ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 12月 31日

2014年にありがとう!

f0146587_23010032.jpg
今日で2014年が終わります。
今年は皆さまにとりましてどんな年でしたでしょうか。
私にとってはあっという間の一年でした。
個人的には、ワールドカップブラジル大会があり、
たくさんのお客様を我が家にお迎えし、改めて人と人とのご縁に思いを馳せた一年でもありました。
我が家にいらしたお客さまにお供をし、色々な場所に行くこともできました。
ありがとう!
家族も全員が元気です。
それだけでも奇跡といえるのではないかと思えます。
忙しい時、病気がちな時、落ち込んだ時もへまをした時も
いつも傍にいて静かに見守ってくれてありがとう!
私にとっての大切なお友達
今年も日本全国で再会を果たすことが出来ましたね。
その都度、細やかな気遣いを頂いた皆さん、
ありがとう!
最後になってしまいますが、
こちらからは全く見えませんが、いつもここにお寄り頂く皆さま
今年も応援をありがとうございました。
ブログを書き続けることはそんなに簡単な事ではありませんが
日々のページビューなどで
信じられないほどたくさんの方が訪れてくださっていることに感謝しています。
いつまで続けられるかは分かりませんが、
自身の備忘録として、地域情報の発信の場として
ブログを大いに活用したいと思っています。
来るべき2015年も皆さまにとりまして
素晴らしく思い出に残る一年となりますよう、心よりお祈りして一年の感謝の言葉とさせて頂きます。
皆さま、ありがとうございました。

良いお年をお迎えくださいませ!


by beijaflorspbr | 2014-12-31 23:26 | 人生 | Trackback
2014年 12月 30日

家族で和食ランチ(一応誕生祝)

ブラジルに帰って来て間もないある日、エルに歯を診てもらったトリオさんに付いて行くと、「お昼2時間ほど空いたのでどこかで食事しない?」と提案がありました。3人とも大好きなお鮨屋さんの「勘」さんに行くと、残念ながら予約でいっぱいとのこと、テンションがちょっと下がりましたが、駐車場もある藍染に行くことにしました。その理由は「静かに食事を楽しめること」「美味しくて気の利いたものを出してくれること」でしたが…。まずはビールでカンパイ。私は時差ボケ中で本調子ではなく、ほんの少しだけ口を付けた程度。
f0146587_20175410.jpg
私がお願いしたのはちらし寿司セット、サラダとそうめんはいつものこと、このちらし寿司のクォリティーは大変高く、最後のご飯一粒まで美味しく頂きました。
f0146587_20181234.jpg
家族さん二人は、ミニ会席コース、色々なものが出てきて楽しめるので、こちらもお勧めです。
f0146587_20195806.jpg
一生懸命頑張って働いた家族にはご褒美が大切。これがささやかな私のお誕生日祝いだと知ったのは後のはなし。美味しかったから幸せな時間でした。最後のデザートも楽しむことが出来ました。
f0146587_20213277.jpg
このお店の板前さんと親しくお話をしているうちに、「お料理教えてよ」ということになりました。「お鮨は知っているんだけど日本料理は今一つ…」と仰るではありませんか。冗談としてもそれはそれで随分盛り上がりました。ところで・・・


私も気を付けなくちゃ…という出来事

by beijaflorspbr | 2014-12-30 20:40 | サンパウロのレストラン | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 29日

ある日の出来事

日曜日の午後、昼食を終えてそろそろお昼寝でもしようかと思った頃、外が何となく慌ただしくなってきました。まず一番煩いのが近所のワンコたち。もうこれ以上声が出ないという限界まで吠えまくっておりました。みそも然り。ふと外を見ると・・・サンパウロではあまり見かけない黄色いタクシー
f0146587_20072651.jpg
そのうちどんどん人が増え、機材も増えてきました。
f0146587_20054911.jpg
家の前で堂々の映画撮影か!?横顔だけみればコッポラ監督みたいで(笑)
f0146587_20103481.jpg
ほぼ我が家から車は出せない模様、でも出かける用事もないからいいか。聞くところによると、我が家の前の住人はかなりの有名人で(私は知らない)、雑誌などにもしばしば出ている人だそうです。家の中に美術館だか博物館だかを持つ大金持ちなんだとか。でも我が家にとって前の住人さんは、飼い犬同士のバトルのせいか、口を利くこともありません。普段地味に暮らしておられるお隣さん、でももしかしたらこんな派手なことが好きなのかな?ブラジル人のお金持ちってどうも分からん!!


by beijaflorspbr | 2014-12-29 20:16 | Chacara Flora | Trackback
2014年 12月 28日

親戚一同でXmasパーティー

久しぶりにサンパウロ郊外にある義弟の家に来ました。家族や親戚が一堂に会して毎年盛大に行われるNATAL(クリスマス)を祝うためです。
f0146587_20500605.jpg
私たちが着いたのは午後10時少し前、既にたくさんの人たちが集まっていました。毎年感心するのは手抜きのない飾り付け、義妹は裁縫も得意なので、手作り作品も年々増えているようですごい!
f0146587_20520847.jpg
色とりどり野菜、クスクス、鱈に蟹料理が美しく並びます。
f0146587_20565234.jpg
お赤飯、巻き寿司にタルトも。。。
f0146587_20565730.jpg
クリスマスには欠かせない豚に七面鳥、良く焼けていて美味しく頂きました。
f0146587_20570189.jpg
私が持参した鶏のから揚げ、色は地味ですが評判が良くてホッとしました。
f0146587_21180093.jpg
ずらっと並んだお料理の数々
f0146587_21032122.jpg
少しずつ取り分けて、いただきま~す♪
f0146587_21042470.jpg
次はデザートの部
f0146587_21074512.jpg
いつもながら見事な手作りお菓子が並びます。
f0146587_21091943.jpg
0時になって皆で抱き合いながら「クリスマスおめでとう~」と挨拶した後、全員参加のアミーゴセクレット(プレゼント交換)が始まります。
f0146587_21095460.jpg
毎年のように決まった手順のクリスマスパーティーですが、今年もまたたくさん笑って楽しませてもらいました。午後10時から始まったフェスタは、午前1時過ぎまで…。帰宅したのは午前2時のことでした。年々睡魔をこらえるのが辛くなってきています。


by beijaflorspbr | 2014-12-28 21:16 | 年中行事 | Trackback
2014年 12月 27日

たくさんの贈り物③高級和牛・特選魚の干物・みかん他

日本にいる短い間、たくさんの貴重な頂き物をしました。残念ながら全ての写真が残っているわけではありませんが、写真に収めることができたものだけ載せてみます。まずは四国のIさまより頂いた高級和牛。牧場で大切に育てている特選和牛のすき焼き用肉です。私のスケジュールの都合で、なかなか食べることができないまま、チルドに保存していました。「私が居なくても好きなだけ食べなさいよ」と子どもたちに伝言して行ったのに、誰も手を付けず待っていてくれました。
f0146587_21125352.jpg
オリーブオイルでさっと炙るようにして焼いたお肉の味は、今でも忘れられません。Iさまありがとうございました!

長年の友、Sちゃんから送られてきたのは、お煎餅のセット、実はお土産にブラジルまで持ち帰ろうとしたのですが、一袋開けた途端にその美味しさに憑りつかれあっという間に・・・(@_@;)
f0146587_21182273.jpg
パリパリのお煎餅は、海外在住者には大変な貴重品です。Sちゃん、ありがとうね。

三重県のNさまからはたくさんの干物が送られてきました。輸出用の貴重なお魚の数々、いくら魚好きな私たちでも食べ切れないので、近所の兄とその周辺の皆さまにお裾分けさせて頂きました。それでも我が家にはたくさんの干物が残りましたので、それは大切に頂きました。
f0146587_21205348.jpg
出来ることならブラジルまで持って帰りたかった!
f0146587_21235228.jpg
Nさま、貴重な干物をたくさんたくさんありがとうございました。今も日本の子どもたちが大切に頂いていますよ。

大阪のKさまからは、讃岐うどんの詰め合わせセット、1回だけ頂きましたが、腰があって美味しく頂きました。
f0146587_21263828.jpg
讃岐うどん最高でした。Kさまありがとうございました。

富山のお友達、おっとりさんがお土産にと買ってくださった富山名物鱒寿し
f0146587_21295240.jpg
いつ頂いても美味しい北陸の味です。家族で大切に頂きました。おっとりさん、ありがとう!

昨年に続いて、今年も切通みかんを送ってくださったのは、教え子Y子さん
f0146587_21325755.jpg
皮が薄くて甘いおみかん、これを頂くともうスーパーでは買えなくなって困ります。甘い甘いおみかんを堪能させて頂きましたよ、Y子さんありがとう!

その他、たくさんの抱えきれないほどのお土産を色々な方から頂戴しました。日本滞在最後の方は、とにかく時間がなく写真に納めることが出来なかった頂き物多数でした。賞味期限を見て、日持ちのするものは真っ直ぐブラジル行きスーツケースへ、日持ちのしないものは日本に置いておきました。今ちょっとずつこちらで美味しく頂いています。日本には感心するほど美味しいものや珍しいものがたくさんありますね。色々な地方の産物や銘菓を頂き、心から感謝申し上げます。外国に住んでいるからこそ、それらの本当の有難味が分かるのかもしれません。皆さまありがとうございました。


by beijaflorspbr | 2014-12-27 21:40 | 日本の美味しいもの | Trackback
2014年 12月 26日

大阪・羽曳野「松風串揚げ店」で至福の時間

父の愛弟子だったF先生がわざわざ予約を取ってくださった「松風串揚げ店」は地元で愛され、なかなか予約が取れない人気店です。食べログなどのレビューを見てもすこぶる評判が良いお店。実は、レビューを読んだのはお店に行った後の話(笑)F先生からは「ハチドリちゃんがきっと気に入るお店を見つけたので、日本にいる間にご案内したいと思って…」という言葉のみで、どんなお店とか、何というお店、何料理を出すなどの情報はゼロ!まるでミステリーツァー状態で楽しみにしてこの日を迎えました。めでたくこの2日前には人間ドックを済ませたワタシ、タイミングが良いっちゃあ良過ぎ!地元からは電車で至近距離にあるこのお店。さあ、「松風」の世界へ…。
f0146587_20043390.jpg
満面の笑みを浮かべて迎えてくださったこのお店の若き大将のまっつんこと松宮さん。
f0146587_20110162.jpg
このお店、まず感心したのはスタッフ全員が活き活きと楽しそうに働いていること、これは間違いなくこの元気な大将の魅力の賜物と言っても過言ではないでしょう。お店にいる間、何十人(いやもっと?)のお客さんが入店しましたが、ずっと笑顔を絶やさず誰に対しても親切かつ細やかな気配りを見せておられました。土曜日のこの日はもちろん予約客のみで、フリのお客さんは皆断られ、一人も入店できませんでした。F先生とまずは生ビールでカンパイ068.gif
f0146587_20155771.jpg
目の前にぶら下がっているお勧めメニューの中から、色々と私の好きそうなものを見繕ってくださいました。
f0146587_20164767.jpg
スタートはふぐ皮の湯引きから、コリコリした食感がたまりません。
f0146587_20174516.jpg
和牛のスジポン酢、すごく柔らかい~♪
f0146587_20211403.jpg
次はこのお店の名物でもある串揚げをお願いしました。アスパラ・レンコンそしてタコ。タコは食べやすいように、一口大に切って出してくださる細やかな心配り。
f0146587_20240224.jpg
次はてっさ、あ~久しぶりのこの繊細な味、亡き父の好物だったなあ~なんて思い出していました。お父さん、ごめん(^^♪
f0146587_20244512.jpg
この辺で冷酒にチェンジ、銘柄は奈良の銘酒「春鹿」超辛口は私が一番好きなお酒です。甘いのはどうもねえ。。(*_*)
f0146587_20263225.jpg
さあ、どんどん行きましょう。次はたらの白子、新鮮で臭みも全くなし!
f0146587_20285103.jpg
たいのこ煮、お酒に良く合います。まさにお手本のような一品
f0146587_20310519.jpg
調子に乗って串揚げも3本追加注文をしてしまいました。ああ、健康診断が終わった後のご馳走ってどうしてこんなに嬉しくて美味しいのか…。
f0146587_20330451.jpg
銀ムツかま焼き、信じられないほど脂が乗って身がプリプリ、素晴らしい一品でした!
f0146587_20350162.jpg
口直しの島らっきょう
f0146587_20360546.jpg
この頃、お店は満席になっていました。どんどん入る注文をこなす厨房も活気を帯びてきました。真剣な顔でお刺身の盛り合わせを仕上げるかずまくんの手際の良さに感心しきり。
f0146587_20384745.jpg
いくら何でももうお腹がイッパイ(@_@;)〆に頂いたのは海鮮丼、これがまたもう絶品でした!
f0146587_20392679.jpg
さりげなく添えられたキュウリのお漬物も優しいお味、作り方を覚えたいな~♪と思ったもののその時は既に酔っ払っておりました(恥)
f0146587_20404489.jpg
最後の最後で大将がさりげなく海鮮丼の中に入れてくださったものは、何と「あん肝!!」うー旨い。。。
f0146587_20420575.jpg
最初から最後まで客を飽きさせることがない魅力的な大将とお店のスタッフの皆さん、また是非行ってみたいお店です。ご馳走さまでした。
f0146587_20433560.jpg
ご案内頂いたF先生に心から感謝!日本の良い思い出がまたひとつ増えました。地元では知る人ぞ知る「松風串揚げ店」カウンターのお隣に座られた仲の良さそうなご夫婦とも色々とお話しました。「ここはね、安くて美味しいんよ。だから定期的に来たくなるお店なの」その通りだと思いました。地元に愛され、これからもずっと予約が取りにくいお店なるのかもしれません。「松風串揚げ店」の益々のご発展をお祈りしております。その節には遠慮なく写真を撮らせて頂き、すみませんでした。そしてステキな笑顔と美味しいお料理をたくさんありがとうございました!

『松風串揚店』
大阪府羽曳野市白鳥3丁目1-1
TEL:072-957-8818
★最寄駅:近鉄「阿部野橋」から南大阪線で「古市」下車徒歩5分
(*必ず予約をして行ってください)


by beijaflorspbr | 2014-12-26 20:51 | 日本の美味しいもの | Trackback
2014年 12月 25日

2014年秋旅・・・日本橋三重テラスでランチ

前日良く歩いたせいか、ぐっすりと眠ることが出来ました。午前6時過ぎの爽やかな目覚めはいつものこと。起きぬけに下の食堂に朝食を頂きに行きます。このホテルは東京ディズニーランドから至近距離にあることから、前日は日曜日で家族連れが多かったものの、この日は明らかにビジネスマンが多く、さっと食べてさっと引き上げたり、そのままチェックアウトする方多数。私はまだ待ち合わせまで少し時間があったため部屋で少しリラックスし、ゆっくり荷物を纏めてチェクアウトをしたのは午前10時少し前、とても居心地の良かった西葛西のホテルサンパティオを後にしました。
f0146587_22155220.jpg
この日の待ち合わせ場所は日本橋。東西線1本で行けるので、あっという間に着いてしまいました。
f0146587_22201587.jpg
既に日本橋三越には何度も来ているので、勝手知ったる店内を歩きお土産や贈り物をいくつか購入。大きなキャリーなどの荷物は、地下のコンシェルジュが無償で預かってくださいます。これが地方からの旅行者にはとても嬉しいサービス。待ち合わせ場所は三越の正面玄関付近。このデパートには、座ってゆっくり待てる場所多数なので待ち合わせにはもって来いです。
f0146587_22213789.jpg
しばらく待っていると、笑顔のM子さんが目の前に立っていました。1年ぶりの再会です。M子さんはサンパウロで一緒に子育てをした忘れられないお友達。ご主人を失くされてからも、子どもたちと共にステキな生き方をされている方です。「日本橋も変わったわよね~昔主人とこの辺良く歩いたから懐かしいわあ」と。
f0146587_22271680.jpg
この日ご案内させて頂いたのが、三重県のアンテナショップの「三重テラス」ここのレストランは100%三重県産の食材を使ったお料理を出してくれます。
f0146587_22282178.jpg
張り切って12時に行ったのですが、生憎満席とのこと、三重テラスの店内を見学。私の一押しは日本酒「作(ザク)」の純米大吟醸、軽くてフルーティーでどんなお料理にでも合うお酒です。今やJALのファーストクラスラウンジでも呑めるのだそうです。いいないいな、夢のファーストクラス~♪
f0146587_22312499.jpg
M子さんは残念ながら腰痛持ちなので、重たいお酒は持てないそうで、ネットお取り寄せをすると言っていました。ステキな商品に溢れた店内をぐるりと回った後もレストランの順番が来ないので、三越に戻って椅子に座りながらお喋りを楽しんでいると、程なく席が空いたと電話がかかってきました。私は日替わりの定食、M子さんは松阪牛のパスタを選びました。
f0146587_22350828.jpg
最初にサラダ、酢の物、あおさのスープが出されました。ひとつひとつの食材の説明を受けましたが、見事なまでに三重県産への拘りを感じました。
f0146587_22371619.jpg
M子さんのパスタが来ました。美味しそうな香り~♪でも私は去年食べたのでこの日は別のものを選びました。
f0146587_22395422.jpg
私がお願いしたお魚(マヒマヒ)と十六穀米がきました。尾鷲産のお魚とキノコとバジルソースの相性が良く、大変美味しく体に優しい一品でした。写真が今一つで美味しさが伝わらなくてすみません。
f0146587_22471720.jpg
三重テラスはオープンから1年を迎えました。この日は海女さんのイベントに誘われましたが、もう少しお喋りをしたいのと後の用事があったため断念しました。
f0146587_22580763.jpg
三重テラスの記事はちょうど1年前に詳しく書きましたので、ご参考にして頂けたら嬉しいです→とにかく品揃えがとても良いので、目で楽しめ、レストランでは舌でも楽しめる優れたアンテナショップです。三重テラスの次は、真ん前にある千疋屋パーラー本店へ移動…。1年前はまだ大掛かりな改装工事中で手狭な店内でしたが、改装後随分広くなっていました。お店の奥はこのようになっていて開放的空間。
f0146587_23023671.jpg
名物のパフェを頂きました!至福の時間。。。。
f0146587_23053783.jpg
M子さんとも30年以上のお付き合いになりましたが、変わらぬ友情に感謝。お会いできて本当に嬉しかったです。限りなく優しいM子さんとお別れした後、御徒町の職人さんの会社に寄り、仕事の詳細打ち合わせをしてそのまま羽田空港に向かいました。動線としては、御徒町から羽田はとても近いような気がします。
f0146587_23084625.jpg
搭乗時間まで2時間ほどゆっくりラウンジで空弁を食べながら過ごしました。こんなお弁当が簡単に買える日本ってやっぱりいいなあ~(^^♪
f0146587_23104592.jpg
午後7時のJAL便で大阪に帰りました。機内ではさすがに疲れていたのか、ぐっすり眠ることができました。
f0146587_23123744.jpg
娘へのお土産はこんな素敵な小手鞠寿し。美味しかったそうで、喜んでくれました。息子は写真を撮る暇もなく完食!ゆえ、何を買ったのかもはっきり覚えていません(笑)
f0146587_23224235.jpg
この3日間の想い出を宝物にして、また頑張りたいと思います。会ってくれた全ての人に感謝!これで上京前半戦の日記を終わります。


by beijaflorspbr | 2014-12-25 23:14 | 日本の美味しいもの | Trackback
2014年 12月 24日

2014年秋旅・・・銀座松屋「上野精養軒」でカキフライ

充実した銀座でのお散歩を続けている我々3人。色々なお話もあり、かなり実のある時間を過ごすことが出来ました。ブルガリの華やかかつ大胆なディスプレイを横目に観ながら散策を続けます。
f0146587_21392540.jpg
取りあえず、あちこちの飲食店を模索してみたものの、居酒屋風のお店は他の二人がお酒を呑まないので、デパートのレストラン街に行くことにしました。最初は、お鮨にする?とほぼ決まりかけていましたが、ふと後ろを見ると美味しそうな「三陸産カキフライ定食」の写真があり、大いに惹かれました。私もお昼がお蕎麦だったため、もうちょっとしっかり食べたいと思っていたので、意見が一致して「上野精養軒」に入りました。奥の落ち着いた空間に案内され、ホッと一息。迷わずこちらのセットをお願いしました。
f0146587_21430961.jpg
お水でカンパイ!Eちゃん、Kちゃん銀ブラに付き合ってくれてありがとう~♪
f0146587_21482114.jpg
まずは温かいコーンポタージュスープ
f0146587_21435202.jpg
ごく普通の野菜サラダ~(笑)
f0146587_21441744.jpg
しばらく待っていると、ドカン!とやってきた揚げ立てのカキフライ。サクッとした揚げ具合、申し分ない美味しさに3人で感動すら覚えました。
f0146587_21455351.jpg
ごはんも褒めてあげたいくらい美味しい炊き上がり
f0146587_21470844.jpg
最後はデミタスコーヒーでコースは終わり
f0146587_21474272.jpg
たくさんお喋りして、次の再会を約束してお別れしました。長い人生だから色々あるけれど、皆本当に良く頑張っているなあと感心しました。Eちゃん、Kちゃんそれぞれの立場で光り輝く人生を送ってくださいな。また会おうね~!
f0146587_21503521.jpg
華やかな銀座の街を後にして、便利だけどちょっと地味な(笑)西葛西のホテルに戻りました。明日もお友達との約束があるので楽しみにしつつ、冷蔵庫に入っていたビールで一人カンパイの前夜祭ー☆


by beijaflorspbr | 2014-12-24 21:54 | 日本の美味しいもの | Trackback
2014年 12月 23日

2014年秋旅・・・教え子と歩く銀座

ブラジル・サンパウロからもう一度舞台を日本の秋に戻させて頂きます。12月12日に書いた記事から何と2週間も経ってしまいました。その間、超多忙で今思い出しても大変な日々を送ったものです。さて、この日は神田やぶそば→「マルシャン」でのティータイム→落語→神田明神→湯島天神→秋葉原と下町をぐるぐる回ってきましたが、折角なら東京にいる間に一度でも銀ブラをしてみたい、ということで教え子のEちゃん、Kちゃんがこの後も付き合ってくれました。秋葉原からJRで有楽町まであっという間。文字通りブラブラ歩いて4丁目までやってきました。日曜日だったので、歩行者天国がちょうど終わろうかとしているタイミング。
f0146587_20115806.jpg
第一目的地はミキモト、ビル建て替えのために今年でツリーが最後とのことで見に行きました。すごい人また人の波に揉まれて見たツリーは思ったよりも小規模!?
f0146587_20192149.jpg
雑踏の中を歩いてきた我々にはほんの少しの癒しが必要です。お気に入りの隠れ家、「魚がし銘茶」のお茶室のある2階へ。。。
f0146587_20212606.jpg
とても感じの良いスタッフが温かく迎えてくださり、美味しいお茶を淹れて頂けます。このお茶屋さん「にゅう」や「しゃん」と言ったネーミングもまたユニーク、そして肝心のお茶がとっても美味しいの評判です。
f0146587_20251892.jpg
落ち着いた雰囲気の中、日本酒をほんの少し飲んだ後…
f0146587_20380455.jpg
とても自分では淹れられないような美味しいお煎茶
f0146587_20313078.jpg
次に甘いお菓子を頂きます。この日が金沢のお菓子でした。ホッとします!
f0146587_20340647.jpg
そして第二煎めはもうちょっと濃厚な味、同じお茶でもこんな風に淹れられるというお手本のような味わい。まさに癒しの空間でした。
f0146587_20355147.jpg
こんな雰囲気の中、ゆっくりさせてもらいました(モデルはKちゃん)
f0146587_20285104.jpg
1階がお茶屋さんです。忙しい時は、2階に上がらなくても、お店でもお茶を淹れてくださいます。我々は2階の後にもう一杯1階でお茶を頂いてしまいました(笑)
f0146587_20400032.jpg
とてもステキなお店ですので、銀座に行かれたら是非お立ち寄りくださいな。
f0146587_20415080.jpg
お茶屋さんを後にした我々はもう一度4丁目の和光へ戻り、華やかなディスプレイをしばし楽しみました。
f0146587_20443810.jpg
道路脇のポインセチアも可憐で美しい!
f0146587_20453461.jpg
その後、教え子ちゃんたちがまだ新歌舞伎座を見たことがないというので、私が俄かツアコンでご案内しました(笑)
f0146587_20473197.jpg
いつか歌舞伎も鑑賞したいものです。時間が取れるかしら?
f0146587_20490569.jpg
歌舞伎座を遠目に見学した後は、岩手県のアンテナショップへ行きました。二人とも、東北出身なのです。私は三陸産の塩蔵わかめと干し椎茸を購入しました。
f0146587_20495473.jpg
もう一度4丁目方面に戻り、たまたま前を通りかかったところでDIOR展を開催中だったので、入ってみました。
f0146587_20524470.jpg
屋内は地下から2階までの3層になっていて、かなり見応えがありました。フラッシュなしなら撮影OK,撮りましたよぅ~♪
f0146587_20581983.jpg
華やかなオートクチュールのドレスからバッグや香水などの小物まで実にステキな演出方法で展示されています。
f0146587_20582593.jpg
実際にドレスに刺繍をする作業場も公開されていて、大変興味を惹かれました。1着の衣装を仕上げるまでには500時間もかかるそうです。私なら確実に途中で投げ出しますね。
f0146587_21010707.jpg
その横では香水の調香師さんが作業をしておられました。懐かしいフランス語~良く分からないけど…(笑)
f0146587_21032742.jpg
この催し物も、来年の4月1日まで開催されていますので、ファッションに興味のある方もない方も是非お越しくださいませ!
f0146587_21050079.jpg
良いものをたくさん見せて頂いた後は、さすがにお腹が空いてしまいました、どこに行く?何食べる?迷うのもまた楽しい。教え子との幸福時間はもう少し続きます。


by beijaflorspbr | 2014-12-23 21:08 | 日本国内旅行 | Trackback
2014年 12月 22日

2014年冬日本→ブラジル搭乗記⑥American951便JFK-GRU搭乗記

長らくダラダラと書いてきた搭乗記も今日で終わります。ニューヨークに到着して次の飛行機に乗るまでの時間は、約4時間でしたが、アメリカ経由はミッションがたくさんあり、何だか忙しくて落ち着きません。昔のように、トランジットルームでじーっと待っていたあの時間が戻ってきてくれないかしら。幼い子どもたちは最高に退屈していたけれど、あの時間のみ親がゆっくり寛げる時間だったなあ、と今となっては無性に懐かしい。さて、いよいよ搭乗時間が迫ってきましたので機内へ。まだガラガラな機内、ほどなく驚くほどの人が乗ってきて飛行機はぎゅうぎゅう詰めに!ビジネスクラスは、最新式の互い違いに椅子が配置されているスタッガード方式で快適そう、でも私はエコでまだまだ十分耐えられます(笑)飛行機の搭乗時に一番揉めるのが荷物収納問題。とにかくブラジル人は手荷物が異常に大きくて多いんですよね。TAMもしかり、ではAAも?と思ったら案の定ほどなく荷物の大バトルが上の方で繰り広げられました。私はそのために出来るだけ早く機内へ入るようにしているのです。これもひとつの自己防衛法。それでも何とか全員の荷物が綺麗に収まるから不思議…。
f0146587_19554692.jpg
私は前方21Cを予め予約しておきました。A席は若い女の子、真ん中のB席は日系三世の男性Oさん。年齢から言えば私の子どもと同世代。祖先は広島出身とのことでした。私と彼がまだ飛行機が飛び立つ前にアナウンスで呼び出されたため、彼が前方の客室乗務員に聞きに行ってくれたご縁から、色々話をするようになりました。彼は日系の中でも相当のエリートのようでした。名門州立サンパウロ大学のPoli(工学部)を卒業後、日本の東工大に短期留学。NHKのロボコンにも出たんだよ!と笑っていました。その後エンジニアとしてドイツ系大手企業で働きながら、同時にGV(ジェトゥリオヴァルガス)大学で先生をしていたけれど、お金にはならないので意を決して某銀行に転職したそうです。ブラジル内でも1,2を争う大手銀行のニューヨーク支店担当者になり、こうして一年中頻繁にサンパウロとニューヨークを行き来しているとのことでした。今回も2日間かなり忙しく働き、疲れて風邪を引いてしまった!と言っていました。彼の人生の軌跡を聞いているだけでとても楽しくて、時間を忘れてずっと話し続けていました。日系ブラジル人の中には、日本や他の国に出稼ぎに行く人もいますが、こうして社会の第一線でバリバリ活躍をしている人との対比を感じずにはいられませんでした。もちろんどのような立場であっても一生懸命仕事に取り組む姿勢は大切です。お話に花を咲かせているうちに、機内食が配られ始めました。パスタか鶏肉の選択、私はパスタにしてみました。
f0146587_19572665.jpg
火傷をしそうなほど温められたメイン料理、思ったよりも美味しい!でもちょっと脂っこく、半分くらい食べて残しました。
f0146587_20094130.jpg
ニューヨークとサンパウロのフライト時間は8時間50分と短いので、あっという間です。少しウッツラウッツラすれば着いてしまうな、と読んでいたのですが、お隣さんとの話がなかなか途切れず、ちょっと疲れてきた頃、知らぬ間に私がウッツラしてしまったようです。そうしたが最後、もうしばらくは意識不明で爆睡!何度かお手洗いには行きましたが、気が付いたら朝食が配られ始めました。ニューヨークーサンパウロは本当に早い!こんな感じの殺風景な朝食です(笑)でも小腹が空いていたから嬉しい~♪
f0146587_20144339.jpg
Good Morningと書かれた箱を開けてみると…
f0146587_20152414.jpg
これ以上の簡単朝食はないのではないか?と思うほどシンプルメニュー(笑)奥の緑色のナッツ&オートミールをヨーグルトに投入して食べました。食感がなかなか良くて、美味しく頂きました。意外なことに、ブルーベリーパンは温められていて、柔らかくてほんのり甘くて食べやすい!熱いコーヒーもブラックで頂くと、お腹はちょうど良く満たされました。満足満足!!朝食の片付けを、逞しいアテンダントさんがバッサバサゴミ箱に投入し、片付けたらもう着陸、何とも忙しいこと…。AA951便は、サンパウロ・グァルーリョス空港の新しい第3ターミナルに無事到着しました。狭くて暗い旧ターミナルに比べると、何ともまあどこかの外国の空港のようでステキです。確かにここは外国なんですが…(笑)ワールドカップのために、急ごしらえした感はありますが、南米の大都市サンパウロにはこうした大きくて近代的な空港は絶対に必要だったので、本当に良かったと思いました。
f0146587_20191326.jpg
今乗ってきた飛行機、AmericanのBoeing777-300機です。スーッと細くて美形な飛行機ですよね!好き~♡
f0146587_20215019.jpg
驚いてしまったのは、後2機同じアメリカンの機材が既に駐機していたこと。それだけ需要があるのですね。次の関門は入国管理の長い列をクリアすることなのですが、幸い優先レーンを見つけたので、迷うことなく並んだら誰よりも早く入国手続きができました。私のIdentidade(身分証明書)の期限が切れているのに注目した係官に「60歳以上は更新しなくていいのよね?」と言うと「あーらセニョーラはとても60歳以上に見えないわ、あーはは」と笑っていましたっけ。お世辞でも嬉しいや(●^o^●)難なくイミグレーションも通過し、真新しいカートを確保し、荷物をバゲージクレイムから受け取ろうと張り切って構えていると、先までずっと一緒に座っていた日系人Oさんが近づいてきて、「セニョーラ、荷物をカートに載せるの大変でしょう?お手伝いしますよ!」と仰って、実際に重たいスーツケースを軽々と持ち上げて載せてくださいました。助かった!お互いに名前も名乗らなかったけれど、どうかお元気でご活躍してね、と言いお別れしました。良い方と出会い、旅が数倍楽しくなったのは言うまでもないことです。税関の人に、元気な声で「Bom Dia!!」と挨拶したらちゃんと笑顔で挨拶を返してくれました。ほんと、ブラジル人って良い人ばっかり。Garulhos空港の第3ターミナルは面白いことに、税関を通過した後に、Duty Free Shopがあるのですね。荷物をいつものようにその辺にいる係の人に預けて、ゆっくりお買い物を楽しむことができました。店舗も広くて品数も多く、何を買おうか迷うほど。但しリミットはU$500,00までです。トリオさんに頼まれたウィスキー1ダースや、年末に皆で飲むワインやチーズなどを買うと文字通り山のような荷物になってしまいました。何はともあれ無事に到着出来てホッとしました。この時点ではそんなに疲れていませんでした。良く喋り良く眠ったからでしょうか。
f0146587_20361867.jpg
少しだけベンチに腰かけて待っていると、すぐに娘が迎えに来てくれました。日曜日は道路が空いているのですね。荷物を運ぶ時もちょっとだけ困っていると、どこからともなく「お手伝いしましょうか?」と力の強そうなおじさんが全ての荷物を軽々と積んでくれて助かりました。日曜日の道路は空いていると思いきや、23 de Maio大通りは激混み。これが平日だったらと思うとゾッとしました。週末発の週末着は、家族孝行なのではないか、と改めて思いました。今回JALの直行便が無くなって初めてアメリカンとJALを乗り継いでみましたが、乗り継ぎの際に色々難しいこともあったものの、何とか乗り越えられる程度の試練でしたので、次もマイルを稼ぐために同じコースで飛んでみようかな、と決意した次第です。『乗った時からそこは日本…』の日系航空会社は、私たち海外在住者の心の拠り所であり、大切な空の架け橋です。これからも少しでも可能性があるならば、サンパウロ線直行便の復活を嘆願して行きたいと思っています。長々と搭乗記を続けてしまって読みにくかったかもしれません、すみません。これからまた日本での楽しかった思い出を丁寧に綴り、間にサンパウロの近況も入れつつ、ブログを書き進めて行きたいと思っております。これからもハチドリブログを宜しくお願いいたします。いつも応援して頂き、ありがとうございます!


by beijaflorspbr | 2014-12-22 20:46 | 飛行機 | Trackback | Comments(4)