさんの作品は、サントス・グァルーリョス空港、23 de Maio大通りなどで見ることが出来ます。
f0146587_22105184.jpg
Trianon-Maspから歩いて漸くAugustaまでやって来ました。
f0146587_22162047.jpg
家族の用事も無事に済んだので、もう一度戻るとお弁当を広げて食べようとしているところでした。ご飯が多過ぎたかな?
f0146587_22171829.jpg
比較的お昼をガッツリ食べる家族も、お腹いっぱいになったようです。私も少し手伝いました。いつも歩かないせいか、この日の夜は膝が痛んで困りました。年なので、あまり無理は出来ませんねえ。。。

★良く聞かれる「サンパウロは安全なの?危ないの?」のご質問ですが、お昼普通に歩くのはまず問題ありません。こうして歩きながら写真をパチパチ撮ったとしても、観光客を見るような目で見られるだけです。でも手持ちのバッグや貴重品類にはくれぐれもお気をつけくださいね。


by beijaflorspbr | 2016-05-30 22:44 | 散歩 | Trackback
2016年 05月 29日

『寅福』あべのハルカスダイニングでランチ

日本日記に戻ります。この日は買い物があったので、日本橋(大阪の秋葉原)で電子機器を見た後、天王寺へ。あべのハルカスダイニングの「寅福 」はリーズナブルに食事を楽しめるお店なので、家族のお気に入り。まずはお替り自由の3種のお惣菜から。
f0146587_21303725.jpg
味噌カツ定食と親子丼定食をお願いしました。ご飯は白・炊き込み・雑穀米の3種類から選べてお替り自由。家族大喜び~♪
f0146587_21304242.jpg
食後に展望スペースまで登るのが定番コース。天王寺公園方面を見た時、「行ってみる?」「嫌だ…」というやり取りが。
f0146587_21303144.jpg
大阪マリオット都ホテルのロビーまで上がってみました。明るいフロントでチェックインをするのですねえ。良い感じ。
f0146587_21330543.jpg
地元過ぎて泊まることは絶対にないかと思いますが、この絶景を堪能するお客さんがちょっと羨ましい…。
f0146587_21352503.jpg
たくさん歩いて、美味しいごはんを食べた一日、結構楽しめました。ムスコよ、ありがとうね!

by beijaflorspbr | 2016-05-29 21:46 | 日本の美味しいもの | Trackback
2016年 05月 28日

昔こんなことがあったなあ・・・(子連れの飛行機旅)

遠い遠い昔、両親が元気なうちにと何度も何度も子ども3人を連れてブラジルから日本へと帰国したものでした。皆さん良くご存知の通り、ブラジルと日本とは究極の距離です。24時間以上かかるフライトをどのように紛らわすかが毎度親としての大きな懸念でした。子どもがとても小さい頃、毎回頭を悩ませるのが如何に機内で退屈させないか、それよりも気になるのがズバリ「泣くか、泣かないか」でした。そういえば、小さな子どもを飛行機に乗せ座席に座らせた後、周りの方々に「小さな子どもがご迷惑をお掛けすることがあるかもしれません」と良く断りを入れたものでした。そして、少し機嫌が悪くなるとすぐにデッキに連れて行って寝かせに行きました。飛行機から降りると、腕がパンパンに腫れて荷物を持つのも辛い時もありましたっけ。泣かせない努力は相当なものだったと思い起こすのですが、我が子は日常的にもギャンギャンと泣き叫ぶ子は一人もいなかったので、結果だけを言えば人さまに迷惑をかけたという記憶がありません。それはただ単に運が良かったせいか、お気に入りのおもちゃやお菓子を山ほどリュックに入れてあげたせいか、フライト前に走り回らせて疲れさせたせいか、おとなしい性格だったせいかは分かりかねますが、小さな子どもを持つ親にとっては機内の過ごし方は頭の痛い課題です。そんなある意味’悪夢’のような瞬間を思い出す時もある子育て期を経たのもすっかり忘れて、小さな子どもの泣き声に不快な思いをしたりする自分がいるのですから、人間というのは身勝手なものです。この動画を見た時は、何だかほんわかして拍手喝采してしまいました。今時こんな話の分かる航空会社があるのかと疑うほどですが、これは久々に痛快でした。

これから小さな子どもを持つお母さんがいらした場合は、しっかりお手伝いをさせて頂くことにしましょう。だって、それはお互いさまなのですものね。例え子どもが4人泣いたとしても、この動画のように無料にならなくてもね…。
f0146587_22373066.jpg
ところで、伊勢志摩サミットがあり、久しぶりに日本に飛来した米国大統領専用機エアフォースワンを見て、ちょっと興奮しました。日本の飛行機は皆小型化しているので、久しぶりの大きい飛行機は余計に格好良くみえました。


by beijaflorspbr | 2016-05-28 22:34 | 飛行機 | Trackback
2016年 05月 27日

ブラジル入国に必要な書類について…

今年8月からリオデジャネイロで開催されるオリンピックの日程が近付いてきたせいか、最近また入国書類に関するお問い合わせが多くなってきましたので、再度書かせて頂きます。

ブラジル入国の際に必要な書類は査証(パスポートに記載されたもの)と出入国カードです。我々永住者は、RNE(Registro Nacional de Estrangeiro)カードで入国します。RNEは満60歳を過ぎると、更新の必要はありません。
この場合は、観光ビザでブラジルを訪れる方のために書かせて頂きます。

①査証(VISA)

★ブラジルに入国される方は、目的に関わらず査証が必要です。
 ◎観光ビザ・・・許可日より90日以内にブラジルに入国すること。
         ブラジル入国日より90日間有効
 ◎適応者・・・1)観光  2)親戚・知人訪問  3)各種イベントに参加する芸術家・スポーツ選手
        4)学術会議 各種講演会 シンポジウム等の参加者・講演者
 ◎査証に必要な書類
【パスポート】残存期間が6か月以上あり、見開きページが2ページ以上
【写真】   縦4,5cm×横3,5cm  顔の大きさは頭頂部からあごまで3,1cm-3,6cm
       カラー写真で背景は白のみ。最近撮影されたもの。
       白黒写真、スナップ写真、スピード写真、デジカメ、不鮮明なものは不可
【申請書】  こちら(ポルトガル語)からダウンロードをし、申請書を作成してください。   
       申請書作成後にPDFファイルで印刷し、パスポートと同じサインを申請書にしてください。
【預金残高証明書】目安として1人25万円以上で。1か月以内に発行されたもの。
【往復航空券】Eチケット可

但し、例外として五輪チケットの有無に関わらず、下記の期間はビザは免除されます。

②ブラジル出入国カード(Cartão de Entrada e Saída) コチラからダウンロードも可能です。

*USO OFICIAL以外の項目に記入をし、入国係官に提出してください。
右半分はブラジル出国の際に係官に提出してください。
この書類は、2016年5月現在有効ですので、ご安心ください。

もう一つ、良くご質問をうけるのですが、ブラジル入国の際の『税関申告書は必要か?』ですが、答えは「いいえ」です。
現在税関申告書の提出は義務付けられておりません。もしUS500,00を超えるものがあった場合は、赤に進み税関検査を受けてください。特に申告するものがない場合は、緑ボタンの方向へと進んでください。

ブラジルまで良いご旅行をなさってください。
f0146587_12422547.jpg
 (経済の中心地 サンパウロの目抜き通りAvenida Paulista)


by beijaflorspbr | 2016-05-27 20:00 | サンパウロ生活情報 | Trackback
2016年 05月 26日

遥か遠くに思いを馳せる日(Hちゃんへ)

f0146587_22532211.jpg
遠くから少し悲しい知らせがくる
それを聞いて色々考えさせられた
眠れない夜を過ごす
人生には時々受入れがたいことが起きると思うのはこんな時だ
一歩先には何が起こるか分からないけれど
最善を尽くそうよ
運命を素直に受入れ
神さまを大きな味方に付けて
どうか頑張って欲しい
人生はこれからなんだからね
病気に打ち克とう、Hちゃん
先生はずっとずっと祈っています
間に地球を1個挟んだとしてもね!


by beijaflorspbr | 2016-05-26 23:07 | 人生 | Trackback
2016年 05月 25日

祝:引っ越し完了!でも・・・

6日間続いた我が家のイベント、いや~~引っ越しがこんなに大変なら、自分の家の時はどうなることやら。。。
f0146587_10100401.jpg
f0146587_10172446.jpg
お隣のビルには日系企業がたくさん入っています。
f0146587_10165481.jpg
じゃーん、分かりやすいと言えば納得です。
f0146587_10161564.jpg
ソファは今のところ前の診療所のものを持って来ました。T-falでお湯を沸かして暖かいお茶も飲めますよ〜♫
f0146587_10194204.jpg
今日から新しい診療所で仕事を始めたものの、まだ完全と言う訳にはいきません。何しろここはブラジルですもの(笑)今日は初日&家族の誕生日だったので、お赤飯を作って持っていきました。
f0146587_10211556.jpg
頑張っている人には、せめてお弁当を!でも残念なことに、引っ越し騒ぎで碌に買い物も出来ず、色合いが今ひとつ(*_*;
f0146587_10214521.jpg
今日もお疲れさまでした。そしてお誕生日おめでとう~067.gif今年は特別なお誕生日になったね!!!


by beijaflorspbr | 2016-05-25 20:00 | 家族 | Trackback
2016年 05月 24日

2016年春日本日記@うちごはんで女子会

もうすぐブラジルに帰るというある日、お友達5人をお招きして、私の手料理で食事会をしました。季節の野菜を取り入れたものを次々と作りました。日本の野菜は大変優秀で、何もかも味が濃くて美味しいものばかり。
f0146587_11454568.jpg
前日に作ったものはコロッケのみ。後は当日作りました。色は今一つですが、みんなに喜んでもらって良かった!
f0146587_11485692.jpg
デザートも潤沢で、皆で美味しく頂きました。
f0146587_11495904.jpg
今回は時間切れで、1回しか食事会が出来ずごめんなさい。また次の帰国の際に、ゆっくりお話しできるのを楽しみにしています~♪

by beijaflorspbr | 2016-05-24 20:00 | おうちごはん | Trackback
2016年 05月 23日

引っ越し作業に明け暮れる日々・・・

f0146587_22103062.jpg
先週からずっと家族の仕事場である診療所の引っ越しを手伝っています。
このビルの中にある小さな診療所で丸7年間懸命に働いた家族は、
意を決して新しい地に仕事場を授かり、
まもなく心機一転開業をする予定です。
患者さまの利便性を第一に考え、
今より便利な場所へ移転することに決めたのは今から5年前のこと。
まさに清水の舞台から飛び降りるような気持ちで
漸く手に入れた彼女自身のささやかな仕事場は、
これからの家族の大きな支えとなることでしょう。
私たちも親として出来うる限りの協力をしてきました。
そして正直言えばちょっと疲れ気味です。
何しろ70代と60代の夫婦ですものね。
でも家族の晴れ姿は私たちの誇りでもあります。
コツコツと地道に頑張ってきた家族に拍手!!
サンパウロにお住いの皆さま、
今後ともエル歯科をどうぞ宜しくお願い申し上げます!

★…もし歯科治療のご相談がありましたら、コチラまでご連絡をお願いいたします。


by beijaflorspbr | 2016-05-23 22:28 | 家族 | Trackback
2016年 05月 22日

2016年春日本日記@大阪ミナミを歩く

大阪は「キタ」「ミナミ」という言い方を良くしますが、この前に行った梅田界隈は「キタ」これから歩く心斎橋や難波・天王寺は「ミナミ」という訳です。この日も大勢の人出のミナミ、外国人観光客の数が気のせいか少し減ったように感じました。
f0146587_22093403.jpg
私は個人的に心斎橋筋を歩くのが好き。心斎橋から難波までは馴染みのお店もあり、お買い物をするのも楽しみ。
f0146587_22100920.jpg
道頓堀までやってきました。この日は千日前方面へと回り、なんば花月前を通って…
f0146587_22104667.jpg
道具屋筋に行くことにしました。先日のお客様の時に、うっかりして鍋を焦がしてしまったので、お鍋を買いに行きましょう。種類が多いのと、何より安く買えるのが気に入っています。そういえば、この道具屋筋で名古屋から来たお友達が鍋焼きうどん用の鍋を買いましたっけ。
f0146587_22111156.jpg
この道具屋筋には、業務用のスーパーや飲食店に使うありとあらゆるものが揃っています。外国人に人気なのは精巧に作られた食品サンプル。実際に作ることもできるようです。
f0146587_22120078.jpg
便利なお鍋を買い、難波の和喫茶に入りました。時節柄苺づくし。
f0146587_22121900.jpg
日本の苺は本当に美味しいですねえ!今回もたくさん食べました。
f0146587_22125262.jpg
なんばから天王寺に地下鉄で移動し、あべのハルカスの(無料)展望スペースへ。レストラン街からエスカレーターで上ることが出来ます。
f0146587_22134723.jpg
ちょうど躑躅の咲き始めでした。
f0146587_22135153.jpg
電車では30分かかる我が家方面も、この日は良く見通すことが出来ました。近鉄百貨店で開催されている北海道物産展に寄り、地下で食材のお買い物をして電車で帰途につきました。
f0146587_22142750.jpg
Y先輩は先に最寄り駅で降り、私は自宅付近で降りて歩くと満開の躑躅が見事に咲いていました。
f0146587_22154182.jpg
久々の先輩との時間、たくさん喋って食べて楽しい一日を過ごすことが出来ました。

by beijaflorspbr | 2016-05-22 23:04 | 友達 | Trackback