ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 31日

2015年にありがとう!

f0146587_22123176.jpg
2015年が終わろうとしています
今年一年は、皆さまにとってどんな年だったでしょうか
私自身にとっては、大変充実した忙しいばかりの年でした
もし出来れば2016年はもうちょっとゆっくり暮らしたいと願っております

拙い日々の普通の暮らしを綴ってきた当ブログに
多くの皆さまにお寄り頂き、無言の励ましをいただきました
ありがとうございます!

2016年も皆さまにとって幸せに満ちた一年となるよう
心よりお祈りしつつ今年最後のご挨拶とさせて頂きます

みなさま
ありがとうございました!!
良いお年をお迎えくださいませ!


by beijaflorspbr | 2015-12-31 22:17 | 人生 | Trackback | Comments(4)
2015年 12月 30日

2015年秋・友旅前半5日目東海道・山形新幹線で大阪→山形・東根

いよいよ年の瀬を迎えました。相変わらず南米は雨が多くはっきりしないお天気が続いています。そんな中でも、家族の「ある用事」でちょっと緊張の日々が続いています。基本的にこちらには年末年始のお休みというのはなく、元旦を過ぎると普通に街は動き出します。トリオさんが現役の頃、1月2日に普通に出勤するのを見て不思議に思いました。来年はたまたま元旦が金曜日なので、3連休ということになりますね。エル歯科も5日(火)から普通に診療所を開けると言っていました。出不精をしていた私も、いよいよお正月の買い物をしないとまずいので、今日はメルカドン(サンパウロ市立市場)やリベルダージに行ってこようと思います。その前に…また日本日記です。この日はレールパス使用5日目、予め計画をしていた山形に行く日でした。乗り継ぎがあるので、またもや早朝の出発。新大阪駅始発の新幹線は空いているという理由から自由席に座ることにしています。2号車後方のE席をゲット。
f0146587_19080687.jpg
この日は岡山の同級生ヨコに頂いた「良寛てまり」というお菓子2個を持ってきて食べました。高級和菓子をこんな所で食べちゃって良いのかな?と思うくらいの美味!
f0146587_19143914.jpg
この日は眠ってしまったため、富士山は見られませんでした。ガッカリ…。東京駅で「六里舎」のつけ麺を並んで食べたことは既にお話ししました。
f0146587_19155793.jpg
こういった思い切った行動こそが旅の醍醐味・・・なーんちゃって(#^.^#)12時ちょうどの山形新幹線に乗車しました。
f0146587_19185399.jpg
山形というように、陸地を奥へ奥へと進む光景を楽しみつつ、マイブームの加賀棒ほうじ茶で喉を潤しました。
f0146587_19211007.jpg
あっという間に「さくらんぼ東根」駅に到着、久しぶりに従妹のMちゃんと再会できました。従妹の嫁ぎ先の「ホテル来山荘」にチェックイン
f0146587_19223255.jpg
従妹が「ハチドリちゃん、運が良かったね。先週畳替えしたばかりなのよ」ほ~んと、畳の良い香り。。。幸せ~(^^♪
f0146587_19240536.jpg
まずはお風呂にどぼん!1回目(笑)
f0146587_19254332.jpg
お布団も敷いてあるのでゴロゴロしようかな?と思ったものの、もったいないもんねー
f0146587_19270881.jpg
なので、旅館のすぐ近くにある公衆足湯へ行ってみました。地元の人に交じって足を浸けてみました。あー気持ちいい。
f0146587_19281174.jpg
地元の方々と短時間ですっかり打ち解けてしまい、「東根のりんごはうまいぞー」とおりんごまで頂いちゃいました(笑)お蕎麦屋さんの割引券までくださったお父さん、そして「高齢者でも運転してるよ」と言っていたお母さん。いつまでもお元気でいてくださいね。
f0146587_19301525.jpg
旅館に戻って、もう一度お風呂へ…。あー気持ちいい。お布団でちょっとゴロゴロしていると、Mちゃんから電話「そろそろ出かける?」さあ、夜の部の始まり。お互い海外でなかなか会えなかった従弟(Mちゃん弟)のTくんと久々の再会。楽しみです!!


by beijaflorspbr | 2015-12-30 19:34 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 12月 29日

2015年秋・友旅前半4日目北陸新幹線で東京→金沢

2015年もあと3日というのに、未だ日本日記が延々続いています。読みにくくてすみません(*'▽')この日は鈴鹿市のホテルで目覚めました。この日もSさんにホテルから鈴鹿駅に送って頂きました。最後までお世話になりました!午前8時54分鈴鹿発の特急「南紀2号」で名古屋に向かいました。指定席は展望車でしたが、生憎の雨で展望どころじゃありません。。。本当は名古屋から、或いは鈴鹿から大阪に向かわなくてはならないのですが、前回は叶わなかったピッカピカの北陸新幹線に乗りたくてたまらなくなり、鈴鹿→名古屋→東京→金沢→大阪というコースを実行に移しました。こんなプチ贅沢が出来るのも、全てレールパスのお蔭です。時間が許せば、北海道から九州まで鉄道の旅をしたいくらいですが、今は無理。
f0146587_20541447.jpg
名古屋駅からは10:27発「ひかり514号」で東京へと向かいました。東京に着いたのは12時10分。
f0146587_21053524.jpg
そのまま北陸新幹線「かがやき527号」で12時24分に東京駅を出発し金沢に向かいました。静かな車内、そして座り心地の良い座席
f0146587_21074815.jpg
普通だったらちょうどお昼時なのでお弁当を買うところなのですが、御浜で買ったおみかんと高山駅で買った白川茶でひたすら空腹を我慢。。。お供は相も変わらずAくんたち(笑)の歌。足元に電源もちゃんと付いているので便利です。
f0146587_21111596.jpg
動画を観たり、うっつらうっつらしていると、あっという間に金沢駅に到着しました。北陸新幹線ってほとんど揺れずに静かなので、乗り心地最高でした!改札を通って異変に気付きました。何しろすごい人、そして活気があり過ぎ!これこそが新幹線効果なのですね。実感しました。
f0146587_21261442.jpg
久しぶりの金沢駅・鼓門、ところが雨脚はどんどん激しくなってきました。
f0146587_21295153.jpg
どうしても近江町市場でお鮨が食べたいと金沢に回って来たものの、雨が酷くて近江町まで到底歩けそうにもありません。金沢滞在を1時間としたため、バスを待つ時間も取れません。どうしようか?と考えつつも近江町市場方面へと歩き出した時、ふと左側を見ると「寿しと手造り料理 長八」の文字が目に入ってきました。私が入ろうとする直前、10名くらいの若い男性たちがゾロゾロ入店したと思ったら、席が用意できなかったのか、断られて大挙して出てきました。「かに解禁」の文字が気になりつつ恐る恐る入ってみると…。
f0146587_21344326.jpg
「カウンターでもよろしいですか?」と聞かれ案内されました。10名くらい座れるカウンターには私一人だけ、目の前には3人の職人さんが熱心にお仕事をされていました。テーブル席は満席のようでした。
f0146587_21394614.jpg
わざわざお鮨が食べたくて来た金沢なので、特上鮨をお願いしました。でもやっぱりお鮨と言えば飲みたい冷酒。しかも青竹冷酒があったので、迷いなくお願いしました。青竹冷酒といえばここに亡き母との想い出を語りましたよねえ。。。あの記事は、金沢から大阪に戻る途中の列車の中で、携帯から送ったものでした。青竹の中身は「萬歳楽」というお酒です。スッキリして飲みやすい。
f0146587_21442875.jpg
お酒を飲みながらしばらく待っていると、「お待たせしました!」とカウンターから見事な九谷焼のお皿を手渡ししてくださいました。「長八」の特上鮨は14貫2,800円(+税)でした。値段の違いは、お鮨の数の違いなので分かりやすいです。
f0146587_21490298.jpg
まあ何と言いましょうか、この時間までひたすらミカンで我慢して本当に良かった!というのが素直な感想です。やはり金沢のお鮨はレベルが高い!!期待を裏切らない美味しさで久々の北陸の恵みを堪能させてもらいました。お酒も飲み終わり、お茶を頂いていると、目の前にいた職人さんが一生懸命すりこ木を持ってゴリゴリと作業をされています。「何をなさっておられるのですか?」ついついお節介おばちゃんは黙っていられず聞いてしまいました。「蟹の身を出しているんですよ」笑顔で答えてくださいました。
f0146587_21535719.jpg
「2日前から蟹が解禁されまして、漸くお店に入って来たんですよ!」と。「それは香箱蟹ですね?」(高岡・庄八さんで勉強済み)「はい、そうです。良くご存知ですねえ!」「北陸の人は、子どもの頃から香箱蟹がおやつ代わりだったんでしょう?」そんな話をしていると、「どうぞ、少しですが味見なさってみてください」すっと目の前に小鉢が出されました。
f0146587_21590968.jpg
ポン酢ジュレで頂いた初物の香箱蟹は最高でした!!!最初は敷居が高そうだなと思った「長八」のカウンターは、私にとって特等席でした。「良い想い出を胸にブラジルに帰りますね」と私が言うと「ええ?ブラジルからいらしているのですか?」とちょっとビックリされました。「飛び込みで入ったお店でしたが、必ずまた来ますからね!」と板前さんとお別れしました。短い時間だったのにも関わらず、素敵な時間を過ごすことが出来て、金沢に来て良かった!としみじみ思いました。次はお鮨を少なめにして金沢の郷土料理の治部煮や蟹も食べてみたいなあ~と夢が膨らみました。雨の中もう一度駅に戻ります。雨脚は強いまま…。
f0146587_22025887.jpg
お土産屋さんもこの通りごった返しています(-_-;)
f0146587_22043493.jpg
金沢からは「特急サンダーバード」で大阪に戻りました。新幹線から在来線の特急に乗ると、何となく都落ちしたような気分が…(笑)午後6時半過ぎには大阪に着きました。3泊した後の大阪も自宅も何だかとっても懐かしい…。子どもたちの顔を見て安心しました。でも翌日からまた出かける予定がありました。出かける前に大鍋いっぱいに炊いていったおでんも売り切れていました。
f0146587_22225536.jpg


by beijaflorspbr | 2015-12-29 22:07 | 日本国内旅行 | Trackback
2015年 12月 28日

2015年秋・友旅前半「三重県」⑤三重県・熊野「鬼ヶ城」

次は三重県が誇る世界遺産熊野古道・「鬼ヶ城」です。
f0146587_21460418.jpg
1600年前に溶岩が固まって1200万年前に隆起してできたものだそうです。○○万年前…という次元でもう(*_*)
f0146587_21505324.jpg
ご一緒して頂いたSさんとM夫人にモデルになって頂きましょう。
f0146587_21513936.jpg
画像をご覧になって分かるように、この辺から私のミラーレスカメラが狂い出しました。いくらやってもシャッターが落ちず、写真が撮れなくなってきました。撮れたとしてもこんなピンボケ画像で見にくくて申し訳ありません。
f0146587_21451463.jpg
遊歩道が整備されていますが、台風で道路が崩れて一部通行止めのところもありました。復旧の目途は立っていないそうです。
f0146587_21463819.jpg
押し寄せる波がもうド迫力でした。この辺りは釣り人も多く、釣りには絶好の場所のようです。
f0146587_21475376.jpg
絶景を心行くまで堪能させて頂くことが出来ました。
f0146587_21485715.jpg
ここが紀伊半島で最初にできた場所だそうです。
f0146587_21495799.jpg
熊野古道の世界遺産をご案内頂き、知らなかった三重県の魅力、奥深さをたくさん知ることが出来ました。ずっと長時間運転をしてあちこちご案内くださったSさんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。自分一人では到底来られない秘境でした。
f0146587_21523768.jpg
熊野を堪能した後は、北上して鈴鹿市まで連れてきて頂きました。それにしても運転がお上手!!前にK社長や皆さんと一緒に訪れたことのある「鈴鹿一心」での夕ごはん、天ぷら定食を選びました。
f0146587_21551527.jpg
M夫人は焼きなす定食、Sさんは焼肉定食をそれぞれにお願いし、美味しく頂きました。
f0146587_22011102.jpg
この翌日は鈴鹿市で何か大きなイベントがあったのか、いくら探してもホテルが取れなかったのですが、地元Sさんのお力で何とか一室抑えて頂くことが出来ました。宿泊したのは「鈴鹿スートリアホテル」鈴鹿と言えば、私の大好きな温泉付きの「スーパーホテル鈴鹿」なのですが、この日は満室でしたのでまた次の機会に…('_')このホテルは高層階の角部屋ゆえ、大変静かで居心地が良かったのでリラックスでき大満足な宿泊でした。 
f0146587_22000431.jpg
お二人に頂戴した貴重なお土産を並べてみました。ひじきやあおさは途中の直売所で購入しました。
f0146587_22001483.jpg
翌朝起きてすぐに朝食会場に行きましたが、心のこもった美味しい朝食でした。カメラを持って行かなかったので画像を収めることができませんでしたが、とても親切に応対してくださったスタッフの方、ありがとうございました!
f0146587_22030224.jpg
外は生憎の雨。。。今日はSさんも会議があるということなので、一日どうしようかな?しばし考え込みました。あ!そうだ。ちょっと無謀かな?とも思いましたが、実行に移すことにしました。さて、私はどちらへ向かったのでしょうか!?「好奇心」「新し物好き」「美味しいもの好き」がキーワードです。


by beijaflorspbr | 2015-12-28 22:43 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 27日

2015年秋・友旅前半「三重県」④三重県・熊野の世界遺産巡り

道の駅「パーク七里御浜」を後にしました。美味しいごはんをたくさんありがとうございます。
f0146587_20402967.jpg
途中で地元Sさんが「みかんが欲しいな~♪」と仰り、車を停めてみたところ、まあ何と安いこと!!1パック100円。ということで、私もホテルや、この後の列車で食べるために1袋購入しました。お友達のKちゃんには、道の駅で購入した「ちゃんとした!?」おみかんを宅配で送ってもらいました。こんなシステムが通用するのは日本だけかもしれません。
f0146587_20410668.jpg
次は日本最古の「花窟神社」に案内していただきました。
f0146587_20420164.jpg
花窟神社についてはこちらをご参考になさってください。
f0146587_20424482.jpg
どんな神社なのかしら?興味津々で進むと…。
f0146587_20432538.jpg
なにやら巨岩がドカーンと目の前に迫ってきました。この岩こそがご神体だそうです。
f0146587_20442042.jpg
どこにお参りしたら良いのかしら?と迷っていると、ちゃんとお参りするところがありました。ホッー
f0146587_20445756.jpg
綱が渡しかけてありました。これも意味のあるものだそうです。
f0146587_20454209.jpg
次は「獅子厳(ししいわ)」です。波の浸食によって自然に形成されたものだそうです。
f0146587_20470786.jpg
f0146587_21000124.jpg
見事なものばかり、自然が織り成す光景に目を見張るものがありました。熊野の自然はこれだけではありません。続きます。



by beijaflorspbr | 2015-12-27 21:01 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 26日

2015年秋・友旅前半「三重県」③三重県・御浜町「ごちそうダイニング」で至福の時間

朝から漁船に揺られ、熊野灘の壮大な景色を満喫させて頂いた後は、楽しみにしていた辻 保彦社長の夢を実現した「御浜町道の駅」2階でのランチ。海を見ながら食事を楽しみたい方用のテラスも完備
f0146587_22123880.jpg
ここに辻社長が立つと絵になりますねえ!この日は残念ながらニアミスでお目にかかれず、別の日に撮影した写真を送って頂きました。
f0146587_22202510.jpg
真ん前は水平線がどこまでも広がる海という好立地
f0146587_22132179.jpg
こんな場所に、夢のようなレストランをオープン、名前も「ごちそうダイニング・辻さん家」食べ放題のビュッフェスタイルで、何と大人1,500円、豊年(65歳以上)1,200円、子ども(4歳~小学生)800円、3歳以下無料というリーズナブルさです。
f0146587_22190471.jpg
まず窓側の席に着きます、イラストが何とも温かくて笑顔になりました。「美し国(うましくに)三重」ですものね、地元の食材を使ったお料理には大いに期待できそうです。
f0146587_22252776.jpg
ブッフェスタイルで、コーナーごとにお料理が分かれていますが、実に品数が多いのでビックリします。センターテーブルだけではなく、壁沿いにもビッシリとお料理やデザートが並んでいました。
f0146587_22232453.jpg
こちらは揚げ物やパスタ等々…。
f0146587_22275157.jpg
まだ全体像が掴めていないので、とりあえず手当たり次第に写真に収めておきましょうか。
f0146587_22380201.jpg
サラダバーも充実していますが、
f0146587_22285621.jpg
特筆すべきは、やはり辻社長と言えばトマト、甘くて美味しいのは実証済みなので、今日は少し多めに頂いてみましょう。
f0146587_22331701.jpg
熊野地方の名物料理のめはり寿司もありました!嬉しい~♪めはり寿司は以前和歌山のみなべ町で食べた記憶が…。形状は違いますが、どちらかと言えばこちらの方が本場なのかしら?
f0146587_22301280.jpg
ドリンクは迷わずビーじゃなくてぇ…これですよん、フレッシュみかんジュース。味が濃くて美味しいのでついつい3杯も飲んでしまいました。
f0146587_22294287.jpg
土地柄、新鮮なお刺身もあるので嬉しい限りです。手作り豆腐や小鉢料理も綺麗に並んでいました。
f0146587_22322526.jpg
いつものようにどっさり頂いてまいりました。どれもこれも美味しくて何より心のこもったひとつひとつのお料理に感激しました。
f0146587_22370195.jpg
Sさんお勧めのサンマのひつまぶしも味見程度に頂いてきました。とても良くできていて、まるで鰻のようでした!
f0146587_22372580.jpg
最後にデザート&コーヒー。食べ始めた時は、船に乗った後だし、ちゃんと食べられるかしら?と心配しましたが全然問題なく完食させて頂きました。自分の強靭な体力と食欲には改めて関心しきり(笑)
f0146587_22355645.jpg
このお店のスタッフの方々も親切でフレンドリーに接してくださいました。年間を通して楽しめる三重県・御浜町の「ごちそうダイニング」は景色も良く、食事処としてもお勧めできますので、是非ご家族お揃いでお立ち寄りくださいませ。
f0146587_22531907.jpg
大阪にもこういう施設があるといいなあ、としみじみ思った「ごちそうダイニング」での時間でした。ご案内頂きまして、ありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2015-12-26 22:55 | 日本の美味しいもの | Trackback
2015年 12月 25日

クリスマスにこそ聴きたい曲

1985年にリリースされた「USA for Africa」の超豪華アーティストによる貴重な動画
30年経っても、いや30年経ったからこそ、
二度と再現不可能なアーティストたちの夢の競演に心から感動します!
マイケルジャクソンを始め、もう二度と観られない人たちも多数参加する豪華アルバム。
一度聴いてみてください。
1985年と言えば、3人の子どもの子育て真っ最中で忙しかったこと!
歌は自分自身の歴史と共にある…ということを実感しています。
人間は平等に過去には決して戻ることはできないこと、
だからこそ、今をこれからを、大切に生きていかなければいけないのだな、
この歌を久々にじっくりと聴きながら色々考えさせられました。
2015年も後僅か、今年はどんな一年でしたか?
2016年はどう生きたいですか?


by beijaflorspbr | 2015-12-25 21:08 | 音楽・映画の世界 | Trackback
2015年 12月 24日

2015年秋・友旅前半「三重県」②三重県・御浜町「道の駅」パーク七里御浜

新鹿海岸で1時間の船旅を楽しんだ後は、もう少し南下して道の駅「パーク七里御浜」に連れてきて頂きました。
f0146587_20213786.gif
海沿いの好立地に建つ道の駅、近くにこんなお店があったらいいなあ~♪
f0146587_20251224.jpg
この時期はみかんの最盛期、この道の駅にもたくさんみかんや関連商品が並んでいました。
f0146587_20264596.jpg
f0146587_20272809.jpg
f0146587_20281006.jpg
この道の駅パーク七里御浜には、こうした地元の産物の他…
f0146587_20292076.jpg
三重県産の新鮮な野菜や魚なども売られています。
f0146587_20420392.jpg
色々見物をしていると、Sさんが「お腹が空いたでしょう?そろそろお昼にしましょうか」と。嬉しい。。。2階にはこの道の駅が誇る充実のレストランがあります。
f0146587_20312206.jpg
何を隠そう(笑)このお店こそ、辻 保彦社長が経営するお店だったのです。その名も「辻さん家」辻社長に関しては、以前「辻社長が描く壮大な夢・国内最大のトマト工場」の記事に掲載させて頂きましたが、私が尊敬する大先輩です。
f0146587_20335018.jpg
明日はこの素晴らしい「ごちそうダイニング七里御浜」のご紹介をさせて頂きます。どなたさまも
Merry Christmas !!
f0146587_20392799.jpg
f0146587_20393664.jpg
皆さまもクリスマスには富の象徴である「クリスマスオレンジ=温州みかん」をお召し上がりくださいませ~♪


by beijaflorspbr | 2015-12-24 20:42 | 三重県 | Trackback | Comments(2)
2015年 12月 23日

2015年秋・友旅前半「三重県」①三重県・熊野市新鹿海岸

11月の旅日記の続きです。今日から三重県での思い出を語ります。この日はJR名古屋駅から三重県津市に移動をしました。朝一番の特急「南紀1号」で津駅まで1時間弱です。いつもなら私鉄で大阪側から三重県入りをするので名古屋からのコースは新鮮でした。津駅でお友達のSさんと、ブラジルにご縁のある大先輩のM夫人と合流しました。三重県と言えばSさん、三重県と私との深いご縁を繋いでくださった大恩人です。今回も何から何まで大変お世話になりました!
f0146587_21080793.jpg
毎回三重県の魅力を多方向から惜しげもなくご紹介してくださるので、感謝しております。今回は、津から何度もトンネルを潜って車で1時間半の新鹿(あたしか)海岸に連れてきて頂きました。地図で説明した方が分かりやすいかもしれません。海沿いに縦に長細い三重県なので、県の隅から隅まではかなり距離があるのが分かります。
f0146587_20071900.gif
まさに途中の風景は秘境へ。。。と進むような感じでした。漸く到着したのは穏やかな海が広がる漁港、そして夏場は海水浴場もあります。
f0146587_21113737.jpg
ここから何とこの漁船に乗って太平洋へと漕ぎ出すというではありませんか!!海から熊野市の世界遺産を見物するそうで、大丈夫かな!?とふと思ってしまいましたが、躊躇うより好奇心が先だって(笑)ほとんど漁船に飛び乗ってしまいました(^^♪ワクワク…。
f0146587_21130991.jpg
乗客は全部で6名プラス船長さん。私は先頭部分に陣取り、波をザブーンザブーンと掻き分けて進む船旅をキャーキャー言いながら楽しみました。
f0146587_21103394.jpg
あっという間に岸を離れて行きます。1時間の船旅…。何が見られるのかな?お天気が今一つなのがちょっと残念でしたが、雨が降っていないので良かった!
f0146587_21135856.jpg
あっという間もなく太平洋へと漕ぎ出しました。

f0146587_21144749.jpg
船長さんが「ガマの口」までやってきて船を止めてくださいました。この洞窟は熊野の「青の洞窟」とも言われているそうです。
f0146587_21152485.jpg
船長さんが洞窟の中に船を入れ、ゆっくり見せて頂くことが出来ました。自然が創り出したものとはいえ、神秘的な空間でした。
f0146587_21160974.jpg
迫ってくるような巨大岩も自然の織り成す風景で圧倒されっぱなし…。
f0146587_21164904.jpg
さあ、船が動き出しました。もう一度広大な太平洋を眺めつつ…。
f0146587_21173067.jpg
この境目が「熊野の神」「伊勢の神」と分かれるそうです。

f0146587_21181379.jpg
ここが終点で元の漁港へと引き返します。
f0146587_21192027.jpg
自然が織り成す光景には適当な言葉も見つかりません。
f0146587_21195995.jpg
こちらは名勝天然記念物の楯ヶ崎です。
f0146587_21210291.jpg
折り返しは水の掛からない船の後部に座らせてもらいました。同乗の方はちょっと気分が悪そうで気の毒でした…(-_-;)
f0146587_21281318.jpg
私はと言えば、船酔いもなく、ひたすら楽しくてニコニコ。。。下手に長年飛行機に乗ってきたわけではないなあ、とこの時思いました。
f0146587_21241479.jpg
最後まで船旅を満喫させて頂きました。
f0146587_21290289.jpg
1時間後に無事新鹿に戻ってまいりました!
f0146587_21294741.jpg
船から降りた時、少しだけ足がフラ付きましたが大丈夫そう!!船の上から熊野の世界遺産を見物出来るこのコース、お勧めです!但し、船酔いしない方のみお勧め・・・かな?

by beijaflorspbr | 2015-12-23 22:34 | 三重県 | Trackback
2015年 12月 22日

2015年秋・友旅前半「愛知県」⑨愛知県某所にて…

飛騨高山の想い出に残る旅を終え、二人で特急に乗ってまかちゃんのお住いの近くまで戻ってきました。翌日は早朝から某所で約束があり、大阪の自宅出発だとどう頑張っても午前5時台に出発しないと間に合わない…どうしよう?と悩んでいたところ、「家に泊まってよ!」とまかちゃんから優しい提案があり、お言葉に甘えることにしました。
f0146587_20432271.jpg
「夕食は何が良い?」「愛知県産の食材が気軽に食べられるとこ」「うーん、うーん。回転ずしでもいい?」もーちろん!!今回まだ一度も行っていない。お寿司食べてなーい」というやり取りがあり、お仕事終わりのご主人さまと待ち合わせて連れてきて頂きました。「大漁亭」という関西にはないチェーン店。
f0146587_20492425.jpg
どんどんお願いして、どんどん食べました!ああ、何もかもが新鮮で美味しい!
f0146587_20493766.jpg
f0146587_20501183.jpg
新鮮な食材に満足をし、お店を後にしました。まかちゃん宅は、何度か泊まらせて頂いているので、勝手知ったる何とやら、、、。和室を備えた二階建ての素敵なお宅です。前夜下呂温泉で、午後8時には沈没して飲めなかったフランスワインをここで開けて飲み始めました。うまい!!おつまみのチーズは下呂のコンビニで買ったもの(笑)
f0146587_20502622.jpg
色々話しているうちに、「私が今年漬けた梅干し要る?」「ちょうだい、梅干し好きな家族が居るから」と少しだけ分けて頂きました。この梅干し、酸っぱくてとっても美味しいんです。
f0146587_20503764.jpg
頂き物の柿も剥いてくれました。秋の恵みが有難い…。今年は和歌山のお友達から時差で2箱も送って頂き、柿に恵まれました~♪
f0146587_20504300.jpg
旅の疲れもあり、入浴後あっという間に就寝してしまったようです。目覚ましをかけて寝ていると、その前(多分午前4時台)に階段から降りてくる気配。何とまかちゃんが早起きをして土鍋でご飯を炊いてくれました!炊き立てのご飯の香ばしいこと、美味しそうなこと!!
f0146587_20504806.jpg
高山ののりこばあちゃんのお漬物と卵焼きとお味噌汁で至福の朝食を頂きました。本当に有難い!!どんな豪華朝食にも負けない心に残る朝食でした。ご馳走さまでした!
f0146587_20505992.jpg
二日間まるで家族のように、姉妹のように何から何まで親切に面倒をみてくれたまかちゃんに心から感謝します。電車の時間やルートも予め調べてくださったので、時刻通りに出発をして駅まで車で送ってもらいました。朝早いのに、ご主人さまも起きてきてちゃんと見送ってくださいました。本当にお騒がせしてごめんなさいね(*^^)v私がボソッと言った独り言のような願望を今回叶えてくださり、本当にありがとう。また次の帰国時にお会いできるのを楽しみにしています。

by beijaflorspbr | 2015-12-22 21:11 | 日本国内旅行 | Trackback