ハチドリのブラジル・サンパウロ(時々日本)日記

beijaflors.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 30日

リオ・デ・ジャネイロへ⑫サンタテレーザの丘Parque das Ruínas(遺跡公園)

コパカバーナ海岸で思いの外ゆっくりしてしまったので、残りの観光地は後1か所、どこへ行こうか?迷いましたが、見晴らしの良いサンタテレーザの丘に行くことにしました。前にお友達のロビンさんブログで、サンタテレーザの滞在記事を読んでおり、とても興味があったからです。昔は路面電車で気軽に行けた場所らしいのですが、何年か前に大事故を起こし、廃線になってしまったとタクシーの運転手さんが教えてくれました。タクシーでコパカバーナ海岸からは車で30分くらいかかりましたが、何とか到着。リオデジャネイロ市の文化発信基地でもあるParque das Ruínas.舞台などもあり、演劇や展示会など特別なイベントがしばしば開かれているようです。女性相続人の邸宅が残されており、ちょっと頼りない階段で登って行くと、リオの素晴らしい眺望が楽しめます。
f0146587_23095324.jpg
ヒーヒー言いながら一番上まで昇ってみました。こちらがポン・ジ・アスーカル
f0146587_23193737.jpg
カテドラルなどもあるセントロ方面
f0146587_23204088.jpg
ニテロイ橋も良く見えました。
f0146587_23212559.jpg
かなり遠いけれど、コルコバードの丘も見ることが出来ました。
f0146587_23222836.jpg
Arcos da lapaと呼ばれる白い細い橋の上を走っていた路面電車、一度乗ってみたかったなあ、、、。
f0146587_23240657.jpg
かなり立派なお屋敷でした。
f0146587_23272633.jpg
この中には、コーヒーショップや舞台、公園があります。ちょうどモデルさんのような人の撮影をしていました。高台なので文字通り絵になる風景でした。
f0146587_23283136.jpg
ここまで連れてきてもらったタクシーの運転手さんに待ってもらっていたので、次の目的地までそのまま乗せてもらいました。昔の名残の路面電車の線路跡が残っています。タクシーで行けるところまで行くと、一方通行で迂回しないといけないと言われたので、途中でタクシーを降りてちょっとだけ歩きました。
f0146587_23323290.jpg
日差しが強く照りつける上に、上り坂。。。高齢者の我々も何とか頑張って歩きました!(^_^;)昔の名残の邸宅があちこちに残っています。
f0146587_23334967.jpg
ああ、もうダメ!と思って立ち止まったところに…こんな素敵な建物がありました!サンタテレーザ一の高級ホテルHotel Santa Tereza RELAIS & CHATEAUX
f0146587_23371515.jpg
もちろん、ここでの目的は宿泊ではありません。黒い背広姿の警備員が重たいドアを開けてくれました。続きます…。


by beijaflorspbr | 2014-09-30 23:38 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2014年 09月 29日

リオ・デ・ジャネイロへ⑪Museu Historico do Exercito e Forte de Copacabana(コパカバーナ要塞)

イパネマのホテルをチェックアウトした我々、荷物はそのままホテルに預かってもらい、新たな観光地へと向かいました。その名は、Museu Historico do Exercito e Forte de Copacabana。つまり昔から軍の要塞があり、コパカバーナ海岸の全貌や、ポン・ジ・アスーカルが良く見える絶好の場所と訊いたからです。この施設は、今でも軍人が生活をしています。軍事政権時代には、政治犯の収容所としても使われていたそうです。
f0146587_21243863.jpg
何と、この軍施設は100年の歴史があるそうです。博物館になっており、施設内には眺めの良いカフェも併設されています。
f0146587_21262987.jpg
チケット(大人R$6,00.高齢者半額)を買って中に入りました。
f0146587_21271598.jpg
中に入ってビックリ、だって・・・すぐ真横があのコパカナバーナ海岸なんですもの。
f0146587_21281883.jpg
あまりにも眺めが良すぎて目があちこちに泳いじゃいました(笑)
f0146587_21293674.jpg
右側は実際に軍施設の寮として使われていて、軍人さんがたくさん行き来しています。展示物には大砲も…。
f0146587_21310968.jpg
リオの観光地のポン・ジ・アスーカルやコパカバーナ海岸を眺めながら頂くビールはさぞや美味しいだろうに…。でもこの時点では皆お腹がイッパイ(*_*)
f0146587_21321791.jpg
地ビールやジャムも即売されています。
f0146587_21341741.jpg
今度は高台に行ってみましょう。
f0146587_21351974.jpg
潜水艦がありました。
f0146587_21360142.jpg
こちら側は、人が立ち入ることの出来ないエリア、見事な景色を静かに楽しみました。
f0146587_21371844.jpg
ポン・ジ・アスーカルをしばし見つめたり…
f0146587_21391583.jpg
SUP(スタンドアップバドルボード)を楽しむ人たちを眺めたり…
f0146587_21420229.jpg
じーっと皆で熱心に見ていると、先生(インストラクター)が手を振ってくれました。その後、波に乗ってあっという間に行っちゃった。あまりのうまさにため息~♪
f0146587_21431873.jpg
潜水艇の中も見学可能です。
f0146587_21453657.jpg
真っ暗でジメジメしていて怖かったけれど、皆で怖々見に行きました。
f0146587_21461355.jpg
海の色も空の色も申し分ないコパカバーナ要塞をゆっくり楽しむことができました。この施設は何より眺めが良いのと、ゆっくり出来るのでお勧めです。
f0146587_21440554.jpg
軍施設を出て、コパカバーナ海岸を少しだけお散歩することにしました。この辺りにも高級アパート群が林立しています。
f0146587_21482445.jpg
ともちゃんが「コパカバーナ~♪」を歌い出しました。皆で爆笑!
f0146587_21501321.jpg
イパネマに比べるともうちょっと庶民的な雰囲気です。
f0146587_21511632.jpg
ちゃんとお手洗いも完備されています。
f0146587_21521567.jpg
砂浜の面積もちょっと狭いのかしら?イパネマに比べると、人が密集しているような気がします。
f0146587_21532487.jpg
私たちが先ほどまで居たコパカバーナ要塞の立地がどれほど良い場所かが分かりますね。
f0146587_21542293.jpg
あまりの日差しの強さに、ともちゃんが「あれ買おう!」と言ったので、海岸からおじさんを呼び寄せました。
f0146587_21554708.jpg
丁寧に色々広げて見せてくれました。
f0146587_21585271.jpg
色使いが派手ですごくキレイ、結果、こんなお姿にヘンシンしちゃったともちゃん(笑)バックがコパカバーナだけに、結構絵になりますねえ。
f0146587_22001847.jpg
日差しの強いコパカバーナを後にし、我々はタクシーで次の目的地へ向かいました。リオで眺めの良いところ、といえば・・・?続きます。


by beijaflorspbr | 2014-09-29 22:02 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2014年 09月 28日

リオ・デ・ジャネイロへ⑩イパネマ海岸でのんびり時間

子どもたちがまだ小さい時、私たち家族はジャルジン地区のアパートに住んでいました。3人とも喘息の症状があったので、医師に勧めによりサントスのグァルジャ―という海岸にアパートを購入し、毎週末遊びに行っていました。だから私以外は家族全員海が大好き。私は子どもの頃、喘息を患っていたため、湿気の多い地に行くと少し息苦しくなるのでちょっと苦手。折角の海に行くというのに、うっかりして水着も持参しませんでした。まあそれなりに軽装はしていたので、海へ行って日に当たりながら少しまったりすることにしました。既に結構な人が出ています。
f0146587_22552581.jpg
ホテルから借りてきたパラソルを立ててみたものの。ま、眩しい。。。日差しが強いのもリオらしい。
f0146587_22561772.jpg
タオルも砂に直接敷いて座りました。
f0146587_22570435.jpg
たくさんのVendedor(物売り)が通過します。顔を合わせたら買わなくてはいけないので、さりげなく顔を逸らす、また見る、逸らすの繰り返しで案外疲れちゃう(笑)
f0146587_22545387.jpg
ぼーっと座っていると、昔良く家族と共にグァルジャ―で過ごした時間が鮮明に思い出されました。懐かしい。。。
f0146587_22580522.jpg
ぼーっとしていると、あるアクセサリーを売っている人の良さそうなおにいさんが近づいてきて針金で何かを作り始めました。
f0146587_23031182.jpg
ささーっと作ってくれた作品がこれ
f0146587_23051013.jpg
うっかり「あなた、飛行機作れる?」言ってしまって大反省。。。すると、一生懸命作り始めたカレ
f0146587_23072101.jpg
で、ピヨピヨの飛行機は何とか出来たのですが、お金が大きいのしかなく、両替しに行ってくれたカレは全財産を置いて行きました。案外誠実!
f0146587_23102198.jpg
このおにいさん、針金細工をしながら自分の人生を語り始めちゃった。。。思ったより良いおにいさんでしたが、もう何も買わないよ!と心に決めました(笑)
f0146587_23132185.jpg
ブラジルの人は、太陽に向かって座る、と聞きましたが本当なんですね!絵になるマダム~♪
f0146587_23135837.jpg
そんな間にもたくさんの売り子さんが目の前を通過します。
f0146587_23180012.jpg
この人の商品数はすごいわ!
f0146587_23274001.jpg
見ているだけで楽しい時間。遂に喉が渇きココナッツジュースを買ってしまいました。キンキンに冷えていてこれはこれで美味しい~♪
f0146587_23200007.jpg
リオ名物のGloboというスナック菓子もお供に…。
f0146587_23213638.jpg
どこまでも穏やかな海に癒されました。そろそろホテルのチェックアウトの時間が迫ってきました。
f0146587_23254696.jpg
イパネマ海岸は、ぎゅうぎゅう詰めという訳ではないので、ゆったり優雅に過ごすことが出来ました。
f0146587_23282983.jpg
海岸にはシャワーも完備しているので、安心
f0146587_23311000.jpg
こちらはリオデジャネイロ市警察のテント、この直ぐ近くに居たので、安心感がありました。この海岸は一見平和に見えますが、しばしば「アハストン」と言い、集団強盗が海岸を全速力で走り抜けて、一気に金品を強奪する事件が多発しています。その犯人たちは、ほとんどが未成年の幼い子供たち。用心するに越したことはありません。我々も、盗られても惜しくない程度のお金を持参して用心していました。でもカメラの扱いだけは細心の注意を払いましたとも…。
f0146587_23323491.jpg
ホテルに戻り、ゆっくりシャワーを浴びてチェックアウトをしたのはちょうど正午でした。ここから夜の飛行機の時間まで残りのリオ観光を楽しみました。リオ旅行記、もう少しだけ続きます。


by beijaflorspbr | 2014-09-28 23:36 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 27日

リオ・デ・ジャネイロへ⑨ホテルで朝食

このイパネマ・インの朝食時間は午前6時半ー10時半まで。我々は午前7時過ぎに、ロビー脇にある食堂に行きました。
f0146587_22060317.jpg
ビュッフェスタイルの朝食のスタート
f0146587_22064288.jpg
カフェオーレが美味しい!
f0146587_22073780.jpg
ビュッフェの他に、卵料理は何が良いかを聞かれます。
f0146587_22084803.jpg
サラダの部
f0146587_22093983.jpg
フルーツもお腹いっぱい頂きました。
f0146587_22101064.jpg
最後はシリアルと色とりどりのフルーツにヨーグルトをかけて。
f0146587_22105269.jpg
このホテルの朝食は大変充実していました。ジュースも各種揃っており、紅茶もトワイニングが選べたのは嬉しかったですね。あまりにもお腹が一杯になってしまったので、海岸をお散歩することにしました。
f0146587_22130875.jpg
途中が深くていきなり浅瀬になっています。不思議!?
f0146587_22150732.jpg
良い時間が過ごせました。
f0146587_22162174.jpg
一度ホテルに戻り、12時のチェクアウトまでもう一度海岸で遊ぶことにしました。
f0146587_22181594.jpg


by beijaflorspbr | 2014-09-27 22:18 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2014年 09月 26日

リオ・デ・ジャネイロへ⑧Ipanema海岸でご来光を

朝6時少し前に喉が渇いて目が覚めました。そうだ!海岸へ行こう~♪急いでビーチサンダルを履いて走って行きました。フロントには複数の従業員がいて、口々に「Bom Dia!!」と満面の笑み。小さいホテルだけに、宿泊客をちゃんと掌握しているようでした。
f0146587_19473701.jpg
おお、間に合ったみたい。まだお日様は隠れていました。反対側もうっすらと日が差してきました。
f0146587_19502191.jpg
とても静かな波の音、しばし目を瞑って聴いていると…。
f0146587_19513829.jpg
うっすらと色づいた海岸がだんだん茜色に染まってきました。
f0146587_19525013.jpg
すると、漸くお日様が顔を出してくれました。
f0146587_19535737.jpg
日の出と共に、対岸の建物のガラスに反射してキラキラ宝石のように輝き始めました。すごくキレイ!
f0146587_19554435.jpg
まるでカメラマン気取りで何枚も何枚もシャッターを押し続けましたが、なかなかベストショットという訳にはいきません。
f0146587_19570277.jpg
波音を聴いているうちに海に入りたくなってきました。ちょっとだけネ・・・(笑)思ったより水は冷たかった!
f0146587_19585070.jpg
海の恵みに感謝!
f0146587_20003279.jpg
波打ち際でお散歩を楽しんでいると、お腹が空いてきました。ホテルに帰って朝食を頂くとしますか!
f0146587_20011006.jpg
カリオカの朝が始まりました!
f0146587_20024862.jpg
これから気温が上がるにしてもちょうど良い気持ち。。。
f0146587_20035937.jpg
お部屋もすっかり明るくなっていました。
f0146587_20105203.jpg
楽しみにしていたホテルの朝食へ…。



by beijaflorspbr | 2014-09-26 20:05 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 25日

リオ・デ・ジャネイロへ⑦Marius Degustareでディナー

夕食は、折角なのでお肉の他、魚介類のRodizio(食べ放題ビュッフェ)に行くことにしました。この界隈ではつとに有名な「Marius Degustare」コパカバーナ海岸の一番端っこに位置します。タクシーから降りると、その外観に度肝を抜かれます。とにかくド派手、、、、。
f0146587_22220493.jpg
入口には海賊のオッサンが。。。
f0146587_22224497.jpg
入口はこんな感じです。
f0146587_22385838.jpg
お店の中は真っ暗でとにかく写真が撮りにくい。
f0146587_22231998.jpg
とても普通ではない変わったインテリアの店内の窓側に落ち着きました(笑)
f0146587_22235897.jpg
早い時間だったので、まだ人はまばらでした。
f0146587_22251086.jpg
暗くて見にくいですけれど、天井からも鍋などがぶら下がっています。不思議な空間、、、。
f0146587_22260911.jpg
まずはアルゼンチンの赤で乾杯~♪
f0146587_22292184.jpg
既にテーブルにはおつまみが置かれています。
f0146587_22325279.jpg
さあ、豪華なビュッフェから色々頂いてきましょうか。少しずつ頂いてきたつもりでもこんなにてんこ盛りに~♪
f0146587_22344288.jpg
途中でこんなおねえさんやらおにいさんが手長海老、イカ、タコ、牡蠣のグラタン、お肉をどんどん持ってきてくれます。
f0146587_22362906.jpg
どんどん頑張って食べましたが、すぐにお腹がいっぱいになってしまいました(@_@;)でも生牡蠣がもう一つ食べたいので、欲張って頂いてきました。
f0146587_22402325.jpg
このお店のお手洗いに行ったのですが、たくさんのお人形さんがぶら下がっていて、床は砂状で本当にビックリしました。ブラジルに入る前、ウユニ塩湖を回り、ルナサラダという塩のホテルに泊まったともちゃんが「まるでウユニみたい!」と言ったのがおかしかった。それでも2時間以上ゆっくり食事を楽しみました。
f0146587_22414005.jpg
あまりにもお腹がいっぱいだったので、ショッピングセンターに行って、少しお散歩をすることにしました。向かった先は、Shopping Leblon.で何をしたかというと…、ともちゃんとオソロのハワイアナスを買いました。
f0146587_22454622.jpg
買ったのはこれ!砂浜をお散歩するには必携ですね。
f0146587_22480724.jpg
BACIO di LATTEで〆のアイスクリームを~♪ベルギーチョコ&ピスタッチォにしました。
f0146587_22502723.jpg
移動は全てタクシーを使ったためか、ここまでは全く危ない目に遭うこともなく、楽しい時間が過ぎて行きました。ホテルに戻ってシャワーを浴び、横になったらバタンキュー。それでも明日の日の出は海岸へ行きたい。行きたいけれど、疲れているから起きることが出来るかな?などと思いながらもいつの間にか眠ってしまいました。


by beijaflorspbr | 2014-09-25 22:53 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2014年 09月 24日

リオ・デ・ジャネイロへ⑥ホテル・イパネマイン

今回のホテルは、移動にも便利なイパネマ界隈のホテルを、Hotel Bookingで予約しました。イパネマには過去に2回ほど宿泊したことがあり、お友達が住んでいたこともあり、土地勘があることも再重要でした。海岸線から1区画以内にある便利なIpanema Innにチェックインしたのは午後4時半過ぎのことでした。預けておいた荷物を受け取ってチェックイン、お部屋は701号室と702号室。
f0146587_21021839.jpg
ホテルは、Rua Maria Quiteriaを入ったところにあります。
f0146587_21364669.jpg
外観は至ってシンプルながらセキュリティーもしっかりしており、スタッフも感じが良く気に入りました。
f0146587_21151266.jpg
オールリニューアルされた清潔なお部屋
f0146587_21053887.jpg
機能的な洗面所付近には必要なものが全て揃っています。湯船はないものの、天井から勢いよくシャワーが出てきました。
f0146587_21075487.jpg
金庫や冷蔵庫も完備。
f0146587_21102455.jpg
部屋からは少しだけ海が見えましたので、辛うじてオーシャンビュー?
f0146587_21130677.jpg
まずは近所のスーパーへお買い物~♪ペットショップを経営し、自らも4匹の犬を飼っているともちゃんは、犬をみると自然に笑顔になります。
f0146587_21170373.jpg
ホテルから海を背に2区画ほど歩いたところに、ZONA SULというスーパーがありました。予め、海岸を警備していた警官に訊いておいたのです。
f0146587_21180996.jpg
大きなペットボトルに入ったお水を2本買いました。重たい荷物はおとうさんが持ってくださいました。電話局もサンパウロとリオは違います。リオは「Oi」サンパウロは「Vivo」
f0146587_21204668.jpg
綺麗な植込みの胡蝶蘭を眺めながら、良いお散歩ができました。
f0146587_21220970.jpg
荷物をホテルに置いて、今度は海岸線をお散歩することにしました。ビキニを売るおじさん(笑)
f0146587_21242006.jpg
とっても平和な夕暮れの風景です。
f0146587_21250125.jpg
Vieira Souto大通りは既に大渋滞
f0146587_21255550.jpg
昔両親も我々家族も泊まったことのあるシーザーパーク・イパネマホテルも堂々と聳え立っています。このホテルからの眺めは最高でした。
f0146587_21273299.jpg
海岸脇の大通りをお散歩していると、色々なものに出会います。これ何するんだろう?と訝っていると、ひとりのおじさんがいきなり懸垂を始めました(*_*)
f0146587_21300278.jpg
カリオカの皆さま、今日も一日お疲れさまでした!
f0146587_21321932.jpg
午後7時にロビーに集合して、楽しみな夕食です。その前にシャワーっと…。


by beijaflorspbr | 2014-09-24 21:33 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback | Comments(6)
2014年 09月 23日

8回目の母の命日

f0146587_22574254.jpg
ブラジルにイッペーの花が満開になる頃
私の最愛の母は息を引き取った
母を想う強い気持ちとはうらはらに
母は一人静かに旅立ってしまった
まるで病の苦しみから逃れるように
あっさりと逝ってしまった
その時私は途方に暮れた
母を喪う事実を認めたくなくて
声を挙げて泣いた
回りには誰もいない
息を引き取った母と私だけ
しかし
母と私を隔てる世界はあまりにも過酷だった
母が眠る布団を握りしめながら
母の顔をずっと見つめた
看病をしていた時のように
たまに目を開けてはくれなかった
どれくらい経った頃だろう
漸く母の死を認めることができたのは
正直に言えば今も母が無性に恋しい
気弱な時は母のところに飛んでいきたい
なんて思ったことすらある
でも今そんなことをして母が喜んでくれるとは到底思えない
だから与えられた命を精一杯生きよう
f0146587_23055059.jpg
あの日から8年、長かったなあとしみじみ思います。母は永遠に生き続けてくれるとうっかり油断をしていたので、十分に感謝の言葉を伝えられていないような気がします。今生かされていることに感謝ができるのも、両親のお蔭かもしれません。抜けるような青空の向こうにはきっと亡き両親が居て、ずっと見守り続けてくれているんだろうなあと思います。お母さん、改めてありがとう!


by beijaflorspbr | 2014-09-23 23:08 | 両親を想う | Trackback
2014年 09月 22日

リオ・デ・ジャネイロへ⑤Pão de Açúcar

Bar Urcaでお食事を堪能した後は、至近距離にあるPão de Açúcarまでやってきました。
f0146587_22063598.jpg
歩けないことはない距離ですが、慣れていないのでタクシーで移動をしました。こちらも予めインターネットで日にちのみ予約購入済み(高齢者半額)だったので、行列に並ばないですんなりと入ることができました。
f0146587_21524803.jpg
一気にケーブルで一番頂上まで行くことにしました。中間駅で一度乗り換えをします。
f0146587_21583841.jpg
Pão de Açúcarに登るのは4回目か5回目か…。昔両親や、まだ幼い子どもたちと一緒に昇った懐かしい岩山です。
f0146587_22003960.jpg
今度は先ほどいたCorcovadoを眺めます。ここからの眺望は素晴らしくて、どれほどいても飽きることがありません。
f0146587_22022354.jpg
ヘリポートもあり、遊覧飛行もできます。ともちゃんが「ハチドリ一緒に乗らない?」と誘ったのですが、遠慮しておきました。飛行機は全然平気なくせに、スケルトンのヘリはちょっと怖い私…(@_@;)
f0146587_22033026.jpg
頂上に着いて、ベンチで一休み。リオらしい景観をゆっくりじっくり楽しみました。
f0146587_22090620.jpg
目の前には、滑走路の短いサントス・ドゥモン空港と、後ろにはニテロイ橋が良く見えました。頻繁に発着する飛行機を眺めながらアイスクリームを。この短い滑走路のお話ですが、サンパウロからリオの空港に着陸する時は、必ずと言っていいほど急ブレーキがかかります。私は案外これが好きで、毎回スリルを楽しんでおりました!(変なの。。。)
f0146587_22095241.jpg
目の前には闖入者が。。。(*_*)
f0146587_22121524.jpg
ケーブルも立派になりました!
f0146587_22131270.jpg
ボチボチ中間地点まで下りましょうか。
f0146587_22135545.jpg
このPão de Açúcarの頂上にはお土産屋さんは分かるとしても、何故か宝石屋もあるのです。こんなところで豪華宝石を買う人がいるのかな?でも日本語で呼び込みされてしまいまいした(^_^;)
f0146587_22170616.jpg
しばらく歩くと、外国人がたくさん固まってワイワイ言っています。
f0146587_22181237.jpg
何だろう?と近づいてみると、お猿さんたちがいました。よーく見ると、赤ちゃんをおぶっていました。
f0146587_22194521.jpg
ここではサルが主役~♪
f0146587_22204113.jpg
たっぷり楽しんだ後、下山しました。こんなにゆっくりしたのは初めて。ともちゃんとも色々お話ができたし、写真も一杯撮って大満足!
f0146587_22214949.jpg
グアナバラ湾に停留するヨット、穏やかな海が午後のやわらかい光に照らされてキラキラ光ってキレイでした!
f0146587_22243651.jpg
Pão de Açúcarからイパネマ海岸にやってきました。
f0146587_22260026.jpg
ホテルにチェックインをし、海岸へ…。ビキニを売るおじさんが私に向かって真顔で「要る?」と。もちろん要りません!(ー_ー)!!
f0146587_22281866.jpg
続きます。


by beijaflorspbr | 2014-09-22 22:29 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback
2014年 09月 21日

リオ・デ・ジャネイロへ④Bar URCAでランチ

コルコバードの丘をゆっくり楽しんだ後はちょうどお昼時。コルコバードからもう一度タクシーに乗り、2つ目の目的地であるPão de Açúcar(砂糖パンの山)方面に向かいました。この界隈に超人気店があるというのでそちらへ…。穏やかなグアナバラ湾の景観を楽しみながら食事が楽しめます。
f0146587_22250711.jpg
その名前は「Bar Urca」Pão de Açúcarからは至近距離にありますし、地元でもかなり有名なお店なのですぐに分かります。1階が軽食コーナー、2階がレストランです。
f0146587_22232690.jpg
こんな風に真ん前の石垣に座ってビールとおつまみを食べている人多数。ここウルカ地区は、リオデジャネイロ市の中でも比較的治安が良いそうです。
f0146587_22241362.jpg
2階レストランへ入りました。内装は白を基調にした落ち着いた雰囲気。私たちが入った後に、たくさんの予約客が入ってきました。壁には数々の「賞歴」の跡が窺えます。
f0146587_22555108.jpg
まず注文したのは、海老のコロッケ、トウモロコシ粉が混ざっているせいか、パリパリした食感が心地よく優しいお味。もちろん熱々で出されます。もし足りない場合は、1個単位で頼むことが出来るそうです。
f0146587_22294455.jpg
外の景観もご馳走のうち。。。
f0146587_22311306.jpg
海老のスープは濃厚でパンに浸けながら食べると美味しい~♪皆でシェアーしていましたが、最後は私が全部飲み干しました!
f0146587_22322860.jpg
お料理が来ました。イカ・エビ・ホタテ&タラの煮込み、絶品です!白ご飯にこれをかけ、ピロンというお魚の出汁で取った濃厚なソースをかけます。
f0146587_22344942.jpg
もう一皿は、タコとブロッコリーごはん(いつかア・ベラ・シントラで食べたものと一緒)にじゃが芋
f0146587_22355157.jpg
全部お皿に盛ってさあ、頂きます!
f0146587_22372622.jpg
もうこの時のお料理に相応しい言葉は見つかりません(笑)ということで「メチャクチャ」美味しかった!と言ったところでしょうか。塩きつくなく、全てがちょうど良いお味です。このお店のシェフは余程腕が確かなのだと感じました。もう全員大満足でお店を後にしました。ずっと穏やかな海の景色に癒されながらの食事は最高に幸せでした。ご馳走さま!
f0146587_22403598.jpg
リオにもし行かれることがありましたら、是非地元の名店「Bar Urca」へ…。まさに五感で楽しめるお店だと思います。
f0146587_22431020.jpg


by beijaflorspbr | 2014-09-21 22:42 | リオ・デ・ジャネイロの街角から | Trackback